生きる。 (人数制限なし)

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 1- 101- 201- 301- 401-キーワード▼下へ
1:◆mY:2018/10/31(水) 21:27



___生きて、この廃れた世界で。


>>2 世界観
>>3 ルール
>>4 キャラテンプレ
>>5 主pf

439:逢坂戮◆mY:2019/01/30(水) 07:40

>>438 美加

ごめん、

(自身も短刀と銃を用意しながら裏口の方面へ向かいつつ、美加の悲しい顔を見て本当に申し訳なさそうに呟いて。)

440:七瀬 涼◆B6:2019/01/30(水) 22:29


>>415 那津

 なるほど。……感染体多そうだけど、行きますか?

( 相手の返答と空の瓶を見たあと適当に相槌を打ち。少し考えた後、此処で空腹で倒れるわけにはいかない、そう判断し。ちらちらみえる感染体の数が気になるが、それは頭の奥に追いやって、提案してみて。 )


>>416 戮

 今要るのは、食料と毛布とかと、あと懐中電灯とか?

( 探しちゃおうと立ち上がる相手に少し顔をほころばせ。とても広いというわけではないが、全く知らない人の家の中からものを探すとなれば、相当な時間がかかるのは目に見えており、探す前に今必要なものを数個リストアップしてみて。)


>>419 百加

 よく覚えてるね。頼りにしてる。ん、大丈夫だよ。私から言いだしたんだし。

( 案内係を任せられて張り切る相手に、自然と笑みがこぼれるのと同時に、生存者に会えただけでも奇跡に近いこの状況で、このあたりの土地勘ある人に出会えてよかったと心底思い。相手の心が曇っているのはなんとなく感じていたが、あえて何も言わず。 )
 

441:竹石 百加◆BY:2019/01/31(木) 21:26

>>435 美加

えっとー……とりあえずこれ、返すね。

(曖昧な笑顔を浮かべ、美加に歩み寄り鉄弩を差し出し。ついさっきまでの激闘が終わり、勝った実感がまだ湧かず。ただでさえ年下と話すのは苦手だが、こういう状況では尚更どう接して良いか分からず。きっとそれは美加も同じだろうと感じ、ひとまず鉄弩を返す事を選び)

>>436 那津

食糧、先客に持ってかれてないといいですね。というわけでお邪魔しまーす。見た感じここには誰もいないみたいですね。ん? ……あの、夜凪さん、あそこのあれ、血溜まりですよね……?

(食糧があるかも、という言葉に同意しつつ、もう住人はいないと分かっていながらとりあえず挨拶して那津の後について屋敷に入り。玄関一つとっても自分の家とは違うなあ、と飾ってあるよく分からない絵を眺めたり、花瓶に活けられた萎れた花を観察して何の花だろうと考えていると視界の隅の床に赤黒い何かを見つけ、ふと視線をそちらに向けると乾いた血溜まりと思しき何かから擦れたような汚れが伸びていて。怪我した誰かが走って逃げたのか、と考えるより先に血溜まりを指差しながら那津に声をかけていて)

>>437

まずはこの子供部屋から探してみましょう。ん、早速使えそうな物ゲットです。ちゃんと音も……鳴りますね。

(勉強机の脇に掛けてあった紐付きホイッスルを手に取り、紐を掴んでクルクル回しながら戮に見せ。普通の災害時なら救助隊に自分の居場所を知らせるのに役に立ちそうだが、この状況では感染体を呼んでしまうかもしれない、でも無いよりマシだとホイッスルを首に掛け。おもちゃのような安っぽい作りだが、試しに小さく吹いてみるとちゃんと音が鳴り)

>>440

あ、あそこあそこ! あの楓の木! あの木見えたらもう少しだよ!

(前方に母校のシンボルとして親しまれていた楓の大木を見つけ、やっぱり大きいな、こんなに遠くからでも見えたんだ、と懐かしい気分になり。ふと、学校にいた生徒や教師はどうなったのだろう、まさかもう、と悪い想像が頭を過るが、こんな非常事態だからこそ落ち込んではいられない、学校がどうなっているのか行ってみなければ分からないと気合を入れ直し)

442:逢坂戮◆mY:2019/01/31(木) 22:13


>>440

そうだねー…食料は一番欲しい、あとあれば電池もかな。

(相手の言葉をきいて少し考えて。毛布は欲しいけれど、分厚い毛布を持ち歩くとなると大変だから、寝袋のようなものがあれば一番いいなぁと思いつつ。とりあえず今いるのはリビングなので、懐中電灯はきっと取り出しやすいところにあるはずだから、この近くにあるだろうと推測し引き出しを開けたりして探し出し)





>>441 百加

確かに、笛はあったら便利かも。特に女の子とか。

(ホイッスルを手に取った相手に、何に使うのかと不思議に思い考えれば、自分の居場所を伝えるためかと思いつき。男に比べ非力な女の子だと、もし何かあったりした時にも便利かもしれないなと思い。がさごそと子供部屋の押入れを探せば、グミが出てきて。家の子供がこっそり取っておいたのだろうか。続けて下記)

このグミ…まだ食べられそう。非常食にしようかな、

443:逢坂戮◆mY:2019/01/31(木) 22:15

【なんとなんと!このスレを建てて今日で早3ヶ月となりました。こんな長続きすることなかなかないので嬉しいなぁ(*´-`)参加者の皆さん、これからもよろしくお願いします。
話は変わりますが、まだまだ参加者募集中でございます‼是非、参加希望の方は一声おかけくださいませ〜】

444:夜凪 那津◆LEU:2019/02/01(金) 00:55



 >>437

 敵に会いたくないなぁ…

 ( 歩きながらボソッと上記を。体調が悪い彼の事を考えて万一の事があればと思わず吐露し。足音が響いている事に気づくと吹き抜けがあるのかと思い。上下が繋がっているのなら下階に降りるための階段があるだろう、と少し安心した表情で相手に下記 )

 近くに階段あるかもね、足音が響いてる。



 >>440

 うん、めぼしいものはありそうだし行きたいかな。…いって大丈夫?

 ( 相手の言葉に建物を見上げると、目に入った感染者を軽く睨むように確認して。感染者に怯えていては欲しいものも手に入らない、この建物を逃すのは勿体ないと上記。相手に感染者がいる建物に入るリスクも考え、確認をとり )



 >>441 立花

 …うん、血溜まり。生きていたとしても……もう感染者、だろうね。

 ( 相手が見つけたものに触れないように近寄って確認すると血溜りであることを肯定して。壁に赤い手形がついていることから人間であると思い。その人間は恐らく感染者に襲われて逃げたのであろう、と推測をすると淡々とした声音で上記を言って。両手の銃剣を握り直して辺りを警戒し )

445:立花 美加◆:2019/02/01(金) 07:12

>>436 夜凪

......誰のために.....やめようって....

(箱から聞こえる、もとより小さな声が更に小さく聞こえる
少々、精神的に来るものがあったらしい)

>>441 竹石

.................

(少女は無言で鉄弩を受け取ると、分解して隅々まで点検し始めた
その様子も何処か焦っているようにも見える…これを貸すのは辛かったのだろうか)

>>439

...............

(感染体を視界に入れるがまだ警戒であるらしく、戮の後ろに立って鉄弩を構えている
何の感情も読み取れないが、何処かやるせなさが伝わってくる…)

446:逢坂戮◆mY:2019/02/02(土) 22:33

>>444 那津

…今感染体に会ったら、無事でいられる確証ないなぁ…

(あはは、と苦笑して。まあ先ほども那津がいなければ無事ではなかったのだが。そう思うと少し恐ろしくなる。階段が近い、と言われれば、確かに音が響いているなと感じ、「確かに、響くね」と続けて。些細な変化まで感じられるのに心の中ですごいと思って)

>>445 美加

…まだ彼らは気づいてなさそうだ。そのまま下がって、向こうの民家へ入ろう。

(そしたら、謝らなくちゃ。先に続くその言葉を、心の中にしまい。せっかく信用してもらっていたのに、なぜ開いてしまったんだろう、などと自問自答しながら、感染体の方を向きつつ後ずさりしながら民家を出て)

447:竹石 百加◆BY:2019/02/03(日) 22:15

>>442

グミ、いいですね。この部屋、まだ何かあるといいんですが……あっ、ティッシュが。

(戮の見つけたグミの袋を見て、自分も何か見つけようと押入れを探るも、これといってめぼしいものは見つからず。勉強机の引き出しも念の為探してみるが、資料集やプリントなどの教材が出てくるだけでこちらも収穫はなく。諦め半分で棚の中の教科書に混じって置いてあったファイルを何となく手に取り。どうやら音楽の授業で使う楽譜を纏めたファイルの様で、適当にパラパラめくっていると足の上に軽い何かが落ちた感覚がして、拾ってみると手の中にポケットティッシュがあり。何故ファイルの中に挟まっていたのかは知らないが、恐らく鞄の中で挟まってしまったのだろうと勝手に想像して、ティッシュを持ち出し袋に詰め)

>>444 那津

ああ、やっぱり……。まあ、お化け屋敷と違って一回入った以上手ぶらで帰る訳には行きませんので。とりあえずあのゴチャゴチャの汚れが伸びてる方は危険って事ですよね。

(曖昧な笑みを浮かべながら、血溜まりから伸びる汚れをバールで指し。少なくともあの汚れの伸びる先に良くない何かが待っている事は確かで。血溜まり一つで引き返してはいけない、那津の足を引っ張ってはいけない、と自分に言い聞かせていると、ふと中学時代の思い出が蘇り。中学の修学旅行で訪れた遊園地、自分の班が挑んだお化け屋敷でいつもはクラスのリーダー的存在だった男子ががビビりまくってリタイアしてしまい、お化け屋敷のルール上全員連帯責任でリタイアになってしまった過去。あの時は班のメンバーで彼をイジったし、彼も実はお化け苦手でさ、と笑っていたが今の自分はきっと彼を笑えないと、覚悟を決めるようにバールを握り)

>>445 美加

えーと、それ、私、壊したりしてないよね……?

(鉄弩を分解して点検を始めた美加を見て、もしかしたら壊してしまったのではないかと急に不安になり。自分はただ引き金を引いて矢を撃ち出しただけ、壊してはいない筈、となんとかポジティブに考えようとするが、自分はあまり手先が器用では無いし細かい作業も苦手だからもしかしたら、とネガティブな考えが大きくなり)

448:立場 美加 ◆:2019/02/04(月) 21:55

>>446

…..何処まで...見た?

(後ろで一緒に移動している少女が、警戒とも怒りとも似つかない
何処か哀れみを含んだ物悲しい表情で声を掛ける)

>>447 竹石

ううん 大丈夫......竹姉は?

(鉄弩と武器を、懐から出した薬品に浸してから収納する作業の途中
妙に馴れ馴れしい呼び方で少女が返してきた)

449:逢坂戮◆mY:2019/02/05(火) 23:03

>>447 百加

あー、ティッシュ、いいね。

…なつかし。

(相手が見つけたものを見て、そんなファイルの中から出てくるなんて掘り出し物だな、と思い。百加が探していた棚を見れば、自分も使っていた懐かしの教科書たちがずらりと並んでいて、思わず眺めて感傷に浸り)

>>448 美加

えと…蟲、たしか、…寄生、蜂?とかのところまで、

(相手に問われれば気まずそうに答え。そうしていれば裏側にあった違う民家につき。中に感染体はいなさそうなので、その民家に入って。「でも、難しい言葉ばかりで、あんま内容わかってない、けど…」とつづけ)

450:立花 美加◆:2019/02/06(水) 21:35

>>449

.........よかった

(それを聞き、少女は確かめるように陸の顔を眺めた後に
本当の事だと分かった、そして安心した声で上記)

451:逢坂戮◆mY:2019/02/09(土) 14:56

>>450 美加

怒らないの?俺が見たこと…。

(あまりにもあっさり納得されてしまい、不思議に思う表情で。怒って欲しいわけではないのだが)

452:立花 美加◆:2019/02/09(土) 15:28

>>451
「....もっと、先の内容を読んでたら....ダメだった」

(そう言って、また戮の隣に少女は歩み寄る)
「本当に....よかった」

(安堵の声で上記)

453:竹石 百加◆BY:2019/02/10(日) 17:23

>>448 美加

良かった、壊してなくて。こっちは大丈夫。ああいった、こう……なんて言うの? 特殊な感染体は見るのも戦うのも初めてだったけど。……今回は勝てたけど、あいつみたいな感染体にまた出くわさない保証も、戦って勝てる保証もない。それなのに、私は身勝手な行動で美加ちゃんを危険に晒してしまった。……ごめんなさい。

(大事な武器を壊していなかった事に安心したのも束の間、車の窓硝子を割って感染体の注意を引きつけるつもりが、逆に美加を危険に晒した事を、頭を下げて謝罪し。仮に危険に晒した相手が感染体が跋扈する現実に絶望して生きる事を諦め、蹲り怯え続けるしかできないような臆病者なら自業自得と切り捨てていたが、美加は感染体を狩るという明確な意思を持って行動していて、謝罪すべき相手であり。頭を下げている間、謝罪の意思とは別に「この子も人をあだ名で呼ぶ様な年相応の部分があるのか」と少し意外に感じ)

>>449

小学校の教科書なんて、本当、久し振りに見ましたよ。何年経ってもこういうところは変わりませんね。……子供部屋も粗方探索できましたし、他の部屋も行ってみませんか?

(楽譜ファイルを棚に戻し、教科書の背表紙をなぞって懐かしそうに呟き。教科書と一緒に収められている漫画の単行本や文具は持って行かなくても大丈夫だろうと考え、他の部屋の探索を提案し。二階は子供部屋に身を隠す際に軽く見回しただけだが、記憶が正しければここ以外にも部屋があった筈で)

454:立場 美加◆:2019/02/10(日) 17:50

>>453 竹石
...竹姉は謝らなくていい.....わたしの責任なんだから...

(そう、少女は言うと竹姉と呼んだ人の隣に収まる)

....わたし、これから別なところに行くけど...竹姉...竹姉はどうする?

(そう言いつつ、少女は竹姉の髪や服の乱れを直し始めた…
洒落っ気とは無縁に思える少女だが、そういった物を整えるのは
割と得意であるらしい)

455:逢坂戮◆mY:2019/02/11(月) 21:24

>>453 百加

そうだね、…一階降りてみよっか。

(相手の提案に頷き。少し思案を巡らせれば、二階はあと夫婦の寝室のようなものがあっただけだなぁと思い、めぼしいものはなさそうだと考えたのか、一階に降りることを提案して。)

>>452 美加

そっ…か、

(相手の言葉に頷くような仕草を見せ。続けて、意を決したように口を開いて下記)

ねえ美加、あのノートって…何なの?何で美加が持ってるの?

456:竹石 百加◆BY:2019/02/13(水) 19:10

>>454 美加

あ、服とか整えてくれるの? ありがとう。……私がこれからどうするかは別に、ちょっと気になったんだけど。さっきのあのデカブツ、何者なの?

(美加に服と髪を整えてもらいながら、先程の大型感染体のことを思い出し。人体ではありえない形の左手やダメージの再生など、明らかに他の感染体とは違う点が多く。感染体である以上あれも元々は人間だったのだろうが、何をどうすれば人間をあんな怪物に変えられるのかと疑問は尽きず)

>>455

そうしましょう。……二階のもう一部屋は見た感じ寝室ですかね。特に使えそうな物は無さそうでしたし、スルーでいいでしょう。

(子供部屋から出てすぐ隣にある部屋を覗き込むと、隣の中はベッド二つに簡素な机と椅子が置いてあるだけの部屋で。多分子供部屋の主の両親の寝室だろうと、子供部屋の前まで戻って戮に報告し。自分の両親は枕元に持ち出し袋を置いていたが、この家の枕元には置いていなかった辺り防災への意識が低かったのか、或いは置いてあったが二人が持って行ったのかは分からず)

457:立花 美加◆:2019/02/13(水) 21:35

>>455

............それは

(少女は言い辛そうに小さな声で呟きながら _「調べもの」をコートの奥に押し込んだ
まるで、盗んだものを隠すみたいに…見られたくないモノを必死に覆い隠しているように見える)

........ノートの....ずっと奥に書いてあること

(知れば 死ぬ …怯えを含んだ少女の目は「だから やめて」と訴えていた)

>>456 竹姉

......あいつは『ガグ』....

(少し、顔を引きつらせ しばらくの沈黙を置いた後、少女は震えた声で…)

........人間からは実験体36号って、呼ばれてた

458:逢坂戮◆mY:2019/02/16(土) 07:19

>>456 百加

そうだね、

(相手に軽くうなづいて、忘れ物がないか子供部屋を一度見回したあと、一階へと続く階段を降りる。一階へ降りれば、目の前はリビングに続く扉。おそらくその奥にキッチンもあるだろう。横には洗面所の扉。とりあえずリビングでいいか、と扉に手をかけて)


>>457 美加

そう…、

(最後のページを見たら死ぬ、というのを聞いて、美加が自分のことを心配してくれていたんだと思い少し安心し。しかしやはり、なぜ美加がこれを持っているのかは知りたいし、知らなければいけないような気がして。続けて下記)

…なぜ、持ってるのかは、教えてくれない?

459:立花 美加◆:2019/02/16(土) 12:52

>>458


(追及の意を戮から感じた、そう少女が感じた途端 「恐怖」 を顔に浮かべて戮に体を寄せる)

.............

(それだけでも、話す事はタブーなのだろう…今まで無いほど体が震え 表情は恐怖と悲しさに歪む
まるで 親から逸れた子鹿を思わせるような弱々しさ 絶対にこの子が見せないようなモノがすぐ隣にある)

460:竹石 百加◆BY:2019/02/18(月) 23:01

>>457 美加

実験体、36号……。私がこれからどうするかって話だったよね。私、なんで感染体が生まれたのか、知りたい。普通の奴も、ガグみたいな特殊な奴も。36号がいるなら、1号から35号もいるんだろうし。

(今までたまに頭に浮かんだ「この一件は防ぎようのない災害ではなく、背後に黒幕がいる人為的な出来事だったのではないか」という考えが、美加の言葉により只の妄想から現実味のある話になって。もし黒幕に辿り着いてもかつての日常は戻らないかもしれないが、それでも知りたいとはっきり口にし)

>>458

この部屋にも何か使えそうな物、あるといいですね。あ、この家のテレビ、結構なお値段しそう。この箱の中はDVDしか無い……うーん?

(戮の後について階段を降り、リビングに入り。ぐるりと部屋を見回すと、高そうなテレビが目に入り興味津々で近寄り。テレビの脇に置かれた段ボール箱に何か無いかと開けてみるも、この家の住民は映画好きだったのか中身はかなりの数のDVDで。若干がっかりしつつ適当に一本取り出すが、取り出したDVDのジャケットを見て、左手で三つ編みを引っ張り、右脇にDVDを挟んで何かを考え込み)

461:立花 美加◆:2019/02/19(火) 00:58

>>460
...........

(それを聞き、少女は竹姉の顔を見て
・・・そのままじぃっと、見つめ続けた)

.........私、なら....私なら、その為に竹姉を案内できる

....でも 竹姉....それはぜったいに[クリア]できる事じゃないの

わたしじゃ 竹姉を.....生きて帰せる 事なんて出来そうにないの

......でも ただひとつ....[知る事ができる]

本当は ガグたちが何なのか どんな絶望と底があるのか

[何が蘇ろうとしているのか]知り得る事だけなら 約束できる

.........ただ それだけだよ

(淡々と少女が口を開き まるで全てを見て来たような
それともまた違うような ただ哀れみを含んだ声で語りかける)

462:逢坂戮◆mY:2019/02/21(木) 07:09

>>459 美加

…ごめん、この話はもうやめにしよう。

(怯えきった表情の相手を見て。美加の頭を一撫でしながら上記。)

>>460 百加

うわぁ、おっきいテレビ…

(百加につられてテレビを見れば、自分が持っていたものより幾らか大きなテレビを見つけ思わず見入って。きっとこの家の住民はお金持ちだったのかなぁなんて思いながら。DVDの詰まった箱を見れば、小さな頃にはやった映画なんかも入っていて。まあでもDVDは使えないし、と立ち去ろうとするも、百加が何か考えているのを見て、不思議そうに下記)

どした?

463:立花 美加◆:2019/02/22(金) 22:31

>>462

...........それがいい....まだ 戮兄は早いよ

(撫でられて幾分かは落ち着いたのか、少女の震えが収まり
戮を抱きしめる力が少し弱まる...)

.......

464:逢坂戮◆mY:2019/02/28(木) 20:08

>>463 美加

いつか、俺が知るべき時が来たら、教えてくれる?

(尚も美加の体を優しく抱きしめながら、美加に問いかけて)

【遅れてすみません…!テスト期間でして…。】

465:逢坂戮◆mY:2019/02/28(木) 20:09

【レス進んでおりますが、まだまだ参加者募集中でございます‼是非、参加希望の方は一声おかけくださいませ〜!一緒にサバイバルしましょう(*´꒳`*)】

466:立花 美加◆:2019/02/28(木) 20:48

>>464

........本当に...本当にその時が来たら....言う...

(やっと、抱きしめる力を緩めたが…少女の不安は払えていないように思える)

467:竹石 百加◆BY:2019/02/28(木) 23:22

【返信遅れてすみません! リアル多忙で中々時間がとれなくて遅くなってしまいました…】

>>461 美加

そっか。心配、してくれてるのかな? ……ありがとう。生きて帰れる保証はないって聞いて、怖くないって言ったら嘘になるし、今まで生き延びる為に色々してきた。それでも、それでもね。今の私の気持ちは「私達の日常を返して」とか、「どんな手を使って感染体を生み出したのか教えろ」よりも「なんでこんなことにならないといけなかったのか」が強い。案内してもらえれば、全部知る事になるんだよね。……それでも、いいよ。

(美加の言葉を聞いて「やっぱり美加ちゃんはこの自体について一番詳しい生存者なんだ」と再認識し、一つ一つ自分の考えを言葉にして。美加が何を見てきたのか、どこまで知っているのかは分からない。何をもって「クリア」とするのかも分からないが、ここで真相を諦めたらこの先ずっと後悔し続ける事だけは、はっきり分かっていて)

>>462

あ、これなんですけど……この映画、結構有名な奴ですから、私の家にもこのDVDがあります。墓場から蘇って街を襲うゾンビ達から街を防衛する為に、主人公と仲間達が知恵を絞って闘う……なんて、なんだか今の状況みたいな映画ですよね。昔見た時はただのお話としか思ってなかったんですけど、今こういう状況になってみると色々、特に感染体の事とかで気になることも出てきたんです。

(戮に映画のDVDを見せながら、あらすじを語りつつ今の状況と似ている事にも触れ、感染体に対してある疑問を抱いている事を明かし。この家の高そうなテレビと豊富なDVDのラインナップを見て映画を一気見したい衝動に駆られるが、感染体の発生でインフラが機能停止している上、仮に電力が供給されていたとしても悠長に映画など見ている場合ではない為、久しぶりに映画を観たい気持ちをそっと胸にしまい)

468:立花 美加◆.s:2019/02/28(木) 23:49

>>467 竹姉

..............

.......分かった

......心も含めて.....準備ができたら.....此処に来て

(少女は竹姉の言葉を全て聴き終えると、少しの沈黙を置いてメモに地図と矢印を書いて差し出した
赤い×印を中心に建物の模様が描かれた 取るに足らない見た目の絵 しかし 手に取ればその重みは全く違う)

..........わたし...待ってるからさ

(メモを渡して、その場所へ一足先に行く前に
少女は精いっぱいのぎこちない笑顔を竹姉に見せて、走って行った)

469:逢坂戮◆mY:2019/03/03(日) 08:33

>>466 美加

うん、美加のタイミングでいいよ、

(頭をぽん、と人なでし美加の体を離して。続けて下記)

さて、せっかく民家入ったし、探索してから出ようか。


>>467 百加

【リアル優先で大丈夫ですよ(*´∀`*)ノ】


あ、俺もそれタイトルは知ってる。見たことはないけど…。
見れればよかったなぁ、今こんなことになってるなら。

(DVDを見て苦笑して。電力さえ通っていれば、見られたのにと、すこし悲しげにして。その時、あ、と思いついたように家の中を見渡し。続けて下記)

もしかしたら、こんなテレビを持ってる家だから、ポータブルのDVDプレーヤーとかあるかも…。充電さえされてれば見れるはず!

470:竹石 百加◆BY:2019/03/03(日) 21:43

>>468 美加

……もう聞こえてないだろうけど、ありがとう。私も今から行くから、待ってて。

(走り去った美加が見えなくなった後、小さな声で呟き、地図を広げてルートを確認し。目的地に着くまでには、感染体の真実を知る覚悟が決まっているようにと祈りながら地図上のバツ印の場所へと歩き出して)

>>469

ポータブルDVDプレイヤー! その発想はありませんでした……。そうですね、探してみましょう。もしかしたら他にも使える物が見つかるかもしれませんし。さっき言った気になる事については、探しながらお話ししますね。

(確かにこの家ならポータブルDVDプレイヤーぐらいありそうだ、と戮の意見に賛成し。一旦DVDを段ボールの上に置き、早速テレビボードの引き出しを探し始め)

【そう言って頂けると助かります!】

471:逢坂戮◆mY:2019/03/04(月) 21:09

>>470 百加

ん、了解。

(探しながら話す、という百加にうなずき、リビングの収納棚を漁り始める。ポータブルってどんなとこにあるのかな…と、想像しながら探るが、どうやらここにはなかったようでパタンと扉を閉め。)

472:七瀬 涼◆B6:2019/03/04(月) 21:38


( / 長らく浮上できずすみません💦 あと2週間ほどすれば落ち着くので、もうしばらく低浮上続きます、、、お待たせした上お待たせすることになり申し訳ないです💦 )

>>441 百加

 おぉ、てか大きいな

( あの木が見えればもう少し、という相手の言葉にふと顔をあげれば本当に大きな大木が。一応避難場所に指定されてるとはいえ、何があるか分からない小学校に近付く度、何もないことを願いながら足を進めて )


>>442 戮

 だよね。電池もリビングにありそう。とりあえずキッチン探してくる。

( 食料、電池、懐中電灯…、と必要なものを忘れないように頭の中で繰り返し。食料はキッチンにあることは分かるが、まずキッチンの場所を探さなければ、とリビングを離れ適当にドアを開けていき。 )


>>444 那津

 大丈夫。

( 相手の問いかけにしっかりと頷けば、たまたま視界に入った感染体からすい〜っと視線を逸らし。ビビってても仕方ないのは重々承知だが、できれば穏便に中に入りたいなぁなんて。 )
 

473:立花 美加◆:2019/03/04(月) 22:10

>>469

...........うん

(戮の隣から離れるのに、若干抵抗がある様子だが、S&W M500
…1発でも放とうものなら壁に大きく風穴が開く物騒な代物を少女は懐から取り出して
弾込めを始めていた)

474:立花 美加◆:2019/03/04(月) 22:14

>>470 竹姉

................

(竹姉との待ち合わせ場、地下駅で静かにベンチに腰掛ける…
…本当に、来てくれるのかな
来て欲しいとも、来て欲しくもないと思ってしまう)

............

475:竹石 百加◆BY:2019/03/10(日) 23:59

>>471

えーと、それで気になった事についてでしたね。あの映画、細かいところは覚えてないんですけど……確か死者蘇生の方法が書かれた魔導書を手に入れた黒幕が町外れの墓地で魔導書の内容を実行するシーンから始まるってのは覚えてるんです。
当時はまだ小学生で、なんでこの人達お葬式で灰になってるはずなのに腐ってるの? ってストレートな質問を両親にぶつけて、この映画の舞台は海外なんだよ、日本はお葬式で亡くなった人を焼くことによってあの世に送るけど海外では土に埋めるんだよ、亡くなった人の体が土の中に残っているから腐った状態で復活するんだよ、って具合に火葬と土葬の文化の違いとゾンビ復活の仕組みを教わりました。
……思い出話、長くなっちゃいましたね。ちょっと確認したいんですが、世に言うゾンビって今話した「死者蘇生型」と今回の「ウイルス感染型」の二種類が殆ど、ですよね?

(映画の記憶と過去の無邪気な質問を織り交ぜながら手を動かすのを止めない様に気をつけながら疑問について語り。ゾンビ映画の中に何かヒントでもあればいいな、と考えながらパソコンの置かれた机の周りに探索場所を移し)

>>472

あの楓、ずっと前の卒業生が卒業記念に植えたんだって。校内に卒業製作とかいっぱいあるけど……じっくり見てる余裕はなさそう、かな。どっちにしろ到着、だけど。……門閉まってるね。先客が鍵掛けたのかな。

(楓について説明しているうちに正門前に到着し、さっきよりも近くで大木を見上げ。門が閉まっているあたり少なくとも感染体はいない筈、少なくとも施錠して籠城していれば強引に押し入ってくる生存者以外は来ない筈、鍵をこじ開けられる程知能のある感染体は今のところいない筈、と何度も「筈」を思い浮かべ)

【了解です、私も最近低浮上気味です】

>>474 美加

えーと、もしかしてこの駅かな。地下鉄の駅って待ち合わせ場所としては変わってるけど、まあいいや。

(駅に向かう道中で感染体に出くわさなかった幸運に心の中で感謝してから地下への階段を一段一段降り。降りながらスーパーマーケットでのガグとの戦闘を思い出し、「あんなの見せられたら、覚悟を決めるしかないよね」とでも言うかの様に小さく頷き)

476:立花 美加◆:2019/03/11(月) 19:07

>>475 竹姉

.............くぅ...ふ..............

(そんなに待っていない筈だが、少女は線路前のベンチに深く腰掛けたまま、心地好さそうに眠っている
口元のスカーフはズレて無垢な寝顔を晒し、鉄弩も足元に転がっている)

............た.....け......ねぇ.....

(…)

477:逢坂戮◆mY:2019/03/14(木) 10:38

>>472

ん、りょーかい。じゃあ食料は任せた、

(キッチンに向かう相手を見て。懐中電灯ってどこに入れてるんだろ…、と引き出しを漁るも、見当たらなく。少し諦めかけてふ、と上を見上げれば、壁にかかった懐中電灯を見つけ、思わず「壁かよ……」と呟いて)

【お疲れ様ですー!リアル優先で!】

>>473美加

また物騒なもの取り出して…

(少し呆れたようにため息をつくも、まあその武器が強いことに変わりはないのでそれ以上は特に言わず。自分も銃を取り出して手入れを始めて)

>>475 百加

あぁ…なるほどね、
…俺は感染したところ見たことあるけど、正直どっちなのか曖昧。確か感染者に噛まれて、それで…一回倒れて、そのあと無我夢中で揺すってたんだけど、突然起きたと思ったら、感染してて、って感じ、

(感染した家族のことを思い出しつつ喋り。思い出すのは辛いけれど、百加に心配をかけるわけにはいかないし、と顔には出さずに。続けて引き出しを漁るが、ここにもなく。もしかしたら二階の寝室にあるのかも、なんて考え)

478:立花 美加◆:2019/03/14(木) 20:43

>>477

............戮、10数える位でいいから 耳と目、塞いで

(最強拳銃片手に、鉄弩まで構えて今にも暴れ出しそうな少女が 小さく言う
見れば少女もゴーグルを掛けている上、耳栓の様なものまで付けて耳と目を守っている)

.....大丈夫、私が言うまでには 全部片付いてる

479:竹石 百加◆BY:2019/03/15(金) 23:27

>>476 美加

待ち合わせ場所、ここだよね。……あ、寝ちゃってる。

(指定された駅のホームに辿り着いて暫く歩くと、待ち合わせの相手が気持ちよさそうに眠っているのが目に入り。とりあえず鉄弩を拾い、荷物からアルミブランケットを取り出して掛けてやり。鉄弩を重石代わりに美加の腿に置き、自分は隣に腰掛けて周囲を警戒し)

>>477

そうなんですよ。私も目の前で感染した人を見ましたが、そんな感じでした。こんな事になる前は社会のシステムがちゃんと機能してましたよね。でも、今は違います。私は……堂々と言っていい事ではありませんが、確実に反撃してこない子供や、状況を理解できてない人から色々奪ってきました。命までは奪いませんでしたが、もしかしたら私と同じ考えの違う誰かは、命も奪ったかもしれませんよね。……DVDプレイヤー、この辺にはありませんね。

(戮の言葉に深く頷き、自分の行為についても話し。強盗の話など聞いていて気分のいい話ではないし戮に失望されるかもしれないが、どの道ずっと伏せておく訳にはいかないし、「気になる事」にも繋がる話だから仕方ないと結論づけて。パソコン周りにはお目当ての物は見当たらず、次はどこを探そうかとキョロキョロしだし)

480:逢坂戮◆mY:2019/03/16(土) 08:53

>>478 美加

ばか、またそうやって一人で行く気?俺も行く。敵はどこ?

(明らかに戦闘体制の美加の姿を見て、腕を軽く引っ張って引き留めて。いくらこのような装備をしているとは言え、美加は子供だ。危険なことを一人でさせるわけには行かないのだろう。本当は美加を家の中で待たせておきたいが、それはきっと許してくれないので、2人でいこうと申し出て)
>>479 百加

そっか…、そんなこと、あったんだね

でもこれからは、そんなことしないでね?もしピンチになっても、俺が助けるから。必ず。

(強盗の話を聞き、少し驚き。まあ社会があれだけ乱れている中だ、しょうがないことと言えなくもない。けれど戮には許せなかったようで。比較的強い口調で今後一切やらないよう促し。キョロキョロする相手を見て、「もしかしたら二階の寝室かもしれないって思うんだけど、」と続け)

481:立花 美加◆:2019/03/16(土) 10:29

>>480

........玄関近くに通常が4犬が2...右側道路には何もいないけど...左側に酸吐きが1...

(この人の提案は曲げる事ができないと痛切に感じ、渋々最強拳銃を引っ込めて
耳背を外しつつ、頭数を冷静に伝える)

.......戮、無理しないで

(どの口が言うのかは知らないが)

482:立花 美加◆:2019/03/16(土) 10:34

>>479 竹姉

.........

(少女が外しているフードの中に、付箋付きで「調べ物」と書かれたメモ帳が入っている…
そして、目立つ緑色の付箋には「竹姉」と…書かれている)

483:逢坂戮◆mY:2019/03/16(土) 18:52

>>481 美加

うん、ありがとう。

(素直に銃をしまってくれたことにふ、と息を吐いて。まあ正直、全てを無傷で倒せる自信に満ち溢れているわけではないが、全てを死なずに倒す、それ以外はない。…最悪の想定をすれば、俺は死んでもいいから、美加は助けたい。銃の弾数を確認し、頭の中で軽くシミュレーションすれば、玄関の外へ向かい)

484:逢坂戮◆mY:2019/03/16(土) 18:53

*定期連絡*
【レス進んでおりますが、まだまだ参加者募集中でございます‼是非、参加希望の方は一声おかけくださいませ〜!一緒にサバイバルしましょう(*´꒳`*)】

485:立花 美加◆:2019/03/16(土) 23:14

>>483
《ドッガァーンッ》
.......遅いよ 戮

(自身の身に対する躊躇なぞ、このフルコンディションの少女には存在しなかった
耐久度がお察しの通りな扉を何の迷いも無く蹴り開け…)

《スドドドッ》《ギャウンッ!》《シ''ュ''ッ''》
............

(反応が遅れた厄介な犬2匹を手早く射殺し、何時作ったのか
火炎瓶を人間感染体数匹に投げて動く炎の壁を作りつつ、鉄弩をリロード。
…此処までの動作に掛かった時間は10秒足らずである)

486:竹石 百加◆BY:2019/03/18(月) 23:59

>>480

……わかりました。ピンチが来ないに越した事はありませんが、その言葉、信じます。それで、プレーヤーの事でしたね。二階の寝室、行ってみますか。

(「ピンチになっても助ける」と聞いて、「こんな廃れた社会にも他人の盗みを咎め、もう泥棒しなくてもいい様にする、と言える人がいるんだ」と安心した様に。リビングには特に何も無かったし、プレーヤーの事を抜きにしても寝室を再探索する事になってたのかも、と感じながら、寝室に目当ての物があった時にすぐ観られるようDVDを手に取り)

>>482 美加

何でこんな所に手帳が入ってるんだろう? ……何調べてたのかな。

(何となく眠る美加に目をやると、フードの中に四角い何かが入っていて。起こさない様にそっと取り出してみて手帳である事は分かったが、何故フードの中に入っていたのか? 「調べ物」とは何なのかといった色々な疑問は尽きず、手帳の表紙を凝視し)

487:逢坂戮◆mY:2019/03/19(火) 20:12

>>485 美加

…はは、かっこつけたのが恥ずかしいよ、

(美加の躍動ぶりに思わず苦笑してしまい。そのまま酸吐きの方へ向かい、酸がかからないように後ろから銃で頭を撃ち抜いて)

>>486 百加

うん、頼って。

あるといいんだけどなぁ…寝室に

(相手が安心したように言ったのを見れば、にこりと笑って上記。二階へ向かう階段を再び上がりながら、ぽそりと呟いて。確か二階の寝室にはテレビがなかったから、もしかしたら寝室で映画をみる用にプレーヤーとかあるんじゃないか…?なんて推理してみたりして)

488:◆5c:2019/03/19(火) 20:51

【参加希望です。也初心者ですけど大丈夫ですかね…?】


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS