【東方オリキャラ】Nightmares are always by my side…

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 1- 101- 201- 301-キーワード▼下へ
1:蔭枕九富◆gI:2020/06/24(水) 12:40

平穏な日常、当たり前の毎日の中には、見えない悪夢が隠れている・・・・・

その悪夢がどんなに小さな些細なものであったとしても、気づいたならば決して見逃すことは許されない・・・・・

平穏を崩されたくないのであれば・・・・・

323:神裂早苗・博麗霊夢:2020/08/25(火) 22:17

?????「変なTシャツのサングラスは酷いyo…」
…(?????を見た瞬間黙る)
>>322 ナズーリン
>>ALL

324:ナズーリン◆sk:2020/08/25(火) 22:42

>>323 ???
当たり前だろう?そんな変な格好してりゃ外に出たら馬鹿にされるに決まっている
(要するにファッションセンスがおかしいと...)

325:神裂早苗・博麗霊夢:2020/08/25(火) 22:50

?????「…どうやら俺の居た世界とは違うようだナ…そういえば兄弟はどこに…(誰かと同行していたようで辺りを見回して探す)」
>>324 ナズーリン
>>ALL
【また増えるかもしれません…!!増やすの大好き人間なので☆(ゝω・)vキャピ】

326:狂い出す日常◆gI:2020/08/27(木) 05:55

【遅れましたすみません!】

おぉー・・・・・猫じゃなくて妖怪だったのかぁ〜・・・・・にしても、今日は朝からお客さんが多いが、みんな勉強をしに来たのか・・・・・?

(ぬえをでかい猫と思っていたが妖怪だったと理解はできたが、朝から妙にお客さんが多いことから、この場にいる全員をどうやら子供達のように勉強しに来たのだろうかと、頭の悪さを最大限に活かしながら、ついていけるはずもない話を勝手に解釈しながら勘違いを披露していて・・・・・)

>>all様

327:正体不明◆3.:2020/08/27(木) 08:00

ぬえ
「ね、猫!?」

不気味な赤い猿の顔、大蛇の尾、虎の四肢、狸の胴、伏せていても天井まで届く巨体から、かつての平安京時代では数多の人々を恐怖させて来たのだが、まさかその異様な姿を"猫"と形容されるとは思っておらず、本来驚かせる側のぬえが逆に驚いてしまう。


>>326
>>ALL

328:ナズーリン◆sk:2020/08/27(木) 11:25

>>326 神裂さん
怖くない?かつてぬえは伝承があるくらい恐れられていた妖怪なんだぞ〜?...そんなことはどうでもいい、早くご飯食べて行こう
(大男をビビらせようとする。しかしそんなことやっていると時間がなくなると思い途中でやめ)

329:正体不明◆3.:2020/08/27(木) 12:34

ぬえ
「そうそう、一時は帝をも恐れさせて病に陥らせたり、鳴き声だけで多くの人間を恐怖させていたんだ……って、ちょっ!どうでもいいって酷くない!?」

両手を組んでナズーリンが言う鵺はかつて伝承になっていた程の大妖怪だと言う言葉を聞いてうんうんと頷きながら付け加えるように自分のした所業を口にしていたものの、直ぐに別の話題に切り替えた事に更に驚く。


>>ALL(特に指定なし)

330:神裂早苗・博麗霊夢:2020/08/27(木) 18:07

可哀想なぬえ…w
?????「そういえば自己紹介遅れたが誰も興味持たないからいいカ…」
Fresh、落ち着けネガティブ出てるぞ
?????「おっと…あ、一応自己紹介して置くカ」
フレッシュ「俺はFreshだゼ!」
>>ALL(指定無し、皆に)

331:狂い出す日常◆gI:2020/08/29(土) 06:11

妖怪は妖怪でも、猫の妖怪ってことじゃないのか・・・・・?

(どうやら九富の理解力では妖怪ということは理解できても、最大限理解できる範囲で勘違いも含めて「猫の妖怪」という結論に至ったらしい・・・・・)

>>327 ぬえ

・・・・・?昔の人間は、猫を怖がっていたのか・・・・・?

(ビビるどころか、頭の中にはてなマークが沢山浮かんでいる始末であり・・・・・)

>>328 ナズーリン

ふれっしゅ・・・・・?変わった名前だな・・・・・

(大人でありながらここまで知識が無い方が、名前とかよりも変わっているとは思うものの、そのことについて本人は自覚がないらしい・・・・・)

>>330 FRESH

332:神裂早苗・博麗霊夢:2020/08/29(土) 13:40

フレッシュ「まぁ、変わってる名前なのは自分でも自覚してるゼ!」
フレくん…尊い…
裏「出たなフレッシュ狂信」
うっせ
>>331 陰枕
>>ALL

333:ナズーリン◆sk:2020/08/29(土) 14:48

>>331 蔭枕さん
実話なんだが大昔、天皇は毎晩黒煙と鳴り響く不気味な鳴き声に悩まされていたんだ。しかも病になったが原因は分からず...そして弓の達人頼政がとどめをさし姿を確認しようとするが、猿の頭に狸の胴体、虎の手足と蛇の尾とあまりにも恐ろしい風貌だった故に頼政もゾッとしてしまった...この話を聞いてとっくに○んだと思っちゃいけない...なぜなら今君の後ろにいるからねぇ!!!!

...どう?びっくりしたかい
(急に暗いトーンで話し)

334:正体不明◆3.:2020/08/30(日) 16:34

ぬえ
「ぐぬぬ…これじゃあ能力を使って驚かせようとしても逆効果になりそう……怖がってくれないと私の心が餓える。」

猿頭、狸身、虎脚、蛇尾の四つの要素の中から九富が何を思って猫と間違えたのかは不明のだが、認識した対象の知識や経験から見えるモノが変わるぬえの能力では彼を驚かそうとしても逆効果になってしまいそうだと悟る。



ぬえ
「あの時は痛かったなぁ……しかもその後はずーっと地底に封印されていたから大変だったよ。」

ナズーリンが鵺の伝説について話すのを聞きながら、忌まわしきかつての討伐時の事を回想しながらウンウンと頷き肯定する。それだけで眼前に立つ少女の正体はかつては帝をも恐れさせた大妖である事が裏付けられる。

335:狂い出す日常◆gI:2020/08/31(月) 06:30

・・・・・まぁ、名前なんてそんなに気にするようなことでもないさ・・・・・

(変わった名前ということを自覚していると言うフレッシュに上記を言い)

>>332 フレッシュ

えっと・・・・・大丈夫か?

(いきなり話し始めたと思ったら、突然大声を出してきたナズーリンを心配していて、驚いたり怖がったりする以前の問題であることが伺える)

>>333 ナズーリン

・・・・・わ、わー!怖いなー!すっごく怖い!あぁー!怖い怖いー!

(ぬえの様子を見て、九富は空気を読んだらしく怖がったフリをするが、お世辞にも上手い怖がり方とは言えず、寧ろわざとらしさしか感じられない酷い芝居である、勿論彼に悪気はない)

>>334 ぬえ

336:ナズーリン◆sk:2020/08/31(月) 08:36

>>335 蔭枕さん
くっ...余計な心配をするな!
(大男を怖がらせようと怪談話風に喋ってみたものの逆に大丈夫かと言われて思わず赤面する)

337:正体不明◆3.:2020/08/31(月) 12:13

ぬえ
「無理に驚いたり怖がる真似なんかしても逆に惨めなだけだからやらなくても良いよ。」

ぬえは静止をかけるように九富に右手を出して首を横に振りながら芝居は止めて欲しいと言うが、悪気がない、寧ろ乗ってくれているため、あまり強くは言わない。



ぬえ
「……だけど、"それ"を諦めるつもりは無い。そのうち心の底から驚き戸惑い、恐れおののかせてやる!」
《ピシャアァァァァァァァァッ》

ぬえは少し舌を出して挑発的な笑みをしながら、驚かせ、恐れさせてやると言うと、それに呼応するかのように外には雲一つ無い空が広がっているにも関わらず、大きな落雷が家の近くの地面に落ち、ぬえの後ろから窓に差し込んだ稲光によって一瞬だがぬえの姿が形容しがたい異形の怪物のように見える。

ぬえは正体不明の存在。つまり、今の少女の姿でさえも本来のものでは無いのかもしれない……

>>335
>>ALL

338:神裂早苗・博麗霊夢:2020/08/31(月) 19:54

フレッシュ「ん?気にしてないゼ?(自身では気にしてないらしく…)」
>>335 陰枕
?????「…」(雷に紛れて黒いフレッシュと同じようなシルエットが見えたが後ろに羽のようなシルエットがあったし帽子は被っていなかった)
>>ALL

339:狂い出す日常◆gI:2020/09/01(火) 06:02

いや、だって急に大声出すからさ・・・・・

(九富からすれば悪気はなく本当に心配していたらしい)

>>336 ナズーリン

そ、そうか・・・・・頑張れな・・・・・

(何故ぬえがこうもして自分を怖がらせようとしているのかはわからないが、励ますように上記を言い)

>>337 ぬえ

そうか、ならよかった・・・・・

(相手が気にしていないとわかると、ならよかったと言うが、雷に紛れ見えたシルエットに気づくが、それが何なのかよく理解出来ずに・・・・・)

>>338 フレッシュ、???

340:ナズーリン◆sk:2020/09/01(火) 06:41

>>339 蔭枕さん
あれはだなその...あーもういい!早く朝ご飯食って準備でもしろ!
(怪談でよくある最後に驚かすオチなんだとは言えずにまだ顔を赤くする)

341:正体不明◆3.:2020/09/01(火) 12:28

ぬえ
「それじゃあ、取り敢えず私は私で先に食べ始めるけど、くれぐれもこの事は聖には内緒で頼むよ?」

一通りの自己紹介を済ませたところで、周りでは早速朝食を食べる流れになっているため、聖への口止めを言った後、それに便乗するように持ってきた酒瓶の蓋を上機嫌に開け始める。

342:神裂早苗・博麗霊夢:2020/09/01(火) 16:30

フレッシュ「兄弟の気配がするゼ…」
?????「(玄関の方の屋根からぬっと出てくる(屋根は壊れていない))」
ご飯…確かにお腹空いtビャアアアアアアア(?????にびっくりした)
?????「w」
>>339 陰枕
>>ALL

343:狂い出す日常◆gI:2020/09/02(水) 17:01

なんか赤いけど、大丈夫か?

(顔を赤くするナズーリンを心配している様子で近づき)

>>340 ナズーリン

内緒にするほどのことか?

(頭が悪い九富には、無論妖怪の事情など知る由もなく)

>>341 ぬえ

うおぉっ!?びっくりした・・・・・

(ぬえにはビビらなかったクセして、突然の大声には驚いていて)

>>342 フレッシュ、?????

344:神裂早苗・博麗霊夢:2020/09/02(水) 18:40

フレッシュ「兄弟!」
?????「げ、フレッシュ…」
推しが2人…眼福…
>>ALL

345:ナズーリン◆sk:2020/09/03(木) 00:43

>>344 蔭枕さん
ああもう大丈夫さ治ったから......今回は悔しいけど次こそは腰をぬかすほど驚かせて...
(振り向いたら顔はいつもどおりになっているが、また悪さしようと考え)

346:狂い出す日常◆gI:2020/09/03(木) 06:22

また新しいお客さんか・・・・・

(九尾からすれば、新しいお客さんという捉え方らしく、あまり深くは考えていないらしい)

>>344 フレッシュ

頑張り屋さんなんだな・・・・・

(そう言うと、微笑みながらナズーリンの頭を撫でて)

>>345 ナズーリン

347:正体不明◆3.:2020/09/03(木) 12:34

ぬえ
「里に住んでいるのに命蓮寺について知らないのか?あそこは"仏教"の厳格な戒律の下にあるから酒も肉も駄目なんだ。だからこうしてこっそり飲食しているってわけ。」

開けた酒瓶を何か容器や入れ物に注ぐのではなく、そのまま一気に酒瓶を傾けて飲み、三分の一ほどまで飲みながらどうして秘密にするほどなのかと言う九富の問いに対して、命蓮寺のしきたりの一端を教える。



ぬえ
「あーあ、それに比べてナズーリンはいいなー。だって貴方は入信している訳じゃないから好きに酒も肉も飲食出来るんでしょ?」

酒を飲んで喉の渇きを潤すと、今度は酒と一緒に持ってきた肉を入れた包みを開きながらナズーリンの方を見て、自分とは違って出家したり入信した訳ではなく、あくまでも星のお目付け役である彼女は自分よりも気楽そうだなとぼやく。

>>ALL

348:神裂早苗・博麗霊夢・フレッシュ・?????:2020/09/03(木) 16:33

?????「あ。(ずるっと落ちる)」
ドスッ
?????「いった…」
?????「…あ、これ自己紹介とかいるか?」
>>ALL

349:ナズーリン◆sk:2020/09/03(木) 21:33

>>346 蔭枕さん
賢将なんだぞそんなことで喜ぶはずが...く、大男はそこまでしていい子になりたいのかい?
(必死に照れ隠しをする)

>>347 ぬえ
こっちも忙しいんだい!ご主人のお目付に宝塔探しとなくさないための提案とか。はぁ...なんでいつもなくすのかなぁ...もっとシャキッとしてくれたらいいのに
(苦労話を長々とし)

350:正体不明◆3.:2020/09/03(木) 22:09

ぬえ
「あははは!また無くしたんだ!」

ぬえは酒に強く、瓶の三分の一を一気飲みしたとは言え、一口だけでは酔っていない筈であるにも関わらず上機嫌でナズーリンの苦労話を聞くと楽しそうに笑う。



ぬえ
「昔は凄く優秀だったから代理とは言え、一介の妖獣もどきが毘沙門天の化身になれたそうだけど、これも無理に気張る必要が無いぐらい平和な世界だと言う事かな。」

開いた包みの中にある里で買った豚肉の塊を見ながら、頭の中には外の世界にいた頃ではとても考えもしなかった人間と妖怪、果ては神や妖精と言った数多の種族による共存が可能になっている事から、星も聖も無理に気張らなくても良くなった現状を思い浮かべながら呟く。

ぬえが居た時代では人間と妖怪、人外の存在との共存など考えられず、互いに存続をかけて戦う事が当たり前の時代、世界だった……

>>ALL

351:神裂早苗・博麗霊夢・フレッシュ・?????:2020/09/04(金) 06:50

?????「…(どろどろ?してる様な黒いスケルトンで触手が背中から生えている…その姿はまさに不気味で怪異と言っても過言ではない)」
ナイトメア初対面でその姿はやめときよ…怖がられるぞよ?(そいつをナイトメアと呼び親しく接する彼女…)
(彼らは何なのだろうか…?)
>>ALL
【めっちゃゲームキャラを出してしまう…!!!】

352:狂い出す日常◆gI:2020/09/04(金) 17:07

・・・・・ん?つまり、やっちゃいけないことをしてるってことか?

(珍しく理解出来たらしく、ぬえに聞き返してみる)

>>347 ぬえ

・・・・・?よくわからんが、君はいい子だな・・・・・

(理解力が発揮される場面がランダム過ぎるのか、これは理解出来なかったようだ)

>>349 ナズーリン

・・・・・うわぁ・・・・・

(さすがの九富も、その不気味な容姿に思わず引き気味でうわぁと言い・・・・・)

>>351 ?????

353:正体不明◆3.:2020/09/04(金) 17:19

ぬえ
「そうそう、だからこうやってこっそりしていないといけないんだ。前にあった隠れ家は見付かっちゃったから仕方がない。」

六つに切り分けてある生肉同然の肉の一つを指先から放つ妖力によって擬似的な念力のようにして浮遊させながらその通りだと応えると、自分の口のなかへ放り込み、美味しそうに食べ始める。

普段はぬえ自身もやらないほど変わった食べ方であるのだが、肉を手掴みで食べる訳にもいかないし、かと言って食器まで持参すると聖に見付かるリスクが高くなってしまう。そこでぬえが思い付いたのがこうして持ち前の妖力を使って見えない手を作り出し、それを使って食べると言う方法だ。


>>ALL

【何だか凄いキャラが集まって来ましたねwww】

354:神裂早苗・博麗霊夢・フレッシュ・?????:2020/09/04(金) 17:32

?????「うわぁ言うなうわぁて!!!…ハッまたツッコミになってしまう(毎回皆のふざけた行動にツッコむから定位置になっている)」
ナイトメア「あ、俺はナイトメアだ…」
>>352 陰枕
>>ALL

355:狂い出す日常◆gI:2020/09/05(土) 05:41

その見つかっちゃいけない人っていうのは、呼んだら来る感じなのか?

(何を思ったか、九富は見つける側の人物は呼んだら来るのかと聞く、どう考えても呼ぼうとしているようにしか思えない・・・・・)

>>353 ぬえ

ないとめあ・・・・・?

(学のない九富にカタカナ言葉や英語がわかるはずもなく、不思議そうにしていて)

>>354 ナイトメア

356:ナズーリン◆sk:2020/09/05(土) 07:34

>>352 蔭枕さん
頑張り屋でしかもいい子って照れるじゃないかぁ......そうだ暑いだろうから飲むものでもやろう
(ずっと照れを隠し通そうとしたが我慢できずニヤつく。そして大男のために急ぎで飲み水を用意し)

357:正体不明◆3.:2020/09/05(土) 08:07

ぬえ
「………まさかとは思うけど、呼ぶつもり?」

肉の二つ切れ目を食べようとする中、何やら嫌な予感を感じて手を止めると、呼んだら来るのかと言う九富に対し、その話しぶりからまさか聖達を呼んで密告するつもりなのかと問う。

>>355 九富

358:神裂早苗・博麗霊夢・フレッシュ・?????:2020/09/05(土) 08:26

…YouTube見たい
ナイトメア「勝手にしろ…」
さっき使ったきりでネット使えなくなったんよ…
ナイトメア「ww無様だなww」
出たゲスメア…w(何故かふたりはコントの様に淡々と"いつも通り"に話している…)
>>ALL

359:狂い出す日常◆gI:2020/09/06(日) 18:58

・・・・・?くれるのか?

(飲み水を用意するナズーリンを見て、くれるのかと不思議そうに呟く・・・・・)

>>356 ナズーリン

当たり前じゃないか、しちゃいけないことはしちゃいけない、俺は子供達に一応勉強を教える身でもあるんだ、頭は悪いけど、しちゃいけないことをしているのを目の前で見過ごすわけにはいかない・・・・・

(と、頭悪いクセに言葉はそこそこ正論になっていて)

>>357 ぬえ

二人は知り合いか何かなのか・・・・・?

(親しげに話す二人を見ながら、二人の関係性は知らないが、知り合いなのかと聞き)

>>358 早苗、ナイトメア

360:ナズーリン◆sk:2020/09/06(日) 19:42

>>359 蔭枕さん
お礼だからね♪ほらほら補給が終わったら早く行こうじゃないか〜
(上機嫌な顔しながら大男の腕をぐいぐいと。どうやら褒められたことがとても嬉しいらしい)

361:正体不明◆3.:2020/09/06(日) 23:23

ぬえ
「ぐぬぬ……頭の硬くて融通の効かない奴は嫌いだな……」

生真面目過ぎるがあまり、融通の効かない、頑固な性格をしているものだと考え、彼の姿と聖の普段の言動が重なり、返す言葉も無く、気まずそうになると、酒も肉もまだ残っているものの、それらをまとめ始め、そそくさと立ち去ろうとする。

>>359 九富

362:狂い出す日常◆gI:2020/09/08(火) 06:04

ハハハ、君は元気だなぁ・・・・・

(はしゃぐようにしているナズーリンを見ると、自然とこちらも笑顔になり)

>>360 ナズーリン

しちゃいけないことはしちゃいけない、俺は間違ったことを言っているかい?

(ぬえの言い草に少し顔をしかめながら、上記を呟く・・・・・)

>>361 ぬえ

363:神裂早苗・博麗霊夢・フレッシュ・?????:2020/09/09(水) 17:10

んと〜…
ナイトメア「…TL」
あ、それそれ、TLが同じ…かな、それでなかよぉなったんよ!(TLという謎の略語を使い話す2人…)
>>359 陰枕
【ぬわぁぁぁんもう疲れたもぉぉぉん!!(←狂気)あ、私情入れてすみません(←急な賢者モード)】

364:狂い出す日常◆gI:2020/09/12(土) 05:47

・・・・・?

(聞きなれない言葉ばかり飛び出てきて、わけがわからないまま首を傾げ)

>>363 早苗、ナイトメア

【大丈夫ですよ!】

365:神裂早苗・博麗霊夢・フレッシュ・?????:2020/09/13(日) 08:20

まぁパートナー?ってところかな!
ナイトメア「それは認めん」
いやなんでだよ
ナイトメア「俺、お前、嫌い」
‪はぇーーー…
>>364 陰枕

366:狂い出す日常◆gI:2020/09/14(月) 15:33

仲がいいんだな・・・・・

(二人の会話のどのタイミングでそう思ったのかは、まったくの謎である)

>>365 早苗、ナイトメア

367:神裂早苗・博麗霊夢・フレッシュ・?????:2020/09/14(月) 15:38

ナイトメア「どこでそう思ったし」
YES Ilike Nightmare
ナイトメア「…(-"-)」
ナイトメア「(早苗を蹴り飛ばす)」
ゴッフ
>>366 陰枕
>>ALL

368:狂い出す日常◆gI:2020/09/15(火) 06:18

本当に仲がいいなぁ♪

(どうやら九富の感覚は、通常の人間とかなり違っているらしい)

>>367 早苗、ナイトメア

369:神裂早苗・博麗霊夢・フレッシュ・?????:2020/09/15(火) 06:59

ナイトメア「…なるほど(心:…あぁ、こいつアホなんだ)」
メア様?何がなるほ…あぁ…
(謎の会話⬆⬆⬆)
>>368 陰枕

370:狂い出す日常◆gI:2020/09/16(水) 09:21

・・・・・?どうかしたか?

(察した二人の表情を見て首を傾げて上記を言い)

>>369 早苗、ナイトメア

371:神裂早苗・博麗霊夢・フレッシュ・ナイトメア hoge:2020/09/17(木) 19:11

ナイトメア「いや、なんでもない」
なんでもないよ〜
(陰枕に悟られないようにといつもの調子で返事を返す)
>>370 陰枕
【あの、少々抜けさせていただきまずぅ…ふわふわあまあまおひめさま!というスレに参加していますのでぇ…!!すみません…】

372:狂い出す日常◆gI:2020/09/19(土) 06:59

そうか、ならよかった!

(特に何事もないようなので安心したらしい)

>>371

【来れる時で大丈夫ですよ!】


新着レス 全部 <<前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新RSS