アイン・ソフ・オウル 〜Riging sun curiosity〜 リメイク版

葉っぱ天国 > 変人・中二病 > スレ一覧 ▼下へ
2:キュリオス:2017/03/28(火) 17:46

「くそったれ」
一撃は強烈だった、痛みが爆発により生じた爆風の如く全身に広がる、さすがに無傷とはいかないが骨は折れてない内臓も破裂していない、そう判断し俺はブロック塀にもたれかかりながら立ち上がる。
「やってくれたな、シオマネキ野郎、大人が学生殴ってんじゃねぇ!」
俺は最大限の怒りを込めて吼えた、自分自身を奮い立たせるように『100%勝てない喧嘩はこの世に無いんだ、どんなに不利な状況でも勝つ方法は必ずある』友人の言葉が脳裏をよぎる。
そうだ、勝つ方法はある。
「殺されて堪るか、俺にはやりたい事がまだ山ほどあるんだよぉぉ!」

咆吼と同時、男は地面を蹴って疾走した。生身の人間のスピードを超越した速度で男の剛拳が飛んでくる、速い。
「だが、躱せない速さじゃない——っ」
言葉通りそれを身を屈め相手の足元を転がるようにして躱す。
「アツイアツイタスケテ、ヴワァァァァァッ」
「熱い、だと?」
よく見れば男の表情は苦しみもがいているような……
つまり……力が暴走している? だとしたら元に戻す方法もあるのか?
「熱い、だったら冷やせば……」
思考を巡らす、この辺りに水道は……公園、ダメだ遠すぎる、…………くそ、全く思い浮かばん、こうなったら一か八か逃げながら水道を探すしか。
いや、まてよ、あるじゃないか水道なんか比べ物にならないほどの水量、川が————正確には用水路と言うべきか、まあとにかく大量の水はある。


「ついて来やがれシオマネキ野郎」
言って俺は人気の無い裏道の方へ駆け出した。人通りの少ない道を通った方が安全と判断したからだ、それにこの裏道を抜ければ目の前は用水路だ。

——疾走、俺は今、路地裏を自身の限界に近い速度で走っている。
それなのに男の足音はどんどん近付いてくる、俺の足が遅い訳では断じてない、俺だって学年トップ5に入る程度には速いんだ。
前方に白いガードレールが見えた、もう少しで裏道を抜ける、あれを飛び越えれば用水路だ、距離にして10mと言ったところか。
逃げ切れたと確信したその時、肩に熱を感じた。
「——っ」
そのまま押し倒される、この瞬間、俺の逃走劇は幕を閉じた。
「アツイ……タスケテ」
「そんなに熱いなら川に飛び込みやがれ——ッ、グアアアアアアアア!!!」
右腕を男の灼腕に掴まれ凄い力で締め上げられる、まるで車に轢かれてるみたいな激痛と焼けた石を押し当てられているような熱さに顔を歪める。次の瞬間自分の右腕がへし折れる音を聞いた、少し遅れて先程とは比べ物にならない痛みが身体を蹂躙する。
「————!!!!」
叫び声を妨害するかのように腹に拳が打ち込まれた、さらに一発、さらにもう一発。
「ククハハハハハハハハハハ」
哄笑と共に男の乱撃が身体をめちゃめちゃに破壊していく、怪物の膂力から放たれる拳は一撃がとてつもなく重く鋭い。身体が爆散したと錯覚するほどの衝撃を伴い、それを都合30発ほど叩き込まれてなお生きているのは奇跡と言って良いだろう。
しかし身体に限界は確実に近付いていた、意識が遠退く。そのまま俺は意識を失っていた、それは数分か数時間か、あるいは数日か。


続きを読む 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS