吸血鬼達の集会場【Vampires' meeting place】

葉っぱ天国 > 変人・中二病 > スレ一覧 1- 101- 201-キーワード▼下へ
1:ロンシア・フォン・ノスフェラト◆do:2018/02/15(木) 21:14

この場を借りて数少ない同胞達と語り合いたい
『吸血鬼達の集会場』と言う名だけれども、約定さえ守ってくれるなら同胞以外でも歓迎させてもらうよ。

199:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/04/21(土) 18:05

一日遅れてないか

200:りりる 闇の魔法使い:2018/04/21(土) 19:20

>>193
あぁよろしく。

201:セナ☆:2018/04/22(日) 12:14

>>195 お前は中立か
面白いね。俺は君と違って合理的秩序の維持のために自論を唱え、それが論破されることで自意の改善を図る。そういう生き方を選んだ
俺の目指すものは“安定”というものが最も必要な事であるという概念の崩壊,新しいことへの挑戦と創造性に対して悪という烙印を押し、既存のシステムに固執するという現代の慣習を改めることで平和的成長を図ること。
俺が議論に参加するのはそのためだ。自論の改善には、多くの立場からの視点が必要であると考える

202:セナ☆:2018/04/22(日) 12:14

上は俺だよ

203:ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/04/22(日) 12:15

すまん。また間違えた.°(ಗдಗ。)°.

204:ケイン:2018/04/22(日) 15:11

なるほど…、あなたは、どちらかといえば革新派なのですね。そうそう、それから疑問に思ったのですが、合理的秩序とはきっとあなたの目指す世界のことでしょう。その世界について具体的にお教えしていただければと思います。
私の脳は凡人同様でして、才も無ければ、運もない、頭が硬く、現状の社会現状を解釈しなければならない立場の者としては、もう少し柔軟な多角的視点という考え方が欲しいものです。

205:セナ☆:2018/04/22(日) 18:30

説明しよう

まず、私の思う正しきものとは、支配の先にある世の平和のことだ。支配は、完全ではないのだ
その平和は、それが一人の独裁者により為されたものであっても、民の集成によるものであっても良い
ただ支配により正当性が必ずしも生まれるとは思わない。

今の世は…憎い。
あの惨劇により、世は変わり支配による平和という調和は乱された
だから私はもう一度時を戻す為に変動を平和という調和に変えたい。それが恒久的平和の実現、合理的秩序の形成。

206:ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/04/22(日) 18:37

そして、今のその状況,独善者の利己主義により、表面上で統制された彼のためだけの状況を、回避するために結成されたのが、この集会場であろう
ここで我々は互いに理解し合い結束することで、同じ目標に向かう一つの大きな力一組織を創る。
その際、弱い人間達は邪魔なのだ。例え個々の力が弱い彼等が結束し一つの力というまとまりを見せたとしても、その作られた力ですらも弱いのだ。個々の力が強い者の結束である我々の組織と比べれば、その差は月と太陽。
だからもし我々の組織と人間の組織の利害関係が一致せず争いになると面倒だし、時間の無駄だ。
よって我々は、我々の生存にとって不可欠な、洗練された最低限の人間のみ残し、あとは排除する必要がある。
そして我々と残された人間で力を合わせることで、より大きな力を持ち、両者の利害関係が成立する中で改革を起こす。そして合理的な安定秩序を創るのだ。
その論は両者にとっての利害関係が成立しているという点で、利己的ではないといえる

私にとっての合理的秩序とは人間との共存。我々の強靭な肉体力と精神力、突発した異能力を用い、それに人間の“技術”たるものを合わせれば、恒久的的平和の実現は可能となる
それこそが合理的に安定秩序を生み出すことへの最善の策であると考える

207:ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/04/22(日) 18:42

私の描く安定秩序の形成とは、法により統制された世の建設であり、今の武力支配たる利己的統制体制の崩壊のことだ。

208:ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/04/22(日) 18:43

分かりにくかったら、言ってくれ。

209:影。 hoge:2018/04/22(日) 18:47

こんな欺瞞と揶揄と無能に溢れた世界は腐っている。
壊してしまえばいい。自らの手で。ただ、俺にはそれができない。何故なら、中途半端だからだ。

210:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/04/22(日) 20:07

この世界の常識というものは偏見からできている。

あまたん

211:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/04/22(日) 20:19

私の周りの人間は無能ばかりだと思った今日この頃。馬鹿とかそういうんじゃなくて、考える能力がないってこと。

212:弱い者虐め反抗隊隊長◆X9k:2018/04/22(日) 20:23

〈・ー・〉

213:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/04/22(日) 20:44

(;・∀・)

214:ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/04/22(日) 20:57

無能で無い者も少なからずいると思うぞ。まぁそれは蓋然性の問題であり、俺は出会ったことなど無いのだが。
あと、お前が中途半端な存在であるとはどういうことだ?

215:三代目丼上博士:2018/04/22(日) 21:16

>>208
分からん!お前の云ってる事がさっぱり分からん!中二の悦に入るのは勝手だが、もう少し読み手の事も考慮すべきだな!小難しい言葉を並べ立てれば良いと云うものでもないだろうに!

他者理解を深めるべく、敢えて小難しい言葉とは対をなす存在であるギャル語をマスターすべく、ギャル文化に触れ合うと云う苦行を敢行してみせろ!ギャル語発祥の地である渋谷に今すぐ出向け!勿論、自腹でな!

216:ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/04/22(日) 22:15

…それはすまない。

ならばこうまとめよう。

今の憎い世(独裁者が自分のことだけを考え、武力行使たる支配をしている利己的政治体制のことだ)を改善したい
→有難いことに我々は強靭な肉体力、精神力、そして異能力を有する。では、それを用いて均衡的平和の建設は出来ないものか、と考える。
→しかし今の吸血鬼の能力に、唯一ともいえる欠陥がある。それは“技術”だ。我々は肉体力や精神力に関しては優れる種であるが、身体を酷使して生存してきたため技術の進歩がなかった
→ならば“技術”を有する種からチカラを借りれば良いではないか
→“技術”を有する種とは、人間だ。彼等は我々のように肉体力や精神力が優れているわけではなく、異能力を持たない。だから“技術”を発展させ、この近代科学を創り上げた。
我々はその人間の工夫に頼り日々を生きている。我々に“技術”が無いならば、彼等のチカラを借りれば良いのだ

ということで私の場合、合理的に安定秩序を形成するには「人間との共生」これが不可欠であると考えた。

217:ケイン ヒトツメ:2018/04/22(日) 22:27

お答えいただき誠にありがとうございました。
なるほど、私はルージュさんのおっしゃられる理論についてよく分かりました。
そこで、早速ですがいくつか思った点についてお話していきたいと思います。参考になればとても幸いでございます。

根本にルージュさんのその理論は、いくつか改善が必要かと私は思います。
まずは、人間を排除し、吸血鬼が選んだ人間だけを取り残し、その人間たちと一緒に協力してゆくのは無理があるかと思います。
というのも、同胞を排除された人間たちは吸血鬼に対して激しい憎しみを覚えるでしょう。あるいは恐怖によって屈し、吸血鬼の傀儡となるか。いずれにせよ、
人間たちは吸血鬼に対して協力したいとは思わないはずです。
ここで、あなたの理論に取り入れるべきことは、倫理性です。
私は今まで、多くの種族の共同体を見てきました。
その共同体には、多種多様な政治体制がありまして、中には武力支配によるものだったり、委員会を作って民主制を採用していたり、あるいは、直接民主の体制であったりと、千差万別であります。
その中でもとくに、共同体の安定した政治体制であり、改革が推し進めやすい状態であったものには、必ず倫理性がありました。
この倫理性には、ルージュさんが唱える、人間との共存には絶対的不可欠であります。
というのも、倫理性とは、道理と合致し、理非を決める規範となるもの、即ちモラルというものでありますから、近代社会の中で改革を行う上では、改革の要素となるものといってもいいでしょう。
従って、倫理という視点から理性的に考えてみて、人間を排除するというのは、毫もルージュさんの素晴らしき改革には向かないかと…。
もっといえば、統合者たるルージュさんには、理性を身につけて、哲人政治を行うべきと私は思います。
プラトンは唱えました、哲学者が支配者になるか、支配者が哲学者にならない限り、理想は決して実現しないと、その通りだと思います。
魂の3分説によれば、魂は欲望、意思、理性からなるものだそうで、哲学者には、理性が大幅に占めており、それが知恵となり、冷静に善のイデアを探求することができるため、モラルを最も重視した改革が推進できるかと私は考えます。
これが第一の改善点であります。

218:ロンシア・フォン・ノスフェラト◆do 宵闇の不死王:2018/04/22(日) 22:36

要するに、クルーガの様な『吸血鬼至上主義思考』とノエルの様な『穏健派思考』の二つに分かれてしまっているんだね…

219:ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/04/22(日) 22:54

大変理解した。では、君はどうすれば良いと思う?
確かに、人間の排除は確固たる残虐行為に値すると思う。我々の生を繋ぎとめているのは人間を咀嚼するという悍ましき行為であり、しかし我々はそれをやめることができず日々人間の命を奪う
つまり人間から見て我々は敵であり、そしてまた我々が均衡的平和の建設だのなんだと言って人間の排除をしようものなら反発が起きるだろうね
それは私も分かっているつもりだ。だが、高慢と言われるかもしれないが、私から見て人間よりも我々吸血鬼の方が優れた種であることは絶対的事実に思える。そんな我々の能力を最大限に引き出せるのは厳選された人材のみ。それ以下の者達は無能であるのに異議を唱え続け、時間の無駄になるとともに、遂には望まぬ懺劇に至ろうと結束をする可能性も否定できん。
我々は懺劇を避けなければならない。平和の建設の為に流れる血など無用だ。そしてまた、吸血鬼と人間が闘い吸血鬼が勝利した場合でも、我々は食糧がなくなり滅亡するだろう。両者にとって望まぬことだ

その懺劇を避ける為に、我々は一部の人間の排除をしなければならない。
林の中で間伐が行われるように、その行為が齎す結果とは我々と人間,両者にとって良いものとなるはずだ

しかしこの方法に理性が無いと言うならば、お前ならどうする。人間の排除なしに惨劇を防ぐ方法があるなるならば、それこそが合理的であるといえるだろう

220:三代目丼上博士:2018/04/22(日) 22:58

>>216
貴様の主張は概ね分かった!御苦労!だが、他者理解〜の返答はどうした!私がこのネタを思いつくのにどれだけの吟味を重ねたと思っていやがるんだ!人の気持ちを踏み躙りやがって!貴様の吸血鬼談義なんてどうでもいいんだよ!単刀直入に感想を述べよ!

221:ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/04/22(日) 23:07

この場にギャル語というそぐわぬネタをぶち込んだ君の思考回路に感嘆の詞を述べるとともに、その試行錯誤の過程にある多大なる苦労に共感するよ
私も吸血鬼という異主体の立場から意見を述べる際、その試行錯誤に少しながらの努力をするからね

感想は…なんだろ、、
私もギャル語は使うし、渋谷はかなりの頻度で出向くショッピングエリア(だって私14の女子だし)だからなんとも言えないーー!ごめんねっ

222:ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/04/22(日) 23:08

あーちなみに渋谷はいつも自腹だよ!勿の論!

223:三代目丼上博士:2018/04/23(月) 00:05

感想を云うためかどうか知らんが、キャラが早速崩れているじゃねぇか!キャラ設定ぐらいもう少し遵守しようと云う気概を見せよ!吸血鬼がどうのこうのと偉そうに講釈垂れといておきながら、何が14の女子だ!笑わせるな!お前のキャラ設定は所詮は三流!高らかに語ったところで、もはや何の説得力もないわ!


他者を深めるべく、キャラ設定の異常ないい加減さで有名なキン肉マンを読破してみろ!1コマ跨いだら、存在そのものがなかった事になったプリプリマンの不遇に涙しろ!

224:ケイン ヒトツメ:2018/04/23(月) 01:36

私は、吸血鬼も人間も能力においての優劣はなく、それぞれが持つ欠陥面と優れた面を総合的に鑑みれば、同じくらいであると思いますよ。
合理性や、理性による判断、これの根底にあるのは道理に合うかどうかです。
失礼ですが、人間の弱者は邪魔だから排除しようとするその考え方は、とても非理性的であり、我々吸血鬼と同様、かけがえのない人間に対する侮蔑であり、ルージュさんの理論の立派な精神として掲げられる人間との共存・共生には適合しないと思います。
従って、これは理性に基づいて判断されていません、基底とされたのはエゴイズムによるものです。
ルージュさんが仰られる惨劇というのを何としてでも回避するために、我々全吸血鬼がもっとも必要とするものは、教養であります。
現在、吸血鬼の社会は一人の独裁者によって身勝手な立法が行われ、貴族階級の吸血鬼と、一般階級の吸血鬼とで大きく権力の格差が広がっています。
我々一人一人のかけがえのない命を、軽視している愚劣な独裁者は、権力の魔物と言ってもいいでしょう。独裁者は頭がいいので、一般階級の吸血鬼には一切として教育を施していません。
そのため、一般階級の吸血鬼には、自ら判断して行動する知識や知恵すらも持っておらず、周りの偏見や噂の真偽すらも疑わず、鵜呑みにしてしまうほどの教養の無さが、明々白々として分かります。
知識、知恵を持たないということは、民主制にしたとしても、政治、経済、社会科学に関する知識がないため正しい法や、権利章典を運用していけません。況や、指導者たる君主が必然的に君臨しなければなりません。ちなみに、これは二十世紀のメキシコ政治体制とその実態から学べます。
私がこれから、この惨状を打破するとすれば、まずは一般階級の吸血鬼を無知から解放し、理性によって吸血鬼社会を支配し、人間が解明してきた自然科学により、偽りの伝承や差別意識を排斥し、吸血鬼ナショナリズムを高めることから、この独裁体制への打破が可能になると考えています。
この教養を施すことに関しましては、改革を行う上での基盤となり、とても重要であるため、まずはそういったさまざまな専門分野に精通する吸血鬼が肝要となるでしょう。

225:ケイン:2018/04/23(月) 01:47

自然科学、哲学、倫理、社会科学、などの先人が残していった学問体系の教養によって全吸血鬼に瀰漫された理性は、知恵となり理非の判断、思索能力が、吾人に付与せらるることとなるでしょう。

226:影。 hoge:2018/04/23(月) 01:48

キャラの崩れは俺も気になる。
ただ、博士。あんた立場ブレブレだぞ、キャラも。

227:ケイン:2018/04/23(月) 01:51

(金曜まで来れません)

228:ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/04/23(月) 17:47

俺の昼間の姿が14の少女だってことは随分前からこのスレでも明かしてたがな。
別に俺のキャラが崩壊しようが何だろうがどうでも良いことだろう。気にするまでも無い
ちなみに筋肉マンは読んだことないな

229:ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/04/23(月) 17:59

ケイン君ありがとう。
そうか教養か…お前の言うところはつまり、一般階級の吸血鬼への教養により人間のチカラを必要とせず、吸血鬼独自のチカラでもって理性のある統治、ともに均衡的平和の建設をするということかな?
そしてその未来の構図には人間と吸血鬼の共生が成されている。
その理想的未来への過程には、我々を敵とする人間に対し、我々の持つ理性と共生の道理、また我々は安全であることを理解させる必要があるね。それに対し君はどのような方法を取る?
私の場合、その利害関係の理解が出来る者だけ残し後は排除という形を取らせて頂くという方法で争いを防ごうとしたのだが、それでは人間の命を奪うだけの理性のない怪異であると見做されるだけだと言う
ならばどのようにして反発する人間を抑えつけるのか、その方法も是非伺いたい。

230:ロンシア・フォン・ノスフェラト◆do 宵闇の不死王:2018/04/24(火) 01:12

ええと…僕はまず、『理解してもらう』事が必要だと思うな。

もしくはギルベルトみたいに人間を助けて手を取り合ったりとか…方法はいくらでもあると思うよ

231:セナ☆:2018/04/24(火) 17:17

少々厳しい言い方だが、お前には読解能力というものが欠如しているようだな…
悪いが私は「〜理解させる必要があるね。それに対し君はどのような方法を取る?」と聞いた。
私は異主体を理解しようという努力すら見せず反発だけし、すぐ争いに持っていこうとする無能な人間を排除することで、残りの我々を理解できる能力のある者だけと共生を果たそうという主張を述べたんだ
ただケインのように排除を好まないならば、排除なくして“どのように”理解をさせるのか、それが聞きたい。

ほほう…懐かしい話だね…ギルベルトか。
人間を助ける…彼と違い、我々は医療技術を持たぬ。我々が有するのは異能力ぐらいだ。それを使い人間を助けるということかな?

232: ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/04/24(火) 17:18

233:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/04/24(火) 18:37

234:弱い者虐め反抗隊隊長◆X9k:2018/04/24(火) 19:15

..........?

235:ダンケルハイト:2018/04/24(火) 19:26

沈黙の会話というやつか?

236:ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/04/24(火) 19:29

私の232「。」は、上のレスで名を間違えたことを示すためのものであって、沈黙の会話とやらを始めたつもりはないのだ…w

237:ダンケルハイト:2018/04/24(火) 19:31

なるほど。
てか、間違えた方の名前可愛いですねハイ

238:Ciel・Fleur:2018/04/25(水) 21:00

すまぬ、入ったものの自己紹介が遅れたな…
名前☞Ciel・Fleur(シエル・フルール)
齢☞315歳
誕生日☞6/8
趣味☞紅茶の飲み比べ
特技☞チェス、ポーカー
好きなもの☞プリン
嫌いなもの☞トマト、虫、ゴキブリ、カエル等…

である。よろしく頼もうぞ…。

239:ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/04/26(木) 20:17

シエル殿、宜しく頼む
奇遇だ。好きな物が私と同じであるな… 親近感が湧くぞ。

240:ケイン キクチ:2018/04/27(金) 00:10

(金曜の午後、来ます。)

241:ケイン:2018/04/27(金) 21:32

九割以上を占める一般階級の吸血鬼に対し、教養を身につけさせることの第一の作用は、改革の前の準備に必要とする基底であり、社会契約説、吾人の福利及び意嚮たる基本的権利、政治的権利の畛域の保護、立法府を含めた権利章典を制定し、これに遵守するところの政治、つまりは対内的に憲政国家として樹立することができるようになるということです。

第二の作用は、理非的で、かつ、道徳的な世論を形成するためです。これは各吸血鬼が教養によって身につけた理性により、物事の判断をより正確にできることになり、現在、政権を総攬する独裁者に対する反発姿勢を、高度に、高次元に具現化・実現化することが可能であるということです。

第三の作用は、先覚者や哲学者が現れるということです。

第四の作用は、教育や権利の啓発運動が成されることで、社会的にも、経済的にも、政治的にも歴史的背景を鑑みて、豊かになるということです。

もっとも、我々は、身につけた教養とともに、この独裁体制の中で人間の力なしで、民主的な革命を遂げなければなりません。現在の独裁的な政治は、恐怖政治同様、むごたらしい暴虐によって、これまでの反逆組織は解体され、首謀者は見せしめとして、我々の目の前で支離滅裂に処刑されてきました。
しかし、独裁政治を行う政府以外の多くの人民が敵であったのならば、それも知的で、民意が一致していて、目の前に蹂躙すべく敵が明確に分かっているとすれば、ある指導者を中心として革命運動が起こります。

この封建社会を慊らぬほど破壊し尽くして、議会制民主主義を確立し、同胞である我々をようやく民族として統合できます。

しかし、国家であり、国家紛いのものであってもそれらを成立させるとすれば、物質的にも精神的にも文明の潮流とともに、人間たちの目につくのも時の問題です。人間にとって我々という存在そのものが利害しかない以上、排除されるのも大いにあり得ます。
私たちは、せっかく強靭な肉体を持っているのですからそれを利用して、地下深くに都市を作り、地下に生息すべきです。それも人間が近づきにくく、リモートセンシング、全球即位衛星システムであったり、地理情報システム等に、とらえられることのない秘境の地域で安穏に暮らしてゆける吸血鬼統合地域を作るべきです。

242:カレン=アーティフル・コマンド◆fk6 hoge:2018/04/28(土) 13:43

すこし話は変わるが、もう少し吸血鬼の人権は尊重されても良いのではないか?
吸血鬼と言うだけで餌である人間に近付きにくくなるのは避けたい。
高位な吸血鬼に関しては、無闇矢鱈に血を吸うわけではないしな。

243:ケイン:2018/04/28(土) 14:43

私は、吸血鬼の権利を最も尊重していると思います。また、吸血鬼の権利を守るための憲政であり、民主的な世論形成を図ることにより、今の封建社会、独裁による権利の侵害を免れ、民主主義的な革命を起こす最大の道筋であると、人間の歴史上から見ても明白に分かります。
地下生息は、専ら一つの作用を含むものではなく、複数の作用が潜在しているということを忘れてはなりません。
地下では、多数の吸血鬼が忌む太陽の光を確実に避けることができるのと同時に、人間の脅威性を鑑みて、行動を移すことも可能であり、さらには隠密に人間を吾人が生きるために吸血することも可能となります。
いずれは、地下生息域の拡大というよりも、地下生息域の適応という本質を持ってして、より理性的に生きることができる社会を作ることができることを私は考えています。
また、教養もより合理的に促進させることも可能となり、道理に反する宗教的な固陋を除去し、我々共同体の個々が結束的というよりも、理性的になることによって、良好なナショナリズムを築き上げることも可能となるでしょう。
いずれせよ、この作用らは、現状を打開することは言うことを俟ちません。

244:Ciel・Fleur:2018/05/01(火) 11:57

>>239
ほんとか…!!プリン好きな者がいるとは
なんとも嬉しいことだ…。

245:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/01(火) 14:12

私の設定、昔から見ると
吸血鬼

魔女




だったなあ…

246:Ciel・Fleur:2018/05/01(火) 19:52

>>245
な、何があったのだ…。アマテラス…

247:ルージュ=クレーヌ・ド・リュンヌ:2018/05/05(土) 11:54

ケイン殿の話は随分難しいなぁ.°(ಗдಗ。)°.でも、なんとなく分かった(かもしれん。 有難う。

俺の友達に神いるわ…w
其奴も狐とか魔女から転生したのかな…、

248:名を捨てし者:2018/05/06(日) 22:57

ふはははは…俺は狐茉だ


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS