過去の時間

葉っぱ天国 > 変人・中二病 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:輸血天使・チヨコちゃん。 立花千世子。:2018/07/20(金) 22:00

キャラの過去とか話を書くスレ。
誰でも使って良し。

2:輸血天使・チヨコちゃん。 アルヴァナ・クリーク:2018/07/20(金) 22:06

____私の名前はアルヴァナ・クリーク。アーリャと呼ばれていた。

3:輸血天使・チヨコちゃん。 アルヴァナ・クリーク:2018/07/20(金) 22:27

某国のスラム街で産まれた私は、病弱であった。
なにせ、私は髪と肌が病的に白く、赤い双眸を持っていて、それは俗にいうアルビノという人種であった。その為、紫外線に弱い。
おまけに、血漿と細胞に異常があり、血液が流れ続けるという体質。望んでもいないその祝福に、周囲から異質な目で見られることに、憤りを感じていた。

そんなある日のことだった。やはり、住処はスラム街であるが故に、暗殺されるケースも少なくはない。私の母は、とある賭けに負け、殺されたのである。その現場を直に見た時に、本能的に、輸血をしないといけないと感じた。だが、目の前には母を殺した犯人。そんな暇はなく、自分も殺されようとしていた。私は、いつも血液を見ていた。だから、血液を見ることに、躊躇などなかった。割れた酒瓶の破片。近くにあったそれを取って、私は初めて、赤い華を咲かせた。

母親は、多量出血で死んでいた。遅かったのだ、気付くのが。まだ12の少女は、鮮血のにおいに初めてむせて、スラム街を抜け出した。そして、今に至るのである。現在、私...アーリャは13歳。素性を隠す為に偽名を使い、輸血をして金を得ることで、必死に明日を生き延びている。

4:輸血天使・チヨコちゃん。 アルヴァナ・クリーク:2018/07/20(金) 22:27

(書きこむのに何分かかってるんや...)

5:雪りんご 都市‥:2018/07/21(土) 00:02

創作企画をさせていただくスレです‥
人数制限はありませんから気軽に遊びに来てくださいね💗

6:雪りんご 都市‥:2018/07/21(土) 00:03

ごめんなさいっ❢スレちでした‥

7:輸血天使・チヨコちゃん。 アルヴァナ・クリーク(アーリャ):2018/07/21(土) 00:04

>>6
おー、こちらこそソーリー。
別にええでー、気にせんでええさー。

8:雪りんご&◆dg 都市‥:2018/07/21(土) 00:15

っていうかチヨコちゃんさんのすれ‥とってもいいとこそうrL

9:雪りんご&◆dg 都市‥:2018/07/21(土) 00:16

雪りんごも過去書いていいですか?迷惑だったらごめんなさい

10:終極と災厄の大天使 カレン=アーティフル・コマンド:2018/07/21(土) 05:31


元は天界で産まれた一人の少女だった、天界で産まれてはいるが、天使ではなかった。
主神を軽く越す風格、数多くの最強を滅ぼすほどの実力、概念すらも捩じ伏せる膨大な魔力。
そして類いまれなるカリスマ性に全知全能に揶揄される程の異常な頭脳。
これらの揃っているから当然、私はまるで神のように奉り上げられた。
所詮勝ち組人生という物だ、家族の家業も一気に業績が上がり出した。

でも結局私を満たすことなど出来るはずが無かった、その陰口も悪口も聞こえていないと思っているのか?
信じられるのは私の妹と大魔導師の彼女だけ、雑魚を殺してもなんの旨味もありやしない。
ひたすら退屈だったのだ、苦痛を感じないだけの価値ない人生が。
そして私は天界を逃げ出した...価値ある人生を求めて。

11:名を捨てし堕天使◆Qk:2018/07/21(土) 07:04

僕は天使と死神のハーフだ。
親はとても優秀な「能力」を持って居て、その能力を活かして、反乱を起こすものを秘密裏にころす、
いわゆる暗殺者をして居た。
親が優秀なら、子だって優秀なはずだ…そう期待されて産まれたのが僕だった。
僕の能力は「コピー」。「能力」を持っている人をころす事でその能力を緻密に正確にコピーする、というものだった。
親は嘆いた。もっと、もっと素敵な能力を、と。
血に塗れないと、人を攻撃する「能力」すら持てない出来損ないの娘に父は当たり散らし、以前よりも酒で溺れた
母は娘なんて産まれて来なければよかったのに、と父の変貌を見て涙した。
でも掟で、子供は17歳になるまで捨ててはいけない、というものがあった。
何故かというと、能力は産まれてすぐでも診断できるものの、能力が出るのは17歳からだからだ。
僕は「お前に存在価値はない」「出来損ない」と毎日怒鳴られ、暴力を受けた。
小さい頃から言われたのだ、流石に僕はそうなのかなと思って、ただ人形のように「ごめんなさい」と言った。

時は流れやっと17歳になった。
僕は、17歳になったその瞬間に親を殺した。
そして、鮮血で少しむせながら、死んで虚ろになって行くその目に、僕に向けられた怯えた表情に、自らにかかった少し生暖かい美しい赤い液体に。
「なんて美しいんだろう」と、そう思った。
そこで直感的にわかった、僕に親の能力が譲渡された。と。
母は「無限魔力」父は「不老不死」。
ならなぜ父は死んだんだろう、と脈を計りながら思う。
ろくに学校も通わせてもらって居ないので、学がない僕には分からなかった。

しかし無限魔力を持って居てもなんの魔法も使えない。
そこで、ふもとの村に初めて降りて見た。
鮮血に濡れた僕を見て、村の住人は怯えて引っ込んでしまった。
そこで銃を向けたやつを、近くにあった鎌でころす。
どうやらそいつの能力は「火炎魔法」だったらしい。
なので地面すら燃やして歩いた。沢山の家が潰れ、沢山の人が死んだ。
おかげで沢山の能力が手に入った。
「氷結魔法」【自然治癒】「武器」
随分と優秀な能力を持った村だったんだな、と思った。
村で取った鎌を手に、沢山のひとをころしていく。
と言っても流石に無差別じゃない。
強い「能力」のひとをころしていった。
僕はさらに強くなった。
それに、不老不死なので、時間は有り余るほどにあった。

【全魔法取得】【能力制御】【自然治癒】【不老不死】【無限魔力】【全知全能】【能力付与】【魔法耐性】
千年たらずでこれを集めた僕は、自分より強い者を探して今いるここにたどり着いた。




(今過去話作ったわけじゃないからね、昔からあっためたやつだからね、、…ごめんなさい今作りました)

12:Piero*:2018/07/21(土) 11:28

何も無い、真っ白な空間に、僕はいた
何もわからない
でも、何か足りなくてつまらなかった
最初に空間を『創った』
次は水を『創った』
土を『創った』
ドロドロしてて固まらない…
次は『カミサマ』を『創った』
『カミサマ』は僕の言うことを聞いてくれた、土も水もちゃんとできた
『カミサマ』は僕の代わりにいろんなものを作ってくれた
『天使』『悪魔』『魔物』『人間』
いろんなものがふえた
でも、僕のいた最初の場所は真白くてなにもないまま
僕は『カミサマ』にお願いした
【僕もあの子達みたいな友達がほしい】
『カミサマ』は僕のお願いを叶えてくれたから、きっと、きっと

友達ができた

一緒にいてくれる友達が

でも

あの『カミサマ』はいなくなっちゃった

…………時間が経つと、友達もいなくなっちゃった

『カミサマ』が創った天使も、悪魔も消えていった
魔物も人間も、数は増えたけど、僕が知ってた子達は倒れて土になった

僕だけ、変わらない

僕だけ、

僕だけ



………ひとりぼっちに、なる

『創った』
創った創った創った創った創った創った創った創った創った創った創った創った創った創った創った創った創った創った

何もかも、空間も、時間も、天界も、下界も、魔界も、天使も、悪魔も、魔物も、人間も、それ以外も、運命さえも

………全部、創った

なのに、たりなかったんだ

13:輸血天使・チヨコちゃん。 アルヴァナ・クリーク(アーリャ):2018/07/21(土) 12:56

>>9
おけです。

14:マモン:2018/07/21(土) 13:29

いいねぇ、、

15:名を捨てし堕天使◆Qk:2018/07/21(土) 14:09

>>14
(君の過去が今だに謎とか言えない)

16:雪りんご:2018/07/21(土) 15:10

雪りんごの過去‥知りたい?

17:アマテラス◆YQ:2018/07/21(土) 16:36

えぇ

18:アマテラス◆YQ:2018/07/21(土) 19:17

私はとある王国にいた。親がおらず、姉だけがいた。
その国では戦争が激しく、私が生まれたときは地獄のような時代だった。
そして、戦争で姉が死んだ。

悲しみのあまり、私は姉を殺した人物を殺した。
そして、食べた。

『美味しい』と、感じた。

鋭い歯で国を滅ぼしていく姿は、
悪魔のようだと言われた。

戦争で姉をなくした恨みと、
人を食す喜びから、私は人食神と呼ばれた。

国を巡り、悪魔や天使も殺し、
『食べた』

それでも満足はいかなかった。

食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい…

出会ったのは、一人の少女だ。
勿論彼女を食べようとしたが、彼女が姉に似ていることに気付いた。
私は彼女に姉と同じ名前を授けた。

それが、アンジェラだ。

19:総督◆Hs:2018/07/21(土) 23:07

私が生まれたのは帝国歴2016年。我が国は建国15年にして平和的に奴隷を解放し、差別も禁じた。建国140年に鉄甲船を造ることに成功した。建国165年、11の大陸のうち一つを制覇する。建国188年宗教的対立から国家が分裂する。建国344年にようやく元の国土を取り戻す。建国509年に世界一周航海に成功する。全体陸は1655年に制圧する。1755年に衛星への上陸に成功する。建国1800年には人工衛星の打ち上げに成功する。建国1933年ワープ技術を宇宙船に付与することに成功する。建国1966年、我が星の属する星系を制覇する。建国1990年銀河連合に所属する。建国2000年、植民星に隕石が落下、数百万人が死亡する。建国2005年銀河連合が崩壊、この時我が星はバース民主星、神聖ヘルメニア帝国、大グイジア国と通商・防共・不可侵条約を交わす。建国2009年c42星系を制圧する。建国2013年、本星で左派革命、革命赤軍、革命急進派連合らと国軍の間で戦闘が起こる。この戦いで襲われた皇帝のグスタフ6世が崩御する。帝位はアウグスト2世が継ぐ。建国2015年末革命戦争が終結する。建国2016年、格差社会が深刻となる。私はそこに生まれた。父は革命戦争で命を落とし、母は私を産んですぐ亡くなった。そのため産まれてすぐ孤児院に入れられる。2026年、視察のきたある士官に拾われる。2027年、クヌホセス連邦が我が国の領土を侵略したため、政府は大使を召還。このことで戦闘状態に陥る。2028年、海軍中学校に合格。2030年飛び級首席卒業。2031年海軍高校を飛び級卒業。2032年飛び級で海軍大学校を卒業。少尉として従軍する。
2032年、自らの放った砲が敵駆逐艦を沈没に追い込む。勲章を授与され大尉に昇進する。
2033年2月、自らの軍政の提案が採られる、大成功し少佐に昇進する。
2033年3月、駆逐艦ダブリューの艦長に就任。
2033年4月、ブルーノ中将の指揮下でこの駆逐艦を使い敵駆逐艦を二隻葬る。また魚雷で敵軽巡洋艦を一隻撃破する。大佐に昇進。
2033年5月、戦争は我が方に勝利で終結する
2034年、大魯帝国と戦闘状態に陥る。

20:デューク◆gE:2018/07/21(土) 23:28

俺は豪魔族という種族。

俺の親は別に地位が高いわけでもなく、ごく普通だった。

昔の俺は戦闘が得意ではなかった。むしろ、嫌いだった。

俺はいつも通り生活をしていた…そんなとき、親が暗殺された…。俺は嘆き、そして狂った。

俺は死の山をさまよい、30000年が過ぎた。そんなとき、全知全能神様が『君の人生に再び光を与えようか?』
…と誘った。どうせいく宛もなく、俺は誘いにのった。

俺はそこで神様のために戦い、守ることを決意した。

その後、俺は絶望と狂いを統べる十王となった。

21:親愛の魔王 ルベリア=アーティフル・コマンド:2018/07/22(日) 07:53


私は親愛の魔王だった、森羅万象を統べる魔王だった。

姉様と私は昔から真逆だった、髪の色も種族ですらも。

姉様は昔から天使を騙っていた、天使程度の器では無いのに。

私は全てを終極に導く存在。

姉様は全てをお遊びに変えてしまう存在。

実力がどうではない、根本的に違うのだ。

結局それは姉様に対する劣等感にしかならなかった。

私はただ...

「姉様に愛されたかっただけなのに。」

22:ゲイレン ミーコ 古を求める者:2018/07/22(日) 08:37

私は4世紀前、とある魔法使いの集落に産まれた
私と母と父と妹と爺の五人家族だった
産まれてから35年賀状の間、家族と共に魔法の研究をしていたが
魔法使いを嫌う人間共が攻めて来た。
集落総出で抵抗したがまた一人また一人と倒れ撤退を余儀なくされたが
その時にはもう遅く、囲まれていた
転移魔法に優れていた母は妹と私を転移させた。
私と妹は助かったがそれ以外は全員死んだ。
私と妹はあちこちを旅した
私達二人は捨食の術を習得していたため1日中歩き続けることができたが
妹は集落を攻めて来た人間に見つかり毒矢を射られた
妹はその毒が原因で亡くなった
その時、私は死の恐怖を感じた
山の洞窟で不老不死の術を研究した
そして習得した
それから私はひたすら復讐に走った
国を滅ぼし街を埋め野原を水に沈め山を焼いた
そして私は再び魔法の研究を始め
現在に至る

23:神隠し◆zk hoge:2018/07/22(日) 10:04

自分はとある島に住む鬼の宝物であった。宝物と言っても三種の神器のようなそんな位の高い物ではない。

鬼の宝というのは三種の棒であった。一つは『千里棒』という「千里、千里」と唱えれば千里飛ぶことができる棒、もう一つは『聴耳棒』という鳥や獣の言う事が分かる棒。そして三つ目、『生き棒』という死人を撫でれば生き返らせる事ができるという棒。この三本は島の御殿で大切に手入れされていた。

この三種の棒にはいずれも付喪神が宿っていた。付喪神のうち二柱は自我を持っておらず『生き棒』のみ物心がついた時から鬼の残酷さ、非道さの中での情の厚さを度々見てきた。

心を持ち始めてからざっと1700年後の元旦の次の日、鬼に捕らえられた男が巧妙な手口を使い『千里棒』で島を脱出した。江戸に逃れた男は『聴耳棒』を使ってカラスの声を聞き、偉い長者の娘が死ぬという情報を手に入れた。その後死んだ長者の娘二人を『生き棒』で生き返らせ恩を売って嫁に娶り男は一生幸せに暮らした。

その後三種の棒は島にいた頃のように屋敷で大切に保管された。ところが数十年後のある日男が老衰で死んだ。人間なのだから自分より寿命が短くて当たり前だ。しかし誰も自分を使って男を生き返らせようとしない。付喪神は毎日男の墓の前まで来て手を合わせた。

その後三種の棒は様々な屋敷を転々とし、ある長者に引き取られた。長者には小さな一人息子がいて、其処でもやはり大事に飾られた。しかし引き取られた数年後、大火が江戸を襲った。三種の棒は燃え盛る炎の中で消滅してしまったのである。

しかし本体が失われても付喪神が存在を失う事はなかった。ただ、死人を生き返らせる能力は完全に失くなってしまった。

特に何もせずぼーっと元長者の子供の成長を観察する日々を過ごし、彼がすっかり大人の顔つきになる頃。外に出てみると何やら勇ましい格好をして玄関を出て行く元長者の息子の姿が見えた。後をつけていくと息子は汽車に乗り込んだ。付喪神は人混みの中でだんだん遠くなっていく顏を見送った。この汽車の行き先も知らずに。

数ヶ月後息子が帰ってきた。真っ白な棒状のようなものになって。
付喪神は息子の死を理解し生き返らせようと試みた。が、本体が消滅してしまった以上生き返らせる事は不可能だった。

どれだけ大切にされても人は物をおいて死んでいく。死んでいく者を生き返らせる能力が自分に与えられた存在の意味なのに。そう悟ってしまった付喪神は己の存在意義が分からなくなると共に身体が透けていくような気分を味わった。遠くなっていく意識の中で付喪神はふと思った。

次は人間でありたい、と。

【ある昔話に捏造を加えてみた厨二的な設定。】

24:レイチェル:2018/07/23(月) 18:13

深い深淵を隠す果てし無い森を抜けた先に、かの街ヤーナムは有った

広く知れ渡っていた時のヤーナムは人の豊かさで溢れかえっており、医療を求める物達の聖地だった

ある時この街で、2人の娘が生まれた

この街の中心に居る、腕の良い医者の2人娘はそれぞれ「ムーンテイル」「アルスター」と名付けられた

姉のムーンテイルはひっそりとした出で立ちで、父に勝るとも劣らない医術を持った

妹のアルスターは限られた者にしか見えぬという神性を見出し、それを頼りに探求を好んだ

歳が離れ、背の高低があれど、2人はとても仲が良く、大きな出来事が起こった時は必ず2人で居た

あるとき、ヤーナムに恐ろしい病が牙を剥いた

捕らえた者を恐ろしき異形とし、他を襲わせるこの病は、獣の病と名付けられた

医術を持つ者達は、この病の治療法を探し

武器を持つ者達は、恐ろしき獣たちに立ち向かった

医術を持っていた姉は、病に必死に立ち向かった

探求を持っていた妹は、神秘を得ようと聖杯の迷宮に挑んだ

...獣に立ち向かった者達は、殆どが為す術なく無残にその命を散らし

病に挑んだ者達も何も得られず、獣と化すだけだった

ある時、血の力を持つ唯一の実力者、ゲールマンがその技術を教え、血の力を分け与えた

限られた街医者達は、血の力を持たぬ者達に、血の力を与えることも出来た

恐ろしき獣を狩る者達...「狩人」がヤーナムに生まれた

最早医療に疲れ果てた姉は、狩人達のために自らの技量を生かした武器を作った

姉が作る猟具と呼ばれた様々な武器は、確実な死を与える凄まじき威力を持っていた

...しかし、唯一の希望も、儚く打ち砕かれた

ある時狩人達は狂い始めた、獣の血がその体に滴る最中、血に飢えたのだ

血に飢えた狩人達は、人守りの獣ばかりか、人を狩り始めた

そして不幸は姉にも降りかかった

なんの偶然か、姉の武器を持った狩人達は、残らず狂った

そして未だ武器を作ろうとしていた姉を周囲は疑った

理解者も居たものの、間も無くそれらも狩人に狩られた

とっくの昔に両親も亡くなり

聖杯の迷宮に挑んだ妹も、長く帰ってきて居ない

自らの善意によって孤独となった姉を支えてくれるのは、誰も居なかった



ある時、姉は自分の手に、ナイフを突き刺した

弱かった心は完全に打ち砕かれていた

まだ生きてるかもしれない妹に心で別れを告げ

乾いた目をゆっくりと閉じた





しかし、その傷口に悍ましい者が入り込んだ

打ち砕かれた姉は抵抗することもできず

偽りの思考に操られ、目に見えぬ筈の魂を追って

血の街から去って行った

25:総督:2018/08/11(土) 23:45

>>19の内容改鋳したろ

26:勇者:2018/08/12(日) 22:10

内容が濃い、皆

27:月明かりの怠惰《ムーンライト.スロース》 hoge:2018/09/28(金) 16:43

皆さん凄すぎてあれなんですけど
整理したいがために失礼します。毛色が違う気もするんですけど……。
------------------------------

ボクは…今の姿になる前は一匹の小さな黒猫だったみたい。
みたいなんて、表現するのはその頃のことは
あまり覚えてなくて
パパがボクの記憶の欠片を探してくれたみたいでさ。
とにかく人間達に飼われてたのか野山で逞しく生きてるママの子だったのか本当に覚えてないけど
とにかくひとりぼっちだった。

小さな体で出来ることって少ないし
わからないこと多くてさぁ
狩りなんて成功しないし
お腹はすくし体は汚くなっちゃうしやんなっちゃうよねぇ。

次第にわけがわからなくなって本当なら此処で終わる筈だったんだけど
一度だけ人に拾われたこと、あるんだって

他の人間達より少しだけ大きくて怖い顔してるんだけど
ボロボロで倒れてたボクを
綺麗にして、体手当てしてくれてご飯もくれて
それから温かい家もくれたんだ。
本当に少し見た目が怖いだけで良い奴だったんだけどさ
ある時、そんな彼より小さい普通の人間達に
撃たれちゃったんだ。
ボクは隠れてろって言われたけどそのまましておけるわけないじゃん?
彼の前に飛び込んだよ


気づいたらまわりは静かになってて
真っ赤な床の上に倒れてた。
ボク自身も汚れてて気持ち悪くて
でも撃たれた彼が気になったから歩き回ったよ。
それなのに何処にも居なかった。ボクを置いてどっか行っちゃった。
生きてるのか死んでるのかわかんないけど
そのままさ迷ってるわけにはいかないしさ、

まぁ生きていくしかないよねって
狩りの仕方を練習したり自分で生きる方法身に付けようと頑張った。
何故かお腹はあまりすかなくなって、前より丈夫にな感じがするのかふらふらで倒れることはなかったし。

んで
何故か自分の尻尾がもう一本生えてるっておまけ付き。
笑うしかないよね。

そっからはまぁ
きゃーきゃー騒がしい人間達に追いかけられるわ、石を投げられるわ
面倒くさいことになったんだけど
パパに拾われて人に近い姿にしてもらってからは前より楽になったかなぁ

その分
エクソシスト共が次の鬼ごっこの相手になっちゃったわけだけど

ボクはゆーっくりのんびりしたいだけなんだけどなぁ

28:山田静樺‐シェイシェイ◆C. 幽霊シェイちゃん:2018/10/01(月) 20:36

アーリャか。彼女の霊力は美味しかったよ。さて、そろそろ山田静樺の過去を語ろうか。

29:山田静樺‐シェイシェイ◆C. 幽霊シェイちゃん(悪孤):2018/10/01(月) 21:13

山田静樺。19歳の故人。
虫が好きな、少し変わった少女。
その日は、彼岸花が咲く日だった。彼女は、橋の上から飛び降りて死亡した。

事の発端は、山田静樺が13歳の時。当時の彼女は黒髪黒瞳で、ほんの少し人格の歪んだ人間であった。中学一年生の夏休み、自由研究にセミの解剖をしてきては気味悪がられた。彼女には、理解できなかった。
彼女はいつも、校庭の茂みで虫を見かけては捕まえ、殺した。そんな彼女を見てみんなが気味が悪いと蔑んだ。この世界は、生きづらかった。

幼い頃に、彼女は彼女の母親が男と繋がっているところを何度も見た。
なんて気持ち悪い。しかも、男が次々に変わるのだ。
まるで、獲物を食ってはすぐに次の獲物を狙うメス蜘蛛のように見えた。
そうして母親が蜘蛛に見えると、全ての虫が嫌いになった。

完全に世界から孤立した彼女は、どうしようもない無力感に苛まれる。
理解が及ばなかったのだ。彼女は死のうと思った。
そこへ、一匹の悪い狐がやってくる。嗚呼、僕のことさ。
悪孤は彼女を誑かす。僕が君を楽にしてあげるよ、と。
彼女は虚言を受け入れた。いいや、あながち虚言でもないのだ。
彼女の魂は狐に乗っ取られ、虚無となった。

髪は狐色に、双眸は紅色に。彼女は変貌した。
そうして4年が経過した時、ある男に出会う。中肉中背の好青年だ。
青年は優しかった。これまでにあった誰よりも。

そんなある日、僕は彼を家に誘う。
彼の魂も乗っ取って、霊力を奪ってしまえばいい。
あと一歩、あと一歩で彼に憑ける。
それなのに、山田静樺は自我を取り戻して僕を制御した。
そしてそのまま外を飛び出して、橋から飛び降りた。

山田静樺は死んだ。

あ、僕の詳しい話はまたどこかでね。

30:山田静樺‐シェイシェイ◆C. 幽霊シェイちゃん(悪孤):2018/10/01(月) 21:14

【間違い訂正。虫が嫌いな、ね。へへへへ。】


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS