学園戦争しようぜVer.27

葉っぱ天国 > 変人・中二病 > スレ一覧 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701-キーワード▼下へ
1:Piero*:2018/11/23(金) 23:26

このスレは学園戦争しようぜの続きです
途中参加する人は自分の設定を書き込んできてください
中の人が喋る時は()を使って喋ってください
次スレが必要な場合はスレ主が立ててきます
またなにか追加するかも






『眠ってしまえ』

682:scullFace 先生:2018/12/06(木) 21:30

「…祈りを捧げて救いを求める事が出来るのは一部の天才位の話だ…私にだって出来ない」

683:scullFace 先生:2018/12/06(木) 21:31

→681
「…?別に変わった事かな?私には普通の出来事に思えるが」

684:藍鉄 hoge:2018/12/06(木) 21:32

ははっ、確かに一理あるね……

(ほぅとため息をつく)

旧神さんにどういったらいいんだろうね……?

685:藍鉄 hoge:2018/12/06(木) 21:34

>>683

加護は世界から愛されている印、ご主人はかなり加護は持ってるけど………首には忌み嫌われた神的なものがいるんだよ……

686:scullFace 先生:2018/12/06(木) 21:36

→684
「ふふ、最近は彼らも安くなった…」

687:scullFace 先生:2018/12/06(木) 21:36

「適当にお菓子でも捧げて、願い事を切り出せば喜んで協力するんじゃあないかな?」

688:scullFace 先生:2018/12/06(木) 21:38

→685
「私と同じだね…私の場合、なんとか処理できたけれど」

689:藍鉄 hoge:2018/12/06(木) 21:39

別に……私と瑠璃は願い事なんかないよ……伝えるのは…ご主人の……残りの時間の事

(面倒くさそうに)

…昔より…大分メンタルが弱くなったからね

690:藍鉄 hoge:2018/12/06(木) 21:41

>>688

……まぁ、この話は止めにしよう……

(パンッと手を叩き)

この事はもうどうしようもないからね

691:scullFace 先生:2018/12/06(木) 21:42

「…今、ルーにその事を言ったら危険だよ」

692:scullFace 先生:2018/12/06(木) 21:43

「ふむ、話を切り上げることの出来る人は好きだね」(ズルズル)

693:藍鉄 hoge:2018/12/06(木) 21:44

>>691

…それを伝える程私も瑠璃も鬼じゃないよ…

(苦笑いをしながら)

それに…昔なら兎も角今伝えたら…どちらにしろ……メンタル的なダメージがいくんじゃないかな?

694:scullFace 先生:2018/12/06(木) 21:48

「ルーも、その事については諦めは出来ているらしい…でも、今は…」

695:藍鉄 hoge:2018/12/06(木) 21:51

うん、…『視てきた』から知ってる……

(ニャルちゃんの状態を思い出しながら)

……『破滅の忌み子』……

(ぼそりと呟く)

696:藍鉄 hoge:2018/12/06(木) 21:53

…もうそろかなぁ……?

(長い銀髪に隠れた表情は覗けない、しかしその声は楽しげに弾んでいる)

697:scullFace 先生:2018/12/06(木) 21:53

→695
「…そういうのは腐る程見てきた…が、身内ともなると…初めての経験だ」

698:scullFace 先生:2018/12/06(木) 21:55

「…随分と、楽しそうだね……」

(肉うどん完食…6杯目らしい)

699:藍鉄 hoge:2018/12/06(木) 21:56

>>697

あのニャルちゃんの状態は…私達のせいじゃないよ…

(首を傾げながら)

今回は『破滅の忌み子』は関わっていないから…

私達の仕事は別な要件だったからね

(ぼそりと聞こえないように呟く)

700:藍鉄 hoge:2018/12/06(木) 21:58

>>698

…うん!だって…もうそろそろで…『破滅』ができるかもしれないしね!

701:瑠璃 hoge:2018/12/06(木) 22:02

(藍鉄の口を塞ぐ)

遅れました、それより藍鉄話しすぎです……

(にっこりと笑うがその目は笑っていない)

702:scullFace 先生:2018/12/06(木) 22:04

「…まぁ、有意義な時間を過ごせたと思うよ…代金はその話で良い」

703:藍鉄 hoge:2018/12/06(木) 22:09

ッ!!

(瑠璃の手を振り払いながら)

先生、これから仕事?

704:scullFace 先生:2018/12/06(木) 22:11

「いや、こっちの用事だよ」

(スパナを出す)

705:scullFace 先生:2018/12/06(木) 22:11

「…近々、相当な警備が必要と分かったのでね」

706:藍鉄 hoge:2018/12/06(木) 22:12

…前みたいに、仕事の鬼ではなくなったんだね……

(苦笑いしながら)

707:藍鉄 hoge:2018/12/06(木) 22:14

…ねぇ、ピエロ会長の事忘れたいだけなんじゃないの?

(いきなり真顔になる)

だから…ご飯もこんな食べてるんじゃないの?

708:scullFace 先生:2018/12/06(木) 22:16

「…さぁね」

709:名を捨てし者:2018/12/06(木) 22:16

「私はただ、人の弱さに溺れているだけの話なのだろう…ね」

(スパナを仕舞うと、歩いて行った)

710:scullFace 先生:2018/12/06(木) 22:17

「…(今は、無理、だろうけれども…ね)」

(地下室へ入って行った)

711:藍鉄 hoge:2018/12/06(木) 22:20

……心と体がバラバラにならないといいけど…

(去っていった先生の背中を見つめ呟く)

シブキの花みたい…

712:藍鉄 hoge:2018/12/06(木) 22:22

……『自己犠牲』……

(シブキの花言葉を呟く。その声はどこか悲しげだった)

713:陰陽◆cE:2018/12/08(土) 21:26

……痛っ………頭も痛いし…本当に最悪…

(首を押さえながら、図書室で本を探している)

………上から、二段目…の……

(足元がふらついている)

714:??◆RI:2018/12/09(日) 01:31

(するりと生徒会室に入り込み、本棚から1冊本を抜きとる)
……はぇー、来ないなふうに書かれとんのかぁ、わし
壱『…主様ぁ〜、勝手に読むのはいかがなものかと思いますよ〜』
弐『そう言っててめぇも覗き込んでんじゃねぇか』
壱『あは、まぁまぁ』

715:??◆RI:2018/12/09(日) 01:34

…いやはや、人間の話は本当に面白いのぉ
壱『んふー、私も好きですよー、人の書く妄想こじつけご都合展開ばかりのゴテゴテな話』
弐『…それ褒めてねぇだろ』
壱『いやぁ、私にとっちゃあ宝の山ですし』
……おや
(本を戻し、今度は何も書かれていない本を見つける)

716:??◆RI:2018/12/09(日) 01:35

……
壱『?なにこれ、見本ですかね』
弐『何も書かれてねぇ…』
……!
(ペラリとページをめくっていくと、あるページにたどり着く、それは前に開かれていたあの一文があるページだった)

717:??◆RI:2018/12/09(日) 01:38

……神は、貴方に…
壱弐『呪い/祝福を与えました』
壱弐『……ん?』
壱『なにいってるの弐ぃ、呪いって書いてあるじゃん』
弐『は?お前こそ何言ってんだよ、どう見ても祝福だろ、文字も読めなくなったのかよ』
壱『もってなんだよ『も』って!!!?』

718:??◆RI:2018/12/09(日) 01:39

………、……ふむ
(パタンと本を閉じる)
『『?』』
……帰ろか!壱、弐
壱『…?はい、分かりましたけど』
弐『…それ、なにか…?』
……うんや、ちょっと面白そうやからな
(そう言うと、3人は闇に飲まれ姿を消した)

719:サクラナ 整備員:2018/12/09(日) 11:57

「どうなってんのさ…アタシの手に負えない事ばっか起こりやがって…」

(屋上にて)

720:陰陽◆cE hoge:2018/12/09(日) 15:04

……あった……

(その本を手に取り本を捲っていく。)

721:陰陽◆cE hoge:2018/12/09(日) 15:05

やっと…見つけた…

(保っていた意識をそのまま手放す。手の中には銀色に光る剣が握られている)

722:ニャルちゃん これでも旧神:2018/12/09(日) 15:08

「此処に、居ましたか」

(陰陽を見つけて、影の中からじっと見つめている)

723:ニャルちゃん これでも旧神:2018/12/09(日) 15:10

何を、しているのですか?妙な、無理をして

724:陰陽◆cE hoge:2018/12/09(日) 15:17

…嫌だ…なぁ…

(魘されているのか呟く。手に握られている剣ば鈍く銀色に光っている)

725:サクラナ 整備員:2018/12/10(月) 01:46

「いかん…いかん……なんじゃこれ…」

壊れた回路を前に悪戦苦闘

726:ゲイレン ミーコ 古を求める者:2018/12/10(月) 20:37

うーむ、TED-01のスタビライザー(安定機)が壊れるとは…
不吉な…

727:サクラナ 整備員:2018/12/10(月) 21:09

「…居らんなぁ……肝心な時にウスグラも居ないし…」

728:サクラナ 整備員:2018/12/10(月) 21:09

「はぁー、これが厄日っていう奴かい…」

729:弐◆RI:2018/12/10(月) 21:37

『…なにやってんだ、お前』
(サクラナの元に現れる、何故か知らないがすごくキレかけているようで雰囲気が黒いし怖い)

730:サクラナ 整備員:2018/12/11(火) 07:13

「ん、母さんが行方不明で困ってんのさ、というか、私アンタに何かしたかい?」

不機嫌に気付いて

731:弐◆RI:2018/12/11(火) 07:48

『…別に、なんでもねぇよ、…母さんっつーのは教師の奴か、』


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS