いじめと訴訟能力と

葉っぱ天国 > いじめ > スレ一覧キーワード▼下へ
1:アーリア:2018/01/31(水) 18:49 ID:KXI

今現在の私がいじめられたら、裁判等の手続きに持ち込む気が満々であるところ、残念なことに「いじめ」という問題が一番深刻な小中高学校に通う者たちは当然、未成年者である。よっていじめられても自分だけで手続きを行い、裁判等手続きをすることができない。

そして、子の問題につき面倒くさがりな親も居る中、子が裁判を望んでも

2:アーリア:2018/01/31(水) 18:52 ID:KXI

ミスった。
そして、子の問題につき面倒くさがりな親も居る中、子が裁判を望んでも、このような親が子に代わって裁判等手続きを行うことはないだろう。

未成年者の訴訟能力について見直すか、或いは訴訟上の法定代理権のみについては親権者以外の者にも付与させる制度を設ける等、検討すべきなのかもしれない。

3:アーリア:2018/01/31(水) 19:01 ID:KXI

尚、特別法定代理人を選任の申立なる制度があるが、これは訴訟無能力者の相手方が申立ができる。で、訴訟無能力者側からの申立も類推適用されるとのことだが、これも利害関係人が選任申立ができるの留まるとのことだ(訴訟無能力者本人はできない)。

4:サビぬき。◆Ow:2018/01/31(水) 22:41 ID:Xv6

>>1

現行法制上、未成年者が未成年者を訴える事は出来ないワケだから
代理人が訴える相手はいじめっ子の親と学校って事になるよね?

たとえば仮に子供同士のトラブルの本質が単に悪口だけだったりしたら、
訴訟+弁護士費用に数十万円のお金をかけて、コスパは割に合うんだろか?

周りの全てを敵に回して相手の子に渋々「ごめんなさい」を言わせたところで
その後に多方面から逆恨みされるのがオチなんじゃないのかな?

5:アーリア◆Xo:2018/01/31(水) 22:46 ID:Fj6

>>4
確かに弁護士費用については一番困るところですね。
本人のみによる訴訟だと、適切な攻撃防御が出来るのか心配ですし、やはり弁護士等のプロに任せることになってしまいますか。

6:サビぬき。◆Ow:2018/01/31(水) 23:47 ID:Xv6


無駄に訴訟費用がかさむのみならず、がっかりするほど勝訴利益が薄いはず。

だが反作用は限り無くデカイと思われるので‥どー考えても割に合わない。

つか、勝訴獲得のためのハードルなんかもやたら高いからね?

うっかりすると訴訟濫用の罪にも問われかねないし;‥。


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS