怖い経験しましたという人〜

葉っぱ天国 > 怪談 > スレ一覧キーワード▼下へ
12:速水 静:2018/03/17(土) 12:45

>>9 です
実家から戻ってきたのでちょっと書きます。文才はないです。

私達が村から出ていった数日後、Aが死体で発見されたと今回実家に帰った時に聞きました。
覚悟はしていました。ですが改まって聞くと、Aを置いて逃げた罪悪感に押し潰されそうでした。
Aの母親は自ら命を絶ったようです。
私はその話を聞いたあと気分が優れず、ずっと部屋に篭って泣いていました。
篭ってる間にいつの間にか泣き疲れて寝てしまっていたみたいで、目が覚めたらもう夕暮れでした。
気分が優れないまま私は何気なくずっと窓から外を眺めていました。外を眺めていると、遠くの方に人影が見え、目を凝らしてみると死んだはずのAが手を振ってるように見えました。私が気付いたと同時にAは走ってどこかへ行こうとしました。私はその時咄嗟に外に出ました。夢か幻覚かと思いましたがどうしてもAに謝りたい気持ちで一杯で、正常な判断ができてませんでした。夢でもなんでもいいから謝って、Aが死んだという責任から逃げ出したかったんだと思います。
私はAを追いかけ周りに目もくれず一生懸命走りました。私は途中で疲れて止まってしまいましたが、前を見ると視認できる距離にAが笑って立っているのが見え、安心しました。しかし、それと同時にえも言われぬ恐怖に襲われました。Aが立っていたのは例の祠のすぐ隣だったのです。私はいつの間にか森の中の祠に誘導されてしまっていたようでした。私はいそいで逃げようとしました。ですが何故か体は祠の方にゆっくりと向かって歩いていました。心では拒否しているのに体は言う事を効きませんでした。
1歩ずつ近付いていき私の意思に反し、私の腕はは祠の戸を開けてしまいました。そこから何があったのか覚えていません。祠の戸を開けた時に隣でAが満面の笑みを浮かべていた気がします。
私は気付いたら布団の中に居て、親が心配そうに私の顔を覗いていました。私が目を覚ますと両親には泣きながら謝られました。「こんな所にお前を連れてきたのが間違いだった」と。後で話を聞いた所、私が突然走って外に出た事が心配で私を探しに出たところ、山の麓で倒れていたそうです。
大人達が私の話を聞き祠を確認しに行ったところ、祠は崩れ落ちており、中の御神体も消えていたようです。
私は特に何事もなく回復し、翌日には村を出て、今に至ります。
今回あった事はこんな所です
また何かあったら書き込みたいと思います。
文才のない長文をここまで読んでいただきありがとうございました


続きを読む 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS