探偵チームKZ事件ノート面白い話たくさん書こう!

葉っぱ天国 > 探偵チームKZ事件ノート > スレ一覧 101- ▼下へ
47:姫奈◆gU:2016/12/06(火) 03:05 ID:glE

めげずに書くぞ、オーーッ!\\\٩(๑`^´๑)۶////
……てことで、続けて書きまぁす!
同じく、優しーい目で読んでね˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

♥ ゚*❁。◌ *゚♥ ゚*❁。◌*゚♥ ゚*❁。◌*゚♥ ゚*❁。◌*゚♥

『夕焼けは知っている』
2,誕生日~アーヤside~

ふわぁ、と欠伸をしてそばにある目覚まし時計を見る。
やっぱり早いな……。最近、目覚まし時計が鳴る十分くらい前に起きちゃう。いや、いいことなんだけれど、不思議だなって思って。でも、目覚めは良い。
朝からそんな事を考えている私、立花彩は高校二年生。浜田の高等部に通ってる。今年から中学生の妹、奈子も浜田に合格し、入って来た。いつの間に勉強したんだろ、ってくらい勉強は出来てなかったのに……本当に怖い子。
「彩ー!起きなさーい!」
わ、ママの怒鳴り声。早くしなくっちゃ。
でも、布団から出るのは名残惜しい……というか、寒いから嫌だ。まぁ、そんなこと言ってたら怒られるから、さっさと支度をして暖かいダイニングに入るけれど。
「彩、奈子、早くしないと。遅れるわよ」
奈子とは、登校は一緒にしてる。だから、どっちかが遅かったりすると、大変なことになる。でもなぁ、朝はゆっくりしたいって思うのは、私だけなのかな……。
「こら、彩!ぼーっとしてないの!」
結局、怒られた……。とほほ。

「お姉ちゃん」
登校中、電車の中で奈子に話しかけられる。
「何?」
「お姉ちゃん、今日お誕生日だよね。おめでとう!」
あ……れ、そうだったっけ……?今日……11月3日?
あ、ほんとだ。今日か。忘れてた、完全に。
「ありがと、奈子」
『祝ってくれてありがとう』と『覚えていてくれてありがとう』ね。ふたつの意味を込めて。
「……あ、着いた」
ふたりで電車を降り、のんびりと歩き始める。ふっと空を見上げて見ると、厚い雲で覆われた果てし無く広い空が見える。あーあ、今日は誕生日なのに曇りかぁ……残念。
「じゃあお姉ちゃん。バイバイ」
奈子が中等部の校舎に向かって歩き出そうとしてる。高等部とは、少し離れてる。私は、奈子に軽く手を振って、
「じゃあね」
と、短く答えた。そして、私は高等部の校舎の三階にある自分のクラスに、足を向けた。教室に入って、今度は自分の席を目指す。席に着いた途端、バシン!と机を叩かれた。これは、いつもの事。
「彩っ!おはよ!」
「菜穂、おはよ」
この子は、武田菜穂。昔は私の天敵のような存在だったけれど、菜穂が退院した今はとても仲良くしている。
「それで、今朝は何の用?」
「……えっとぉ、そのぉ……宿題、うつさせて!」
やっぱり。最近、菜穂のことが分かりすぎて、自分でも笑えてくる。クスクス笑っていると、菜穂がぷぅと頬を膨らませて、私を見てる。
「いいよ」
「ありがと!あー助かったぁ!」
そう言う菜穂に、少し怖い声で、
「明日は忘れても見せないから」
と、言うと菜穂は悲鳴をあげた。
「げっ!ちょっ……なんでー?!」
少しくらい、自分でやらないと。とは言わず、にっこり笑ってみた。
「分かったってば、もぅ」
「はい、これ今日の宿題。頑張ってうつして」
「りょーかい!ありがとー!」
そして、自席に戻ろうとしていた菜穂はぴったりと足を止め、私を振り返ってこう言った。
「彩!お誕生日、おめでとぉ!」

♥ ゚*❁。◌ *゚♥ ゚*❁。◌*゚♥ ゚*❁。◌*゚♥ ゚*❁。◌*゚♥


続きを読む 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
掲示板スレ一覧サイトマップ長文/一行モード/画像検索Twitter シェアする?RSS