探偵チームKZ事件ノート面白い話たくさん書こう!

葉っぱ天国 > 探偵チームKZ事件ノート > スレ一覧 1- 101- ▼下へ
1:莉沙:2016/11/06(日) 15:11 ID:UE6

探偵チームKZ事件ノートの、
面白い話、たくさん書いてね。
書く自信がなければ、
読むだけでもいいからね!
ジャンルはいろいろ。
仲良く書いていこうね。

112:朝加莉沙:2017/01/21(土) 13:19 ID:rcU

誰かー!

111、ゾロ目だった!

113:上咲七星◆J2:2017/01/25(水) 23:49 ID:9sE

久しぶりっ!
しばらく来れてなくてごめんねっ!
学校始まってから、忙しくて……。

>>107
駄作者・上咲七星の小説を褒めてくれてありがと!
莉沙の小説は天下一よ、うん!
拍手喝采!(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!

>>110
久しぶり〜!
『夢香』から『夢華』に変えたのかな?
>>111
ゾロ目だっ!
オ(・。・)メ(・◇・)デ(・△・)ト(・0・)ウ(・ー・)

114:朝加莉沙:2017/01/28(土) 19:09 ID:rcU

>>113
七星、お久しぶり〜
天下一だなんて…(恥ずかしい)
褒めるに決まっているじゃありませんか!
七星師匠、頑張ってください!

リレーどうなってるの?

115:上咲七星◆J2:2017/01/29(日) 09:16 ID:9sE

>>114
☆(-_只)キラン★(-_今)キラン☆(-_参)キラン★(-_上)キラン☆
恥ずかしがるな、莉沙っ!まじで、天下一っすから。
いや〜照れるなぁ〜。(←↑人のこと言うなっつーの)
師匠は弟子に負けないよう、頑張るでありますぞ!

わっかんなぁい。
どーなってんのかな?次、誰??

116:莉沙:2017/01/29(日) 14:10 ID:rcU

>>95が最後で、私が書いてた!
七星、続き書けるかなあ?

117:上咲七星◆J2:2017/01/31(火) 13:24 ID:9sE

>>116
わたしが、続き書けばいいの?

118:上咲七星◆J2:2017/01/31(火) 13:30 ID:9sE

莉沙に質問!
あのさ、藤本ひとみ先生に何を頼みにいくの?
ごめんね理解力がなくて……。
それが分かったら、続き書きますっ!

119:莉沙にゃん:2017/01/31(火) 20:30 ID:rcU

>>117
そーだよ、一応。いい?

>>118
理解力じゃないよ、私の説明不足でごめんね!
藤本先生に、内容を聞くの。
飛びこんだ少女は知っているの内容をね!

120:上咲七星◆J2:2017/01/31(火) 22:09 ID:9sE

こんばんわぁo(^-^ o )(ノ ^-^)ノゃぁゃぁ♪

>>119〈1〉
♪d(´▽`)b♪オールオッケィ♪

〈2〉
そんなこと!全然大丈夫よ〜!
ふむふむ……なるほどね!
分かった、書いてみる!

121:上咲七星◆J2 下手でごめん……!:2017/01/31(火) 22:55 ID:9sE

書くけど、変でも文句言わないでね。
題名(?)なかったやつ、勝手に決めちゃった。ごめんね。


【飛び込んだ少女たちは知っている】
 >>74:1,プロローグ
 >>81:2,葉友の会
 >>95:3,新刊?!


4,内容は?
いやぁ、まさか本当に藤本ひとみ先生に会えるとは!もう、嬉しすぎっ!
莉沙とわたしは講談社の編集部がある建物……ではなく、なんと先生ご自身の書斎にお邪魔させてもらえたの!
「ねぇ莉沙?緊張、しない……?」
案外肝っ玉が小さいわたしは、先生のお家の前で硬直状態。
「七星、せっかく来たんだからさ、しっかり話聞こうよ!」
そうだけどさぁ……。でもまぁ、ここでごちゃごちゃやってても仕方ないよね。
「よぉし、腹括った!」
「よっ、男前!じゃあ行こう!」

~色々あって・・・~

「再来月発売の新刊のことね?」
「「はい、そうです。教えて頂けませんか?」」
莉沙とふたり、声を揃えて言う。
藤本ひとみ先生がお優しくて、めっちゃ安心した!
「あんまり細かいことは言えないんだけど……ちょっとなら、いいかしら」
「「お願いします」」
「まあ、こんなに好きでいてくれる子たちがいて、本当に嬉しいわ。……では【飛び込んだ少女たちは知っている】の話の内容なんだけれど」
ゴックン。うぅ〜、気になる気になる!
「KZの世界に飛び込んでしまった少女たち5人がKZと一緒に謎を解決していく。少女たちの名前は、莉沙ちゃん・七星ちゃん・つぼみちゃん・夢華ちゃん・なむちゃんというのよ。苗字の方はまだ内緒ね」
……え、え、えぇっ?!いやあのそれって……わたしたちじゃん!
え、でも名前言ってないよ?なんでわたしたちが……?

 
  *+°.•つづく•.°+*

122:上咲七星◆J2:2017/01/31(火) 22:57 ID:9sE

寝る5秒前(p.-)4(ρ.-)3(p.-)2(ρ.-)1…(ToT)/~~~おやすみ〜♪

123:上咲七星◆J2 1日遅れちゃったけど…!:2017/02/02(木) 23:10 ID:mDw


 *上杉君*

★:゚*☆※>('-'*)♪オメデトウ♪(*'-')<※★:゚*☆


オメデトコーラス(/´ー`)/ ̄サンハイ♪(´0`*(´0`*(´0`*)オ〜メ〜♪

124:上咲七星◆J2:2017/02/02(木) 23:12 ID:mDw

莉沙、忙しいのかなぁ…。
つぼみと夢華となむちゃんも、来ないねぇ…。

125:朝加莉沙:2017/02/03(金) 20:44 ID:xcM

>>123
上杉君、遅いけどおめでとう!

>>124
七星、ごめんね!
忙しくて来れなかったよ!
上の莉沙にゃんは、他すれのニックネームだから、無視していいよ♪

リレー続き更新♪↓

126:朝加莉沙:2017/02/03(金) 20:52 ID:xcM

5.どうして藤本先生が?
「あのぅ、お伺いしてもいいですか?どうして藤本先生が、私たちの名前を知っているんですか?」
藤本先生はビックリして、紅茶を取り落としそうになっていた。
「莉沙ちゃんは、付けてみたかった名前なの。七星ちゃんは、カワイイでしょう?莉沙ちゃんの隣で頑張る姿、書きたかったのよねえ。」
たまたまにもほどがありません!???
じゃ、じゃあじゃあ。
つぼみちゃん、夢華ちゃん、なむちゃんはどういうことなの?
「つぼみちゃんはね、私の姪の名前。生まれつき障害を持っているけど、いい人生を送れることを書きたいの。本の中では障害を持ってないわよ?夢華ちゃんは、実際つぼみちゃんの妹。つぼみちゃんを書いたら夢華ちゃんも書きたくなるでしょう?なむちゃんは、まとめ役がいないから、みんなをまとめるいい子がいるって。」
へぇ〜
小説作るのも難しい〜
「私、朝加莉沙で、こっちが…」
「上咲七星です!」
「つぼみは分かりません。夢華も…なむちゃんも…」
「ありがとう。作らせていただくわね。楽しみにしててね♪」
キャーーー!


続きよろしく。

127:上咲七星◆J2:2017/02/05(日) 23:29 ID:mDw

>>125〈2〉
大丈夫よ!
そっか、忙しかったんだぁ。お疲れ!
りょーかいっ!

>>126
わぁ、リレーの続きだっ!

でもさぁ、つぼみと夢華となむちゃんの苗字が分からないと、続きが…。
つぼみ、夢華、なむちゃん!来たら、苗字書いてねっ!

128:莉沙:2017/02/09(木) 17:23 ID:xcM

ななせは本当に優しい〜

つぼみとゆめか、なむちゃんは、日本で一番多い名字、仮に鈴木にしておけばいいんじゃない?

129:上咲七星◆J2:2017/02/09(木) 22:46 ID:mDw

>>128
そんなことないよ〜っ!
でも、ありがと。莉沙にそう言ってもらえるなんて、嬉しいな。

『鈴木(仮)』ね。いいと思うけど、全員同じにするの?それぞれ違うのにした方がいいんじゃない?ほら、区別もつくし…?

130:朝加莉沙:2017/02/11(土) 07:25 ID:xcM

>>129
七星のこと、私大好き!
優しいし、小説も面白いし、リレーの続き書きやすいし…
とにかくいっぱいいっぱい!

そうだね。
仮で、これはどう?
つぼみ・・・鈴木つぼみ
夢華・・・佐藤夢華
なむちゃん・・・谷口なむ(ちゃん)

そして…
莉沙・・・朝加莉沙
七星・・・上咲七星

131:朝加莉沙◆Oo:2017/02/12(日) 07:17 ID:xcM

トリップつけたよ♪

132:上咲七星◆J2:2017/02/12(日) 23:07 ID:mDw

>>130
ありがと!わたしも莉沙のこと、大好き╰(*´︶`*)╯♡
莉沙こそ優しいし、小説も上手だし、全体をまとめてくれるし…言い始めたらキリがないくらい莉沙のいいところたっくさん言えるんだから!

いいと思うっ!
やっぱりまとめ役には莉沙、だね。

>>131
わぁっ!(*゚▽゚*)

133:若彩◆Fc (^∇^) :2017/02/12(日) 23:09 ID:GQ.

更新しているね😃
誰か小説書くの?

134:若彩◆Fc (^∇^) :2017/02/12(日) 23:10 ID:GQ.

初めましてタメ語オッケーですかね

135:朝加莉沙◆Oo:2017/02/14(火) 21:02 ID:xcM

>>133
リレー小説やってます。

>>134
若彩さん、はじめまして。
タメOKで〜す、よろしくです!
若彩さんも個人小説どうぞ!
リレーもやりますか?
参加する場合、名字付きのプロフ書いてください。

136:朝加莉沙◆Oo:2017/02/14(火) 21:04 ID:xcM

ななせ
ありがと〜
ななせと会えたら、友チョコ100000000000000000000000000000000000個くらいあげたい!
(何個?これ…)

137:若彩◆Fc (///ω///)♪:2017/02/14(火) 21:05 ID:O7g

小説かきますよ。
リレー小説は始めてだよ

138:朝加莉沙:2017/02/18(土) 09:30 ID:xcM

>>137
はい、小説書いてください!

139:若彩◆Fc (*´ω`*):2017/02/18(土) 11:48 ID:uHc

どんな小説かな?

140:朝加莉沙:2017/02/19(日) 08:09 ID:xcM

個人小説でも、リレー参加でもいいけど、リレーなら、プロフ書いてね。
ちなみに名字って何?
リレー参加しなくても、小説には出しているの。
イヤならいいけどね。

141:若彩◆Fc キセキ( ☆∀☆):2017/02/19(日) 13:58 ID:EhY

名字無いよ。
普通に若彩だよ?

142:莉沙にゃん◆8Q:2017/02/19(日) 16:44 ID:xcM

わたしたちも、適当に名字付けてやっているから、仮でも適当に名字付けてくれない?
あと、ななせいる?

143:若彩◆Fc:2017/02/19(日) 17:00 ID:EhY

…………

144:朝加莉沙◆8Q:2017/02/19(日) 20:55 ID:xcM

>>143
若彩困るよね。
ごめんね。困らせて。

ところで、若彩って何歳?

ここでもトリップ〜

145:若彩◆Fc キセキ( ☆∀☆):2017/02/19(日) 22:05 ID:qYc

年齢秘密

146:朝加莉沙◆8Q:2017/02/20(月) 17:12 ID:xcM

そっか〜秘密かあ〜

147:若彩◆Fc キセキ( ☆∀☆):2017/02/20(月) 18:31 ID:BTo

そうだよ秘密🙊

148:上咲七星◆J2:2017/02/20(月) 23:47 ID:mDw

>>133-134
はじめまして、若彩s!
呼びタメOKですか?わたしは、OKですよ〜♪

>>136
ありがと!嬉しいな。
でもわたしは、莉沙に本命チョコあげちゃうもんねw

>>142
ごめん、莉沙!
今ならいる!全然来てなくて、ごめんねっ!
リレーって、わたしだったっけ…?

149:若彩◆Fc キセキ( ☆∀☆):2017/02/21(火) 08:30 ID:BTo

>>148タメOKだよ

150:朝加莉沙◆8Q:2017/02/21(火) 19:13 ID:xcM

>>148
わたしも、本命チョコあげる〜♪
リレーななせだと思うよ♪
若彩もリレー書く?

151:若彩◆Fc (///∇///)胸キュン:2017/02/21(火) 19:17 ID:q0c

書きたい

152:若彩◆Fc (///∇///)胸キュン:2017/02/21(火) 20:04 ID:q0c

リレー待ちだよね

153:上咲七星◆J2:2017/02/21(火) 23:00 ID:mDw

>>149
ありがと!よろしくね、若彩ちゃん!
…あ、えっとぉ。ごめん!『若彩』って、なんて読むの?
わかんなくて、ごめんねぇ!

>>150
本命チョコ、ありがとうっ!
そーだね、わたしだね。
今日は書けないの、ごめん!ってゆーか、来週くらいまで書けないかも〜!あ、良かったら、先に若彩ちゃん書いちゃったりする?わたしは、どちらでも〜

154:上咲七星◆J2:2017/02/22(水) 00:07 ID:mDw

もー今書く!リレーの続き!!
でも、若干寝ぼけてるから、変かも…?ごめんね。

【飛び込んだ少女たちは知っている】
>>74:1,プロローグ
>>81:2,葉友の会
>>95:3,新刊?!
>>121:4,内容は?
>>126:5,どうして藤本先生が?

6,もう一人。
「あ〜もぉ、感動っ!来てよかったっ!」
藤本ひとみ先生のご自宅にお邪魔した、莉紗とわたし。
先生の家を出た瞬間に発した言葉がコレ。
「ホントだね〜!なんか…嬉しいよね!」
どうやら、さっきまで結構冷静そうだった莉沙も、ずいぶん興奮しているようで。あと藤本先生って…
「「優しかったよね〜!」」
わ、莉沙とハモった!お見事っ!
きゃーきゃー言いながら手を取り合って笑い合う。
…その時。♪〜♪〜、と着信音が。しかも、わたしの。
「誰だろ?」
えっと……。わっ!!!
「り、莉沙ぁっ!ふ、藤本先生からなんだけどぉっ!!」
「ええ!?で、出てみて!」
ふたり揃ってパニック!だって…ねぇ?!
「は、はい!もしもし、上咲七星です!」
パニクってるわたしとは反対に、落ち着いた深みのある声が聞こえてきた。
『あぁ七星ちゃん?さっきの新刊の話にちょっと補足なんだけれど、いいかしら?』
それは…!即答もの!
「もちろんです!」
『ありがとう。先ほど話したとき、少女たちは莉沙ちゃん、七星ちゃん、つぼみちゃん、夢華ちゃん、なむちゃんの5人と言ったわよね』
「はい。えっと、それが何か…?」
藤本先生は、軽く笑ってこう言った。
『実はもう一人いるのよ。言わないでおこうと思っていたけれど、貴女方には話したくなったわ』
はぁ……。
『もう一人、それは若彩ちゃんよ。また、貴女方のお友達かしら?この子のこと、知っていて?』
だ…誰のこと?
「は、初めてお聞きしました…!若彩ちゃん、ですか…」
『あら、そうなの?』
なんとなく、藤本先生の声のトーンが低くなったような気がして、慌てて「あの…!」と、声を上げる。
でも、電話口から聞こえたのは楽しそうな声だった。
『…それなら、良かったわ!』
へ?
『ほら、知らない子の方が読んでいて楽しいでしょう?』
あ、なるほど!
「そうかもしれません」
『じゃあ、若彩ちゃんについては言わない方がいいわね。楽しみを減らしたくないもの!…では、話したばっかりに悪かったわ。また会いましょう』
「そんなことないです。ありがとうございました!」
電話なのに、深ぁくお辞儀をしてしまった…。
「なんて?」
「あ、わたしん家に帰ってからにしない?また、みんなも呼ぼうよ!」
早く聞きたそうな莉沙だけど、その方がいいと思ったのか、賛成してくれた。


一旦切るけど、もう一話書く!

155:上咲七星◆J2:2017/02/22(水) 00:56 ID:mDw

7,まさか…

つぼみちゃん、夢華ちゃん、なむちゃんと途中にある公園で落ち合い、わたしの家に向かう。でも…
「あの、さぁ…なんか、静かすぎ、ないかな…?」
まだ午後2時頃だというのに、人を見かけない!怖い!
「…言われてみれば、そうかも」
「だっ、大丈夫でしょ!」
「そうだよ、か、考えすぎじゃない?」
「…あ、ほら七星ん家!見えたよ!」
そうかなぁ…なんもないといいけど、ねぇ…。
「た、ただいま〜。お母さん、いる?友達つれ…」
そこまで言ったとき、お母さんに遮られた。
「もう、なな!どこ行ってたの?心配したのよ」
え?まだ午後2時過ぎだよ?なんで?
「そんなに、心配するほどの時間ではないと…」
「なに言ってるの?もう午後8時よ?外も暗いじゃない!」
…え?
「あら、莉沙ちゃんたち、また来てくれたのね。でも大丈夫かしら?お家の方、心配されてるんじゃない?」
【あ、大丈夫です】
なにを根拠に…。もう。
「そう。今日は泊まっていくのかな?お布団、用意しておくわね」
あ、うん…?
お母さんは何故かルンルンと階段を上って行った。
「ごめんね、泊まることになっちゃって」
わたしがそう、謝ると…
「全然!」
「むしろ良かった!」
「七星のお母さんって、優しいね〜」
「ありがとう〜」
とか何とか、言ってくれた。でもここは真面目に…
「それより…時間、進んでるよね?」
「それな!」
「さっきまで昼だったのに」
「どうしてだと思う?」
「さあ、ね?」
玄関先で話をしていると、どこからか呆れたような声がとんできた。
「七星!いつまでそこにいるんだよ?友達、上げなよ」
階段を振り仰ぐと、やっぱり。
「あ、星七」
わたしの、双子のお兄ちゃん。せな、っていうの。
「初めまして、七星の兄です」
礼儀正しく挨拶をする星七。それに対して、莉紗ちゃんたちは、コソコソと何か言い合っている。そちらに耳を傾けていると…
[七星のお兄ちゃん?!]
[なんか、カッコよくないっ?]
[声までいい感じ…!]
[何歳なんだろ?あんまり離れてなさそうだけど…]
こんなに嬉しいもんなんだね、お兄ちゃん褒められると。
「星七とわたしは双子なの。似てるでしょ?」
【え、そうなの?!ってか、似てる!】
そんな感じで笑っていると、今度は玄関ドアの方から声がした。
「七星。いい加減、友達入れてあげろよ」
えっ?!あ、昴にいちゃん!
【七星のお兄ちゃん?】
「ん、そーだよ。昴にいちゃんは5歳年上なの。高校2年生で、来年度3年生」
…ってゆーか!
「ごめん、昴にいちゃん!ここ、邪魔なんだねっ!」
思いっきり邪魔してた…。ごめんね。
「べーつにー。七星はいつもこんな感じじゃん。とっくに慣れてますー」
ゔっ…!ちょっと、言わないでよ!みんないるのに〜っ!


切ります!

…7話はもう、わたしの家族紹介だよね…すみません。
Next>莉沙、かな?要望なんだけど《この後みんなで寝る前にKZトークをします。すると、急に周りが光り始めていつの間にか知らない世界に来ていました》みたいな?あと、《若彩ちゃんは、わたしたちの前の仲間だったの。前に仲間だった時は違う名前、と誤魔化していたから最初は気づかなかった…》みたいなのは、どーでしょーか?

気に入らなかったらスルーして、自分で考えて書いちゃってね!

156:上咲七星◆J2:2017/02/22(水) 00:59 ID:mDw

大勢の言葉→【 】
小さい声→[ ]

↑どうかな?これ、いい?

157:朝加莉沙◆8Q:2017/02/22(水) 19:00 ID:xcM

>>154-155
書いてくれてありがとう。

>>155
いいと思うよ!

>>156
いいねえ!
真似して書くね♪

158:アーヤ◆TQ (///∇///)胸キュン:2017/02/22(水) 19:12 ID:wC6

>>153若は[わか]で,彩は[あや]だったんだけど、名前を変えたよ。
若彩からアーヤになったよ元の彩からアーヤにした。

あと、私も小説はいつでもいいよ今書いてる小説が終わってから書くよ。

159:アーヤ◆TQ (///∇///)胸キュン:2017/02/22(水) 22:10 ID:uas

>>154,>>155面白いよ

心の声は()にする?
もう1つは?

160:莉沙にゃん◆8Q:2017/02/23(木) 16:10 ID:xcM

>>158
今のリレーが終わったらってこと?

>>195
心の声ね。りょーかい!

161:アーヤ◆TQ (///∇///)胸キュン:2017/02/23(木) 17:09 ID:4j.

>>160私も他のKZスレで個人的小説しているから、それが終わってからリレー小説入っても良い?

今書いてる小説が[❤両片想いは知っている❤]&[大切な男女は知っている]の二作品書いてるからそれが完結して終わってから書くからそれでも良いかな?


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
掲示板スレ一覧サイトマップ長文/一行モード/画像検索Twitter シェアする?RSS