探偵チームKZ恋愛小説書いてみよ〜♪

葉っぱ天国 > 探偵チームKZ事件ノート > スレ一覧 1- 101- 201- 301- ▼下へ
1:莉沙:2017/01/06(金) 20:59 ID:rcU

ジャンルは恋愛!
基本的に恋愛以下なしでやろうね。
ルールがあるよ!

*ルール*
・仲良くしようね
・感想書けたら書こう

ルールあるけど、基本的なこと
だから、守ってやっていこうね♪

270:憂宮:2017/04/30(日) 22:32 ID:wh2

呼びタメおっけーです。

海さん、
中学ご入学ですか??

おめでとうございます!!

271:三日月:2017/04/30(日) 23:30 ID:.36

書くね。


そう思っていると上杉君が来た。
「お待たせ…って立花!時間間違えたか?」
「上杉、大丈夫。上杉もいつもより10分早いよ。アーヤが早く来ただけ。」

ごめんなさい。
切ります。

272:三日月:2017/04/30(日) 23:31 ID:.36

遅れまして、中学校入学おめでとうございます。海さん!

273:恋雪◆jM (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2017/05/01(月) 05:07 ID:Ea6

海、中学おめでと〜

274:海:2017/05/01(月) 20:09 ID:ZAY

うん。
入学したよ♪
ありがとう!

ハート石も、楽しみにしてくれてありがとね〜
私なんかの小説を〜♪
めっちゃ嬉しい!
じゃあ、更新するね♪

275:海:2017/05/01(月) 20:29 ID:ZAY

>>175の続き

(若武目線)
翌日
「アーちゃんのママァ。アーちゃんいる?」

「アーヤ?もう行ったわよ?」

え、本当に絶交なの!?
ノリで言ったかと思ったのに。
本気で言ってたなんて。

「ごめんね。和臣くん。送ってく?」

「いえ。いいです。ありがとうございました。」

ひとり、寂しく道を歩く。
ふと顔をあげると、学校で仲良くしてる男友達、優太がいた。

「あれ?和臣、立花と一緒じゃないんだね。昨日のマジだったんだ。」

ちょっと優太、ムカつく。
俺は、まゆたんにっ!

「和く〜ん。まゆたんだよお!」

ま、まゆたん。
俺の…気になる女の子、真由。
通称まゆたん。
かわいくて、優しくて、好きなんだ。
アーちゃんは、幼なじみとして、好きなだけ。
ハートの石、アーちゃん忘れてると思うから、まゆたんにあげようかなって考えてる。
ずっと、机の中にあるんだ。

「和くん、まゆたんと付き合ってよ。彩ちゃんよりいいでしょ?それに、和くんってまゆたんのこと好きなんでしょ?」

え?

「付き合えば、彩ちゃんのことは幼なじみなだけ。まゆたんの彼氏だから。どう?」

優太は、ニヤニヤ笑っている。
どうしたら。
まゆたんと付き合いたいけど、アーちゃんに!

「アーちゃんに言う言葉?まゆたん言うからいいよ。まゆたんと付き合いたいでしょ?」

「う、ん。」

「アハッ!じゃあ、カレカノね!」

何か嬉しい。
まゆたんと、カレカノになれた。

276:恋雪◆jM ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2017/05/02(火) 05:58 ID:Ea6

おもしろい!

277:海:2017/05/02(火) 20:42 ID:ZAY

こゆきありがとう!
書いてる私も、ちょっと苛立ちがあるんだよね!

278:恋雪◆jM (ノ ゜Д゜)ノdice4:2017/05/03(水) 05:35 ID:Ea6

ww

279:海:2017/05/03(水) 08:26 ID:ZAY

こゆきの小説も読みたい〜♪

280:アーヤ◆62:2017/05/03(水) 15:40 ID:WFw

若武sideもっとみたいって思った。
アーヤは幼馴染みなだけ。

281:恋雪◆jM (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2017/05/04(木) 06:17 ID:Ea6

私、なんの小説かいてたっけ?
いろいろ、いるからわかんないw

282:三日月:2017/05/04(木) 16:39 ID:yWs

どこまで書いたか忘れたので、途中?から書くね。

「あ、アーヤがこんなに早くからいるなんて…」
むぅ、失礼だなぁ。
「上杉の言葉で、アーヤが不機嫌になっちゃったよ。」
「えぇ!…た、立花ごめん。悪気があったわけじゃないんだ。」
「わかった、わかったから。
でも、「悲しかったから、お願い一つ聞いt」黒木君!」
「はははっアーヤごめん。」

283:アーヤ◆TQ:2017/05/05(金) 15:49 ID:OtM

>>282少し小説を読むのには難しいから続き台詞は止めて、分かりやすくして欲しいの?
前みたいな文章でお願い(゜∇^d)!!

284:三日月:2017/05/05(金) 18:11 ID:yWs

わかった。
できるだけ頑張るけど、忘れることもあるから多目に見てね〜

285:アーヤ◆Z2:2017/05/05(金) 18:30 ID:6Rc

わかった👍
小説頑張って(゜∇^d)!!

286:恋雪◆jM (;`・ω・)つdice3:2017/05/06(土) 21:09 ID:Ea6

小説がんば〜

287:海 (;`・ω・)つdice3:2017/05/07(日) 10:12 ID:ZAY

うん。小説頑張ってね!
三日月のこと、応援しているから。
私も頑張って小説書くぞ!(今は無理)
こゆき、新しい小説でもいいぞ!

288:三日月:2017/05/07(日) 19:41 ID:yWs

ありがとう〜
頑張る‼

289:海 (ノ>_<)ノ ≡dice5:2017/05/07(日) 19:48 ID:ZAY

うん。ファイト!

290:恋雪◆jM (ノ ゜Д゜)ノdice4:2017/05/07(日) 19:51 ID:Ea6

おけー

小説のネタ、考えとく〜

291:恋雪◆jM ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2017/05/11(木) 04:33 ID:Ea6

止まり気味?

292:海 ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2017/05/11(木) 13:14 ID:ZAY

あげてくれてありがとう!
明日から復活!

293:恋雪◆jM (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2017/05/11(木) 19:39 ID:Ea6

いいっすよ!

294:海 (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2017/05/11(木) 21:22 ID:ZAY

ありがとう!
英語ってやっぱりムズ

295:三日月:2017/05/12(金) 16:11 ID:GZk

書くね

「それよりも、なんで今日はこんなに早く来たんだ?」

更新怠けてごめんなさい🙏

296:海 (ノ>_<)ノ ≡dice5:2017/05/12(金) 17:19 ID:ZAY

いいけど、怠けずに頑張ってね。
明日、ハート石更新するつもり!

297:恋雪◆jM ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2017/05/12(金) 19:37 ID:Ea6

みんな、がんばれー!

298:恋雪◆jM (=゚ω゚)ノ ―===≡≡≡ dice2:2017/05/14(日) 06:01 ID:Ea6

止まってるよ?

299:海:2017/05/14(日) 19:31 ID:ZAY

ごめん。
ハート石書けなかったから、明日書けたら書くね♪
こゆき、上げてくれてありがとう。

300:海:2017/05/14(日) 19:31 ID:ZAY

300おめ!

301:三日月:2017/05/17(水) 16:56 ID:yWs

遅れてごめん

「そ、それは……みんなと一緒にお泊まりしたかった…から…」
うう〜言っている自分も恥ずかしい。
きっと私の顔、赤いんだろうな。
…ッてみんなの顔も赤い!
なんで?

切るねー
ほんっとに遅れてごめんなさい🙇♀

302:恋雪◆jM ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2017/05/18(木) 05:39 ID:Ea6

新しい小説〜♪


黄色いキャンディは知っている


1.突然の恋愛相談

*彩side*


ホームルームの、終わりを告げるチャイムがなる。

みんなが、いっせいに教室から、でていく。

私も、それにまざりでていく。

すると、後ろから声をかけられた。

「立花さん、ちょっといいかな?」

それは、同じクラスの中谷さんだった

ゆるく、結んだみつあみが、とても
かわいらしい。

私は、うん と答え

「何?」
と、聞いた。

すると、

「立花さんって…翼クンと、付き合ってるの?」


え?

私と、翼が、
つ、付き合ってる!?

そんなわけ、ないっ!!

「そんなわけないっ!!!」

私は、慌ててそういった。

すると、

「よかったぁ、私翼クンのことが好きなんだ。よかったら、協力してくれないかな?
立花さんって、翼クンとも、中いいしね。こんなこと、立花さんにしか
言えないの!お願い!」

ここまで、言われては逆に断りづらくて、私はOKを出してしまった。

「ありがとう!私の事は楽乃(りの)って、読んで!立花さんのこと彩ちゃんって、読んでいいかな?」

「うん!いいよ!」

なんか、うれしい!

あまり、友達がいなかったから、
こういう、話もしなかったからな…


私は、思いきって帰るのを誘ってみることにした。

「ねえ、なかっ……り、楽乃ちゃん!もし、よかったら一緒に帰らない?」

「うん、いいよ!」

楽乃ちゃんは、初めは、驚いたようだったけど、嬉しそうに微笑んだ。

303:三日月:2017/05/19(金) 14:50 ID:yWs

書くze!

「な、なんで顔赤いの?」
「い、いやなんでもない。それより立花、今日の夜になんかするらしいぞ。」
「な、何かって……上杉君は知ってるの?」
「いや知らない。」

ここで切るねー
文章だけでごめん🙏

304:海:2017/05/20(土) 10:17 ID:ZAY

三日月のもこゆきのも面白い!

<三日月の感想>
自然だけど、恋愛っぽい要素も入ってるし、会話が弾んでて凄い!

<こゆきの感想>
新しい子が来たときのアーヤの対応、まさに原作!

ふたりとも頑張って!

305:恋雪◆jM ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2017/05/21(日) 05:41 ID:Ea6

>>302の続き

黄色いキャンディは知っている


2.二人の関係

*彩side*



私は、楽乃ちゃんと帰りながら、
あることを、考えていた。


楽乃ちゃんに、協力するっていったけど……

相手が翼じゃね……

若武なら、いけそうだったのにな…

「……やちゃん?」

「彩ちゃんっ!」

「えっ?な、なに?」

いきなり、楽乃ちゃんが大きな声で
私を呼んだ。

「とくに、なにもないけど…
彩ちゃんが、ぼーっとしてたから…」

あぁ、そうなんだ。


って!空気が重くない!?

少しでも軽くしなきゃ!

「あのっ、楽乃ちゃんってさ!」

楽乃ちゃんはこっちをゆっくり見た。

「うん?」

「なんで、翼を好きになったの?」

………ぱっと、直感で言った質問だけど、結構きになるな……

「あれ、言ってなかったかな?えっとね…あれは、3週間前のこと。」

そういって、楽乃ちゃんは、
ぽつぽつと、語り出した。


*楽乃side*

「はぁーっ…」

私の口から、重たいため息が出た。


私は、この一週間『雑用係』になってしまったのだ。

「あーもうっ!おっもたいなぁ…」

ぶつぶつ、文句を言いながら誰もいない廊下を一人で歩く。

「なんか、ここ不気味すぎる…」

私は、ついつい心の声がでてしまう癖がある。

すると、
「クスッ」

誰かの笑い声がした。

「だっ誰!?」
私は、持っていた資料をすぐそばにおくと、反射的に身構える。

「オレ。わかる?」

「わかるわけ、ないでしょっ!?」

私は、イラついてそういった。

「オレ、楽乃ちゃんと同じクラスだよ?翼だよ。」

えっ、翼クン!?

「あっ、そうなんだ。えっとごめんね…」

私は、素直に謝った。

すると、
「いーよ。その、資料重かったでしょ?今度から、オレ呼んでいいよ。」

「は?」

私はとてもまぬけな声が、出てしまった。

「クスッ」

また、笑われたっ

「資料とか、重たいのはオレが持っていくってこと。わかった?」


「…う、ん」

私はその瞬間恋をした。


*彩side*

「……へぇー」

「あっ!私、こっちなんだ。また明日ねっ!!」

そういうと、楽乃ちゃんは、はしっていった。

楽乃ちゃんと翼の間にあんなことがあったなんて、思わなかったな……

でも……協力って、どうすんの〜!?



なんか、私の小説長いなw

306:海:2017/05/21(日) 12:34 ID:ZAY

こゆき、面白い!
私、めっちゃ掛け持ちしてるから更新できないの。
ごめんなさい。

307:恋雪◆jM ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2017/05/24(水) 06:43 ID:Ea6

いいよー

308:恋雪◆jM ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2017/05/27(土) 08:12 ID:Ea6

>>305の続き

黄色いキャンディは知っている


3.遊園地いかない?

*彩side*



私は家に帰りつくと、自分の部屋へすぐさま、移動した。

「はぁーっ…」

協力………どうしよっ!?


すると、

「彩ーっ!電話よー!えっと…」

「翼クンって子から。」

えっ!

私は階段を急いで降りると、電話に出た。

『もしもし、アーヤ?』

「う、うんっ!どうしたの?」

『あのさ…』

翼はそこで、言葉を切ると

『遊園地いかない?』

と、誘ってきた。

「ええっ!?」

私は驚き、変な声が出てしまった。


あれ?まてよ、遊園地って…

それに、楽乃ちゃんを誘えば…

いいかも、しれない!!!

「いくいくっ!いつ?あと、私の友達も誘っていいかな?」

『えっと、来週の日曜日。アーヤの
友達なら、いいよ。
オレも、誰か誘っていくから。じゃね』

そこで、途切れた。

私は、急いで楽乃ちゃんの家の電話番号をプッシュした。

『はい』

「あ、楽乃ちゃん?立花です。」

『え、彩ちゃんっ!?』

嬉しそうに呼び掛ける。

「うん、あのね…来週の日曜日ってあいてる?」

『来週?ちょっとまってね…』

少し、まつと
『うん、あいてるよ!!どこか行くの?』

と、答えてくれた。

「遊園地いかない?翼もくるんだけど。」

『ええっ!?』

急に大きな声を出されて私はびっくりした。

『いくいく!!!すごーい!!
夢みたい!彩ちゃん、ありがとう!』

「ううん、いいよ!じゃあ詳しいことは学校でね」

私はそういって電話を切った。

これで、少しは協力できる、かも?

309:恋雪◆jM ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2017/05/27(土) 08:12 ID:Ea6

小説更新↑

310:海:2017/05/27(土) 14:45 ID:ZAY

おひさ!
なかなか来れんくてゴメンネ。
中学校と葉っぱと読書と書道とを両立は難しいね。

>>300おめ!

311:海:2017/05/27(土) 14:51 ID:ZAY

>>300おめって、もう言ったね。
こゆき、めっちゃ面白いよ!
楽乃ちゃん、乙女だね〜
ファイト!

312:恋雪◆jM (;`・ω・)つdice3:2017/05/27(土) 22:03 ID:Ea6

ありがと〜♪

最近、忙しくてなかなか更新できなかった………

ごめんね……

海、これるときでいいよ!

313:海:2017/05/28(日) 09:32 ID:ZAY

こゆき、ありがとね。
来れるとき、たくさん来ます!

314:恋雪◆jM (;`・ω・)つdice3:2017/06/01(木) 05:11 ID:7A.

うん、で
たくさん、話そ!

315:海:2017/06/01(木) 21:28 ID:KLU

Yes!

316:恋雪◆jM (ノ ゜Д゜)ノdice4:2017/06/03(土) 05:50 ID:7A.

海の、小説楽しみにしとくー!

317:月香 ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2017/06/03(土) 10:38 ID:cZI

よければ入れてもらえませんか?

318:海:2017/06/04(日) 21:18 ID:KLU

こゆき、ありがとう!
楽しみにしてて!
自信ないけどね。アハッ

月香さん、いいですよ!
もちろんです!
呼びタメいいでしょうか?
適当に呼んでください。
KZ関係のプロフ、お願いします。
では!
これからよろしくお願いします!

319:恋雪◆jM hoge:2017/06/05(月) 21:10 ID:7A.

>>317
いいと、思うよ!

よろしくーっ!

小説は、今週中には、更新しまーす!

最近、テストづくめで忙しい…(泣)


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS