KZの小説書きました!

葉っぱ天国 > 探偵チームKZ事件ノート > スレ一覧 1- 101-キーワード▼下へ
1:ちなつ:2017/09/19(火) 17:19 ID:dFQ

kzラブのちなつです♥
KZのオリジナル小説を書いてみたいと思いまーす
ぜひぜひよんでください

109:ののか:2017/12/18(月) 18:45 ID:MWI

全然Σd(・ω・´。)ок!!

めちゃ楽しみにしとる〜w

ダヨ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

話し合い嬉しすぎなッwww

110:熊猫◆5I:2017/12/18(月) 20:22 ID:RW.

ありがとー!
アーヤの服装何が良い?

(*´・д・)ねー

.゚+.(・∀・)゚+.゚ウレシイよね!

〜クリスマス〜

1、膨らみが少なめなドレス
2、サンタさんのドレス からの緑色のワンピ(クリスマスツリー的な?)

〜お正月〜

浴衣の色何がいい?
若武達は、七夕姫の時のやつにする!

111:ののか:2017/12/18(月) 22:26 ID:MWI

クリスマス→ののか的にはどっちもいいかな?
パンダが決めてー!


お正月→こちらは謎のこだわりww
ピンクの振り袖!
で、よろです。🙏

112:熊猫◆5I:2017/12/19(火) 01:13 ID:RW.

>>111

ぬーームリ......
ののか が決めて...
アーヤどっち着てもかわいいと思うんだよね。
そうなったらもう選べなくなっちゃう...

謎のこだわりwww
ピンクの振り袖ね。OK!

113:ののか:2017/12/19(火) 07:17 ID:MWI

じゃあ、1にする?

シンプルなやつの方がアーヤに似合うと思うし

114:熊猫◆5I:2017/12/19(火) 17:46 ID:qk6

1ね。OKよ!
ありがとうね〜!

115:ののか:2017/12/20(水) 17:18 ID:MWI

ィェ((・ω・*≡*・ω・))ィェ

楽しみにしとくわー笑笑

116:熊猫◆5I:2017/12/21(木) 21:48 ID:qk6

砂原、帰ってくるの遅いな〜......って思っている間に
寝ていたことに、きずいたのは 起きたときだった。

今、4時。

さっき読んだ砂原の置き手紙に
『学校休む電話いれといたから』って書いてあったから安心。
帰っちゃったみたいだけどね......

ピーンポーン(チャイム)

「はーい!」
誰だろ?
このとき、私はKZの集合がかかっていたことなんてすっかり忘れていたし
まさか皆が来るなんて思いもしないのだった。

117:ののか:2017/12/21(木) 22:17 ID:nxI

誰だろ?そう思って、ドアを開ける。

「アーヤか!?大丈夫か!?」

えっ?若武?それにみんな。な、何で?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
短いけど、切るね🎵続きよろろん😁✨✨

118:熊猫◆5I:2017/12/22(金) 00:44 ID:qk6

ごめんなさい〜!
寝るから無理...💤💤
明日書きまふ......

119:ののか:2017/12/22(金) 18:08 ID:MWI

ヾノ≧∀≦)ダイジョウブ!
楽しみにしとるん(●´ω`●)

120:熊猫◆5I:2017/12/23(土) 09:32 ID:qk6

ありがとー!小説、いきまーす!

「アーヤ、今日学校来てなかったよね?心配したんだから。」
ごめんね。翼。

「今日集合合ったんだぞ!?あー。良かった。」
若武......えらそーなんだけど...なんか優しいね。

「大丈夫だよ。砂原が一緒にいてくれたし。」
そう言うと、皆静かになった。え?どうして?

「...アーヤ。」
どうして?どうして...黒木君悲しそうなの......?

「砂原......後で覚えてろよ......」
皆ヤバイくらいイライラしているときに陽気な声が聞こえた。

「あれ?お前ら、どうしたんだよ?」
ゆうひ......救世主......✨
私が心の底からそう思ったことは、皆には内緒ね。

121:熊猫◆5I:2017/12/23(土) 09:36 ID:qk6

クリスマス〜お正月小説いきまーす!

「アーヤ、もうすぐだね!」
翼が話しかけてきた。KZで、クリスマスパーティーやるんだ。
それが もうすぐだから、皆ウキウキしてるの。

「そうだね!」
忍ぶは...プレゼント交換で、何をかったら良いかずっと考えてる。

そして...とうとうその日がやって来たんだ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
できるだけ、短編にするために雑だけど、ゆるしてちょ!
次来れるのは、明日の午後です!よろしくね!

122:ののか:2017/12/23(土) 14:10 ID:kGY

「なんだよ。悠飛か。何の用だ。」
ぶっきらぼうに言う若武。
そんな言い方無いのに。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
短すぎるけど、部活始まるから切るね🎵
続きよろろん😁✨✨

雑!?全然!そんなことないしー!
明日の午後ね✨待っとる👋😉💓

123:熊猫◆5I:2017/12/25(月) 21:37 ID:aaM

あ、あああああぁぁぁ....
来 忘れた〜!
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいぃ


〜彩side〜

「いや、お前らが集まってたから、何かあったのかと思って。
あと、こいつらが居るなら、立花いるかな〜。的な?」

若武、へちゃむくれてる。

「てことで、立花こっち来て。」
え?ちょ!ちょっと〜!

悠飛...勝手すぎる......
そして私は、家の裏に連れていかれた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜クリスマス〜

「ハッピークリスマス〜!」
「イエーイ!」

みんなでパーティー!
私の服は シンプルなドレス。てかほぼワンピース。

皆 誉めてくれたんだ。黒木君なんか...

「綺麗だよ。お姫様。君より綺麗な人はいないね。」
って言った後......手の甲にキスしたの...(〃ω〃)

終わりそうになったとき...若武がこう言った。

「なぁ。皆で年越しもしないか?」
若武が言っていることに皆最初は理解出来なかったけど...
こう言うことだった

『12月30日にもう一回集まって、年越ししようぜ』ってこと。らしい。

勿論。OK!上杉君だけは反対したけどね...
そして、年末にまた集まれることになったんだ!「」「」

124:ののか:2017/12/26(火) 11:14 ID:MWI

じぇーんじぇん大丈夫😃😁😙😚👍
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
「ちょっ、何よ。」
「立花……。」

そう言って後ろの壁に手を付く悠飛。
これって……
いわゆる壁ドンじゃん!!!

✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
続き宜しくd(ゝ∀・*)ネッ!!

クリスマス編
おもしろいよぉおおおぉおおぉお💕😂👏🏻

続き楽しみん😙💙

125:熊猫◆5I:2017/12/26(火) 20:29 ID:aaM

>>124
ありがとー!゚+(人・∀・*)+。♪
ほい!受け取ったよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「好きだ 立花。」
真面目な顔で言う悠飛。
えーーっと えーーっと......

「取り合えず、離れてくれますか?」
そう言うと、悠飛は驚きながら離れた。

「以外と冷静なんだな。」
いや...だって...小塚君にも壁ドンされたんだもの......

「で、返事は?」
なに?その顔...?
自信満々って感じの顔ですね......

「ごめんなさい。」
急に、驚いた顔になる。

「そっか。じゃあな。」
悠飛が帰ったすぐ後。

「アーヤッ」
ウキウキした声で、若武が話しかけてきた。

「アーヤ。好きだ。」
え?

「皆の告白断ってるってことは、俺の事好きなんだよな?」
ん?いや......

「何で知ってるの!?ストーカー!?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ののか!続きよろしくねっ! (*´・ω-)b

ありがとー!また 30日から始動するよ!
楽しみにしててねん😙💙

126:ののか:2017/12/27(水) 21:49 ID:MWI

ハ━━━ヾ(。´囗`)ノ━━━イ
楽しみにしとくわよん😙💙
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
「何で知ってるの!?ストーカー!?」
「だって、報告会的なのしてるし。」

はぁあああ?
報告会!?なに!?なんでー!?

✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
こっちも短くて(m´・ω・`)m ゴメン…
続きよろしくお願いします(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)ペコリ♡

127:熊猫◆5I:2017/12/27(水) 23:41 ID:aaM

ありがとーね!
話長くして早いうちから描こうかな...←楽しみにしすぎてる人
どうしたら良いと思う?返信pleaseミー!

......ちなつ、こなーい! Σ( ̄ロ ̄||||)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「報告会ってなに!?若武!」
キレそう...なんだけど...神経が...

「ん?えっとな、告は(むごっ」
あ......黒木君?どうしたの?

「若武センセ?なに言っちゃってるのかな?」(黒いオーラ)
怖......睨んでる。顔は笑ってる... 怖......

「アーヤ。若武は夢を見たんだよ。俺たちがアーヤに告ってる夢をね。」
そうなの?

「で、アーヤが 自分の事が好きなんだと勘違いしてこうなったんだ。」
とんだ迷惑な話だね。ね?黒木君。

「あなせ!ふろき!(はなせ!黒木!)」
若武......顔真っ赤にさせて......私が落ち込むよ......ハァ

「で、アーヤ。俺と付き合ってくれる?」
えっと.....
まさか ほぼ同じ時刻そして、同じ場所で告白されるとは......

「ごめんなさい。」
最近、皆どうかしてるよ。とくに若武。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さぁ! 後は...上杉君!
あ、そうそう ちなつの小説見られるかな!?
見たいな〜 ダメかな〜?

ダイジョブだよ!短くても神級に面白いから。
おなじ『かみ』でも、うちは紙だから。ただのゴミ。

続き頼んだよ!神さん!ww

128:ののか:2017/12/28(木) 15:34 ID:MWI

上杉Side

皆、立花に告り終えて残るは俺だけ。返事は全部NO。
くっそ、誰が好きなんだよ。立花のやつ。

✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
今から部活のお疲れ様会でーす。
☆ミ(o*・ω・)ノイッテキマ-ス!!

ちなつの小説?聞いてみるね!でも、ちなつ、今、頭がOFFって言ってたw
気が変わってるかも知んないからちょいと待っててちょw

ののかが神!?ε٩(๑>▽<)۶з嬉しいよー
でも、パンダ🐼の方が神だよん😇✨💕

129:熊猫◆5I:2017/12/28(木) 19:50 ID:aaM

ねぇねぇ!
告白OKの上杉君は、シチュエーションどうします?
特別な感じにしたいに一票です。
でもあんまり特別にすると、上杉君間が抜けちゃうっしょ?

どうします? ?(゚∀゚ 三 ゚∀゚)?

部活のお疲れ様会!?そんなのあるんだ〜!良いな...✨
行ってらしゃ〜い!😆

聞いてみてくれるの!?ありがと〜!頭OFFか... (。-ω-)<...)
待ってるよ!( ´・∀・`)

ののか、神だもん!
だから、うちは紙なの。分かる?ゴミなの。分かる?

130:ののか:2017/12/28(木) 19:59 ID:vJM

うんうん(´・ω・`)
ののかも特別のがいい!
上杉くん感抜けちゃうからあるてーどねw

お疲れ様会、今、抜け出してまーすw
だってめんどくさいもんw

実はまだちなつに聞けてないんです💦
帰ったらすぐ聞くね!

神かぁ〜
二人とも神ってことで!w

ではではそろそろ戻りまーす

131:熊猫◆5I:2017/12/28(木) 20:45 ID:aaM

だよね!特別が良いよね。
あるてーど。これが一番大切だよ。うん。

あー......
結局めんどくさいのか...可哀想に... 。・゜・(ノД`)・゜・。

ありがとう!やっぱり優しいね!

二人も神がいる!?
まぁ? いっか。ののかが上ってことで!

戻ってきたら、これと、夏帆&梨央のやつ話したいな......✨
専スレでね。ダメですか?

132:ののか:2017/12/28(木) 23:22 ID:MWI

(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン大切!

(´・ェ・`)そーなの。可愛そーなののかw

優しいか……そっかぁ。了└|力"├_〆(・ω・ )

まじ?上?w(超´Д`人´Д`嬉シィ)

専スレでね!待ってるん

133:熊猫◆5I 深夜テンション入りました〜!:2017/12/29(金) 02:05 ID:aaM

(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)わーい!似たようなのあった!

一瞬 自虐ネタかと思った......ww      バカヤロウ  ウチ 
ののかに何て事させるんだー!バカ野郎めがっ!(°o°C=(_ _;

カワイイ〜!

うん!上! (; ・`ω・´)<そうじゃなかったら、世界がおかしいだろう?

行ってきたよー!
あれ?結局話せてない.....( ・◇・)?

134:ののか:2017/12/29(金) 11:16 ID:AW6

ごめーん💦寝てたw

パンダ🐼馬鹿野郎じゃないしーw

深夜テンションwうけるー😆✨🎵🎶ww

135:熊猫◆5I:2017/12/29(金) 12:23 ID:aaM

おはよう!(`・ω・)ノ🌄

ののかが、イヤだと思ったなら...うちはバカ野郎なのだ!

うける? うちの深夜テンション、狂ってるから......

136:ののか:2017/12/31(日) 10:03 ID:MWI

狂ってないよ!

137:匿名さんは知っている:2017/12/31(日) 10:04 ID:jUg

>>136
そう〜? ありがと!

138:熊猫◆5I:2017/12/31(日) 10:04 ID:jUg

あぁ...名前消えた

139:熊猫◆5I:2017/12/31(日) 10:22 ID:jUg

あ、で! お話し合いしなきゃ!
LINEでする?

140:ののか:2017/12/31(日) 13:05 ID:MWI

(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )うんうん
LINEでー!

141:熊猫◆5I:2017/12/31(日) 13:30 ID:jUg

LINE、めっちゃ役に立つね。()

142:熊猫◆5I:2017/12/31(日) 14:24 ID:jUg

オウノーオ!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)アゼルバイジャンww(アセル)

お、大晦日小説い、行きまーす!←めっちゃ焦ってる。
紙小説......いきまーす...(テンションダウン⤵)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「お邪魔しまーす...」
若武の家に来た。
お泊まりバックをもって。ね。
今、10時だから......あと十四時間!

「楽しみだね〜!」
そう言ったら、みんな赤くなったんだ。
若武と、上杉君、小塚君は、真っ赤っか。
......熱かな?

大丈夫?そう言って、上杉君のおでこを触る(ののか〜!上杉だよ!)

「上杉...💢」
く、黒木君、怖いです...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シャー!書いたで〜!
まあ、また書くんだけどね......あはは「」

143:ののか:2018/01/01(月) 01:49 ID:akk

ハ━━━ヾ(。´囗`)ノ━━━イ
楽しみん

144:熊猫◆5I:2018/01/01(月) 04:07 ID:OUk

「あはははꉂꉂ(・ᗜ・*)」
やばいやばい……ガ○使おもしろすぎる......

「なぁ、若武?」
上杉君が、若武を呼ぶ。

「ふぁ?おうした?ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹" ŧ‹"(あ?どうした?)」
若武.....口に物詰めすぎ...

「おまっ食い過ぎだろ!」
上杉君......そこ?

「ふぃーじゃふぇーかよー。ふぉふぉふぃさいぎょだじぃ?
(いーじゃねーかよー。今年最後だし。)」

「あ〜!分かった。もういい。若リス」
......口ににイッパイ物詰めてるからリス?

「あ"?なんつった"? 」
う...怖...

「ん"?名前言ってやったんだよ。あ"り"がた”ぐお"も"え"?」
うっ......怖いよ...

「ねっねえ!あと、一時間で来年になっちゃうんだよ!?」
そう言うと、すぐにおさまった。

「あぁ。そうだな。明日のお参り楽しみだな。」
ウン!

145:ののか:2018/01/01(月) 09:57 ID:akk

続き(((o(*゚▽゚*)o)))タノシミ♡

146:ののか:2018/01/01(月) 09:57 ID:akk

パンダ✨天才(▭-▭)✧✨

147:熊猫◆5I:2018/01/01(月) 10:20 ID:ka6

>>145-146
(*´︶`*)♡Thanks!
......うちが天才だったら、世の中の人全員天才だよ...?

148:ののか:2018/01/01(月) 15:45 ID:akk

パンダ大天才

149:ののか:2018/01/01(月) 15:48 ID:akk

まじL(*OεV*)Eなの((((((/´З`)/チュチュチュゥウウウウ!!

(m´・ω・`)m ゴメン…( ´•౪•`)きもいね

150:熊猫◆5I 連スレごめん:2018/01/01(月) 16:34 ID:8Zw

>>148
いや! 大バカだよ!

>>149
だいじょぶだよ!うちも、ののかℓσνє♡だし!

151:熊猫◆5I:2018/01/01(月) 16:34 ID:8Zw

......メモ気にしないで......

152:熊猫◆5I:2018/01/01(月) 21:33 ID:8Zw

〜大晦日&お参り〜
~年明けのその瞬間は?~

「あと、1分!」
上杉君が、時計を見ながら言う。

「て言うかさ...ガキ使って、カウントダウンやらないんだね。」
ずっと見てて気づいたこと。カウントダウンしないって事。ぐらい。

「うん。そうだねぇ。」
翼、夜になると、よりポワンってなるね。

「アーヤ!あと10秒だぞ!」
え!?嘘...ありがと 若武。

「..................」
シーンとなる現場。あの若武さえも黙りこくる。

「明けましておめでとう!」
全員一緒にこう言った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
年が明けたよ! 
明日、お参りに行くよ!
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨......

若武:「こんちゃー!」
上杉:「......よろしく (プイッ」
黒木:「ふふっ...よろしくね(´˘`*)」
小塚:「え?あ、よろしくお願いします! ( *・ω・)*_ _))ペコリン」
翼:「よろしくねん!」
忍:「......あ、よろしく。」
アーヤ:「よ、よろしくお願いいたします!」

「はーい。今日は、もうすぐこの小説が終わるから...と言うことで!
KZの皆さんに来てもらいました〜。(*’ω’ノノ゙☆パチパチ」

若武:「駄作者は引っ込んでろ!」
「OK わかっあ。若武が出番無くなるのと交換ね。」
若武:「ごめんなさい......作者様。」
「分かればよろしい。」

「では!」
KZ全&作者「これからもよらしくお願いしまーす!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっと前から、やってみたいな〜って思ってたこと叶った!
じゃあね!明日ね!

153:ののか:2018/01/02(火) 20:54 ID:akk

ハ━━━ヾ(。´囗`)ノ━━━イ

154:熊猫◆5I:2018/01/02(火) 21:00 ID:8Zw

٩(๑>∀<๑)۶イエーイ
(*´︶`*)♡Thanks!

155:空彩◆5I 名前、パンダから空彩に変えたよ!:2018/01/03(水) 10:36 ID:8Zw

小説行くよー!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「えー......あけまして!」
若武、やっぱり、仕切たがりだね。

「おめでとうございます!」
でも、みんな乗る。なんだかんだ言って皆若武が好きだから。

〜それから30分〜
黒木side

「ふふっ アーヤ寝ちゃった。寝顔かわいいな。」
......予想通り。皆して俺の事見てくる。

「おまっ!なんで、アーヤがおまえの肩に寄りかかって寝てるんだ!?」
さぁ?

「なんとか言え!黒木!」
あぁ...若武。アーヤが起きちゃうよ?

「うぅー」
あ、アーヤ上向いた。
途端に、皆 顔が赤くなる。アーヤの寝顔を見て。ね。

「黒木...っ 許す。」
ん? ありがとう?

156:空彩◆5I:2018/01/04(木) 20:12 ID:8Zw

鳥居の前に止まって。一礼
境内?に上がる前に、一礼。
二礼二拍一礼 二拍は、手をづらしてして、終わったら直す。
で、あとお賽銭、ガラガラ。

…………なんか違うけど、前にお兄ちゃんに教えて貰った方法。
で……帰りも礼しまくる。

お寺だと、手を叩くのも、ガラガラもしないんだよ。

神社は、神様が祀られているから、来ましたよーって伝える。
でも、寺は仏様。何もかも知ってるから、伝えないの。
だから、ガラガラと手を叩くのは神社だけ。

にしても……お御籤引かないのかな?
あ、引いてた。行こーっと!

うーん……これ!
開けて見ると……中吉!真ん中。良いんじゃない?

「アーヤ!何だった?」
若武、なんか……悔しそうだね。

「中吉だよ。若武は?」
そう言うと、見せてくれた。書いてあったことは…………

『大凶』

………………ご愁傷様です。

157:ののか:2018/01/08(月) 14:18 ID:akk

www

ほーちしててごめんなサイコロステーキm(>__<)m

158:空彩◆5I:2018/01/08(月) 14:25 ID:o8w

大丈夫だヨーグルト


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS