探偵チームKZ事件ノート アーヤの幼馴染みは、5人いた

葉っぱ天国 > 探偵チームKZ事件ノート > スレ一覧 101-キーワード▼下へ
1:熊猫◆5I:2017/11/02(木) 23:10 ID:O22

はい。
KZ、私が建てた二個目のスレです。
4つぐらい小説書いてるため、更新が遅くなる可能性があります。

このスレ、『リレー小説』とか『いろんな人が思い思いの小説』
を書く場所じゃありません。ご了承ください。


登場人物

立花彩 
実は、神林彩(かみばやし あや)
5人の幼馴染みがいる。

KZメンバー
あまり登場しません。
砂原、高宮さん 出します。


幼馴染み

吉田 和広 (よしだ かずひろ)
翼みたいな感じ。 耳がいいバージョン。

朝倉 広臣 (あさくら ひろおみ)
若武。自己主張ちょっと弱めの。

暁 広典 (あかつき ひろのり)
上杉君。 心配性。(アーヤに対してだけ)

左藤 広彦 (さとう ひろひこ)
小塚君。お母さんが警察官。お父さんが小塚君のお父さんの右腕。

男神 貴広 (おがみ たかひこ)
黒木君。《俺の》お姫様って言う。


アーヤは、

和広は、和
広臣は、臣
広典は、典
広彦は、彦
貴広は、貴
           と呼ぶ。

アイドルグループ

アーヤと、幼馴染み5人組。
アーヤは、歌姫と呼ばれている。

楽器。
アーヤ→歌う🎤
和→ギター🎸
臣→歌低音&ダンス(パフォーマンス)
典→ギター🎸
彦→キーボード🎹&ダンス(パフォーマンス)
貴→ドラム

こんな感じです。
明日書くつもり。
よろしくです!

87:謎仮面:2018/01/18(木) 20:32 ID:/WE

違うよ
妹です〜
あんなバカと一緒にしないで!
それに1月と11月を
間違えただけだし〜
あんた、バカじゃん
確かにあいつの
言ってることと同じだな

88:空彩◆5I:2018/01/18(木) 20:42 ID:GUU

ほぉー。莫迦だって思ってるなら伝えてあげれば?
ていうか、見間違えしてでも書き込みたかったわけ?
莫迦じゃないけど?見間違えするあなたの方が馬鹿なんじゃないの?ww
そこについては、触れないでおこう。
そして、ここ【雑談】するスレじゃないから。

89:空彩◆5I:2018/01/19(金) 23:03 ID:GUU

さて。また出てきためんどくさい奴が引っ込んだ所で更新しますか。
皆揃って度胸が足りないんだよ。勇気も。

アーヤside

「つぅっっ!?」
痛い……
典が言っていた通り、激しい運動は控えなきゃダメなんだよね。
7月頃。私は膝に怪我をした。
6針縫ったんだ。縫うのよりも注射の方が痛かった気がする。

「カワイイ系じゃね?」
……私は、まずい事に気づきました。

「完全に……注目されている。」
さっき飛んだため注目の的。
また何かしてくれるんじゃないかと言う期待の目で……見つめられている。

「アーヤ良いな…俺も目立ちたい。」
若武……目立つのって結構簡単だよ?

「アンコール!アンコール!」
手を叩きながら、アンコールと言う声が聞こえてくる。

「ふふっ。いっちょやってみますか。」
そう言って私がやった事は……技。

ザーーー

「あの子……滑って行っちゃう。逃げるの?」
逃げるとお思いで?

ガッ!くるん。

「おぉーー!すげーー!」
歓声を浴びた。私がやってみた事は、スピードを付けながら滑っていって
そこから山を使ってジャンプ。そして一回転。

「逆転得意なだけある。ジャンプ力には自信持てるね。」
その後、黒木君がこう言った。

「アーヤ、君は……人を楽しませる事が出来るんだね。」
そう言った黒木君の目は……とても悲しげだった。

90:桜花爛漫&◆m.:2018/01/22(月) 19:00 ID:tmI

空彩、頑張って👍

91:空彩◆5I:2018/01/22(月) 21:05 ID:GUU

(❁´ω`❁)アリガト o(・д´・+)ゞ頑張リマッスル♪
もうねー ナンカネー早く正体バラしたいwww
でも、ばらさない予定www

92:空彩◆5I:2018/01/23(火) 22:39 ID:tG.

今ごろ思う。
スノボーの選手みたいな一回転、アーヤに出来るのだろうか?
いや アイドルの設定だ。大丈夫なはず。


アーヤside

「なあ、昼飯にしようぜ?」
そう言われて時計を見る。典が作っくれた特別な時計。
スマホみたいな時計。電話出来るし。色々できる時計。
特別な所はそこじゃない。時計部分の側面にiって書いてある。
そして、私のイメージカラーのピンク。お気に入りなんだ。

「そうだね、そろそろ食べたいよね。」
小塚君がお腹を擦りながらいう。お腹空いてたみい。
お腹を見つめる目が 熊さんみたいで……可愛かった。

「おわっ!」
皆より一足先に スキー板を外した若武、歩き始めたら転んだ。
その先には 5歳程の男の子が居た。
だが男の子は、迫り来る若武の存在に気づいていないらしい。
私は大急ぎで近づく。その子を抱きしめて離れる

「だ、大丈夫だった?」
私がそう聞くと、男の子はふにゃりと笑った。

「うん。大丈夫だった!お姉ちゃんありがとぉ。」
きちんとお礼が言える。いい家庭に育っているのだろう。

「じゃあね、怪我しないように気をつけてね。」
私が男の子に そう言うと うん。と大きく頷いた後
バイバイと手を大きく振って去っていった。

「さて、お昼ご飯食べるとしましょうか?」
翼がそう言う。顔は笑っているけど目は男の子を睨らんでいた。
皆も。羨ましそうにしていたり、じろりと睨んでいたり。

「私、醤油ラーメン食べたい!あとねー……ココア飲む!」
臣は チーズたこ焼き。典は よく茹での塩ラーメン。
貴が チャーハン。彦は カレー。和が 味噌ラーメン。

いつもこれ。臣がたこ焼きで火傷して……
彦が辛いと火を噴く。ラーメン組は回し食べ。

これがいつも通り。iriseeのいつも通り。

「俺、マヨ抜きのたこ焼き!」
「俺……塩ラーメン。麺よく茹でてください。」
「チャーハンをください。」
「えっと……このカレー。あ、甘くしてください。」
「うんと……味噌ラーメンお願いします。」
かぶってる。マヨ無かったり甘かったりするけどかぶってる。

「私は醤油ラーメンで。」
ふふふ。irisee の皆と来ているみたい。

93:空彩◆5I:2018/01/23(火) 22:54 ID:tG.

ギャバす!(ヤバス)

忍 忘れたーラブレターやぶれたー忘れ去られたー!

「じゃあ……おれ親子丼」
よし。忍ごめんよ。

94:らいみぃ:2018/01/23(火) 23:13 ID:/mc

あらららw

95:空彩◆5I:2018/01/23(火) 23:58 ID:tG.

( ´тωт` )悲しい

96:空彩◆5I:2018/01/31(水) 20:15 ID:qLc

ふみゅー。

どっかに上杉誕生祝い書こうと思うんだけどここにしようかノ?

97:らいみぃ◆/w:2018/01/31(水) 21:05 ID:/mc

(・∀・)イイと思うよー!

98:空彩◆5I:2018/01/31(水) 22:32 ID:qLc

個々で良いってことかの?
(❁´ω`❁)アリガトー!見に来てくれる?

99:らいみぃ◆/w:2018/01/31(水) 22:39 ID:/mc

もちのろん!

100:やまも:2018/01/31(水) 23:41 ID:IbU

どうもm(_ _)m

いま、すごい夢中になって全部読みました!
すごく上手ですね。
これからも読むの楽しみにしてます。
がんばってください!
アドバイスできたらします(私にアドバイスなんてできるの?)←自分で自分につっこんだ
すいません なんか日本語おかしいですね
とにかくメチャクチャ応援してるんで、これからもがんばれ٩( 'ω' )و

101:やまも:2018/01/31(水) 23:41 ID:IbU

長文失礼しました

102:空彩◆5I:2018/02/01(木) 16:58 ID:UN6

>>100
ほ、褒めてくれてありがとうございます!(❁´ω`❁)
頑張ります!まず上杉君のBIRTHDAY……(✿︎´ ꒳ ` )♡︎

専用スレ建てたら書きまーす!

103:やまも:2018/02/01(木) 20:01 ID:2HQ

がんばれー!
専スレ楽しみにしてます!

104:星川ゆな◆F6:2018/02/01(木) 20:02 ID:6zE

私も読みましたよ〜。面白かったです笑笑

105:やまも:2018/02/01(木) 20:05 ID:2HQ

あの…名前なんて呼べばいいですか?
私はやまもって呼んでくださいm(_ _)m
私はタメOKです!

106:やまも:2018/02/01(木) 20:06 ID:2HQ

ゆなちゃんに同感

107:空彩◆5I:2018/02/01(木) 20:48 ID:UN6

>>103
専スレのやつ後でコピペしますねー!

>>104
(❁´ω`❁)アリガトー!

>>105
空彩でああやって読みます。どうとでも呼んでくださいな。
うちも、タメOKなんでヨロスク((ヾ(・д・。)フリスク(。・д・)"/))

108:星川ゆな◆F6:2018/02/01(木) 20:55 ID:6zE

喜んでるね笑笑早くああやの小説読みたいです笑笑

109:やまも:2018/02/01(木) 21:44 ID:2HQ

空彩お願いしまーす!

〉〉107っていうやつってどうやるの?

110:空彩◆5I:2018/02/01(木) 22:01 ID:UN6

>>107
うーん……書けたらね!

>>108
半角で打つんだよ!

111:空彩◆5I:2018/02/01(木) 22:12 ID:UN6

プレゼント渡しー!
皆がこういうの渡したら面白そうだなー。って言うの。

若武→上杉

《ストーリー》←謎の。

「おまちかねのプレゼント交換ー!」
そう美門が言った。いや、誰も待ってねーよ?

「まず俺なー!」
若武から……絶対ハデなやつだな。

ポイッ

「いや、投げて渡すなよ。て え?時計?」
青い時計。白&藍色&青のチェック……

「え?若武……センス良いじゃん。」
ん。本当にな。

「えへん!すげーだロ!黒木に教えて貰ったんだぜ!
相手に合わせてプレゼント選べって!」
あ……そうか。なんか変だと思った。

「へぇー。」
「なんだそっか。」
「お前が上杉に合ったプレゼント買えるわけ無いもんな。」
という感じで……いじられまくっていたww


小塚→上杉

《ストーリー》←謎n((殴

「次小塚なー!」
小塚か。良い物くれそう(謎の信用)

「う、うん……喜んで貰えると嬉しい。はい。」
俺が嬉しいと嬉しいのか? 小塚は相変わらず優しいな。

「……これ!」
貰ったのは数学の参考書。

「うん。上杉欲しがってたから。もう買っちゃった?」
首を横に振る。嬉しい。

「ふふふ。上杉嬉しそう。僕も嬉しいや。」
……やっぱり優しい奴だな。


黒木→上杉

《ストーリー》←謎((殴

「えーっと 黒木!」
黒木センセは何を渡してくれるのかな?

「ふふふ。俺はね……」
チェロ弾く。とか言うなよ?

「ほい。上杉センセ!」
……メガネケース?

「上杉メガネ青だろ?」(反射してて良く分かんないけど多分青)
おう。

「なのにメガネケース緑だからさ。買ってみた。」
ありがと。

112:空彩◆5I:2018/02/01(木) 22:14 ID:UN6

「ではー!美門な。」

《ストーリー》←なz((殴る

「おうけー!では聞いてください。」
『ハッピバースデーテゥーユー ハッピバースデーテゥーユー
ハッピバースデーディヤ上杉ー ハッピバースデーテゥーユー』
……歌のプレゼント?

「おいっ!ふざけてんじゃねーぞ!」
若武がガチ切れ。いや お前がキレてどうするよ。

「ウソウソ コレ見てちょ。」
見せたのはUSB。

パソコンに繋いで、動画のところを押す。

『ハッピバースデーテゥーユー ハッピバースデーテゥーユー
ハッピバースデーディヤ上杉ー ハッピバースデーテゥーユー』
……は?

『俺のプレゼントはコレ。じゃ無くて。』
じゃないの?

『このUSB見てみ?お宝入ってるから。
写真のとこ見るんだぞ。可愛いの写ってんかんなー!』
動画の中の美門が悪魔のように微笑む。ただ怖い。


写真の所を押してみたら……///
た、立花の笑った顔とか……寝顔とか……可愛かった……

「ね?お宝でしょ?」
……おう。

「へぇー。見せてもらおうか?」
黒木が黒いオーラを出しながらそう言った……
こっちは死神だな……


忍→上杉

《ストーリー》←n((殴 いや、喋らせて?

「俺からはー!」
妙に元気な七鬼。

「コレ見てくれ。」
ポイッとUSBを投げられる。そしてパソコンにさしてみる。

『こんばんは。七鬼です。』
はい。

『アコヤガイのパソコン覚えてるか?』
……ああ!分かる。

「それのさー。新しい機能?入れといたから見てみー。」
大急ぎで電源を入れた。そうしたら……
ググれる&電話かけれる&地図機能……その他が付いていた。

「すげー……」
なんかもう……驚きすぎて喋れねぇや。


[本命](๑•᎑•๑)♬*゜うきうきアーヤ→上杉
(自分も何書くか決めてないww思いつき魔人登場!)

「あとは……アーヤだけだよ!」
美門がすごくウキウキした様子でいう。

「アーヤのは?」
……立花の……何だろ?
ていうかその前に……寝顔が出てくる……///

「私からは コレ。」
渡されたのは……マフラー。
すげー……【kazunori】って書いてあるよ。
市販でこんなの売ってんだ。

「て、手作り何だけど大丈夫かな……?」
……は?

「手作り……?手編みってことか?」
立花がうなづく。俺 今……絶対顔赤い……

「上杉……後でしばくからな……」
「そうだそうだ。取り上げてやる。」
俺がへこんでたら立花が話しかけてきた。

「取り上げるの?じゃあ、上杉君のお願い1つ聞いたげる!」
そう涙目&上目遣いで言った。
……え?


【上杉の結論】
・美門は 悪魔だけど神。
・アーヤは天然……過ぎてヤバい。

アーヤに翻弄?された上杉の誕生日でした。

113:空彩◆5I:2018/02/01(木) 22:14 ID:UN6

やまも。プレゼントだおww

114:空彩◆5I:2018/02/02(金) 01:09 ID:UN6

さぁて……手抜き小説は置いといて……
ご飯食べる所からスタートしますか……

「さっきの紅一点の7人組〜」
若武がご飯作ってるおばさんと仲良くなったから乱雑な扱い。
だけど……別に悪い気はしない。仲良しになれたみたいで嬉しい。

「ねえ 若武、たこ焼き熱いから気をつけてね。」
そう言ったはいいのだけど……話しかけてる途中で口に入れちゃって……

「アーヤ!先に言えよ!」
と、怒られてしまった。

「ねぇねぇ、上杉君と翼ラーメン回さない?」
そう聞いた瞬間、みんなボワッて赤くなって……黒木君に怒られた。
ぶー。良いじゃん……

「臣達と一緒の時いっつもやってるのに……」
そう呟いた瞬間、皆はこっちを見た。その顔は……鬼のようだった。

「アーヤ……?そういう事は気軽にどうぞしちゃダメ!」
えー?

「ア、アーヤ……回す時は箸どうするの?」
小塚君がそう聞いた時に、皆ハッとした。
そして、私を食入るように見つめていた。

「ラーメンの汁が混ざらないようにお箸も回してるよー?」
……いや、だから静かなのは苦手なんだってば……

115:やまも:2018/02/02(金) 18:25 ID:2HQ

プレゼント🎁ありがとう😊

あいかわらず、小説うまいですね…うらやましい😫

116:空彩◆5I:2018/02/02(金) 19:16 ID:UN6

(❁´ω`❁)アリガトー!

117:やまも:2018/02/03(土) 17:19 ID:2HQ

続き楽しみ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

118:やまも:2018/02/03(土) 17:20 ID:2HQ

専スレも楽しみ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

119:やまも:2018/02/03(土) 21:58 ID:2HQ

あの…KZ専スレに入りたいんだけど、ダメかな?

120:空彩◆5I:2018/02/04(日) 00:26 ID:UN6

どの専用スレだろうか……?
増え過ぎて解んないやwww
取り敢えずやまもっちゃんが建てたやつは、スレ主だよ?

121:やまも:2018/02/04(日) 08:47 ID:2HQ

そっか

122:空彩◆5I:2018/02/04(日) 08:49 ID:UN6

?情報プリーズミー!
え?やまもっちゃんのスレだったの?

123:やまも:2018/02/04(日) 08:51 ID:2HQ

なにが?

124:空彩◆5I:2018/02/04(日) 08:55 ID:UN6

……なにがだっけな……?
まぁいいやー!仲良し板行ってきマース٩(๑>∀<๑)۶

125:やまも:2018/02/04(日) 08:55 ID:2HQ

おー!

126:空彩◆5I:2018/02/04(日) 09:15 ID:UN6

帰ったぜ\(๑•̀᎑•́)/\(•̀᎑•́๑)/イエーイッ

127:やまも:2018/02/04(日) 16:22 ID:2HQ

続き楽しみ(はやく書いてほしいアピール)
がんばって❗

128:空彩◆5I:2018/02/09(金) 22:49 ID:.vo

アーヤside

「……ハアー」
「……チッ」
「もー……」
「アーヤたっら……」
「そぉっかぁー……」
「なんか……ここにグッて来た。」
皆のなんか、変な雰囲気?
私的には上杉君の舌打ちが怖い。

「アーヤ食べ比べする?」
翼がそう言った事によって皆 翼に襲いかかる。
……謎だね。

「じゃあ立花、俺の親子丼食べる?」
iriseeで親子丼を食べる人はいない。皆そんなに好きではない。
という事は今までもこれからも親子丼を食べる機会は無いだろう。

「うん。貰うー!」
そう言って1口貰った。美味しいかったけど……
未央ちゃんが作ったやつの方が美味しいな。給食作ってた事 有るしね。

「なーなーきー?このやろっ!」
そう言って若武が忍に殴りかかった。
ヤバいやつじゃん。忍 怪我しちゃうじゃん。私がそう思っていたら。
忍は若武に向き合って……若武の手と襟をを掴み 転ばせる。一瞬の出来事。

「若武ったらもう!忍 怪我しちゃうところだったんだよ?」
若武はシュンとしていた。してないと逆におかしいと思う。

「まあ、怪我しなくて良かった。てか忍強いね?」
忍はこくりと頷き、食べていた物を飲み込んでから私の質問に答えた。

「護身術系そういうのを組み込んだロボットに教えて貰った。」
忍……自分が作ったロボットに教えて貰うとか世界初だと思うよ?

「……七鬼とアーヤは天然組だな。」
黒木君がそう呟いていたけど天然は奈子だけで充分です……

129:らいみぃ◆/w:2018/02/09(金) 22:51 ID:lDk

あ、今日の夜ご飯親子丼だったwww
アーヤ可愛い。お疲れ様

130:空彩◆5I:2018/02/09(金) 23:14 ID:.vo

ʬʬʬ親子丼アーヤとのキュン?に使ったぜ(元々一瞬で終わる予定だった所)

うん。アーヤは可愛くしないとねっ!←
ふっ。楽しかったぜ(`ơωơ)ノイェ-イ!

131:やまも:2018/02/10(土) 19:23 ID:2HQ

更新ありがとう(*^ω^*)

132:やまも:2018/02/10(土) 19:24 ID:2HQ

あいかわらず、お上手で…

133:空彩◆5I:2018/02/11(日) 12:58 ID:.vo

褒めてくれてありがとう!
嬉しい(੭ु ›ω‹ )੭ु

134:さあたん:2018/02/12(月) 23:18 ID:eYg

はじめまして。
さあたんと申します。入ってもいいですか🎵

135:空彩◆5I:2018/02/13(火) 09:47 ID:vd6

入るのは別に良いですけど小説書くのは私だけなので。
そこの所理解しているのなら良いですよ。

136:空彩◆5I:2018/02/15(木) 19:35 ID:R4o

アーヤside

それからずっと滑ってて。小塚君の以外な才能開花。
皆の中でNo.3に入るか入らないかまで上手くなったんだ。
若武が悔しがって悔しがって……ね?

「なんでカバに憧れてるやつに負けなきゃいけねーんだよ……」
って言いながらビューンってすごいスピードでまっすぐ滑ってって…………
コケて……ボード外れて……そのまま滑って行っちゃった。

「こっちの方が屈辱的だったんじゃないの?若武センセ?」
その後、若武は小塚君に雪玉をぶつけようとした。

「板 付けてれば僕 若武には負けないからね?」
そう宣言した通り、小塚君はそれを華麗に避けた。

そして、若武が投げた雪玉は……
「ごふっ!」
翼の元へ……

「若武ー?こーのーやーろっ!」
そこから雪合戦。流れ玉が上杉君に当たって上杉君が参戦して……
と言う具合で全員参加で雪合戦!

「表で面白い事やってんぞー!」
って子供達が参戦。いつの間にか盾が出来て。
雪だるまみたいに大っきい雪玉を後から【ボーン】って若武に投げてた。

「ハァーー。疲れたねー。」
バスの中で誰かがそう呟いていた。
結局、50人位が参加していたのかな?スキーウェア ビショビショ。

「僕……寝る……」
じゃあ、俺も……俺もーと。皆寝ていく。
最終的には、私と翼以外、全員寝ていた。

「ねえ、アーヤ皆の寝顔 撮っちゃお〜?」
何かあった時にそれを見せつけて有利になろう。と言う事らしい。

「良いかもね。喧嘩の仲裁とかにもさ。」
という事で、写真を撮りまくった。

「データ消されても良い様にURLに入れなきゃね。あと貴に送っとこ……」
そんな風に2人で活動?しているうちに旅館に着いていて。

黒木君が頼んでくれたんだ。綺麗な所だったから楽しみー。
感じが良い女将さんが居るらしいよって翼が言ってたけどね……

「ちょっ!みんな起きてよー!もー!」
黒木君が着くちょっと前に起きてくれたんだけど……その他が起きない。

「ハー……」

「小塚君ー?おーきーてっ!」
耳元でそう言うと若武以外は起きてくれた。

「もう担いでけば良いんじゃないね?」
上杉君がそう言った為、黒木君がお姫様抱っこ。

翼がクスクス笑いながら連写。若武……散々だね……


新着レス 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS