あの夏を共に過ごしたメンバー再び集結!(with KZ)

葉っぱ天国 > 探偵チームKZ事件ノート > スレ一覧キーワード▼下へ
1:美琴◆zc:2017/12/28(木) 17:52 ID:Tf.

スレタイのとおりですw

このスレは、去年の夏から冬にかけて『探偵チームKZ事件ノート(数字)』をはじめとした、
(都合により省略するが)KZloveやKZ板寝室、また、kzのスレッド多くね?などのスレで意見を交わし合ったメンバーが再び集うスレです。

ちなみに来れるメンバー以外の人は来ないで下さい。

メンバー:檸檬、怜、クスノキ、光流、美里、玲夢、かのん、ちえ、美琴(私)

しかしこのうち今も葉っぱに来ているのは5人、さらに普段から来ているのは私含め3人...。
(でも!誰も!『もう葉っぱは卒業するね』とか、『もう来ないから』って言ってないから!!)

もちろんこのスレはkzについて、語ったり小説書いたり語ったりとかの為に使います(だってwithKZだからね)。

...このスレが、来ていない人が戻って来た時の安心するようなスレになるといいなぁと思ってます。
だから...、荒し・なりすましはもちろん、私含めた9人以外の人の書き込み行為はやめて下さい。


それじゃ、START!!

45:琥珀:2018/01/01(月) 02:37 ID:ueg

>>44
「いや」の反対が思い付かなかっただけですww
見てくる!!
お、そんないい人なん?
私の眼はね、美少女は見れるように
なってるから大丈夫☆

46:美琴◆zc:2018/01/01(月) 02:39 ID:PHE

>>45
そういうことかww
いってら〜
いい人いい人
そっか、じゃあ私は見えないね☆

47:琥珀:2018/01/01(月) 02:42 ID:ueg

見てきたよ…!






最高かよ(*°∀°)パァッ

やばいもう、文才分けて…

48:美琴◆zc:2018/01/01(月) 02:49 ID:PHE

顔文字(*°∀°)パアッってかわいいかよw
いやこっちが文才分けて…

49:琥珀:2018/01/01(月) 02:58 ID:ueg

かわいいのは美琴ねw
分けられるほど持ってないの…←

明日、金の鹿更新する!
てか新しい小説書きたいな

50:琥珀:2018/01/01(月) 03:00 ID:ueg

>>50おめでとう!

51:美琴◆zc:2018/01/01(月) 03:01 ID:PHE

いやいやかわいいのは琥珀(断言)
奇遇だね私も

お!頑張れ!私も書くわ
それな

52:美琴◆zc:2018/01/01(月) 03:01 ID:PHE

え、50?おめでとう?w

53:琥珀:2018/01/01(月) 03:08 ID:ueg

>>51
眼科の受診をオススメします
美琴さん有り余ってるじゃないすか…

おー!楽しみにしてる!
今度はアーヤ視点になる予定〜

54:美琴◆zc:2018/01/01(月) 03:14 ID:PHE

え、嫌です(^^)

アーヤかぁ〜楽しみにしてるね!

55:琥珀:2018/01/01(月) 03:16 ID:ueg

拒否件はありません(^^)

あ、1つ聞いときたいんだけど
怯えてるアーヤの描写とか、嫌?

56:美琴◆zc:2018/01/01(月) 03:22 ID:PHE

(^言^)
(↑この顔文字あんま好きじゃないんだよね)

え、何それめっちゃ好き
けしからんもっとやれww

57:琥珀:2018/01/01(月) 03:33 ID:ueg

(#^ω^)
(ならなんで使ったんだ…)

よかったw
金の鹿の最後辺りでそういう感じに
なるかもしれんから、一応許可取っとこうと思って

58:美琴◆zc:2018/01/01(月) 03:37 ID:PHE

(°∀。)しらん

やーもーホント全然大丈夫w
寧ろ私から見に行きますw
なんか最近じゃっかんSかサイコパスな奴に怯えてる女の子が好きなんだよね
百合じゃないよ、男女の絡みのうちの出来事としてだよ
但し二次元に限る

59:琥珀:2018/01/01(月) 03:46 ID:ueg

(;°∀°)アッ、ハイ

あざっすw
ほぅ、そんな趣味をお持ちで…
さっきの話引きずってんの?w
おぅよ←(★`・∀・)b"

60:美琴◆zc:2018/01/01(月) 04:00 ID:PHE

やーマジ言っちゃうけど私結構NL好きなんだよね
もう男女がいたら即はいお前らケコーンって思っちゃうくらいw
これもう厨かもねw
でも!夢主のNLは無理

61:琥珀:2018/01/01(月) 04:02 ID:ueg

あら意外w
ケコーンに吹いたw
夢主はなんか…痛い…

62:イヅナ◆zc 元美琴:2018/01/01(月) 04:06 ID:PHE

え、何故意外w
ちゃんねるネタ持ち要りましたw
分かる

63:琥珀:2018/01/01(月) 04:10 ID:ueg

だってイヅナって((以下略
笑わせないでw
脳内でやっててください…←

64:イヅナ◆zc:2018/01/01(月) 04:11 ID:PHE

(#^ω^)ン?
一つ聞くよ…
琥珀は夢女子?それともNO夢女子?

65:琥珀:2018/01/01(月) 04:19 ID:ueg

(;´∀`)ハイ?
NO夢女子かなー
自分の好きなキャラでそういうの
しないし

66:イヅナ◆zc:2018/01/01(月) 10:40 ID:PHE

寝落ちごめん!!

>>65
( ^ω^ )
わーかるー!

67:琥珀:2018/01/01(月) 19:58 ID:ueg

大丈夫!

(°∀。)しらす
あ、更新するって宣言したっけ。
てことで、書きます〜

68:琥珀:2018/01/01(月) 20:51 ID:ueg

【金の鹿は知っている】

8.出会いと記憶
私は今KZの皆と一緒に新聞社の前で
ある女の子のことを待っている。
だけど、皆その子について何も知らないんだ。
どうしてこんなことになったかというと、それは少し前に遡る。

。*.°・*.。*.°・*.。*.°
私達KZは今日、例の殺人事件についての会議を開いていた。
だけど事件現場は立ち入り禁止、メディアでの情報もいい加減、更には
そもそもこの事件に関わるべきなのかという意見まで出て、会議は全然
良いものではなかったんだ。
その時突然若武の携帯が鳴った。
「もしもし……はい。………あ!お久しぶりです。………いえ、そんな。
………俺たちにですか!?大歓迎です!今すぐにでも!!」
お久しぶりってことは、知り合いなのかな?
「………では、長尾さんの勤務されている新聞社の前で待ちますね。…………はい、大丈夫です。」
どうやら相手は長尾さんみたい。
長尾さんというのは、「初恋は知っている」の中で出会った優しい人で、その頃のことを思い出し懐かしい気持ちになる。
一方、翼と忍はきょとんとしている。
その頃2人はいなかったもんね。
私は2人に軽く長尾さんの説明をして、若武に訪ねた。
「長尾さんから、何の用件なの?」
すると若武が興奮したように言った。
「俺たちに会いたいと言っている人がいるらしい!これから、その人に会いに新聞社の前まで行くぞ!!」
。*.°・*.。*.°・*.。*.°

そんな訳で今は新聞社前。
「あの…」
一人の女の子が近付いてきた。
「KZの皆さん…?」
そう言い、首を傾けた彼女に若武が
飛び付くように話しかけた。
「そうです!我々が数々の事件を解決してきたKZです!!」
もう、ハイテンションすぎだよ…。
彼女も引いてる様子が顔に出ている。
あれ、それにしてもこの子…

どこかで会ったことが…____

69:光流◆gA:2018/01/03(水) 06:53 ID:Fdo

失礼しま〜す。
美琴、スレ立てお疲れ様!あと、ありがとう!!
昨年みたいに、楽しくKZのこと話そうね。
では、ここでもよろしくです!

……そういえば、あたしも書きかけの小説あるんだけど…書いていいかな?

70:琥珀:2018/01/03(水) 10:47 ID:ueg

>>69
よろしくねー!

もちろんどうぞ(*´∀`)

71:怜◆to:2018/01/03(水) 10:49 ID:4k6

>>69
よろしくっ!

72:光流◆gA:2018/01/04(木) 14:56 ID:Fdo

許可もらった(?)ので、小説、前のやつコピペしとくね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『忘れられた思い出は知っている』

1,プロローグ【??side】

お母さん、ごめん。
親不孝な娘で。一人で逃げて。
でもあたし、耐えられない。
もうあの人に暴力を振るわれたくない。
お母さんが苦しそうな顔でそれを見て見ぬフリをしているのを見たくない。
あの人はあたしのことが嫌いで、目障りなんだよね。
…だから、あたしは消えます。
あの人、お母さんには優しいから、きっと仲良く暮らせるよ。
お母さん、本当にごめんなさい。
今までありがとう。幸せになってね。
さようなら。

そう書いた紙をお母さんのバッグに忍ばせて、そうっと玄関に向かう。
そこに置いておいた荷物を持ち、サンダルを引っ掛けてドアを開け外に出ると、解放感に包まれた。
「…お母さん、元気でね」
一度だけ、振り返ってお母さんが寝ているであろう寝室の窓を見上げて呟き、歩き始める。
さて、これからどうしよう…行くところないし…。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

73:光流◆gA:2018/01/04(木) 14:56 ID:Fdo

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2,どうしたんだろう【彩side】

はぁ…。
今日も結局、KZの集合かからなかったな…。
最近、また停滞気味なんだよね。
そんなことを考えていると。
「うわ、KZだ!」「やった、嬉しい。会えた!」「やっぱりカッコイイ…!」
背後が盛り上がり始めた。
『KZ』という単語に、思わず振り返ってしまう。
…若武と上杉君、そして黒木君。
騒がれているのがその3人だと理解したときには、既に私の足は早くなっていた。
若武と目があった気がするけど、そんなのはいい。
見つかる前に、さっさと退散しなければ。
足を止めて振り返っている塾生たちの合間を縫って塾を出る。
そこでやっと、チラリとだけ後ろを見ても追いかけて来ている気配はしなかった。
ホッと一息をつき、早めていた足を少し緩める。
…若武たち、私に用があったんじゃないよね?
うん、ないよね。そうだよ、小塚君いなかったし。
あーもう考えるのやめ、大丈夫だもん。
色々と考えながら歩いていると、いつの間にか駅に着いていた。
__ドン!
「…あ、ごめんなさい!」
ぼうっと歩いていたら、誰かにぶつかってしまったらしい。
慌てて顔を上げると、同い年くらいの女の子が立っていた。
その子は長い前髪で目を隠していたけれど、その視線は私の顔に向いていた。
「え、あの…何か?」
耐えられずにそう尋ねると、その女の子は落としていた大きな荷物を掴み、何かに怯えるかのように走り去って行った。
どうしたんだろう、あの子。
…私、何かしたっけ?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

74:光流◆gA:2018/01/04(木) 14:57 ID:Fdo

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3,もしかして…?【彩side】

あの後は特に何もなく家に帰ることができた。
さ、お風呂も入ったし…寝ようかな。
__ピーンポーン
…ん?こんな時間に…誰?
ママが出たみたいだから…。パパだったのかもね。
さあ、今度こそ私は寝よう!
「彩!起きてるでしょう?早く来なさい、黒木くんよ!」
びっくりした…って、黒木くん?!
聞いてない聞いてない、うちに来るなんて聞いてないよ!
着替えなきゃ、またお風呂に入り直さなきゃ…!
慌てて服を着替え、転がるように階段を駆け下りる。
と、そこには…。
「やあ、アーヤ。遅くにごめんね」
艶やかに微笑んでいる黒木くん。
「別に大丈夫だから」
ちょっと突っ慳貪だったかも…。
「アーヤに、頼みがあるんだ」
「頼み?」
黒木くんが私に頼み、って何だろ?
「ほら、前に出てきて」
そう声をかけたのは、なんと。
「あ…あなた、さっきの…!」
先程、私がぶつかってしまった女の子だった。
「……っ!」
その子も、相当びっくりしているよう。
「アーヤの家に、この子を泊めさせてほしいんだ」
「…え?」
この子を、うちに泊める…?
「それは…ママが許すかどうか…」
「彩?まだなの…って、どちら様かしら?」
あ…バレた…。
「あ、お母さん、すみません。実は…」
黒木くんがママに説明を始める。
「あなた、名前はなんて言うの?」
そう聞いた途端、その女の子は長い前髪を払い、真っ直ぐに私を見てきた。
その顔があらわになったとき、あるひとの面影と重なった。
「もしかして…?」
「あなた…」
背後から、黒木くんからの説明が終わったらしいママの声も聞こえてきた。
「レーア?」
「レイちゃんなの?」
その子は驚きながら名前を口にする私たちを見て、くすりとあの懐かしい笑顔を見せた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

75:光流◆gA:2018/01/04(木) 14:58 ID:Fdo

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

4,久々の再会【彩side】

すごくビックリした…。
まさか、あのレーアだったなんて!
レーアこと花沢 鈴空(はなざわ れいあ)ちゃんは、私の幼なじみ。
家が隣同士で、小さい頃から家族ぐるみで仲が良かった。
アーヤってニックネームも、レーアと一緒に付けられたんだったな。
でもレーアのお父さんが亡くなってしまい、しばらくしてお母さんが再婚することになったらしくて、お母さんの再婚と同時に引っ越しちゃったんだ。
それが、小学3年生のときの話。
それから今まで連絡を取り合うこともなかった。
黒木くんは帰り、レーアと3人でダイニングに入る。
「レイちゃん、お父さんはどう?美鈴ちゃんは元気?」
「…はい、まあ」
『美鈴ちゃん』というのは、レーアのお母さんの名前。
仲が良かったからね、お母さん同士も名前で呼び合ってた。
…それよりも。
今の質問に答えるとき、一瞬だけレーアの顔が曇ったような気がしたんだけど…。
『お父さんはどう?』って質問にはさりげなく答えてないし。
「あの…しばらく、ここに居させてくださいませんか?」
それは、唐突だった。
「え?今日は良いけど、お家に帰らないの?」
「…はい、ちょっと色々あって…」
「そう、分かったわ。でも美鈴ちゃんが心配するから…電話くらいしたほうが良いんじゃないかしら?」
「…分かりました、明日の朝になったら家に連絡します」
何か、あったのかな…?
新しい家庭で嫌なこととか…、喧嘩しちゃったとか…。
「さ、もう夜遅いから、ふたりとも寝なさい。レイちゃんは彩の部屋でいい?」
「もちろんです、ありがとうございます!」
「じゃあ、私は床に布団敷いてくるね」
必然的に、きっと私は下で寝なきゃいけないんだろうな…。
床で寝るのか…嫌だけど、でもレーアを床で寝させるわけにもいかないし!
…今回だけは、諦めよう…。
「あっ、アーヤ」
「ん、なに?」
ダイニングを項垂れながら出ようとしたら、レーアに呼び止められた。
「あたしさ、小さい頃みたいに一緒にベッドで寝たいな〜って思うんだけど、どうかな?」
そう言いながら、レーアはぱちりとウィンクをした。
『アーヤが潔癖ってことくらい、知ってるんだからね!』とでも言いたげに。
「あら、それ良いじゃない!久しぶりに再会したんだし」
私が何か言う前にママが答えた。
「ですよね〜!じゃ、決まりっ」
ということで、いつの間にかレーアと私は仲良く並んで寝ることになっていたのだった。
…別に、いいけどね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

76:光流◆gA:2018/01/04(木) 14:58 ID:Fdo

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

5,幼なじみのチカラ【彩side】

何か、隠してるような気がする…。
だって家に連絡入れてないし、作り笑顔だし。
やっぱり、おばさんとトラブルでもあったのかなぁ。
それとも…新しいお父さんと…?
「今日、休日だし遊びに行こうよ!」
レーアの声が間近で聞こえてはっと我に返る。
「え?わ、私と?」
「当たり前!おばさん、いいですか?」
嬉しいけど…ママ、許してくれるかな…。
今日も秀明あるからダメかもしれない。
「いいわね!行ったら?」
……はい?
思わず、ママの顔を見たまま静止してしまう。
そんな私に気付かないのか無視しているのか、笑顔でこうも言った。
「彩、秀明には連絡しておくから。レイちゃんもいるんだし、今日くらい楽しんできなさい」
まさか…ママが二つ返事でOKするとは。
幼なじみのチカラってすごい…。
「やったあ!おばさん、ありがとうっ!」
そう言ってにっこり笑ったレーアの顔は、陰なんかない昔の無邪気な笑顔だった。
私の、気のせいだったのかな…さっき思ったことは。
「じゃあ、準備して行こ、アーヤ!」
「あ…うん!」
取り敢えず、今日は何も考えずに楽しもうっと!
そう思ってレーアに向けて微笑んだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

77:琥珀:2018/01/04(木) 15:04 ID:ueg

おー、久しぶりに見た!懐かしい(笑)
続き期待してるよ!

78:光流◆gA:2018/01/04(木) 15:06 ID:Fdo

>>77
どうもありがと〜!
…って言っても、続き全く考えてないわ…←

79:琥珀:2018/01/04(木) 15:22 ID:ueg

>>78
大丈夫、私もだからw

80:光流◆gA:2018/01/04(木) 15:49 ID:Fdo

>>79
同じだw
まぁでも小説のクオリティーは琥珀のほうが断然高いけど

81:琥珀:2018/01/04(木) 16:03 ID:ueg

>>80
私のは糞小説だよ☆

82:光流◆gA:2018/01/04(木) 16:15 ID:Fdo

>>81
なにその悪い冗談はw
琥珀のは最高に素晴らしい小説だよ☆

83:琥珀:2018/01/04(木) 16:28 ID:ueg

>>82
いやいや、光流こそどうしたの?w
素晴らしいのは光流のでしょ?

84:光流◆gA:2018/01/04(木) 16:35 ID:Fdo

>>83
あれ…目がおかしくなっちゃったかな…見間違いかな…見間違いだよね…?
あたしの小説が素晴らしい?笑えない冗談をさっきからぶっ込んでくるね、琥珀はw

85:琥珀:2018/01/04(木) 16:47 ID:ueg

あぁ、目がおかしくなったから私の
小説が糞に見えないのかな?
光流こそ自分の小説ちゃんと確認しな?素晴らしすぎてひざまずきたくなるから。

86:怜◆to:2018/01/05(金) 22:48 ID:4k6

入らずらい会話である笑
入らないのが賢いかな?笑

87:琥珀:2018/01/05(金) 23:13 ID:ueg

>>86
ごめん笑
負けられない戦いなんだよ…っ

88:怜◆to:2018/01/06(土) 11:42 ID:4k6

>>87
負けられないんだね…
私はどっちも応援するよっ!笑

89:琥珀:2018/01/06(土) 21:38 ID:ueg

>>88
私の駄作者っぷりを見せつけないと…
中立かぁ…平和主義だね(笑)

90:怜◆to:2018/01/07(日) 17:58 ID:4k6

>>89
中立が一番平和じゃなかったりするけどね笑

91:琥珀:2018/01/07(日) 18:12 ID:ueg

>>90
あーね笑
そろそろ小説書かなきゃ…

92:怜◆to:2018/01/08(月) 11:08 ID:4k6

>>91
読む読む!

93:光流◆gA:2018/01/15(月) 17:02 ID:Fdo

>>85
あ、それ勘違い。あたしの小説が“素晴らしい”って書かれてるように見えたから、目がおかしくなっちゃったのかなって。
琥珀の小説が糞?冗談はいい加減やめて。琥珀ってば、あたしのこと馬鹿にしてるよね?だからそんなこと言えるんだよ、もう!

>>86
ごめん!
出来ればあたし側について琥珀に言い聞かせてやってほしいけど!
これは当人同士の戦いだからね…頑張る!絶対負けない!!←

94:琥珀:2018/01/16(火) 21:15 ID:ueg

>>92
ありがとー!笑

>>93
あはは、目がおかしいのは光流なんじゃない?光流の小説がどんなに素晴らしいか分かってないの?
馬鹿にしてるのは光流の方でしょ?
私が糞小説しか書けないこと知ってるじゃない笑


新着レス 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS