…*オリキャラメモ*…

葉っぱ天国 > メモ帳・作業記録 > スレ一覧 101-キーワード▼下へ
1:苺野ましろ*◆LM 何個も作ってしまってごめんなさいです…*hoge:2016/12/12(月) 23:28



小説のキャラクターの設定を書くところです…*
れす禁です(*`^´)

95:苺ましまろ*◆LM hoge:2017/08/24(木) 00:17

「桃音ちゃん、大丈夫…?」
雪帆ちゃんや他のクラスメイトが、私を心配して支えてくれた。私は力が抜けてしまった足をなんとか奮い立たせて、大丈夫だよ、と頷いて見せた。
「でも、それより赤羽さんが__」
「赤羽のことは、放っておいた方がいいと思うけど」
その中の1人が、腕を組みながら言った。
「どうして?赤羽さん、悪い人には見えないけど」
「私見ちゃったんだよね、赤羽が路地裏で変な集団と話してるところ!」
「うそ、マジで!?」
「路地裏って……完全に不良じゃんか!」
「何それ、表では優等生ぶって、そのストレス発散するために変な奴等とつるんでるってワケかー」
「何か最初っから好かなかったんだよね、あの子」
「ね、如何にも孤立しそうな性格だし、いちいち細かいから気に食わん」
みんな、勝手な想像で悪口を言い出した。何も、何も知らないのに。
自分が知っている事が全て正しいとでも思い込んでいるんだ。

私が赤羽さんを傷付けたのに、そのせいで更に赤羽さんを傷付けちゃう事になる。あんまりだよ…!
「止めて、もうそんなこと言うの止めよう?」
私は、自分を庇って欲しいんじゃないんだよ。一緒に赤羽さんを助けて欲しいんだよ。なのに、関係無い人達を巻き込みたくない気持ちも強いんだ。……本当、情けないよ、私。
「そうだよ、赤羽さんじゃない人かも知れないじゃない」
雪帆ちゃんも然り気無くフォローしてくれた。私の方を見て、苦笑いする。
「…そうだね、決め付けて悪かったよ」
ちょっと不満そうだけど、ちゃんと反省してくれたみたい。
「でも、本当に本人だったら、雪帆と桃音は何か奢れよ〜」
「え、う、うん、分かった」
雪帆ちゃんは苦笑いしながら答えた。
「桃音、分かったね?」
「りょ、了解でっす!」
「ん、いい返事だ」
あははははは、とみんなが明るく笑った。……勢いで返事したけど、私お小遣いが厳しいんだよね…。バイトでもしたいなぁ。

この一週間で、クラスも落ち着いてきた。多少グループはあるけど、基本的にはみんな仲良くて、明るいクラスだ。
……ただ、赤羽さんを除いて。
赤羽さんは、いつも教室の隅でノートに向かっている。話し掛けても無視か冷たくあしらうかの2択。これが結構、精神的にくるんだよね…

「……あ、そろそろ授業始まるね」
その時、ちょうどチャイムが鳴った。
__赤羽さんは、帰ってこないままだった。

96:苺ましまろ*◆LM:2017/08/24(木) 18:48

「絶対に絶対に許さない、汚い手使いやがって!」

私は見ず知らずの人の前なのにも関わらず、怒り狂いながら髪を引きちぎった。

だけどこんなんじゃこの怒りは収まらない。収まるわけが無い。

「そんなに大切な人だったんだ?」

「当たり前でしょ、那由は私の唯一の友達だったのに!那由だけは絶対信じて、私を理解してくれるのも那由だけだったの!」

その友達を酷い目に会わせて追い詰めたアイツらを、私は一生許さない。何しても許さない。
那由が許したとしても、死ぬまで人殺しとして孤独に生きていくことになっても。

「あの子はまだ死んでないじゃないか?
そんなに腹立つなら、いっそ君の手で復讐してやったらどうかな?」

「……復讐?」

「そう。あそこまであの子を精神的に追い詰めたんだ。少しくらい精神崩壊してもバチが当たったくらいで済むでしょ。
僕もあそこまで卑劣な人間は初めて見たよ!」

知らない人は肩を竦めて笑っていた。

「あんたは何なの?」

「僕はちょっとした魔術師さ。人間の見た目とか心をちょちょーっといじって遊んでるだけのね」

人で遊ぶ?かなりの変人なのか、正気で言ってるのか。どっちにしろヤバい奴なんだろうけど、こいつの魔術を使えばアイツらに痛い目見させてやれるかも知れない。

「その魔術、私にもやって」

「正気なのかい?僕の魔術はかなり危険だ。逆に殺されたりするかもしれないよ?」

「いいよ。私を殺したら本当の人殺しになってくれるじゃない」

「本当に心の底から憎いんだね。
分かったよ。ただ1つ__」



「この魔術に掛かったら、君はもう何も怖くなくなるんだ。
その代わり、君の人格は表に出せないし、もし親友に自分であることをバラしてしまうと、魔法は解けてしまう。

それでも君は、アイツらを叩きのめしたい?」

97:MEMO:2017/08/24(木) 20:43

「どうしてゆりねちゃんが……?」
「どうして、って。私がキュアマーガレットだからだけど。」
「うそ、どうして今まで黙ってたの!?」
「ゆりねの姿では貴方と仲がいいでしょ。だからプリキュアの時まで仲間だと思われたら迷惑だから。それだけ。」
「そんな……。やっぱりキュアマーガレットの時の記憶は残らないの?」
「ゆりねは自分がプリキュアだったことも、ハートストーンが壊れて幼い姿になってしまったことも知らない。」
「それじゃあ、キュアマーガレットの時の心はジェリーってこと?」

98:魔法戦士ばんびーな\☆/ hoge:2017/08/28(月) 16:58

私、やっぱりダメダメだ。私の勝手のせいで、赤羽さんを傷付けちゃった。優等生の赤羽さんが授業を受けないなんて、余程のことがない限りは有り得ないと思う。…やっぱり、まずかったんだ。
結局、午後の授業にも姿を見せなかった。保健室を覗く気力も無くて、校庭に出ちゃった。
「……無責任だ」
情けないよ、こんなので本当に地球を守れるのかな。
「全く、お前は自分の気持ちに気付けないのか?」
妖精さんが私の頭をぺちぺちと叩いた。
「………分かってるよ」
「じゃあ、何故赤羽の側に居てやらない?」
「……それは、」
「迷いがあるからだろ?」
……やっぱり、何もかもバレバレだね。
そうだよ、私は本当は赤羽さんの側に居てあげたいんだよ。少しでも赤羽さんの気持ちが楽になれば嬉しいから。辛いことも、苦しいことも、全部…半分背負ってあげたい。友達になりたい。
「それだけ強い意思があるのに、何故行ってあげられないのか…分かるか?」
私は無言で首を横に振る。
夕日が、校庭を橙色に染める。私の影が、長く伸びている。

私以外に誰もいない校庭の真ん中で、私は必死に涙を堪えた。……何て酷い人間なの、私。こんなにも一緒に居たいって思ってるのに、何で体が動かないの?
友達になりたいなんて嘘だから?そんなの、そんなのって…
「私に友達作る資格なんてないよ」
「はぁ………お前はとことん馬鹿なんだな。」
「……ここ、慰めるところじゃないの?」
「いいか、お前が今こうして動けないでいるのはな、お前の優しさが邪魔してるんだよ。
赤羽さんが独りで居たいって思ってたら悪いな、自分が一緒に居てあげたいって思っても、相手は必ずしも喜ぶ訳じゃないから……そういう気持ちもあるんだよ」
妖精さんは優しい表情で私の手を握った。
目に涙を溜めて、私の顔を覗き込んでくる。
「……こうやって、感情を分かち合える友達が、これからたくさん出来るよ。……お前は誰よりも人の気持ちを考えられる。」
「妖精……さん」
涙が再び溢れてくる。……妖精さんにも、私の悲しみが伝わってるのかな。……ううん、もう悲しみじゃないよ。今は、嬉しくて泣いてるんだ。

__お前は誰よりも人の気持ちを考えられる。
私は、私自身に気付かされたんだ。
妖精さんのおかげもあるけど、きっと……私自身も、本当は気付いてたんじゃないかな。
「お前は本当にいい人間だな。……お前が桃色の光で良かったよ」
「うん、うん、ありがとう…」
「もう泣くなよ、ワタシまで涙が出ちまうんだよ」
「あはは………妖精さん、私やっぱり赤羽さんのところに行くよ!」
「ああ、でもいいのか?」
「うん、もし断られたら素直に出ていくよ。相手の気持ちを尊重出来てこそだから」
「そうだな。頑張れよ」
「うん!」
生まれてから一番、「生きていて良かった」と思った瞬間だった。

私は急ぎ足で校舎に吸い込まれていった。
「……やれやれ」
妖精さんが、微笑んでくれたような気がした。


*…*…*…*…*

99:魔法戦士ばんびーな\☆/ hoge:2017/08/28(月) 16:58

「赤羽さんっ!」
保健室の戸を叩いて、勢いよく開ける。物凄い音を立てながら跳ね返ってくる戸。
「赤羽さん、具合大丈夫?」
「……桜澤さん!?」
赤羽さんは驚いた表情で起き上がった。ある程度、顔色は元に戻っていた。
「桜澤さん…どうしたのよ、もう下校時刻過ぎてるわよ?」
「えっと、その……謝りたくて、お昼のこと……」
真っ直ぐに赤羽さんの顔が見られなくて、思わず俯いてしまう。
「あの事はもういいわ。私こそ驚かせてごめんなさい」
赤羽さんは苦笑して、少しだけシーツを握り絞めた…。
その表情には、苦悶の色も少しだけ見えたんだ。
「ねぇ、赤羽さん」
「……何?」
「私ね、赤羽さんと友達になりたいんだ」
私は思い切って打ち明けた。
「この前、鍵を届けてくれたでしょ?あれ、とっても大切な物だったの。…あの時から、ずっと仲良くなりたいって思ってたんだ。
特別な何かを感じたの、赤羽さんはきっと…几帳面で真面目だけど、優しくて思いやりのある人なんだなって……」
「そ、それは最初のイメージでしょ?今は__」
「今もそうだよっ!」
「……え?」
「この1週間、ずっと話し掛けてきたよね。赤羽さんは迷惑そうにしてたけど…。でもね、それでも諦めないよ!本当に私のことが嫌いで鬱陶しいなら、私のこと殴って!」
「桜澤さん………」
「お願い、心を開いて…!」
「……止めて、もう止めてっ___」
赤羽さんの叫び声が保健室に鳴り響いた。
はっとして口を抑える。
また、感情的になっちゃった。
「桜澤さん、私……桜澤さんのことが好きなの、本当は嫌いなんかじゃないの…」
赤羽さんは蹲りながら話し出した。少しずつ声を絞り出して。
「本当はずっと仲良くなりたいって思っていたの。何回無視しても話し掛けてくれるのが嬉しくて嬉しくて。
……私には、今まで友達なんか出来たことなかったから」
赤羽さんは双眸に涙を浮かべていた。

夕日に照らされた頬に、透明の液体が伝う。まるで、彼女の心の氷が溶けたみたいだった。
「小学校では、勉強ばっかりする私は良く思われてなかったの。そのせいで何かある度に私は悪者扱いされて…
所謂いじめってやつよ。暴言暴力は日常茶飯事だった。それをずっと引き摺っていて、中学校でも友達は作らないって決めたの。
……でも、桜澤さんは違ったのよ。
どんなに冷たい相手にも、持ち味のその明るい心で、相手の心の氷を溶かしてくれる優しさがある」
「……うん」
私の目からも、再び涙が溢れてきた。
「桜澤さんほど、心の痛みを分かってくれる人は居ないわ。本当はずっと、助けて欲しいって思っていた。
今も、ずっと死ぬことばっかり考えてたくらい」
「そんな…」
「だから、まさか桜澤さんが来るなんて思わなかったわよ。本当、人騒がせなんだから」
赤羽さんはいたずらっぽく笑った。
……きっと、ここに引っ越してきたのも、そのいじめが原因なのかも知れない。

「桜澤さん、ありがとう」
「ううん、私も嬉しいよ。赤羽さん、私は絶対に友達は裏切らないんだからね!」
「言われなくても、今までのあなたの行動を見ていれば分かるわよ」
「そうかな〜」
「本当、自分がどれだけスゴい人間かって自覚ないの?」
「そんなポジティブになれないよ〜」
私は、この瞬間を忘れないよ。赤羽さんと打ち解けて、友達になれたこの瞬間を。
赤羽さんも普通の女の子だったんだ。
真面目で冷たくても、氷の奥には、暖かい心がちゃんとあったんだ。

100:魔法戦士ばんびーな\☆/:2017/08/30(水) 16:38


夕日の街に後ろ姿


主人公
浜辺みなと

赤坂昴

綾瀬七海

101:魔法戦士ばんびーな\☆/:2017/08/30(水) 16:42


人に流されやすくてでネガティブ思考の浜辺みなと(中学二年性)は夕日がきれいだと評判の赤凪町に住んでいる。
小学校の時に大好きだった赤坂昴が、隣の中学校から転校してくる。

前の学校で問題を起こした不良と噂されている中、みなとだけは昴を信じて優しく接する。
昴は大人びていて、いたずらばっかりだった小学生の頃の面影はなかった。
 

102:魔法戦士ばんびーな\☆/◆N2:2017/08/30(水) 16:48


小学生の時、昴が両親を亡くしていることを唯一知っていたみなとは、そのことが関係しているのか考える。
思い切って訊ねて見るも、つっけんどんにされてしまう。嫌われたと思ったみなとは家で泣く、

次の日、昴が体育中に怪我をする。その時バドミントン部の綾瀬七海が保健室に連れていくところを見たみなとは、何故かもやもやした気分になる。

綾瀬ななみは大人しくたまに話すくらいの仲で、クラスでも1人でいることが多い。

103:栗花落くれは:2017/09/02(土) 16:30

少女の名前は、櫻澤桃音。今日から中学1年生になる。
長い紅茶色のツインテールが特徴的で、日本人なのにも関わらず瞳は鮮やかな緑色をしている。

桃音は心底嬉しそうに制服を抱き締めた。
小学4年生の頃からずっと憧れてきた私立青空学園に入学出来ることになったのだ。小学校生活最後の2年半を全て受験勉強に費やしたおかげか、勉強が苦手な桃音でも合格することが出来た。
よく通学路で見掛けていた綺麗で素敵なお姉さん達の姿が脳裏に浮かんでくる。友達に訊いてすぐに青空学園の生徒だって分かった時から、毎日ずっと勉強漬けの毎日だった。
大好きだったお稽古は全部止めて塾オンリーになり、高学年は勉強の思い出以外は思い浮かばない。

「叶うまで努力し続ければ叶うって、お父さんの言ってたことは本当だったよ」
桃音は微笑む男性の写真の前で、笑いながら手を合わせた。
一筋の光る涙が頬を伝って流れ落ちた。

104:さくまっちょ:2017/09/04(月) 18:48

「この力を手に入れたら、君は全く別の人物の姿になり、もう何も怖くなくなるんだ。
その代わり、君の本来の人格は表に出せないし、家族にも自分として会うことは出来なくなる。
それに、もし親友に自分であることをバラしてしまうと、魔法は解けてしまう。そうしたら親友が更に追い詰められてしまうだろうし、家族や親友の信頼も失うかもしれない。

それでも君は、アイツらを叩きのめしたい?」


 

105:さくまっちょ:2017/09/05(火) 18:20


背景色(bgcolor)

ffe5f2

カラーコード(例:000000)で指定してください。
背景画像(background)

http://

※背景色(bgcolor)より背景画像(background)の指定が優先されます。
文字色

ff33ff

カラーコード(例:000000)で指定してください。
リンク〔訪問前〕

ff99ff

カラーコード(例:000000)で指定してください。
リンク〔訪問済〕

cc99ff

vlinkの指定です。
カラーコード(例:000000)で指定してください。
リンク〔マウスオーバー〕

99ffff

106:さくまっちょ:2017/09/06(水) 03:49


赤色の光ver.

背景
ffe5e5

文字色
ff7fbf

107:さくまっちょ:2017/09/06(水) 03:52


黄色、橙色の光ver.

背景
ffffe5

文字色
ffad5b

108:さくまっちょ:2017/09/06(水) 03:54


緑色の光ver.

背景
f2ffe5

文字色
7fffbf

109:さくら苺*◆LM:2017/09/07(木) 04:09


ほしいものがある。

SWIMMERで。

*まじかるパスケース
*クリームのタンブラー
*おべんとばこ
*ばんそこいれる袋
*きんちゃく
*ますく*******

めんどくさくなった…。


朝寝ましろちゃんのTシャツもほしい。

110:苺ましまろ*◆LM hoge:2017/09/10(日) 05:41


「桃音、どうして今まで全部黙ってたんだよ!?」
檸檬ちゃんが私の手を強引に引っ張った。すごく痛かったけど、こんな痛みなんて心の痛みに比べたら大したことない。「ごめんなさい、ごめんなさい!許して、本当にごめんなさい!!」
「檸檬、無理矢理聞き出そうなんて駄目だよ。私達だって辛い時あったでしょ?」
「そんなの分かってるよ!!だけど桃音だって興味半分に訊いてきたことあっただろ!?」
「そんな言い方ないよ……!!」
「ちょっと2人とも、ただでさえ桃音が落ち込んでるって言う時に……!」
「紅だって嫌な時くらいあっただろ!?」
「確かに__嫌な時はあったけど!」
ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。

私のせいで、皆がばらばらになっちゃう。せっかく光の戦士としても、クラスメイトとしても、|仲間《友達》になれたのに。
「だからあなたはいつも__桃音?」
「ごめんね、ごめんね。
くーちゃんも、檸檬ちゃんも、蜜柑ちゃんも。私が1人で戦いたくないからって、強引に相談に乗って、仲間になってくれたら1人で舞い上がって……」
「桃音?」
「皆の光の能力、私が全部貰えちゃえば良いのにね。
……ごめんなさい。本当にごめんなさい。」

111:苺ましまろ*◆LM hoge:2017/09/10(日) 05:49


「ねえ、答えてよ、青葉ちゃん!
私の下駄箱に入ってたあの紙、青葉ちゃんが自主的に書いたんじゃないよね!?真弓ちゃん達にお願いされたから書いたんだよね!?」
私が必死に問い掛けても、青葉ちゃんは動かないままだった。顔も上げないで、何も言ってくれない。
「だってあの写真、あんなに泣いてたよ……?私の事が嫌いなら、もっと嬉しそうに書くはずだよ!?
私が傷付いて悲しむ顔、見たいって思うはずだもん!」
青葉ちゃんの身体が少しだけ揺れた気がした。
「ねぇ、本当の事を話して__」
「そうだよ、真弓ちゃん達に桃音ちゃんに嫌がらせをするように命令してたの、私だよ」
青葉ちゃんは無表情で呟くように言った。
だけど、それが私にとってどれだけ大きな告白だったか、私以外の人には想像出来ないと思う。それくらいショックで、大きな衝撃だった。
「……え?」
「NO」の答えしか想像していなかった。「YES」なんて、これっぽっちも期待していなかった。
「私の意思で書いたの。こんなに言っても分からないの?いい加減現実を認めなよ、私は桃音ちゃんの事が大っ嫌いで、あの紙を書いたのも私の意思。泣いてたのは仕事の関係の事だから」
「そんな、だって……」
「仲良くしてあげてたのは、ネット上でいじめの事が噂されないように、それだけ。
桃音ちゃんのせいで私の夢が壊れるなんて最悪だもん」
 

112:苺ましまろ*◆LM hoge:2017/09/10(日) 05:59


うーん、いい朝!こんなに気持ちいい朝は何年振りだろう。
天気は曇りだけど、私の頭の中は快晴!!
「こんなに曇ってるのに随分嬉しそうだな」
妖精さんも心なしか嬉しそうに見える。
「だって、赤羽さんが光になったんだよ!仲間が増えたんだから!!」
「まだ何の説明もしてないけどな」
「これからは本当の友達になれるように頑張るんだ!」
気合を入れて、もっともっと__仲良くなりたい。
辛い戦いに直面しても、一緒に支え合って立ち向かえるような、そんな関係に。
「おい、それよりももう家出た方が良いんじゃないか?」

…………。



案の定、始業ギリギリで教室に滑り込んだ私は、盛大にコケつつも何とか席に着いた。膝に擦り傷が出来たけどね。案外痛いんだよね、これが。
「おはよ〜」
担任の先生が教室に入って来る。それから、気のせいか横目で廊下の方を見たような気がした。
「今日は転校生が来ているんだ」
驚きの衝撃発言に、クラス中がざわめき出す。
「こんな中途半端な時期に?」
「ちょっと不自然だよね…」
みんな口々に驚きの声を上げている。
確かに、新学期が始まって1ヶ月も経ってないこんな時期に、もう転校生が来るなんて不自然だよね。1年生なんだから、入学式前に転校してくれば苦労無くクラスに馴染めただろうに。
何か事情でもあるのかもしれないけど、明らかにおかしいよねぇ。

「静かに!私も昨日いきなり聞いてびっくりしたんだよ……こんなこと滅多に有り得ない事なんだけど」
ふおう、やっぱり何か訳アリっぽい?

「入ってこい、浅黄」
へえ、浅黄さんって言うん__
「……えっ?」
「ど、どういうこと?」
「嘘でしょ、初めて見るんだけど……」
クラス中のざわめきが一層大きくなった。
……だけど、驚くのも仕方ない、よね。
だって、だって、浅黄さんは__

「浅黄檸檬と、浅黄蜜柑だ。こんな時期に転校してきて上手く馴染めないと思うから、仲良くしてやってくれ」
『……よろしく、お願いします』
__双子だったんだ。

113:苺ましまろ*◆LM:2017/10/18(水) 19:17


浅黄れもん .

114:苺ましまろ*◆LM:2017/10/20(金) 18:42

私の昔のこと、なにも知らないくせに。
私が髪の毛染めたところも、私が黒髪だったところも見てないくせに!
何も何も知らないくせに、勝手に決め付けないで。
見た目だけで、性格とか人間性まで決め付けないで。
お母さんを傷付けないで。
自分が思ったり知ってることが全てだと思うな。



桃音

115:苺ましまろ*◆LM:2017/10/20(金) 19:56


注射器

中身 ピンク ラメ 星とハートのホログラム
ピンクのリボン結んで、結び目にハートのストーン
注射口に星のビーズ

リボンとハートのキラキラをセリアに行ったら買う。
キャンドゥで白い注射器を買ったら、白も作る。

116:苺ましまろ*◆LM:2017/10/21(土) 14:23


>>115黒いゴムの部分を取る.


コルク瓶をホルマリン漬けみたいな置物にしたい😆
小さいパーツを探す。うさぎでもなんでもいいから…。

117:苺ましまろ*◆LM:2017/10/23(月) 16:25


葉っぱ物語


ましろ
丸い目.まつ毛は少なめ
ピンク色のツインテール、たまにおだんご、ちょっとウェーブ
右が紫、左が青のリボンの髪飾り

時雨さん
ちょっとつり目気味.
水色のポニーテール(ちょっと左側にズレてる)、基本的にストレート
髪飾りはなし。

柊さん
たれ気味で切れ長の目.
灰色っぽい緑?のストレートロング/サイドテール
髪飾りはなし、たまに簪とか。

桜庭先輩
つり目かたれ目(未定)
紫色で時雨さんより短めのポニーテール、たまにお下げ
髪飾りはなし、たまにピン留め

結城先輩
つり目、
朱色に近いすもも色で短いポニーテール
髪飾りはなし

加藤先輩
まるくて大きめの目
オレンジ色でミディアム.
髪飾りは手作りのくるみボタンがついたパッチンどめ


切れ長のつり目
暗い水色で天然パーマ、ロング
髪飾りはなし。

怜音
くまがあるだるそうな感じの目.
藍色でショートヘア
髪飾りはなし。

柳澤先輩
まる気味のたれ目.おっとり系?
黄色の髪で横結び、たまにみつあみ
髪飾りはマーガレットっぽい花

小村先輩
ノーマルな目(?)
明るい緑色でお下げ、背中くらいまで
(二学期中間くらいから、バッサリ切る)

徒花さん
丸い目、ちょいつり気味
暗めの紫色で、サイドテール。
髪飾りはなし。

118:苺ましまろ*◆LM:2017/10/29(日) 23:31


死んだように眠る.

119:苺ましまろ*◆LM:2017/11/03(金) 01:47

「そうか……なあ、桜澤」
鳳先生の足が止まる。私は振り返って鳳先生の表情を見た。酷く悲しそうな表情だった…。
「鳳先生……?」
「赤羽と仲良くしてやってな」
「もちろんですよ!?さっきも色々話して、仲良くなりましたから!」
鳳先生はちょっと驚いた表情を見せて、
「それ、そうか。それなら…良かった」
すぐに優しい表情に戻った。そっか、鳳先生も孤立しつつある赤羽さんが心配だったんだね。いい先生だよね。

120:苺ましまろ*◆LM:2017/11/03(金) 01:47

「……桜澤にでも心を開いてくれたならそれで良かったよ」
「もしかして、先生はまだ赤羽さんと上手く打ち解けてないんですか?」
凰先生は一瞬驚いたように目を見開いて、すぐに目を閉じた。そして自嘲気味に鼻で笑う。
「………まあな。これじゃ教師として失格だよな」
「そんな、私だってさっき話せたばっかりだし、これからは先生とも話せるようになると思います!」
「そうか……。でも、赤羽はそう簡単には心を開いてくれないだろうな」
「…え?」
私は凰先生の泣き出しそうなその声に反応した。弱々しく震えているんだ。
「生徒に何言ってるんだ、私は……とりあえず保健室行くぞ」
「えぇ!?」

121:ふかせ ましろ◆LM おいらはMr.ANTI:2017/11/19(日) 18:05

66:たんぽぽのように強い魔法少女:2017/07/25(火) 19:29

…*魔法少女mirai*7/~*…


青空学園入学式 桃音変身

紅が桃音のミラクルキーを拾う、紅が光だと分かったので観察(ストーカーかい😓)

紅が不良だと噂が流れる、紅が朱と対面して変身

紅は妹を傷付けていたことを知り、つぐなうために光を認める。桃音に心を開き、過去を簡潔に話す。

転校生は双子、浅黄檸檬と浅黄蜜柑。(ケンカばっかり🍋🍊)

桃音に声が聞こえる。二つの光で成り立つ妖精の声。

檸檬と蜜柑がわざと仲が悪いように見せていることを知り、説得して過去を聞く。現実から逃げないと決意する。

檸檬と蜜柑、たまたま桃紅の変身を見てしまう。(妖精が生まれたため、結界の中に入ることが出来た)

檸檬蜜柑変身。現実から逃げないと決めてたため、躊躇いつつも認める。

芸能人のあおばの個人情報が流出。桃音は親友の青葉がアイドルだと知る。
あおばの写真の中に、大量に「しね」と書かれた紙の中でペンを動かす青葉の写真が(過去に桃音のロッカーに入っていた紙だったので、桃音は大ショック。)

苺と林檎が帰宅中の檸檬と蜜柑を襲う。2人は苦戦し、檸檬が蜜柑を庇って右脚を負傷(捻挫で済む)。
過去に同じようなことがあり、蜜柑がパニックになる。檸檬は庇ったことを後悔するが、そうしなければ蜜柑が怪我をしていたから、どっちが正解なのか迷う。密かに自傷(この時点では、カッターを握るところまで)

紅の塾の友達が、最近おかしいという。引きこもってしまい、塾にも学校にも行かず、外にもろくに出ていないらしい。
話を聞くために紅が自宅に訪れるも、会いたくないと帰される。
紅は関係ない桃音たちを巻き込むのは、桃音たちにも翡翠にも悪いと感じ、自分だけで解決しようと誓う。

桃音は勉強が苦しいので塾に入る。そこで幼なじみのしゅーちゃんに何年かぶりに出会う(しゅうこも桃音も受験だった)。
ひどく痩せていて、制服も着ていない。
ここで翡翠の存在を知り、桃音は一緒に助けてあげようという。

翡翠が突然やってくる。桃音が話しかけるも、怯えて声が出なくなる。桃音が謝ると、情けない気持ちに負けて逃げてしまう翡翠。
その先に闇さんが待っていて、翡翠は必死に逃げる。
桃音と紅は塾で、檸檬と蜜柑は家事をしていたので、それには気が付かない。結界も貼られていない。
そこに妖精がやってきて翡翠は強制的に変身。戸惑うもそこで妖精が結界を張り、なんとか桃紅黄が助ける。
間一髪で助けられた翡翠は、受け入れずにまた引きこもってしまう。



前半終わり

122:ふかせ ましろ◆LM おいらはMr.ANTI:2017/11/20(月) 20:02


公園みたいなところに、小学生くらいの子の特別支援学校があって、小さい子供がわぁって出てきた。
その隣にある和風の旅館みたいなたてものにお母さんといって、入る時にお母さんと分かれて1人で入った。

何人かの大人の男の人に案内されてる途中で、腰あたりの高さを鎌鼬みたいな風が横切って、1人の男の人がぐちゃって死んじゃった。
ほかの男の人と逃げてて、2回目の鎌鼬が私の真後ろに迫ってて、あ、死んじゃうって振り返ったところを、2人の若い男の人が前に飛び出してきて、私をかばってくれて、その2人はぐちゃって音を立てて肉塊に。その時の2人の顔と音は鮮明に覚えてる。
それからボスみたいな背が高くてむきむきのカッコいい男の人が、四つん這いであそこの部屋に逃げようって言って、残った3人くらいの男の人たちと四つん這いで、突き当たりの部屋に入った。
怖いよー怖いよーっ手震えてると、中にいた超絶美人なお姉さんが、一体何なのかしらって言って、とりあえず部屋から出るのは危険だから、今日はこの部屋で過ごそうってことになって、夜は部屋でみんなで寝た。

次の朝、私はその建物の主のおばあさんに会って、何かを話した。
おばあさんが鎌鼬を起こしてたって言って、私は殺されると思って震えたら、あなたは殺さないって言われた。
なんでこんなことするのか訊くと、何故か私は大切なお嬢様で、その私をちゃんも守れるかテストするためらしくて。
守れても死んじゃったら意味ないよって泣いた。
そこからは曖昧。


男の人はみんなやくざっぽい黒スーツとかでカッコよかったのは、多分セーラー服と機関銃で、私がお嬢様だったのは、この前のカウンセリングで先生に言われたことが影響してたんだと思う。
私をかばって死んだ二人と、ボスが超絶かっこよくて、本当に居たら惚れてたのかなって思った。
既にもう好きになってるかも。(*'-'*)
ほんとに感動した、あの2人、本当にあ りがとう😭

123:苺ましまろ*◆LM:2017/11/29(水) 01:15


なんなの、あなた達も私に言いがかりしようってわけなの!?
言っとくけど、私はあなた達が思っているような人じゃないわ。
あなた達の中の私のイメージがどんなものかは大体予想出来るもの。
どうせ、お金持ちだからって何の苦労もしないで、両親に甘やかされて育って、欲しい物はすぐに手に入って、努力をしなくても好成績を取れて、謙虚なフリして本当は心の中で他人を見下してる__そう思ってるんでしょ!
私はそんなんじゃないわ、勝手なイメージで私を全否定しないで!
本当はお金持ちのせいで苦労しかないのよ!
仕事で忙しい両親には邪魔者扱いされて、何年も貯めてきたお年玉でいい万年筆を買っただけで冷たい目で見られて、いい点数を取らないと怒鳴られるから一所懸命、死ぬ気で勉強して、他人から自慢だの見下してるだの言われるから、それを恐れて否定してるのに、空回りしてまた悪口を言われて!
何なのよ、私は生きたいように生きちゃダメなの!?本当はみんなと仲良くしたいと思ってるのに、家が大きいから、親が偉い人だからってどうして私まで……!!
お金は生きていくのに必要なものだし、大切なものだってことはちゃんと分かってるわ。
でも、そんなの必要最低限でいい!こんなになくてもいい!
このせいで私に友達が出来ないなら、貧しい国に全部送ってやりたいわ。
そうよ、そっちの方がいいじゃない。そうすればたくさんの命を救えるし、私だって__
とにかく、私をそんな目で見ないで。
本当の私を知らないくせに、勝手なイメージだけで性格まで決め付けないで。

124:苺ましまろ*◆LM:2017/11/29(水) 01:22


>>33


そのとき、ちょうど向かい側の道を、同じ年くらいの女の子ふたりが歩いているのが見えた。1人は髪を茶色に染めていて、更に縦に巻いていてとてもおしゃれな雰囲気。もう1人は短い黒髪を巻いている。何となくだけど、その二人にみおぼえがあった。
うーんと、誰だったっけ?
「ねえくーちゃん、あの二人どこかで__」
私は一緒に歩いていたクーちゃんの顔を見た。
「……くー、ちゃん?」
くーちゃんのその横顔は、まるで殺人鬼に出会したそれだった。完全に見ている何かに怯えている。
「桃音、あいつら……お母さんの手紙を捨てた奴らだ………!」
くーちゃんは楽しそうに談笑する二人を指差しながらそう言った。いつものしっかりとしていて落ち着いた声とは違う、震えていて弱々しい声だった。


「……あ」
「え、あなた……、うそ」
「どうしたの、くーちゃん……」
「桃音、あいつ……」
「お母さんの手紙を捨てた子」
「え……!?」
あの子が、くーちゃんの大事な大事な手紙を捨てた__
つまり、くーちゃんをいじめてたのも、あの子ってこと__

125:苺ましまろ*◆LM:2017/12/02(土) 23:35


「……え」
柵の上に上に顔を突き出して、校庭を見下ろす。
遥か遠くにある緑色のコンクリートに、汚い塊がボトリと落ちていた。
何あれ、誰か土でも零したの?ちゃんと掃除してから帰れよ。
……あれ、待って。さっきまで隣に居た百合ちゃんはどこ行ったの?
あ、教師でも呼びに行ったのかな。馬鹿だなぁ、このことを言ってもまた揉み消されるに決まってるじゃん。
……あれ、待って。ここに連れてこられた時、鍵閉められて逃げられなくされたじゃん。鍵は里見が持ってたよな。

「……!!!」
もう1度校庭に落ちてる黒い塊を見下ろす。よく見ると塊の真ん中に、小さな白が見える。
あれは、あれは……人、人だ。顔は真っ白だ。白いシャツの大半が赤黒く染まってる。あぁ、腹辺りが千切れて、中身が丸見えになってる。あのオレンジのウニみたいなのは何だ。あ、あの赤い固まりは?骨まで見えてる。目、目、目玉も潰れて、閉じられた瞼の隙間から飛び出してるよ。口みたいなところから細長い何がが見える。頭も割れてるよ、長い、長いポニーテールの付け根が抉れてる。
あ、あ、あれは__
「百合、ちゃん……?」

どうしてそんな格好してるの?私を驚かせたかったんならもう起き上がりなよ、充分びっくりしたからさ……。
何でそんな汚くなっちゃったんだよ、リアル過ぎて吐きそうなくらいなんだけど。
早く起き上がりなよ。

126:苺ましまろ*◆LM:2017/12/02(土) 23:38


ドラマとかでは頭からちょっと血が出たりしてただけじゃん。何で頭みたいなところから放射状に肉片が飛び散ってるんだよ。顔のところ真っ赤じゃん。穴みたいなのも空いてるし。
どうしちゃったの、何で百合ちゃんが!

127:苺ましまろ*◆LM:2017/12/08(金) 14:22


ピンクと水色と白 ハートのキャンディ
ピンクっぽい紫と水色のマーブル マカロン
ハートのマカロン
ハートのオールドファッション いちご
パステルカラーのダイソーの樹脂粘土 マカロン
ちいさいお弁当 メンヘラチャンかふぇのおにぎり
アイシングクッキー

128:苺ましまろ*◆LM:2017/12/08(金) 14:23


ケーキポップス ハート まる うさぎ
パンケーキ べりー
スイマーのクリームソーダ レジンで作り直す

129:苺ましまろ*◆LM:2017/12/08(金) 14:32


>>127-128
必要なもの

*蛍光ペンピンクorダイソーのプリンターインク マゼンタ
*おゆまるor型どり剤orセリアの型どり剤
*モデナペースト
*パステルカラーのダイソーのねんど ピンク緑黄色むらさき
*小さいお弁当箱
*七本針
*クッキー型 まる、小さいハート
*ケーキポップス用の棒
*パフェカップダイソー
*NRクリアカラー なければプリンターインク

130:苺ましまろ*◆LM:2017/12/08(金) 23:36


965 苺ましまろ*◆LM:2017/12/08(金) 23:33

あなたのそばに居ることを、永遠に誓います。

966 苺ましまろ*◆LM:2017/12/08(金) 23:33

一人になんかさせないよ

967 苺ましまろ*◆LM:2017/12/08(金) 23:35

私のこと、創り出してくれて、ありがとう。

書き込む 名前
苺ましまろ*#かなこ
メモ

131:苺ましまろ*◆LM:2017/12/10(日) 16:43


万華鏡
スノードーム

132:苺ましまろ*◆06:2017/12/19(火) 05:06



緑色の光



「な、何なの、何なの、どうしてそんなに私の事を痛めつけるの!?」
私はもう訳が分からなくなって、一心不乱に逃げ回った。
普段は人でごった返しているこの道も、今は誰も歩いていない。まるで齋藤さんが、私を追い掛ける為にこうしてるみたい……。
「待ってよヒキコモリちゃん。」
「その呼び方は辞めて!」
もう聞きたくない! あなたのせいでそうなったのよ、と言いたいのに、言えない。
「辞めてください!!」
耳を塞ぎながら、脚を必死に動かした。

133:苺ましまろ*◆06:2017/12/21(木) 05:40


ついか


檸檬闇に染まる☞黄色と橙色の妖精さんが眠ってしまう☞妖精さんからの説明(闇に染まった原因、妖精や光のことについて)☞檸檬は心のケアをするために病院へ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

緑の光

134:苺ましまろ*◆LM:2017/12/21(木) 21:19

駆け出しの占い館

泣き虫ピエロと笑顔のクラウン

海底の住人

135:苺ましまろ*◆LM hoge:2017/12/22(金) 04:46

https://i.imgur.com/VQOgo5R.jpg
てすと

136:苺ましまろ*◆LM hoge:2017/12/22(金) 04:49


悲壮のアイロニー

137:苺ましまろ*◆LM hoge:2017/12/22(金) 04:51


「檸檬。私に隠してる事、ない?」
「は、そんなのねぇよ。昔っから私と蜜柑は隠し事なんてしてこなかったじゃねーか。」
「よくそんな事が言えるわね。」
「な、何……」
「檸檬、私に隠してるじゃない! その、腕!!」
思わず左腕を隠す。
「なっ……!」
心臓がバクバクと跳ね踊る。

138:苺ましまろ*◆LM:2017/12/22(金) 21:26


魔法戦士♡ばんびーな

主人公自殺

目が覚めたら飛べる能力

神様に使命をもらうけど反発

「本当の自分」を呼び覚まされる

もし使命を果たさないなら本当の自分に乗っ取らせると脅され、仕方なく指名を果たす

使命は 星のかけらをすべて集めること。

星のかけらは全部で--個。

139:苺ましまろ*◆LM:2017/12/23(土) 07:34


당신은 누구입니까?
이곳은 어디입니까!?

140:苺ましまろ*◆LM:2017/12/23(土) 07:35


나는 누구야?

141:苺ましまろ*◆LM:2017/12/23(土) 09:22

https://i.imgur.com/5Pou1QE.jpg

てすと

142:苺ましまろ*◆LM:2017/12/23(土) 09:22

https://i.imgur.com/0ejdARj.jpg

てすお

143:苺ましまろ*◆LM:2017/12/23(土) 09:22

https://i.imgur.com/EMOIb8K.jpg

てすと

144:苺ましまろ*◆LM:2017/12/23(土) 09:23

https://i.imgur.com/TVrFAXz.jpg

てすと


新着レス 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS