はなばな 

葉っぱ天国 > メモ帳・作業記録 > スレ一覧 1- 101- 201- 301-キーワード▼下へ
1:  :2018/04/03(火) 11:16



  朝日のはなばなとさし上がるほどに / きっと、れすきんしてる。

 

348: 飴玉 ◆ejLk. hoge:2018/09/20(木) 19:28





   敷島の 大和心を 人問はば
     朝日に匂ふ 山桜花

        ❀✿❀


       >>0002
       >>0003
       >>0004



 

349: 飴玉 ◆ejLk. hoge:2018/09/20(木) 19:28





   敷島の 大和心を 人問はば
     朝日に匂ふ 山桜花

        ❀✿❀


     >>0002-0004



 

350: 飴玉 ◆ejLk. hoge:2018/09/20(木) 19:29





   敷島の 大和心を 人問はば
     朝日に匂ふ 山桜花

        ❀✿❀


      >>0002-0004



 

351: 飴玉 ◆ejLk. hoge:2018/09/20(木) 19:29





   敷島の 大和心を 人問はば
     朝日に匂ふ 山桜花

       ❀ ✿ ❀


      >>0002-0004



 

352: 飴玉 ◆ejLk. hoge:2018/09/20(木) 19:29





   敷島の 大和心を 人問はば
     朝日に匂ふ 山桜花

       ❀ ✿ ❀

      >>0002-0004



 

353: 飴玉 ◆ejLk. hoge:2018/09/20(木) 21:09




 空気も美味しいし、お医者様方は優しくして下さるし、苦しみを分かち合えるお友達も出来ました。ただ、この病気がなければ。ここまでして頂いてこんなこと思うなんて、図々しいって、間違ってるって、わかってるのに。( 桜の散る季節、両親に宛てた少女の手紙より )


世の中には奇病というものがある。
 

354:   hoge:2018/09/21(金) 12:29





―― 空気も美味しいし、お医者様方は優しくして下さるし、苦しみを分かち合えるお友達も出来ました。ただ、この病気がなければ。ここまでして頂いてこんなこと思うなんて、図々しいって、間違ってるって、わかってるのに。( 桜の散る季節、両親に宛てた少女の手紙より )



 

355:   hoge:2018/09/21(金) 15:23





  「 世の中には奇病というものがあるの。ほら、あたくしの抱えてるこれも、そのひとつ。―― 今日、お隣さんが亡くなられたんだけど、とても美しい最期だったわ。まるで、桜みたいだった 」

  奇病を患う者が行き着く、ひとつの病院。町の離れ、山の林の中に佇む館。そこでの静かで、どこか物悲しいようなお話。



  Rule / 酉安価ロル必須。ロルは80~が望ましい。世界観保ちつつ自由に。場合によってはお断り有。

  Cast / 患者と病院で働く職員。どちらも人数制限無。病院の職員も程度は違えど軽い奇病を患っている者が殆ど。なぜこの病院にやってきたか、理由は様々。奇跡的に回復しない限り、大抵の患者はここで最期までの時を過ごすことになる。患者は病院の敷地内は基本自由に移動できるが、外に出るときには医者の許可と職員の同行が必要。

  Disease / 実在するものでも創作でも。進行すると精神に害をきたしたり、死に至ったり、色々。殆どが原因・治療法不明。患っている代わりに不思議な力を使える者もいるとか。

  Stage / 三階建て、通路は無機質な白壁ではなく板張り。一階は生活に必要なところだったり、食堂や図書室、院内学級だったり。二、三階が病室と泊り込み用の部屋。一人ひとりに個室有、内装は御自由にどうぞ。お庭は季節の移ろいが鮮やかに見える。敷地のお外、林の中の道を下ったところには大抵のものは揃う普通の町が広がる。



 

356:   hoge:2018/09/21(金) 15:30





  ❀ 「 初対面の人に向けて御挨拶 」


 名前 : 和名推奨

 性別 :
 年齢 : 12~

 性格 :

 容姿 :

 備考 : 入院患者か職員か教えてね。患者さんは病室も。

 奇病 :




 ✿ / 質問等あればご遠慮なくどうぞ。それではレス解禁、



 

357:   hoge:2018/09/21(金) 15:35





  「 世の中には奇病というものがあるの。ほら、あたくしの抱えてるこれも、そのひとつ。―― 今日、お隣さんが亡くなられたんだけど、とても美しい最期だったわ。まるで、桜みたいだった 」

  奇病を患う者が行き着く、ひとつの病院。町の離れ、山の林の中に佇む館。そこでの静かで、どこか物悲しいようなお話。


    ❀


  Rule / 酉安価ロル必須。ロルは80~が望ましい。世界観保ちつつ自由に。場合によってはお断り有。人数制限無だが、バランスを見つつどちらかの役を制限したりはするかもしれない。

  Cast / 入院患者と病院で働く職員。病院の職員も程度は違えど軽い奇病を患っている者が殆ど。なぜこの病院にやってきたか、理由は様々。奇跡的に回復しない限り、大抵の患者はここで最期までの時を過ごすことになる。患者は病院の敷地内は基本自由に移動できるが、外に出るときには医者の許可と職員の同行が必要。

  Disease / 実在するものでも創作でも。進行すると精神に害をきたしたり、死に至ったり、色々。殆どが原因・治療法不明。患っている代わりに不思議な力を使える者もいるとか。

  Stage / 三階建て、通路は無機質な白壁ではなく板張り。一階は生活に必要なところだったり、食堂や図書室、院内学級だったり。二階と三階の半分が病室、三階の残りは職員の部屋。入院患者と職員は寝食を共にする。一人ひとりに個室有、内装は御自由にどうぞ。お庭は季節の移ろいが鮮やかに見える。敷地のお外、林の中の道を下ったところには大抵のものは揃う普通の町が広がる。



 

358:   hoge:2018/09/21(金) 16:01





   久方の 光のどけき 春の日に
     静心なく 花の散るらむ

       ❀ ✿ ❀

       >>0002-0004



 

359:   hoge:2018/09/21(金) 16:02





   久方の 光のどけき 春の日に
     静心なく 花の散るらむ

        ❀ ✿ ❀

       >>0002-0004



 

360:  ◆M. hoge:2018/09/21(金) 21:16




  ❀ 「  」


 名前 : 小路

 性別 : ♀
 年齢 : 三十路は若いって言ってよ、!

 性格 : 

 容姿 :

 備考 : 院内学級の先生。

 奇病 : 人とか物を愛しく思う程、声が機械的になってしまう病気。ほら、テレビとかである、プライバシー保護の為の音声加工みたいな声。蜂蜜を舐めたら進行が遅くなるらしいけど、太っちゃうんだよね、ううーん。


 

361:  ◆M. hoge:2018/09/21(金) 21:25




  ❀ 「  」


 名前 : 越路 椿( こしじ つばき )

 性別 : おばさんではありません、おねえさんです
 年齢 : 三十路は若いって言ってよ、!

 性格 : 

 容姿 :

 備考 : 院内学級の先生。色々な支援学校に行ってみたけど、やっぱり同じ境遇の子供達に元気をあげられる人になりたいなあと思って、病院に雇ってもらってる。

 奇病 : 人とか物を愛しく思う程、声が機械的になってしまう病気。ほら、テレビとかである、プライバシー保護の為の音声加工みたいな声。蜂蜜を舐めたら進行が遅くなるらしいけど、太っちゃうんだよね、ううーん。病気は結構進行してる。機械的になるだけで、特に害はない。逆にどんどん喉の負担が抜けてっちゃう気がする。


 

362:  ◆M. hoge:2018/09/21(金) 21:37




  ❀ 「 こんな声でごめんなさいね。わたし、越路椿。ここの院内学級の先生させてもらってるの。椿、だなんて病院ではちょっと縁起が悪いかもしれないけど、ぼてっと落ちるのって潔くて… 清潔のケツって感じ、しない? 」


 名前 : 越路 椿( こしじ つばき )

 性別 : おばさんではありません、おねえさんです
 年齢 : 三十路は若いって言ってよ、!

 性格 : 控えめで、やわらかな感じ。芯があって、ふふふって笑うの。

 容姿 : 黒髪は太めで、艶がある。ばっさりショート、耳にかかるくらい。前髪は短めで、すっとした眉が見える。太ってるんじゃないよ、骨太なの。これ本当。身体は丈夫で風邪は引かないんだけれど、奇病はある。

 備考 : 一人称はわたし、二人称は院内学級の先生。色々な支援学校に行ってみたけど、やっぱり同じ境遇の子供達に元気をあげられる人になりたいなあと思って、病院に雇ってもらってる。

 奇病 : 人とか物を愛しく思う程、声が機械的になってしまう病気。ほら、テレビとかである、プライバシー保護の為の音声加工みたいな声。蜂蜜を舐めたら進行が遅くなるらしいけど、太っちゃうんだよね、ううーん。病気は結構進行してる。機械的になるだけで、特に害はない。逆にどんどん喉の負担が抜けてっちゃう気がする。


 

363:  ◆M. hoge:2018/09/21(金) 21:38




  ❀ 「 こんな声でごめんね。わたし、越路椿。ここの院内学級の先生させてもらってるの。椿、だなんて病院ではちょっと縁起が悪いかもしれないけど、ぼてっと落ちるのって潔くて… 清潔のケツって感じ、しないかな? 」


 名前 : 越路 椿( こしじ つばき )

 性別 : おばさんではありません、おねえさんです
 年齢 : 三十路は若いって言ってよ、!

 性格 : 控えめで、やわらかな感じ。芯があって、ふふふって笑うの。

 容姿 : 黒髪は太めで、艶がある。ばっさりショート、耳にかかるくらい。前髪は短めで、すっとした眉が見える。太ってるんじゃないよ、骨太なの。これ本当。身体は丈夫で風邪は引かないんだけれど、奇病はある。

 備考 : 一人称はわたし、二人称は院内学級の先生。色々な支援学校に行ってみたけど、やっぱり同じ境遇の子供達に元気をあげられる人になりたいなあと思って、病院に雇ってもらってる。

 奇病 : 人とか物を愛しく思う程、声が機械的になってしまう病気。ほら、テレビとかである、プライバシー保護の為の音声加工みたいな声。蜂蜜を舐めたら進行が遅くなるらしいけど、太っちゃうんだよね、ううーん。病気は結構進行してる。機械的になるだけで、特に害はない。逆にどんどん喉の負担が抜けてっちゃう気がする。


 

364:MEMO hoge:2018/09/22(土) 15:32





  ❀ 「 ん、何、おじさんの奇病聞きたい? えーっと、おじさんじゃなくておにーさん、な、。俺の奇病はな、どんなにおもろいこと言うても滑ってまう病気やねん なーんて、嘘やで 」


 名前 : 

 性別 : おじさんじゃなくておにいさん
 年齢 : 中年になりたくない三十路

 性格 : か

 容姿 : 

 備考 : 一人称は俺、二人称はきみ、__さん等。あだ名もつけちゃう。

 奇病 : 一日おきに標準語しか話せない日と関西弁しか話せない日を交互に繰り返す病気。起きたら口調が変わってて、次の日を迎えるまではどうやってもイントネーションが変わらない。オーラもちょっと、違う気がする。しかもこれ、毎度0時きっかりに変わるとかじゃなくて、寝たら変わるわけでもなくて。徹夜きたときとか年越しでわかったらしいけど、0時の2時間前後あたりで変わるらしい。別に特に何か奇病による影響は( 標準語デーのときに関西人のお友達に会うと、毎度関西弁喋らされて「 似非やなー 」ってからかわれるとか以外は )今のところ起こってないけど、場合によっては態度を変えてるってとられるかもしれないね。ちなみに出身は千葉、両親は関西人だけど発病するまでは自身は関西弁喋ったことなかった。




  

365:  ◆M. hoge:2018/09/22(土) 17:33





  ❀ 「 やあやあこんにちは。特別公演だよ、特別公演、! あ、きみ、そういえば見たことないなあ… もしかして新しく来た子、? __ そうかそうか、じゃあちょっと、このショーの説明をしようね。今から、この部屋の電気を落として、おねえさんがプラネタリウムの投影機になるんだ。… そうそう、わたしが光るんだよ、よおく見ておきな。わたしのことより、星を知ってもらう方が嬉しいから ―― ん、おばさんじゃないよ、おねえさんだってば、。それに一応、せんせいだしね 」


 名前 : 天川 伊緒( あまかわ いお )

 性別 : おばさんじゃなくておねえさん!!
 年齢 : 三十路

 性格 : 

 容姿 : 

 備考 : 一人称はわたし、二人称はきみ、__さん等。あだ名もつけちゃう。星がすきなの。

 奇病 : 肌にものを書くと、暗がりのなかでその部分が発光する奇病。小さい頃、手の甲に油性ペンでメモをしたら、夜、布団の中でそこが青白く光ったんだと。どうもこれ燃費が悪くて、光らせてるととても急スピードでお腹がすいちゃう。



 

366:  ◆M. hoge:2018/09/22(土) 17:35





  ❀ 「 やあやあこんにちは。特別公演だよ、特別公演、! あ、きみ、そういえば見たことないなあ… もしかして新しく来た子、? __ そうかそうか、じゃあちょっと、このショーの説明をしようね。今から、この部屋の電気を落として、おねえさんがプラネタリウムの投影機になるんだ。… そうそう、わたしが光るんだよ、よおく見ておきな。わたしのことより、星を知ってもらう方が嬉しいから ―― ん、おばさんじゃないよ、おねえさんだってば、。それに一応、せんせいだしね 」


 名前 : 天川 伊緒( あまかわ いお )

 性別 : おばさんじゃなくておねえさん!!
 年齢 : 三十路

 性格 : 

 容姿 : 肌は衛星のイオみたいにすべすべにして、ペンのインクがのりやすいようにしてる。

 備考 : 一人称はわたし、二人称はきみ、__さん等。あだ名もつけちゃう。星がすきなの。

 奇病 : 肌にものを書くと、暗がりのなかでその部分が発光する奇病。小さい頃、手の甲に油性ペンでメモをしたら、夜、布団の中でそこが青白く光ったんだと。どうもこれ燃費が悪くて、光らせてるととても急スピードでお腹がすいちゃう。



 

367:MEMO hoge:2018/09/22(土) 21:02





  ❀ 「 やあやあこんにちは。特別公演だよ、特別公演、! あ、きみ、そういえば見たことないなあ… もしかして新しく来た子、? __ そうかそうか、じゃあちょっと、このショーの説明をしようね。今から、この部屋の電気を落として、おねえさんがプラネタリウムの投影機になるんだ。… そうそう、わたしが光るんだよ、よおく見ておきな。わたしのことより、星を知ってもらう方が嬉しいから ―― ん、待って。わたしのことは知ってもらわなくてもいいとは言ったけどこれだけは覚えておいて。おばさんじゃなくて、おねえさんだからね、お、ね、え、さ、ん 」


 名前 : 天川 伊緒( あまかわ いお )

 性別 : おばさんじゃなくておねえさん!!
 年齢 : 三十路

 性格 : わはははと大きく笑い、陽気でいっぱい流れるように話す人だから大雑把に見られがちなんだけれど、細かい。スケジュールから箒の埃の毛がき、ムヒをぽんぽんする回数まで、細かい。小さく、細かく見える星だって、本当はとても大きなことなんだよ、とのこと。でも、人に「 もっと細かくすれば? 」なんた言わないよ、星は星の数だけ、人は人の数だけ生き様があるんだから。

 容姿 : 肌は衛星のイオみたいにすべすべにして、ペンのインクがのりやすいようにしてる。

 備考 : 一人称はわたし、二人称はきみ、__さん等。院内学級の先生。理科のことならどんとこい。あだ名もつけちゃう。星がすきなの。

 奇病 : 肌にものを書くと、暗がりのなかでその部分が発光する。小さい頃、手の甲に油性ペンでメモをしたら、夜、布団の中でそこが青白く光ったんだと。どうもこれ、とても体力を奪うらしくて、光らせてると体調が悪くなる。そのため「 公演 」は4ヶ月に一度くらい。



 

368:MEMO hoge:2018/09/23(日) 15:49





  ❀ 「 やあやあこんにちは。特別公演だよ、特別公演、! あ、きみ、そういえば見たことないなあ… もしかして新しく来た子、? __ そうかそうか、じゃあちょっと、このショーの説明をしようね。今から、この部屋の電気を落として、おねえさんがプラネタリウムの投影機になるんだ。… そうそう、わたしが光るんだよ、よおく見ておきな。わたしのことより、星を知ってもらう方が嬉しいから ―― ん、待って。わたしのことは知ってもらわなくてもいいとは言ったけどこれだけは覚えておいて。おばさんじゃなくて、おねえさんだからね、お、ね、え、さ、ん 」


 名前 : 天川 伊緒( あまかわ いお )

 性別 : おばさんじゃなくておねえさん!!
 年齢 : 三十路

 性格 : わはははと大きく笑い、陽気でいっぱい流れるように話す人だから大雑把に見られがちなんだけれど、変なところが細かい。スケジュールとか時間とか髪には大雑把なのに、箒の埃の毛がき、梅ジュースの原液と水の量の比率、ムヒをぽんぽんする回数まで、細かい。小さく、細かく見える星だって、本当はとても大きなことなんだよ、とのこと。でも、人に「 もっと細かくすれば? 」なんて言わないよ、星は星の数だけ、人は人の数だけ生き様があるんだから。だけど、自分の決めたことをあれこれ言われるのは嫌だ。そこらへん頑固。おねえさんとかおばさんとか、そこらへんだけまだ乙女心引きずってる。でもどちらかというとおじさま…、? 興味あるものにはがっつくし、みんなに広めたい。人間とか、星とか、ね。だからいっぱいお喋りしに行くし、公演もするし、屋上で観測会も開いちゃうわけだ。

 容姿 : 黒というより紺に近い夜空色の髪は生まれつき柔らかく畝り、ショートにしてすっきり。前髪は短め、眉の形がわかるくらい。寝癖ついててもそれっぽく見えたらいいや。肌は衛星のイオみたいにすべすべにして、ペンのインクがのりやすいようにしてる。瞳はオレンジがかかった明るい茶色。服のことはそんなに考えないから、3着くらいをローテーション。身長164糎、そこそこ。

 備考 : 一人称はわたし、二人称はきみ、__さん等。院内学級の先生。理科のことならどんとこい。あだ名もつけちゃう。星がすきなの。

 奇病 : 肌にものを書くと、暗がりのなかでその部分が発光する。小さい頃、手の甲に油性ペンでメモをしたら、夜、布団の中でそこが青白く光ったんだと。昼間でも発光してるらしいけれど、太陽以外の恒星みたいに結構かき消されちゃう。どうもこれ、とても体力を奪うらしくて、長期間体調が悪くなる。そのため「 公演 」は4ヶ月に一度くらい。


 

369: 飴玉 ◆ejLk. hoge:2018/09/24(月) 14:30





  ❀ 「 やあやあこんにちは。特別公演だよ、特別公演、! あ、きみ、そういえば見たことないなあ… もしかして新しく来た子、? __ そうかそうか、じゃあちょっと、このショーの説明をしようね。今から、この部屋の電気を落として、おねえさんがプラネタリウムの投影機になるんだ。… そうそう、わたしが光るんだよ、よおく見ておきな。わたしのことより、星を知ってもらう方が嬉しいから 」


 名前 : 天川 伊緒( あまかわ いお )

 性別 : おばさんじゃなくておねえさん!!
 年齢 : 三十路

 性格 : わはははと大きく笑い、陽気でいっぱい流れるように話す人だから大雑把に見られがちなんだけれど、変なところが細かい。スケジュールとか時間とか髪には大雑把なのに、箒の埃の毛がき、梅ジュースの原液と水の量の比率、ムヒをぽんぽんする回数まで、細かい。小さく、細かく見える星だって、本当はとても大きなことなんだよ、とのこと。でも、人に「 もっと細かくすれば? 」なんて言わないよ、星は星の数だけ、人は人の数だけ生き様があるんだから。だけど、自分の決めたことをあれこれ言われるのは嫌だ。そこらへん頑固。でもどちらかというとおじさま…、? 興味あるものにはがっつくし、みんなに広めたい。人間とか、星とか、ね。だからいっぱいお喋りしに行くし、公演もするし、屋上で観測会も開いちゃうわけだ。

 容姿 : 黒というより紺に近い夜空色の髪は生まれつき柔らかく畝り、ショートにしてすっきり。前髪は短め、眉の形がわかるくらい。寝癖ついててもそれっぽく見えたらいいや。肌は衛星のイオみたいにすべすべにして、ペンのインクがのりやすいようにしてる。瞳はオレンジがかかった明るい茶色。服のことはそんなに考えないから、3着くらいをローテーション。大抵はシャツにジーンズとか、高校時代の部Tとか。身長164糎、そこそこ。

 備考 : 一人称はわたし、二人称はきみ、__さん等。院内学級の先生。理科のことならどんとこい。あだ名もつけちゃう。星がすきなの。

 奇病 : 肌にものを書くと、暗がりのなかでその部分が発光する。小さい頃、手の甲に油性ペンでメモをしたら、夜、布団の中でそこが青白く光ったんだと。昼間でも発光してるらしいけれど、太陽以外の恒星みたいに結構かき消されちゃう。どうもこれ、とても体力を奪うらしくて、長期間体調が悪くなる。そのため「 公演 」は4ヶ月に一度くらい。


 

370: あめ hoge:2018/09/24(月) 21:48




 「  」


 安堂 樏( あんどう るい ) / 26y / ♂

 性格 / きびきび。こいつアンドロイドじゃないか、なんて思われるくらいに、良くも悪くも冷静で、動揺しない。効率を氣にするが故表情から立ち振る舞い、歩幅まで無駄なく洗練されており、決まった動作しかしない機械みたいだと言いたくなるのはわかる。スケジュールも予備時間とりつつ分単位。お嬢様等に見られているときは営業スマイルだけど裏に回るとつん、としたところとか、相槌を丁寧に打ってきちんとお話聞いてくれるんだけどさらっと一言余計なところとかは人間味があるかもしれない。自分のマニュアルに沿うが故に本当に予想外のことに関しては対応できないことがあるから、ノリで乗り切れてしまうひとはひっそり尊敬しているとか。仕事が趣味なんじゃなくて、どんなときも仕事しかしてない。いつでもおうちのことが頭の90%を占めてる。何気ない埃だとか、仲間の仕事ぶりだとかをずっと。残り10%はあのこのこと、かしら。

 容姿 / 蒼く鋭い瞳とは相反し、柔らかな癖のついた黒髪はぎりぎり肩に触れるくらい。随分前に繕ったお嬢様の着物の余りの煉瓦色のリボンで、後ろでひとつに結う。白い肌、高い鼻、しゅっとした顎、釣り目、薄い唇。まあ、人情に厚そうな顔立ちではないよね。黒シャツに紺のベスト。身長は172糎。

 役職 / 住み込み執事

 備考 / 一人称は私と俺を使い分けてる。お嬢様の前だと大抵私。二人称はお嬢様にだとお嬢様とか__様、お仲間は苗字呼び捨てかさん付け。


 

371:MEMO hoge:2018/09/28(金) 21:06




 「 …、瞳がきらきらしているところ、。スパンコールをふりかけても手に入れられないだろうよ、俺には 」


 安堂 樏( あんどう るい ) / 26y / ♂

 性格 / きびきび。こいつアンドロイドじゃないか、なんて思われるくらいに、良くも悪くも冷静で、動揺しない。効率を氣にするが故表情から立ち振る舞い、歩幅まで無駄なく洗練されており、決まった動作しかしない機械みたいだと言いたくなるのはわかる。スケジュールも予備時間とりつつ分単位。お嬢様等に見られているときは営業スマイルだけど裏に回るとつん、としたところとか、相槌を丁寧に打ってきちんとお話聞いてくれるんだけどさらっと一言余計なところとかは人間味があるかもしれない。自分のマニュアルに沿うが故に本当に予想外のことに関しては対応できないことがあるから、ノリで乗り切れてしまうひとはひっそり尊敬しているとか。やっぱり対になるひとって惹かれちゃうよね。仕事が趣味なんじゃなくて、どんなときも仕事しかしてない。いつでもおうちのことが頭の90%を占めてる。何気ない埃だとか、仲間の仕事ぶりだとかをずっと。残り10%はあのこのこと、かしら。

 容姿 / 蒼く鋭い瞳とは相反し、柔らかな癖のついた黒髪はぎりぎり肩に触れるくらい。随分前に繕ったお嬢様の着物の余りの煉瓦色のリボンで、後ろでひとつに結う。右目下に黒子有。白い肌、高い鼻、しゅっとした顎、釣り目、薄い唇。まあ、人情に厚そうな顔立ちではないよね。表情も営業スマイルか済ましたお顔以外滅多にしないし。夏でも冬でも、長袖黒シャツに紺のベスト。眼鏡かけてそうだけど、邪魔になるからコンタクト。身長は172糎。スマホは邪魔にならなくて手の疲れない小さめのやつ。

 役職 / 住み込み執事

 備考 / 一人称は私と俺を使い分けてる。お嬢様の前だと大抵私。二人称はお嬢様にだとお嬢様とか__様、お仲間は苗字呼び捨てかさん付け。大抵なんでもそれなりにできるけれど、お料理だけはだめ。お茶とコーヒーを淹れるならお任せあれ。__ 、すきな食べ物…里芋煮とか粕汁とか西京焼きとかかぼちゃの揚げ浸しとか、あとはパスタとか海老マヨとか、お菓子全般ですかね。多いです。


 

372:  ◆PFxY. hoge:2018/09/28(金) 21:07



  んん、

373:  hoge:2018/09/28(金) 22:24





  「 最近これ、買ったでしょ 」

  ぱす、ぱす、先日買ったシャーペンが彼の手から離れてはフィット、離れてはフィット。彼の声は、幼い子供の声とも声変わり後の声ともつかないような少年声だった。


  / >>2



 

374: 煎餅 ◆Bba. hoge:2018/11/08(木) 19:00



 テストうまくいきましたやったね!! もう見てないかもしれないけどそっと返信しておきます、


 あ、それ、あるよね… なんでそうしちゃうかなあ、みたいな……

 あらいやだ長続きしてないのばれちゃう( 頭抱 )受験とか一段落したらいっしょにしましょ~~!!
 そうなんだよなあ、書いたものと自分が伝えたいことが上手くかみ合ってない気がして書き直してたら、あああ…って、
 最高にどうでもいいけどお茶菓子ねりきりがすき!!!!!

 オーズ見てた!! 隣の席の男子がオーズ知らなかったのにはびびったけど…、
 暗く終わるのすきなんだよね…なんか喉の辺りが気持ち悪い終わり方、本当に気持ち悪いんだけど何回も読んだり見ちゃったりするんだよなあ、。オーズとはちょっと違うような気がするけど、バーティミアスのラストのなんともいえない、泣いちゃう感じとかほんとうにすきすぎて苦しいんですわ…

 1年で覚えたこと3年になっても覚えてるかって言われるとイエスなんて言えないしなあ、濃いよね
 せつかさまが覚えられないならわたしはもっと無理だろうな…うええ…

 わーそれ、かなし… それより告白させるとこふあっ!? ってなりました、
 ひええ返信が冬に差し掛かってしまったよすまん… ちろちろっはかわいい😊

 下校を部活の先輩としてるんだけど、はいはいと頷くしかできないし何話せばいいかわかんないし それでも一緒に帰ってくれる先輩にとても申し訳ないなあ、と 最近、。

 ぽたぽた焼きおいしい~~!! あとシンプルにサラダせんべいとかも久しぶりに食べるとめちゃくちゃうまかったりする…、
 それを言うならわたしも雪がすきだしせつかもすきだよばかあ!!!!!!( ハグ )

 がんばれ〜〜〜〜〜〜!!!! 気長に待ってます◎
 返信とっても遅れたけどすきな気持ちはかわらないです。以上、せんべいです!

 

375:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 12:40





  それを覗きこむ僕の瞳もまた、虚ろ

   (  >>2 >>3 >>4  )



 

376:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 12:46





 ―― あいつはまた、魔物を連れて来やがった。それも今回は特別溺愛している。あいつはいつだって僕を見てくれない。こんなに町を平和にしてきたのに、こんなに想ってるのに。( とある魔法少女が記した戦闘記のノートの端より )



 

377:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 13:12





  魔法が使えそうな童話風の町、ふたりの魔法少女と魔物の一方通行スレッド。


 A : ♂ / 戦闘が専門の、魔法少女らしい魔法少女。幼馴染のBに振り向いて欲しいと必死。Bが盲愛するCを酷く嫌う。

 B : ♀ / 力を魔物の研究に注ぐ魔法少女。魔物ってかわいいでしょう?Aとは幼馴染。Cがかわいくてしかたなくて、封じ込めてる瓶から出してあげたりする。

 C : ♂、〆 / Bに連れてこられた魔物。最初は勿論抵抗したものの、研究室にやってきたAを見て一目惚れ。Aに殺されたい。


 酉安価必須 / 炉瑠80↑、形式不問 / 選考式 / pf1週間迄、延長可能
 ( ! )A→B→C→A…の矢印、薔薇注意



 

378:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 13:13





  魔法が使えそうな童話風の町、ふたりの魔法少女と魔物の一方通行スレッド。


 A : ♂ / 戦闘が専門の、魔法少女らしい魔法少女。幼馴染のBに振り向いて欲しいと必死。Bが盲愛するCを酷く嫌う。

 B : ♀ / 力を魔物の研究に注ぐ魔法少女。魔物ってかわいいでしょう?Aとは幼馴染。魔物の中でも特別Cがかわいくてしかたなくて、封じ込めてる瓶から出してあげたりする。

 C : ♂、〆 / Bに連れてこられた魔物。最初は勿論抵抗したものの、Bの研究室にやってきたAを見て一目惚れ。Aに殺されたい。


 酉安価必須 / 炉瑠80↑、形式不問 / 選考式 / pf1週間迄、延長可能
 ( ! )A→B→C→A…の矢印、薔薇注意



 

379:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 13:21





  「 それは歪んだ愛? 」


 名前 : 下の名前のみ、カタカナで

 年齢 : 少年又は少女
 役職 : AかBか

 性格 :

 容姿 : 変身系魔法少女なので変身前と変身後があると◎

 備考 : 




 わたくしの趣味だけで出来ています。それではレス解禁。



 

380:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 13:26





  魔法が使えそうな童話風の町、ふたりの魔法少女と魔物の一方通行スレッド。


 A : ♂ / 戦闘が専門の、魔法少女らしい魔法少女。幼馴染のBに振り向いて欲しいと必死。Bが盲愛するCを酷く嫌う。

 B : ♀ / 力を魔物の研究に注ぐ魔法少女。魔物ってかわいいでしょう?Aとは幼馴染。魔物の中でも特別Cがかわいくてしかたなくて、封じ込めてる瓶から出してあげたりする。

 C : ♂、〆 / Bに連れてこられた魔物。本来は靄状の物体だが、自由に姿を変えることができる。Bに連れてこられた当初は勿論抵抗したものの、Bの研究室にやってきたAを見て一目惚れ。Aに殺されたい。


 酉安価必須 / 炉瑠80↑、形式不問 / 選考式 / pf1週間迄、延長可能 / 証は魔法少女になった理由を、
 ( ! )A→B→C→A…の矢印、薔薇注意



 

381:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 13:37





  「 いや、それは違う。何故って、元々俺ら魔物はやるやられるの関係、そうだろう? 最期くらい、好きなやつにやられたい 」


 名前 : クラノール

 年齢 : ??
 役職 : C

 性格 : 意地悪くて、ずるがしこい。

 容姿 : 本来の姿は黒っぽい靄だが大抵はAやBと同じ年代の少年に扮している。

 備考 : 一人称は俺、二人称はお前、呼び捨て。



 

382:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 13:50





  「 いや、それは違う。何故って、元々俺ら魔物はやるやられるの関係、そうだろう? 最期くらい、好きなやつにやられたい 」


 名前 : クラノール

 年齢 : ??
 役職 : C

 性格 : どこか相手を皮肉ったような、意地悪なやつ。狡賢いうえに毒舌で関わっていると面倒くさいことになるが、どこか抜けている。だから嫌いなれないというわけではないけれど、。白黒はつけるタイプ、眼中にないものは本当に見えてないし、一点しか見えないことだってある。自尊心が高いので褒めてやると扱いやすい、かも。

 容姿 : 本来の姿は黒っぽい靄だが大抵はAやBと同じ年代の少年に扮している。

 備考 : 一人称は俺、二人称はお前、呼び捨て。



 

383:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 14:11





  「 いや、それは違う。何故って、元々俺ら魔物はやるやられるの関係、そうだろう? 最期くらい、好きなやつにやられたい 」


 名前 : クラノール

 年齢 : ??
 役職 : C

 性格 : どこか相手を皮肉ったような、意地悪なやつ。欠点を見つければ自分のこと棚に上げてどんどん抉っちゃう。狡賢いうえに毒舌で関わっていると面倒くさいことになるが、どこか抜けている。だから嫌いなれないというわけではないけれど、。こう見えてからかうための嘘以外の嘘は吐いてない。白黒はつけるタイプ、眼中にないものは本当に見えてないし、一点しか見えないことだってある。頑固だから自分の意思を誰かに捻じ曲げられるのが大嫌い。予定を狂わされるのも大嫌い。自尊心が高いので褒めてやると扱いやすい、かも。複雑なこと言ってるようだけど対処法は単純。面白いことがすき。

 容姿 : 本来の姿は黒っぽい靄だが大抵はAやBと同じ年代の少年に扮している。ぼさっとしたアッシュブラウンの短髪に灰色かかった紫の瞳、にやにやと笑う口元。ボルドーのハイネックニットに黒いパンツ。肌は異様に白い。童顔。背は168糎、見た目年齢は15歳。気まぐれでAやBの姿になってみたりもするし、他の動物になってみたりもする。

 備考 : 一人称は俺、二人称はお前、呼び捨て。壁の間すり抜けられるけど姿は消せない。味はわかるのでしょっちゅう飴を求める。炭酸系の飴がお気に入り。



 

384:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 14:16





  「 いや、それは違う。何故って、元々俺ら魔物はやるやられるの関係、そうだろう? 最期くらい、好きなやつにやられたい 」


 名前 : クラノール

 年齢 : ??
 役職 : C

 性格 : どこか相手を皮肉ったような、意地悪なやつ。欠点を見つければ自分のこと棚に上げてどんどん抉っちゃう。狡賢いうえに毒舌で関わっていると面倒くさいことになるが、どこか抜けている。だから嫌いなれないというわけではないけれど、。こう見えてからかうための嘘以外の嘘は吐いてない。白黒はつけるタイプ、眼中にないものは本当に見えてないし、一点しか見えないことだってある。頑固だから自分の意思を誰かに捻じ曲げられるのが大嫌い。予定を狂わされるのも大嫌い。自尊心が高いので褒めてやると扱いやすい、かも。複雑なこと言ってるようだけど対処法は単純。面白いことがすき。

 容姿 : 本来の姿は黒っぽい靄だが大抵はAやBと同じ年代の少年に扮している。ぼさっとしたアッシュブラウンの耳が少し隠れる短髪、前髪は瞼に触れるくらいでぱっつんではない。灰色かかった紫の瞳、にやにやと笑う口元。ボルドーのハイネックニットに黒いパンツ。肌は異様に白い。童顔。背は168糎、見た目年齢は15歳。気まぐれでAやBの姿になってみたりもするし、他の動物になってみたりもする。

 備考 : 一人称は俺、二人称はお前、呼び捨て。壁の間すり抜けられるけど姿は消せない。味はわかるのでしょっちゅう飴を求める。炭酸系の飴がお気に入り。魔物は魔法少女の生気を吸って生きており、生きるために魔法少女と戦うのだが、Aにいつか殺されるためにAからは生気を取らない。



 

385:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 14:21





  魔法が使えそうな童話風の町、ふたりの魔法少女と魔物の一方通行スレッド。


 A : ♂ / 戦闘が専門の、魔法少女らしい魔法少女。幼馴染のBに振り向いて欲しいと必死。Bが盲愛するCを酷く嫌うが、Bのことを思って殺せずにいる。

 B : ♀ / 力を魔物の研究に注ぐ魔法少女。魔物ってかわいいでしょう?Aとは幼馴染。魔物の中でも特別Cがかわいくてしかたなくて、封じ込めてる瓶から出してあげたりする。

 C : ♂、〆 / Bに連れてこられた魔物。本来は靄状の物体だが、自由に姿を変えることができる。Bに連れてこられた当初は勿論抵抗したものの、Bに会いに研究室にやってきたAを見て一目惚れ。Aに殺されたい。


 酉安価必須 / 炉瑠80↑、形式不問 / 選考式 / pf1週間迄、延長可能 / 証は魔法少女になった理由を、
 ( ! )A→B→C→A…の矢印、薔薇注意

 魔法少女 … 魔法を使える少年少女のこと。
 魔物 … 魔法少女らの敵。人間や魔法少女から生気を吸い取って生きている。



 

386:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 14:24





  魔法が使えそうな童話風の町、ふたりの魔法少女と魔物の一方通行スレッド。


 A : ♂ / 戦闘が専門の、魔法少女らしい魔法少女。幼馴染のBに振り向いて欲しいと必死。Bが盲愛するCを酷く嫌うが、Bのことを思って殺せずにいる。

 B : ♀ / 力を魔物の研究に注ぐ魔法少女。魔物ってかわいいでしょう?Aとは幼馴染。魔物の中でも特別Cがかわいくてしかたなくて、封じ込めてる瓶から出してあげたりする。

 C : ♂、〆 / Bに連れてこられた魔物。本来は靄状の物体だが、自由に姿を変えることができる。Bに連れてこられた当初は勿論抵抗したものの、Bに会いに研究室にやってきたAを見て一目惚れ。Aに殺されたい。


 酉安価必須 / 炉瑠80↑、形式不問 / 選考式 / pf1週間迄、延長可能 / 証は魔法少女になった理由を、
 ( ! )A→B→C→A…の矢印、薔薇注意

 魔法少女 … 魔法を使える少年少女のこと。魔法少女になりたいと強く願う者の中でも素質のある者のみなることができる。
 魔物 … 魔法少女らの敵。所謂悪魔。人間や魔法少女から生気を吸い取って生きている。人間や魔法少女は生気を取られきってしまうと死んでしまう。沢山の種があり、未だ謎に包まれている部分は多い。



 

387:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 14:26





  「 いや、それは違う。何故って、元々俺ら魔物はやるやられるの関係、そうだろう? 最期くらい、好きなやつにやられたい 」


 名前 : クラノール

 年齢 : ??
 役職 : C

 性格 : どこか相手を皮肉ったような、意地悪なやつ。欠点を見つければ自分のこと棚に上げてどんどん抉っちゃう。狡賢いうえに毒舌で関わっていると面倒くさいことになるが、どこか抜けている。だから嫌いなれないというわけではないけれど、。こう見えてからかうための嘘以外の嘘は吐いてない。白黒はつけるタイプ、眼中にないものは本当に見えてないし、一点しか見えないことだってある。頑固だから自分の意思を誰かに捻じ曲げられるのが大嫌い。予定を狂わされるのも大嫌い。自尊心が高いので褒めてやると扱いやすい、かも。複雑なこと言ってるようだけど対処法は単純。面白いことがすき。

 容姿 : 本来の姿は黒っぽい靄だが大抵はAやBと同じ年代の少年に扮している。ぼさっとしたアッシュブラウンの耳が少し隠れる短髪、前髪は瞼に触れるくらいでぱっつんではない。灰色かかった紫の瞳、にやにやと笑う口元。ボルドーのハイネックニットに黒いパンツ。肌は異様に白い。童顔。背は168糎、見た目年齢は15歳。気まぐれでAやBの姿になってみたりもするし、他の動物になってみたりもする。

 備考 : 一人称は俺、二人称はお前、呼び捨て。壁の間すり抜けられるけど姿は消せない。味はわかるのでしょっちゅう飴を求める。炭酸系の飴がお気に入り。Bに投入された薬のため魔力を使うことができなくなっているので、生気を吸う以外は特にできない。Aにいつか殺してもらう時のためにAからは生気を取らない。



 

388:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 15:56





  それを覗きこむ僕の瞳もまた、虚ろ

      >>0002 き
      >>0003 ら
      >>0004 き
      >>0005 ら、?



 

389:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 15:58





  魔法が使えそうな童話風の町、ふたりの魔法少女と魔物の一方通行スレッド。


 ( ? )

 酉安価必須 / 炉瑠80↑、形式不問 / 選考式 / pf1週間迄、延長可能 / 証は魔法少女になった理由を、


 ( ! )

 魔法少女 … 魔法を使える少年少女のこと。魔法少女になりたいと強く願う者の中でも素質のある者のみなることができる。
 魔物 … 魔法少女らの敵。所謂悪魔。人間や魔法少女から生気を吸い取って生きている。人間や魔法少女は生気を取られきってしまうと死んでしまう。沢山の種があり、未だ謎に包まれている部分は多い。



 

390:  ◆3. hoge:2018/11/18(日) 16:03





 A : ♂ / 戦闘が専門の、魔法少女らしい魔法少女。幼馴染のBに振り向いて欲しいと必死。Bが盲愛するCを酷く嫌うが、Bのことを思って殺せずにいる。

 B : ♀ / 力を魔物の研究に注ぐ魔法少女。魔物ってかわいいでしょう?Aとは幼馴染。魔物の中でも特別Cがかわいくてしかたなくて、封じ込めてる瓶から出してあげたりする。

 C : ♂、〆 / Bに連れてこられた魔物。本来は靄状の物体だが、自由に姿を変えることができる。Bに連れてこられた当初は勿論抵抗したものの、Bに会いに研究室にやってきたAを見て一目惚れ。Aに殺されたい。


 ( ! )A→B→C→A…の矢印、薔薇注意



 

391:  hoge:2018/11/23(金) 17:12



 この世ですきになれないもの。1、雨の日。2、メロンとすいか。3、
 つまり今日は最悪の日。今朝は雨が降っていた。と言ってもざあざあ降りではなく、しとしとと穏やかなもので、しかも傘を差そうか差すまいか迷うくらいのもの。通行人の2分の1は傘を畳んで手に持っていて、6分の1は傘を差していない(わたしを含む)人を見て傘を畳み出し、残りの3分の1は傘を差していた。その3分の1に当たる人が、校門までの坂道にいた。それも、

392:MEMO hoge:2019/01/13(日) 15:41




 「 また兄と会えたときに『 強くなれた 』と言いたいんです。わたしが死ぬのは、自分の手で魔女の息の根を止めた後か、止めようとしたときに女に殺されるか どちらかでないといけないんです 」


 名前 / 田中 ゆい( たなか - . )
 年齢.性別 / 16 . ♀

 性格 / いいこ、まっすぐ、剣道してた 孤児にしては育ちが良い雰囲気

 容姿 /

 備考 / 元々どこかのお嬢様。幼い頃に両親は病気で他界。家には10歳年の離れた兄と少ない使用人、そして自分が暮らしていた。ところが16歳の誕生日を迎えたばかりの頃の夜、寝静まった家を何者かが襲い、命からがら逃げ出し生き延びたものの使用人と兄は殺された。兄が殺されそうになったとき、自分は隠れていた部屋でただ兄と襲撃犯らの様子を震えながら見るだけだった。何で兄らを助けるために動けなかったの。何のために身につけた武道なの。何もかもできないよわい子じゃないの!護身用に持って逃げた木刀、逃げた先の部屋にあった家族写真の入ったペンダントと兄の愛用していた万年筆、そして兄を殺したあの女の顔を心に刻んで、寝間着のまま外を飛び出した。気づいたら館の前。今、館の者には孤児院の生活が辛くて逃げ出した小娘、と説明。昔と比べて不自由な生活に耐えつつ、あのどこかで見たような、いえ、絶対にあのとき見た、あの女の顔に立ち向かえる日を待って館での時を過ごしている。ただ、あの女にも良心はあると心の奥で思っており、これまで何度か来た仇を取るチャンスがあったものの自分の良心に勝てずに、まだ女を殺そうとした時はない。一人称はわたし、二人称はあなた、__さん。

 *ロルテ /
 ―― それで、森の中を走ってきたら いつのまにかこの館の前にいて、先ほどあなたが声をかけてくださいました( 換気のためなのか、5センチ程開いている窓から部屋へ風が入り込んでくる。チェックのカーテンが揺れる音が、自分がここまで来た理由を話し終えた後の静かになった間を埋めた。兄様に最後に買ってもらったワンピースの寝巻きの紺色に目を落としていたけれど、ふと、徐に顔を上げてみると、長い机を挟んで座っているこの館の管理人だか当主だか言う人が微笑んでおり。彼の笑い方は自然なようで、まったく自然じゃない。どこか気味悪くて、また視線を自分の膝元へと落とし、ポケットのペンダントをぎゅっと握り締め。時計の秒針がうるさい。静かなのに、うるさい。この静けさが怖くて、間を埋めるために口を開いて。と、自分の口から「 殺したい 」なんて言葉が出たことに自分ではっとして、下唇を噛んでいる口を右手で押さえ )その、後悔してるんです 魔女みたいな女から、兄を助けられなかったこと、。 __ だから、できることなら 魔女を、殺したい


 

393:MEMO hoge:2019/01/13(日) 16:18




 「 また兄と会えたときに『 強くなれた 』と言いたいんです。わたしが死ぬのは、自分の手で魔女の息の根を止めた後か、止めようとしたときに女に殺されるか どちらかでないといけないんです 」


 名前 / 田中 ゆい( たなか - . )
 年齢.性別 / 16 . ♀

 性格 / 真っ直ぐとひとを見つめるいいこ。どんなに嫌な感じのひとにもどこかに絶対に良心はあると信じてるような、よく言えば人情に厚くて、悪く言えば世間知らず。もらい泣きはよくあること。言葉の調子も強くなく、言いたいことを言っている割には人を傷つけるような棘は含んでおらず柔らかい。兄が病弱なこともあって、幼い頃から「自分が兄を守れるくらいに強くならないと」、と剣術まで嗜むくらいに正義感が強め。人を疑ったり裏切ったりするのは彼女にとってはとても難しいこと。武道の道を歩んでいただけに忍耐強い。ただ、人を思いやる気持ちにつけこまれて他人に悪用されそうな気がする。芯は強いだから、いいこととわるいことの区別はわかるはずなのだけれど、はて。

 容姿 / 手入れをしなくなったため、家で暮らしていた頃より大分艶の落ちたマットで彼女自身の心のように真っ直ぐな黒髪は肩につかないくらいの長さのお河童。元々背中辺りまで伸ばしていたが、館に来た日の夜に自分でばっさり切ったとか。深い茶色の瞳の光は柔らかいけれど、どこかをじっと見つめるような力もある気がする。仕草や食べ方、話し方など、孤児という設定にしては育ちのいい雰囲気。

 備考 / 元々どこかのお嬢様。幼い頃に両親は病気で他界。家には10歳年の離れた兄と少ない使用人、そして自分が暮らしていた。ところが16歳の誕生日を迎えたばかりの頃の夜、寝静まった家を何者かが襲い、命からがら逃げ出し生き延びたものの使用人と兄は殺された。兄が殺されそうになったとき、自分は隠れていた部屋でただ兄と襲撃犯らの様子を震えながら見るだけだった。何で兄らを助けるために動けなかったの。何のために身につけた武道なの。何もかもできないよわい子じゃないの!護身用に持って逃げた木刀、逃げた先の部屋にあった家族写真の入ったペンダントと兄の愛用していた万年筆、そして兄を殺したあの女の顔を心に刻んで、寝間着のまま外を飛び出した。気づいたら館の前。今、館の者には孤児院の生活が辛くて逃げ出した小娘、と説明。昔と比べて不自由な生活に耐えつつ、あのどこかで見たような、いえ、絶対にあのとき見た、あの女の顔に立ち向かえる日を待って館での時を過ごしている。ただ、あの女にも良心はあると心の奥で思っており、懐いたフリをしてよく一緒にいようとするためにこれまで何度か仇を取るチャンスがあったものの、自分の良心に勝てずに、まだ女を殺そうとした時はない。一人称はわたし、二人称はあなた、__さん。

 *ロルテ /
 ―― それで、森の中を走ってきたら いつのまにかこの館の前にいて、先ほどあなたが声をかけてくださいました( 換気のためなのか、5センチ程開いている窓から部屋へ風が入り込んでくる。チェックのカーテンが揺れる音が、自分がここまで来た理由を話し終えた後の静かになった間を埋めた。兄様に最後に買ってもらったワンピースの寝巻きの紺色に目を落としていたけれど、ふと、徐に顔を上げてみると、長い机を挟んで座っているこの館の管理人だか当主だか言う人が微笑んでおり。彼の笑い方は自然なようで、まったく自然じゃない。どこか気味悪くて、また視線を自分の膝元へと落とし、ポケットのペンダントをぎゅっと握り締め。時計の秒針がうるさい。静かなのに、うるさい。この静けさが怖くて、間を埋めるために口を開いて。と、自分の口から「 殺したい 」なんて言葉が出たことに自分ではっとして、下唇を噛んでいる口を右手で押さえ )その、後悔してるんです 魔女みたいな女から、兄を助けられなかったこと、。 __ だから、できることなら 魔女を、殺したい


 

394:MEMO hoge:2019/01/13(日) 16:25




 「 また兄と会えたときに『 強くなれた 』と言いたいんです。わたしが死ぬのは、自分の手で魔女の息の根を止めた後か、止めようとしたときに女に殺されるか どちらかでないといけないんです 」


 名前 / 田中 ゆい( たなか - . )
 年齢.性別 / 16 . ♀

 性格 / 真っ直ぐとひとを見つめるいいこ。どんなに嫌な感じのひとにもどこかに絶対に良心はあると信じてるような、よく言えば人情に厚くて、悪く言えば世間知らず。もらい泣きはよくあること。言葉の調子も強くなく、言いたいことを言っている割には人を傷つけるような棘は含んでおらず柔らかい。兄が病弱なこともあって、幼い頃から「自分が兄を守れるくらいに強くならないと」、と剣術まで嗜むくらいに正義感が強め。武道の道を歩んでいただけに忍耐強い。人を疑ったり裏切ったりするのは彼女にとってはとても難しいこと。ただ、人を思いやる気持ちにつけこまれて他人に悪用されそうな気がする。芯は強いだから、いいこととわるいことの区別はわかるはずなのだけれど、はて。

 容姿 / 手入れをしなくなったため、家で暮らしていた頃より大分艶の落ちたマットで彼女自身の心のように真っ直ぐな黒髪は肩につかないくらいの長さのお河童。元々背中辺りまで伸ばしていたが、館に来た日の夜に自分でばっさり切ったとか。深い茶色の瞳の光は柔らかいけれど、どこかをじっと見つめるような力もある気がする。唇も肌も健康的な血の通った色。背は158糎と平均的。服装は逃げてきた日の紺色のワンピースの寝巻きや、館に置いてあったフランネルのシャツと膝までのスカート。パンツよりスカートの方が、激しく運動したり動いたりするときに布に引っ張られるような感覚がなくてすきだとか。仕草や食べ方、話し方など、孤児という設定にしては育ちのいい雰囲気。

 備考 / 元々どこかのお嬢様。幼い頃に両親は病気で他界。家には10歳年の離れた兄と少ない使用人、そして自分が暮らしていた。ところが16歳の誕生日を迎えたばかりの頃の夜、寝静まった家を何者かが襲い、命からがら逃げ出し生き延びたものの使用人と兄は殺された。兄が殺されそうになったとき、自分は隠れていた部屋でただ兄と襲撃犯らの様子を震えながら見るだけだった。何で兄らを助けるために動けなかったの。何のために身につけた武道なの。何もかもできないよわい子じゃないの!護身用に持って逃げた木刀、逃げた先の部屋にあった家族写真の入ったペンダントと兄の愛用していた万年筆、そして兄を殺したあの女の顔を心に刻んで、寝間着のまま外を飛び出した。気づいたら館の前。今、館の者には孤児院の生活が辛くて逃げ出した小娘、と説明。昔と比べて不自由な生活に耐えつつ、あのどこかで見たような、いえ、絶対にあのとき見た、あの女の顔に立ち向かえる日を待って館での時を過ごしている。ただ、あの女にも良心はあると心の奥で思っており、懐いたフリをしてよく一緒にいようとするためにこれまで何度か仇を取るチャンスがあったものの、自分の良心に勝てずに、まだ女を殺そうとした時はない。一人称はわたし、二人称はあなた、__さん。時々どこかの部屋で木刀握って素振りをしている。

 *ロルテ /
 ―― それで、森の中を走ってきたら いつのまにかこの館の前にいて、先ほどあなたが声をかけてくださいました( 換気のためなのか、5センチ程開いている窓から部屋へ風が入り込んでくる。チェックのカーテンが揺れる音が、自分がここまで来た理由を話し終えた後の静かになった間を埋めた。兄様に最後に買ってもらったワンピースの寝巻きの紺色に目を落としていたけれど、ふと、徐に顔を上げてみると、長い机を挟んで座っているこの館の管理人だか当主だか言う人が微笑んでおり。彼の笑い方は自然なようで、まったく自然じゃない。どこか気味悪くて、また視線を自分の膝元へと落とし、ポケットのペンダントをぎゅっと握り締め。時計の秒針がうるさい。静かなのに、うるさい。この静けさが怖くて、間を埋めるために口を開いて。と、自分の口から「 殺したい 」なんて言葉が出たことに自分ではっとして、下唇を噛んでいる口を右手で押さえ )その、後悔してるんです 魔女みたいな女から、兄を助けられなかったこと、。 __ だから、できることなら 魔女を、殺したい


 

395:MEMO hoge:2019/01/13(日) 16:26




 「 また兄と会えたときに『 強くなれた 』と言いたいんです。わたしが死ぬのは、自分の手で魔女の息の根を止めた後か、止めようとしたときに女に殺されるか どちらかでないといけないんです 」


 名前 / 田中 ゆい( たなか - . )
 年齢.性別 / 16 . ♀

 性格 / 真っ直ぐとひとを見つめるいいこ。どんなに嫌な感じのひとにもどこかに絶対に良心はあると信じてるような、よく言えば人情に厚くて、悪く言えば世間知らず。もらい泣きはよくあること。言葉の調子も強くなく、言いたいことを言っている割には人を傷つけるような棘は含んでおらず柔らかい。兄が病弱なこともあって、幼い頃から「自分が兄を守れるくらいに強くならないと」、と剣術まで嗜むくらいに正義感が強め。武道の道を歩んでいただけに忍耐強いが、じっとしているよりは動く方がすき。人を疑ったり裏切ったりするのは彼女にとってはとても難しいこと。ただ、人を思いやる気持ちにつけこまれて他人に悪用されそうな気がする。芯は強いだから、いいこととわるいことの区別はわかるはずなのだけれど、はて。

 容姿 / 手入れをしなくなったため、家で暮らしていた頃より大分艶の落ちたマットで彼女自身の心のように真っ直ぐな黒髪は肩につかないくらいの長さのお河童。元々背中辺りまで伸ばしていたが、館に来た日の夜に自分でばっさり切ったとか。深い茶色の瞳の光は柔らかいけれど、どこかをじっと見つめるような力もある気がする。唇も肌も健康的な血の通った色。背は158糎と平均的。服装は逃げてきた日の紺色のワンピースの寝巻きや、館に置いてあったフランネルのシャツと膝までのスカート。パンツよりスカートの方が、激しく運動したり動いたりするときに布に引っ張られるような感覚がなくてすきだとか。仕草や食べ方、話し方など、孤児という設定にしては育ちのいい雰囲気。

 備考 / 元々どこかのお嬢様。幼い頃に両親は病気で他界。家には10歳年の離れた兄と少ない使用人、そして自分が暮らしていた。ところが16歳の誕生日を迎えたばかりの頃の夜、寝静まった家を何者かが襲い、命からがら逃げ出し生き延びたものの使用人と兄は殺された。兄が殺されそうになったとき、自分は隠れていた部屋でただ兄と襲撃犯らの様子を震えながら見るだけだった。何で兄らを助けるために動けなかったの。何のために身につけた武道なの。何もかもできないよわい子じゃないの!護身用に持って逃げた木刀、逃げた先の部屋にあった家族写真の入ったペンダントと兄の愛用していた万年筆、そして兄を殺したあの女の顔を心に刻んで、寝間着のまま外を飛び出した。気づいたら館の前。今、館の者には孤児院の生活が辛くて逃げ出した小娘、と説明。昔と比べて不自由な生活に耐えつつ、あのどこかで見たような、いえ、絶対にあのとき見た、あの女の顔に立ち向かえる日を待って館での時を過ごしている。ただ、あの女にも良心はあると心の奥で思っており、懐いたフリをしてよく一緒にいようとするためにこれまで何度か仇を取るチャンスがあったものの、自分の良心に勝てずに、まだ女を殺そうとした時はない。一人称はわたし、二人称はあなた、__さん。時々どこかの部屋で木刀握って素振りをしている。

 *ロルテ /
 ―― それで、森の中を走ってきたら いつのまにかこの館の前にいて、先ほどあなたが声をかけてくださいました( 換気のためなのか、5センチ程開いている窓から部屋へ風が入り込んでくる。チェックのカーテンが揺れる音が、自分がここまで来た理由を話し終えた後の静かになった間を埋めた。兄様に最後に買ってもらったワンピースの寝巻きの紺色に目を落としていたけれど、ふと、徐に顔を上げてみると、長い机を挟んで座っているこの館の管理人だか当主だか言う人が微笑んでおり。彼の笑い方は自然なようで、まったく自然じゃない。どこか気味悪くて、また視線を自分の膝元へと落とし、ポケットのペンダントをぎゅっと握り締め。時計の秒針がうるさい。静かなのに、うるさい。この静けさが怖くて、間を埋めるために口を開いて。と、自分の口から「 殺したい 」なんて言葉が出たことに自分ではっとして、下唇を噛んでいる口を右手で押さえ )その、後悔してるんです 魔女みたいな女から、兄を助けられなかったこと、。 __ だから、できることなら 魔女を、殺したい


 

396:MEMO hoge:2019/01/13(日) 16:30




 「 また兄と会えたときに、強くなったよ、って言いたいだけです 」


 名前 / 田中 ゆい( たなか -. )
 年齢.性別 / 16 . ♀

 性格 / 真っ直ぐとひとを見つめるいいこ。どんなに嫌な感じのひとにもどこかに絶対に良心はあると信じてるような、よく言えば人情に厚くて、悪く言えば世間知らず。もらい泣きはよくあること。言葉の調子も強くなく、言いたいことを言っている割には人を傷つけるような棘は含んでおらず柔らかい。兄が病弱なこともあって、幼い頃から「自分が兄を守れるくらいに強くならないと」、と剣術まで嗜むくらいに正義感が強め。武道の道を歩んでいただけに忍耐強いが、じっとしているよりは動く方がすき。人を疑ったり裏切ったりするのは彼女にとってはとても難しいこと。ただ、人を思いやる気持ちにつけこまれて他人に悪用されそうな気がする。芯は強いだから、いいこととわるいことの区別はわかるはずなのだけれど、はて。

 容姿 / 手入れをしなくなったため、家で暮らしていた頃より大分艶の落ちたマットで彼女自身の心のように真っ直ぐな黒髪は肩につかないくらいの長さのお河童。元々背中辺りまで伸ばしていたが、館に来た日の夜に自分でばっさり切ったとか。深い茶色の瞳の光は柔らかいけれど、どこかをじっと見つめるような力もある気がする。唇も肌も健康的な血の通った色。背は158糎と平均的。服装は逃げてきた日の紺色のワンピースの寝巻きや、館に置いてあったフランネルのシャツと膝までのスカート。パンツよりスカートの方が、激しく運動したり動いたりするときに布に引っ張られるような感覚がなくてすきだとか。仕草や食べ方、話し方など、孤児という設定にしては育ちのいい雰囲気。

 備考 / 元々どこかのお嬢様。幼い頃に両親は病気で他界。家には10歳年の離れた兄と少ない使用人、そして自分が暮らしていた。ところが16歳の誕生日を迎えたばかりの頃の夜、寝静まった家を何者かが襲い、命からがら逃げ出し生き延びたものの使用人と兄は殺された。兄が殺されそうになったとき、自分は隠れていた部屋でただ兄と襲撃犯らの様子を震えながら見るだけだった。何で兄らを助けるために動けなかったの。何のために身につけた武道なの。何もかもできないよわい子じゃないの!護身用に持って逃げた木刀、逃げた先の部屋にあった家族写真の入ったペンダントと兄の愛用していた万年筆、そして兄を殺したあの女の顔を心に刻んで、寝間着のまま外を飛び出した。気づいたら館の前。今、館の者には孤児院の生活が辛くて逃げ出した小娘、と説明。昔と比べて不自由な生活に耐えつつ、あのどこかで見たような、いえ、絶対にあのとき見た、あの女の顔に立ち向かえる日を待って館での時を過ごしている。ただ、あの女にも良心はあると心の奥で思っており、懐いたフリをしてよく一緒にいようとするためにこれまで何度か仇を取るチャンスがあったものの、自分の良心に勝てずに、まだ女を殺そうとした時はない。一人称はわたし、二人称はあなた、__さん。時々どこかの部屋で木刀握って素振りをしている。

 *ロルテ /
 ―― それで、森の中を走ってきたら いつのまにかこの館の前にいて、先ほどあなたが声をかけてくださいました( 換気のためなのか、5センチ程開いている窓から部屋へ風が入り込んでくる。チェックのカーテンが揺れる音が、自分がここまで来た理由を話し終えた後の静かになった間を埋めた。兄様に最後に買ってもらったワンピースの寝巻きの紺色に目を落としていたけれど、ふと、徐に顔を上げてみると、長い机を挟んで座っているこの館の管理人だか当主だか言う人が微笑んでおり。彼の笑い方は自然なようで、まったく自然じゃない。どこか気味悪くて、また視線を自分の膝元へと落とし、ポケットのペンダントをぎゅっと握り締め。時計の秒針がうるさい。静かなのに、うるさい。この静けさが怖くて、間を埋めるために口を開いて。と、自分の口から「殺したい」なんて言葉が出たことに自分ではっとして、下唇を噛んでいる口を右手で押さえ )その、後悔してるんです 魔女みたいな女から、兄を助けられなかったこと、。 __ だから、できることなら 魔女を、殺したい


(  / >>9 です、不備等ございましたらお申し付けくださいませ、!選考結果そっとお待ちしております…  )


 

397:   hoge:2019/01/13(日) 17:24




    「  まあ、なんて騒々しいこと、。もっと礼儀と秩序を弁えることね  」


  名前 / 呉野 曖( くれの あい )
  年齢 / 12

  性格 / 
  容姿 / 落ち着いた紅色の

  備考 / 一人称はわたくし、二人称は呼び捨て。アールグレイの茶葉の缶がお友達。


 


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS