小説用メモ

葉っぱ天国 > メモ帳・作業記録 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:Rika◆2c のせしおゆみ:2018/05/30(水) 18:06

いろんなサイトに投稿してる小説の設定とか色々

2:Rika◆2c のせしおゆみ:2018/05/30(水) 18:13

神崎風音の生い立ち
父親不在、母と二人暮らしだった(現在は寮)
生まれつき風の能力を持つ。しかし、幼い頃は能力が暴走して怖がられ、友達が出来なかった
友達が欲しくて、小学校2年生の頃に魔力を減らす手術を受け、現在のような中途半端な能力値になる
しかし、魔力が減って殺し方が残虐になっていくのに嫌気が差し、キャラを作って感情を捨てた
しかし、雪に説得された後は表情が変わるようになった

3:Rika◆2c のせしおゆみ:2018/05/30(水) 18:16

赤石雪の生い立ち
幼い頃に両親に捨てられ、孤児院に入る。しかし、能力故に孤児院の大人や孤児達に迫害を受ける
だが、小学校3年生の時、2人の男女……現在の両親が雪を孤児院から引き取り、入学前までは三人暮らしだった(現在は寮)
性格も段々丸くなっていく

4:Rika◆2c のせしおゆみ:2018/05/30(水) 18:22

大葉志麻の設定

家族構成:教師の母、心理学者の父、大学卒業後失踪した兄
年齢:小学6年生で物語開始時11歳

頭は良い。中学二年生程度の知識はある
要領が良く、物事をすぐ覚えてしまう
人を翻弄するのが好きだが、場は弁えてるつもりらしい
めったに怒らない

5:Rika◆2c のせしおゆみ:2018/05/30(水) 18:28

札月唯
ギャル言葉で話す中学一年生
天真爛漫な性格だが、怒るとまるで別人
口調こそは大して変わらないが、声のトーンが凄いことになるらしい
放任されて育ってきたからなのか少しワガママな所もある
「ウケるー」と「〜〜なんですけど!」が口癖

6:Rika◆2c のせしおゆみ:2018/05/30(水) 18:30

>>4
名前の由来は「志を持って麻のように真っ直ぐ強く生きてほしい」
命名者は母親

7:Rika◆2c のせしおゆみ:2018/05/30(水) 18:44

速水郁
中学一年生
甘やかされて育った
発言はぶっ飛んでるが頭は悪くない
運動音痴
見た目は可愛らしいのでクラスメイトにはマスコット扱いをされることもしばしば

8:Rika◆2c のせしおゆみ:2018/05/30(水) 19:28

キャラの名前候補

北見蓮華(きたみ れんげ)
青原エレナ(あおはら えれな)
瀬川花蓮(せがわ かれん)

9:Rika◆2c 一ノ瀬志希担当:2018/06/02(土) 22:52

有栖って名前いい

10:Rika◆2c 一ノ瀬志希担当:2018/06/09(土) 11:13

名前の決め方……響き 行き過ぎたキラキラネームは控える 痛くならないようにする

11:Rika◆2c 一ノ瀬志希担当:2018/06/10(日) 22:21

二次創作でしきかれをフォロワーさんに頼まれたのでゆっくりとプロット作り始めるか

12:Rika◆2c 一ノ瀬志希担当:2018/06/10(日) 22:23

加蓮→志希

こうしないと個人的にやりずらい

13:Rika◆2c 一ノ瀬志希担当:2018/06/10(日) 22:31

加蓮は志希の事が嫌い……じゃなくても苦手だと思うんだよね。かと言って喧嘩ばっかりだと書いてる方がキツい

14:Rika◆2c 一ノ瀬志希担当:2018/06/10(日) 22:32

加蓮が志希の服を選ぶ物語



どうだ

15:Rika◆2c 一ノ瀬志希担当:2018/06/10(日) 22:39

志希寝てる→レッスンの時間になっても来ない→トレーナー焦る→志希に電話繋がらなくてプロデューサー焦る→加蓮が志希宅へ→志希宅到着→「志希、起きなさい!」→身支度させる→着替え→「服がほとんどないじゃない!」→そこら辺にあったのを着せて事務所へ→レッスン→服買いに行く→色々

流れはこんな感じ

16:Rika◆2c 一ノ瀬志希担当:2018/06/10(日) 22:39

トレーナー「一ノ瀬!!……来てないじゃないか。北条、何か知ってるか?」

加蓮「何も聞いてない」

トレーナー「困ったな……」

プロデューサー「電話が繋がらない……家に行ってみるか」

加蓮「Pさん忙しいでしょ。私が行くよ」

みたいな感じで志希の家に加蓮が行くのはクリア

17:Rika◆2c 一ノ瀬志希担当:2018/06/10(日) 22:47

台本なのはご愛嬌

加蓮「ここが志希の家……ホントに女子高生が一人暮らしするとこ?」

ドア開けて

志希「…………」(寝)

加蓮「いつまで寝てんのよ! 起きて!」

志希「んー……あ、加蓮ちゃーん。なんでここにいるの?」

加蓮「アンタがレッスンに来ないでしかも電話にも出ないから心配してたプロデューサーの代わりに来たのよ!」

志希「あたしの為じゃないんだー」

加蓮「うっさい!」

身支度させる

加蓮「服全然無いじゃん!」

志希「服なんて身体が隠れればいいんだよ(要約)」

加蓮「はぁ!?」

服着せる

加蓮「さっさと行くよ!」

志希「はーい」

こんな感じで事務所に行かせるのもクリア

18:Rika◆2c 一ノ瀬志希担当:2018/06/10(日) 22:48

あ、プロデューサーに合鍵渡された前提

19:Rika◆ok 一ノ瀬志希担当:2018/06/22(金) 23:23

使うかもだからあげ

20:Rika◆ok 一ノ瀬志希担当 hoge:2018/06/24(日) 14:36

顔合わせの日から一週間経った。
今日からレッスンが始まる。
「失礼します!」
そんなわけで、私は顔合わせの日に案内されたレッスンルームに入った。
「あら、こんにちは」
私が挨拶をすると、中にいた女の人がにこりと笑って返してくれた。
この人がトレーナーさんなのかなぁ。
「あの、あなたがトレーナーさんですか?」
私は気になって尋ねる。
「はい、そうですよ!」
女の人……トレーナーさんは笑顔のままでそう答える。
よかった。優しそうな人で。
怖い人だったら、レッスンもきっと辛いだろうな。
「ところで、あと少しでレッスンが始まるんですが、もう一人の子は?」
ジャージに着替えようと思い、更衣室に行こうとすると、トレーナーさんが尋ねてくる。
……たしかに、たかぎさん、まだ来てない。
「えーと、ごめんなさい。分かりません」
「謝ることはないですよ。美咲さん、でしたよね。先に着替えてきていいですよ」
私が謝ると、トレーナーさんは首を振ってそう言う。
「あ、はい!」
とにかく、先に着替えなくちゃ。
着替え終えて、私はレッスンルームに戻る。
そこにはまだたかぎさんの姿はなかった。
「ど、どうしましょう……」
トレーナーさんが困ったようにそう言う。
「あ、あのっ」
私がたかぎさんがどんな子なのかを説明しようとした時、レッスンルームの扉が開いた。
もしかしてっ……!
「…………」
「たかぎさん!」
扉のところには、たかぎさんが立っていた。
「よ、良かった! 高木さん、でしたよね?」
「……はい」
さすがに年上の人を無視することはなく、たかぎさんはめんどくさそうな顔で返事したのだった。
「じゃあ、揃ったのでレッスンを始めます。まずは私に動きを合わせてください!」
これから、本格的なレッスン。
そう考えると、なんだか緊張してきた。
「ワン、ツー、スリー、フォー、ワン、ツー、スリー、フォー! はい、ここでターン!」
「うわぁっ!」
トレーナーさんの動きについていけなくて、ターンで転んでしまった。
「…………」
尻もちをついたままたかぎさんの方を見ると、たかぎさんはなんでもないような顔をしながらそっぽを向いていた。
たぶん、成功したのかな。
……すごい。
「高木さん、上手ですね! 美咲さんはもうちょっと頑張ってください!」
「は、はい!」
トレーナーさんの言葉に返事をして、私は立ち上がる。
そしてトレーナーさんの表情を見ると、少し複雑そうな顔をしていた。
「……このまま続けても危なそうですし、今日は柔軟して解散にしましょうか」
トレーナーさんは気を使ってくれたのか、私の方を見ながらそう言う。「あっ……はい……」

私は、突き放されたような気がして、そう言うことしか出来なかった。
レッスンを終えて、私は荷物をまとめて帰る準備をする。
すると、たかぎさんが私の横を通り過ぎ、ボソリとこう言った。
「ねえ、なんで出来ないの?」
ほんとにたかぎさんがそう言ったかは分からないけど、私の耳にそんな言葉が聞こえてくる。
「……っ!」
みじめで泣きたくなったけど、私は耐える。
「そんなこと言わないで……」
私の口からは、いつの間にかそんな言葉が出ていた。
すると、たかぎさんは振り返り、不思議そうな顔をしながら
「なんで?」と言う。
なんで、って……
「傷つくから、だよ」
私は何とか言葉をふりしぼって、たかぎさんに返す。
「傷つくから? あたし、人の気持ちなんて分かんないよ。だから、そんなの知らない。
だけど、たかぎさんはそんな私を全然気にした様子もなく、そう言って事務所から出て行った。
『なんで出来ないの?』
その言葉が今でも耳にこびりついて離れない。
「帰ろう……」
このまま事務所にいてもみじめになるだけだったので、私はとぼとぼと家に帰って行った。

21:Rika◆ok 一ノ瀬志希担当 hoge:2018/06/24(日) 14:36

これをどう変えるか

22:Rika◆ok 一ノ瀬志希担当 hoge:2018/06/24(日) 14:36

改行は書き込めるように詰めた

23:Rika◆ok 一ノ瀬志希担当 hoge:2018/06/24(日) 14:38

「じゃあ、揃ったのでレッスンを始めます。まずは私に動きを合わせてください!」
これから、本格的なレッスン。
そう考えると、なんだか緊張してきた。
「ワン、ツー、スリー、フォー、ワン、ツー、スリー、フォー! はい、ここでターン!」
「うわぁっ!」
トレーナーさんの動きについていけなくて、ターンで転んでしまった。
「…………」
尻もちをついたままたかぎさんの方を見ると、たかぎさんはなんでもないような顔をしながらそっぽを向いていた。
たぶん、成功したのかな。
……すごい。
「高木さん、上手ですね! 美咲さんはもうちょっと頑張ってください!」
「は、はい!」
トレーナーさんの言葉に返事をして、私は立ち上がる。
そしてトレーナーさんの表情を見ると、少し複雑そうな顔をしていた。
「……このまま続けても危なそうですし、今日は柔軟して解散にしましょうか」
トレーナーさんは気を使ってくれたのか、私の方を見ながらそう言う。「あっ……はい……」

私は、突き放されたような気がして、そう言うことしか出来なかった。
レッスンを終えて、私は荷物をまとめて帰る準備をする。
すると、たかぎさんが私の横を通り過ぎ、ボソリとこう言った。
「ねえ、なんで出来ないの?」
ほんとにたかぎさんがそう言ったかは分からないけど、私の耳にそんな言葉が聞こえてくる。
「……っ!」
みじめで泣きたくなったけど、私は耐える。
「そんなこと言わないで……」
私の口からは、いつの間にかそんな言葉が出ていた。
すると、たかぎさんは振り返り、不思議そうな顔をしながら
「なんで?」と言う。
なんで、って……
「傷つくから、だよ」
私は何とか言葉をふりしぼって、たかぎさんに返す。
「傷つくから? あたし、人の気持ちなんて分かんないよ。だから、そんなの知らない。
だけど、たかぎさんはそんな私を全然気にした様子もなく、そう言って事務所から出て行った。
『なんで出来ないの?』
その言葉が今でも耳にこびりついて離れない。
「帰ろう……」
このまま事務所にいてもみじめになるだけだったので、私はとぼとぼと家に帰って行った。

24:Rika◆ok 一ノ瀬志希担当 hoge:2018/06/24(日) 14:38

この部分だね

25:Rika◆ok 一ノ瀬志希担当 hoge:2018/06/24(日) 14:39

「じゃあ、揃ったのでレッスンを始めます。まずは私に動きを合わせてください!」
これから、本格的なレッスン。
そう考えると、なんだか緊張してきた。
「ワン、ツー、スリー、フォー、ワン、ツー、スリー、フォー! はい、ここでターン!」
「うわぁっ!」
トレーナーさんの動きについていけなくて、ターンで転んでしまった。
「…………」
尻もちをついたままたかぎさんの方を見ると、たかぎさんはなんでもないような顔をしながらそっぽを向いていた。
たぶん、成功したのかな。
……すごい。
「高木さん、上手ですね! 美咲さんはもうちょっと頑張ってください!」
「は、はい!」
トレーナーさんの言葉に返事をして、私は立ち上がる。
そしてトレーナーさんの表情を見ると、少し複雑そうな顔をしていた。
「……このまま続けても危なそうですし、今日は柔軟して解散にしましょうか」
トレーナーさんは気を使ってくれたのか、私の方を見ながらそう言う。
「あっ……はい……」

私は、突き放されたような気がして、そう言うことしか出来なかった。
レッスンを終えて、私は荷物をまとめて帰る準備をする。
すると、たかぎさんが私の横を通り過ぎ、ボソリとこう言った。
「ねえ、なんで出来ないの?」
ほんとにたかぎさんがそう言ったかは分からないけど、私の耳にそんな言葉が聞こえてくる。
「……っ!」
みじめで泣きたくなったけど、私は耐える。
「そんなこと言わないで……」
私の口からは、いつの間にかそんな言葉が出ていた。
すると、たかぎさんは振り返り、不思議そうな顔をしながら
「なんで?」と言う。
なんで、って……
「傷つくから、だよ」
私は何とか言葉をふりしぼって、たかぎさんに返す。
「傷つくから? あたし、人の気持ちなんて分かんないよ。だから、そんなの知らない。
だけど、たかぎさんはそんな私を全然気にした様子もなく、そう言って事務所から出て行った。
『なんで出来ないの?』
その言葉が今でも耳にこびりついて離れない。
「帰ろう……」
このまま事務所にいてもみじめになるだけだったので、私はとぼとぼと家に帰って行った。

26:Rika◆ok 一ノ瀬志希担当 hoge:2018/06/24(日) 14:39

訂正

27:Rika◆ok 一ノ瀬志希担当 hoge:2018/06/24(日) 14:45

トレーナーさんの表情を見ると、少し心配そうな顔をしていた。

複雑そうなだったら失敗を責めてるように見えるもの()

28:Rika◆ok 一ノ瀬志希担当 hoge:2018/06/24(日) 14:46

まあ後は更新の内容を見て調節しよつ

29:Rika◆ok 一ノ瀬志希担当 hoge:2018/06/24(日) 14:46

しよう

30:Rika◆ok 一ノ瀬志希担当 hoge:2018/06/24(日) 14:47

モバマスのオリキャラ考え隊

31:Rika◆ok 一ノ瀬志希担当 hoge:2018/06/24(日) 14:52

タイプはキュート
小悪魔系で
身長161
体重45
結構痩せてるん

ちょっと性格終わってる
まあ大抵なんでも出来る
北条加蓮と仲良くさせたい


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS