イレギュラーは処理する!ALLキャラなりきりX!

葉っぱ天国 > なりきり > スレ一覧 1- 101- 201- 301-キーワード▼下へ
1:エックス&ゼロ◆Oo:2018/09/28(金) 21:41

エックス「えー…皆さんこんにちは。ロックマンXのイレギュラーハンターのエックスとゼロです。この度は『イレギュラーは処理する!ALLキャラなりきりX!』にお越しいただき、誠にありがとうございます!」
ゼロ「…つか、なんだこのふざけたタイトルは…俺たちの作品の要素出しすぎだろ」
エックス「まあまあゼロ、いいじゃないか…
さて、こちらでなりきりを希望する皆様には、いくつかルールを守ってもらう必要があります。
1.キャラは管理できるなら何人でも可能
2.不快になるかたもいるので過度なキャラ崩壊、捏造はしないこと
3.恋愛、戦闘をやる際、相手の方に許可とること。なお、エロ、グロは禁止、BL、GLはあり
4.なりすまし、荒らしは禁止
…以上です。はいゼロ、これ読んで?」
ゼロ「は?……以上のルールを守らなかった場合、イレギュラーと見なし叩き斬る。
…って、何言わせるんだ…!」
エックス「というわけで、興味のある方はぜひ来てくださいね。お待ちしています!」

294:暗霧 儷:2018/10/08(月) 11:05

[何度もすみませんが、私は先程、参加希望者だと名乗って居たものです。上の文は失礼致しました]

295:エックス&ゼロ&ロック&ロール◆Oo:2018/10/08(月) 11:07

>>291
【設定確認致しました。参加どうぞ!】

296:暗霧 儷:2018/10/08(月) 11:30

[参加許可ありがとうございます]
.......むむ..此処は何処だ?私は儷.....
...いや...私あの世はまだ行きたくないぞ?探索探索ゥ!
..なんちゃって...はぜ私は今じいちゃんの真似したんだろ...せめて人を探そうかな...

297:抱え落ちの名人◆P4U こいしちゃんと空ちゃんは渡さないっ!あとその他のお気に入りも:2018/10/08(月) 11:42

「あ、またなんか来たーせっかくだしそっちに行こ」

298:抱え落ちの名人◆P4U こいしちゃんと空ちゃんは渡さないっ!あとその他のお気に入りも:2018/10/08(月) 11:55

すっ、と姿を消し、黒猫(そう呼ばせてもらいまーす)の後ろにスタンバイ

299:抱え落ちの名人◆P4U こいしちゃんと空ちゃんは渡さないっ!あとその他のお気に入りも:2018/10/08(月) 12:10

そろそろかな?
電話を鳴らす。
「私、メリーさん。今、あなたの後ろにいるの!」

300:暗霧 儷:2018/10/08(月) 12:11

(人見つからないな.....)
[クルンッと後ろを見て]
...に"ゃッッッ!!!?
[凄く驚いたようで、約2mぐらい上に飛んで着地してから]
ッ!?いつの間に!?
[あたふたと驚き、焦り、そして困って顔をしている]

301:抱え落ちの名人◆P4U こいしちゃんと空ちゃんは渡さないっ!あとその他のお気に入りも:2018/10/08(月) 12:17

「あはは!貴方面白いわっ!」

302:暗霧 儷:2018/10/08(月) 12:39

.....??えっと......貴方は?...え〜と...私は暗霧 儷です('-'`
[困った顔で自己紹介かのように名前を聞く]

303:抱え落ちの名人◆P4U こいしちゃんと空ちゃんは渡さないっ!あとその他のお気に入りも:2018/10/08(月) 12:51

「私、古明地こいし!よろしくね!儷!」
(中の人:漢字変換が出ないので儷はコピペします)

304:暗霧 儷:2018/10/08(月) 14:14

ああ....よろしく 此処は何処なのかわかるか?私は全く覚えがないのだが...
(中の人_すみません、つれあい と漢字で儷と出るかもしれません)

305:抱え落ちの名人◆P4U こいしちゃんと空ちゃんは渡さないっ!あとその他のお気に入りも:2018/10/08(月) 14:17

「わかんない!私も灼熱地獄跡でお空と遊ぼうとしていて、気づいたらここに居たの!」
(中の人:出ませんでしたー)

306:暗霧 儷:2018/10/08(月) 14:42

気がついたら....か.....何の手がかりも無しか(´-_-`
(中の人:出ませんでしたか...読み方はならぶ、つれあい、れい ぐらいしかないので多分出ないのかと想います

307:メタルソニック:2018/10/08(月) 14:46

「暴れル ナら オ前 も 得意 だナ」

敵意無く男に返答する…割と社交性はある

308:抱え落ちの名人◆P4U こいしちゃんと空ちゃんは渡さないっ!あとその他のお気に入りも:2018/10/08(月) 14:47

「とりあえず探検しよ!」

309:暗霧 儷:2018/10/08(月) 15:24

探索...嫌な予感もするけど探索しないと何も始まらないからとにかく当たりを探すかぁ............

310:ワムウ◆TP2:2018/10/08(月) 16:37

「フッ……ただ暴れるのは好かん。
固い意思と強敵あっての闘いだ。」
ワムウは、純粋な戦士なのである。

311:抱え落ちの名人◆4U こいしちゃん空ちゃんは渡さないっ!あとその他お気に入りも:2018/10/08(月) 18:02

「それで…まずどこ行く?」

312:暗霧 儷:2018/10/08(月) 19:36

まず声は何処からか聴こえる...でも行っていいのか分からない状況だな....

313:メタルソニック:2018/10/08(月) 21:06

「 ソウか 」

彼にも、何と無く分かる...彼もまた戦闘狂に似た者だからだ

そう答えながら、動く生命体を目で追い続ける…

314:ワムウ◆TP2:2018/10/08(月) 22:36

ワムウは、古来から闘いに生きる戦士。
闘いを自らの居場所とし、生き甲斐とする。
故に戦士、故に修羅、故に強大ッ!!!
ワムウは、この世界について知りたい、
そう思うと同時に、微かながら、
牙を剥く『強者』である事を期待していたッ!!!
>>273の3人へ続く───

315:抱え落ちの名人◆P4U こいしちゃんと空ちゃんは渡さないっ!あとその他のお気に入りも:2018/10/09(火) 17:06

「うーん…逆に誰もいない所を探索しよ〜、なんか面白いものあるかもしれないし」

316:抱え落ちの名人◆P4U こいしちゃんと空ちゃんは渡さないっ!あとその他のお気に入りも:2018/10/09(火) 17:06

「うーん…逆に誰もいない所を探索しよ〜、なんか面白いものあるかもしれないし」

317:抱え落ちの名人◆P4U こいしちゃんと空ちゃんは渡さないっ!あとその他のお気に入りも:2018/10/09(火) 17:07

(中の人:ミスです。一回押したら一気に二つ同じレスが湧きました)

318:エックス&ゼロ&ロック&ロール◆Oo:2018/10/09(火) 17:21

【……すいません、誠に申し訳ないのですが、展開についていけないです…】

319:暗霧 儷:2018/10/09(火) 18:03

じゃあ誰も居ない所を探すか......何かあると良いのだけれど...
[不安そうな顔で音の聴こえない所はこの方面と儷は指を指す]

320:ワムウ◆TP2:2018/10/09(火) 18:21

【仕方無いですよ、今は話が大きく4つか5つに
分かれてる様ですから。】

321:ワムウ◆TP2:2018/10/10(水) 07:27

【どうしよう!>>273の人が来てくれないと
こっちの話が一行に進まないッ!!!】

322:抱え落ちの名人◆P4U こいしちゃんと空ちゃんは渡さないっ!あとその他のお気に入りも:2018/10/10(水) 18:13

(中の人:>>321そ!れ!な!>>319えっと、市街地に出る、でいいですか?)

323:暗霧 儷:2018/10/10(水) 20:30

[中ノ人:>>322どうぞ)

324:抱え落ちの名人◆P4U こいしちゃんと空ちゃんは渡さないっ!あとその他のお気に入りも:2018/10/12(金) 21:10

「なんか、面白いとこに出たー」
(中の人:修学旅行があったので遅れましたー)

325:ボイドール&リリカ◆oQ:2018/10/12(金) 21:30

>>266の者ですー遅れましたー!どうすればいいですかね?】

326:メタルソニック:2018/10/12(金) 23:06

「 」

男からの大まかな指示を待つ…
探知してある生命体が動きを見せる気配は無い
焦る必要は無いと彼は判断する…

327:ワムウ◆TP2:2018/10/13(土) 00:09

ワムウもまた、3人の青年達の様子を伺っていた。
だが、彼等を一目見た時、ワムウは思った。
『奴̀等̀は̀こ̀の̀世̀界̀の̀存̀在̀で̀は̀無̀い̀』とッ!!!
「ム……どうやら、奴等から得る物は
何も無い様だ。特に敵意も無闇さも感じない。
まずこの世界の者では無い、我々の様にな。」
そしてワムウはこれ以上は無駄だと悟り、
即座に判断、それを機械生命体に告げる。
「もしもお前がまだこのワムウとの闘いを
望んでいるのならば、邪魔の入らぬ様、
なるべく人気の少ない場所へ行こう。
決着はそこで付けるぞ……ッ!!!」
ワムウの傷はすっかり回復して、万全だ。
だがそれは機械生命体も同じッ!!!
ワムウは機械生命体の返答次第で、
今度こそこの強者(とも)との闘いに、
決着を付ける気で居たのだッ!!!

328:メタルソニック:2018/10/13(土) 02:00

「…付イテ 来イ 」

即座に適した場所を割り出し、そこへ男が見失う事の無い速度で移動する…
決着を付けたいのは彼も同じである以上、その行動は早い

329:ワムウ◆TP2:2018/10/16(火) 23:10

【展開が進まねェーーーッ!!!
テスト週間でまともな浮上も
ままならないぜェーーーッ!!!】

330:アイリス◆Jo:2018/11/30(金) 20:25

ゼロに会いたいわ!
(かなり寂しそうに)

331:アイリス◆3s:2018/11/30(金) 20:26

トリップわからないわ…

332:メタルソニック:2018/11/30(金) 20:52

「 stardust speedway… 」

高速道路の跡地なのだろうか…果てしなく長い道路上に彼は立っている
どうも、彼にとって勝負に相応しい場所とは『全力で移動できる』場所らしい
同じ様な場所で負けた事など知らないと言うように
彼は相応しい場所にて、相応しい相手を待っている

333:アイリス◆G.:2018/11/30(金) 21:02

あら?
あなた…
(気配感じて)

334:ワムウ◆P2:2018/11/30(金) 21:32

>>332
『───ズダァァァァアンッ!!!』
ワムウは、機械生命体の声に従い、
何も無い大きな道路に降り立った。
ワムウもまた、闘いの準備は出来ている。
「どうやら、邪魔する者の無い場所を
上手く見つけられた様だな……、良いだろう。
さぁ、来るがいい……猛々しき機械の戦士よッ!!!」
ワムウは、両腕に風を纏わせながら、
機械生命体を鋭く見据え立ち尽くした……。
>>メタルソニック

335:ワムウ◆P2:2018/11/30(金) 21:33

【復活しますた☆】

336:メタルソニック:2018/11/30(金) 22:48

→ワムウ
「 見エルカ? 」
到着した戦士を確認すると 彼は今立っている道路跡地の先…
霞んで見えない程の距離を経て、道路には断崖絶壁の終着点が存在している
「 stardust speedway…コノ先ニ着クマデニ、終ワラセヨウジャナイカ」
レースをしつつ戦う…彼はこの対決方法がお気に召している様子である
(*ジェネレーションのメタルソニック)
(ジェネレーションの

337:ワムウ◆P2:2018/11/30(金) 23:31

>>336
ワムウは、機械生命体の提案を聞き、
ある記憶が走馬灯の如くよぎった。
そしてワムウは、その提案を呑んだッ!!!
「良かろう……レース形式の闘いと言う訳か。
ならば、こちらにも準備が要る、少し待て。」
そう言うとワムウは、風を周囲に放つ。
すると、どこからともなく現れたのは、
かの戦車戦で用いた、2頭の吸血馬だったッ!!!
その力は石仮面により、通常の馬の約10倍ッ!!!
そしてワムウは、おもむろに馬の上に立つと、
両足をそれぞれの馬と同化させたッ!!!
「これで充分な脚が手に入った……。
さぁ、始めるとしようではないかッ!!!」
そう言うと、ワムウは手綱を2頭の馬に
ピシャリと叩き付け、馬を鼓舞させたッ!!!
>>メタルソニック

338:メタルソニック:2018/12/01(土) 08:13

→ワムウ
「3 2 1 GO!」
戦士が準備を終えたのを知ると 彼はすぐさまカウントを始め…
『エアブースト』の飛行と超スピードで一気に戦士との距離を引き離す

そして、遅れて来るであろう戦士への妨害としてか道路標識や信号を叩き折り
戦士に向かって次々と、回転させながら投げ飛ばす!

彼の慣れた戦法だが、普通に無茶苦茶である

339:ワムウ◆P2:2018/12/01(土) 13:40

>>338
機械生命体の掛け声と共に、
ワムウと吸血馬も駆け始めるッ!!!
馬のスタミナもほぼ無尽蔵だが、
なるだけ負担を掛けぬ様、少しずつの加速。
すると、次々と道路標識や信号が、
ワムウに向けて投げられるッ!!!
しかし、発達した筋力とある程度の防具を
備えた吸血馬、それらを物ともしないッ!!!
「この馬は石仮面の力で、馬ならざる力を持つ。
それしきの妨害、むしろ奮い立つ位だッ!!!」
案の定、2頭の吸血馬は更に興奮に息巻き、
その日走りを凄まじく早めて行くッ!!!
>>メタルソニック

340:メタルソニック:2018/12/01(土) 15:09

→ワムウ
一瞬の内に戦士の後方に回り込み、次の攻撃が放たれ…
いや違う 彼が電撃を纏いながら突撃して来る!
超加速と放電を併用した彼の十八番『オーバードライブ』が戦士を襲う!
(山吹色だし纏ってるし物理攻撃)

341:ワムウ◆P2:2018/12/01(土) 15:45

>>340
ワムウは、機械生命体の次なる攻撃に
素早く反応し、馬との同化を解除し、
2頭の吸血馬の上に立つと、両手を広げる。
「そのエネルギー、まるで波紋の様だ……。
しかし、エネルギー波の形状は異なるらしいな。
恐れるに足らん、捨て身のつもりかッ!!!」
そう言うとワムウは、吸血馬を左に寄せる。
すると建物の残骸の山の中から通り過ぎ様に、
巨大な大理石の柱を持ち出したッ!!!
『な̀ら̀ば̀俺̀は̀、こ̀の̀柱̀を̀ッ!!!』
その柱を軽々と担ぎ、機械生命体を迎え撃つッ!!!
>>メタルソニック

342:メタルソニック:2018/12/01(土) 15:59

=〉ワムウ
動き辛くなったであろう戦士を確認し、彼は方向を強引に曲げ戦士から離れる…?
「周リヲ見テミロ」
戦士の行く先には何と標識と信号機の山!挙句空からは…
空からは道路の一部を砕いたのであろう瓦礫の山が襲い掛かる!
「学習サセテ貰ッタ、罠ハ堂々ト仕掛ケラレテ分カル物デハナイ、ダロウ?」
勝ち誇った様な言葉の彼は、あろう事か更に後ろから道路を砕いて来たっ!
体当たりのみ、それだけで道路を砕きながら突撃して来る彼!
全方位に逃げ道無し!絶体絶命の状況を作り出されたっ!

343:ワムウ◆P2:2018/12/01(土) 16:38

>>342
機械生命体の言葉の意味、ワムウは、
それを理解するのに殆ど時間は掛からなかったッ!!!
「面白い……闘いの中で成長しているな……。
だが、このワムウにとっては、想定の範疇。
まだまだこの程度で怯みはせんッ!!!」
すると、ワムウは柱に風を纏わせ、
上方向に思い切り振り抜いたッ!!!
すると、空中の瓦礫は全て吹き飛ぶッ!!!
更に正面の残骸の山は、2頭の吸血馬に、
陸上のハードルの様に薙ぎ倒されて行くッ!!!
更にワムウは、柱を持ち直して、
突進して来る機械生命体目掛けて巨大な柱を、
片手で槍投げの如く投げつけたッ!!!
>>メタルソニック


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS