〜シンデレラの憂鬱 VERSIONU〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 1- 101- 201-キーワード▼下へ
1:♪さんご♪ ◆iAoc:2013/11/27(水) 17:26 ID:F1A

○oo☆。゜PROLOGUE○oo☆。゜

シンデレラ――……

それはどんな不幸でも乗り越え、幸運を手にした少女の名。

シンデレラの生まれ変わりとも言える少女の物語――


>>02 CHARACTER FILE 登場人物紹介

>>03 作者からのコメント

>>04 VERSIONTHISTORY VERSIONTのあらすじ

160:♪S& ◆oUck:2013/12/25(水) 12:58 ID:F1A

短編のほうを勧めないと…"(-""-)"

161:♪SAйGO ◆iAoc:2013/12/25(水) 17:00 ID:F1A

わざわざ乗せるまでもないけど…
前以上に傷ついた。
http://ha10.net/novel/1387955996.html
http://ha10.net/novel/1387956093.html

162:♪SAйGO ◆iAoc:2013/12/25(水) 17:02 ID:F1A

小説家さんごのファンをたたく
駄作小説家さんごをたたくすれ。

駄作小説家さんごをたたくすれはともかく。
小説家さんごのファンをたたくは、麗やアリアs、さす兄とかkido先生とか
私の小説が下手なせいで…

ごめんなさい。
お詫びします…

163:♪SAйGO:2013/12/25(水) 17:03 ID:F1A

またまた書く気力がないので終わりにします。
こんなことで落ち込まないよう、努力します(´・ω・`)

164:Siki ◆OYA2 hoge:2013/12/25(水) 17:17 ID:APM

元気出して下さいよ!
私、さんごさんの書く小説大好きです!

165:kido:2013/12/25(水) 17:28 ID:tcg

あんなの((
気にすんなって!
応援してるよ!別に俺は何言われたって良いから

166:♪SAйGO hoge:2013/12/25(水) 17:32 ID:F1A

うん…^^;

167:♪SAйGO:2013/12/26(木) 08:03 ID:F1A

kido先生ごめん
sikiちゃんありがと!!

168:♪SAйGO:2013/12/26(木) 08:14 ID:F1A

「急いで!翼が折れる!」
光乙は先頭に進んで誘導するように行った。
「ひいぃ」

風邪が強く、思い通りにいかない。
「早く!」
最初に可憐が飛び込み、綺沙羅と続いた。

無事救命ボートへ乗り込めた……

「光乙〜」
「うん」
光乙も足を一歩だした、その時のこと――……

「させるか!地獄へ道連れにしてやる――!」
コックピットに乗っていたウェルナーが急上昇させてしまった。

169:♪SAйGO:2013/12/26(木) 08:21 ID:F1A

「な……!?」
可憐は慌てずに居られなかった。
急上昇できるくらいのエネルギーを使ったら爆発する!

「どうしよう……」
光乙は涙目になりながらも眉を寄せた。

見下ろすと救命ボートに乗っている人が手を振っている。
風向きは南。ボートの反対側!
アぁ最悪だっ。

闇の皇帝が地獄へ招いてる――……。

ガッ
「きゃあぁっ」

―――――――――――――――――――
―――――――――――――――――
―――――――――――――――
―――――――――――――
――――――――――
――――――――
――――――
―――――
―――
――


「観音崎さん!」
足を滑らせ、光乙は海へ――落下した。

170:れい:2013/12/26(木) 10:57 ID:9Fk

>>162
他の人は分からないけど…
僕には被害来てないから大丈夫だよ^^
ま、被害あったとしても傷つくような僕じゃないけど

171:SAйGO♪:2013/12/26(木) 13:09 ID:F1A

「光乙!」
麗はボートを抜け出しかけ、瞳を揺らがせた。
可憐は麗の手を引っ張り、引き留めた。
「もう……手遅れ……」
エリザベスが俯いて呟いて、海のほうに視線をやった。

「そんなこと……言わないで!言わないでよ!事実だとしても!」
麗はすごい剣幕で隣り、吐き捨てるように言い、形相が激しくなった。
割れた声だけがこだまし、虚しく響く。

「意味ないじゃない……生まれてきた意味が……!」
波が荒く、叩きつけられるように波が押し寄せてきた。

「親友じゃん!」

172:SAйGO♪:2013/12/26(木) 13:10 ID:F1A

れいには被害なかったんだ、よかった〜……(*'▽')

173:Siki ◆OYA2:2013/12/26(木) 18:32 ID:APM

安心して!もし来たらメタメタにするかr(((((殴

174:SAйGO:2013/12/27(金) 08:02 ID:F1A

め……メタメタw^^;...

175:SAйGO:2013/12/27(金) 08:17 ID:F1A

何、この感じ――……

私が助けに行かないと……行けないの?

それが――私の宿命のように感じる……

もうなんなの!
私が行くとこ住むとこ不幸に塗れやがって!
シンデレラは羨ましいわ
最終的に幸運になるんでしょうっ

ヒステリックになって自分の太ももを思い切り打ち付けた。

「ダメもとで光乙のところ……見に行ってくるよ」
自分でも訳の分からないことをぶつぶつとぼんやり呟いた。
「私も……私も行かせて!行かせないと……!」
麗は激しく可憐を揺さぶった。

「観音崎さんの亡骸を見届ける勇気があるのなら――来て」
「!」
麗は突然可憐の肩をパッと放して俯き、やがてしばらく考えてから前を向いて小声で呟いた。
荒い押し寄せる波を眩しそうに見ながら。

「……い……い――かな……」
一瞬チラッと10メートル先の方で手が見えた。
一秒にも満たない瞬間だったが、麗の目はそれを捉えた。

「い……行ってみる!」

176:SAйGO:2013/12/27(金) 17:15 ID:F1A

事情があって、1週間前後更新できませんので、それまでに誰かあげてくださる方が居れば幸いです

177:Siki:2013/12/28(土) 20:38 ID:APM

あげます!

178:れい:2013/12/28(土) 22:44 ID:9Fk

>>172
僕は大丈夫だったけど、他のみんなは分かんない…

179:瑠璃 ◆WUeQ:2013/12/29(日) 11:24 ID:mhg

あげますね!!

180:SAйGO:2013/12/29(日) 16:12 ID:F1A

年賀状 □□□―□□□□

時間がないので一足先に送ります
そろそろ2013オワタ〜

よいお年を!

181:SAйGO:2013/12/29(日) 20:49 ID:F1A

あげてくれた方ありがとうございます!

182:kido:2013/12/29(日) 21:05 ID:tcg

新みんチャ入れなくなった…
パーティーどうしよう…?

183:SAйGO:2013/12/30(月) 09:33 ID:F1A

だからあび屋に来たってわけね...

るるか♪でやってるから声かけて

184:kido:2013/12/30(月) 12:15 ID:tcg

それが3DSに対応してないっぽい←
((雑談サーセン

185:SAйGO:2013/12/30(月) 14:09 ID:F1A

一富士
   /~~~ヽ
  /VVV\
 /::(^Д^)::\
ノ:::(ノ:::|)::::\
   |  |
   し`J
二鷹   __
    彡`゜/ニヽ
    /ッッイ
___/( ^Д^)==ァ
弋ッッッ) ヽ |三ジ
 彡彡ノ_ノ_ノー′
   `ー|∩|
    mm
三なすび
良い夢見ろよゴルァ!!
    冂
   んvvゝ
   |  |
   ノ(^Д^)
  / (ノ |)
  |   |
  \__ノ

186:SAйGO:2013/12/30(月) 14:09 ID:F1A

今年はこれで書き込み終わりです
新年開始は1月6から!

187:さすらい ◆xEr6:2013/12/31(火) 14:39 ID:lZQ

>>182
同じく入れなくなってる。

188:SAйGO:2014/01/01(水) 14:00 ID:F1A

あげますー
さす兄も!?

189:れい:2014/01/02(木) 22:31 ID:9Fk

あけましておめでとう!
もう、2日だけど…(笑)

190:SAйGO:2014/01/06(月) 07:23 ID:F1A

あけましておめでとう!
はっぴ〜にゅ〜いや〜
(もう6日ww)

191:SAйGO:2014/01/06(月) 07:30 ID:F1A

中学に入学するので色々忙しくなって更新遅くなりそう……
だけど主人公が中学生だからもっとリアルに書いていきます!
(消防が書いていた小説カオス!)

192:SAйGO:2014/01/06(月) 08:38 ID:F1A

「貴方達、観音崎さんを助けに行こうと思っているんでしょう」
綺沙羅が険しい目つきで麗と可憐を睨む。
2人は微動だにしていない。

「そ……そんなつもりは微塵も……」
「いいわ、これは私の使命。貴方は下がってて」
麗の言葉を遮るようにして綺沙羅はそっと向こう岸のほうへまわった。

「観音崎さんが……巻き込まれてしまったのは――」
「それ以上……それ以上……それ以下でも言わないで!」

可憐が自分を責めていることを察したのか、麗が怒鳴り声をあげて叫んだ。
激しい剣幕につられて、可憐は数分黙り込んでしまった。

波が怒りを表すように高くなり、風向きも怪しくなる。
船が光乙の身体に伸し掛かってしまうかもしれない。

相変わらず生徒は平然と喋ってばかりだし、救命委員も助けようと動きに出ない。
アラリー・ウェルナーのヘリが可憐達の頭上を何度も何度も往復するだけだった。

193:SAйGO:2014/01/07(火) 14:41 ID:F1A

もう、周りを巻き込みたくない。
巻き込んで、死んで――……。

それは30分前。

綺沙羅が行った時にはもう、ウェルナーは逃げてしまい、追うこともできなかったようだ。
飛行機から光乙を救助した。

波が荒かったため、かなり遠くまで"遺体"は攫われていた。
脈を測ったところ、息はもう―――なかったらしい。

「酷すぎます……!光乙は水泳が得意でした!」
麗は涙目になり、必死に何かを訴え続けた。
「原因は窒息死ではなく、凍死。仮に泳げたとしても、静水状態じゃないから自由に泳げなかったはずよ」
「こんな真冬だもの……」

ロサンゼルスのホテルについてからというものの、麗は夕食はがっつり食べたし、口もきいている。
表情も笑っているが、一人になることが多くなったという。

194:SAйGO:2014/01/08(水) 13:42 ID:F1A

ホテルの食堂で、エリザベス・セリーヌが麗に語った。

「未来へ羽搏く の意味……分かる?」
「……え?」
麗は水を一杯飲んで首を傾げた。
「良い意味に思えるかもしれない」

周りにはもう誰もいない。
可憐が隅に居るだけで、静まり返っていた。

電球が1つついているだけで、薄明るかった。
「悪い未来にだって……羽搏かなくてはいけないの!」
「…………」
エリザベスに返す言葉が見つからず、麗はうつむいた。

195:SΑйGO♪:2014/01/08(水) 18:38 ID:F1A

ブログしばらく更新続きます♪
http://cgi-games.com/abi/profile/profile.cgi

196:サンゴ:2014/01/08(水) 18:41 ID:F1A

http://cgi-games.com/abi/profile/profile.cgi?mode=view&name=%82%E9%82%E9%82%A9%81%F4
こっち
もしくは上のアドレスで『るるか』で検索!

197:SΑйGO♪:2014/01/12(日) 16:07 ID:F1A

心が傷つき、そして――……
腐って萎んで行くんだ!


もう限界、だよ、もう、もう好い加減に……っ

深夜の3時をまわっている。
食堂には誰もいない。
懐中電灯が横にあるだけで、暗くて見えにくい。

水が入ったグラスをこぼし、可憐は息遣いを荒くして項垂れた。
「最悪……、最も……悪い……!」

この件で観音崎さんを殺した真犯人は私、私なんだ。
私さえ来ていなければ、こんな不幸な目にあわずに済んだんだ、立花さんも、観音崎さんも!


最悪な一夜を過ごしたのは――……私だった。

酷い空へ羽搏かせるのを促したのは――……私だった。

198:SΑйGO♪:2014/01/12(日) 16:13 ID:F1A

○oo☆。STORYZ○oo☆。 〜シンデレラの法則〜

誰でも乱すことのできない、それが法則――……
今まで一度も乱さなかった法則があった。

それを乱した者はまだこの世に誰も居なかった。

199:SΑйGO♪:2014/01/12(日) 16:17 ID:F1A

新キャラFILEX

相住 成音 Aizumi Naoto♂
DATA
エリザベス宅の隣に住むニート。
ハーバードを卒業し、コンビニでバイトをしようとしたら断られた。
エリザベスの良き相談相手、カメラオタク。

200:れい:2014/01/13(月) 00:30 ID:9Fk

ハーバード卒でニートかよww
光乙〜……↓↓

201:れい:2014/01/13(月) 07:52 ID:9Fk

200とっちゃった…ごめ。
200おめっ!

202:SΑйGO♪:2014/01/13(月) 15:32 ID:F1A

面接の相手が『とんでもない!』って断ったそうです。
++++++++++++++++++*******************************
私はヒトラー並に残酷です!
**********************************************
いつの間にかもう200...

203:SΑйGO♪:2014/01/15(水) 17:25 ID:F1A

チリリン――……リリリリ……

夕焼けをバックに賑わう商店街。
国道の高層ビル建設集中地域から少し離れたところ。
コンビニが一件あるだけで、あとは個人で営む店だ。

「ふぅーここかぁ、面接所!緊張するなぁ」
履歴書を片手にリュックを背に。
一人の若い男性がコンビニの駐車場で光る看板を眩しそうに見上げた。


「失礼致します。私、面接を申し込んだ者、相住成音と申します」
「あぁ、面接依頼を申し込んだ……さぁ、座って下さい」

緊張した心を表さず、涼しそうな顔で向かった青年。
面接員は酷く面食らったようだった。
大抵の人は間誤付いて、うろたえるからだ。

204:れ:2014/01/15(水) 21:12 ID:9Fk

そっか。
優秀な人材を取り合う世の中だけど、優秀すぎる人材は恐れ多くて取れない、と…。
(おそらく、優秀な人材を棒に振る方が恐れ多い)

205:神月 ◆iAoc:2014/01/20(月) 15:41 ID:F1A

わかってらっしゃる...

ちなみに元さんご
id一致

206:綺羅月 ◆iAoc:2014/01/20(月) 15:41 ID:F1A

神月じゃないよー、綺羅月だよーー

207:れい:2014/01/20(月) 21:44 ID:9Fk

>>205 >>206

名前変えたのね^^
きらつき?きらら?

208:綺羅月 ◆iAoc:2014/01/21(火) 16:14 ID:F1A

きらつき...ね

209:綺羅月 ◆iAoc:2014/01/21(火) 16:57 ID:F1A

http://official.ameba.jp/genre/genre16update.html
ようかんs↑


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS