ここは明確スイーツ研究部!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 1- 101- 201- 301- 401- 501-キーワード▼下へ
1:モンブラン:2017/01/27(金) 22:06

文才とかないですけど、
見てくださったら嬉しいです。

474:みゆ◆x.:2017/10/23(月) 12:14

もちろんいいですよ。
そんなこと言ってくださってとても嬉しいです。

475:みゆ◆x.:2017/10/27(金) 22:11

13.4人でお買い物!
その日、わたしたちは隣町のショッピングモールへ出掛けた。
学校が終わってから、すぐ荷物を持って、美華ちゃん家のリムジンで。

「まあ、わたしはここでプレゼント済ませようかしら」

美華ちゃんがつぶやき、優佳ちゃんが持っていたスマホを差し出した。
画面を覗き込む。
すると、ショッピングモールに売られているクリスマスプレゼントの一覧が出ていた。

「美華ちゃんこれ見て決めたら?」

穂乃香ちゃんも同じページを開いて、見せてくれる。
今回、保護者として、運転手さんとおばあちゃんが来てくれる。

「見て見て!これ可愛くない!?」

わたしが指差した文房具セット。
鉛筆、消しゴム、メモ張、ペン、小さな鉛筆削りのセット。
しかも、値段は560円。
めちゃめちゃ安いじゃん!
わたしのお小遣いでもよく買える!

「真美ちゃんがこれ選ぶとするじゃんか〜。男の子がもらったら?」

「それは…誰かもそういうことあるかもだし、交換?」

「それはそれで面白いかもね」

なんて話を交わしていると。
リムジンが停まり、美華ちゃんが指示を出す。
一度来たことがあるここ。
晴奈ちゃんと来たんだよね。
ああ、楽しみっ!

「じゃあ行きましょう」

美華ちゃんは、ワンピースのすそを翻して、クリスマスプレゼントルームへ足を向ける。
止まることなくズンズン歩いて行く。
調べてくれたのかな?
トウナちゃんたちが調べてくれたみたいに。

476:みゆ◆x.:2017/10/28(土) 13:53

14.マーフィーの文房具セット
ここがクリスマスプレゼントルーム。
彩り鮮やかなラッピングを手に、スキップする保育園児。

「ここから選びましょう」

美華ちゃんが品を手に取る。
よーし、わたしも、スマホに載ってた文房具セットを探すぞ〜。
近くに、男の子でも女の子でも使えそうなのあるかもだし。

「真美ちゃん待って待って」

おばあちゃんも一緒に探す。
なかなか見つからないな〜。
穂乃香ちゃんが、探していた文房具セットを見つけてくれた。

「ありがとう、穂乃香ちゃん!」

探していたキャラクターのセットを見つけて、手に取る。
これは確実に女の子だもんな〜。
わたしは、男の子でも使えるデザインのセットを見た。

「どれか、真美ちゃん用に買ってあげようか?」

「うんん、いい」

おばあちゃんにはラケットもらうんだけど、サンタさんからは何もらおう。
シューズにしようかな。

「これはどうだい?」

おばあちゃんが手に取ったセット。
それは、最近人気のマーフィーの文房具セット。
女の子はもちろん、わたしも使いたいくらいのデザイン。
それに、男の子でも使える、女の子過ぎないデザイン。

「これにする!値段は…680円」

サイフから700円を取り出す。
先に会計を済ませて、美華ちゃんたちのところへ向かった。

477:みゆ◆x.:2017/10/28(土) 14:04

15.突然スプレー事件!
それぞれ、わたしはマーフィーの文房具セットを。
美華ちゃんは中学校でも使えるトートバッグを。
優佳ちゃんは腕時計を。
穂乃香ちゃんは髪の毛のアレンジセットを買ったみたい。

「じゃあね、美華ちゃんありがとう」

順番に、穂乃香ちゃん、優佳ちゃん、わたしの順番で降りていく。
家に着くと、おばあちゃんはリムジンを見つめた。

「真美ちゃんの友達にあんな子がいたなんて知らなかったわ」

話したことなかったもんね。
今日はいろいろあったしということで、外食にした。
久しぶりにお寿司も食べたかったし。

「ごめんね。おばあちゃんとふたりきりのお寿司で」

「うんん。嬉しい」

こんな時だけだった。
わたしが嬉しいだなんて言えるときなんて。


学校に行くと、美華ちゃんたちも、もちろんわたしもビックリした。
まだ誰も来ていないはずの校舎。
警備員が警備したはずの校内。
なのに…。

「多田本真美、青山野学園の校長に断られた…ですって!?」

初等部の壁いっぱいにスプレーで書かれている言葉。
わたし、断られてないし!

「真美ちゃんガチ?」

「うんん、知らないよ、違う違う!」

何で…一体、どうして…。

478:みゆ◆x.:2017/11/02(木) 16:48

16.犯人は
みんなが登校してきて、人だかりが出来るようになった。
そんな中で、クスクス笑う子たち。
そちらを見ると、秀花ちゃんグループがいた。

「ちょっと、こっち見られた!あっち行って、あっち」

秀花ちゃんのグループのひとりが声を張り上げ、逃げていく。
そんな様子を、美華ちゃんはしっかり見ていた。

「真美ちゃんは児童会長だからとかじゃない。めっちゃ頑張ってたし!」

美華ちゃん…。
ほっこりした気持ちで見ていると、美華ちゃんは指差して叫んだ。

「優佳と穂乃香、捕まえてここまで」

足の速い穂乃香ちゃんは、ひとりで秀花ちゃんたちを追い掛ける。
優佳ちゃんもそれに続いた。
ムスッっとした顔の美華ちゃんに、とても嬉しかった。

「真美ちゃんがかわいそう。意味わかんねえ。どうせアイツらだよ」

穂乃香ちゃんが秀花ちゃんと、ふたりの女の子を。
優佳ちゃんがひとりの女の子を連れてきた。

「ちょっとこっち来い」

美華ちゃんに呼ばれて、秀花ちゃんグループはたたずんだ。
思いっきり美華ちゃんはみんなをにらみつけると、声を張り上げた。

「これやったのお前らだろ!」

「…」

秀花ちゃん、わたしと楽しく話す仲良しの友達だと思ってたのに。
どうしてわたしの友達は…。

「答えろよ!」

辺りはざわめきを消し、こちらを注目している。
美華ちゃんに呼び出されるのはすごく大きいもんね。
だって校長先生の孫だし。
わたしも、自分が怒られているかのように聞いていた。

479:みゆ◆x.:2017/11/07(火) 20:21

17.トドメの一言
すると、一番初めに秀花ちゃんがゆっくり前に出た。
美華ちゃんをはっきりにらむ。

「よく分かったね。わたしたちがやらせてもらった」

「何のために?」

「もちろん嫌がらせのため」

秀花ちゃんが、わたしに嫌がらせ…?
ウソでしょ。
一緒に児童会活動したじゃん。

「だって、わたしの方が優秀だし、児童会も入ってるし。涼太の幼なじみだよ!?なのに何で」

美華ちゃんは、鋭い目でにらみ、吐き捨てた。

「そんなことやってるから推薦されないんだよ。真美ちゃんに謝り、反省文5枚をわたしと校長、真美ちゃんに提出し、グループみんなで弁償することが償い」

美華ちゃんの後を、悲しい目をしたわたしたち3人は付いていく。
どうしてわたしの仲良しはこんなに離れていってしまうの…?

「大丈夫よ、真美ちゃん。アイツらもやらざるをえないから。校長に伝えてくるから、後はよろしく」

美華ちゃんは校長室へ向かい、わたしたちは教室へ向かった。
だけど、関係者として。
児童会長として。

「優佳ちゃんたち先行ってて」

わたしは、トイレのバケツに水をたっぷりため、廊下へ出た。
学校のスプレー、水で落とせるんだよね〜。
手荒い場のスポンジとぞうきんを使って、スプレーを消す。
これでも、ちょっとは汚れてる。
これをしっかり弁償するんだ、秀花ちゃんたちは。

「真美ちゃん。わたしもやる。黙って見てられないし」

優佳ちゃんと穂乃香ちゃんが来て、一緒に壁とスプレーと立ち向かう。
近くで、秀花ちゃんグループがいた。
腕を組んで。

「まだ真美ちゃんに用があるわけ?」

優佳ちゃんが一歩前に出る。
わたしと穂乃香ちゃんも壁と立ち向かうのを一旦やめる。

「早く帰りな。あなたたちに用はないから」

穂乃香ちゃんの一言で、去っていった秀花ちゃんグループ。
はぁ〜。
わたしは、冷たくて痛い手でほっぺたを叩いた。

480:みゆ◆x.:2017/11/07(火) 20:32

18.秀花ちゃんに下された処分
校長先生や前田先生、それから小林先生や家族にまで知り渡ってしまった秀花ちゃんグループ。

「アイツらが悪いんだから」

校長先生は大きなダメージを受けたらしく、一番にやり、計画した人を、退学処分に下した。
残念ながら秀花ちゃん。

「やめてあげてください!きっと…秀花ちゃんはそんなことしません!」

わたしは必死で校長先生に言ったけど、秀花ちゃんの生徒手帳、生徒書類をゴミ箱に捨てた。
彦宮学園から秀花ちゃんの名前が消えていった。

「いいのよ秀花は。青山野も終わり。あんなことする人じゃないと思ってたのに、最悪」

ふーちゃんは、泣きながら秀花ちゃんが彦宮学園を出ていくのを見ていた。
門を抜け、ひとりで出ていく姿を。

「ごめんなさい。まーちゃん」

ふーちゃんがお母さんみたいに謝る。
秀花ちゃんは悪くない。
だれも…。

「気にすることないわ。それでみんないいんだし」

そうかなぁ。
ふーちゃんはまだ泣き止まず、今日1日中ずっと泣いていた。
涼太くんや実柚乃ちゃんが声をかけても、どうにもならない。

「わたしも、本当は退学寸前だった。気持ちは分からなくもないかも」

「アイツのことなんていいじゃん」

美華ちゃんは苦笑しながらつぶやいた。

481:みゆ◆x.:2017/11/07(火) 20:47

19.よいお年を!
今日は終業式。
みんなと今年会うのも終わり。

「では皆さん、よいお年を!」

前田先生が笑顔で言い、わたしたちは帰った。
よいお年を、かぁ。
明後日はいよいよ明スイパーティー。
楽しみだなあ、冬休み。
宿題はもちろん多いけど。

「じゃあ真美ちゃん、よいお年を!」

実柚乃ちゃんはスキップしながら先に階段を駆け降りる。
わたしは美華ちゃんたちと階段をゆっくり降りた。

「クリスマスは何をもらうの?」

穂乃香ちゃんがつぶやき、わたしたちは一瞬でクリスマスムード。
やっぱり冬休みと言えばクリスマス!
それから〜お正月。
お年玉に初詣!

「わたしはバトミントンとラケット。中学校でも続けたいの」

「わたしは、海外旅行券を」

えええっ!?
美華ちゃんのクリスマスプレゼントは海外旅行券!?
わたしは絶対無理だ。
優佳ちゃんは、黄色の腕時計。
穂乃香ちゃんは、アクセサリーをもらうらしい。

「ラケットいいね。カッコいい」

「いやいや!美華ちゃんのクリスマスプレゼントがすごいよ」

海外旅行券なんて、絶対いらない。
もらうほど欲ないから、まずもらわないし。
もらったとしても、どうしたらいいのか分からないし!

「今日リムジンないって言ったよね」

ああ、そうだった。
そのまま久しぶりに門を通り、交差点へ向かい、そこから駅の方へ行く。

「そろそろだね。バイバイ」

穂乃香ちゃんが別の方向へ帰り、3人だけになった。
すぐ、交差点になり、わたしもひとりで帰る。
終業式が終わり、冬休みになる期待でいっぱいだった。


明スイパーティーの準備は今日。
昨日の終業式から解き放たれ、わたしはパーティーの準備を始めた。
わたしの役割は買い出し。
スイーツの材料を買うんだって。
おばあちゃんとスーパーへ行き、材料をカゴに入れていく。

「真美ちゃんお母さんみたいだねえ」

「うんん、おばあちゃんの買い出しの手伝いみたいだよ」

わたしは、またポンポンと材料をカゴに入れていった。

482:みゆ◆x.:2017/11/07(火) 21:05

20.メリークリスマス!
クリスマス!
陽茉理ちゃんの家でパーティー。
今日はパーティーが二回も。
しかも、ここで。

「まずは、やっぱりプレゼント交換しない?」

七井さんが言い、みんなが一層盛り上がる。
実柚乃ちゃんのプレゼントがほしい!
きっとすごいのだし!
手作り〜。

「真美ちゃんの文房具セットほしい!実柚乃、そのキャラクター好きなの」

良ければ交換〜。
七井さんは、「適当に座って」と指示を出す。
椅子に座り、音楽に合わせてプレゼントを横へ横へ回していく。

「止めっ!」

七井さんが声を張り上げる。
わたしの前にあるプレゼント。
『あなたへ捧げる歌by陽茉理』
陽茉理ちゃんからだ!
歌詞が書いてある。

「ねえねえ陽茉理ちゃん!」

もらった歌詞集を掲げ、見せる。
陽茉理ちゃんはにっこり。
しっかり握られている。
わたしの文房具セット…!

「わたしと陽茉理ちゃんのプレゼント交換だね」

陽茉理ちゃんも大きくうなずく。
ちなみに実柚乃ちゃんのプレゼントは穂乃香ちゃんのところへ。
美華ちゃんのプレゼントは涼太くんのところへいった。

「交換が終わりました。陽茉理ちゃんの家の方々が料理を作ってくれたので、食べましょう!」

ここで昼ごはんを食べて解散。
解散したら、すぐ矢本くんの階へ。
矢本家の人みたい。
幸せだろうなあ、お金持ち。
わたしも幸せだけど。

「お〜い、真美ちゃん。陽茉理ちゃんに感謝してごちそう食べよ!」

美華ちゃんがニッっと笑いながら、チキンにかぶりつく。
優佳ちゃんや穂乃香ちゃんも同じようにかぶりつく。
えーい、わたしもっ!

「真美ちゃんいけいけ!」

穂乃香ちゃんが言い、取り皿にチキンをのせ、かぶりつく。
とっても豪快に。
あ〜、美味しい!

「ありがとう陽茉理ちゃん!」

陽茉理ちゃんはにっこり笑い、陽茉理ちゃんもチキンをかぶりついていた。
チキン人気かな。

「楽しいね、クリスマス会!」

「うん!」

わたしは、また一口。
また一口と、チキンをかぶりついていった。


明スイの気持ちに切り替える。
ここは矢本くんの階。
まだみんな来ていないので、陽茉理ちゃんと話ながら待っていた。

「本当にありがとう。すごく美味しかった!」

「嬉しいわ。お母さんも喜ぶ」

矢本くんもとなりで聞きながら喜んでいた。
陽茉理ちゃんの歌詞もすごかったし。
この時、本当の笑みがこぼれた。

483:みゆ◆x.:2017/11/07(火) 21:11

21.明スイパーティー!
かき混ぜたり、焼いたり。
初めての明スイ活動より絶対に手早くなってきてる!
そう思いつつ、オーブンからクリスマスケーキを取り出す。
わたしがひとりで作ったの。
チョコレートプレートには『メリークリスマス』と書かれている。

「真美ちゃん上手いね!さすが」

隅木田くんが、わたしのケーキをほめてくれた。
嬉しい…。
最後にイチゴを飾り、冷蔵庫へ。
冷やすんだ。
ここからは、隅木田くんの手伝い。
マカロン再挑戦か…。
この前のも美味しかったけど。

「きれいですね、このマカロン」

すごく形の整ったマカロン。
お店に出せそうだよ!
隅木田くんはにっこり。
今日は笑顔あふれる日だね。


「いっただっきまーす!」

出来上がったスイーツを、明スイメンバーみんなで食べる。
やっぱり美味しい!
マカロンもケーキも。
他のスイーツももちろん。

「今度はさ、お店に出品してみたいよね」

隅木田くんがつぶやき、共感。
思ったもん。
これなら出せるって。
きっとわたしたちの団結力なら!
きっとわたしたちなら!
わたしたちを信じて、みんなでうなずいた。

484:みゆ◆x.:2017/11/07(火) 21:18

22.最後のパーティー
翌日の夜。
今日は家のパーティーだ。
ついに明日の25日、サンタさんがクリスマスプレゼントーーーバトミントンのラケットを…!

「真美ちゃん寒いね…」

今度はスーパーに今日の買い出し。
もちろんおばあちゃんに着いていってみた。
チキンを探して。
陽茉理ちゃん家のチキンは高級だから無理だけど。
きっと売ってるよね。

「真美ちゃん、あれ」

おばあちゃんが指差したそれ。
チキン!
おばあちゃんはチキンを手に取り、そっとカゴに入れた。

「いいのっ?」

レジでひとつだけ高いチキン。
きっと美味しいはず!


「メリーメリーメリー…クリスマス」

おばあちゃんとふたりのクリスマス。
チキンを、思いっきりかぶりつく。
陽茉理ちゃん家で食べた時と、もちろん迫力は変えない。

「すごい食べっぷりね真美ちゃん」

おばあちゃんをうならすほどの食べっぷりのわたし。
今年、ほぼ最後。
いろんなことがあったな〜。

「美味しいかい?」

「もちろん!」

わたしは、いろんな意味でうなずいた。

             (つづく)

485:みゆ◆x.:2017/11/07(火) 21:22

あとがき
               みゆ

こんばんは!
皆さん、『ここは明確スイーツ研究部!』略して明スイいかがですか?
もう14巻。
感謝です!

今回はあまり雑談ありません!
話すと長くなってしまう。
ちょっとした恋愛感ありますから。
良ければ日記板『えみりん』へ。

ではでは。
次回予告といきますか。
次回はやっと新年!
コヨとの再会、坂宮の失恋。
だんだんみんなも受験必死です!

ここまで読んでくださったあなた!
コメントしてください。
本当にありがとうございます!
これからもよろしくお願いします!
では次回会いましょう!

486:みゆ◆x.:2017/11/11(土) 19:43

『ここは明確スイーツ研究部!15』

人物紹介

多田本 真美
私立彦宮学園の児童会長。私立青山野学園へ推薦で入学が決定している。

坂宮 陽都
サッカー少年。
明確ゼミナールに通う小学6年生。

矢本 拓斗
野球少年。
明確ゼミナールに通う中学3年生。

隅木田 優斗
勉強得意な少年。
明確ゼミナールに通う中学2年生。

487:みゆ◆x.:2017/11/11(土) 19:53

1.明けましておめでとう!
みんな、あいさつ。
新しい年を迎えました。
わたしは多田本真美。
さて!
新年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!


年越しそばを食べた夜。
今は朝。
元旦の。

「明けましておめでとう!真由ちゃん」

ピヨピヨッっと返事をするのは、真由ちゃん。
わたしが飼ってる?鳥なの。
一階に降りると、おばあちゃんがおせちを作っていた。

「おはよう、真美ちゃん。お雑煮を食べたら、初詣に行こう。」

家には、久しぶりにいるパパ。
それからおばあちゃんにわたし。
ママはいないんだ。
どうしてかって?
入院してるからだよ。
妊娠してるんだ、双子の子を。
だからおばあちゃん!

「お雑煮早く食べたいなっ。おもち、おもち」

テレビを付けると、やはり元旦スペシャルがやっていた。
芸能人の人たちによるサバイバル。
歌コンテストなどなど…。

「も〜しも〜し。緑川で〜す」

緑川ーーー晴奈ちゃん家だ!
晴奈ちゃんとは、わたしの幼なじみ。
家はちょっと遠いけど、ずーっと仲良しなんだっ!

「はいっ!」

ドアを元気よく開けると、ピッシリ着物を着た晴奈ちゃんと晴奈ちゃんのお母さん。
初詣に行くのかな?

「明けましておめでとうございます。今年もよろしくね。受験でバラバラになるけど」

晴奈ちゃんのお母さんが言う。
出てきたおばあちゃんもあいさつ。
は〜っ!
新年、だぁーーーーっ!

488:みゆ◆x.:2017/11/11(土) 20:04

2.初詣でのお願い事
暖かいセーターを着て、わたしとパパとおばあちゃんで初詣に向かう。
パパの運転で、有名な神社へ行くらしい。
どこなんだろう。
ワクワク。
別名最強神社だって。
何が最強か分からないけど。

「真美は何をお願いするんだ?」

「教えな〜い。教えると、ご利益がないんだって。そんなのヤダもん」

ちょっとムスッっとした顔をして見せる。
おばあちゃんが顔を見て笑った。

「ひどい顔だよ。真美ちゃんのカワイイ顔が台無しじゃないか」

カワイイって…!
思ってないでしょおばあちゃん。
おばあちゃんを見ると、ちょっとニヤニヤ…。
ちょっとっ!

「着いたぞー。降りてー」

パパが車を停め、降りる。
なっ、何という立派な神社!
さっ…さすが最強神社。

「お守り買うでしょ?真美ちゃんたくさん持ってるけど」

秋の遠足で大量買いしたもんな〜。
実柚乃ちゃんと。
実柚乃ちゃんとは、家庭科が得意なカワイイ女の子。
仲良しなんだ〜。

「買いたいけど、いい?」

おばあちゃんはにっこり。
あっ、ありがと〜う!
わたしは感謝しつつ、お参りの参列に並んだ。
すごい並んでる。


 パンパンパン!
柏手を打つ音が響く。
お賽銭を入れて、お願い事!
ええっと…。
美華ちゃんたちと一緒にいられますように。
秀花ちゃんたちと仲直りできますように。
気持ちよく卒業できますように。
中学校楽しめますようにっ!
多かった、かな?

「真美ちゃん、こっちこっち」

おばあちゃんに手を引かれる。
神様お願いしま〜す。
わたしはケムリを浴びるところへ来て、たっぷり浴びておく。
そして、お守りの列に並んだ。

489:みゆ◆x.:2017/11/11(土) 20:16

3.思わぬ再会
売られているお守りを見回す。
ピンク、カワイイな〜。
今年のお守りはピンクにしよっと。
色を決めて見ていく。
なかなかカワイイデザインばかりで決められない。

「恋愛、学問、交通安全…」

やっぱり学問かなぁ。
中学校へ進学する年だし。
学問のピンクのお守りを差し出し、おばあちゃんにお金を払ってもらう。
お守りを大事にポケットにしまうと。

「ちょっと待って」

おばあちゃんを止めて、目をこらす。
ちょっと汚れたお守りを付けた女の子が歩いていた。
そのお守りは、わたしがコヨにプレゼントしたのと全く同じ。
汚れてた部分も同じかもっ!

「コヨっ…か、カズエちゃん!」

コヨの本名、カズエちゃんと呼ぶと、振り返った女の子。
間違いない。
カズエちゃんだ。
コヨだ。

「真美だよ、カズエちゃん!」

カズエちゃんはこちらへ歩いてくる。
となりには、友達らしき子も。
友達出来てるじゃん。
充実してるみたいで。

「真美…」

「カズエちゃん、お守り付けてくれてたんだね。ありがとう」

「本名覚えててくれてありがとう」

すると、となりの友達がカズエちゃんに話しかけた。
カズエちゃんって呼んでない。
イネコと呼んでいる。
また異名かな。

「カズエって何?本名って?」

「うんん、カズエって名前で劇やってさ。カズエのことみんなカズって呼んでたから、本名覚えててくれたって」

言い訳ダメじゃん。
ちょっと笑いを堪えつつ、話を聞く。
イネコって名前なんだ。

「新しい家庭に引き取られたの。前の人たちには捨てられた…。コウスケとふたりで。コンは違うけど」

捨てられた…。
カズエちゃんは普通に言う。
そんな軽いことじゃないのに。

「わたしの名前は高橋イネコ」

「イネコ…」

カズエちゃんはきびすを返す。
友達と来た道を戻った。
カズエちゃん…わたしは悲しい気持ちでいっぱいだった。
だって、捨てられたなんて…。

490:かわた◆gY:2017/11/11(土) 20:18

みゆさんの小説面白い。
後、このスレ覚えてる?
http://ha10.net/yy/1509096222.html

491:みゆ◆x.:2017/11/11(土) 20:31

4.おみくじの結果は?
おばあちゃんに今あったことを伝えると、すごくビックリしていた。
やっぱり。
イネコのことまで全部。

「カズエちゃんと会ってきたのかい」

おばあちゃんはにっこり。
もう、泣きたい。
どうしてカズエちゃんは…。
わたしたちと同じようにしていくことは出来ないの…?

「大丈夫。カズエちゃんは楽しそうだったんだろう?」

わたしはコクンとうなずく。
おばあちゃんはまたしてもにこにこ笑い、おみくじの所へ向かう。
パパはもういるみたい。
おみくじの所へ行くと、すぐパパを見つけた。

「パパっ」

パパの所へ駆け寄る。
100円でおみくじ一回ね。
おばあちゃんに100円をもらい、みんな一斉におみくじを開く。
数字を出し、引き出しを開ける。
何だろう、何だろう。

「いっせ〜の〜でっ!」

わたしの掛け声で3人がおみくじを開く。
うーん、吉か〜。
パパもおばあちゃんも吉。
面白くないな〜。
災いがたびたび降りかかってくる…。
ウソーッ!
何でなの〜!?
運悪いのかも…。
学問、学問っ!

「成績はアップやダウンの差が人生最大ですって!?」

あわわわわ。
思わず大きな声を…。
あわてて口を塞ぐ。
でっ、でもでも!
人生や未来はわたしが創るもの。
だから…大丈夫。
わたしは、スーッっと息を吸い込んで拳を固めた。

492:みゆ◆x.:2017/11/11(土) 20:33

かわたさんありがとうございます!
あと、覚えてますよ。
コメントしてなくてすみません。

493:みゆ◆x.:2017/11/17(金) 22:07

5.年賀状
初詣から帰ってくると、早速パパからお年玉。
そして、おばあちゃんからお年玉。
ばあばとじいじの喫茶店に行ったら、またお年玉もらえるっ!
ウキウキしつつも、一応受ける面接にドキドキする。
青山野学園の面接なんだけど、推薦だけど受けるんだって。
それが、来週。
今ドキドキしてどうする!
 ピンポーン

「はーい」

おばあちゃんが出る。
お正月って大変。
いろんな人がごあいさつに来るし、おせち料理もあるもん。

「彦宮さんよ〜」

美華ちゃんっ!?
急いで一階へ降り、玄関へ出る。
マフラーをグルグル巻きにした美華ちゃんと運転手さんがいた。

「こんにちは、美華ちゃん。明けましておめでとう!」

「おめでとう、真美ちゃん」

美華ちゃんは、手作りのオソロイマフラーをプレゼントしてくれた。
わたし、作ってないよっ!
だけど、これからもよろしくって意味のプレゼントだって。
マフラーを配ってるとか。
あ、グループの子にね。

「じゃあ、これからもよろしくね、美華ちゃん!」

「もちろん」

美華ちゃんと少し会話を交わし、美華ちゃんはリムジンで交差点の方へ走っていった。
…!
その時、わたしは気付いた。
年賀状のことを。

「おばあちゃーんっ!年賀状!」

ポストの中には、大量の年賀状が。
おばあちゃんの年賀状はないけど。
パパとママとわたしの年賀状の束を持って家に入る。

「真美ちゃん宛にたくさん届いて良かったねえ」

「うんっ!」

晴奈ちゃん、ふーちゃん、坂宮、隅木田くん、矢本くん兄弟、実柚乃ちゃん姉妹、ファンと思われる知らない名前の子たちに…。
前田先生!
涼太くんと樹くんからも届いてる!

「すごくいっぱい!」

わたしは、みんなの一言一言をゆっくり読んだ。

494:みゆ◆x.:2017/11/17(金) 22:19

6.おせちと最後の始業式
その日の夜。
ばあばとじいじにもらったお年玉も含めて、たまったお年玉を見た。
今年はあんまりお金使うつもりはないし、やっていける!

「さあ真美ちゃん、た〜んと食べて。明日からおばあちゃんは家に帰るんだから、当分食べられないのよ?」

そうだ!
おせちのお重に詰めてある美味しそうな卵をお皿によそう。
豆も調理されてて美味しそう!

「いっただっきま〜す!」

卵にかぶりつき、黄身が口の中でとろけていく。
ほ、ほひひい…。
パパのお皿に盛ってあるエビ、わたしも食べたああい!

「食べっぷりが最高ねえ」

おばあちゃんが嬉しそうにわたしの食べっぷりを見る。
あ〜、今年もいい日に、なりますように。


今日は始業式。
ピッチリ制服を着こなす。
これが最後の始業式。
もう、終業式って終わったんだ。
と思うと、胸がムズムズする。

「真美ちゃん!実柚乃の年賀状どうだった?」

実柚乃ちゃんの年賀状ーーーそれは、今年の戌年で、戌のスタンプが押されており、イラストも描いてあった。

「スタンプね、実柚乃が彫ったの!すごくない?」

「めっちゃかわいかった!」

実柚乃ちゃんは誇らしげに鼻をすする。わたしも来年は、あんな感じに、しようかなあ。

495:相原梨子◆x.:2017/12/11(月) 18:41

名前変えました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
7.スイーツフェスティバル
家に帰ると、すぐ実柚可さんが訪ねてきた。
実柚可さんーーー実柚乃ちゃんのお姉さん兼お母さん。
もう、実柚乃ちゃんはお母さんが亡くなっていて、実柚可さんが、お姉さんもお母さんも代わってやっているんだって。

「ごめんね、真美ちゃん。これ見てもらえる?」

実柚可さんは、一枚のパンフレットを差し出してくる。
受け取り、内容を見てみた。
『スイーツフェスティバル』。

「実柚乃から聞いたけど、真美ちゃん明スイメンバーなんだってね。これ、出てみない!?」

実柚可さんの話に寄ると、このスイーツフェスティバルは、実柚可さんが企画して立ち上げているそうだ。
今のところ、出店がないみたい。

「明スイが来てくれたら、盛り上がると思うんだ!アイドルも呼ぶ予定なんだけど!」

「行きます行きます!出店してみたいです!」

実柚可さんはニッっと笑って、パンフレットをくれた。

「お願いしに来て、こんなことさせるのはあんまりなんだけど、パンフレットに従って、出店届書いてね。じゃあ楽しみにしてまーすっ!」

実柚可さんは、ドアをバタンと閉めて帰っていった。
しゅっ、しゅっ、出店ーっ!
あわてて隅木田くんに電話する。

「もしもし。多田本ですけどっ!」

「真美ちゃん?どうしたの?」

わたしは、実柚可さんに言われたことを全て話した。
隅木田くんは、楽しそうに聞いてくれる。

「ありがとう。真美ちゃん。ぜひ参加しようよ。じゃあ、明日矢本の家で」

約束をして、電話を切る。
彦宮祭で出店してから久しぶり!
あ〜、楽しみっ!

496:相原梨子◆x.:2017/12/11(月) 19:31

8.坂宮とふたりで
翌日の午後。
約束通り矢本くんの家へ自転車を走らせる。
ダウンの下はセーターと、暖かい格好をしているはずなのに寒い。
何でこんなに寒いの〜?

「あっ、真美」

後ろから坂宮が自転車に乗ってくる。
ここからは、ふたりで行くことにした。坂宮と付き合っていた秀花ちゃん。
会ってるのかな?

「俺さ、また真美好きになった。秀花が退学になって、別れたから」

「秀花ちゃん、公立行ったんだよね。何か、わたし悪いことした気がする」

坂宮は自転車から降りて、手で押しながらニカッっと笑った。

「秀花が悪いんだから、真美は気にするなよ。真美は悪くない」

そうかな…。
一番、坂宮が秀花ちゃんの近くにいて、その坂宮が言うんだから。
きっとそれでいいよね。

「おい、着いたぞ。どこ行く気だ」

わぁっ。
もう着いてた。
あわてて自転車から降りる。
本館を通りすぎ、別館へ向かう。
こっちが、矢本家のたくさんいる子供たちのプライベートルームみたい。
 ピンポーン
坂宮がドアフォンを押す。

「俺の階来て。あれ?多田本と坂宮ふたり!?付き合ってるの〜?」

「付き合ってない、付き合ってない」

わたしはすぐ否定した。
とりあえず、坂宮と矢本くんの階へ向かった。

「真美、否定するの早すぎ」

「だってそうでしょ?…もう。わたし先行くから」

矢本くんの家のスリッパをパタパタさせながら矢本くんの階へ足を傾ける。
いつも行く、一番奥のキッチンへ行くと、もうふたりともいた。

「遅れてすみませんでした。あの、スイーツフェスティバルのパンフレット印刷してきました」

隅木田くんと矢本くんに、それぞれパンフレットを差し出す。
坂宮が来ると、わたしは詳しくスイーツフェスティバルについて説明した。
日時は再来週。
それまでに準備するんだ。
まだまだ時間あるから大丈夫!

497:相原梨子◆x.:2017/12/24(日) 16:45

9.メニューは?
それから、早速何のスイーツを作るのか決めた。
案はみっつ。
まずは、マカロン。
スイーツと言えば女の子。
女の子と言えばカワイイもの好き。
カワイイスイーツと言えばマカロン。
次に、プリン。
これは、お手伝いに来てくれた矢本くんの妹、梨萌佳さんの言ってたことなんだけど、味のアレンジが簡単なんだそうだ。
最後に、きなこもち。
正月を迎えて、新年はおもちというワードが出てきて、きなこもち。

「やっぱり、プリンじゃない?いろんな味が楽しめるの」

梨萌佳さんがクックパッドを調べながらつぶやいた。
わたしたち明スイは、出来るだけオリジナルのスイーツ作りを試みている。
なので、今までもあまりクックパッドを見なかったのだ。

「おい、梨萌佳。お前の発言権利、ないから」

矢本くんが冷たい目で見る。
梨萌佳さんはちょっと不貞腐れたけど、クックパッドを閉じて椅子に持たれかかった。

「すみませんでしたー。まあ、もしプリンにするんだったら、案があるから呼びに来てね!」

そう言い残して、矢本くんの部屋を出ていく。
一瞬沈黙が流れる。
すると、隅木田くんが手を打った。

「全部合わせるって方法でやってきたけど、マカロンにプリンにきなこもち。これらを合わせるって出来る?」

ここは何でもお任せ!
矢本くんの妹のひとりであり、梨萌佳さんの双子、梨歩佳さんに頼る。
梨萌佳さんもスイーツ作りは得意。
だけど、梨歩佳さんは特別。
すごい腕の持ち主だ。

「呼んだ〜?あ、真美ちゃん、あけおめ〜」

梨歩佳さんは、ハイテンションなのを押さえきれずにハグしてくる。
矢本くんが無理矢理引き離した。

「うっとうしい。多田本に嫌われるぞ。明スイのことで相談」

別に、嫌わないけど。
そんなことを言う合間もなく、わたしが記録していたノートを見た。

「こんなの簡単、簡単。パフェ状にしてしまえばいいのよ」

パフェ?
わたしの質問に答えるように、梨歩佳さんはノートのページをめくり、シャーペンを走らせた。

「まず、プリンを下に引くように。それの上から、きなこもちとマカロン。生クリームなんかでデコしたら?」

おお〜。
さすが梨歩佳さん!

「ありがとうございます!」

ペコリとお辞儀する。
すると、梨歩佳さんは耳元でそっとささやいた。

「本当に礼儀正しくていい子だよね。いつでも家に着いていいよ」

「どういうことですか?」

聞いたけど、それっきり何も答えてくれなかった。
梨歩佳さんは矢本くんの部屋を出ていく。
ちょっと、意味教えてくださ〜い!

498:相原梨子◆x.:2017/12/24(日) 16:55

10.お久しぶり、香音ちゃん
今日は、とりあえずプリン作り!
誰よりも張り切っている梨萌佳さんと一緒にプリン作りを始める。
料理器具を机いっぱいに並べる。

「梨萌佳、担当決めて」

矢本くんが梨萌佳さんに指示する。
梨萌佳さんが口を開けかけたとたん。

「あけおめことよろ!坂宮くん!」

久しぶりだ、香音ちゃん。
香音ちゃんは、矢本くんの従姉妹。
同い年で、坂宮が好きなの。

「香音ちゃん、悪いけど忙しいの。陽茉理と遊んでてもらっていい?」

梨萌佳さんが頭を下げる。
一緒に隅木田くんも頭を下げた。
香音ちゃんは「イヤイヤ」とわがままを言ったが、坂宮に断られ、あっさり帰っていった。

「坂宮くんありがとね。香音ちゃん、なかなか止まらないから」

梨萌佳さんが苦笑いしながらつぶやいた。
そうかな?
それだけ好きってことだから、わたしが坂宮だったら嬉しいけど。

「おい梨萌佳、た、ん、と、お!」

矢本くんが声を上げる。
そうだった、プリン作るんだ!
梨萌佳さんが気を取り直す。

「ええっと、」

「待て!俺と真美は一緒な」

ちょっと、坂宮!
急に突っ込んだので、矢本くんに頭を叩かれる。
本当ににぎやかだなあ。

「いいーっ?」

梨萌佳さんがふたりをにらむ。
ふたりとも「はいっ!」と情けない返事をして椅子に座った。

「じゃあ、坂宮くんと真美ちゃんが基本的なプリン作り。隅木田くんと拓斗兄が温度作業。わたしがサポートね」

温度作業って言うのは、温めたり、冷ましたり。
基本的なプリン作りは、温度作業以外のことをいうのかなっ!

「さあ、開始ーっ!」

広いキッチンに、梨萌佳さんの大声がこだました。

499:相原梨子◆x.:2017/12/24(日) 17:06

11.ふたりが言った意味
分からないところは梨萌佳さんへ。
時々、香りに釣られてか香音ちゃんが覗きにくる。
だけどそのたびに、坂宮が断り続けてるんだ。
粘り強いよね、香音ちゃん。
ある意味、尊敬する。

「真美ちゃん、こっち」

今から蒸す。
隅木田くんにプリンを渡す。
熱い、熱い。
あわてて水で冷ます。

「大丈夫?真美ちゃん。火傷してない?冷ますなら、これ、保冷剤」

梨萌佳さんが心配して保冷剤を差し出してくれた。

「ありがとうございます。ですけど、大丈夫です。お返しします」

保冷剤を梨萌佳さんに返す。
すると、さっきの梨歩佳さんと同じように、耳元でそっとささやく。

「いい子だねえ、真美ちゃん。良かったら、わたしお姉さんになれるよ?」

その時、やっと分かった。
梨歩佳さんが言ってたことが。
矢本くんと結婚して、矢本家に着くってことだったんだ。

「イヤイヤイヤイヤ、早いです!」

梨萌佳さんはニヤニヤ。
それを見ていた坂宮が、ムッっとした顔をしてこちらにやって来た。

「何を話しているんだ、真美!」

すると、梨萌佳さんはからかいもふくめて坂宮に忠告した。

「嫌われちゃうよ。真美ちゃんに。いつでも拓斗兄が取っちゃうからね」

坂宮はちょっと弱気になったのか、あわあわしている。
もう、坂宮ったら。
本当に受け止めて。
嫌いにならないよ、それくらいじゃ。

「蒸し終わったぞ、梨萌佳」

矢本くんがプリンを持ち上げる。
梨萌佳さんは、ちょっと残念そうな顔をして笑った。

「冷ましてー」

冷蔵庫に入れられたプリン。
わたしたちは、冷ましている間にお茶会をすることにした。

500:相原梨子◆x.:2017/12/24(日) 17:14

12.最高のプリン
時計の針が動く音が、やけに大きく聞こえる。
 カチッカチッカチッ
みんなで時計をジッっと見つめる。
さんっ、にいっ、いちっ。

「今だ!行けっ!」

矢本くんが声を張り上げ、梨萌佳さんがプリンを取りに行く。
そっとプリンを持って帰ってくる。
ここは、矢本くんの家。
プリンが冷まし終わったのだ。
昨日作った、プリンが。

「食べてみよっ!食べてみよっ!」

梨萌佳さんがラップをペラペラと剥がしていき、ぷるっぷるのプリンを机の真ん中にドンと置く。
ほひひほ〜!(美味しそ〜!)

「いっただっきまーすっ!」

坂宮が、大きなスプーンで自分のお皿にプリンをよそい、自分のスプーンを構えた。
そして、一口パクッ!

「うっめえ!みんなも食ってみろ!」

坂宮は目を輝かせて、大きなスプーンでみんなのお皿にプリンをよそった。
わたしのお皿にも、たくさんのぷるっぷるのプリンが。

「いただきます!」

プリンを手に、プリンをパクッ!
いい香り!
これに乗って、味も最高。
梨萌佳さんに向き直る。

「指導ありがとうございます!」

すると、梨萌佳さんはキャハハと笑いながらつぶやいた。

「前言ったの忘れないでね!」

だから、結婚とか全然まだですってば〜!

501:*相原梨子&古橋琴乃*◆x.:2017/12/25(月) 12:48

13.定期テスト
翌日の朝。
学校はいつにも増してざわざわしていた。
もちろんわたしも。
だって今日は、定期テスト!
順位も出る大きいのなのに、わたしと来たら、すっかり忘れてて。

「そう言えば、真美ちゃん。明日、定期テストだけど、分からない問題とかあったら教えようか?」

昨日、隅木田くんが声をかけてくれて思い出した。
定期テストの存在を。
どうしようかと戸惑っていると、梨萌佳さんがニヤニヤ笑った。

「忘れてたの?真美ちゃん。受験の期間だから、頑張らなきゃ!」

サーッっと青ざめたわたしは、自転車をびゅんびゅんにして家に帰った。
そして、この様。
目の下には、くっきりクマが。
どんよりしていて、児童会長にふさわしくない。
マスクで隠しているんだから。

「どうしたの?真美ちゃん。風邪?」

美華ちゃんが心配してくれたけど、とりあえず風邪ということにした。
先生にバレたら、ひどい顔だからね。

「真美ちゃんに問題出すね。簡単だけど…。遣唐使を送るのをやめたのは誰か答えてみて」

廃止したってことだよね。
遣唐使は、遣陏使の次に、今の中国に送られる人のこと。
この答えは簡単!

「菅原道長でしょう?」

美華ちゃんも、優佳ちゃんも、穂乃香ちゃんもケタケタ笑い出す。
ちょっと、違うって言うの!?
あわてて教科書をめくる。
菅原道真…。
わたし、菅原道長って言ったよね!?

「めちゃめちゃウケる!道長は、藤原だし〜!」

急に恥ずかしくなって赤面化する。
そっ、そんなに笑わなくてもいいのに!わたしは、顔を隠すために教科書をペラペラ高速でめくった。

502:相原梨子◆x.:2018/01/04(木) 15:33

14.運命の順位は
後日のホームルーム。
まだげんなりしているわたしに、とうとう順位が返ってきた。
胸騒ぎがする。

「多田本真美さん」

ああっ、わたしだ…。
教卓まで歩いていって、前田先生から順位の紙をもらう。
その時、前田先生は小さな声でささやいた。

「多田本さん、何かあったの?数学の勉強を集中的にね」

ゲ、そんなに悪かった!?
前田先生は、また次の人を呼ぶ。
確かにあんまり勉強してなかった…。
あわてて数学の欄を見る。
数学…56位!?
ヤバイ。
ママやパパ、涼太くんのおじいさんにバレたらヤバイかもぉっ!
国語は21位。
低いけど、まあいい方かな。
社会は…3位!?
やったぁ、何とかセーフ。
理科は33位。
英語は26位。
総合が…13位じゃんっ!
社会のおかげだったかも。

「真美ちゃんどうだった?」

「総合ね、13位だった!」

美華ちゃんが総合35位。
優佳ちゃんが58位で、穂乃香ちゃんが29位だったんだって。

「まーちゃん、どうだった?」

ふーちゃんが笑顔でやって来る。
順位を教えると、ふーちゃんは順位の紙を見せてくれた。
総合、2位!?
ふーちゃんを誰かが越したの!?

「まさか涼太に抜かされるなんてね。でも、これでふたりそろって中学校行けそうかも」

涼太くんが1位なの!?
さすが…。
このカップルというか、幼なじみ関係の人たちというか…。
秀才すぎっ!

「すごいね、でも」

ふーちゃんと話していると、前田先生がパンパンと手を打つ。

「みんな、良かった結果の人や、ダメだった人っていると思うけど、受験する人は特に頑張るように。いいね?」

わたしのことだよね。
グッっと拳を固めて前田先生を見る。
こんな順位じゃまだまだ。
もっといい結果じゃなきゃ、青山野に推薦だなんて…。


「ただいま…いないか」

おばあちゃん、いつ来るんだろう。
ちょっと寂しい。
パパも全然帰ってこないもんね。
リビングに書いてある置き手紙を見て、ちょっとため息をつく。

「やっぱり誰もいないよね」

 ピンポーン
玄関へ行くと、実柚乃ちゃんがいた。
前もこんなとき助けてくれたな、実柚乃ちゃん。

「ねえ、真美ちゃん。実柚乃、青山野受けるって決めてから勉強して、順位が上がったよ!4位に」

えっ、えええええええ〜?

503:相原梨子◆x.:2018/01/04(木) 16:52

15.おばあちゃんのメール友達
本当にそんなに高いの!?
わたしの方が高かったのに、実柚乃ちゃんに抜かれちゃった。

「実柚乃ね、真美ちゃんとどうしても同じところに行きたいの。推薦は無理だから、頑張ったよ」

「嬉しい…!ありがとう…!」

実柚乃ちゃん、わたしのために努力してくれたの?
もちろん、自分の学力のためでもあると思うけど。

「実柚乃、息抜きに明スイも参加するスイーツフェスティバル行くから!それと、真美ちゃんのおばあさんに言われたんだけど。今日は、真美ちゃんの家に泊まるから!これ荷物」

今度は実柚乃ちゃんが泊まるの!?
カバンからスマホを出し、慣れた手付きで操作する。
やがて、わたしにスマホを見せてくれた。

「真美ちゃんのおばあさんとメールやってるんだ!それで来たの。真美ちゃんのお父さん、今日帰って来れないんだって」

おばあちゃん、実柚乃ちゃんとメールやってるわけ!?
何でやってるの…。

「実柚乃が、真美ちゃん家泊まっていいですか?って聞いたら、いいの?ありがとうって言ったから!」

いつの間にメール友達になっちゃってるの…。
ちょっと呆れつつ、実柚乃ちゃんを部屋に案内する。

「実柚乃ちゃんはわたしの部屋で寝てね。わたしはおばあちゃんの部屋で寝るから」

パパの夜ご飯を実柚乃ちゃんが食べればいいよね。
いきなりお泊まり会って、なんかすごいんだけど…。

504:相原梨子◆x.:2018/01/06(土) 08:44

16.一本の電話
今日の夜ご飯になるはずのカレーは冷蔵庫へ。
実柚乃ちゃんが作ってくれた和食定食みたいなのを食べる。

「今日はあわただしくてごめんね。急に泊まって…」

「うんん。ひとりだと寂しいから、実柚乃ちゃんが来てくれてふたりだし。おばあちゃん心配症だから」

ホントだよ。
いつの間にか実柚乃ちゃんとメール友達になって、知らないうちに泊まる準備をしてるんだもの。

「明日は、矢本先輩の家行くって聞いたから、実柚乃も着いていっていい?明スイ活動が見てみたくて」

「でっ、でも実柚乃ちゃん、スイーツフェスティバルではお客様だから、いろいろ分かっちゃうよ!」

「明スイのメンバーに迷惑かかっちゃったら、陽茉理ちゃんと遊ぶから!行くだけでもいいの」

うーん、じゃあいいかな。
わたしはコクンとうなずいた。
実柚乃ちゃんは「やったあ!ありがとう、真美ちゃん!大好き!」と喜ぶ。
ちょっとくらい、いいよね。

「実柚乃、お風呂先に入っていい?」

今、お風呂の話っ?
急に変わってビックリして、ちょっとあわあわする。

「うん、いいよ」

何かあるのかな。
やらなきゃいけないこと。
宿題やってないよね、きっと。
一緒にやろうかな〜なんて。
 プルルルルルプルルルルル
 
「はいはいはいはい!」

パタパタスリッパを鳴らせて受話器を取りに行く。
ガッチャンと音を鳴らして、受話器を手に取った。

「もしもし。多田本ですけど」

「もしもし、パパだけど」

「パパっ!今日帰ってこないんだね。だけど、実柚乃ちゃんって言う友達が泊まることになってね!今日全然寂しくないんだよ!…パパ?」

パパは「そうか、実柚乃ちゃんか。良かったな」って言うのみ。
ちょっと沈黙が続く。
心配になったのかな、そういうこと!

「わたし、実柚乃ちゃんがいるから平気だからね!」

「真美、よく聞きなさい」

えっ?
パパは、声のトーンを低くする。

「菜和が中央病院に運ばれた。実柚乃ちゃんを家に帰してあげて…送っていくんだよ。母さんと父さんのところに行って車で中央病院に来なさい」

ママが、中央病院に運ばれた…?
前はもっと小さい病院だったのに…?

「いいか?真美」

は、はい…。
電話が切れた後でも、ちょっとの間放心状態だった。

505:相原梨子◆x.:2018/01/06(土) 08:54

17.ママは強いか
実柚乃ちゃんにことを話して、家に送る。
どうしてそうなったの?
早く行きたい…。

「真美ちゃん、ごめんね。じゃあ、お母さんとサポートできるように、真美ちゃんも頑張ってね」

そ、そうだよね。
わたしが頑張るんだ!
実柚乃ちゃんありがとう。
家に帰って、玄関に置いてある荷物を自転車のカゴに入れる。
家の鍵をかって、自転車を走らせた。
ばあば、じいじ、もうちょっと!


ここが、ばあばとじいじの家。
喫茶店だけど、奥が母屋。
母屋のドアフォンを押す。

「真美ちゃんっ!待っていたわ。行きましょう、中央病院へ」

じいじが運転してくれて、中央病院へ向かう。
ママ、無事でいてっ!
それから、眞理ちゃんと優眞くんも、無事でいてねっ!

「大丈夫よ、真美ちゃん。菜和さん、とっても強いんだから」

ばあばが背中をさする。
ママ、強いの?
保育園の時は、あんまり記憶がない。
小学校の時からしか…。
うーん…。

「心配無用!着くまで何も分からないわ」

ばあばがそう言った時、中央病院に着いた。

506:相原梨子◆x.:2018/01/06(土) 09:13

18.ママの症状は
すぐに受付カウンターに走る。
お願い、ママ、頑張って!

「多田本菜和さんの娘ですけど、部屋はどこですかっ?」

「菜和さんの娘さん?ひとりで来たの?保護者の方は?」

わたしは、ばあばとじいじを指差す。
看護師さんはやっと分かってくれて、部屋を案内してくれた。

「ここが菜和さんの病室。今は入ることが出来ないわ」

「何でですかっ?」

看護師さんは、椅子に座るよう勧めてくれた。
わたしが座った隣に、看護師さんも腰かける。

「あなたのお母さんは、もしかしたら病気があるかもしれないの。あなたのお父さんが検査をお願いしたから、今検査してるの」

病気っ…?
どうして病気になるのっ…?
何でママなのっ…?

「今は、あんまり分かっていない。だから、もうちょっと待ってね」

看護師さんは立ち上がって、ばあばとじいじにも説明した。
さっきわたしたちが来た方から、おばあちゃんが駆けてくる。

「あら、菜和さんのお母さん。ご無沙汰してます」

ばあばが軽く微笑む。
おばあちゃんは「ご無沙汰してます。いつも菜和や真美ちゃんがお世話になっております」と言ったきり、看護師さんと話し始めた。
ママが心配なんだよね。

「おばあちゃん…!」

「真美ちゃん。ちょっとおいで」

ばあばが手招きする。
ばあばの方へ行くと、耳元でそっとささやかれた。

「おばあちゃんは、動揺しているの。ばあばが聞いてあげるわ」

わたしは、ばあばが言ってくれた時、何が言いたかったのか分からなくなった。

507:相原梨子◆x.:2018/01/06(土) 09:42

19.意外な繋がり
翌日の朝。
今日は、お風呂も入ってないし、制服のままだったけど、ばあばの家に泊まって寝た。
矢本くんには電話して、ちゃんと理由も言って行けないって言った。

「行くけど、着替えた方がいいわね。真美ちゃん家寄ってあげるから、服に着替えなさい」

今日もじいじの運転で向かう。
家に着くなり、部屋に駆け上がって服に着替えた。
パジャマとかも詰めた方がいい?
そう思ったけど、言われてないのでやめておいた。

「早く行きましょ、真美ちゃん!」

ばあばが車の中から声を上げる。
服に着替えるなり、コートを着てマフラーをして家を飛び出す。

「昨日は制服のまま着たから本当に寒そうだったわ」

動き出した車の中で、ばあばはつぶやく。
確かに昨日、動揺してて全然気にしてなかった。

「真美ちゃんは児童会長やってるんですって?青山野に推薦で」

「うん、そうだよ!」

ばあばはすごく喜んでくれた。
あんまりこういうことは、ママに話していない。
児童会長やってること。
私立青山野学園に推薦入学できることって、ママは知ってるのかな?

「着いたわ。すぐ降りられる様に準備してね」

ばあばに言われて、カバンから出していたハンカチをギュッっと握る。
これは持っておこう。

「さあ、行って行って!」

ばあばが声を上げたと同時に、ママのいる病室へ走る。
病院の中では早歩きだけど。

「あらあら、昨日の小学生?菜和さんの娘さんの」

「はい。昨日の看護師さんですか?」

看護師さんはにっこり笑う。
そして、名字のプレートを見せてくれた。

「わたしは、受け付けカウンター兼、菜和さんの担当で検査したり、お世話するの。船水よ」

船水さん…。
珍しい名字だよね。
すると、船水さんはクスッっと笑って見せた。

「あなたは、明確生?」

「前、そうでした」

やっぱりとでも言うかのように微笑む。
も、もしかしてっ!

「船水多恵って受け付けカウンターの先生の娘」

船水先生のっ!
意外な繋がり!

「真美ちゃん」

ばあばが歩いてくる。
看護師さんと仲良くなれちゃったっ!
エヘヘ。

508:相原梨子◆x.:2018/01/06(土) 10:00

20.診断結果はっ?
船水さんは、わたしの良き話し相手になってくれた。
暗かった道に、明るい光が差し込んできたかのよう。

「あなたの名前は?」

「多田本真美です!船水さんの下の名前は何て言うんですか?」

「船水美海よ」

すると、病室からパパが出てきた。
ちょっとの隙間から、ママの顔が見えた。
顔は真っ赤で、汗をかいている。
すごく苦しそうだった。

「ママッッッ!」

「真美ちゃん、大丈夫よ大丈夫。ちょっと落ち着いて」

船水さんが背中をさする。
パパは、顔が明るいようで暗い。
すぐにばあばが話を聞きにいった。

「菜和さんはどうなのっ?」

パパは、声をひそめる。
緊張感が高まって、ママのいる病室の前の廊下がやけにシンとしている。

「病院ではないそうだ。しかし、出産を1ヶ月早める方針でいくことに決めました」

ってことは、来月っ?
ちょっと嬉しい気持ちがある。

「異常はないようなので、会えるとのことで、いつも通りでいく様です」

良かった…。
船水さんも笑って喜んでくれる。
こんなすごい人と、知り合えて良かったかも。
悲しいときは話を聞いてくれて。
嬉しいときは喜んでくれて。

「船水さん、ありがとうございます!失礼します!」

そう言い残して、わたしはママの病室へ足を傾けた。

509:相原梨子◆x.:2018/01/06(土) 19:45

21.新しいエプロン
「ママっ?」

あの時の顔よりは赤くなくて、ちょっと白っぽかった。
ママは、にっこり笑ってわたしの頬をなでる。

「ありがとう、真美ちゃん。いてくれたんでしょ?嬉しいわ」

ママのベッドの布団に体を預ける。
ちょっと、泣きそう。
目の下の辺りが熱くなってくる。

「真美ちゃん、中学校へ向けて頑張るのよ。勉強」

涙を必死にぬぐってうなずく。
ママ、勇気付いたかな?
ばあばが言った通り、ママ強い。
何よりも強い気がする。


矢本くんの家に着いた頃には、もう練習が終わっていた。
梨歩佳さんと梨萌佳さんが来ている。

「遅くなってすみません!」

ペコペコ謝っていると、梨歩佳さんが頭をポンポンしてくれた。

「大変だったね。だけど、来てくれてありがとう」

わたしは首を横にブンブン振る。
もう終わっちゃった…。
だけど、来れて良かった!
みんなに会えて、元気が付いた気がするから。

「真美ちゃんも来たことだし、ゲストを呼ぶね。実柚乃ちゃーん」

え、実柚乃ちゃん!?
キッチンの奥から顔を出したのは、昨日一緒だった実柚乃ちゃん!

「来ちゃった…。けど、メンバー分のエプロン作ったの!フェスの時、みんなで着てっ!」

配ってくれたエプロンは、みんな柄が違うものだったけど、一体感がある。
胸元に明スイと刺繍されている。
わたしは花柄。
坂宮はサッカーボール柄。
隅木田くんはストライプ柄。
矢本くんは野球ボール柄。

「ありがとう、実柚乃ちゃん!」

510:相原梨子◆x.:2018/01/06(土) 21:42

22.前夜祭!
あわただしく車と屋台を行ったり来たり繰り返している。
エプロンが風になびく。

「大丈夫?真美ちゃん。休憩しなくてもいい?」

隅木田くんが心配してくれる。
わたしは「大丈夫です」とだけ言って、また車へ走る。
今はスイーツフェスティバル前夜祭。
屋台を出すグループは準備を。
前夜祭のステージは『MYG47』とかいうアイドルのライブ。

「真美、これ持ってけ!」

坂宮に大量の容器を渡される。
プラスチックのばすなのに、重い…。
容器と格闘していると、隅木田くんがヒョイッっと持って見せる。

「僕が持つから、真美ちゃんは休んでなよ」

でも…。
隅木田くん、いいの…?
じゃあ、お言葉に甘えてちょっと。

「真美ちゃーん!」

向こうの方から走ってきたのは…。
実柚可さんだ!
ヘトヘトって感じだけど。

「参加ありがとね!ホームページに明スイ参加って書いたら、いろんなグループの参加が決まったよ!」

役に立てたみたいで、良かった。
そう思いつつ、席を立つ。
こうしちゃいられない。
動かないと。

「では、明日もよろしくお願いしますね。わたし、準備してきます!」

また車へ駆け出す。
これって、青春なのかな…?

511:相原梨子◆x.:2018/01/06(土) 22:11

23.スイーツフェスティバル開催!
ついに今日。
スイーツフェスティバル。
現場へは自転車で向かった。
場所が、近くの公立校の校庭だったからね。

「真美ちゃん!」

「実柚可さんじゃないですか。おはようございます!」

ちょうど実柚可さんも自転車だったので、ふたり並んで自転車をこぐ。
公立校って初めてで、昨日すごくビックリした。
私立校と違って、校庭の広さも全然違ったから。

「実柚可はこっち行くから。真美ちゃん頑張ってね!」

実柚可さんと別れると、明スイメンバーの集合場所、校門へ急いだ。
ちょっと遅刻かもーっ!

「おはようございます!」

隅木田くんしか着てない…。
一番最後じゃなくて良かった。
そんなことを考えていると、すぐにメンバーが顔をそろえた。

「じゃあ行こうか。僕と矢本は作る。坂宮は会計。真美ちゃんは呼び込みや試食にしようと思うんだ。交代でやってもいいけど」

うん、いいと思う!
会計とか慣れてなくて出来ないし。
それに、作るのは焦って無理そう。
試食だったら「いかがですか?」って勧めたらいいんでしょ?
出来る!

「じゃあ、それでやろうか」

自転車を駐輪場に停めて、昨日立てた屋台へ向かう。
あと、30分でスタート。
今日の舞台は『MYG47』のライブ2だそうだ。


 パンッ!パンッ!パンッ!
ピストルみたいな音が鳴り響く。
開始の合図だ。
人がたくさん入ってくる。

「いらっしゃいませー!明確スイーツ研究部、いかがですか?試食品ありますよ!」

来たお客様に、手当たり次第でも試食品を勧める。
ちょっとでも多くの人が、スイーツを楽しんでもらいたいから!

「いらっしゃいませーっ!」

お客様が次々に試食品に手を伸ばす。
うん、いい感じかも。
試食したお客様のひとりが言う。

「これは、あそこで売っているの?」

「はい!最後尾に並んでいただいて」

最後尾になるところを指す…。
めちゃめちゃ長いじゃん!
さすが明スイ!
やっぱり最高だねっ!

512:相原梨子◆x.:2018/01/06(土) 22:19

24.人気な明スイの屋台
もうヘトヘト…。
わたしの休憩時間が回ってきた。
他の人の休憩時間なんて、めちゃめちゃ忙しいんだから!

「すみません。そのハンバーガーひとつください」

割りと空いている屋台。
ハンバーガーが売っていた。
買うと、ベンチに腰をかけてかぶりついた。
美味しいじゃん。

「どう?楽しんでる?」

「実柚可さん!もちろんです!」

ふふふと笑って、企画書をながめながら次の仕事へ向かった。
実柚可さん、忙しい…!

「真美ちゃん!」

「今度は実柚乃ちゃんだ」

オシャレな格好をして隣に腰かけた実柚乃ちゃん。
来てくれたんだ!

「明スイの買うね〜」

「ありがと」

ハンバーガーを食べ終わり、ゴミを丸めて屋台に戻った。
もちろん、実柚乃ちゃんも連れてね。
最後尾、全然見えなかったけど。

「いらっしゃいませーっ!」

エプロンを付けた、わたしの大きな声。
辺りに響いた…気がした。

             (つづく)

513:相原梨子◆x.:2018/01/06(土) 22:26

あとがき
             相原梨子

こんばんは!
そして、遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。


『ここは明確スイーツ研究部!』早15巻はいかがでしたか?
まだ眞理ちゃん出てきませんね。
前は出す予定でしたが。
今回は、新年を迎え、真美ちゃんのママに変化があり…。
いろんなことがありましたね。
感想待ってます!


皆さんは、フェスティバル参加したことありますか?
私はあります。
スポーツやゲームのフェスティバル。
参加経験ありの方は、何らかの思い出があるのではないでしょうか?
良ければ、教えてください。


ここまで読んでくださったあなた!
本当に本当にありがとうございます。
次回もよろしくお願いします!


次回は、みんなが受験!
真美ちゃんは面接のみですが。
そんな中、ついに眞理ちゃんが…?

514:萌恵◆yc:2018/01/06(土) 22:39

いつもよんでます!すっごく面白い(^o^)頑張ってε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

515:相原梨子◆x.:2018/02/04(日) 19:34

>>514
ありがとうございます!
返信遅れてすみません。
これからもよろしくお願いします!

516:相原梨子◆x.:2018/02/04(日) 19:41

『ここは明確スイーツ研究部!』

人物紹介

多田本 真美
私立彦宮学園の後期児童会長の小学6年生。
すでに、私立青山野学園の推薦入学が決まっている。

坂宮 陽都
サッカー少年。
明確ゼミナールに通う小学6年生。
真美が好き。

矢本 拓斗
野球少年。
明確ゼミナールに通う中学3年生。
高校は私立愛羽学園に受験する。

隅木田 優斗
勉強得意な少年。
明確ゼミナールに通う中学2年生。

517:相原梨子◆x.:2018/02/04(日) 20:04

1.初めての面接
 ドクッドクッドクッドクッ
胸騒ぎが、激しい…。
どうしよう…。
失敗したら評価が…。

「はい、次の方〜」

面接室から私立青山野学園の校長先生の声が聞こえる。
ずっと練習してきたことを実行するんだから出来るはずだよね…!

「失礼します」

開いたドアをゆっくり閉めて、面接者用の椅子に腰かける。
目の前に座っている3人の人。
その中でも真ん中の、肘掛け椅子に腰かけている校長先生。

「多田本さん、お久しぶり」

「お久しぶりです」

わたしの名前は、多田本真美。
私立青山野学園に推薦入学出きる。
一応、面接はあるんだけどね。
校長先生ーーー青山野涼太くんのおじいさんはにっこり笑う。

「多田本さんは、推薦される前から入学希望校が青山野だったと書いてありますが、どうしてここを選んだんでしょうか?」

大丈夫だよ、わたし。
この質問は練習済み。
おばあちゃんとやった通りにしたらバッチリいいはずだよねっ!

「わたしの内申点に合っているという面もありますが、青山野学園はいろいろな面で良い結果を残しています。わたしも、夢を見つけていきたいと思ったからです」

校長先生をはじめ、両隣の先生も目を見開いて驚いている。
みんな、嬉しそうな顔かなっ。
校長先生の右隣、理事長の方が質問する。

「将来の夢は何も思い浮かんでいないんですか?」

「教育系、または医療系の仕事に就きたいと思っています」

すると、理事長の方は顔をしかめる。
あんまり良くない解答っ?
理事長の方は、紙をペラペラめくりながらつぶやいた。

「教育と医療は全然違う。うちは学科分けもあるので、考えた方がいいのではないでしょうか?」

学科分け…。
そっか、もっと考えれば良かった。
今すぐ答えなくちゃ!
だけど何を…?

「教育系に就きたいと思った理由は何ですか?」

「えっと…」

ヤバイヤバイ!
面接で一番言っちゃいけない言葉。
『えっと』使っちゃったよーっ!

「児童会長をやっていて…先生方の助けがあって…その…わたしも、生徒にとっていい存在になりたいからです」


あぁー…。
やっちゃったよ…。
あんなこと言わなければよかった。
やり終わった後に、どんどん後悔が積もっていく。

「どうしたの〜?肩落としてさ」

「秀花ちゃん…」

杉田秀花ちゃんは、わたしを深くいじめてしまった罪で退学。
最寄りの公立小学校に通っている。
だけど、持ち前の成績で何とか青山野学園を受けるんだ。

「面接、失敗しちゃったんだ…」

「大丈夫、真美ちゃん。頑張ろうよ。わたしの方が不利…ごめんね」

秀花ちゃんの横顔は、どこかすごく悲しげだった。

518:相原梨子◆x.:2018/02/04(日) 20:39

2.ママにしか出来ないこと
家に帰ると、すぐにママに電話した。
もう産まれてくる赤ちゃん、眞理ちゃんと優眞くん…。
ふたりが誇りに思えるお姉ちゃんにならなくちゃねっ!

「真美ちゃん、どうだった?面接」

「それが…あんまり…」

ママは、ふふっと笑ってくれた。
ほぐしてくれてるみたい。
おばあちゃんでも無理、パパでも無理なことが出来るママ。
やっぱり頑張れる!

「真美ちゃんなら出来るから、後ろ向きにいないで頑張って。きっと眞理ちゃんと優眞くんにも届くわ」

そうだよね…。
ふたりが産まれてきて、憧れになってもらえるお姉ちゃんなんて無理。
産まれてくる前から思われるくらいのお姉ちゃんになるんだ。

「ありがとう、ママ。わたし頑張る!ママも頑張ってね!」

ママとの電話を切って、部屋に戻る。
昨日帰ってきてくれたおばあちゃん。
ちょっとは生活が楽になる。
わたしって、本当にいろんな人に支えられてるんだなあっ。


 ピチピチピチピチ
真由ちゃん…?
目を開けると、たびたび家に来ていて飼っているレベルの鳥、真由ちゃんが鳴いていた。

「そろそろ着替えるか…」

パジャマを脱いで制服を着る。
もう、この制服も着る時間短いね。
もし青山野学園から断られても、中等部で制服違うし。

「真美ちゃん起きてるのー?起きてるなら下おいでー!」

下からおばあちゃんの声が聞こえる。
久しぶりにコンビニ弁当じゃない朝ごはん。
作れないから、ずっとため置きしてた
コンビニ弁当だったから。

「おはよう、真美ちゃん」

「おはよー」

食パンが食卓に並べられている。
今日は、パパ帰ってないんだ。
仕事忙しいのかな…?

「FAXで、隅木田優斗さんから昼休みに新しく出来た校内喫茶に集合って」

隅木田優斗くんーーーわたし、隅木田くん、坂宮陽都、矢本拓斗くんがメンバーの明確スイーツ研究部のひとり。
中学2年生で、秀才なんだ。
隅木田くん直筆のFAXを見る。
校内喫茶なんて出来たんだ。
高等部まで行かなきゃいけない!
メンバーに高等部の人いないのに…。

「ずいぶん、彦宮学園は進んでるのね」

彦宮学園とは、わたしたちが通ってる学園のこと。
校内喫茶とか絶対ないよね。
進みすぎだって〜。

519:相原梨子◆x.:2018/02/09(金) 22:19

3.お嬢様の悩み
教科書をスクールバッグにしまうと、ジャージバッグを持って更衣室に向かった。
美華ちゃんーーー彦宮美華ちゃんの足取りが重たい。
どうしたんだろう?
体育が得意な穂乃香ちゃんが、美華ちゃんの顔を覗き込む。

「どーしたのー?美華ちゃん、バスケ苦手だから?」

今日からの体育はバスケットボール。
美華ちゃん苦手って言うけど、わたしの方が下手だよ…。

「おじ…校長先生に言われたの。絶対に体育で5を取りなさいと」

おじいさまと言いかけた美華ちゃん。
その通り、彦宮学園の校長先生は、美華ちゃんのおじいさん。
つまりお嬢様なんだ。
美華ちゃんは、肩を落とす。

「穂乃香はいいよね、運動出来て」

優佳ちゃんは隣ではにかみがちに聞いている。
運動が得意な穂乃香ちゃんとは打って変わって苦手な優佳ちゃん。
多分、わたしと同じ気持ちだと思う。

「ねえねえ、昼休みに校内喫茶行こ!行ってみたい!」

優佳ちゃんが話題を変えるように声を張り上げた。
だけど、それと同時に約束が頭をよぎってしまった。

「ごめん、優佳ちゃん。明スイの約束があるんだ…」

「そっかそっか、全ぇ然いいよー」

優佳ちゃんはハハッっと笑いながら更衣室へ駆け出した。
わたしは、ゆっくりと更衣室へ足を傾けていった。

520:相原梨子◆x.:2018/02/09(金) 23:05

4.隅木田くんの恋
肩で息をしながら制服に着替える。
美華ちゃんは、体育が終わってどことなく楽そう。
着替え終わった優佳ちゃんは「学食の席取っとくねーっ!」と言って学食へ走っていったし。
穂乃香ちゃんは「サイフ忘れた!家までひとっ走りするわ!」って更衣室を出ていったし。

「おーい、美華ちゃん?」

美華ちゃんは、さっきから体育が終わった安心感が大きいみたい。
先行っちゃおっと。
ジャージカバンを肩に引っかけて教室へ戻る。
その途中、わたしは見てしまった。
隅木田くんに告白している女の子を!
絶対、バレンタインにチョコレート渡すパターンだよね…。
ふたりは、ちょっと会話を交わして別れていく。
どうなったのか気になる。
すると、肩に大きな手が乗った。

「真美ちゃんどうしたの?」

「な、何でもないや!ハハハッ」

美華ちゃんもう来てるーっ!
あわてて教室に逃げ込み、サイフを手に学食へ走った。
優佳ちゃんが、学食の4人用席の前で手を振っている。

「みんなは?」

「まだ来てないよ。そっちこそ、穂乃香は分かるけど、美華ちゃんは?」

「そろそろ来ると思うけど…」

学食の入り口に視線を向けると、美華ちゃんがド派手なサイフを持って立っていた。

「こっちこっちー!…あ、真美ちゃん先に買ってていいよー」

優佳ちゃんがボソッっとつぶやく。
わたしは、学食内をグルッっと見回してメニューを決めていた…その時!
隅木田くんとさっきの女の子っ!
ふたりっきりで学食に来ることなんて絶対ないよね…!?
もしかして、付き合ってる!?

521:相原梨子◆x.:2018/02/10(土) 22:46

5.矢本くんの進路
もうすぐバレンタインかぁ…。
あの女の子もチョコレート渡すよね。
ここ、校内喫茶は、ばあばとじいじが経営している喫茶店にそっくり。
リアルにすごかった。

「おい、真美?」

坂宮が顔を覗かせる。
ビクッっと肩を震わせるわたし。
カレンダー見て、ボオッっとしてた!

「2月14日はスイーツの日でしょ?何かやらなきゃね」

坂宮がニコニコ笑いながらこちらを見てくる。
あ、あげないよっ!
友チョコ…義理チョコならいいけど。
明スイ仲間だもんね…。

「だけど、坂宮と矢本。受験はどうなんだよ」

隅木田くんがふたりを見る。
坂宮はヘヘッっと笑い、矢本くんは無神経な感じで目を逸らした。

「どこ受けるんだよ」

「隅木田しつこいなぁ〜。俺は彦宮残るよ〜。明スイ活動出来ないじゃん」

坂宮、彦宮学園のままなんだ。
明スイ活動が出来なくなるから。
じゃあ、わたしも残った方がいい?

「大丈夫だよ、真美ちゃん。自分で決めた道でしょ?あきらめちゃダメ」

隅木田くんがにっこり笑う。
知ってるもんね、わたしが青山野学園に推薦されたこと。
矢本くんは、遠く向こうを見るようにして、それからわたしたちを見た。

「留学するんだー、俺」

…えっ?
ウソでしょ…?
矢本くん留学しちゃうの?
じゃあ、ますます会えないじゃん!

「俺、いろいろやりたいことあって。だから…ごめん…」

謝ることじゃないって分かってる。
だけど、矢本くんと会えないなんて…。
わがままだって分かってる。
なのにどうして…?
わたしから彦宮学園から旅立って青山野学園に行くのに。
旅立って行く人は引っ掛かる。

522:相原梨子◆x.:2018/02/11(日) 10:18

6.今だけ?新メンバー
話を切り替えてメニューを決める。
バレンタインだし、チョコレートを使ったスイーツがいいよね。
毎年、ママとクッキー焼いてたけど。

「クックパッド開いてみたけど、マフィンや生チョコが目立ってるね」

隅木田くんのスマホを見せてもらう。
クックパッドに、いっぱいのスイーツが浮かび上がった。
すごく可愛く彩られたスイーツ。
これを作るんだね!

「簡単そうなのにする?進学あるし」

隅木田くんがクックパッドで検索している中、わたしはノートに記録した。
マフィンか、生チョコか…。
すると、隅木田くんがスマホを机の上に置いた。

「これ、いいと思うんだけど」

スマホに浮かび上がっているのは、キラッキラなマフィン。
レシピも簡単だし、もらったらめちゃめちゃ嬉しい!

「これでいいと思いますよ!」

サッっとレシピをノートに書き込む。
すると、ひとりの女の子がわたしたちを訪ねてきた。

「もしかして明スイ?あたしも入れてほしいんだけど!」

新メンバー!?
隅木田くんを見ると、ちょっと困ったような顔をしている。
そうだよねえ。
どうして、今の時期に…。

「あたしは高等部1年の恋川美沙子。スイーツ食べるの好きなの!」

わたし、名前聞いたことある!
文化祭の時にスイーツ祭りのイベントで、どれだけ多くのスイーツを食べれるかってやつで優勝してた!
恋川先輩はニシシと笑う。

「お願いっ!何でもやるから!」

恋川先輩は頭を下げる。
隅木田くんは、ますます困った顔をしてうつ向いた。
坂宮と矢本くんは上の空。
ちょっと関わらないようにしてるみたい。

「バレンタインでしょ?とりあえず、今回だけでも入れて!」

恋川先輩の圧力に押され、隅木田くんはオーケーした。
4人用の席だったので、隅木田くんが立ってくれた。

「マフィン作るつもり?ふ〜ん。じゃあ明日作ろっか!でも、作ったらどうするつもり?配るの?」

恋川先輩早いっ!
わたしは、急いでノートに書き留めた。

523:相原梨子◆x.:2018/02/17(土) 17:16

7.友チョコ
へとへとになりながら教室に帰る。
坂宮もため息をついていた。
あのあと、恋川先輩が進行したんだけど、坂宮を気に入ったんだ。
ずっと坂宮と話してた。

「真美はいいのか?恋川先輩が俺とくっつくの」

「別に全然いいけど」

キョトンとしながら言うと、坂宮は頭を抱えて詰めよってきた。

「何度も言ってるだろ?真美が好きって。空気読めよな」

坂宮の方が空気読めないじゃんっ!
ふたりで笑い合いながら各教室に別れた。
矢本くんのこと、陽茉理ちゃんに聞いてみようか。
だけど、めんどくさいよね、聞いてくる子って。

「真美ちゃん!バレンタインさぁ、友チョコ渡すからねっ!」

「わたしもわたしもっ!」

「わたしもお母様と作るから」

やっぱり、明スイで作るスイーツは登校してきた人たちに配るのがいいと思う。
わたしが個人的に作るのは、友チョコや義理チョコ、家族チョコにすればいいもんねっ!

「ありがとう!わたしも絶対作る!」

穂乃香ちゃんがニヤッっと笑う。
そして、わたしの肩をツンツンとつっついてきた。

「明スイメンバーだし、めっちゃ期待してるから!」

「真美ちゃん普段から作ってるもん、絶対美味しいよね!」

そんなことな…あるよね〜。
明スイみんなで作ってるスイーツだもんね。
趣味でお菓子作りはあんまりしない。
ママに送った時だけ。
(読んでない人は創作板へGO!)

「わたしは生チョコ作るから被らないようにしてよーっ!」

優佳ちゃんが人差し指をつき出して忠告してくる。
マフィンを明スイで作るでしょ。
だったら、カップケーキでも試してみようかな〜。
そして、天井を仰ぎながらひとりクスッっと笑ったのだった。


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS