教師のホンネ

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 ▼下へ
1:和菜◆h.:2017/05/05(金) 21:51

かけもっちゃった。完全フィクション、てか勝手な想像


花最 純菜 カサイ ジュンナ (26)
教師3年目。今年薊(あざみ)中学校へ赴任してきた。理科担当。独身。

中島 望 ナカジマ ノゾミ (29)
教師5年目。二年前薊中学校へきた。国語担当。独身。

赤城 優 アカギ ユウ (24)
新任教師。社会担当。独身。

高見 賢人 タカミ ケント (44)
ベテラン。薊中学校に8年程勤めている。数学担当。既婚。

野田 桜子 ノダ サクラコ (34)
4年前薊中学校へきた。英語担当。既婚。

高須 龍雅 タカス リュウガ (29)
教師5年目。昨年薊中学校へきた。体育担当。独身。

11:和菜◆h.:2017/05/13(土) 21:54

新学期が始まってはや2週間半。
学級組織も決まり、だんだん落ち着いて生活できるようになってきた。
1-3の級訓(クラス目標)は「しおこしょう」
わかる人にはわかる。志、思いやり、個性……とかいうやつ。

そして今日は我が3組での初授業。
1、2、4組はもう既に授業は始まっているのに、なぜか3組だけまだだったのだ。

「今から2時間目の授業を始めます」
「「「はい」」」
「お願いします」
「「「お願いします」」」

うーん、挨拶、イマイチ。揃ってはいるんだけど、大きさ……。

「ちいさーい!やりなおしいい!」

そんな怠そうな顔しない!

12:和菜◆h.:2017/05/17(水) 22:23

他クラスよりも明らかにゆるっとしすぎている雰囲気が、3組の長所であり短所でもある。私もこの短い間だが少し悩んでいた。
でも、その雰囲気の他にも何とかすることがあったようななかったような…

あ、、。まだ学級組織の掲示してない。あーぁ。せっかく書いたのに!!

「先生!心の声!ww」
「しかもめっちゃ間抜けwww」

うっかり「あ」とかいう間抜けな声が漏れていたらしく、初日から問題児の山田唯奈と、リーダーの浅井ゆめかからツッコミが入ると、ドッと笑いが起こる。

「すいませんね!じゃ授業始めまーす」

気をとりなおして授業再開。それからはいい感じに授業は進み、無事今日やる予定のところには間に合った。

(掲示は皆の下校後に無事終わらせた)

13:和菜◆h.:2017/05/17(水) 22:39

う〜ん。緊張?いや、楽しみ?いやいや、不安?…………

5月も半ば。今日から1年生は宿泊学習。(通称:宿泊)
もちろん担任の私も行く。
実は私、宿泊に行くのは初めて。期待あり、不安ありのビックイベント。
この宿泊は、再来週にある体育祭へ向けてのクラスの団結力を高めるチャンス。体育祭で優勝するには、ここから手が抜けないのだ。

「行ってきま〜す!!」

青空が広がる運動場で出発の挨拶をし、バスに乗り込む。
私は3号車。もうこの時点でかなりワクワクしている。もしかしたらクラスで一番テンション高いかも。

朝9時なのに興奮ぎみの私とやたら大人しい3組の生徒たちを乗せたバスが山に到着。ここから宿舎までは300m程なので、歩いていく。

トントン

誰かに肩を叩かれた。
クラスではかなり大人しい三浦美穂さん。
まだほとんど会話を交わしていない相手の一人である。

「どうした?」
「ひなたが転びました」
「あらっ。どのへん?」

出た出た、怪我人。(?)
大体、誰かしら怪我しますよね。分かってました。でも正直、それがひなたさんなのは意外。

14:和菜◆h.:2017/05/22(月) 21:22

「大丈夫〜?」
「え、あ、はい…」

とりあえず戻りひなたさんのもとへ。
わー。かなりの出血。こういうときって、どうするのがいいんだっけ?
しかし本人は落ち着いた様子で立ち上がる。

「えええ、ほんとに平気!?」

怪我をした本人よりずっと驚く私に若干戸惑う美穂さんとひなたさん。失礼いたしました。常にテンション高いんですよ、私。

随分と落ち着きのある2人とともに、ゆっくりと宿舎へ到着した。

15:和菜◆h.:2017/05/22(月) 21:31

ひなたの怪我の手当ても終え、入所式、宿舎の部屋配置の確認をすると、早くもお昼の時間。今日は持参したおにぎりを食べることになっている。

「「「「いただきまーす」」」」

今朝コンビニで買ってきた大好きな鮭おにぎりを静かに頬張っていると、近くにいた男子が言いづらそうに、ボソッと何か話しかけてきた。

「………した…」
「え?」
「昼ごはん…れました………」

ハァ………。でたでた。中島先生から聞いてた、初日恒例『弁当忘れ』。

「…はい。どーぞ。」
「あ、、すいません。ありがとうございます…」

しょうがないからツナマヨをプレゼント。おにぎり3つ買って良かった〜。嫌な予感はしてたからね。

16:和菜◆h.:2017/05/22(月) 21:48

昼食後は学級タイム。今夜の学年レクと2日目夜のキャンプファイヤーに向け、学年レク競技の大縄や級訓、担任紹介の練習をする。3組はまず級訓、担任紹介の練習。

「「し!こころざしぃ!」」
「「お!思いやりぃ!」」
「「こ!個性ぃ!」」
「「しょう!笑ぅ!」」

画用紙をあげながら全員で叫ぶ。
…はずだが、もちろん声を出すのは一部だけ。みんな人任せ。

「ストップ。全員声出せてる?」

「「「……………」」」

「みんなでやるって決めたんでしょ。級訓とか担任紹介全力でできない人たちに、体育祭勝つ資格なんてありませんよ」

嫌われても叩かれてもしらけても、たまにはこういうこと言わなきゃね。

「さ!練習練習!!学級委員さん!」

ーーーーーーーーーーーーーーー

「薊中のスーパーアイドル!!!」
「「「「花最!花最!じゅーんーなっ!!イェーーイ!!!」」」」

少し雰囲気が良くなった気がする。自分の名前全力で叫ばれるって、なんか照れくさいけどね。笑
そろそろ外に出しても恥ずかしくない紹介になってきたかね?級訓のときの声もなかなか悪くないし!

「はーーい!お疲れ様でーす、次大縄するので体育館シューズ履いてアリーナにきてくださーーい。場所は2組の隣でーす」

17:和菜◆h.:2017/05/25(木) 22:26

楽しい楽しい宿泊も、ついに2日目の夜。だんだんと寝不足の辛さに襲われる。
昨夜の学年レクは3組は2位。なかなかいい調子。
そこからのキャンプファイヤーでは、級訓、担任紹介がある。これにも何故か順位がつけられるらしく、審査基準は、クラスや担任への愛と声の大きさとのこと。これは負けるわけにはいかん。3組、愛だけは負けないぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「は〜い、お疲れ様でした。順位発表します」

まだまだ元気な高見先生の声が、マイクを通してアリーナに響く。

「3位……1組!」

お、まだいけるぞ。

「2位……4組!!」

お?お?お?良いじゃん。

「1位…………………3組!!!!」

「「「キャーーーー!!」」」

よっしゃ!やったぞ3組!プライド捨てて純菜コールした甲斐があったな!

この勝利には私だけでなく3組は皆テンション高く喜んでいる。
そして学級委員のゆめかさんと大成くんが賞状とミニトロフィーを受けとると、拍手が起こる。

こういう嬉しさって、担任ならではで良いよね。よし、体育祭もファイトだ!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

無事キャンプファイヤーの企画は優勝し、クラスの反省タイム。
優勝したのだから、文句なんて何もない。それに、素晴らしいことに3組は、生活態度まで良いからもう誉め言葉しか出ない。

「……てことで、明日は最終日なんで、このまま気を抜かず一生懸命いきましょー。以上でーす」

うむ。いちばん気を抜いてるのは恐らく私だろう。
まぁでも、やっと迎える最終日。家に帰ったら思う存分寝れるし!あと少し頑張ろう!

18:和菜◆h.:2017/05/26(金) 22:57

「「「「ただいま〜!!!」」」」

ふーぅ。これで一段落。熱気のこもる体育館で安堵のため息をつく。

「………次、花最先生のお話です」

中島先生から、マイクを受けとる。そしてフゥッと深呼吸し、礼をする。

「3日間、お疲れ様でした。………」

みんなの前で話す機会というのは思いの外少なく、前の学校の頃から毎回緊張する。でも、きっと疲れた体につまらない長話なんぞ入りはしない。ちょっと楽しいエピソードでも。

「……で、アンポンタン学級委員の大成くんがですね、カレーのルーを全部割っちゃって!」

良かった、みんなちょっとリラックスしてるね。でも大成くん、ごめんよ。お名前拝借しました、、


よし。これでほんとに終わり。学級通信を書いたらすぐ帰って寝よう。

19:和菜◆h.:2017/05/26(金) 23:01

学級通信。はぁ。これ、意外と時間かかるんだよな〜。

宿泊学習、お疲れ様でした

長いようであっという間の宿泊学習が終わりました。皆さんは、この宿泊でどのように成長することができたでしょうか。

……………………

20:和菜◆h.:2017/05/28(日) 09:59

(今日は主の趣味が出まくりますご了承ください)



宿泊後最初の登校日。みんな、ひとまわり、、いや、それ以上に成長した、中学生らしい顔つきになっていてなんだか嬉しい。

「先生!おはようございます!」
「おはよう〜!」
「今日から体育祭の練習ですね!楽しみです!!」
「おー!そうね!がんばろー!」

学級委員のゆめかが笑顔で語りかけてくる。もう体育祭のこと考えてくれるあたり、さすがだな!体育祭も優勝できそうな予感…!!


「体育祭応援合戦のテーマソングを発表します
……
1年生、Hey!Say!JUMPの明日へのYELL、2年生………………」

おー!明日へのYELLって、知ってるぞ!いい歌!集会でこんなにテンション上がったの、初めて(笑)

教室に戻ると放課。早くも明日へのYELLが流れていた。

「♪今はまーだ、見えなくて〜も…」

ちょっと口ずさんでみる。するとすかさずツッコミ。

「あ!先生も歌ってる〜!!!」

そら歌うよ!この曲好きだもん!なんて心の中で言い返しつつ、次の学活の準備。

キーンコーンカーンコーン

学活。体育祭に向けて仕事を決めていく。

「………てことで!横断幕7人、小道具10人、振り付け5人、各競技の作戦係8人です。やりたいところで手をあげてくださーい。人数は場合により多少前後してもいいでーす」


はい。決まり。なんか予想通りな感じ!

横断幕はひなたと美穂を中心に絵が得意という7名。
小道具は器用でアイデアもあるがなかなか私のLINEを消そうとしない唯奈を中心に8名。
振り付けはリーダー格のゆめかを中心に、少し増えて7名。
競技の作戦係は運動が得意な男子たち8名。リーダーはアンポンタン学級委員の大成。でも頭の良い優や真面目な駿都もいるので安心。

さぁ、いきましょう!3組の体育祭!
絶対優勝!!!!!!

21:絵菜◆8Q:2017/05/28(日) 19:57

また、読ませていただきました。
私たちの級訓も、『志思個笑』です。
意味が多少違いますが。
宿泊いいですねえ。
私たちも行ってきました!
初めて、私たちのクラスでの団結が生まれました。
その感じが伝わってきました。
はい!
教師になれるように頑張ります。

22:和菜◆h. hoge:2017/06/02(金) 22:52

>>21
おお!ありがとうございます!!
級訓しおこしょうなんですね!
宿泊のお話は、私の思い出を少し借りました。笑

23:和菜◆h.:2017/06/02(金) 23:00

体育祭まであと2週間。
薊中には体育祭の特別日課まであるらしく、7時間目の学級タイム、その後も18時まで自由に残ることができる。だから部活はなくなる。
教師と言えどもあまり体力に自信がない私からしたら、部活にしてくれたほうが有難い。でも決まりは決まりだ。どうせならここでいっちょ頑張ってれ3組が優勝をもらおう。

「花最先生、体育祭ノリノリですね」
「まぁ!3組は優勝しかないんで」

最近、中島先生にも少し素を出せるようになった気がする。生徒たちだけでなく、先生たちも絆が深まりつつある今日この頃。今日の朝の打ち合わせでは、高須先生が一発芸を披露し、見事にしらけたところだ。

24:和菜◆h.:2017/06/02(金) 23:18

〜〜♪♪

「「「3組優勝!!!!!」」」

「「「しおこしょう!!!」」」

「「「かさい じゅんな!!!」」」

この3語を中心に、応援合戦はとにかく叫ぶ、叫ぶ。応援合戦のダンスは動きも大事だが、一番はやはり声の大きさだと高見先生から聞いた。比較的声が出やすい3組は、どの競技よりも応援合戦に力を入れている。

「もっと、声を歌のリズムに合わせたほうがいいと思う」
「声と動きが違いすぎるよね」
………
「先生!これどう思いますか?」

あぁ、なんか嬉しい。こういう姿見てるとね。一緒に頑張りたいって思えるわ。
特に、ゆめかは最近いつも以上にリーダー意識が高く、誰よりも声を出していて、すごく頑張ってると思う。

「うん、いいと思う!」

オッケーの返事をすると、ゆめかは嬉しそうにみんなの元へ駆け寄り、オッケー頂きましたっ、なんて言っている。



「こんなに皆頑張ってるなら、勝っても勝てなくても楽しいよね…まぁ勝つけど」

小さな小さな声だった。たまたま絵の具を取りに戻っていたひなたが美穂にそう呟いていた。

めちゃくちゃいい言葉やないの。
最近リーダー系のゆめかたちと絡み始めて、体育祭にも少し、熱が入っているようだった。

25:和菜◆h.:2017/06/03(土) 21:55

1-3 学級通信No.7 志思個笑

初めての体育祭まであと少しですね。みんなが楽しそうに準備や練習を進めているのを見て、先生も楽しくなってきました。
ですが、体育祭まで残り1週間を切ると、なかなか楽しいだけでは進めなくなると聞きました。
そんなとき、支えてくれる仲間をどれだけ信じてどこまで一緒に頑張れるかが大切だと、先生は思います。
とにかく全員で、明るく頑張っていきましょう!


【今週の名言】
今週も心に響く名言、たくさんありました。これはみんなが体育祭練習を頑張っている証拠。ありがとう。

「楽しいだけじゃ良い体育祭にはならない」
by高見先生
月曜日、朝の打ち合わせにて。

「こんなに皆頑張ってるなら、勝っても勝てなくても楽しい」
by松井ひなた
水曜日、学級タイムにて。

「勝つより全員楽しむことを優先したい」
by浅井ゆめか
水曜日、2限学活にて。

26:和菜◆h.:2017/06/03(土) 22:14

う〜ん。今回の学級通信は、少し頑張った。授業ない空き時間、まるっと1時間かけたからね。
時々載せる、名言のコーナー。これ意外と好きで。今週は出そうと思ってずっと聴覚を研ぎ澄ましていたかいあって、史上初(と言ってもコーナー3度目だが)、3つ同時に名言を載せることに成功した。これは、自分的には素晴らしいと思う!!!

…しかし。書き終えた学級通信のことなんて振り返っても仕方ないので2組の体育の授業を偵察に。


「「「いーち、にーい、さーん、し…あー。」」」

大縄。うん。これは勝てそう。とか思ってたら顔がにやついてたのか、いつの間にか現れた中島先生からツッコミがはいる。

「ちょっと花最先生!3組にだけは、勝利譲りませんからね!!」
「い、いや!優勝旗は3組が頂きますから!!!」
「そんなわけ!優勝は2組に決まってます!」

なんて言い合いを始めると、2組の生徒もこちらに気づいたのか、手を振りながら、「中島先生!フラグ立てないでくださああああい」と叫んでいる子がいる。

「いや、回収しなきゃ言い話なんだから!大縄100回跳んでね!!」

そう元気に返事を返していた中島先生は、またいつの間にか私の隣から姿を消していた。

27:和菜◆h.:2017/06/04(日) 08:06

7時間目、学級タイム。
今日は騎馬戦の3,4人組を決める。
3組は30人だから、3人組が2つと、4人組が6つだ。
3人は4人より危険なので、運動神経が良いメンバーを選ぶようにと、高須先生から言われている。
この中で運動神経が良さそうなのは…
と色々見てみるが、さっぱりだ。
体力テストの記録や普段の様子を見てもなかなか分からず、最終的にはみんなに直接聞くことに。
男子は学級委員の大成、野球少年だという慶真、筋肉がスゴいと噂の晴人。
女子は陸上部エース候補の唯奈、バレーが得意な楓、吹奏楽部に入ると言っていたが運動神経はめちゃくちゃ良い沙依に決まった。
そして、色々試し4人組も完成。
全員が競技参加報告用紙に名前を書き終えたら、とりあえず半分に分けて戦ってみる。

お。やっぱ3人組は強いか?でも向こうも今取ったな。

「ピピー! はい終わりー、はちまき相手に返してくださーい」

うんうん、分かったぞ。
おそらく3組は…騎馬戦弱い!
隣で1組もやってるが、到底追いつけるようなものじゃない。
にしても、騎馬戦は得点高いから勝たなきゃ優勝はないだろう。早急に作戦を練らなければ。

…なんて言わずとも、ゆめかと大成が話し合っている。よくできた学級委員だ。!
しかし数分後、首をかしげながら私のもとへやってきた。

28:和菜◆h.:2017/06/05(月) 22:03

「先生、これって……………」
「…ごめん!もう報告書書いちゃったから変えれないの」

やっぱりな。問題、担任にあり。
後先考えず組を報告書に書いてしまうあたりは、絶対見習わないでほしい。
本当にごめんよ!!!!


それでも3組は強い、強い。どんどん作戦を練っていき、回数を重ねるごとに、うまくなっている気がする。
皆のために、のパワーはすごいのだ。

「今日はこれで終わりにしまーす」

そう掛け声をかけたときには、もう1組なんて敵じゃないくらいに、騎馬戦も、強くなっていた。

29:文月かおり◆DE:2017/06/05(月) 22:18

読ませていただきました!
クラスの子たちの個性が生かされているなあとおもいます。たのしそう!

これからも時々見ますね!

30:絵菜◆8Q:2017/06/10(土) 13:31

読まさせていただきましたよ!
体育祭、本番が楽しみです。
ふとした瞬間の笑みが伝わってきて、私も心が踊ります。
頑張って書いてください。
応援しています!

31:和菜◆h.:2017/06/10(土) 22:41

>>29
あああ、ありがとうございます;
褒められた喜びがスゴい…
駄作ではありますがこれからも見てやってください!

>>30
ありがとうございます;;;;
読んでくれる方がいるとは、有難い。
嬉しすぎる…これからも頑張ります!



あ、あと。。お知らせ?で
テストゥ週間なので更新遅れるかもです;
低浮上気味、、。
でもなるべく早めに書きます。

32:和菜◆h.:2017/06/10(土) 22:55

楽しかった準備も、笑いあり涙ありの練習も今日で終わり、ついに明日、勝負のとき。

疲れで眠い目を擦りながらも誰もいない教室へ向かう。
目的は、今日のうちに黒板に全員が一言ずつかけるように枠を書いておくこと。これを朝に回すとかなり大変だと、中島先生から聞いた。
チョークを持ち、クラスカラーの黄色を基調に次々とイラストと枠を描くと、あっという間に終わってしまった。
中島先生の苦労の気持ち、イマイチ理解できないな、なんて思いつつ、念のため枠の数を確認。自分も入れるから、31あれば正解だ。

「1,2,…………28,29…あれ?」

あーあ。足りない。。。30しかない。
はぁ。しょうがない、足りない分は自分にして、私は紙に書いて貼っとこう。

『どのクラスよりも楽しむ!そして勝つ!!!!!! 純菜』

ありきたりな言葉だが、今の3組にはピッタリな気がした。
そして時計を見ると午後7時。お守りも完成したし、今日は帰って早く寝よう。そう思い、職員室へ向かっていると、後ろから名前を呼ばれた気がした。

「…先生!花最先生!」

赤城先生。急にどうしたんだろう。

33:和菜◆h.:2017/06/10(土) 23:03

「1組赤チョークきれちゃって。どこに置いてあるか分かります?」

…そんなことかい!もっと重要な用事かと…w
まぁでも。お互い薊中1年生なので、校内で分からないことがあれば教えあっている。しかし、普段私は赤チョークをほとんど使わないので、赤チョークの場所はよくわからない。

「ごめんなさい、見たことないです。でも白チョークが学職の奥の棚と印刷室の後ろの引き出しの上にあったので、その近くかもしれないです」

「あー!ありがとうございます」

困ったときは助け合いね。ま、明日は敵だけど。
そんなことを思いながら、今度こそ、私は職員室へ向かった。

34:絵菜◆8Q:2017/06/11(日) 08:51

いえいえ。
頑張ってください。
駄作なんかじゃありません。
自信を持って書き続けてください!
体育祭が楽しみになってきました!

35:和菜◆h.:2017/06/11(日) 21:17

>>34
えええ。もうほんと感謝しかありません。ありがとうございます。!!!!!!

36:絵菜◆8Q:2017/06/11(日) 21:31

こちらこそ、返信してくださっててありがとうございます!
あの、私のことは無視してくれて構いませんので、小説更新を試みてください。
応援してます!

37:和菜◆h.:2017/06/11(日) 21:52

ついに今日。体育祭。
いつもより30分早いアラームで起き、顔を洗い歯を磨き、髪をとかす。
そして、用意しておいたインナーの上に黄色のTシャツ、下はジャージに着替える。この黄色T、似合うかかなり不安で迷いながら買ったが、着てみるとかなーりいい感じで着まわしもでき、今日までにもう2回ほど着てしまったところだ。
そしてリビングへ行くと、母が朝食をつくってくれていた。

「おはよ〜」
「おはよう。ご飯できたよ」

ご飯、味噌汁、卵焼き、牛乳。
普段は朝もコンビニで済ませることが多いので、有難い。

「ごちそうさま〜」

食器を片付けふと時計を見ると、かなりいい時間。

「いってきまーす」

黄色地にピンクのブランドロゴが入ったスニーカーを履いて家を飛び出す。といっても数メートル先の車に乗る、ただそれだけなんだけど。

車を走らせながらいつもは曲を聞くのだが、今日はいまいちそんな気分ではなく、ぼんやりと考えごとをしていた。
すると、何気なく、ある疑問が浮かんだ。

(なんで昨日、赤城先生は赤チョークがほしかったんだろ…)

考えてみれば少し不思議な気もしてくる。
今年の1組のクラスカラーは青なのに、なぜそんなに急いで赤チョークを用意しなければならなかったのだろうか。
そんなどうでもいいことを考えてるうちに学校に到着。
学職へいくと、もう先生たちは揃っていた。
そして、高見先生のお話が始まる。

「………というわけですから、今日1日頑張りましょう!」

「「ハイ!」」

私たちは、それぞれの準備へ向かった。
フリーの私は各教室の見回り。テンションが上がった生徒たちが、何をしだすかわからない。ありえないかもしれないが何かあってからじゃ遅いから、偵察も兼ねて丁寧に見回りをする。
1組は落ち着いていたので、2組をチラリと覗くと、

「花最先生!何みてんですか!」

応援の練習中だったらしく、言葉を発する前に強制退場させられた。
3,4組も特に問題はなく、私の仕事は終わり。しょうがないから廊下の窓付近でたそがれてみる。すると、聞き慣れた声が聞こえてきた。

「花先生!めっちゃ黄色いですねw」
「まぁ。3組だからw」

最近また、ゆめかは私のことを『花先生』と呼ぶようになった。以前お蔵入りになったと私は勝手に思っていたが、どうやら復活したらしい。

「ま、今日の優勝は3組ですね。頑張りましょう!」

「うん、ゆめが今まで一番がんばっとったもんね!」

「いやいや、皆私よりすごい頑張ってましたから!」

ゆめかが皆から慕われるのは、この謙虚さと優しさがあるからか。とか思っていると、チャイムが鳴った。これは恐らく着席完了のチャイム。教室を見るとみんな座っていたので、急いで私も教卓の前に立った。

38:和菜◆h. hoge:2017/06/12(月) 23:16

「……で、30分には椅子を外に並べておいてください。順番や机も出す人は昨日いった通りです。あとは……」

諸々の業務連絡をしているうちに、学級での残り時間はあと10分。急いではいたが、なかなか時間がとれず、皆には申し訳ない…

「よし、体育祭頑張っていきまっしょー!!」
「「「「オー!!!!!」」」」

円陣を組み、ゆめかのかけ声に皆が応える。
そんな雰囲気に、私はこれまでにないくらい、テンションが上がっていた。

39:和菜◆h.:2017/06/12(月) 23:45

ついに体育祭が始まった。開会式、2年生の騎馬戦、3年生の応援合戦が終わり、次は1年生の騎馬戦。最初の競技に緊張しきった情けない男子たちに、ゆめかや唯奈が声をかけている。

「大丈夫!翔たちのチーム、練習のとき最強だったやん!」
「うん、練習通り!とられたら…大成から往復ビンタねw」
「え!何で俺がビンタ!!」

笑いが起こり、みんな緊張が解れてきた様子。
そんないいタイミングで、準備完了合図の旗が上がり、入場。


「よーい、ピーーッ!!」

最初は1組対3組、2組対4組。早くも相手は強敵である1組だ。

「がんばれー!!美穂左左!とれる!!唯奈もそことれる!!」

私の声が届いたのか、素早くハチマキを奪う美穂と唯奈。お、これはなかなかいい戦い…?

「ピピーーッ! 2回戦目を始めます。」


「結果発表をします」

きた。一番の緊張の瞬間。
薊中の騎馬戦は、勝数ではなくとったハチマキの数の合計で勝敗が決まるので、結果発表までドキドキ。

「…3位、3組」

最下位は免れた!!という意味ではみんな安心した表情。そして2、1位の発表を待つ。

「2位、1組」

え…?1組が2位なの!?驚きを隠せないが、こうなれば1位は決まりだ。

「1位、2組!」

キャーーー! 歓声が響く。2組の皆はは中島先生とハイタッチ。3組の皆はそれを横目に拍手。もちろん皆、悔しそうな表情を浮かべている。それは例外なく私もだろう。

「退場します、駆け足〜進め」

「ピッ」 「はい解散〜」


「みんなお疲れ様!次は絶対勝とうね!」
「まだ全然勝ち目ある!」

早くも皆を元気づけたのはゆめか…ともう一人は意外な人物、ひなただった。

「いやいや、ひなたがそーゆーの言うとか、なんか説得力ないわーw」
「んー?こんなに説得力のあるお話初めてだって?ありがとう大成くん!w」

若干ふざけてはいるが、まさかのひなたの活躍にはびっくり。でも確かに、ひなたは準備のときからゆめかたちと一緒に練習を仕切る場面もあった。それに、横断幕はひなたと美穂が、ほぼ2人で作り上げたようなものだ。

「ひなた、さっきはありがとね!」

あとでこっそりお礼を言うと、

「いや〜、もう忘れてください!」

と、照れて首を大きく振りながら話す姿は、宿泊のときからは見違えるほど、成長したようだった。

40:和菜◆h.:2017/06/13(火) 00:06

次の1年生の競技は、応援合戦。
時間短縮のため、2クラス同時に行われる。そのため、声の大きさやインパクトで隣のクラスに負けると、審査対象にすら入らない可能性まであるという。
おまけにこの応援合戦は、学年でのクラス対抗ではなく、学校、全クラス対抗、つまり4クラス×3学年の12クラスで順位をつけるのだ。だから大体1位は3年生。1年生は、5位くらいに入れれば、なかなか良い結果だろう。


「みんな!合言葉は?」
「「「「We love Kasai!We love Junna!」」」」
「うん!それ忘れず、頑張ろう!」
「「「「オー!!!」」」」

今度は唯奈のかけ声で、入場門の前に並ぶ。すると合図の笛が鳴る。

「3組!!!!!!」
「「「「We love Kasai!We love Junna!………」」」」

皆は、冷静に考えるとちょっと謎な合言葉を叫びながら一斉に、こちらへ向かって走ってくる。
一応ここでの担任の位置は、演技をする生徒と向かい合うように、でもラインには入らないギリギリ、ということになっているので、その辺りに座りカメラを構える。
一緒にやるのは2組。一番親しい中島先生のクラスということもあるし、何よりさっきの騎馬戦で惨敗したので、次こそは絶対勝たなくては。

お互い始めの挨拶をすると、曲が流れ始める。

「「「オーーーーーー、ハイッ!オーーーーーー、ハイッ!」」」

振り付けのゆめかたちが、とにかく声を出す応援に仕上げてくれた。小道具は唯奈たちが遅くまで残り作ってくれたもの。どれも最初の案とはかなり違うものだが、皆これに賛成し、練習を重ねてきた。

「「「「かーさーいっ!ハイッ!」」かーさーいっ!ハイツ!」」

41:和菜◆h.:2017/06/13(火) 23:53

良い。とても良い。
3組の演技からは、あり得ないほどの愛を、情熱を、元気を感じられた。

「せーの!」

「「「「We love Kasai Junna!!!」」」」

たった2分30秒の演技だった。普通の観客から見れば、ただの応援合戦だろう。ただ中学生が踊っている、ただそれだけのことだろう。
でも涙が止まらない。今までの皆の頑張りと、今日の演技と。感じてきた、考えてきたものが涙に変わって溢れてくる。

「ピッ」

着席完了の合図の笛でハッと我に返った。担任がこんなんじゃダメだな、と思い、急いで涙を拭い、生徒席へ走る。

「今日のみんな、100点!!」

私がそういうと、おおおー!と歓声が起こった。そして鼻をすする音も聞こえてくる。

「せっ、先生…!どうでしたか…?」

涙を流しながら、ゆめかが聞いてきた。

「…最高すぎた、一番良かったよ」

なんて言ってると、また涙腺が刺激されたらしく、涙が出てくる。

「ところで先生、写真どんな感じですか?」

さっきまでゆめかたちと泣いていた唯奈は、もうそんなこと忘れたかのように、笑顔で聞いてくる。

「う〜んとね、ちょっと待って………え………………」

「まさか先生!撮ってないとか言いませんよね!?」

「……ごめん、撮ってないわ」

「「えええええ!!」」

どうやら感動のあまり写真のことが頭から抜け落ちてしまったようだ。うっかりした先生はやっぱダメね、、

「じゃあどうするんですか!」

「ほ、ほんとごめん、感動しすぎてたw
でも多分、高見先生とか野田先生が撮ってくださってると…思う!」

高見先生と野田先生を信じておこう。
そんなこんなで感動してるうちに、2年生のリレーが始まっていた。

42:和菜◆h.:2017/06/17(土) 22:32

そしていろいろありながらも競技は進み、午後の部。1年生の残る競技は大縄だけ。
今のところ3組は、騎馬戦3位、たま入れ2位、リレー4位と、あまり良い結果は残せていない。応援合戦の結果発表は最後だが、あまりそれに期待して裏切られたら……。
つまり、この大縄で1位を獲らないことには総合優勝なんてありえないのだ。(大縄1位でもちょっと厳しいくらい…)

「みんな〜円陣組むよ!!」

ゆめかのかけ声で全員集合。

「絶対絶対、40回跳ぶぞー!!!」

「「「「オー!!!!」」」」

気合いを入れて入場。
しかし、状況は最悪だ。風が強く、砂がとぶため目に砂が入り縄が見づらい。
でもそんな言い訳を吹っ飛ばすように、みんなはとにかく跳んだ。

「「「「いーち、にー、さーん、しー……………」」」」

「ドンマイドンマイ!次行けるよ!」

「いくよー!せーのっ!」

担任の私は皆に向かってクラスの旗を振っていたが、なんとなく自分も跳んでいるような気持ちになってくる。

「「「「………さんじゅはーち、さんじゅきゅー、よんじゅー!よんじゅいーち、よんじゅにー……………」」」」

すごい………!最高記録の29回をサラッと越え、目標の40回突破。

「「「「……ごーじゅさん、ごーじゅしっ」」」」

「ピーーーーーッ」

53回。すごい。やばい。さすが3組。
とか思ってたら、本日2回目の涙。
昼に化粧直したのにとか、情けないなとか、色々余計なこと考えてるうちに、自然とひっこんでくれたけど。
こんなに泣けるんだね、体育祭って。


「結果を発表します」

緊張の瞬間。

「3位…1組、46回」

「2位…3組、53回」

「1位…2組、55回」

わ。めっちゃ僅差じゃん。超悔しい。
クラスの列を見ると、泣いている子もちらほら。それが最高記録に対する嬉し涙なのか、あるいは2組に負けた悔し涙なのか。それはわからない。(おそらく、後者のほうが多いと思うけど)
それでも自席に戻った頃には皆わーわーといつもの元気でしゃべっていた。

43:和菜◆h.:2017/06/18(日) 22:21

そしてついに、運命の結果発表。
私も含む全校生徒・先生が緊張した表情で指令台を見つめている。

「応援合戦の部は、5位から発表します」

これはなかなか厳しい。5位より下のクラスは発表されずに、紙に順位が貼り出されるだけらしい。

「5位…2年1組!」

「4位…3年3組!」

…このまま流れで3年生に全て奪われるか、、そう思ったときだった。

「3位、1年3組!」

信じられない。ここにまさか入れるなんて。。
皆とガッツポーズをしていると、また涙腺が刺激される。

「2位、1年2組!」

…え。さっきの喜びと今の悲しみ、混ざりあってまた複雑な気持ち。
さっきまでめちゃくちゃ笑顔だった皆も、今はなんとも言えない表情を浮かべている。

「1位、3年4組!」

まぁ。そこは予想通りなんだけど。ほんとにありえない。

「続いて、総合結果の発表です」

「1年生、4位、4組」

「3位、3組」

あぁ。負けた。最下位じゃないだけマとしか言えない。

「2位、1組」

「1位、2組!!」

やっぱり優勝は2組。私たちに残るのは悔しさばかり。

「2年生、4位………」

2年生の発表が始まったが、きっと皆、ほぼ聞いてなかっただろう。自分たちにつきつけられた現実的すぎる結果に、必死に向き合っているように見えた。


閉会式も無事終了、自席に戻るとクラス学年関係無く、多くの生徒が泣いていた。
もちろん優勝した2組は笑顔。中島先生は、感動のあまり泣いてるけど。
1組は2位ならいいだろ!と開き直っている。
4組と3組は皆涙を流している。
私は約5分後の写真撮影のためだけに、今は必死に涙をこらえて話す。

「お疲れ様でした。…結果は思ってたものと違ったかもしれないけど、今日の皆は誰よりも、何よりも輝いてました。そして1番嬉しいのは、応援合戦3位という結果ではないでしょうか!ということでこれは素直に喜びましょう!せーーのっ」

「「「「ヤッホーーイ!!!」」」」

3組の誰かが言い出したこのセリフで、話をしめることにした。ちょっとでも気分をあげてほしかったから。

「お待たせしましたー、写真とりまーす」

「はい、3、2、1 カシャッ」

「オッケーでーすお疲れ様〜」

写真屋さんのその一言で、一気に涙が溢れてきた。どんだけ我慢してたんだよと恥ずかしくなる一方で、こんなに泣けるとかどんだけいいクラスなんだよと、また感動する。
でもこれだって仕事だ。どんなに泣いてても、次の指示は出さざるを得ない。

「ズズッ えーと、椅子もって順番に教室に戻ってください。昇降口前でガムテ剥がして袋に捨ててね ズズッ」

「先生顔真っ赤だし!どんだけないてんですか!」

案の定唯奈からツッコミが入る。
しかし、今回ばかりはそんな唯奈の目も赤く腫れていた。

44:和菜◆h.:2017/06/18(日) 22:25

脱字

誤 最下位じゃないだけマとしか…
正 最下位じゃないだけマシとしか…

45:和菜◆h.:2017/06/21(水) 23:26

全員教室に戻ってもまだ時間はかなりあり。掃除をし、帰りの会をし、先生の話。はもういいだろう。…でも15分もあるので、少ししゃべらせてもらう。

「改めて、体育祭お疲れ様でした。初めてで色々大変だったけど、楽しかったかな。…先生はすごくすごく楽しい時間を過ごせました。で、まぁ結果も大事かもしれないけど、1番大事なのは、皆がどれだけ頑張って、成長できたかだと思います。…それで今日、各クラスで3人、すごく頑張ってた、成長した人を選ぶんですよ」

そう、学年でのきまりごと。もともとはさらっと説明するだけのつもりだったが暇という理由だけでながめにとった。
皆は疲れたからか、もうあまり話を聞いていない様子だ。

「…それで、先生が思うに皆の中でも特に頑張ってたのが、、ゆめかさん、大成くん、ひなたさんなんだけど……皆どうかな?」

すると、ひなたの親友の美穂やゆめかの親友の唯奈を中心に、拍手が起こる。
当の本人たちの様子はというと、ゆめかとひなたは嬉しそうに泣いているが、大成は周りの男子たちにいじられて笑っている。まったくこんな呑気でも学級委員やるんだから、大したもんだ。

「それではその3人は、挨拶のあと先生のところに来てください。…もう言うことないわ、、

はいじゃあ帰りまーす」

「起立、気を付け、帰りの挨拶をします」

「「「「はい」」」」

「さようなら!!」

「「「「さようなら!!!」」」」

「はいさようなら〜!」

46:絵菜◆8Q:2017/06/23(金) 22:31

体育祭良かったですね〜♪
素晴らしいです!

47:和菜◆h.:2017/06/27(火) 23:27

>>46
ありがとうございます。!

48:和菜◆h.:2017/06/27(火) 23:43

体育祭も終わり、一段落。
…かと思いきや、1年生は部活の本入部。
スッと入って続けばいいが、辞められたり転部されると、諸々の手続きがかなり面倒。
そして私は「吹奏楽部の副顧問」であるにも関わらず、ほとんど部活に顔を出していなかった。理由は特にないけど、顧問の高橋先生も特に嫌な顔はしないので、その気になったら行く、そいうスタイルだ。まぁ、呼ばれたらその気にならなくても行くんだけど。

「花最先生、来週から1年生の教育係、よろしくお願いします」

「は、はぁ。教育係…ですか。了解です」

薊中吹奏楽部に来て約1ヶ月半。やっと、気分で欠席やら遅刻やらできない立場になったようだ。
高橋先生にもらった、1年生にやらせるという呼吸法のメモをできるだけ丁寧にたたんでポケットにしまった。そしてフッと息を吸い込む。真っ青な空の色と爽やかな空気が体に溶けこんでいく。

「あ〜、いい天気」

そつ呟きながら、職員室へ戻った。

49:和菜◆h.:2017/07/05(水) 22:48

「今日の午後練、2,3年は合奏の用意、1年は第二理科室、花最先生と練習します。それぞれ必要な準備をしてください」

「「「ハイ!!」」」

てきぱきと指示を出していく高橋先生。薊中の吹部は高橋先生が7年間守り続けてきたという。
しかし来年あたり異動になるのではという噂も飛んでいる。そしたら次は花最先生ね、と野田先生には言われたが、幽霊顧問になりかけの私にそんな大役は、とてもじゃないけど務められないと思う。

「花最先生」

「はい」

「今日の午後は第二理科室でこの前渡した呼吸を全員でやるのと、腹筋30。終わった人から楽器で個人練お願いします」

「わかりました」

教育係初仕事を任された。ちょっとドキドキ。でも楽しみ。早く授業終わらないかしら、、

50:和菜◆h.:2017/07/05(水) 23:24

「お願いします!」

「「「お願いします!!」」」

吹奏楽部に入った1年生は16人。3組では、美穂、ひなた、菜々子の3人がいる。

「じゃあまず呼吸の練習しまーす、寝転が……」

ザワザワ… 
きっとみんなん?と思っただろう。
理科室の机は動かせないのだから。

「れませんね、はい!んー、、どうしようねぇ〜…」

しょっぱなからミス。てかこれ、理科室とか言った高橋先生が悪くない!?と心の奥で思いながら、渋々合奏中の高橋先生のもとへいく。

♪〜〜

「高橋先生〜…」

ピタッと演奏がとまり、こちらに視線が集まる。

「理科室机動かないんで、被服でも大丈夫ですかね」

………

「ん〜…、今日は被服は家庭科部がいるから、2階の渡り廊下で」

こんな急な質問にも一瞬で対応する高橋先生が、だんだんかっこよくみえてくる。

「みなさーん、2階の渡り廊下集合〜」

「「「ハイ」」」

………

なかなか全員揃わない。どうしたのかと理科室を覗きにいくと、理科室の奥の方から声が聞こえてきた。

「……よね、うん、………」

「あー…………も………よね」

「あなたたち何してんの」

この子たちは…1組の莉佳さんと実有さん、そして2組の晴菜さん、だと思う。記憶は曖昧なんだけど。

「あ…なんか、ささの譜面台が閉じなくなっちゃって」

ささ…は、佐々木実有か?…それはさておき、とりあえず譜面台を見てみる。

ガチャガチャ

「う〜ん、動かんね。とりあえずそこ2人は向こうにいっといで」

これはなかなか難しい。。上げ下げの途中にも色々ひっかかってまったく動かない。

「実有さん。これって先輩の?」

恐る恐る聞いてみる。

「いや、昔おねえちゃんが使ってたやつです」

ホッ。それならまだマシ。

「じゃ、それは家か後で直して、とりあえず上行こう」

♪________________

1年リーダーの中根亜心がやってくれていた。

「ありがとね。自分のほう戻っていいよ」

「はい」

やっと始められるよ。…という頃には皆もう疲れた顔をしていた。
亜心が、ちょっと厳しめに見ておいてくれたのだろう。非常に助かる。

「それでは〜、さっきの続き〜吸うーーー……せーの」

♪________________

やばい。こーゆーときちょっと苦しそうな誰かをいじめたくなる。Sの習性だ。

「松井ひなた目が死んでる!!w」

ちょっとひなたをいじめてみる。
フルートになった彼女はその可愛らしいルックスと天然な性格で、先輩から好かれているとの噂だ。だが今は、死んだ魚のような目をしている。

「みっほーりーん!!元気かぁ!?」

もう見るからに元気ではない美穂だが、私に小さく笑ってくれた。ちなみにトロンボーンになったらしい。

「菜々ちゃん音聞こえんわ〜!!」

大嘘。誰の音よりも聞こえるトランペット。でもいじりたいからいじる。

♪________________

「ふぅー。お疲れ様でーす。最後、腹筋30回した人から個人練習です、片付けは20分から」

51:和菜◆h.:2017/07/06(木) 23:11

「今日はどうも」

部活が終わるといつも口数が減ってクールな高橋先生に声をかけられる。

「個人メモあります?」

「あーはい」

個人メモというのは、合奏に参加しない、つまり高橋先生の目が届かないところで練習する生徒がいるときに、副顧問が一人ひとりの取り組みや新発見した性格などを書き込むものだ。全員分はかなり大変だったが、もちろん書き終えている。

「ありがとうございます…………中根亜心が仕切ったのね…ふんふん…了解です」

その個人メモを見てどうしているのかは知らないが、書き方に誤りがないと分かり、とりあえずひと安心。
2回目以降はきっとスムーズにやれるという、自信が湧いてきた。

52:和菜◆h.:2017/08/09(水) 08:16

そして何度か練習を重ねるうちに、吹奏楽部1年生との謎の絆が生まれてしまった。
別にいやという訳ではないが、若干めんどくさい。

「花最先生〜ちょっと…」
「え、はいぃ〜」

最近これ多すぎ、ガチな相談。
私に心を許してくれた証拠なのだろうけど、どうにもならない相談をしてくるのは、本当にやめてほしい。
解決できなかったとき、悪者になるのは私だから。

「う〜ん、それは向こうが…………」
「ウゥッ…ですね………そうですよね」

あーもう!また泣かせてしまった!!
励ましてるつもりだが、解決するつもりだが、よく泣かせてしまう。

「ウッありがとうございましたズズッ…ちょっとスッキリしました」
「うん!じゃあ明日から部活来れそう?」
「…はい」

あーら。ならよかった。
時々なぜ泣いてたのか分からない子、すごく不安になるから言ってくれると助かる。
下校前の謎の相談タイムを終え、職員室に戻ると、高橋先生から声がかかる。

「花最先生、最近大変そうですね〜」
「あ、まぁ…はい」
「そんなとこ申し訳ないけど、個人メモお願いします」
「あ、あぁ、これです」

なんだ、個人メモの取り立てかい。
珍しく同情する感じな雰囲気だったから、驚いたではないか。
私が驚いたのには気づかず、高橋先生は3年部の自席へ戻っていった。

53:和菜◆h.:2017/08/11(金) 00:00

7月も半ば。
運動部は夏の大会、終わったところは1、2年での新体制が始まったようだ。
そんなこんなでもうすぐ夏休み。
課題出したりしおり作ったり…2学期制だから、期末テストの範囲も出す。教師にとってはとても大変な時期。
生徒の下校後も、職員室は人で溢れている。

「花最先生、3組の課題チェックカード置いときますね」

「あ、はいありがとうございます」

うっかり者の私にとって親切で頼れる先生方はまさに救世主。
忘れてたことを思い出させてくれる。

「明日の集会何話します〜?」

う。こちらもまた救世主。だが…

「、集会のこと忘れてました…え、何話そ…………」

やはり大切なところが抜けている。
とか思いながら頭を抱えて黙りこむ私を笑いながら見ている中島先生。
それでも優しい中島先生は、笑いながらも私にヒントをくれた。

「私は課題ネタとテキトーに赤城先生でもいじっときますよ!」

「え!僕ですか?えぇ?」

予想通り、隣でパソコンとにらめっこしていた赤城先生が反応する。
このゆるっとした職員室の雰囲気、好き。
よくわからないけど謎の安心感。

そんなことを思いながら夏休み前の学級通信をかきはじめる。


「お疲れ様でしたー」

職員室を出る頃には、空は暗く染まり、時計の針は9時を指していた。

54:和菜◆h.:2017/08/11(金) 00:09

「ただいまぁ〜」

家につくともう9時半をまわり、両親はリビングでテレビを見ていた。

「あらおかえり〜、ご飯そっちね」

「はーい、そういえば凜菜は?」

凜菜は私の妹。ピチピチの21歳。

「あの子ならお昼、彼氏の家に住むって出てったわ」

「えええっ!!!」

よくやったぞ、我が妹。ついに独身実家暮らし卒業か!
でもさ………
26年生きてきて男と同棲なんて私、したことないし、妹に先越されるとかありえない!!!
妹を祝福する気持ちと姉としてのプライドが混ざりあって何とも複雑な気分。

「いただきます」

食事中もお風呂の中も、凜菜のことばかり考えていてもう何をしたかあまり覚えていない。
気づいたら眠りについていた。

55:和菜◆h.:2017/08/12(土) 22:21

「今から学年集会を始めまーす」

「「「ハイ」」」

「お願いします!」

「「「お願いします」」」

ついに夏休み前日の学年集会。
我が妹のことばかり考えていたら話のネタを考えるのを忘れていた。
課題等の説明を終えたあと、私たちはくじ引きで順番を決め、一人ずつ話す。

「せーのっ」

わ。やった。3番。ちょうど中間とはなんと言う幸運。
隣を見ると1番になった高須先生が「くそー!」と悔しがっている。ふふ。

「それでは1番高須先生お願いします」

高見先生の進行に合わせ次々進んでいく。

「続いて〜3番…花最先生お願いします」

おー。ついに私の番ですか!マイクを受け取り前にたつ。この緊張はなかなか慣れない。

「えっっっと、もうすぐ夏休みですね、うん」

アホ丸出しの第一声に笑いが。。ここで笑いが起きるのは悔しい。

「真面目な話してもみんな眠くなると思うから〜…何話そ」

あ。妹の話しよ。素晴らしいネタじゃん!

「私、実は姉と妹がいるんですけど…………

…なんですよ!兄弟がいる皆さん、気をつけてくださいね〜」

で、時計を見るとあと2分くらい余る。これは名言コーナーしかない。

「ちょっと時間余ったんで、私が大好きな○○○○くんの名言。『逃げることは簡単だよ。大切なのは逃げないこと。』つまり!この夏休み、部活とか課題とか、逃げたくなることたくさんあると思います。でも、そこで逃げないのが大切ってことなんです、多分。私の大好きな○○○○くんが言ってるんだから、間違いないです!!…では良い夏休みを!」

強引ですが。無事終わった。
これ、私にとっては一大イベントだったけど、他の先生方は高須先生を除いてはみんな結構普通にしゃべってて驚く。私もトーク力を磨かねば。

なんて思ってるうちに集会は終了。教室に帰り給食を食べ、生徒は下校。
これからしばらくこの子たちと会えないのか…と思うと、静まり帰った教室が少し寂しく感じた。

56:和菜◆h.:2017/08/12(土) 22:23

ちなみに、>>55で登場した名言はHey!Say!JUMPの伊野尾慧くんのです!

57:和菜◆h.:2017/08/23(水) 22:29

そして夏休みが始まった。

最初吹部はコンクールに向けて1日練が多かったが、私は出張や日直でほぼ欠席。唯一参加したのはコンクール前日練習。の、最後。

日直だったが、高橋先生が「前日くらい一緒に…」
といってくださったおかげで、一応最後だけいられることになった。

(そして中島先生が犠牲になったのは申し訳ないと思っている)



「絶対県大会いくぞおー!」

「おーー!!」


部長さんのかけ声に合わせて円陣。

明日私は一緒にステージには出られないので、舞台袖で静かに参戦。でもとても楽しみ!!

58:和菜◆h.:2017/08/23(水) 23:18

そしてコンクール当日。

私は会場で仕事があるので学校には行かない。

ホールの受付へ行き、係員の腕章を受け取りつけていると、誰かに声をかけられた。


「すいません、薊中の花最先生ですよね?」

「…はい」



「ですよね!純菜先生!!中田美優ですよ!覚えてますか…?」

あ、あぁ。中田先生。思い出した。

「あー!お久しぶりです〜、今は瀬野中でしたっけ?」

「そうですそうです!よかった覚えてくれてて!」


何て話していたら「進行係の先生こちらに〜」と呼ばれていたので軽く挨拶をし別れた。


そして順調にコンクールは進み、ついに午後の部、出演順19番。薊中学校の番だ。


舞台袖から椅子の過不足を確かめていると、
見慣れた顔がたくさんあってなぜか少し安心した。


高橋先生がokの合図をして、こっちまで緊張してきた。


「出演順、19番、薊中学校。課題曲……………」

パチパチパチ


この機械的なアナウンスの声とまばらな拍手がまた、緊張を高める。


高橋先生が指揮棒をあげ、皆が構える。
そして奏でられたその音は、今までに聞いたことのないくらい綺麗な音だった。

聞き覚えのあるメロディ。でもそれは私が最後に聞いたときよりずっと綺麗で繊細で、ありえないくらい鳥肌がたった。

課題曲が終わり、自由曲。その頃には最初のような緊張はなく、皆楽しそうな表情を浮かべていた。


そして自由曲も最後、楽しく元気にという高橋先生の指示をしっかり守り、演奏は終わった。


パチパチパチパチ


盛大な拍手に見守られ、礼をする高橋先生は、とてもかっこよかった。


そして演奏を終えた生徒たちが舞台袖へ向かってくる。

「お疲れ様」と声をかけながらも次の学校のため椅子と譜面台を減らしたり増やしたり。
中には涙を流す子もいて、もっとしっかり声をかけたかったが、それはできなかった。


それからあっという間にすべての演奏が終わり、結果発表。
私はというと、特にもう仕事もないので生徒たちと観客席に座っている。
腕章がなければそこらへんの保護者のようだ。


「それでは、結果発表に移りたいとおもいます。」

司会者のそのひと声で会場が静まりかえる。


「出演順1番、瀬野中学校、A、金……」

「「「「「キャーー!!!」」」」」


おっ。中田先生の学校、金だったみたい。

「………………………出演順19番、薊中学校、B、銀………」


終わり。そう、これで終わり。

3年生はもちろん泣いている。
そして2年生は焦った様子で先輩をチラチラ見ている。
それを私は慰めるわけでもなく、励ますでもなく、ただただ見ている。

そんなこんなで結果発表も終わり、閉会式も終わり。

薊中はロビーの端に集まり、話をしていた。


「お疲れ様でした、この結果は正直私も満足いかなくて、…………」


高橋先生の話す姿はいつでも活気と自信に満ちている。しかし今日は少し悲しそうだった。


「でも、本当にお疲れ様でした。先生はとても楽しかったです、ありがとうございました」


パチパチパチパチ


深く頭を下げた高橋先生に拍手が起こる。
少し照れた高橋先生は私のほうを見てきた。


「じゃあ、花最先生、何かあります?」


いやー、ここで話しちゃうと、明日のネタ、なくなるんだよねぇ。うーん。


「とりあえずお疲れ様でした。私は舞台袖で聴かしてもらったんですけど、もう、めっちゃ感動しました!最高でした!最高の演奏ありがとうございました!もう、言いたいことは色々あるんで、明日言わせてもらいます!では」


うわー逃げた私。まぁいいけど。
てか、私は明日の自分をいじめたかったのか…?

何て思っていたら、高橋先生からありえないことを聞かされた。

「花最先生、、あの……………」


「え、はい、わかりました………」


え。嘘やん。てかなんで今このタイミング?!
今日はほんっと、心の落ち着くときがない。

それからすぐに解散し、私は会場の片付けをしたあと学校へ行くか少し迷ったが、そのまま家に帰った。
高橋先生には悪いけど、その件については少しひとりで考えたかった。

59:和菜◆h.:2017/08/23(水) 23:32

家につくと8時。思ったより早く帰れた。

「ただいまぁ〜」

「おかえり、あんた疲れてんねw」


声だけで疲れていると分かってしまうお母さんはすごい、なんて思いながら生ぬるくなったごはんと味噌汁をレンジで温める。

そして静かに食べ、静かにお風呂へ向かう。



「ふあぁー、気持ちぃ〜」

疲れた身体にあつーいお湯は最高。
しかもぬるめのシャワーで洗ってからのあつーいお湯ね。
でもそんな疲れた身体と脳に私はさらに色々考えさせてみる。

「んー…どうしよ」

いきなり『指揮やってみない?』なんて言われてもねぇ…………
しかも次の舞台9月とか早すぎ!

なんせ私には黒歴史もあるし?………


とか考えてたら、のぼせてしまった。ふらふらする体を無理やり起こし、浴室から出る。
着替えてリビングに出ると、母が扇風機をこちらに向けてくれた。

お母さん、私のこと全部わかってんじゃん、すご。

でも今の私はそれどころではない。
早急に何とかしなければならないことがある。
扇風機を向けてくれたのに申し訳ないが、私は自室へいきベッドに潜り込んだ。

60:薫+*Mio+* ◆v. (ノ>_<)ノ ≡dice5:2017/08/24(木) 07:28

読ませていただきました!
教師目線なのが新しい‼
3組みんないい子ですね。
みんなの成長が丁寧に描かれていて、とても良いです‼


新着レス 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS