心に声を響かせて…

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 1- 101-キーワード▼下へ
1:ルナ◆3es:2017/08/04(金) 22:18

皆さん、『あの日の物語』、『私の恋は叶うの?』を書いています!ルナです。この小説は、もしかしたら、『心が叫びたがってるんだ』に似てる物語になると思いますが応援よろしくお願いします。
荒らしは辞めてください。
感想、コメント、アドバイスお願いします!

>>2 登場人物

>>3 ストーリー

>>4 プロローグ

129:相原梨子◆x.:2018/01/05(金) 16:46

すごく面白い!
だけど、梨依ちゃんのお母さん亡くなったんだね…。

130:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/06(土) 13:49

>>129
ありがと!最近ネタ切れだけどね……だから、ストーリーと違っちゃった…
梨依ちゃんには凄く申し訳ない…

131:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/06(土) 15:14

「それは、翔君のお母さんが来たら話す!!」

私は、涙目になりながら翔君に言った。

「あぁ…梨依そんなことでなくなよ…」

翔君は私の頭をポンポンと優しく撫でてくれた。その様子を見てた蓮依は、にっこりしていた。

「蓮依…」

私は、勉強が終わると、蓮依の隣に座った。

「ん?」

「さっき翔君から頭を撫でられたときににっこりしてたじゃん?意地悪の笑み?」

「ううん。なんか仲良くていいカップルだなって…」

蓮依は、私の顔を見てニコッと笑って言った。すると、蓮依の首にキラッと光っている物を見つけた。

「蓮依、首につけているものは何?」

132:相原梨子◆x.:2018/01/06(土) 17:48

おおーっ!
続きがめちゃめちゃ気になる!

梨依ちゃんへ
翔君と頑張ってぇーーーー!
応援してるよぉーーーー!

               相原

133:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/06(土) 18:18

>>132
ありがと!
梨依
ありがとう!おかげで元気になれた!ありがとう!

梨依

134:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/06(土) 19:07

「あぁ。これ?前に、私は亡くなった貴方の双子の姉と言ったでしょ?だからお揃いのやつをつけようと思ってね」

と、蓮依はペンダントをはずして私に見せた。私も蓮依と同じようにペンダントをはずした。

「梨依はサファイア、私はルビーよ」

蓮依は私に見せると、すぐにペンダントをつけた。

「そろそろ夕飯の準備しないとな…」

私はペンダントをつけて、エプロンをクローゼットから出そうとした。

「私も手伝った方が良いかしら?」

「んじゃ、お願いしようかな…」

私は、エプロンを出して、にっこり笑ってokを出した。

135:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/07(日) 19:02

「よぉーし!今日も張り切って料理しまーす!」

私は前よりも大きな声でやる気を出した。

「明るいな……ってうわっ!!!」

クククと笑っていた翔君は、蓮依を見たとき驚きの表情だった。

「翔君のお母さんが来るまで我慢して…」

私は、翔君のところへ行って苦笑いをしてお願いをした。

「あぁ………」

翔君は頑張るような笑顔で言った。無理してるの…かな…?

「梨依…今日は何作るの?私料理はじめてやるわ…」

「そうなんだ!いろいろと教えてあげる!」

私は、ニコッと笑い、蓮依に料理を教えることになった。

「今日は………」

私は、翔君が買ってきた材料が入っているエコバックから全部を出した。

「う〜ん…これでできるのは…カレーかな…」

「え!?本当にカレーするの!?」

翔君は目を輝かせて、私のところへ近づいてきた。私は、ニコッと笑い、こくりとうなずいた。

「やったー!」

翔君は嬉しそうにスキップでソファーに戻った。

136:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/08(月) 14:25

…………やっと、カレーができたとき 私は人に教えるのはあまり慣れていなかったら、いろいろとパニックになったけど…蓮依は楽しくできたらしいから私は安心した。

「ふぅ……ただいま〜」

カレーができあがったあと、翔君のお母さんが、疲れた顔をして帰ってきた。

「おっ!今日はカレーか!良いね!ってうわ!!びっくりした…誰!?」

やっぱり、翔君のお母さんも、蓮依を見たとき、凄くびっくりした。

「と、とにかく、ご飯食べましょうよ!」

私は炊飯器を開けて、ご飯をよそった。

「いただきまーす」

私達は声を合わせて食べ始めた。少し辛い気がする……

「えっとですね…この子のことですが…かくかくじかじかで…」

私は、蓮依のことを翔君と翔君のお母さんに伝えた。

「なるほどね…」

翔君と翔君のお母さんは、こくりこくりとうなずき納得してくれた。

「んじゃ、これからよろしく」

翔君のお母さんはニコニコ笑って、蓮依に手を伸ばした。蓮依と翔君のお母さんは握手をした。

「ところで、蓮依は学校に行かないの?」

私は、食器を拭いている蓮依の隣で、食器を洗いながら聞いた。

「………」

蓮依は、食器を拭いたまま少し黙っている。

137:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/09(火) 17:25

「蓮依ごめん…」

悪かったな…と思った顔で蓮依に謝った。

「良いわよ。答えだけど、私は透明になれることが一応できるの…だから、透明になって、一緒に授業を受けるわ…」

蓮依は、ドヤ顔をしていつの間にかスクールバッグまで持っていた。

「でもさ…バレるの?」

私は食器を洗い終わり、カチャカチャとお皿の音を鳴らしながら食器入れに入れながら聞いた。

「いいえ……全然よ…」

蓮依はふふふと笑いながら言った。


お風呂からあがったら、蓮依が私のベッドに座っていた。

「そう言えば、蓮依の寝るところは?」

私は部屋の周りをキョロキョロして聞いた。

138:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/09(火) 21:10

「ここよ」

蓮依はドヤ顔をして私のペンダントに指を指した。

「このペンダントが部屋なの?」

「そうよ…んじゃ、おやすみ」

蓮依は、こくりとうなずいた時に、一瞬でスッとペンダントの中に入り寝た。

「私も寝よう…」

私は「ふぁ……」とあくびをして自分のベッドに入り眠りについた。

6時になると、『ピピピピピピ』と目覚まし時計が私部屋に響いた。
私はカチャッと目覚まし時計をとめた。

「梨依おはよー!」

蓮依は私の勉強机の椅子に座り、私に向かってピースをした。

「あぁ、おはよう。早いね」

私は少し目覚めるように洗面所で顔を洗いながら言った。

139:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/11(木) 21:28

「まぁね!」

蓮依はニヒヒと笑いながら自慢的なことをした。

「おはようございます!」

私と蓮依は大きな声で挨拶をして、リビングへ入った。

「二人ともおはよう!」

一番に声をかけてくれたのは、キッチンで朝御飯を作っている翔君のお母さんだった。

「ごめん!翔を起こしに行ってもらっていいかな?」

翔君のお母さんは忙しそうにしながら私達に行った。

「梨依〜!彼女なんだから起こしに行きな〜♪」

蓮依は私を軽く押して、ニヤニヤしていた。

「じゃあ、いってきます」

私はリビングを出て、また階段をのぼった。もう!蓮依ったら!私と翔君が付き合ってるからって……

140:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/12(金) 18:14

「翔君…起きてる…?」

私はゆっくりと翔君の部屋のドアを開けながら聞いた。

「……」

返事がない…まだ、寝ているようだ。

「ふふふ…」

私は翔君の寝顔を見てふふふと笑った。翔君の寝顔かわいいな…

「ん……梨依……?」

私がにっこりしながら翔君の寝顔を見ていると、翔君がゆっくりと目を開けた。

「う、うわっ!」

翔君は私が居たのにびっくりしてベッドからドンッと落ちた。

「あ!ごめん…!大丈夫…?」

私はあわあわとしながら翔君に聞いた。

141:瑞◆MIZU/j3v.s このhogeー!:2018/01/13(土) 10:27

「うん。大丈夫だよ!」

翔君はニヒヒと笑い、ピースをした。

「蓮依達待ってるからご飯食べにいこ?」

私は翔君の腕を軽く掴み、リビングまで引っ張って行った。

「おはよー」

翔君はベッドから落ちて、すっかり目は覚めてるが、あくびはしていた。

「さっ!翔が来たんだし食べましょうか!」

「いただきまーす!」

今日の朝食はパンケーキ!さっそく私はパンケーキを一口入れた。

「ふわふわして美味しい!」

私は目を輝かせた。隣に座っている蓮依を見ると、蓮依も目を輝かせていた。

「こんなの初めて!こんなにふわふわな食べ物食べたことない!」

蓮依はパクパクと味わって食べていた。気に入ってもらってよかった…!

142:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/14(日) 12:01

「行ってきまーす!」

私、蓮依、翔君で声を合わせて玄関を出た。

「りっちゃんとれっちゃんおは!」

玄関を開けると、小雪とみず、みっさーがいた。

「じゃ、あとでな!」

翔君は私に手を振って、学校まで走っていった。

「もう!相馬りっちゃんと登校しても良いのに!」

みずは「はぁ…」とため息をしていた。な、なぜ…?

「まっ!学校行こう!」

こうして、5人で学校に行くことになった。

「私は梨依のペンダントに入るわね」

蓮依は私のペンダントの中にスッと入った。

143:瑞◆MIZU/j3v.s hoge:2018/01/14(日) 21:30

「おはよう!」

「はよーっす!」

教室には『おはよう』の挨拶がざわざわと聞こえる。
私はそんなことは気にしないで、プリントなどを提出した。

「梨依トイレ行こっ!」

小雪は私の席の目の前に来た。私はこくりとうなずいて、小雪と一緒に廊下を出た。

「なんか梨依と話すの久しぶりに見えてきたね〜!」

「確かに!」

私はニコニコと笑って小雪に返信した。

「あ!梨依そろそろ誕生日だよね?何欲しい?」

「なんでもいいよ」

すっかり私は忘れていた……誕生日なんて…

「待っててね!」

小雪は私にそう告げて個室に入った。私は鏡を見て髪をとかした。とかすって言っても寝癖を直すだけだけど…

144:瑞◆MIZU/j3v.s hoge:2018/01/15(月) 19:21

「ふぅ…ごめん!待った?」

小雪は、制服のポケットからハンカチを取り出して、申し訳なさそうな顔をして聞いた。

「ううん。大丈夫だよ!」

「なら良かった!」

小雪はニコッとして安心した顔をした。トイレから出て、少し速めに歩いて、教室に戻った。

「間に合ったね……」

私と小雪は少し息切れをしながらお互い笑った。

「小雪とりっちゃんなんで息切れしてるの?」

みずは、ニコニコしながら不思議そうに首をかしげた。

「授業始まってるかと思って速めに歩いてきたからね…」

私と小雪は「あはは…」と苦笑いをしながら言った。

145:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/15(月) 21:23

放課後は部活。私達は楽譜を持って音楽室へ移動した。

「こんにちは〜!」

私達4人は声を揃えて言った。私の担当はトランペット!私はトランペットを出して、さっそく吹いた。

〜♪〜〜♪

音楽室に私のトランペットの音色が響いた。

「音綺麗ね〜!」

にっこりして入ってきたのは、葉月先輩だった。

「葉月その前はすみません…」

私は申し訳なさそうな顔で首を下げて謝った。

「いいよ!ゆっくり休んで元気になってくれたし!私はそれで十分よ!」

葉月先輩は私を慰めてくれるように言ってくれた。
この吹奏楽部のみんな優しい…吹奏楽部に入ってよかった!

「はい!ではトランペットの人〜!梨依ちゃんに教えてね〜!」

葉月先輩はニコニコしてトランペットの子に呼びかけた。

「んじゃ、ここね…」

といろいろトランペットの子から教えてもらい、短い時間でスラスラと吹けるようになった。

146:瑞◆MIZU/j3v.s hogeぇーー!!:2018/01/16(火) 19:41

「よし!梨依ちゃんができるようになったってことで!いきなりだけど、全部通してやってみようか!」

葉月先輩はニコニコしながら言った。すると、みんなは楽器を用意して準備をした。

「んじゃ、先生お願いします!」

先生が指揮を始めると、さっそくトランペット!

〜〜〜〜〜〜〜♪
〜〜〜〜〜〜〜♪ 〜〜〜〜♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

何分か立つと、演奏が終わった。みんなは息切れをしている。

「みんな初めてなのに上手!ちょっとバラバラだから気をつけてね!」

葉月先輩はニコッと笑いそう言った。
部活が終わると、私達は一緒に昇降口に行った。

「うちらこっちだから。じゃあね!」

みずとみっさー、私と小雪と2組に別れて、解散した。

「夕方なのに空青いね〜」

私は周りの空を見渡してにっこりしながら言った。

「だね〜!」

小雪はこくりこくりとうなずきながら言った。

147:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/20(土) 14:49

「ただいま〜」

私はドアを開けて帰宅した。家には誰もいない…『ただいま』の声が響いた。

「勉強でもするか…」

私はカリカリとシャーペンで勉強を始めた。一応全部わかる…

「ふぅ…終わった…」

何時間たっただろう…あっという間に全問解き終わり、丸付けをした。

「5つ間違えちゃった……」

私は20問中5問間違えてがっくりしていた。

「梨依は別に成績悪くないからいいじゃない」

すると、蓮依がペンダントからスッと出てきて、私のノートを覗いた。

「でも、もう少し頑張らないと…」

私は髪を結い直してまた、勉強に取りかかった。

「私はお買い物行ってくるね」

「あ、うん。ありがとう」

私は自分の部屋から出る蓮依を見送った。

148:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/21(日) 10:37

side 蓮依

はぁ……まったく…梨依ったら…
私はため息をついて、エコバックを持って商店街へ向かった。

「あら!蓮依ちゃんこんにちは」

「こんにちは!」

少しずつこの町の人に私のことをいろいろと知ってもらえた。

「あれ?蓮依?」

声をかけられたのは、部活の帰りの翔だった。

「あら…お帰り」

「梨依は?」

翔は首をかしげて梨依のことを聞いてきた。

「梨依は勉強中よ…」

「そっか…じゃあな!」

翔は梨依のことを聞くと、ダッシュで家に戻った。本当に梨依が好きなのね…思い出したらにやけちゃう…

「すみませ〜ん!」

「あいよ!」

私が八百屋に着くと、八百屋のおばさんが出てきた。

「キャベツともやしください!」

私はお財布を出しながら言った。

「あいよ!400円ね〜!」

おばさんは、ビニール袋にキャベツともやしを入れながら言った。私は400円を渡すと、八百屋から出ていった。
次は、お肉屋で豚肉を買った。そして、日がくれる中私は帰った。

「ただいま〜」

私はリビングへ入って料理の準備をした。麺、豚肉、キャベツ、もやしを準備した。

149:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/22(月) 22:21

「あ!ごめん!ありがとう!」

勉強が終わったのか、エプロンを2枚持ってきた梨依が居た。

「勉強は?」

「ん?もう終了!めんどくさくなっちゃった!」

梨依はえへへと笑った。私達は料理を始めた。今日は焼きそば!

「んじゃ、蓮依はキャベツとか切ってくれる?私は今のうちに豚肉ともやし炒めるから」

梨依はフライパンに火をつけて油をしいた。
やっぱり、梨依は成長したのね…

「よし!キャベツ切ったよ!」

私はやりとげた顔をして言った。

「んじゃ、入れて!蓮依やってみる?」

梨依は箸を置いて聞いてきた。私は嬉しそうにこくりとうなずいた。

150:瑞◆MIZU/j3v.s hoge:2018/01/23(火) 20:00

「わぁ!良い匂い!」

私は目を輝かせながら言った。

「ふふふ…」

梨依はにっこりしながら笑った。

「よーし!できた!」

炒め終えると、部屋中にソースの香りが広がった。

「ただいま〜!良い匂いね〜!この匂いは焼きそばかしら!?」

丁度良いタイミングで翔君のお母さんが帰ってきた。そして、焼きそばのところへ走って目を輝かせた。

「よし!翔君のお母さんが来たからご飯にしよう!」

私はニコッと笑っていった。梨依はみんなの盛り付けをして、次々と並べていく。

「いただきまーす!」

声を合わせて言うと、さっそく焼きそばを食べた。

「美味しい〜♪」

私は目を輝かせて言った。ソースが口の中に広がる!まさに私の大好物!

151:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/25(木) 22:35

side 梨依

「あと、蓮依こっちおいで!」

私はニコニコしながら蓮依を引っ張り2階へ上がった。

「はい!」

私の向かい側のドアを開けた。すると、蓮依は目を輝かせた。そう…蓮依の部屋だ。

「なんで!?」

蓮依は目を輝かせて聞いてきた。

「蓮依前に言ってたじゃん!」

「え?」

前のこと………

「蓮依って現実に部屋とか作れるの?」

私は本を閉じて聞いた。

「ペンダントを部屋の窓に置いて、○○の部屋にしてください…って言えばできるのよ」

「…そうなんだ」

「…ということよ」

私は少し長々と喋った。でも、一応蓮依が喜んでくれただけで私は嬉しいよ

152:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/26(金) 22:32

夜になると、すっかり暗い…でも小さな宝石のような星がキラキラと輝いていた。

「綺麗だね〜!」

私と蓮依はベランダに出て、星を眺めていた。

「梨依…」

「ん?」

「ありがとね」

蓮依はにっこりして言った。

「私のために部屋まで…」

「もう泣かないでよ!蓮依は私のお姉ちゃんだもん…!!」

少し泣いている蓮依を見ると、余計私まで泣けてきた。

「もう!梨依まで泣かないでよ…!」

私と蓮依はお互いに泣き顔を見て笑った。

153:瑞◆MIZU/j3v.s hoge:2018/01/27(土) 14:22

「…もう寝る時間だね…おやすみ!」

「うん!」

中に戻ると、手を振ってお互い部屋に戻った。

「部屋に着いても光が当たる…」

私はクスッと笑ってサファイアのペンダントをギュッと軽く握った。

「よし…寝よう…」

私はペンダントをつけたままそのまま眠りに着いた。

side 蓮依

「んー…星は明るくて綺麗だな…」

私は机の椅子に座って目の前の窓で星を見上げていた。

「……」

私はにっこりと笑い、ルビーのペンダントをギュッと握った。

「寝ましょうか…」

私はもこもこのルームウェアのフードを被って寝た。

154:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/27(土) 20:55

「い…!りい…!梨依…!」

いつの間にか十字路の場所。私は呼ばれた気がした……後ろを向いた。そこには蓮依が居た。

「助けて……よ…」

蓮依は横断歩道に体勢を崩して私に手をのばしていた。

「なんで……そこに…」

私はびっくりして蓮依がいる横断歩道に向かった。

「大丈夫?」

私は蓮依を起き上がらせた。すると…

「え…何の音なの?」

私と蓮依はキョロキョロすると、トラックがこちらに向かってきた。

「危ない…!!」

私は蓮依に押されて転んだ。私は起き上がると、蓮依は倒れていた。血を流していた。私の足元には蓮依のペンダントがあった。

「蓮依……?蓮依…!!!!!」

155:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/28(日) 13:43

「はっ……!」

私はパチッと目を開いた。

「なんだ…夢か…」

私は少し安心してしまった。また大切な人が居なくなると思い心配だった。

「蓮依〜?起きてる?」

私は蓮依の部屋のドアをノックした。反応はなかった。私は蓮依の部屋を開けた。

「あ、寝てる…」

私はため息を出しそうになったけど、蓮依を起こしに言った。

「蓮依起きて」

私は蓮依の体を揺らしながら言った。

「ん〜……」

蓮依は素直に起きてくれた。蓮依の髪はボサボサだった。蓮依の髪って私と同じくらいの長さだな…

「さっさとご飯食べよ」

私は蓮依の腕を引っ張り連れていった。

「おはようございます」

蓮依はとても眠そうに挨拶をした。

156:瑞◆MIZU/j3v.s hoge:2018/01/29(月) 21:18

「あら、二人ともおはよう」

翔君のお母さんは相変わらず朝から元気だ。

「おはよぉ〜…ふぁ〜…」

珍しく、翔君は自分から起きた。大きなあくびをして、寝癖がピョンッと跳ねている。

「なんだか可愛い…」

私は誰にも聞こえないようににやにやしながらつぶやきた。

「いただきまーす」

今日の朝食はオムレツ!卵料理は私が好きな料理!

「美味しいです!ぜひ、レシピを教えてください!」

私は目をキラキラに輝かせながらお願いした。

「えぇ!もちろん!」

翔君のお母さんは嬉しそうにうなずいてた。

「ごちそうさまでした〜!」

食器を洗うと、制服に着替えた。リボンは曲がっていないか鏡を見てチェックした。

「これつけよ……」

私はお母さんから貰った形見のピンをつけた。このピンは私が好きな青…そう言えば蓮依も持っているらしい…蓮依も青…完全に双子だな〜!

「行ってきまーす!」

3人同時に玄関から出た。

157:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/31(水) 21:30

第12章ー転校生!?ー

「りっちゃんおはよ〜!」

みっさーとみずは元気よく挨拶をしてきた。

「うん!おはよう!」

私はにっこりとしながら挨拶を返した。

「あれ?そう言えば小雪は?」

「あぁ………小雪熱出しちゃって…」

キョロキョロしているみずに携帯のメールを見せた。

「そっかぁ……残念!今はお見舞いに行けないけど早く治って欲しいね」

みずは少し心配した顔をしながら言った。
そう言えば…みっさーがいない…

「みず!りっちゃん!」

息切れをしながら私とみずのところに向かってきたみっさーが居た。

「ど、どうかしたの!?」

みっさーが強く肩をガシッと掴まれた私はぷるぷると震えながら聞いた。

「隣のクラスに転校生だって!見に行こう!」

みっさーは強引に隣のクラスへ私とゆずを連れていった。

「あ!川音〜!」

クラスの男子が私に手を振ってくる私達は小走りで男子がいるところに行った。

「お前にそっくりな奴が転校生だぞ!」

男子はドアのところを開けて見せてくれた。そこには……

「えーー!!!!」

私達はびっくりしてしまった。その子は蓮依だったのだ…

158:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/02/03(土) 22:26

「れ、蓮依!?」

私は隣のクラスのドアをガラッと開けて蓮依の席に向かった。

「な、なんで蓮依が!?」

「あぁ…翔の母さんが転入届けを出してくれたんだ」

蓮依はなぜかドヤ顔をして言った。

「そ、そうなんだ……」

私は苦笑いをした。苦笑いしか選択がなかったのだ。

「あれ?川音さんと蓮依ちゃんってどういう関係なの?」

「名前似てるし、名字も一緒だし…髪飾り、髪型とか……」

蓮依を囲んでいた人は少し考えながら聞いてきた。

「私と梨依は双子なんだよ〜!」

「えぇーー!!!!」

「え!?ちょっ…蓮依!」

蓮依は自慢するようにニコッと笑うと、周りに居た人はびっくりした表情だった。

「だからか〜!」

「でもなんで二人で登校してなかったの?」

「ギ………クッ……」

私は少しギクッとして効果音的な物が飛び出して消え去りそうな声をした。私は蓮依をチラッと見ると真っ青だった。ここは私がなんとかしないと…

「れ、蓮依はね…昔まで別々の小学校とか中学校に通ってたの!」

「は?」

159:瑞◆MIZU/j3v.s hoge:2018/02/04(日) 19:52

「あ、あの…なんていうか…別れた姉妹って感じなのかな…それでまた暮らせるようになって……」

私は説明が苦手で目が回りながら言った。

「そういうことね〜!」

「双子なら言ってよ〜!」

みんなはニコニコしながら言った。なんとかごまかせた…
ん?なんか嫌な気配が…私は恐る恐る蓮依の方を向くと、蓮依は全然怒っていなかった。なんで?

下校の時間…部活が終わると、蓮依と帰った。ちなみに蓮依はバスケ部に入った。運動が苦手な私と大違い…

「ねぇ…蓮依…」

「ん?どうかした?」

蓮依は私の言葉に首をかしげた。

「さっきなんで怒らなかったの?」

「え?いつ?」

蓮依はとぼけて首をまたかしげた。

「朝…」

「あぁ…朝のことね…別に怒ってないよ。ごまかせたからよかったって思っただけよ」

蓮依は私を見てふふふと笑った。

「ならよかった!」

私は蓮依が笑っている顔を見ると、私まで笑顔になれた。
それにしても…あの嫌な気配はいったい…

160:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/02/05(月) 21:09

第13章ー私と蓮依にストーカー!?ー

蓮依が転校してきて次の日のこと…

「んじゃ、蓮依!勉強頑張ってね!」

「梨依もね!」

お互い手を振って教室に入ろうとした次の日だった。

「りっちゃん!れっちゃん!」

廊下から走ってきたのは、小雪とみっさー、みずだったのだ。

「どうしたの?」

私と蓮依は声を揃えて首をかしげた。

「あ、そう言えば小雪復活したんだ!」

「うん!…ってその場合じゃないよ!」

私は小雪の風邪が治り、嬉しそうに言うと小雪から何故かツッコまれた。

「これを見て!」

みずはバッグから携帯電話を出してある写真を見せた。

「あれ?これって梨依と私じゃん…」

蓮依の言う通り、昨日私と蓮依が帰った時だ。

「ここを見て!」

みずが指さした場所を見ると、電柱に男子生徒が隠れていたのだ。

161:瑞◆MIZU/j3v.s hoge:2018/02/07(水) 21:49

「えーー!?これってストーカー!?」

私と蓮依は目を丸くしてびっくりした。

「てか…これってさ…うちの学校の制服じゃん…」

「ほ、本当だ……」

私は怖くなりますます顔が真っ青に染まっていく。

「はよーっす。ってあれ?梨依どうしたんだよ?さっきまでの元気は何処に行ったんだよ」

翔君は心配した顔をしながら聞いてきた。

「翔…君…」

「実は…かくかくじかじかで…」

私は涙声になり、喋れなくなった時に蓮依が私の代わりに翔君に説明をしてくれた。

「え!?ストーカー!?俺が今日から二人と一緒に帰るよ。友達も一緒だけど…」

「私達も着いていくね」

「みんなありがとう!」

私と蓮依は心強くなりニコッと明るい笑顔を見せた。


「はい。では今日の部活はおしまいです。明日も頑張りましょう。解散!」

部活で解散すると、私達5人は昇降口まで一緒に行った。

「今日はうちらも一緒に帰るし、相馬の友達も一緒に帰るからにぎやかになるね〜」

小雪はニコニコとしながら言った。でも、にぎやかの方が楽しいもん!

162:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/02/08(木) 17:34

「あ!おーい!櫻井達〜!」

昇降口から出ると、翔君達が待っていた。

「ごめん!待った?」

「大丈夫」

私は少し上目遣いで聞くとニコニコと笑いながら言った。

「てかさ、川音姉妹大丈夫なのかよ…」

翔君と同じバスケ部の男子が聞いてくる。

「さぁ……私もわからないな…」

私は少し心配そうに言った。

「大丈夫だよ。俺が守るし」

翔君はニヒヒと笑った。

「……そこかっ!!!」

蓮依は手に持っていたバスケシューズを投げた。

「いたっ!」

どうやら誰かに当たったみたいだ…まさかストーカーに!?

163:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/02/09(金) 19:29

「あ!貴方は!!」

「宮崎!」

みんなは声を揃えて指をさした。
宮崎と言うのは、宮崎 守君のことだ。見た目は普通だけど顔を良い方……なのかな…?

「宮崎?誰?」

蓮依は首を怪しげにかしげた。

「こいつは変たi……あ、超イケメンの宮崎君だ」

「おい!今変態と言おうとしたよな!?」

翔君は宮崎君のことを紹介するときふざけて言うと、宮崎君と翔君は喧嘩をしている。

「はぁ……宮崎だっけ?あんたなぜ、私と梨依をストーカーしてたわけ?」

蓮依はギロリと宮崎君を怖い目でにらんだ。

「はぁ!?ストーカー!?」

宮崎君はあんぐりとしながら言った。え!?どういうことなの?

164:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/02/09(金) 21:39

「俺は友達が川音のことが好きらしいから…」

宮崎君は少し焦りながら言った。

「ちょっと聞いていいかな?」

みずは宮崎君の前に一歩出て聞いた。宮崎君はこくりとうなずいた。

「どっちの川音なの?梨依なの?蓮依なの?」

みずは私達を丁寧に指をさしながら宮崎君に聞いた。

「あぁ。ごめん。蓮依ちゃんの方だよ」

すると、蓮依は顔を少し赤らめていた。

「友達が蓮依ちゃんの運動神経とか髪型とか顔が好みらしいんだよ」

蓮依は益々と顔がまるで何かを我慢しているように赤くしていた。

「う、うるせぇよ!!」

蓮依は何故か思いっきり宮崎君にビンタをした。

「な、なんで俺!?」

宮崎君は蓮依にビンタされた場所を擦りながら涙目で蓮依を見た。

「な、なんでもないわよ!行くよ!梨依!」

「え!?ちょ…待ってよ!」

蓮依は顔を赤らめたまま、私を引っ張り家を帰った。

165:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/02/11(日) 19:59

「蓮依…!どうしたの!?」

私は蓮依が引っ張っているのを引き返した。

「だ、だって…」

すると、蓮依は小さく口を開けて、ボソボソッと言った。

「あいつが私のこと好きってあり得ないんだもん…」

蓮依は顔を赤くしながら言った。今太陽が沈んでいってる。太陽のせいで蓮依の顔が赤く見えるのかもしれない。

「大丈夫よ。断ればなんとかなるよ!」

私は褒めることが特に苦手。でも、私は蓮依を慰められるように頑張って慰めた。

「ふふふ…ありがとう…」

蓮依は私が蓮依を元気付けようをしてる行動が面白いせいか鼻笑いをしたらお礼を言ってくれた。
とにかく、私は蓮依が笑ってくれればそれで良いなと思った。

「おーい!蓮依と梨依!」

後ろから私と蓮依を呼ぶ声がした。私と蓮依は後ろを向くと、大きく手を振って走ってくる翔君の姿があった。

「おいおい。蓮依と一緒に行ったから心配した……」

翔君は走ってきたせいか『はぁ…はぁ…』と荒い息をしていた。

「ありがと…小雪達は?」

蓮依はハッとして周りをキョロキョロした。

「あぁ…あいつらは男女1人ずつペアで帰ったぞ」

「そうだったんだ…」

翔君がそう教えてくれると、蓮依と私はホッとして声を揃えた。

「さて、そろそろ帰ろうぜ」

「早くご飯作らないといけないし!」

私と翔君と蓮依は後ろに影が映りながら笑顔で笑いながら帰った。

166:瑞◆MIZU/j3v.s hoge:2018/02/12(月) 19:28

第14章ー告白の手紙!?ー

次の日、私と翔君と蓮依は久しぶりに一緒に登校した。
久しぶりなのかな?初めてなのかな?わからん…

「な、何これ!」

蓮依が居る下駄箱がある場所に行くと、蓮依は手を震わせながら何か紙を持っていた。

「何それ?」

私はちゃんと靴を履いて、蓮依の手から紙を取ると、裏には『川音 蓮依さんへ』と書いてあった。
私はなんだか気になり、封筒とわかって封筒を開けた。

『川音 蓮依さんへ
僕は初めて君が来た時に、僕は胸がドキドキしてきました。気づけば貴方のことが好きでした。貴方のことを考えてしまいます。
良かったら僕と付き合ってください!返事は5月8日の放課後で裏庭に来てください。』
と書いてあった。相手の名前は書いてなかった。

「これって…イタズラなの…?」

「ラブレターでしょ!」

蓮依は少し不安そうな顔で言うと、私と翔君は声を合わせて言った。

167:瑞◆MIZU/j3v.s hoge:2018/02/13(火) 22:11

「ら、らぶれたー?」

蓮依はラブレターのことがわからなく首をかしげて私と翔君に聞く。

「ラブレターって言うのはね、手紙で内容を伝えて告白するって言う感じかな…」

私は蓮依に少しでも伝わるように言うと、蓮依は難しい顔をしてまた首をかしげる。
やっぱり、私の説明は難しいか…

「簡単に言えば、恋の手紙的な感じだよ」

翔君はにっこりしてサラッと言う。翔君爽やかな性格なのか!?

「とにかく、この日に行った方が良いよ。誰が告ったかわかんないし…怖かったら私こっそり着いていくよ?」

私は蓮依を心配し、首をかしげて蓮依に聞く。
すると、蓮依は首を横に振る。

「頑張って一人で行ってみる!」

蓮依はニコッと笑いそう言う。蓮依もなんでもチャレンジだね!
私達はチャイムが鳴る前に急いで教室へ駆け込んだ。

168: 瑞◆MIZU/j3v.s:2018/02/15(木) 19:10

side 蓮依

あぁ…胸がドキドキしてきたよ…恥ずかしい…

「蓮依ちゃんおはよっ!」

クラスで仲良くなった子は積極的に私に挨拶をする。私はニコッと笑い挨拶を返した。

「とにかく、準備しないとな…」

私は提出物をたくさん持ちながら出していく。
提出物を全部出すと、すっきりした感じがする。

「ねぇねぇ…」

私は仲良くなった子に話しかける。
「どうかしたの?」と首をかしげて聞き返す。

「今日って何日?」

「7日だよ」

クラスの子はカレンダーを指さして教えてくれる。
ラブレターの返事は8日…明日!?いきなり言われてもな〜…

「今週は凄くイライラするなぁ…」

私はさっきより暗い顔をして呟く。
すると、隣の席の男子からほっぺをつねられる。

「なんだよ」

私はほっぺをつねられた腕をガシッと掴み、睨み付けた。

「わりぃわりぃ…お前ボーッとしてたからさ」

こいつは私にいつもちょっかいを出す。名前は中川だ。でも、下の名前は名乗ってくれない。

169:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/02/17(土) 23:25

「お前さ、今日どうしたんだよ」

中川は心配して首をかしげて聞く。

「まぁね…」

私は苦笑いをして言う。苦笑いをすることしかなかった。

「……」

「蓮依ちゃ〜ん」

「何?」

部活の時に、私はラブレターのことで頭がいっぱいで部活の先輩に呼ばれたのが気づかなかった。

「蓮依ちゃん大丈夫?保健室行く?」

「ううん…熱ないし大丈夫…」

先輩は心配をして言うと、私は首を横に振り、断った。
今日の私どうしちゃったの?

「はい!今日の部活は終わりです!」

部活で解散すると、みんな一斉に帰った。小雪と岬、水月は用事があり、中学校からそのまま急いで行くらしい。
丁度、バレー部とバスケ部、吹奏楽部が終わり、昇降口で翔と一緒にいる梨依と遭遇して一緒に帰ることになった。
本当は二人の邪魔をしたくないんだけどね…

170:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/02/18(日) 21:40

「…でね!っておーい!蓮依大丈夫?」

私がボーッとしていると梨依は私の体を揺らしながら聞く。私はハッとした。

「あ、ごめん。考え事してた」

私は苦笑いをしながら答える。
どうしてもラブレターのことで頭がいっぱい……

「もしかして…ラブレターのこと?」

梨依は首をかしげて聞く。
うぅ…さすが梨依…鋭いな…

「告白の答えっていつなんだ?」

「明日…」

「明日!?ラブレター送ったやつバカだな〜!」

「ちょっと翔君!」

翔は告白のことを聞くと、私はラブレターを見ながら答えた。
すると、翔は目を丸くしてびっくりして大声でそう言った時に梨依は口を抑えて注意した。

「一応決まってるよ?」

「どうなの?」

私は真顔で言うと、梨依と翔の唾を飲み込む音が聞こえる。

171:瑞◆MIZU/j3v.s hoge:2018/02/20(火) 19:45

「考えとくにするわ…」

「え?」

私がそう答えると、翔と梨依は少しびっくりして口を開けていた。

「どんな性格かわかんないじゃん…いきなりごめんなさいって言うとなんか嫌じゃん?」

私は思っていたことを全部翔と梨依に告げる。

「まぁ…それもそうだね…」

梨依は「うんうん」と言いながら納得してくれた。

「俺は反対」

すると、翔は少し怒っているように乱暴そうに言う。
なんか、部活でイライラしてるの?

「女子って性格で決めるって言っても顔で決めんじゃん…」

翔は最後に「はぁ…」とため息をつき、呆れた顔で言った。

「し、翔君!蓮依はそんなことしないよ…!」

梨依は私をかばうように翔に言う。
翔は結局なんなのよ…

172:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/02/21(水) 18:23

第15章ー告白の返事ー

あの日から翌日…私は昨日の夜は眠れていなかった。
結局昨日の翔の反対意見はなんとか翔を説得することができた。めんどくさかったけど…

「おはよ…」

私は目をこすりながら眠そうにリビングに来ると、制服の上にエプロンを着て、料理をしている梨依が居た。

「梨依早いね」

私は驚きながら言う。
梨依はニコニコと笑う。

「今日翔君のお母さん早めに仕事に行ったから私が作ることになったの」

私はこくりこくりと小さくうなずきながら黙る。

「蓮依〜翔君呼んできてくれる?」

「いいよー」

私は梨依に言われた通り、翔を起こしに行った。
あいつ目覚まし時計セットしてんの?

「翔ー起きろー」

「またもう少し…」

私は棒読みで言うと、翔はわがままを言う。
これしかないか…

「梨依が美味しいご飯作ってるよー」

「マジで!?行かないと!」

またまた棒読みで言うと、翔は跳び起きて、階段をダダダッと走っておりていく。
これは使えるな!!

173:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/02/23(金) 22:35

「梨依〜ちゃんと翔を起こしたよ〜」

私はソファーに偉そうに座る。

「ご苦労様。翔君ったらリビングに来たときに大きな声で挨拶してきたもん」

「り、梨依…」

梨依は料理をしながらクククと笑うと、翔は顔を真っ赤にして恥ずかしがる。

「二人とも〜ご飯出来たから座って〜」

梨依は料理をテーブルを置きながら言う。
私と翔は同時に椅子に座る。
今日のご飯は何かな〜?とわくわくしてくる。

「いただきまーす」

手を合わせて言うと、さっそく食べ始めた。
今日の朝食はご飯、若芽と豆腐の味噌汁、卵焼き。おまけにお茶も!

「やっぱり旨い!梨依の料理!」

「翔のお母さんが作るのも美味しいけど梨依のも美味しい!」

「そう?ありがとう」

翔は甘い卵焼きを飲み込むと目を輝かせて言う。
私は味噌汁の汁をすすりながら言う。梨依はにっこりして嬉しそうだった。

「ごちそうさまでした」

ご飯が食べ終わると、梨依が食器洗いをしている間に私と翔は着替え始めた。

174:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/02/25(日) 22:39

「行ってきまーす!」

私達は一斉に出る。梨依はちゃんと鍵を閉めてくれた。

「今日は天気いいな…」

翔は眩しそうな顔をして言う。
確かに今日は晴れてて眩しいな…

「そう言えば今日テストだ……」

「え!?マジで!?」

「わ、私勉強してないよ!」

梨依は真っ青にして呟くと、翔と私は食いつく。
えーー!!テスト今日あったっけ!?

「違うよ。勉強じゃなくて歌のテストね」

「なんだ〜…って俺もだった…」

梨依は苦笑いをして歌のテストと教える。梨依は音楽確か得意なんだよね…私とは間逆!
私はテストじゃなくて凄くホッとする。

「でさ〜…」

梨依が話している間…あの事を思い出してしまう…
そう…今日は告白を返す日だ。

175:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/03/04(日) 19:52

「おーい!蓮依〜…」

「え!?何?」

私は梨依が私を呼んでいたのに気づいていなかった。
も、申し訳ないなぁ〜…

「大丈夫?顔色悪いよ?」

「ううん。大丈夫」

梨依は私の額に手を当てながら聞く。
体調は別に悪くない…

「あ、もしかして、あれか?」

「うん…」

「あれ?あ!あれか!」

翔は少し難しそうな顔をして聞く。
私はこくりとうなずき言う。
梨依は最初は何かわからなかったけどハッとして思い出す。


「んじゃ、蓮依!後でね!」

「うん…」

梨依と翔と別れると、少し気が重たくなる。
なんだか、ダルいな…

「蓮依ちゃんおはよー!」

「うん。おはよ」

「あれ?蓮依ちゃん顔色悪いよ?」

「あぁ。うん。大丈夫だよ」

クラスの子に挨拶をされると、私は暗く挨拶をする。
クラスの子は私の顔を覗きこみ、心配する。梨依とほとんど同じことやってる…

176:プクラ◆aY 草食系男子!:2018/03/07(水) 21:58

「ごめん。屋上行ってくるね」

「あ、うん」

私は、朝の会まで10分前に教室から出て、屋上に向かう。
屋上に行くと、誰もいなくて静かだ…
なんだか落ち着く…

「はぁ…今日大丈夫かな〜?どうせなら今がいいな〜…」

私は屋上のさくを強く握りながらため息をつく。
ほんっと…勉強に集中できないじゃん…

「ここに居たのかよ。川蓮依」

扉から声が聞こえ、後ろを振り向くと、中川が立っていた。

「何よ…てか川蓮依って何よ」

「いや〜!川音って言うとなんかね〜…」

中川はあははと笑いながら言う。
どうせ、あれでしょ?
『川音』って呼ぶと、私と梨依が勘違いしそうって話でしょ?
話したいことはなんとなくわかる。

「てか、お前さ…なんで屋上にいんの?」

「考え事よ…」

「ふ〜ん…なんの?」

中川は私を見て聞いてくる。
私は空を見上げながら言う。なんか男子と目合わせんの無理。
中川は何故かしつこく聞く。

「ラブレター渡されたの!」

「あ…それ俺だ……」

177:プクラ◆aY 草食系男子!:2018/03/11(日) 22:15

「え?」

私がびっくりして、中川の方を向くと、顔を赤らめていた。
ど、どうして?

「なんで私なのよ!」

「笑顔が可愛かったし、優しいし…」

私は少し焦り気味で聞くと、中川は顔をだんだん赤らめ、真剣な顔で言う。
なんかそれだとしっくりこない…

「…で、返事は?」

中川は私の顔をしっかり見て、真剣な顔で聞く。
真剣な顔をすると、余計胸がドキドキする…
私は…中川とは付き合う気がない。友達でいたいし…

「ごめん…なさ…い」

「……」

私は声が消えそうになりながら言う。
中川は下を向いて黙っている。
か、悲しむよね…せっかく勇気を出して告白してくれたのに…

「川音…ありがとう…」

中川は顔をあげて、にっこりと微笑む。
え?ごめん。何を言ってるかさっぱり…

「俺さ、ずっと頭の中が蓮依のことだらけでさ…」

「なんか引くわ…」

中川はハハハと笑いながら言う。
私はゾッとして中川から一歩一歩離れていく。

178:カルマ◆NI か5:2018/03/31(土) 12:19

「わりぃわりぃ。じゃあな」

「うん…」

私は中川の後ろ姿に手を小さく振る。
私は一人になった時しゃがみこむ。

「はぁ……」
_______________
私が廊下を黙って歩き、教室へ戻る。

「ごめん。蓮依いいかな?」

「ん?」

梨依はおろおろしながら私に言う。
私はちょこんと首をかしげる。

「蓮依のクラスって数学の授業いつある?」

「え?3時間目…」

「教科書忘れたみたいだから貸して…」

「しょうがないな…いいよ」

私は教室に入り、机から数学の教科書を取りだし、梨依に渡す。
梨依はホッとして、「ありがとう」と私に告げると、小走りで教室に戻る。

「……なんかイラつく…」

私は心がモヤモヤするのに、なんだかイライラしてしまう…
なんなの?この気持ち…意味わかんない!


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS