うちのクラスのアホ少女!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧キーワード▼下へ
5:瑞◆MIZU/j3v.s:2018/01/09(火) 15:03

プロローグ

私の名前は、黒島マナ。今日からここ星野山小学校に転校することになった。元々は星野砂小学校に居たが、お父さんの都合により、ここの町に帰ってきた。幼稚園の時まで住んでいた星野山町に帰ってきた。
私は今、廊下で待っている。廊下を見渡すと、田舎……前と変わっていないところと変わっている景色があった。『5-1』と書いてある板がぶら下がっている。

「それでは、転校生を紹介します。入ってきてください」

先生が言うと、私は床に置いていたランドセルを背負って、グレーの色のドアをガラッと開けて教室に入った。

「では、自己紹介をしてください」

先生は、ニコッとふんわりとした笑顔で言った。

「はじめまして。星野砂小学校から転校してきました。黒島マナです。幼稚園の時まで星野山町に住んでいました。どうぞ、よろしくお願いします」

私が自己紹介が終わり、ぺこりとお辞儀をすると、パラパラと大きな拍手が教室に響いた。

「では、黒島さんの席は窓側の一番後ろね」

私は先生が指を指したところまでスタスタと歩き、席についた。

「はじめまして!私、阿部星子!よろしくね!」

私が席につくと、隣の阿部さんは、ニコッと明るい笑顔で自己紹介をした。なんだか、眩しいな…この子と仲良くなれるかな……?


続きを読む 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS