*.*果実99%*.*

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 1- 101-キーワード▼下へ
1:らいみぃ◆/w:2018/02/03(土) 15:10

こんにちは。らいみぃです!

『嘘と恋と私』が完結(無理矢理)したので、こちらを書きます。

他のものは更新停止です(ノ´・ω・)ノ
そのかわり、こちらを毎日やります!

それではstart。

>>2 登場人物

>>3 物語start

126: アーヤ◆TQ:2018/03/29(木) 20:09

もう一人の萌ってこと!!?
遥が大人びていたの

127:らいみぃ:2018/03/29(木) 22:38

簡単に言えば、もう1人の萌が遥に憑依していた、ということかな

128:らいみぃ:2018/03/30(金) 17:31

その話を聞いて、遥は青ざめていた。
ん?でも何かが変……?

「あなた、心でしょ」

思いがけないことが口から出る。
操られているかのような感覚だ。

「ふふっ…。ちょっと遥君の体をかりただけよ。私はこっちに来れないから」

やっぱり。
遥が大人びて見えたのも、心が憑依していたから。
どうりでおかしいはずだ。

「じゃあ、記憶障害なおして!」

ひとつの希望が見えたとき
その希望はあっという間に消えた。

「ごめんね…。やり方わからない」

129: アーヤ◆TQ:2018/03/30(金) 20:06

騙されましたな、でも続きが気になる展開だよね

130:らいみぃ YABAI:2018/04/01(日) 20:06

次回は明日書くので、、

131:らいみぃ:2018/04/02(月) 12:35

嘘…でしょ?

心ならできると思ったのに。
また…またあの日みたいに過ごせると思ったのに。
つらすぎて、息をのむ。

「いいえ、ちがうわ」

ロリータ少女はいつも意外なことを言う。
でも、これは本当なの?

「あなた達二人の魂は、交わって存在してるの。でもべースは萌だから、心の存在は知られていない。その心の悲しみが記憶障害を起こした。だから、二人それぞれの肉体をもてば昔みたいになれる」

難しい話だ…。
私みたいな人間にそんなことできるだろうか。


「心………。私やるだけやってみるから」

132: アーヤ◆TQ:2018/04/02(月) 19:49

だから、えっ混乱するけど、気になる

133:らいみぃ:2018/04/04(水) 10:37

「じゃ、元の世界にもどすわ」
「うん」

すると、不思議な光に身がつつまれ、自然と暖かい気持ちになった。

「がんばれ………」




ん……。
目を開けると、自分の部屋にいた。
なんだったんだろ、さっきの。


でも、ここが新しい人生を作る


スタートライン

まだ頭の中が混乱している。

134:らいみぃ:2018/04/04(水) 10:38

最後の一行はいらない!!
ミスです

135: アーヤ◆TQ:2018/04/04(水) 18:18

遥との今までの関係はどうなるの!??

136:らいみぃ:2018/04/06(金) 21:32

遥side

なんだよ…アイツ。

最近、萌の様子がおかしい。
いつもは近づいてくるくせに、全く話しかけてこない。

「もしかして、別れた?」

クラスでそう言う噂が出始めたし、本当にあいつはなにがしたいんだよ…!

137: アーヤ◆TQ:2018/04/06(金) 23:11

遥は萌のおかしい態度に苛ついているってこと?
萌は遥に隠し事とかしないで欲しいし,遥が好きなら頼って守って意見とかをちゃんと言って欲しい

138:らいみぃ:2018/04/07(土) 23:30

そんなときだ。
俺があることを、聞いたのは。


その日は、図書室に来ていた。

「ねぇ、あなた萌ちゃんの彼氏??」

本を読んでいた俺に声をかけて来たのは、同い年くらいの女の子。
でも、普通の子とは違った。
それは、ロリータの服を着ていたと言うこと。

「そうですけど…って、ここは部外者立ち入り禁止ですよ?」

そういうと、ロリータ少女ははっとした顔をして、指を鳴らした。

パチッ。

とうい音とともに、あたりがお花畑になる。

「うふふ。驚いたー?」

「…。そんなことより、あんたは何者だ?」

こいつ、何かがおかしい。
それに、ここはどこだ?
なんで、萌のこと知ってるんだ?

139: アーヤ◆TQ:2018/04/08(日) 07:32

これから遥Sideをやるの?
私はやって欲しい

140:らいみぃ:2018/04/08(日) 09:43

これからはしばらく遥sideだよ!

141:らいみぃ:2018/04/08(日) 19:51

「私はあなたと、萌ちゃんがまたいつもみたいにいられるようにするために来たのよ。萌ちゃんは今いろんなことで悩んでる。それはこのお花畑が知ってるからここに連れて来たのよ」


…は?
こいつ、何いってるか訳わかんねー。
でも、悪い人ではないのだろう。

「お花畑が知ってる?」
「えぇ。耳をすまして聞いてみなさい。萌ちゃんの思いを」

俺はいわれるがままに、花たちに耳を澄ました。


そのときだった。
俺の頭の中に声が響いたのは…

142: アーヤ◆TQ:2018/04/08(日) 21:06

萌の声?

143:らいみぃ:2018/04/09(月) 02:25

「記憶障害、かぁ…。なんで私なんだろう」

聞こえてきたのは、紛れもなく萌の声だ。
なんでこんなことがおこるんだ?
すこし疑問に思ったけど、
俺は話の続きに耳を傾けた。

「肉体がなんちゃらかんちゃらって、難しいよ…」
「遥に会いたい…でも迷惑かけたくない」
「忘れたくない」


立て続けに流れてくる、萌の苦しみの声。
俺には共有できなかった。
くそっ。
なんであいつの彼氏なのに、何もしてやれなかったんだ?


最後の言葉が忘れられない。

忘れたくない

萌の思いは、そんなに強いのか?

144: アーヤ◆TQ:2018/04/09(月) 19:52

萌と遥の記憶障害の試練は、乗り越えられるのか心配……
二人の試練応援するよ

145:らいみぃ:2018/04/15(日) 09:46


気がつけば、図書室に戻っていた。
さっきのは夢…?
でも、あの感覚は今でも手に残っている。

「遥くん、授業始まるよ」
「あぁ、ありがと」


3時間目が始まって、4時間目、5時間目とあっという間に過ぎていった。
そのとき俺がどうしていたかはよく覚えてない。

146:アーヤ◆Z2 :2018/04/15(日) 10:51

覚えていないって……
気になる

147:らいみぃ:2018/04/20(金) 20:40

age

明日までに…

148:らいみぃ:2018/04/28(土) 21:52

俺、何をしていたんだろう。

授業の内容も、覚えてないし。
その時間だけの記憶に、ぽっかりと穴が空いてるような感じだ。

萌は…いつも通り1人で過ごしてるし。
俺とは目も合わせてくれない。

「瞳を閉じた時、思い浮かぶのは本当に好きな人」

俺にとっては、もちろん…萌に決まってる。
なら、萌はどうなんだ?


最近、俺は感情的になりがちな気がする。
冷静になって考えれば何かわかる。

「風の声が聞こえるの」

そうか!
風だ!


萌が言っていたんだ。
私は風の声が聞こえるって。

「萌の様子はどうだ…?教えてくれ」

頼む。萌。少しだけ、俺に力を貸してくれ…。

149:アーヤ◆Z2:2018/04/28(土) 23:27

遥が頑張っているけど、遥いつか萌を助けてから犠牲になってまでのことをやりそう

150:アーヤ◆Z2:2018/04/30(月) 22:53

らいみぃ「フリー小説」にきて

151:らいみぃ:2018/05/01(火) 23:36

あっ、はい!

152:らいみぃ:2018/05/08(火) 20:26

ごめんなさい!
夏休みまで週一のペースです

153:アーヤ◆Z2:2018/05/08(火) 20:38

🆗です
週一ですね

154:らいみぃ:2018/05/20(日) 16:08

ごめんね…かけなくて
夏休み必ず戻ります。

吹部がんばるので
お許しを

155:恋実:2018/06/12(火) 22:29

中学は大変ですよね。
更新、楽しみに待ってます。


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS