隣人が騒がしい。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:宇治金時:2018/02/11(日) 15:19

ちょこちょこ更新

2:宇治金時:2018/02/11(日) 15:41

「この家のものはおるか!!!」


耳を突き刺す甲高いロリ声。
日曜の昼過ぎ、柔らかな空気を
ブチ壊す声で私の昼寝は終了した。


ピンポーン、ピンポンピンポンピンポーン…


「……うるさい」


ピンポンピンポンピンポンピンポーン

普段なら居留守を使うところだけど、
やけにしつこい。
止めて、インターホン壊れる。

ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポン「おらんのか!?」
「在宅だと思います、テレビの音
するでしょう?」ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポン

話し声は二人ぶん。
二人とも女のようだ……そして両方
アニメ声と言うか、キンキンしていて
聞くのが苦痛な声をしている。


これ以上は近所迷惑、とっととお帰り願わないと。

そう思ってドアを開けると…





「なんじゃっ、居るのならもっと
早く出てこい!!!!」
「こら失礼ですよ。私達は挨拶をしに来た側なんですから」
「うぐ、そ、とれはそうじゃが…」



……こいつら人間?


ばばくさい口調の女子…いや少女は
ショッキングピンクの髪を、左右違う高さでツインテールにしている。
服装はクラシカルロリィタ。意味が分からない。

もう一人の方は、柔らかそうな
黄色のワンピースに白のカーディガンを羽織っている。
言葉使いも変な所は無い。
普通だ。

………ただし、青紫の髪と緑の瞳を
除いて。


呆然としている私を無視し、
ピンク髪の少女は笑顔で叫ぶ。


「隣に越してきた者じゃ、よろしく
頼むぞ!!」
「よろしくお願いします……
すいません、この人馬鹿なんです。」

3:宇治金時◆s.:2018/02/12(月) 13:04

昨日、隣の空き屋に人が越してきた。



人工的な色のピンク髪を、ツインテールにした少女。
ロリな見た目に反して、口調は傲慢婆さん……なんだこれ。

もう一人は、長い青緑の髪をした
美少女。多分大学生くらい。

それだけなら、コスプレ趣味の二人組なんだろう。とか……無理矢理自分を納得させられる。

が。


……青緑ちゃん、ピンクの子を
抱えて歩いてるんだ。
人形でも持つかのように、両手で
抱きかかえて、歩いててる。

ピンクの子を下から
すくうように抱えているのに、足が邪魔そうにも見えない。

ていうかあの子、足が無い。



謎しか無いよあの二人組……





「……よし、関わらないようにし」
ピンポーン。


「………」


「生糸です、あの…回覧板を渡しに
伺いました」
「はよう出んか!!!」



「いま、出ます……」








おのれ回覧板。おのれ町内会。

4:美喜&◆Bo:2018/02/13(火) 13:50

続き希望

5:宇治金時◆s.:2018/02/13(火) 23:31

>>4 あざます

6:宇治金時◆s.:2018/02/13(火) 23:55

これも回覧板のため。
仕方なく、本当に仕方なく、私は
目に優しくない色彩の二人組と対峙していた。


「平塚さん、どうぞ」
「どうも…」

そう言って回覧板を手渡してくれたのは、青紫こと『生糸うずら』さん。


「感謝の言葉は『ありがとうございます』じゃろう?」

このピンクの傲慢ババァ幼女は
『ぱみ』さん。


……なんだその名前。


百歩譲って『生糸うずら』はまだしも
『ぱみ』って。
名字はどこへ旅に出た。


「あの……」

と、うずらさんから話しかけられた。


「あ、はい?」
「そういえば平塚さんの下の名前、
聞かなかったなと思って…」


あぁ、そういえば言ってなかった。


「平塚由奈です。由々しきの『由』に
奈良の『奈』でゆな」
「なっ……!?」




普通に名乗っただけなのに、ぱみさんがひどく驚いている。
いたって普通の名前だろうに……
貴女と違って。

「そうか、そう、か………」


かと思えば、憐れむような視線を
私に向けてくる。
なんなんだこのロリババァ。


「こら、もう帰りますよ。」

うずらさんが若干上ずった声で
ロリババァに言った。

「ああ……おい、平塚。困った事があれば、なんなりと申せ!!」

「へ?」

「私は、憐れな人間に情けをかけられぬような冷血ではない。
つまらぬことでもよいから、頼るのじゃぞ!!」
「余計な事言わない!!!………すみません、本当に」

「………はぁ。」



遠くから、すみませんーと謝り続ける
うずらさんの声が聞こえる。


(なんで私『可哀想な人』扱いされたんだろ…)


何も考えたくなくて、耳をふさいで
家へ戻った。

とりあえず、アイスでもかじろう。

7:宇治金時◆s.:2018/02/16(金) 23:33

【帰り道のぱみとうずら。】
ぱみ視点です

「……なぁ、うずら」
「はい。どうしたんですか?」


隣人の平塚に回覧板を届け、家へと
戻る途中。
どうしても我慢ならず、私はうずらに
話しかけてしまった。


「最近の親は……馬鹿なのか…?」


平塚の娘の名前は『由奈』。
ゆな、という言葉が持つ意味を
知っているのなら、決して子供に名付けたりはしない。


「お言葉ですが、ぱみ」
「なんじゃ」

けれど、うずらはどこまでも冷静に
淡々と事実のみを口にする。


「お気持ちはわかりますし、正直
私も自分の娘には絶対つけません。」
「なら…」
「ですが。」


「もはやこれはありふれた、普通の
名前なんです。
『ゆな』という響きで『湯女』を連想する人の方が少ないんですよ。」



……これが、普通?
私なら、親から自分への、人生最初の
侮辱と受けとる。
だが、これをうずらは、普通だと言い切った。
ならば……


「…そうか。」


ならばそれが、普通なのだろう。

私も、考えを新しくせねばならんな…




「ちなみに妹さんは『初花』ちゃん
だそうですよ。」
「は?」



前言撤回。
やはり平塚の親は、馬鹿だ。
私だけは平塚の見方でいてやらねば…!!!


使命感で体を焦がしていたら、いつの間にか家の前。
うずらが玄関のドアをあける音が
聞こえた。


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS