いつか必ず貴女を

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:パンキッシュ:2018/04/29(日) 18:20

アドバイスくれたら嬉しいです。
添削してくれたら泣いて喜びます。

2:くるみ◆8s 元夏美:2018/04/29(日) 18:29

新スレおめ!

3:パンキッシュ:2018/04/29(日) 18:29

嗚呼、いつからだろう。
ずっと同じ夢を繰り返し見るようになったのは。
どこか懐かしい感じがする。
貴方はいつも泣きながら私に手を伸ばす。手を取りたい
そう思った瞬間、意識は現実へと引き戻された。

4:パンキッシュ:2018/04/29(日) 18:45

はぁ、こんな夢を見て気分よく目覚めろと言う方が無理な話だ。
「凜。着替えて下りてきなさい。」
母か。朝から大変だな。
「今、行くから」
髪の毛を結びふと気が付く。
「前髪伸びたな」

5:パンキッシュ:2018/04/29(日) 18:53

時計を見ると時間がない。仕方なくピンで止めた。
「おはよう、母さん」
「おい。俺の事無視すんなよ」
なんでお前居るんだよ。
「はぁ、煩い大翼。いらいらする」

6:パンキッシュ:2018/04/29(日) 19:05

斉木 大翼(さいきだいすけ)幼なじみ、何故かずっとクラスが一緒だ。
「仲がいいわね。大翼君が彼氏なら将来安心ね」
冗談じゃない。
「未来の息子ですよ。って痛いから。ごめん凜」
「細胞一からやり直せ」
気に食わない。夢の貴方に似てる大翼が

7:パンキッシュ:2018/04/29(日) 19:34

「顔怖いー、笑顔の方がいいぞ」
顔が怖いのは、大翼のせいだ。あっ、ご飯おいしそう。
「いただきます。このパン美味しい」
大翼の言動もこのパンに免じて許そう。
「何か言うことない凜?」
「また買って大翼」

8:パンキッシュ:2018/04/29(日) 20:48

「ごちそう様でした」
時計を見る。いつもと同じ時間だ
「学校行くぞ凜」
学校に行く前の大翼はおとなしい。まぁ学校に行けば女子達に囲まれるのだから分からなくもない。
「どこがいいの?こんな男」
「凜心の声出てる」
「ええ、聞かせているもの」

9:パンキッシュ:2018/04/29(日) 21:24

「素直なのは私のいい所なんでしょ」
「過去の自分を殴りたい」
そろそろ行かないと、宿題を入れて。
「よし、行ってきます」
「気をつけて行ってらっしゃい」
通学路を数m歩くと母の姿は見えなくなった。

10:パンキッシュ:2018/05/04(金) 15:11

前髪が邪魔だ。やっぱり切った方が良かったかもしれない。
「前髪そっちの方が可愛い」
大翼はそう言うが私はそう思わない。
ん?こいつ今可愛いって
「そういう事は簡単に言わないの」
「凜お前変なとこで鈍感だよな」
当たり前の事言ったのにそんな言い方はないだろう

11:パンキッシュ:2018/05/05(土) 15:26

「おはよう、凜ちゃん」
「おはよう、百華。アホ毛凄いわよ」
百華は女の私が見ても可愛い。モテるけど抜けている。
「おはよう、百華ちゃん」
「凜ちゃんアホ毛直った?」
可愛いのに男嫌いで、大翼が話かけても無視する変わった子だ

12:アザミ:2018/05/06(日) 16:00

「おはよう!大翼君」
うわ、朝から佳澄に会うとか。
佳澄、私と大翼と一緒に居ると睨んでくるし、
ああ、ほら私何もしてないのに
「凜ちゃん大丈夫?頭痛いの?」
百華が居てよかった。私そんな酷い顔してるのか
「ええ、多分大丈夫」

13:アザミ:2018/05/06(日) 16:11

駄文になった。誰か助けて

14:アザミ:2018/05/06(日) 16:51

アドバイス、添削よろしくです

15:アザミ:2018/05/11(金) 14:15

小林凜(こばやし りん)
中学二年生。自分の事に全く興味がないどこか残念な美少女。無自覚なS
大翼と百華の幼なじみ。
最近同じ夢を繰り返し見ている。

16:アザミ:2018/05/11(金) 14:22

斉木大翼(さいきだいすけ)
中学二年生。凜の事が好きだが全く相手にされていない。
表面上女子に優しい為モテるが、付き合って一週間で振られる。
凜の夢の中に出てくる、ある人に似てる

17:アザミ:2018/05/11(金) 14:28

相川百華(あいかわ ももか)
中学二年生。可愛いくてモテるが男子にしつこく付きまとわれ、極度の男嫌いになった。
凜の唯一の親友

18:アザミ:2018/05/11(金) 14:37

山本佳澄(やまもとかすみ)
中学二年生。前は凜と仲が良かったが、大翼の想い人が凜と知ってから嫌がらせをするようになる。
可愛いが性格が悪い。クラスの女子の自称リーダ
大翼の事が好きだが大翼はしつこいと嫌ってる

19:アザミ:2018/05/11(金) 16:42

「はぁ」
幸せな朝は私には来ないのだろうか?
朝から佳澄と大翼がいちゃつくのを見ながら登校しなきゃいけないし
「凜ちゃん先いこ?」
百華がこそっと言って来る。これ以上居たらストレスが溜まるだけだし....
「そうね。いこっか?」

20:アザミ:2018/05/12(土) 10:38

おちが見えない

21:アザミ:2018/05/15(火) 17:20

「百華、さっきはありがとうね」
本当に百華に助けてもらってばかりだ。
「凜ちゃん、私は当たり前の事しただけだよ?」
ああこの子は本当に、いい子だ
「百華、大好き!!」
思わず百華に抱き着く。
「はは、凜ちゃん私もー」
朝の嫌な出来事も忘れかけてた。

22:陽炎 アザミです:2018/05/21(月) 17:01

「地理を今日はやります。皆さん教科書の・・・・・」

眠い。社会は好きだが連日見る夢のせいで、寝不足気味だ。

ここは後ろから二番目の席だし、寝ててもばれない。

「九州地方は、重工業のは・・・」

先生の声を聴いてるうちに、意識は夢の中に消えてった。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「ここ・・・・どこ?」

目が覚めたのは、一昔前の場所・・・みたいなところだ。

まあ、今日見た夢は海外だったのだからそれに比べればまだましかもしれない。

もっとも、ここが大翼に似ている男の寝ている部屋じゃなければの話だが

23:陽炎◆P2 元アザミ:2018/05/23(水) 20:04

おちどうしよ

駄作になった

24:陽炎◆P2:2018/05/26(土) 09:01

どうしよう?こっから逃げてもいいけど

この夢の中では、どれだけ大翼を避けても必ず巡り合う。

今日見た夢を思い出す方が早いかもしれない。

「えっ、どんな夢か覚えてない」

思い出そうとすればするほど曖昧な事しか思いだせない。

「あっ、あの誰ですか?」

勇気を出して声を掛ける。相手は少し驚いたように

「俺の名前は、小山 彩斗、君は何ていうの?」

やっぱり大翼じゃないんだ。

「私は凛。初めて会ったけど、私あなたの事大っ嫌い」

相手は少し驚いたように私を見る

いきなり初対面の人に、突然嫌いと言われれば、いい気持ちはしないだろう

だけどこいつは

「いいね。そういう性格嫌いじゃないよ」

そして、大翼によく似た笑い方で

「凛って言ったっけ?いいよ、絶対に好きって言わせてあげるから」

こんなとこまで大翼にそっくりだ。だから私は大翼も今目の前に居る人も

「大っ嫌いなんだ」

25:陽炎◆P2:2018/05/26(土) 11:45

「いきなり大っ嫌いはきずつくなぁ」

何で、大っ嫌いって言われたのにこいつはへらへら笑っているのか

私には理解できない

「お前、何でそんな嬉しそうなの?」

思わず聞いてまう。

26:綴◆ok/aT.38w.Ll.:2018/05/27(日) 12:49

おもしろいです!
オチは難しいと思いますが、頑張ってください!

27:陽炎◆P2 メデューサ:2018/05/27(日) 15:24

>>26
ありがとうございます!!

28:陽炎◆P2:2018/05/28(月) 09:31

「えー、だってさ俺の周りには凛みたいに変わった奴ほとんど居ないし」

馬鹿か?こいつ、いや馬鹿だ。何で照れながら話してんだよ。

照れながら話す内容じゃないよね

「それと、俺は『彩斗』だからそう呼んでね」

と言いながら、にっこり微笑む彩斗に苛立ちを覚える。

「分かった、彩斗ね。こう呼べばいい?」

ああ、もう私のペースを乱してくる奴しか居ないの?

「どう?俺の事少しは、好きになった?」

何言ってんだ。まさかその逆だ。

「もっと嫌いになった」

そう言って彩斗の方を見てると

「手厳しいなぁ〜、凛は」

こいつと居ると本当に、調子が狂う。

こっちから仕掛けてもいいのかもしれない。

「そんなんで、私が好きって言う訳ないでしょ。莫迦じゃないの?」

うん、私だけが振り回されるのはごめんだ。少しくらい意地悪してもいいだろう

「私に好きって言わせたいなら、私の事本気にさせなさい。彩斗」

なんだ。少ししか驚いてない。腹立つな。此奴

「面白いね、凛。分かった、絶対に好きにさせてみせるから」

はぁ、もっと面倒な事になった。予想外なのは何時もだけど

「本当に腹が立つ」

全てを見透かした態度も、てらへらしてる態度も

「辛辣だね、凛?」

こういう所も全部気に入らない。

29:猫又◆j.:2018/06/02(土) 11:16

こんにちは、猫又です。
ちょっと遅れましたが、ここまで読ませていただきました。

読んでみての感想ですが、
テンポの良い恋愛小説だなーと思いました。
きちんとストーリーが作られていて、
登場人物達の会話は見ていて楽しかったです。
正直、駄作なんてとんでもない。
十分に読むに堪える作品だと思います。

ただ、『舞台の作り方』と『オチの見通し』を
考える必要があるかなと思いました。

キャラクター達が立つ舞台。
この作品では凜が見て聞いて感じる世界。
その描写を考えることで、もっとシーンが際立ちます。
起きにくい朝、凜の部屋はどんな感じなのか。
風景、天候や周りの反応を書くだけでも、
キャラのセリフ、行動、容姿が際立つのでやってみてください。

オチの見通しは簡単です。
そのシーンで『誰が・何が』『何をして』『どうなるのか』
という流れを書く前に決めるのです。
そこから、「じゃあその時このキャラはどんなを事する?」
「それをどこでやる? 舞台は?」
と考えて、お話を膨らませるといいですよ。

あくまで私の意見ですが
何かのきっかけになってくれると嬉しいです。

この頃書かれた夢シーンでまた色々な謎が浮かんできてますが、
これからどうなるのでしょうか。
楽しみに待ってます。それではー。

30:陽炎◆P2:2018/06/04(月) 08:52

アドバイスありがとうございます。

言われてみれば、あまり意識していなかった点なので

もう一回色々考えてみようと思います

ありがとうございました。

31:陽炎◆P2:2018/06/04(月) 09:36

書いていた小説消えた。書きなお

32:陽炎◆P2:2018/06/07(木) 17:19

これでも大翼に比べたら優しくしている方なのに・・

「時間切れだよ、凛」

えっ、時間切れってどういう事なの?

「どういう事って顔してるね、凛。きっと薄々凛も気づいてるはずだよ?」

それまで自信で溢れてた彩斗の表情が、泣きそうに歪められる。

そんな事言われても全然分からない。もしかして

「此処が私の夢だから?」

その言葉を言った瞬間周りの風景がどんどん歪んでいく

「そう。この夢だって永遠に続く訳じゃない、此処は君と流れてる時間が違うんだ」

嫌だ。そんな事認めたくない。

「また会えるよね、彩斗」

尋ねる声が震えてしまう

「ああ、会えるよ。凛がこの夢の謎が解けない限り。だから泣かないで凛」

ああ、よかった。また会えるんだ、彩斗に

「泣いてなんかない」

彩斗は、何がおかしいのか笑い始めた。

「ふふ、そうだね。もう少し喋りたいけど時間がないみたいだ」

周りの景色が消え、彩斗と私だけが何もない空間に残る。

「それじゃ、また今晩夢のなかで、凛いつか君をーーー」

最後の方は何を言ってるのか分からず、彩斗を引き留めたい一心で声をかける

「待って、まだ話は終わってない」

そういっても、彩斗は微笑みを深めるばかりだ。

待って、置いていかないでーーー彩斗ーーー

*************************************************

「おい、いつまで寝てんだよ。そろそろ起きろ」

痛っ。もう少し起こし方ってもんがあるだろ

「凛ちゃん、大丈夫?」

「ええ、大丈夫よ、百華」

そういえば、社会はいつ終わったんだろう?

「お前、今日が社会以外が全部自習でよかったな」

時間を見るともう昼休みだ。4時間も寝てたのか

「自習って眠いよね、雨谷先生も寝てたもん」

いや先生は寝たら駄目だろう

「確かに秀樹寝てたな。そういや凛、どんな夢見てたんだ?」

どんな夢?覚えてない。曖昧な事すら思い出せない

「覚えてない」

どこか懐かしい感じのする夢だった気がする。

夢の内容を思い出そうとすると、大翼の後ろに佳澄が立っていた。

「ねえ、大翼君。一緒にご飯食べよう♪」

うわっ。今、佳澄の語尾に♪が付いてた気したんだけど

「うわ、気持ち悪」

隣で百華がつぶやいた。その呟きに激しく同意する。

このままだと朝みたいになるだろう

「百華ランチルームで一緒に食べよう?」

「うん、そうしよう」

ランチルームに行く準備をしながら、さっき見た夢は何だったのか一人でずっと考えていた。

大翼とのやり取りをどこか懐かしく感じながら


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS