狂った町 サイコタウン

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/08(火) 19:44

みんなおかしくなっていく。
今までは普通でつまらない日常だった。
───なのに、何で…。

>>2主人公(後からいろいろと登場人物増えるかもです)

2:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/08(火) 19:47

〜主人公〜

城田 麗歌(しろた れいか)

クールな高校1年生。
周りがだんだんおかしくなっていくことに気付いていく。帰宅部で、友達は少ない。

3:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/08(火) 19:52

目覚まし時計が鳴った後、目をこすりながらもう片方の手で目覚まし時計のボタンを荒く押す。

「お母さん、また仕事か…」

私は机の上に乗ってある冷めたご飯を口にして言った。

いつも通り制服を着て、いつも通りの道で行き、いつも通りの日常を繰り返す…


はずだった。

4:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/09(水) 07:22

「おはよー!」
「おはよー」

挨拶が交わされる中、
私はただ無表情のまま席につく。
窓の方では男子がはしゃいでいる。

いつもと変わらない。

寝ようと思った瞬間、静にドアが開き、理科の先生が入ってきた。

「はい、席につきなさーい」

先生は窓の方にまだいる男子に声をかけ、朝礼を始めた。
時間割を学級委員が発表したあと、先生はプリントを束ねながら話し始めた。

「今日はみんなの大好きな、解剖をやるからね」

先生は手を合わせ、笑顔でそう言った。

解剖…?
この前の理科の授業の時、
「次の授業は細胞研究をやります」
って言ってなかったっけ…。

「先生ー、解剖って何を解剖するんですかー?」

クラスのお調子者が手を挙げた。

「うんとねー、それは秘密よ」

先生は笑いながら言っていたが、目は笑ってなかった。

5:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/09(水) 07:23

>>4
静かの‘か’が抜けてました…

6:ひなた ヒナ丸:2018/05/09(水) 13:04

面白そうずら〜!

続き待ってるずらね♪

7:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/09(水) 16:13

>>6
ありがとうございます😭
頑張ります!

8:ヒガシカタ@シナト◆Vo:2018/05/09(水) 18:44

いぬきかなこが描きそうなやつやな。面白そう、

9:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/09(水) 20:19

>>8
面白い小説にできるように頑張ります(`・ω・´)

10:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/10(木) 07:31

何を解剖するのかは分からないが、とりあえず足早に生物室に向かった。
「キィ」という謎の声らしきものが聞こえたが、空耳だろうと思い、気にしなかった。

先生はニコニコしながら机にもたれかかっている。やはり目は笑っていない。

それぞれの机には、
30cm程の蛾が乗っていた。
いや、‘それ’には何故か
─────鋭い歯がついている。

‘それ’はキィキィと鳴き、見る生徒を怯えさせる。
一人の女子が震えながら言った。

「先生、もしかして解剖するものって…」

「ええ、‘これ’よ」

先生はメスを一本ずつ生徒に渡し始めた。


その時、‘それ’は女子の一人の手に噛みついた。
手からは血が出ている。
しかし、その子は何も動じないまま、
「可愛い」と呟いた。

11:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/10(木) 16:37

私は「危ない」と思い、その蛾のようなものを引き剥がした。‘それ’は床に落ち、必死にもがいた。
先生は怪我をした女子の手を消毒し、包帯を巻く時、

「城田さんは解剖を行って。手当ては私がやるから」

と、私に言った。

解剖って何をやればいいんだ…。
ホワイトボードには
「教科書p121」
と書かれていたので、そのページを開いた。

とにかく鋭い歯を持つ‘それ’の解剖のしかたが載ってあった。
メスを持ち、
‘それ’を切る。

「ギイイイィィィィ!!!」

‘それ’は気が遠くなる程の奇声を発し、動かなくなった。

その時、チャイムが鳴った。
先生は手当てを終えたようで、すぐ職員室に戻った。

私は深呼吸をして生物室を出た。

12:鈴◆ac:2018/05/10(木) 22:42

気になる…続き楽しみにしてます!

13:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/11(金) 07:16

>>12
ありがとうございます。゚(゚´ω`゚)゚。
頑張ります

14:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/12(土) 07:18

6時間目までずっとあの事を考えていた。
解剖のときに見た‘あれ’は何だったのか。

幻じゃないか、と思う自分と、
ありえないい‘何か’がいた、と思う自分がいる。

バックを肩にかけて教室を出ようとしたとき、
後ろから声をかけられた。

中学校から仲が良い結月だった。
結月は口角を上げ、
「一緒に帰ろう!」と言ってくれた。

私には分からなかった、
この後起きることが。

15:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/12(土) 14:13

解剖のことは話さなかった。
どうせ話しても信じてくれなさそうだったから。

部活のことについて話していると、
結月が急に立ち止まった。

「ねえ、これ覚えてる?」

何のことかと考えていると、
結月はいきなり
「ドーン!ドーン!」
と叫び始めた。

思い出した。中学のときにやったやつだ。
とっさに私は
「ドンドンだ!ドンドンだ!逃げろー!」
と言い、全力で走った。

‘ドンドン’というのは、私たちがつくった架空の妖怪のようなもので、夕方にどちらかが「ドーン!ドーン!」と言うと、二人とも全力で走る、ということをしていた。

力尽きるまで走ると、すごく気持ちよかったので、昔は結構やっていた。しかし、部活が忙しくなるにつれ、やる回数も減り、高校に入ってからはやらなくなっていた。

結月も私に追いつき、激しく息切れをしていた。
そして、額の汗を拭って、顔を見合わせて笑った。

16:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/12(土) 20:14

息切れが治まると、また結月が
「ドーン!ドーン!」
と叫ぶ。

「あは、ドンドンだ!」
と笑顔で私が言った時、

「こらーっ!!」

向こうからお爺さんが怒鳴りながら走ってきた。
いきなりだったので私たちは沈黙になった。

「ドンドンなんて言ってはならん!」

「え…?」

ドンドンは私たちがつくった架空の生物。
他の人が知るはずなんてないのに…。

お爺さんは結月を指差し、
声を落として言い放った。

「あんた…憑かれとるな」

「何言って…」
結月は途中まで言ったあと、
急に地面にしゃがみ込んだ。

17:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/13(日) 15:12

「キャハハハハキャハハハハ!!」

すると、結月は白目をむき、
激しく笑いだした。

「いかん、すぐに祓わんと…!」

お爺さんは携帯でお婆さんを呼びだし、
結月を神社へ連れて行った。
私も行こうとしたが、
「あんたには危険だ」
と止められてしまった。

家に帰ると、お父さんが誰かと電話で話していた。
どうやらあのお爺さんらしい。

そして、お父さんが受話器を置いたときに
「結月に何が起こったの?」
と聞いた。

お父さんはお茶を飲んで、
答えた。
「ドンドンの仕業だ」

18:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/13(日) 19:22

「え…?」

‘ドンドン’という言葉に、私は驚いた。
そして立ち尽くしている私を見ずに、
お父さんは続けた。

「爺さんはお前がその友達と『ドンドン』と叫び、遊んでいたのを目撃したそうだな。
ドンドンっていうのは、姿も存在も分からないが、呼んではならないやつなんだ。そいつを呼んでしまったから、あの子はあんな風になってしまったんだ」

私が質問しようとしたが、
「もうそれは話すな」と言われた。

昔した結月との遊びは、
一体何だったのだろうか。

私はお風呂に入り、ご飯をあまり食べずに
寝室に行った。

…何かいる。

19:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/14(月) 16:41

何か知らないけど机の横に
ヤギの頭みたいなの被り物した人が立ってる…。

「誰…」

そいつは私に気付き、頭を下げた。

「申し遅れました。私、貴方様の住居に居させていただいております」

「へー…悪魔?」

私は少し興味深くなり、質問した。

「はい」

本で読んだことがある。
バフォメットっていう悪魔に似ている。

「貴方名前あんの?」

「ありません」

彼は窓の外を見ながら言った。

「じゃあ、バフォミンって呼んでいい?」

どうやらバフォメットからとったと分かったのか、彼は素直に頷いた。

20:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/15(火) 17:01

…眠れない。

まあ部屋にバフォミンがいるからってのもあるけど、なぜか恐怖心が一段と強い。

「…んあー寝れない」

私はついに飛び起きて、バフォミンを置いて
コンビニへ行こうとした。

玄関のドアを開けようとしたとき、
どこからか奇声が聞こえた。

人の声じゃないな…。

コンビニに入ると、
なぜか店員が段ボールを被っている。

不審に思いながら、コーラを手にし、
レジに出した。

店員は何も言わずに会計を済ませたが、
低い声で「…サー…ビスで、す」と言った。

すると、店員は被っている段ボールを開けた。

21:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/16(水) 19:02

すると、その中から大量のハエが出てきた。
店員はその場にバタリと倒れた。

私は恐怖のあまり、叫び声も上げずに
ひたすら走り続けた。

もうハエは追ってこなかった。

「あれ、家と逆方向に走っちゃったか…」

またあのハエの軍団に追われるのは嫌なので、少し遠回りをして帰ることにした。

田んぼのあぜ道をゆっくりと歩く。


後ろから「ベタッベタッ」と何かがついてくる。
私が止まったら、その音はどんどん大きくなる。


怖くなり、走って音が消えるのを待った。
「ドーンドーン」と後ろから聞こえてくる。

あれ、
ドーンドーンって…。

22:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/17(木) 17:12

その太鼓のような音は次第に大きくなっていく。
振り向くことすらできない。

音が消え、後ろを見ると
何もいなかった。

ほっとして、前を見ると、
黒い顔のようなものが。
「ミツケタ」──────


気がつくと、自分のベッドに横たわっていた。
隣にはお父さんが「心配したんだぞ」と頭を撫でてきた。

私は起きて、バフォミンを探した。
庭にいた。

「ねえ聞いてよバフォミン」

「はい?」

私はバフォミンに全てを話した。

バフォミンはゆっくりと歩きだし、
呟いた。

「やっぱり、この街がおかしいのか…」

私にはその言葉の
意味がよくわからなかった。

23:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/20(日) 14:49

朝になった。
そうか、今日は休日だ。

特に用事はないので、近くの山に
行こうと思った。

ポシェットを持って、私は山に向かった。

「特にやることは無いんだけどなあ…」

休日を何もしないまま過ごすのは嫌だったので、
川で遊ぶことにした。

「昔ここでよく遊んだな…ん?」

白いワンピースをした高身長の女の人がいた。

石を拾っては、よく見つめている。

24:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/22(火) 07:12

その人は、綺麗な石を見つけると、
こちらに向かってきた。

後ずさりしてしまったが、
女の人は笑顔で歩いてくる。

「この石、綺麗じゃない?」

確かに綺麗な石だった。

「あ、はい」

少し返事をすると、女の人はにっこり笑って、
どこかへ歩き出した。

つられて私も足が動き、
女の人についていった。

特別美人だったわけではないが、
何かオーラのようなものが放たれてる、
そう感じた。

25:あまたん(・∀・)◆YQ 闇の人食神:2018/05/23(水) 07:47

女の人についていくと、
どんどん山の奥の方に入っていった。

これほど奥に行ったことはない。

私は辺りを見回しながら歩いていると、
女の人はある場所で止まった。

祠のようなものがある。

すると、女の人は祠をこじ開けた。

「え、大丈夫なんですか…?」

何のために祠を開けているのか分からず、
後ずさりをした。

何かが入っている。

そっと覗くと、
小さい木の枝で
「ロクソクサマ」
と書いてあった。

26:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/23(水) 07:47

>>25
メモ消すの忘れた…

27:あまたん(・∀・)◆YQ:2018/05/24(木) 07:35

ロクソクサマって何だろう。
誰かのいたずらだろうか、
だとしたら何でわざわざ祠に入れたんだろう。

女の人は、木の枝の文字をバラバラにした。

…嫌な予感がする。

昼なのに、暗い。

不安になっていると、
女の人は、
「おいで」と私の手を引いた。

私は返事をする間もなく、近くの茂みに隠れた。

すると、声が聞こえてきた。
「アァ…ア…」
人の声のようだ。

私が茂みから出ようとすると、女の人が
私の腕を引っ張って止めた。

その声は大きくなっていく。

私は恐怖で目を閉じた。

28:アマテラス(・∀・)◆YQ:2018/05/25(金) 07:20

声は祠の前で止まった。

ゆっくりと目をあけると、3人の誰かの足が見えた。
しかし、何かがおかしい。

少し葉っぱをどけてみると、
3人の足ではなかった。

‘1人の足’だった。

私にも何が起きているのか分からない。

ただ、目の前に
6本足の化け物がいるだけだ。

化け物は、祠を覗いているようだ。

そして、ゆっくりと引き返した。

ほっとしたが、隣の女の人が話かけてきた。

「ねえ、面白いことしてみない?」

女の人はニヤニヤしながら、
ポケットから鈴を取り出した。

「六足様はね、鈴の音に敏感なのよ」

女の人は鈴をぶら下げた。

29:アマテラス(・∀・)◆YQ:2018/05/26(土) 07:29

チリーン…

嫌な予感が当たった。

6本足の化け物は向きを変え、こちらに向かってきた。

女の人は、私の腕を怪力で掴むと、
一気に走り出した。

6本足の化け物の顔を見てみた。

…あれ、この顔どこかで…

「ほら、走って!」

女の人に言われるまま、私は
走っていった。

息が切れ、後ろを振り返る。
あの化け物はもう追ってこない。

「六足様、面白いでしょ?」

女の人は私をまた川に連れて行き、
去っていった。

30:アマテラス◆YQ:2018/05/27(日) 17:34

私は家に帰り、
ご飯を食べながら起きたことを
振り返ってみた。

六足様とは何なのだろうか。

寝室に行っても
バフォミンはいなかった。
出掛けてるのかな。

私は、あの時
六足様の顔を見た気がする。

「誰だっけ…」

思い出すことができずに、
私は眠りについた。


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS