死んでもいいから、私は アイツに恋されたい!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 101-キーワード▼下へ
1:名梨◆Vk:2018/09/01(土) 13:23

これで、小説3作目です。
今回は、恋愛のお話です。まだまだですが、感想や良かった処などを書きこんで、応援して下さい!
アドバイスは大歓迎ですが、誹謗中傷などの荒らしは禁止となっています。
夏休みも終わり、亀更新になると思います。なるべく、週に1回は更新します。
皆さん、よろしくお願いします!

66:菜梨◆azw:2018/11/10(土) 20:40

ピリリ、ピリリ、ピッ。
朝、身体を起こそうとするが、重い。昨日のことをまだ引きずっているよう。私の気持ちとは、反対に、鳥は可愛く鳴いていた。

今日は、スイミングスクールへ華の迎えに行くが、少し遅く家を出る。今は、隼人さんの顔も見る気にならないからだ。

しかし、この決断が不運なことに、隼人さんに会ってしまった。

67:菜梨◆azw:2018/11/11(日) 11:36

おーい!いろはちゃーん!」

話かけられたなら、仕方ない。私は、自転車を降りた。

「この前は、すいません!お金なら、払いますので……」

まだ、前のこと怒ってるよね。なんで今、一番会いたくない人に会うのか。

「いいって、いいって。別に気にしてないし。」

68:菜梨◆azw:2018/11/12(月) 19:58



「良かった!もう、てっきり慰謝料でも払わせられるのかと……」

隼人さんが、優しい人で良かったと、内心ホッとする。

「こんなことで、慰謝料なんて請求しないよ〜。それよりも、こんど遊園地でもどう?って大輝な言ってたんだけど。どう?」

迷いなんて、米粒一つも無かった。

「行きたいです!」

69:菜梨◆azw:2018/11/13(火) 19:53


「良かった!あっ。そろそろ行かなきゃだから、またね〜。」

良かった〜。許して貰えて。一気に肩の力が抜けていく。ということは、まだチャンスがあるってことだよね。

今度は、遊園地か。そうだ!那月ちゃんも一緒にどうかな。会いたがってたし。でも、それだと大輝はいいとして、隼人さんにご迷惑だよね。

70:匿名:2018/11/13(火) 22:26

スイミングスクールの人が、じつは隼人じゃなくて、大輝だった!という展開を期待!!
大輝カッコいい!

小説、すごく面白いですね!

71:菜梨◆azw:2018/11/14(水) 20:31

ありがとうございます!
さて、どうなるのやら。
続き、楽しみにして下さい(*^^*)

72:菜梨◆azw:2018/11/15(木) 20:37

家に帰って、那月ちゃんにLINEで相談する。

「今度、遊園地に隼人さんと大輝と行くんだけど那月ちゃんもどう?」

5分後、返信があった。

「私がきたら、いろはの恋の邪魔になっちゃうよ?私は、家でエールでも送っとくわ。」

「ありがとう!」

73:菜梨◆azw:2018/11/16(金) 20:35

今度は、遅刻するなんてことのないよう、前もって服は決めておく。

遊園地なら、動きやすい服がいいよね。カーキーのガウチョに、上にはスポーティなパーカー。キャップを合わせて髪型は、いつもはしないポニーテールにした。鞄は、黒のリュックにしよう。

寝坊なんてしないよう、目覚ましも用意。

今回行く遊園地は、電車で行くので、切符も買っておく。

お風呂では、むくみを取るマッサージをし、いつもより念入りに洗顔をする。

私は、準備万端で前日の夜を過ごした。

74:菜梨◆azw:2018/11/17(土) 20:43

ピリリ、ピリリ、ピッ

朝、寝坊することなく起き、しっかり朝ごはんを食べる。

服も、メイクもバッチリ。リュックの中には、スマホ、ハンカチティッシュ、財布、メイク道具、切符。

「行って来まーす!」

電車に乗り、外を眺める。この格好で、大丈夫だったかな?忘れ物あったかな?不安な気持ちが横切る。

やっぱり残念ながら、嫌な予感は当たったようだ。

75:菜梨◆azw:2018/11/19(月) 20:19

「あっ。」

しまった。と、思った時には遅かった。用意周到、完璧だったはずだった。

私、電車逆方向だった‼

電車を降り、ホームを出る。

「もしもし。大輝?実は、えっと、事情?的なので遅れるから……」

「事情って何なの?」

うっ。聞かれると思った。電車逆だったとか、ダサすぎだよね。絶対、馬鹿にされる‼

「色々っ!じゃあね。」

76:菜梨◆azw:2018/11/20(火) 20:09

ブチっと、電話を切り、切符を買い直す。急いで、電車に乗る。多分、一時間は遅れるな……

なんか、遅いなとは思ってたもん‼ 気づかなかったけど……。

またやってしまった〜!もう、流石に愛想尽かされたかも。次こそはって、思ってたのに……。

「駄目だな、私。」

ボソっと、呟いた。

77:みぃ◆VZbV1gU:2018/11/21(水) 21:59

いろはーーーーーー!!!!!!

78:菜梨◆azw:2018/11/22(木) 20:56

いろは、ピンチ!どうなるいろは。

79:みぃ◆VZbV1gU:2018/11/23(金) 08:42

いろはファイト…

80:菜梨◆azw:2018/11/23(金) 20:46

今度こそ、本当に駅を降り、遊園地の賑やかなゲートを通る。

スマホを取り出し、大輝に電話する。

「えっと、もしもし。今どこ?」

遊園地の広場のところで、待ち合わせになった。広場には、沢山の親子連れがいて、お菓子を食べていたり、遊んでいたりする。

広場のベンチに座る。もう、このまま座って過ごすのも良いかもしれないなんて、思っていた。

81:菜梨◆azw:2018/11/24(土) 20:43

大輝と、隼人さんがやって来た。

「いろは、大丈夫だったのか?」

「は?」

大輝に、そう声を掛けられて驚く。

「こいつさー。いろはちゃんが、事故にでもあったんじゃないかって心配してたんだよ。」

そうだったのか。大輝のくせに、心配してくれていたとは。ちょっと、嬉しい。

82:菜梨◆azw:2018/11/25(日) 15:59

「えっと、この状況で言うのも気が引けるけど、実は電車逆でした。」

「は?あははっ!いろはらしいな。心配して、損したわ。」

やっぱり、笑われた。

「大輝の馬鹿!」

「まぁまぁ、二人とも。とりあえず、なんか乗ろう!」

83:菜梨◆azw:2018/11/27(火) 20:38

隼人さんに言われ、仕方なくこの場を離れる。

「私、あれ乗りたい!」

私が、指さしたのはジェットコースター。しかも、この遊園地で一番怖いやつ。

「いいね!」

と、隼人さんは言う。

10分ほど並ぶと、係員の人が私たちを通す。ガシャンと、安全装置を付け、係員の人の元気な声で出発する。

84:菜梨◆azw:2018/11/29(木) 20:32

でも、私はちょっと不満。

だって、隣が大輝なんだもん!

仕方ないよね。混んでるし。
それにしたって、大輝と隣なんて。しかも、顔が青冷めていやがる。
隼人さんの隣が、良かったな。

ジェットコースターは、どんどん上へ、上へと上がっていく。

85:菜梨◆azw:2018/12/02(日) 09:17

ちらりと、大輝の方を見るとますます顔は青くなり、まるでこの世の終わりみたいな顔をしていた。

そんなことを考えていると、急降下。やっぱり、ジェットコースターは、これでしょ!

「あー!」

手を挙げて、叫んだ。もう、一度急降下したらあっという間。すぐに終わった。

降りると、大輝の顔は幽霊のようなげっそりとした顔をしていた。

86:菜梨◆azw 名梨だよ:2018/12/04(火) 20:27

「大輝って、もしかしてジェットコースター苦手だった?」

「別に」

大輝は、そう言っているが100パー嘘。口に手を当てて、足も少し震えている様子だった。

少し、申し訳ない。しばらく、ベンチに座りこむ。私は、スマートフォンをいじりながら大輝の方へ目をやる。大分、落ち着いて来たかな?

87:菜梨◆azw:2018/12/05(水) 20:41

隼人さんは、飲み物を買っているようで今はいない。沈黙の、気まずい時が流れていった。

「あのさ、大輝。」

先に、沈黙の空気を破ったのは私。耐えられなくなっちゃった。

「何?」

「なんかさ、ごめんね。気晴らしにでもさ、観覧車乗らない?」

88:菜梨◆azw:2018/12/07(金) 19:58

観覧車なら、早くもないし怖くもないだろう。それに、嫌な思い出が残るのは、悲しい。

「いいよ。」

そっけない返事だったが、少し表情が柔らかくなった気がして安心する。

早速、観覧車に乗る。私と、大輝は向かいに座る。そして、またもや沈黙の時間が続く。

89:菜梨◆azw:2018/12/09(日) 20:11

あちゃー。話すこと、考えてなかった。想定外。

何もしないのも暇なので、外の景色を覗く。あっ!

「あのさ」
「大輝〜!見て見て、隼人さんがこっちに気づいたみたい!おーい!」

大輝の言葉を無視して、私はブンブンと手を降る。

90:菜梨◆azw:2018/12/12(水) 20:18


「あっ。ごめん大輝。さっき、なんて言った?」

「俺も、隼人に気づいたとこだった。」

「一緒だね!案外、気が合うのかも?」

そんなことを言っていると、観覧車はどんどん下へ、下へと下がって行き、あっという間に終わってしまった。

「楽しかったね!」

91:菜梨◆azw:2018/12/16(日) 19:29

「まあな。」

すっかり外は、夕焼け色に染まっていた。そろそろ帰る時刻かな?

「じゃ、そろそろ帰ろうか!」

そう言って、私たちは遊園地を出た。今日は、幸せだったな。長いようで、短かった一日だった。

「ねぇ。これから、カフェでも行かない?」

そう、隼人さんは言う。

「行きたいです!」

「あっ!俺、塾だから先帰るわ。」

92:菜梨◆azw:2018/12/18(火) 20:34

そう言って、大輝は先に帰ってしまった。

「大輝、またね〜。」

私たちは、駅前のカフェに行くことになった。そこは、最近オープンしたばかりの、話題のカフェ。私もちょうど行きたいなって思ってた所だった。

カラン、コロン。

私たちは、二人がけのテーブル席に座り、ホットコーヒーを頼んだ。

「ここ、今度行きたいなって思ってた所だったんです‼」

93:菜梨◆azw:2018/12/20(木) 20:40

「そう、それは良かった。」

隼人さんは、笑顔になったと思いきや、スッと真剣な表情になり身構える。

「あのさ。」

「はい?」

「付き合ってみない?」

隼人さんに突然そう言われ、フリーズしてしまう。今の私コンピュータだったら、理解不能というところだろうか。

「付き合う?」

94:菜梨◆azw:2018/12/21(金) 20:23

「うん。彼氏彼女になろう。」

「え、えっと。私、そんなこと言われたの始めてで…‥。」

慌てる私に、隼人さんは予想内だったのだろうか。落ち着いているようだった。

「今日、返事くれなくてもいいから、とりあえず保留でお願いしたいんだけど…‥。」

「わっ、分かりました!」

出てきた熱々のコーヒーを、いっきに飲み干し、私はまるで、光の速さで電車に乗った。

帰りの電車。試しに、ほっぺたをつねってみる。

95:菜梨◆azw:2018/12/22(土) 19:08

帰りの電車。試しに、ほっぺたをつねってみる。

痛い。夢じゃない。現実?

もう一回、つねってみる。

痛い。

あまりの非現実さに、信じられなかった。とりあえず保留にしといたけど、返事どうしよう。

隼人さんのことは、好きだけど。
でも私、あの時すぐに返事できなかった。隼人さんといると、安心する。でも、恋とかのドキドキとは違う気がする。

家についてからも、なんとなくぼーっとしていて、寝る直前までずっと考えてた。

どうしよう。

96:菜梨◆azw:2018/12/24(月) 12:47

…‥‥ ピリリ、ピリリ、ピリリ、ピリリ、ピッ。

重い身体を起こし、目覚まし時計を止める。

ん?

時計を見ると、8を指している。

いつもは、6。

「寝坊した〜‼」

朝早くから仕事でいなかった私の親は、もちろん起こしてくれなかった。

今日に限って、二人とも仕事なんて……。

昨日は、ずっと隼人さんのことを考えていてほとんど眠れなかった。

「行って来まーす‼」

97:菜梨◆azw:2018/12/26(水) 15:03

家を飛び出すと、慌てて学校へ飛び込む。

すると、校門の近くの裏庭に大輝と、女の子だろうか。二人が何か話している。

え!彼女?

思わずパッと、柱の後ろに隠れてしまった。もしかして、恋の予感⁉

耳をすまして、二人の話を聞いてみる。

「あの、私ずっと大輝さんのことが好きでした!」

98:菜梨◆azw:2018/12/27(木) 20:45

彼女じゃない⁉

え?告白⁉

キャーー!大輝どうするんだろ。

「ごめん。」

あ、大輝、断っちゃうんだ。ちらりと、柱から顔を覗かせてみる。

わあ、美人。いかにも、マドンナって感じ。綺麗。

あんな可愛い子の告白断っちゃうんだ。

「俺、好きな人いるから。」

え!

99:菜梨◆azw:2018/12/28(金) 20:07

いいこと聞いちゃった〜!
大輝好きな人いたなんて、知らなかった。誰なんだろ。

でも、いいこと聞いちゃったはずなのに、心がモヤモヤする。どうして?

私は、教室に入った瞬間真っ先に那月ちゃんの元へ、飛び込んだ。

「那月ちゃん!あのね……。」

私は、那月ちゃんに隼人さんのことと、大輝のことを相談した。

「いろは。あのね、実は、黙ってたんだけど、スイミングスクールのあの人、隼人さんじゃないんだ。」

「え⁉」

100:菜梨◆azw:2018/12/29(土) 08:33

どういうこと?隼人さんにうっとりしていたをじゃないなら、誰に私はときめいてたの⁉

「誰?」

「いろはが一目惚れしたのは、大輝。」

「えっ⁉」

そんな‥……。私、ずっと大輝のこと、かっこいいって言ってたってこと⁉恥ずかしすぎる。

「嘘でしょ!」

「ほんと。」

ガーン。ちょっと、ショックを受けるが、なんだか少しホッとしたような、嬉しい気もする。

101:菜梨◆azw:2018/12/30(日) 18:39

いやいやいや。嬉しいって、まるで私が大輝のことが好きみたいじゃん!そんなはずは、無い!

絶対、無い‼

やっぱり、隼人さんじゃなかったなんて、ショック‼

ましてや、大輝なんて!

「まぁ、折角告白してもらえたんだから、返事はいろはが良く考えた方がいいよ。」

「そっか……。」

私は、頭を一度整理して、考えてみることにした。

私、隼人さんと「付き合い」たいのかな?

モヤモヤする。

はぁ。

そういえば今日、華のスイミングスクールの日だった。思い出してみれば、最近スイミングで隼人さんと会ってないな。

102:菜梨◆azw:2019/01/01(火) 01:08

返事、まだだけど見に行ってみようかな!

早速、家を出て、自転車に乗りスイミングスクールに向かう。

いつもの席に座ると、隼人さんを見つめる。

やっぱり、気まずいなー。
ていうか、なんで私来ちゃったの⁉

馬鹿馬鹿!

なんか、見たかったんだよね。

隼人さんは、やっぱり、速い。

やっぱり、恰好いい。

一着でゴールすると、ゴーグルを外した。

ん?

103:菜梨◆azw:2019/01/02(水) 11:28

あれって、大輝?

よくよく見てみると、髪の色も違う。

那月ちゃんの言ってたこと、本当だったんだ。

てことは、ずっと大輝のこと恰好いいっ言ってたってこと⁉

ガーン!

恥ずかしすぎて、倒れそう。

まさか、本当に大輝だとは……

なんだか、もう見ていられなくなって、華だけ連れて帰ることにした。

丁度、休憩時間だろうか。大輝が下にいる。

104:菜梨◆azw:2019/01/03(木) 09:59

急いで、通路を歩く。

顔を合わせたくなく、急いで階段を降りる。

手すりを使い、足を素早く動かして。

下を見、大輝と目を合わせず。

自分でも、顔が暑いのが分かる。

早く!早く!

あ。

「危ない‼」

そう言われた時には、もう遅かった。

105:菜梨◆azw:2019/01/18(金) 20:45

「……は…‥ろは!…‥いろは!」

「うん?」

ゆっくりと体を、起こそうとする。全身が、ズキズキと痛い。

見慣れない蛍光灯のついた天井。腕に繋がれた点滴。

ふかふかの布団。掛けられた、毛布。

私を囲む、お母さん、お父さん、お姉ちゃん、華。家族たち。

ここは、どこ?

106:菜梨◆azw:2019/01/19(土) 16:49

「いろは、目を覚ましたのね!」

「お姉ちゃん!」

お母さん、華は喜びの声をかけられる。しかし、お父さん、お姉ちゃんは、ただただ泣いている。

「……どうして、ここに?」

「え!いろは、覚えてないの?」

目を見開いて、こちらを見ている。

「でも、無理もないわね。強く、頭を打ったんだもの。」

何、それ?

107:菜梨◆azw:2019/01/20(日) 20:36

自分の記憶を、呼び出してみる。

確か、あの日はスイミングスクールに行って…。
隼人さん見に行こうとして。
でも、大輝で。
それで、華を迎えようとしたら。
階段から、落ちた?

「私、もしかして階段から落ちた?」

「覚えてたのね。そうそう!それで、いろはの下敷きに大輝君が……。」

「え?大輝が、関係あるってどういうこと⁉ それに、下敷きって……。」

考えるより先に、話していた。

「今、大輝はどこ⁉」

お母さんの顔が、どんどん曇ってきた。

108:菜梨◆azw:2019/01/21(月) 20:00

「隣の病室。まだ、目を覚ましてないみたい。」

「え?」

全身から、血の気が抜けるような気がした。
指先の病室が、ぼんやりとしてる。
足が震える。
手が震える。

怖かった。大輝が、遠いとこへ行ってしまうような気がして、怖い。

今すぐ行きたかった。でも、痛む体がそれを阻止する。

ああ。どうして。

109:菜梨◆azw:2019/01/22(火) 20:31

何日たっただろうか。大分、体は治ってきた。

少しの散歩ならできるようになり、まもなく退院だそうだ。

しかし、まだ大輝は起きない。

点滴は、まだ繋がれたまま。

酸素チューブも繋がれたまま。

ベットで寝ているだけのようにも見えるが、本当は苦しんでいる。

申し訳ない。


今日は、外出許可が出たので、外に出ようと思っていた。

110:菜梨◆azw:2019/01/23(水) 20:23

待ち合わせの喫茶店に着くと、もうあの人はいた。

「こんにちは。隼人さん。」

「いろはちゃん。」

ソファーに座ると、コーヒーを一杯頼んだ。

「今日は、お話があります。」

落ち着いて、話す。

「何?」

隼人さんは、もう分かっていたのか。少し、笑っている。

「ごめんなさい。私、他に好きな人がいるんです。」

111:菜梨◆azw:2019/01/24(木) 20:21

「そっか、残念。」

隼人さんは、少し寂しいそうな顔をしていた。

「もしかして、大輝?」

「はい。」

すぐに当てられてしまった。さすが隼人さん。鋭い。

自分でも分かる位、顔が熱い。

「ねえ。大輝でいいの?」

そう言って、顔を近づけられる。

「はい!だって、私の王子様は大輝ですから。」

「そう。」

コーヒーを飲み干すと、御代をテーブルに置く。

「それじゃあ。」

そう言って私は、喫茶店を出た。

112:菜梨◆azw:2019/01/25(金) 20:39

今日も私は、大輝の様子を見に行く。

意識は、無いようだ。

「あのさ。大輝。」

二人きりの病室で、窓に向かって話す。

「隼人さんに、告白されたの。でもね、断った。」

大輝は、聞いてないのに近状報告をしてしまう。

「何故かって?私、好きな人ができたの。その人はね。泳ぐのが得意で、ジェットコースターが苦手で、不器用で、でもかっこいいとこもあるの。
困った時助けてくれて、頼りになるし気軽に相談できる。大好きな人。
名前?名前は、目黒 大輝って言うの。驚いた?好きだよ、大輝。」

「俺も。」

聞き覚えのある声。そこには、大輝がいて、目を覚ましていた。

「大輝っ!良かった。」

目頭が熱くなり、涙がぼろぼろと零れる。

「いろは。無事で良かった!」

大輝は、顔が涙でぐしゃぐしゃだった。

私もだけれど。

113:菜梨◆azw:2019/01/26(土) 20:35

「おっはよー!」

「おはよ。」

すっかり大輝も元気になった。
今は、水泳の大会にも出ている。

この前は、なんと地区大会で優勝していた。

こうやって二人で登校するようになって、何日目かな?

「ね。大輝、手繋ごう!」

「いいよ。」

そう言って大輝は、私の手を取る。

「えー。こっちがいいな!」

私は、大輝の指を絡めて恋人繋ぎをした。

「っ!」

あーあ。大輝、顔真っ赤。

まぁ、私もだけど。

〜完〜

114:菜梨◆azw:2019/01/27(日) 08:41

あとがき的な物
これを読んでる、未来の自分とその知り合いへ
黒歴史確定だー(笑)
恥ずかしいので、そっとしてあげて下さい(笑)

読んで下さった皆様へ
最後まで、読んで下さりありがとうございましたm(_ _)m
一レスが短かったり、しばらく更新できなかったときもありました。
文章がおかしいところもあったと思います。
それでも、書ききれて良かったと思っています。
本当に、ありがとうございました!

もしよろしければ、今後の参考にしたいので、アドバイスや感想などお願いしますm(_ _)m

115:6231◆gU:2019/02/13(水) 23:59

久しぶりに見たらなんか終わってたwお疲れ!


新着レス 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS