Message.

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:よりざわ:2018/09/23(日) 23:53




〇亀更新
〇荒らし以外ならレス大歓迎
〇文章読みにくいかも

女子高生がわちゃわちゃする日常系のストーリーです!

 

2:よりざわ:2018/09/24(月) 00:06



これは何気ない放課後の話。

私はいつも通り通学用のバッグを持ち、教室を出ようとした

 「 おーい!ちせー! 」

そして聞こえてきたのはクラスメイトの南あきの声。相変わらず笑顔が眩しいというか明るいというか…元気

 「 う…っ 」

 「 もー!
 先帰らないでって言ったのに! 」

 「 あーはいはい。ごめんみあ 」

私はこの人の事をみあと呼んでいる。南あき、苗字と下の名前の最初の文字を合わせてみあと結構単純だけど私的には気に入っている

ちなみに私の名前は相沢ちとせ。それであだ名がちせ。つまりお互いあだ名で呼んでいる


 「 あ!ちとせちゃん!あきちゃん! 」


この子はクラスメイトの星川柚さん。
当たり前の様に私達に話しかけてきた。正直この人とはあまり話したことがない。こう言うのもあれだけど、クラスでは少し浮いた子で話しにくい感じがするから。多分それはみあも同じだと思うけど。

 「 どうしたの?星川さん 」

私はとりあえず星川さんの話を聞こうかと思い、立ち止まる

 「 2人は今から帰るの? 」
 
 「 そうだけど…
 それがどうかしたの?柚ちゃん 」


 「 な、ならさ!一緒に帰りたいな… 」

星川さんは何故か顔を赤くしながらもじもじと述べた。何でだろうと考えてもしょうがないけど。
とりあえず3人で帰ることになった


私達は学校を出て、駅まで歩いた
2人は私よりも前に歩いている。そうじゃないのは分かってるが、私はなんだかその2人のあとを追うかのように歩いてる気がしてしまう。

 「 あきちゃんって、
 何か好きな物とかある? 」

 「 え…うーん…ゲームとか? 」

 「 本当!?あたしも! 」

星川さんって結構…いや、かなり喋るよね。
仲良さそうだなぁ。
私は面白半分で制服のポケットにしまっていたスマホを取り出し、こっそり2人の後ろ姿を撮った

こうしてる内に私達は駅に着いた
私は1番線のホーム。2人は2番線のホーム。なのでここで別れる事になる

 「 じゃあね!ちとせちゃん! 」

「 バイバイ!…ちせ! 」

 「 じゃあね。 」
電車が来るまで私はさっき撮った写真を見ることにした。
やっぱり仲良さそう……に…あれ?

私はちょっとしたことに気付いた。

3:よりざわ:2018/09/24(月) 10:15



次の日

 気付いちゃった。


星川さんのこの表情…間違いなく、そうだよね
廊下で立ち止まっててもあれだしとりあえず教室入ろうかな


 「あ、おはよう。ちとせ」

 「おはよう紗倉さん」

この子は紗倉智香さん。いつも一緒に行動してる仲……って感じ。昨日はちょっと色々あって一緒に帰れなかったけど。

 「あれ、白木さんは?」

 「夜空?さぁ…
いつもならもう教室にいるのにね。」

もしかして遅刻…?な訳ないか。

 「おはよう!智香ちゃん!ちとせちゃん!」

 「え……お、おはよう。」

いきなり来たなぁ…星川さん。紗倉さんもすごい困惑してるし。

隣にみあがいる…一緒に登校したのかな

 「みあ、おはよ。」

 「ちせ!おはよう!」

 「星川さんと一緒に登校したの?」

 「うん。
昨日ちせと別れたあと連絡先交換したんだ〜」

なら間違いなくそうだよね。
色々気になるし私から聞いてみようかな。

 「ねえ皆。
今日の放課後空いてるなら遊びに行かない?」

 

4:夏美◆Kc hoge:2018/09/24(月) 13:48

上手

5:よりざわ:2018/09/24(月) 21:01



柚視点のお話になります


あたし達は放課後近くのファミレスに行く事になった。ファミレスに来るのは久しぶりだけど、みんなと来れて嬉しいな


〜ファミレス〜

「 ん〜、ピザ美味しい! 」


「 みあ食べ過ぎじゃない?夕飯とかどうするの? 」

「 全然大丈夫!てかこれが夕飯!
それに…ちせは全然食べてないじゃん!ウーロン茶だけとか! 」

「 だってそんなに食べる気ないし 」

確かにちとせちゃんが何か食べてる所あんまり見た事ないかも。お昼もいっつも飲み物だけだし…。

ガシャン!

え……?あ、あれっ!?テーブルがオレンジジュースだらけに……

「 申し訳ございません!肘にあたってグラスが倒れてしまいました… 」

「 あ、いえいえ!全然大丈夫ですよ! 」

若い女性店員はぺこぺこで必死で頭を下げながら零れたオレンジジュースを拭く。

「 ねえ…星川さん 」

「 ちとせちゃん?どうかした? 」

「 それさ…手がオレンジジュースだらけだけど 」

へ…?ってわわ!ほんとだ!両手がオレンジジュースだらけだ!!全然気付かなかったよ…

「 本当すみませんでした…。あのお詫びと言ってはなんですがデザート1品無料にしますので! 」

「 え、ええ!?そんなことしなくてもいいですよ! 」

「 いえいえ!どうぞ! 」

「 で、では……そうします!ありがとうございます! 」

うーん…なんていうか…運がいいのか悪いのか…
じゃなかった!手洗わないと…手ベトベトだし…

「 あ、あたしお手洗い行ってくる!……どこか分からないけど 」

「 あはは。なら私が教えるよ。 」

「 ありがとー…ちとせちゃん…! 」

ちとせちゃん優しいなぁ
まだそんなに話してはないけど、前からクラスのみんなに優しく接している所を何回か見たことがある。
 

6:よりざわ:2018/09/24(月) 21:02


>>4

ありがとうございます

7:よりざわ:2018/09/25(火) 17:44

そういえばちとせちゃんって手に包帯を巻いてるよね…どうやって手洗うんだろう…やっぱりいちいち解くのかな?

 「星川さん、お手洗いついたよ」

あ、ここか…結構わかりやすい所にあったんだ…。

あたしはドアを開けてすぐに手を洗ってハンカチで手を拭いた

 「ねえ星川さん」

部屋中に壁のドンっとした音が響く

 「え、なっ、何!?」



あたしとちとせちゃん以外には誰もいない綺麗で広い手洗い場でいわゆる…壁ドン?をされた


つまり…あたしは今すごく混乱してる
だって急だったんだもん。そして顔が近い…

 「……やっぱ
好きな人にこういう事されたい?」

 「……え?」

えっと…好きな人ってどういう事…?もしかして……まさか……まさか…

 「私気付いちゃったんだよね。
星川さんって南さんの事好きでしょ」

や、やっぱり……!なんでバレたの……!?どうしようどうしよう……

すごく慌てているあたしを見てちとせちゃんはくすっと笑った

 「大丈夫だよ。私は応援するからさ」

 「え、う、嘘…っ!?」

 「ほんとほんと。」

あたしはその場でほっとした笑みを浮かべながら腕を下ろした

 「あ、でも他の人には言わないでね…!
もちろん本人にも!」

 「分かってるって。さ、早く戻ろ」

やっぱりちとせちゃんって優しいなぁ…絶対引かれると思ってたけどそんなことなかったし。
 

8:よりざわ:2018/10/01(月) 22:14



私は相変わらずいつもと変わらない休み時間を過ごす。

「そういえばちとせさ、担任が生徒に手を出してるって噂知ってる?」

紗倉さんは心配そうな表情で私に話題を振ってきた

「急にどうしたの?紗倉さん…
というか噂って何?」

私はクラス内の噂等についてはあまり詳しくない。休み時間は大体いつも寝てるか紗倉さん達と話してるくらいだから。

「えっ…知らないの?平川先生が生徒にセクハラしてるって話」

「何それ……初めて知った…」

そこに1人の若い男性が賑やかな教室の中に入ってきた

「みなさーん!そろそろ授業が始まるので準備してくださーい」

ふわっとした優しい笑顔で皆に呼びかける。
この人が平川…平川裕二先生。

「うわ…平川じゃん」

「あいつの授業とか最悪…」

平川先生が呼びかけた瞬間、周りにいたクラスメイトが一斉にこそこそと話し始めた。それだけ嫌われているのだろう

「…相沢さん」

「はい」

なんか本人に話しかけられたんだけど。
ちとせはぼそぼそとやる気のなさそうな返事をする

「先生はずっと心配していたんです。あなたがちゃんとクラスの皆と話せるかどうか…でも安心しました。南さんたちと楽しく話している姿を見れて先生嬉しいです!」

「……そうですね」

ちとせはまたやる気のなさそうな返事した。

だってむかつく。むかつくむかつくむかつく
あのわざとらしい笑顔と偽善者みたいな発言が最高に嫌い。

それに生徒にセクハラしてるっていうのが本当なら……ああ、気持ち悪い。本当にうざい笑顔。笑顔だけであんなに気分が悪くなったのは初めて。

消してやりたい

そして私は静かに席に着いた。

9:よりざわ:2018/10/02(火) 18:50

もうひとつのお話?を載せます(半分ボツ状態)
ちなみに白木さんは>>3で名前だけ出てます。


「それで、話って何?」

私は静かにすぅっと息を呑んだあとこう言った。

「私最近辛いんだ。あなたを見ていると」

「え……。え?それってどういう事なの?ちとせ…」

そうだよね。こうなるのが普通。
けど今こうして二人きりでいるのも辛い

白木さんは南さんの席に行っていつも…いつもいつも楽しそうに話してる。私にはそんなこと出来ない。自分から話しかける勇気なんてない。だからそんな白木さんを前までは羨ましいと思っていた。けど今は違う。
南さんと楽しそうに話している白木さんが憎い。

そんなことを考えてるうちに私の心は黒く染まっていくかのように、もやもやした気分になっていた。

いや、既に心は真っ黒に染まっている。

「南さんと楽しく話しているあなたが憎いの。……そして辛い」


「あきと…話してるわたしが…憎い……辛い……?」

話せば話すほど辛くなっていく。それどころか白木さんの姿を見ているだけでも気分が落ち着かなくなってきた

「そう。ただただ憎い、辛い。あなたが…。
だから私は今ここにいる」

「ど、どうしたの!?ちとせ!今日はお泊まりなんだよ?そんなこと言わないで、お泊まりを楽しもうよ!」

「……確かにそうだけど、それ以上にあなたが憎いから。」

「ち、ちとせ……?あの…ごめんね?寂しかったんだよね…ちとせは…。だから…その…」

「こっちこそごめん。こんなこと言っちゃって」

「…!
ちとせ…!」

「だからさよなら。」

私は隠し持っていたはさみをポケットから取り出し白木さんの腹と胸元にぐさりと刺した。

「……っ!!」

白木さんはばたりと倒れた。

「白木さん、本当にごめんね。私はあなたともっと話したかった。けどそれよりも自分の気持ちを優先しちゃった。」

最低なことをした自分が許せない。そして白木さんのことも許せなかった。


________

「夜空…行方不明なんて嘘だよね……?」

「夜空ちゃん…どうしてこんな事になったの…」

今私の目には南さんと星川さんが悲しんでいる姿が映っている

私がころしたなんて言えない…

けどこうすれば南さんはまた私に寄り添ってくれるはず…。

10:よりざわ:2018/10/06(土) 12:45

「先週の課題の提出をしてくださーい」

平川の声だ。
先週あいつと話してからは気分が悪い。

けどそれは今日で終わり。

私はその場で立ち、席を離れて平川のいる教卓の前へ行った

「先生、すみません…課題家に置いてきちゃいました…」

「前回絶対提出してくださいと言いましたよね?今日の放課後残ってください」

「う…っ、はい…」

ここまでは思い通り
平川は居残りさせるの大好きだもんね。

さぁ、後は放課後が来るのを待つだけ

11:よりざわ:2018/10/06(土) 12:46



ちなみに>>9のお話は本編とは関係無いです…


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS