嗚呼愛おし我らが神よ

葉っぱ天国 > ポエム > スレ一覧キーワード▼下へ
1: 淡魅 戀◆PY:2017/07/06(木) 02:00



  貴方はいづこへ行ひにき

(ポエム、レス禁)

12: 淡魅 戀◆PY:2017/07/07(金) 02:30


溢れ出す言葉 防ぐ手
防腐処理?好き好き好きだよ!
神に祈る あなたへのプレゼント!

13: 淡魅 戀◆PY:2017/07/07(金) 02:33


祈りは届かず たまらない幸福感を味わわせてほしいの
また祈るだけ そのためなら私、なんだってできる
天使様への祈 言葉は届きましたか

14: 淡魅 戀◆PY:2017/07/07(金) 02:35


許されざる恋は

私を救ってくれたとも

私を不幸にしたとも言えて

感謝の言葉なんて

真っ先には出てこなかったの

15: 淡魅 戀◆PY:2017/07/07(金) 02:36


生きてほしいの

死んでほしいの

心が混ざってよくわかんなくなっちゃって

助けて欲しいな、なんて

ワガママってわかってるのにな

16: 淡魅 戀◆PY:2017/07/07(金) 02:49


そんなに嫌なら拒絶すればいいのに、それもしないなんて本当にお人好しね

17: 淡魅 戀◆PY:2017/07/07(金) 02:50


殺してよマイシスター

18: 淡魅 戀◆PY:2017/07/07(金) 02:53

ねえ、知っています?

隣で聞こえたその声は、誰のものでもなかった。自分が知っている少女でも、少年でもなく。ふわふわとした柔らかい声は落ち着く声。お母さんに怒られて、思わず家を飛び出して、夜、草原に寝そべって星を眺めているとそんな声が聞こえた。思わず飛び起きて隣の子を見つめれば、その子は愉快そうに優雅に口に手を当てクスクスと笑った。茶色の髪を、綺麗な髪を、どこか見知ったその顔を、忘れていたその顔を、どこか心の中で引っかかって。はっきりと聞こえたその声が、今でも耳に残っている。

星って、本当は消えてしまったものも見えているんですって。

19: 淡魅 戀◆PY:2017/07/07(金) 03:14


祈りは届きましたか

20: 淡魅 戀◆PY:2017/07/07(金) 03:15


世界は終わりを告げた

21: 淡魅 戀◆PY:2017/07/07(金) 03:26


幸せに死ぬか不幸に死ぬか選べないのはこの世の全て
死の誘惑に立ち向かえるのならまだきっと幸せなうちなのでしょう

22: 淡魅 戀◆PY:2017/07/07(金) 04:23


差し伸べられた嘘の手は、嘘と知ってもあまりにも暖かく
今までそれに甘えてしまっていた自分を恥じ、そしてその嘘に絶望し
希望を見出すこともなく、もしその嘘も嘘であれど傷ついたものは元には戻らなく
涙さえも流れる気配のない自らの目を呪い
少しまぶたを閉じ、目を開けた頃には心臓が止まっていないかと思い
また目を開けてこの世の全てに絶望し
自らを殺すことは罪ですか
誰かに殺されることの方が罪だと思うのです
死にたいと思うが自殺は罪であり他殺も罪であれば
どうすればいいのかと
そのまま悲しさを背負い生きるがいいと
そう仰るその瞳は絶望にまみれ
嗚呼、死してなおきっと私はこの世にとどまり続けるのであろうと
考えるも
死にたくあれば自らを傷つけ
母よ、何故このように生み出したのですか
このような思いでは生きていても仕方がなく
死をただただ望む毎日では
希望など見いだせるはずもなく
あなたのその暖かき手を、言葉を、嘘を
信じて今日まで生きてきたというのに
取ろうとした手はあっけなく振り払われ
虚空を切る私の手はどこを求めさまよえばいいのですか
そんなにならば私を、どうか、殺してくれと
神は平等で不平等である
優しい人にも平等に災をあたえるが
悲しき人にもさらに罰を与え
それをただ見守る毎日
我等が優しき神はどこへ行ってしまわれたのか
罪なる神は何故ここまで私に罰を与えるのか
私が何をしたというのか
私に何をさせたいというのか
醜い世界で唯一綺麗であられた愛おしきお方はどこか遠くへ
私の手の届かぬ場所へ行ってしまわれた
神よ、私の心はどうすればいいのか
優しき人には到底なれそうもなく
誰に何を言ったとしても、頼ろうとした手はいとも容易く振り払われる
そんな世界で、そんな人ばかりの世界で私は
どうやって生きればいいというのか
清らかな心であればいいというのか
どうすればいいのか
嗚呼神よ、殺してくれと今日も嘆く私をどうか救い給え

23: 淡魅 戀◆PY:2017/07/08(土) 00:32


ステンドグラスをもう1度

24: 淡魅 戀◆PY:2017/07/08(土) 00:34


夢見る猫は恋しき犬とワルツを踊るの

25: 淡魅 戀◆PY:2017/07/08(土) 04:26



星降る夜は月見る朝を恋しがる

26: 淡魅 戀◆PY:2017/07/08(土) 04:32


私の声は届きますか 私の歌は聞こえますか

27:サヤ◆gi4N93xk8Q hoge:2017/07/09(日) 00:33


空に浮かぶお月様の幻想を抱き

28: 淡魅 戀◆PY hoge:2017/07/09(日) 00:33


あなたの顔なんてどうでもいいの

29: 淡魅 戀◆PY hoge:2017/07/09(日) 00:34


私きっと、羨ましかったんだわ

30: 淡魅 戀◆PY hoge:2017/07/09(日) 00:34


好きだよ、なんて声も聞こえないね

31: 淡魅 戀◆PY hoge:2017/07/09(日) 00:34


待ってよ、私も貴方と歩きたいの

32: 淡魅 戀◆PY:2017/07/09(日) 00:35


先逝くあなたの顔も見えず

33: 淡魅 戀◆PY:2017/07/09(日) 00:35


誰もいなくとも私は幸せです

34: 淡魅 戀◆PY:2017/07/10(月) 08:22


風よ泣けよと今日も笑い

肌寒さは変わらないけど

あなたと帰るこの道は

繋いだ手の暖かさは

忘れもできない思い出で

またあなたと手を繋ぎたいので

風よ泣けよと今日も笑い

35: 淡魅 戀◆PY:2017/07/13(木) 01:46


あなたが幸せならそれでいいから、私のことなんて忘れて生きて

36: 淡魅 戀◆PY:2017/07/13(木) 01:47


生きている、それでよかった。それ以上の幸福なんてなかったのに

37: 淡魅 戀◆PY:2017/07/16(日) 02:35


好きで好きで仕方が無いの
想いが通じあった日がどんなに嬉しかったか
隣で笑って照れたように私の手をとるあなたが
愛おしくて仕方が無いの

38: 淡魅 戀◆PY:2017/10/27(金) 02:52


淡く光るオレンジ色の光にそっと手を伸ばしてみた

暖かな部屋の中

瞼がゆっくりと下がる

朝を待ちわびて、今日もおやすみしようか

39: 淡魅 戀◆PY:2017/11/18(土) 06:35


ひたひたに、ココアに浸したクッキーみたいに

私も甘くなりたいの

恋をしたらカレーのようになっちゃうから

はちみつ入れたヨーグルトみたいに

私も甘くなりたいの

40: 淡魅 戀◆PY:2017/12/05(火) 02:02


頭痛のような何か

腹痛のような何か

吐き気のような何か

それらに似た苦しみが襲ってきて

もうなんだか疲れちゃった

41: 淡魅 戀◆PY:2017/12/13(水) 00:21


存在してよ、私の地球
破裂してよ、あの子のいのち
綻びを見逃して共に消え去りたいから

42:遮那◆5U:2017/12/15(金) 08:58


恋とは その人と何かをしたくなること
愛とは その人のために何でもしたくなること

43: 淡魅 戀◆PY:2017/12/15(金) 08:58


うわなまえまちがえた

44: 淡魅 戀◆PY:2017/12/15(金) 08:58


地球の隙間に星がたくさん入っていくの

45: 淡魅 戀◆PY:2017/12/15(金) 09:00


だって太陽は掴めないでしょう

46: 淡魅 戀◆PY:2017/12/15(金) 09:03


奇跡って本当にあるんだって

ずっと願い続けて、やっと叶って

天にも登りそうなの

ほかの人にとってはきっとなんてことないこと

声を聞けた、なんて今の時代たったそれだけ?って思われそうなこと

それだけでも私はとっても嬉しくて

私のためだけに言葉を用意してくれたのが嬉しくて

願いは叶うんだね

47: 淡魅 戀◆PY:2017/12/15(金) 09:06


自分勝手で我儘な人
貴方一人の願いだけ神様が叶えてくれるわけないでしょう
ずっと神なんていないって言ってたくせに都合のいい時だけ神頼み
神様にとって人間なんて部屋の片隅にある塵よりも価値も興味もない存在なのに

48: 淡魅 戀◆PY:2017/12/15(金) 09:08


大丈夫なんだよ
死は苦しみじゃない、死は救済なんだから
死にたいって気持ちを否定しない
生きたいなら生きてほしい
でも、本当に苦しんでるのに私が言えることじゃない
死んだ後はみんな神様に許されるから

49: 淡魅 戀◆PY:2017/12/15(金) 09:11


ずっと祈り続けた

そのための努力だってした

お願いごとをする行事では貴方に会いたいと願った

貴方に会うために、会える可能性を高めるために早く寝た

沢山寝て、祈って、想像して、あいたいと思って

疲れても、諦めたくなることなんてなかった。それほどまでに愛おしかった

ありがとう神様、声が聞けたの。顔が見れなくても、そこに存在してくれた。生きていてくれた。それだけでも本当に嬉しかった。貴方が私のために言葉をくれた。

努力って報われるんだね。4年経ったけど今でも大好き。愛してるよ。

50: 淡魅 戀◆PY:2017/12/19(火) 08:33


三年だって、四年だって待つよ。
だって今まで待てたんだから、きっとできるよ

51: 淡魅 戀◆PY:2017/12/19(火) 08:46


私にとっての神様ってなんだろう

私が信じてる全てを許してくださる女神様かな

私の好きなあの人かな

全ての罪を押し付けられる都合のいいものなのかな

人を助けれる優しい人なのかな

52: 淡魅 戀◆PY:2017/12/19(火) 08:47


そういやレス禁解除します
荒らしとか批判中傷以外はなんでも書き込んでください。
ポエムは感想求められたら語彙力ないのですごいとか感動したとかしか言えません

53: 淡魅 戀◆PY:2018/01/20(土) 20:51


何を見ても楽しかった頃 毎日は輝いてた

何を見ても嬉しかった頃 死にたくないと思ってた

何をしても信じていた頃 あのひとはやってきて

何を聞いても怯えてた頃 私を砕いていった


何をしても不快だった頃 お師匠様は現れて

何を見ても恋しかった頃 私を救っていった

何を見ても泣いていた頃 そして貴方は消えた

54: 淡魅 戀◆PY:2018/01/21(日) 10:03


好きなのに止まらない罵倒の言葉と

嫌いなのに止まらない愛の言葉を

感情を入れ替えられたら

どれだけ幸せなんだろう

55: 淡魅 戀◆PY:2018/01/21(日) 10:03


あなたがいないだけでこんなに世界が心地いいなんて知らなかったの

56: 淡魅 戀◆PY:2018/01/21(日) 23:11


人の恥を自分の恥のように感じられるから私はまだ生きていていいんだと思う

57: 淡魅 戀◆PY:2018/01/26(金) 07:41


捨てきれない優しさと

もっていたい残酷さと

58: 淡魅 戀◆PY:2018/01/26(金) 07:43


一歩一歩前に進むにつれて涙が出てくる

一つ一つ年を重ねるにつれ戻っていく

進むことは戻ることと同じなんだ、私にとって

59: 淡魅 戀◆PY:2018/01/26(金) 07:43


頭が割るようにいたくなるから 冬は嫌いなんだよ

60: 淡魅 戀◆PY:2018/01/26(金) 07:46


人の心を理解できるから人を完全に嫌うことが出来ない

私が嫌うのは、何を思っているのかわからない相手だけ

61: 淡魅 戀◆PY:2018/01/26(金) 07:49


休んでいいって言葉じゃなくても

今まで頑張ったねって、たったその一言だけで、私は


新着レス 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS