言葉を紡ぐのは 世に何かを残すこと

葉っぱ天国 > ポエム > スレ一覧キーワード▼下へ
1:いとり:2017/10/11(水) 14:51

ここでは私が何か言葉にしたいこと を書き連ねていきます。

皆さんも言葉にしたいこともありましたら どうぞ書き残していってください。

では始めます。

2:いとり:2017/10/11(水) 14:53

どれだけ朝と夜が巡っても 何も変えられなかった日々がある。
だけどいざ現実と直面することからは 怖くて 逃げていたんだ。


どれだけ言葉を重ねても 伝わらない想いがある。
そんな小さな孤独は みんなが持っている。


どれだけ汚れてしまっても また 輝かせたい心がある。
それは日陰に咲く 一輪の花のように 惹き付ける何かがある。

3:いとり:2017/10/11(水) 14:56

さぁ この一歩から 始めよう
誰から逃げる訳ではない
この一歩は 誰かに寄り添う為にある


さぁ 耳を澄まして
囁くようなあの歌声は
あなたへの 愛を歌っている


さぁ 一緒に 詩を歌おう
自然と 共に手を取り合えるような
平和へと繋ぐ 愛の詩を歌おう

4:いとり:2017/10/11(水) 15:21

私は 今 とても怒っている
やむにやまれぬ事情があったとしても


時間 だけじゃないんだよ
忘れるために 明るくなるために
必要なのは きっと


何気ない 日常に
まるで隠れているような 小さな光たち


そして やがて 知るんだよ
私は あの時 とても悲しかったこと

5:いとり:2017/10/15(日) 16:32

何故か 初めて 君を見つけた時のこと

思い出したよ

あの時 君は嬉しそうに笑ってた

とても 素敵な笑顔だった

6:いとり:2017/10/17(火) 13:56

さっきまで この掌にあった 温もり

離したくなかった

もっと一緒に 居たかった

7:いとり:2017/10/20(金) 11:50

泣いてる君の隣では
上手に僕は笑えない

それでも君の隣に居ていいかな

君はもう
忘れてしまったかも
知れないけれど

僕はとても臆病だから
いつもみんなから逃げて
物陰に隠れていた頃

一番最初に
僕を見つけてくれたのは
君だったんだよ

あの時の君の笑顔を
僕はもう一度見たいんだ

どうか それまで
君の隣に居させてよ

8:いとり:2017/10/22(日) 08:10

「パズル」

僕が生まれた故郷の
景色や音響や香りは

散りばめられた
心のピース

それは何時だって
生まれた時のままだ

最初に「僕」を描く上で
輪郭になった欠片たち

人よりは小さいかも
知れないけれど
それはちゃんと
僕の形や色をしている

今はまだ
不揃いのそれは
少しずつだけど
描かれた絵柄を
帯びてきたんだ

このパズルを
完成させる為に
僕は生きているよ

9:いとり:2017/10/24(火) 12:17

「煙突の先に」

鼓動する工場の一帯を照らして
心電図の橙の波を泳ぐ

金魚たちは太陽を食らって
一斉に影を追い駆け、そして消える

停止した工場の煙突は
指差す、それを

届かぬとも知りながら
ただ仰いで、眺める

ああ、僕らはただ一つ
それだけ

10:いとり:2017/10/26(木) 07:18

「如雨露」

そんなにたくさん
水を貯めた如雨露を
持っているのに

君は何故
今にも枯れそうな花に
水をやらないのさ

見過ごした花の数だけ
きっと君の澄んだ水は
少しずつ濁ってく

無くなる事を
心配してるのかい

大丈夫だよ

誰かの為に
何か出来るのなら

きっと君にも
誰かが何かしてくれる

君が如雨露なら

僕は小さな水汲み場
だったりするのさ

ほら
何も心配はいらないよ

11:いとり:2017/10/31(火) 07:17

「世界を包む小さな輪」

なんだかなぁ

本当はみんなで
笑い合いたいのに

みんなでみんなを
意識し過ぎちゃって
想いは繋がらないんだ

なら いっそ
みんなで手を繋いで
輪を作ろうか
楽しい音楽も流してさ

そしたら
みんなの想いは
一つになれるかな

うん きっとさ

そして

初めの小さな輪の中から
小さな世界が出来てきて

それを見た外の人達も
どんどん加わって

いつしか輪は
大きく広がって
世界を巻き込み

地球までも包むんだ

うん なんだか
楽しくなってきた

よし じゃあまずは
そこの君からだ

僕の手をとって
一緒に踊りませんか

12:いとり:2017/11/02(木) 12:32

スーパーに 普通に並んでいる
パック詰めされた 生肉や 生魚を見て
「かわいそう」と言って 泣いた君

当たり前の光景だと 僕は思っていたけれど
君の見ている世界は 全然違っていたんだね

そんな鋭敏な感性を持った 優しい君の瞳には
世界は 社会は その中の一人の僕は
果たしてどんな風に 映っているのだろう

その表裏一体な 優しさと強さを持って
君はこの世界で 何者になるのだろう

13:いとり:2017/11/04(土) 13:32

「君に捧ぐ」

君はとても
正直な人だから
時には凄く傷付いたりもするけれど

それは君が
誰よりも世界を
まっすぐ見ていたから

どうか
その生き方を
損だとは思わないで


もしそんな自分を
抱き締めてあげられないのなら

僕が代わりに
抱き締める

だからどうか
君だけは

君のままでいてくれ

14:いとり:2017/11/07(火) 12:18

どんな素敵な 音楽を聴くより
君の声を 聴けることが嬉しい

どんな素敵な 映画を観るより
君が隣に 居てくれるだけで嬉しい

どんな素敵な 景色の中を歩くより
君と手を 繋いでいられることが嬉しい

嬉しいことが 君といるだけで
どんどん 思い出になっていく

そのことが とても嬉しい

15:いとり:2017/11/08(水) 12:13

どんな素敵な 音楽を聴くより
君の声を 聴けることが嬉しい

どんな素敵な 映画を観るより
君が隣に 居てくれるだけで嬉しい

どんな素敵な 景色の中を歩くより
君と手を 繋いでいられることが嬉しい

嬉しいことが 君といるだけで
どんどん 溢れてくる

そのことが とても嬉しい

-

何となく気にいらなかったので>>14の詩を一部変更して再投稿しました。
これは語彙力以前の問題ですね・・・。

16:いとり:2017/11/08(水) 12:20

ここの私の詩を楽しみに見てくれている人って
果たして居るんでしょうか?

居たとしたら、何かしらの反応があると嬉しいです。
感想なり、コメントなりを 待ってます!

17:アビス◆wc:2017/11/08(水) 18:00

(感想下手だけど許してね)
初めまして!
明るさもあってそして何処か影のある
詩、素敵だと思います!。

深淵唱詩と云う題名で私も書いているんですけど、
語彙力がてんで無くて…

18:いとり:2017/11/09(木) 07:09

>>17 初めまして!
感想を書いてくださりありがとうございます!
素敵と言って頂けて嬉しいです。

深淵唱詩のアビスさんの素敵で不思議な
雰囲気を醸し出している詩をいつも拝見させてもらってます。

語彙力がないなんてとんでもない!!ご謙遜を!

19:いとり:2017/11/10(金) 06:56

『あなた』
何かが 変わりそうな時には
頭の天辺から この宙の 続く先に あなたを感じる

「独りじゃないよ」と教えてくれた

全ての歯車が噛み合った そんな気がした

途端に 少し悲しくもなったんだ

あなたに逢えた それだけで
僕の人生の目的を 一つ終えてしまった気がしたから

これからどうしようか と
一瞬 人生の路頭に迷う程

それは幸せで 不思議な体験だった

20:いとり:2017/11/10(金) 12:15

「廃墟」
此処は 人の手が入らなくなって
どれくらい経つのだろう

かつて賑わっていたであろう
宴会場だったと思われる 広い空間を

植物たちが 静かに建物を侵食している


窓から射す光が 傾き始め 夜の帳が下りる頃

私は この人間が創り 自然と一体化した
建造物で 一人 眠りに就くのだ

21:いとり:2017/11/15(水) 12:53

「人工過多 自然過少」

君は一日でも 他人の感情や思考に
触れない日はあるかい

それらに触れて 感情や思考を
左右されない日はあるかい

言葉や 絵や 音楽に触れて
人間が 人間だけに囚われてしまう日はあるかい

たまに たまにでいいんだ

僕は このビルが立ち並ぶ場所から抜け出して
人間だけに囚われない
自然の神秘に 触れてみたくなるんだ

そうして

人間が 言葉や 絵や 音楽を捨てて
人間だけに囚われた 感情や思考を捨てた時

僕は 本当の自分が分かる気がするんだ

本当の自然な人間が 分かる気がするんだ

22:いとり:2017/11/19(日) 11:28

「好き」

この気持ちだけは誰も偽れない

だから

この気持ちを表現する事こそが 真実の証明なんだ

23:いとり:2017/11/23(木) 15:49

「大切な人」
広く澄み渡っていく この空の向こうで

君は元気でいますか 風邪などは引いていませんか

寒く凍える朝も 暑苦しい夜も どうかお身体を大切に


最近 私は思うのです

たとえお互いが どんなに遠く離れていても

私たちは 言葉を 心を 分かち合いながら

生きていけたなら それでいいのだと


この青い星で 命を もらえたのだから

胸に誓える 大切な人が出来たことは

それは素晴らしい 命で織り成す 奇跡なのだと

24:いとり:2017/12/01(金) 12:59

「辛く悲しい出来事に 慣れることなんて在るのだろうか」
誰か 教えてください

悲しいことや 辛いことが

起こった時には 何を変えて解決できるのか

そして それが自分の力では変えられない時

心はどう向き合えばいいのか

25:いとり:2017/12/06(水) 07:08

今にも泣き出しそうな
君の頬にそっと触れて
優しくキスをして

まるで琴線に触れたように
溢れ出したばかりの涙を拭って
またいつもの笑顔をくれる

僕はそんな君が好きだ

26:いとり:2017/12/08(金) 12:05

「心というものは、それ自身一つの独自の世界なのだ。
地獄を天国に変え、天国を地獄に変えうるものなのだ。」(ミルトン「失楽園」より)

心を一つの世界と捉えた この言葉は僕に衝撃を与えた

ねぇ 果たして今の君の心の世界は地獄かい それとも天国かい

地獄だと言う君よ どうか聞いて

心は まるで写し鏡のように 世界を変えることがある

世界から 心が変わる だけじゃないんだ


それは最初の小さな一歩から


愛はきっと 小さな観察から 始まるんだと僕は思う


自分や他人との間に 何の壁もないとき

人々を価値判断せずに 彼らに会って観察するとき

花や 星や 鳥や 森などの自然をただ眺め その美しさに喜ぶとき


心に愛が 生まれるんだ


そして それらが存在する この世界や 心は

天国とまでは言えないけれど 決して地獄じゃないと断言できるよ

27:いとり:2017/12/13(水) 12:35

「トンネル」

分断された 線路の先に
幼い記憶 走らせて

夢みた光 見つければ

出口の光 追いかけて
あの日の空を 思い出す

28:いとり:2017/12/13(水) 12:38

余談ですが、美術板に「細々と描く」というタイトルで
絵も投稿しとります。

気が向いたら、見て感想などを下さると嬉しいです。

29:いとり:2017/12/20(水) 07:29

僕と君との関係は
地球と月との関係のよう

決してくっ付かず でも離れない

きっと僕が地球なら 月は君さ

僕が君の為に流した汗と涙は
海のように湛えているのに

夜空に煌めく美しい君の本心は
月の裏側のように
決して見せてはくれない

30:いとり:2017/12/23(土) 12:41

もし私と大切な人との子が出来たら
きっと何かが私を変えるだろう

私が最近 書いている詩や 描いている絵も
きっと変わっていくものだ

だから 私は今というこの瞬間を大切に生きていたい

過去から 今を経て 未来の私の子へと繋がっている

31:いとり:2018/01/28(日) 10:46

吐く息が白い

子供の頃はその白い息を
怪獣だぞ〜と言いながら

怪獣の吐く光線のように
友達と息の吐き合いをしていた

あの頃の遊び心が懐かしい

32:いとり:2018/02/01(木) 13:00

(詩ではないかな?)

右脳は直感的 音楽性 図形力に優れ(絵や音楽などの芸術性)
左脳は論理的 言語力 計算力に優れる(分析や数字などの理性)

最近の僕は歌う事や絵を描くことに夢中だ
でも 頭の片隅で詩や歌詞などの文学への憧れもある

そこでの葛藤がある

こんな言葉が頭をよぎる
「何かを得る為には何かを失わなければならない」

普段の生活の中でも
自然と好きな音を拾ったり物を観察したりしている
僕はきっと右脳派なんだろうな と思ったりしている

憧れの米津玄師さんみたいにオールマイティにいかないものか

近々 歌も何処かで発信するなどして模索するかな

33:いとり:2018/02/03(土) 15:41

誤らないと 学べない
みんな失敗しながら 勉強していくんだ 人生を
でも そこには常に挑戦していく 情熱がなくちゃいけない


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS