“深淵唱詩”

葉っぱ天国 > ポエム > スレ一覧 1- 101- 201- 301- 401- 501-キーワード▼下へ
496:詠み人知らず:2018/07/11(水) 22:24

黒い箱が
朝 私のベッドの上に
あった

持ってみると
軽かった

穴がひとつ
あったので覗いたら

空があったんだ
村があったんだよ!

視点を変えれば
海も見える

村の方に
目をやったら
人がいた

焚き火を囲って
マイムマイムを
踊ってる

チャッチャチャララ
チャッチャチャララ
楽しそうだなぁ

突然踊りを
止めたかと思えば

空を見て
騒ぎ出した

(侵入者だー!
侵入者だー!)

(大きな目玉が
こっちを見てるぞー!)

目玉…?
私の事か!

(槍を持てー!
槍を持てー!
投げろー!わー!わー!)

え?届くの…?
ちょっ…!痛い!いたたっ!

(効いてるぞー!
効いてるぞー!)

(次は大砲だー!
大砲持って来ーい!)

勝手に覗いたのが
悪かった!ごめんって!

(退いてくぞー!
侵入者は)

(我らに恐れをなして
逃げていったぞー!)

目がまだ痛いや…
知らない物には
触らない方がいいね

にしても これは何だろう
箱をまた覗く
槍が飛んでくるかも

…今度はやたらと
文明が進んでいる!?

マンションとか
ビルが建ってて

空中では
車が飛んでいた!

一体この箱世界は
何千…否 何万年…?
時が経ったのだ?

驚いて
箱を放り投げてしまった

でも面白いな
今度はどうなって
いるのだろう…?

…何も見えない
真ッ暗だ

気になる 気になる
気になってしょうがない!

箱よ 見せてくれ!
世界は一体
どうなったんだ!?


続きを読む 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS