“深淵唱詩”

葉っぱ天国 > ポエム > スレ一覧 1- 101- 201- 301-キーワード▼下へ
1:アビス◆wc:2017/10/12(木) 06:11

思いついたら取りあえず書く事に決めた(センスは皆無)。

電柱から覗く君は誰だろか?
私はコソリと確かめゆく
けれども何時もシュッパイする

今日も君はシャッテン延びる電柱から私を見ている
そんな所で見てないで早くお入りよ
けれども君は首を横に振る

レーゲン降る日も
シュタルカー・ヴィント吹く日も
君は只私を柱から覗くだけ

何故かと私は君に聞いた
君は口を開いた
“だって僕はゲシュペンストだから”

277:アビス◆wc:2018/03/27(火) 21:51

「掴肉」

クレーンがあった
何かを掴んでいる

掴んでいるのは犬
動かない犬
クレーンから落ちて

ぐちゃっと音がした

ウィーン ウィーンと機械音
次に掴んだのは猫

猫は暴れている
瓦斯が出たら
猫は大人しい

クレーンは猫を落とす
猫はぼとっと落ちて
ぐるぐる回りべしゃっとなる

クレーンによって
積んで積まれて
動物の山が出来る

上の動物は何か判るが
下の動物は何だったけ

動物の重みで
ぐずぐずになる動物
引っ張ったら肉がずるりと抜けた

278:ミカ:2018/03/28(水) 09:59

ちょ、ちょっとホラーですね…。
想像すると、寒気が……。
でも、想像しやすい表現で、まるで自分がその場にいるかのように感じられます‼
表現力、神に近いですね……‼

279:アビス◆wc:2018/03/28(水) 16:16

>>278
か、神に近きとな!?
うおおぉ…嬉涙が出るよ…

次に書くのは全5章から為る詩だよ

280:アビス◆wc:2018/03/28(水) 16:20

「砂漠の球」(全5章)
(1)
宵闇の空に浮かぶ月が見下す
砂漠を私は歩いていました

御供のラクダに乗って
ゆらりゆらぁりゆっくりと…

私は目指しているのです
この砂漠の何処かにある
瑰麗なる塔を

281:アビス◆wc:2018/03/28(水) 16:23

(2)

…えんえんと えんえんと
私は砂漠を歩いています
ラクダを引く綱は切れました

喉が渇きました
もう何日も水は飲んでいません

続く 続く 砂漠の風景
僅かに在るのは仙人掌の緑…

282:アビス◆wc:2018/03/28(水) 16:27

(3)

ゆらぁ ゆらゆら
陽炎の中に見えるのは
生い茂る緑とオアシスの泉だ

満たされる…!喉の渇き…!?
…遠くて 遠くて…遂に届かず
消えたオアシス…

砂漠と云う物は残酷です
決して手に入らぬ物を
いとも簡単に作り出す…

283:アビス◆wc:2018/03/28(水) 16:32

(4)

只 孤独(ひとり) 絹のローブを纏い
塔を目指して砂漠を彷徨います

砂塵が私を阻むのです
ごうごうごうごう
私は其の場から動けません

激しき砂塵の中で目を開いた
其の中で見えた謎の影

284:アビス◆wc:2018/03/28(水) 16:39

(5)

あれだ!あれだ!
私が目指した塔!
蜃気楼ならば疾く消えよ!

砂塵は止みて塔は姿現す
月が塔に光与るので
私の目に眩しく見える瑰麗の塔よ

塔よ!私は貴方を探し続けた
そして今!私は貴方の前にいる!
願いを叶える塔よ!

私は願ふ!私は云う!
この砂漠の球に

私以外の人間がいる事を!
叶わぬならば私は久遠に孤独!

285:アビス◆wc:2018/03/28(水) 21:32

「悪戯子」(全2章)
(1)
にしし にししと真ッ闇で笑う声
小妖達の悪戯会合

今日は如何 悪戯しよか?

時計をいじって遅刻させよか
犬の毛毟ってきゃいんと云わせよか
八つ時の砂糖天麩羅をかじろか?

やってみよう やってみよう
ははは ははは
面白う 面白う

見たか?見たか?
困て周章てふためく
人間と畜生の顔

これだから止められんのよ 悪戯は

口の端を引っ張って
イーッと白牙見せて
笑ってやらう

次はどんな悪戯を
仕掛けてやらか?

286:アビス◆wc:2018/03/28(水) 21:38

(2)

もっと過激たる物を望むぞ
泡吹く様な悪戯が良い
其れならこれは如何だらか?

山葡萄のじうすを
洋種山牛蒡にすり替えよか

馬鈴薯の芽を
どんどこ生やそか

河豚の肝を
コソリ鍋に入れよか?

見てみさらせよ
人間が蟹みたく泡吹く様を
白目剥いて倒れる姿を

人間等にとっては惨事だらうが
我等小妖には
只の悪戯にしかならんのよ

笑うた 笑うた
腹を抱えて転げ回って
げらげらげらげら

287:アビス◆wc:2018/03/29(木) 22:41

「塵の翼」

塵が街にやって来た
塵は街を覆った
一体何が起こるのか

街の人々はゴホゴホ咳した
僕は平気

次に人々はゼェゼェ云ってる
僕は平気

最後に人々バタバタいった
僕は平気

僕のいる街は皆何故か
こうなるんだ
だから僕には人がいない

だから僕は次の街に行く
人が欲しいから

塵も又
僕の背中にくっついてる
まるで翼

288:アビス◆wc:2018/03/30(金) 17:20

「糸を切る人」

ぼちゃん ぼちゃん
ぼちゃん ぼちゃん

落ちているんです
落ちているんですよ
池に人がね

うわあああと云い乍
落ちってってるんですよ

脱出しようとしても
周りが出ない様
押さえてるんですよね

其処に蜘蛛の糸が
一本だけ垂れてくる

救いの糸だと
皆縋ってわらわらわら

其の糸を
ちょん切ってみたら

糸に捕まってた皆は
うわあああと云い乍
落ちたんですよ

無慈悲だと
云われましても
別に良いんですよ

気にしません
其れが私の仕事なので

天界の御釈迦様が
垂らした糸を
亡者が縋る糸を

ちょきんと切るのが私なのです

289:アビス◆wc:2018/03/30(金) 22:46

「命怪盗」

夜空に
猫がニャオンと鳴いたのよ
そんな時に何時も現れるのは…?

怪盗です 怪盗です
黒い服に黒マント
頭にゃ高帽子 杖だって持ってる

やぁ今晩は 街の皆様方
今夜は悪徳街主の
宝石盗みに来ました

捕まえてみて御覧よ
悪徳街主の犬ころ共
まぁ私は捕まらないけど

今晩は悪徳街主さん
市民から巻き上げた血税で得た
宝石の輝きは如何かしら

助けなんて呼んだって無駄なんだ
犬ころ共の命は既に盗んだよ

宝石を盗むのは只の建前さ
本当はお前の命が欲しいのさ

杖で叩きゃあね
命は私の手の中さ

金はいらんよ
宝石さえあれば事足りる

さぁ お喋りはこれ位に
お前の命を盗もうか?

盗った命は杖の中
欲にまみれた其の魂
中でゆっくりと消えてゆく

怪盗は微笑むさ
高帽子を目深にして

そして次の夜空に
黒影浮かばすのさ

290:アビス◆wc:2018/03/31(土) 21:34

「終末の奇羅星」

空ヨリ来タレ!奇羅星ヨ!
塵ノ尾ヲ引ク奇羅星ヨ!
地上ニ終来ヲ告ゲヨ!

私ハ掃キ清メル者
地上ニ住マウゴミ共ヲ掃除ニ来タ!

カツテハ宇宙ノ青キ宝玉ヨ
今ヤオ前ハタダノ石コロ
ダカラ私ガ掃除スル!

地上ノゴミ共ヲ一掃スレバ
オ前ハカツテノ姿ニナレルンダ!

浄化ノ焔ヲ纏エ奇羅星ヨ
災ノ叫吼ヲ轟カセ
喚クゴミ共ニ鉄槌下セ!

291:アビス◆wc:2018/04/02(月) 21:32

「或春の一日」

草っ原に寝っ転がる私
空には青と白と陽

バッタがぴょいん飛んでいた
捕まえようとするが逃げられた

草っ原に突っ伏す私
さふさふの草が私の体包み
草の香りが直に来た

野兎がぴょんぴょん飛んでいた
時折二本足で立っては
長い耳をひこひこ動かす

私は野兎に向かって走った
兎は逃げる
ぴょんぴょこ逃げる

追い疲れて寝っ転がる私
童になって遊んだ
そんな春らららな或一日

292:アビス◆wc:2018/04/03(火) 21:55

「傷竜と心臓」

脈打つ物を守っている何かがいた
ドクンドクンと云う物を囲む様に

私は近付いた
そうしたら尻尾の様な物で
追い払われた

真ッ闇に浮かぶ2つの赤い眼は
近付くなと私を睨む

そして何かはまた地に伏せる

私は懲りずに近付く
何かは吠える
私は怯むも前に進む

其れは竜の姿をしていた
傷だらけで胸の部分に穴が

穴から伸びる鎖は
脈打つ物と繋がってる

とりわけ翼はボロボロで
飛翔そうにもなく

時折弱々しく鳴き眠る
私は竜に寄り添い眠る
何故 そうしたのだろう

何時の間にか
私は竜の背に乗り
竜の傷が無くなって

胸の穴は塞がっている
竜は私を乗せた侭
猛り吠えて飛翔する

293:アビス◆wc:2018/04/04(水) 00:35

「給仕係(メイド)の本音」

笑っているんですね
ハハハハ ハハハハ
皿を割っている女が

パリン パリン
床にある物全ては皿だった
今は只の破片ですよ

楽しそうだなぁ
掃除するの大変なのに
まぁ 良いんだけど

プラスチック製の皿に
御飯を盛り付けたんです

何時もの御飯なのに
何時もより安く見えてしまう

女が割っちゃったからなぁ
硝子の皿を残らずに
あれは高かった

あの女を主人と呼ばねばいけない
正直云って嫌なんですよ
嗚呼 嫌です

294:アビス◆wc:2018/04/04(水) 22:17

「さけびたり」

酒場の隅の席に私は一人いた
店内は酒の匂いと笑い声で溢れていて
ボックスからは陽気なぢゃずが大音量

私は頼むのよカルヴァトスを
そんで飲む 只飲む

ステェジの上じゃあ
ぢゃずの音に合わせて
陽気女と伊達男が踊ってる

客達はやんややんやと
拍手を送っている

そんな中 私は只一人
陰気に酒仰ぐ

次に頼むのはスピリタス
強い酒で私は酔う

店から出た私はヒックヒック
誰からも相手にされない…ヒック

295:アビス◆wc:2018/04/06(金) 19:29

「墓場で吹く」

真ッ闇の墓場に
笛を吹いています
ボーボーボー

墓の下から
手が生えたんです
ボコボコボコ

カタカタ云い乍
ヌヌヌッと出て来て
ワラワラ寄って来る

周りを囲って
私や他の亡者と
話をしてるんです

私は生きてる者とは
友達にはなれません
疎まれるばかりで

だけど亡者は
話を聞いて
笑ってくれるのです

笛を吹いたら
亡者が出てくるよ
真ッ闇の中で

ボウボウ吹いたら
ワラワラ出てくるよ

孤独の生者は
生きてない亡者と
友達なのさ

闇の闇の墓場の中
今日も生者は語らうのさ
屍骸と語らうのさ

296:アビス◆wc:2018/04/06(金) 20:27

「要の子」

いるよいるよ
私の子は
ここにいるよ

縫いぐるみじゃないよ
可笑しな事云うわね貴方達
ねぇ 私の子

またそんなにぽろぽろ溢して
しょうがないから私が食べさせるわ
ねぇ 私の子

そろそろ寝んねしましょうね
私が子守唄を歌ってあげる
ねぇ 私の子

私の子になんで綿を詰めてるの?
やめてよ痛いって泣いてるじゃない
よしよし可哀想に私の子

こんなに綿を詰められて
痛かったでしょう辛かったでしょう
ごめんね気付いてやれなくて

全部全部抜いてあげたから
これでもう痛くないわ
ねぇ私の子 少し軽くなった?

肉よ 肉が足りないのね
今 用意するからね
食べさせてあげるから

おいしい?良かった
お姉ちゃんに分けてもらったものね

でも 一人だけじゃ悪いから
あの子にも分けてもらうわね

あの子は今 遊びに行ってるのよ
帰ったら分けてもらおうね

可愛いわ 私の子
ほら こんなにも笑ってる
キャッ キャッ

帰って来たのね
ただいまも云わないであの子は…
悪い子ね

お部屋で少し待っててね
あの子からも分けてもらうから

出てらっしゃい…
あんたはお兄ちゃんなんだから
少し位分けてもいいでしょう?

297:アビス◆wc:2018/04/07(土) 21:40

「独隠鬼」

私が鬼よ
貴方の腹を引き裂いて
中を全て米にするわ

裂いた腹は
赤い糸で縫いましょう
貴方の名前は太郎ね

太郎 私と遊びましょ
隠鬼をして遊びましょ
二人だけで遊びましょ

テレビの画面は灰の砂嵐
お部屋はみぃんな真ッ闇に

太郎は何処に隠れたの?
太郎見ぃつけた
お風呂場で見ぃつけた

太郎が鬼
太郎が鬼
太郎が鬼

次は私が隠れるからね
太郎に私が見つかるかな?

ピチャ…ピチャ…ズルズル…
太郎が私を探してる
襖で息を潜めるの…

足音が止まった
襖の前で

開けてみた…
目の前で太郎が云った

お前を見付けた
お前を見付けた
お前を見付けた

隠鬼はおしまい
隠鬼はおしまい
隠鬼はおしまい

298:ある◆qA:2018/04/08(日) 12:24

アビスってほんと詩のセンスいいよね、羨ましい…

299:アビス◆wc:2018/04/08(日) 23:04

>>298
ふぇやう!?(驚)ありがとう!(嬉)

自分の書きたい事を
書いてるだけだからなぁ
書きたきゃ書くってのが私なのさ。

300:アビス◆wc:2018/04/08(日) 23:11

「厶(し)の花嫁」

とても美しい花嫁だった
顔はベェルで判らなく
手に手巾を持っている

白い馬車から降りて
目の前の家で赤い手巾を
ヒラヒラ振っている

翌日の事
棺を載せた黒い馬車が来て
人を一人棺に入れて去る

夜の時
僕の所に花嫁が
ヒラヒラ赤い手巾を振っている

手を斬り落とせば助かると
誰かが云った

僕にはそれが無理だった
こんなに美しい花嫁の手を
誰が斬り落とせようか

明日は僕が乗るのだろう
黒い馬車に

301:闇竜の騎士◆qA:2018/04/09(月) 01:41

うまいね、いつかこううまく書けるようになりたいわ……
トイレの清掃員やめて詩人なったら?
吟遊詩人とか憧れるよ…

302:アビス◆wc:2018/04/10(火) 00:02

>>301
トルバドゥールか…悪くはないな
だが、私にとっては
“働かざる者食うべからず”だからねぇ

303:アビス◆wc:2018/04/10(火) 01:02

「河原石」

河原で子供達が
石を積んでます
只 積んでます

積んでいる所に
鬼が来て壊しました

子供達は泣いて
また石を積みます

一つ積んでは誰の為?
其れは父の為

二つ積んでは誰の為?
其れは母の為

三つ積んだら何処へ行く?
自分が天国へ

親より先に逝きました
石を積んで罪禊

例え子供だろうと
罪を犯せば罪亡者

今日も積みます
石を積みます

304:アビス◆wc:2018/04/10(火) 18:19

「地獄鳥頭姫」

目玉が一つありました
其れが沢山並んでます
烏が一つをついばみ食べました

鳥の頭をした姫がやって来て
目玉を食べました
無い無い顔の目玉

姫は次に歯を折って
すり鉢で粉にし
池の魚に撒きました

姫は粉を食む魚を見ては
呵ヶヶヶと笑ふ
無い無い顔の歯

姫は次に皮を剥いで
本の被せ物にしました
無い無い体の皮

姫は次に腸を出して
木に巻き付けました

ぐるぐる巻きの腸木を見ては
ぱちぱち手を叩きました
無い無い体の腸

次に姫は肉と骨を分け
二つの火にくべました

無いよ 無いのよ
肉と骨

305:アビス◆wc:2018/04/10(火) 22:05

「無情の歌」

私の詩に情なぞ無い
只 言葉が羅列ッているに過ぎない

私の詩は私自身にも計り難く
既に我が手を離れ幻像

奇略なんぞありゃんせん
私の脳内が私の字を手前勝手に
書く物だから

嗚呼 止まらん
止まりゃあせんのよ
我が言葉の羅列

皆も本当は思っているに違い無い
私の詩なぞ何も面白く無いと
言葉では上手だと云ってはくれるが…

あぁ 筆が折れそうだ
其れでも書かねば
我が詩を待つ者達へ

情無き詩を書かねば
今日も羅列ッてる我が言葉

306:アビス◆wc:2018/04/11(水) 18:15

「囲篭」

囲め囲んで遊びましょう
子供等よ 歌いましょう
明る気に 歌いましょう

たった一人を囲んでは
ぐるぐるぐるぐる

目瞑りしゃがんで
後ろの正面だーぁれ

鶴と亀が滑ったのですが
何故でしょう
判らないです

鳥は何時出るのでしょう
篭はもう開いている
夜明けの晩だって

鳥を囲む篭になりましょう
お手手を繋いで
鳥の自由を妨げましょう

無邪気に歌いましょう
悪気無く歌いましょう
ぐるぐるぐるぐる囲めかごめ

307:アビス◆wc:2018/04/11(水) 21:56

「救難信号(AN)」

es-o-es
こちらこちら無人島にて
遭難しております

たった一人の海旅を
楽しんでおりましたら
突然嵐に見舞われました

ぷかぷかと
流されていましたら
島に着いたのでございます

ぐるりと一周してみても
人はいませんでしたので
無人島だと判ったのです

a-a-a-
聞こえていますでしょうか
聞こえていますでしょうか

助けて下さい
助けて下さい

私は誰でしょうか
私は誰でしょうか
知っている方はいませんか?

誰か誰か答えてください
誰か誰か答えてください

応答して応答して
me-de-me-de-

朝と昼と夜の度に
私は一人

晴れの度にも
私はひとり

雨の度にも
私はヒトリ

元から壊れた無線機で
私は助けを求めてます
お話相手を求めてます

私はAN
私はAN
私はAN

308:アビス◆wc:2018/04/14(土) 19:42

「陽気な詩人」

ラ・ラ・ラと歌って
ル・ル・ルと書くのさ
何処ぞの陽気な詩人は

持ってる筆は指揮棒さ
詩を書く紙は舞台で
文字は所謂 演奏者

マラカス振って
ラッパを吹いて
シンバル鳴らして

御機嫌だろ?
彼奴の描く演奏は
私には無理だ真似出来ない

ル・ル・ルと書いたなら
次はフ・フ・フと歌うのさ彼奴はね

今日も彼奴は詩うのさ
フ・フ・フと書いて
ラ・ラ・ラと歌うのさ

309:アビス◆wc:2018/04/14(土) 22:01

「ボォルと子供」

日様の下 子がボォルで
遊んでいました

ポンと投げて
トンと落ちて転がるボォル
子供は追いかける

追いついて拾ったボォルを見ては
邪無き顔で笑う子供

今 此の 子供は
世の中の 満ちあふれる 汚れを 知らず
キャッキャッと遊ぶ

何時か 君は 知るだろう
私から 離れて 世の中を
そして 邪無きでは いられない

今の 内に 遊びなさい
沢山 笑いなさい
おまへと 私が 忘れぬ様に

私の足に ボォルが来た
手を振って 跳ねる子供
私は子供に ボォルを返した

310:アビス◆wc:2018/04/15(日) 12:36

「忌の沼」

忌まわしい…忌まわしいなぁ
あの日の出来事は…

思い出したくも無い
だが 思い出して仕舞うのよ

屈辱が体に刻まれ
精神は寸断寸断になった
消えぬ…消えぬのよ…!

我を呑みよ!忌よ!
決して癒えぬ
体と精神を!

今 暫くおまへは
光を見れない

だが 暫くしたら
おまへは光を見る…

嗚呼!忌しい!
私は未だ沼の中にいると云うに!
おまへが私に吐けた泥で出来た!

世はおまへを忘れるだろう…
だが決して私は!おまへを忘れぬ!

私が沼の中にいる限り!

311:アビス◆wc:2018/04/15(日) 21:52

「手引く死神」(全4章)
(1)
なんで泣いてるの?
誰かとはぐれたの?

下を向いてえんえん
ゆっとるばかりじゃ
お話きいてあげられないよ

はぐれたんなら探しましょ
手を繋いで一緒にね

誰かこの子を知りません?
はぐれたとゆうんで
探してるんです

何とはぐれたんかは
教えてくれない
だからとても困った

相変わらずえんえんゆって
泣いてるばかり

何を失くした?
何とはぐれた?

お母さんが帰って来ないの
銀色が赤色になっちゃったから

犬ちゃんが動かないの
白くて丸いの飲んじゃったから

312:アビス◆wc:2018/04/15(日) 21:58

(2)

なんで僕の手を引いてるの?
ずっと彼処で待っていたかった
僕は悪い子だから

だから私は連れていくんよ
君みたいな悪い子を

もう無理なんよ
お母さんは永遠に帰ってこん
影すらもあらしません

犬ちゃんならおるよ
ぢっと私を見乍
ぐるる…ぐるる…と唸っとる

君は如何?
失くしたもんは見つかった?

僕はね
黒点の入った白い球体と

赤い味噌と
片っぽだけじゃ駄目だから
靴が欲しいの

味噌と靴は無理だけど
球体なら私のをあげる
片っぽだけね

313:アビス◆wc:2018/04/15(日) 22:02

(3)

ありがとう
でも何で泣いてるの?
赤いね涙がね流れてるよ

これは何でもないから
気にしないでね

赤い味噌と靴は
如何したら良いの?

他の人から
貰えばいいんよ
少し駄々を捏ねて御覧

わかったよ
此処で少し待っててね
何処にも行っちゃ駄目だよ

皆 素直にくれたんだ
でもねありがとうって
云ってもね

お返事してくれなかったの…
なんでかなぁ?

ねぇ 犬ちゃんは
どこ行ったの?

314:アビス◆wc:2018/04/15(日) 22:07

(4)

彼方の方へ
いったんよ…

それより早く行こう
ほら手を繋いで
まだまだ歩くよ

月がニタァと笑う前に
電柱に人が昇って
奇声をあげる前に

二人で逝こうな

太陽が昇る前に
首なし馬が
暴れる前に

私と君
どっちも欠けたら
あかんよ

手引く死神 えんえん児
仲良くゆうこ 彼方へゆうこ
怖くない 恐ろしない

315:アビス◆wc:2018/04/16(月) 21:26

「らりらる緑飴」

てーら らった たったった
楽しく踊る子供達

上手に回ることが
出来たなら
緑の飴をあげましょう

緑の飴をあげたから
子供は らららら
歌うんだ

飴を一個もらう為
子供は一生懸命
ヤー ヤレホー

らり らり らりら
子供はいっぱい
踊ってる

ぜーぜーいっても
踊ってる

緑の飴を
あげました

それで子供達は
りる りる るり るりる
笑うんだ

そんで
目をひーらいて
ぴたり止まって

突然動かないんだ
子供達

316:アビス◆wc:2018/04/16(月) 22:35

作者より、

今、後悔している。最初に
『感想を下さい』と書くべきだった…
300突破してから気づいた事である。

私が詩を書こうと思ったきっかけは
「文スト」である。
史実とは違うと云うので、
其の文豪達を
意識朧気に調べていたら、
面白くて、特に「中原中也」の詩を
本屋で見た時に、
雷が私の体を穿ち
駆け巡った様な衝動で
「自分も書いてみよう」って思ったのが始まり。

317:アビス◆wc:2018/04/16(月) 23:28

「コクリ狐狗狸」

狐がコンと鳴きゃ
それにつられる狗と狸
はて 何して遊びましょ

あ から わ迄書かれた
一つの紙と
十円玉が一枚ありまして

人間の質問に答えましょ
鳥居の前で遊びましょ

狐はコ
狗はク
狸はリ

意中人の質問じゃ
愛人相手の名を
指してやろう

おもしろう おもしろう
ぎゃいぎゃい
あわてよんよ

帰れと云われとうとも
まだ帰りたくなぁ
まだまだぁ遊ぶ

人間等で遊ぶ
呼んだのはお前等じゃ

飽く迄遊ぶんじゃ
泣くな泣くな人間よ

318:アビス◆wc:2018/04/17(火) 21:29

「冷き温手」

初めて貴方の
手が触れたのは
私の頭でした

笑い乍
頭を撫でていたので
私の髪はくしゃくしゃに

それでも私は
貴方の撫でる手が大好きで
温かった

ずっとあると思ってた
私の為の貴方の手
けれどもういない

貴方は別の意中人へと
行ってしまった

私の事は遊戯だと
云って去った

振り払った貴方の手は
あの頃の温もりは無く
只一人の人間の体温だった

冷たいと
云うとでも思った?

生きているのだから
体温はあるのよ

貴方と直に触れ合い
交わった日も
心の中では

私を騙して
嘲笑っていたのね

貴方の手は今頃
別の意中人を撫でている

何でよ…何でなの…!
私でない別人を…!

其の手で撫でているのよ!
温もり込めた手で!

私は…貴方が…
貴方の手が…

矢っ張り帰って来てくれた
貴方は私の所へ…!

嬉しい…!
早く撫でてよ…
寂しかったんだから…!

冷たくなったけど
私は貴方を愛してる

だってこんなにも
私は貴方の手から
温もりをかんじてるんだもの

ずっと私だけの為にある
冷たい貴方と
温かい貴方の手…

319:アビス◆wc:2018/04/18(水) 22:54

貴方は悪い子です
貴方は愚図です

判りますか?

だから貴方には
味方はいないのです
貴方が悪い子なのですから

だから私が
貴方の味方になるのですよ
判りますか?

つまり貴方は
私しか頼る人が
いないのです

私以外の周りの人間は
全て貴方の敵なのです
家族ですらも貴方の敵です

私しか味方はいないのです

貴方が毎日誰かからの
手紙に悩まされているのを
私は知っています

嫌な事ばかりが
書いてあるのでしょう?

一人で抱え込んで無いで
私に云えば良いのに…

今 貴方が付き合ってる人も
必ず敵になって
貴方に酷い事をしますよ

裏切りますよ
傷付けますよ
捨てますよ

ですが私は貴方の味方ですから
心配はないのです

傷付いた体を私に抱き締めて貰い
心すらも委ねて
私の元にて泣きなさい

320:アビス◆wc:2018/04/19(木) 21:51

畳の床に散らばった花の札
黒い和服を着て這いつくばる遊女
早く片付けなきゃ

怖い姐様方に
お仕置きされちゃう
襖の隙間から目が覗いているの

ごめんなさい ごめんなさい 姐様方
今直ぐに片付けますから
どうか怒らないで

今日は布団を体に巻き付かれて
吊るされて棒でいっぱい叩かれた

私が鈍間だから悪いんです
叩かれても文句は云えません

お客様がやって来た
姐様方は嫌がってる

其れは皆全て
私のお客様

痛い事をする客は
私が相手する

姐様方の折檻に比べたら
客の与える痛みなんて

客と遊んだ部屋外からは
黄色い丸い月が
煌々としていて

赤い空と
ざわめく芒が
私を見て泣いていた

酒を呑む蟒は
私の脚に絡み付いて
私の足に噛み付いた

蟒の毒と酒の毒
回り回って私を蝕む

321:アビス◆wc:2018/04/20(金) 19:55

「ニバカの首喰」

首が一つありました
私が一人おりました

置いてある首の開いた口
生米一杯詰めました

口の中の米が出ぬ様に
糸で口を縫いました

逆に首を地面に置いて
切断された面を私
ぢっと見ています

私は何を思いましたか
肉を掘って骨を引き出し
野菜の葉を詰めました

肉と骨があった場所
緑黄葉で草の匂

首の目玉を刃物で刺し込み
ぐりゅんと抉って
ずるりと出しました

目玉があった場所
何か無いかと考えて

水槽の金魚達を
入れれば良いと

水槽を持ち上げて
叩き割り

ぴちぴち跳ねる
金魚等を拾ひ上げ

目玉の場所に
入れました

金魚等が
余りにも逃げるので

私は金魚達を
一匹一匹寸断に刻んで

死んだばかりの
新鮮な金魚等を
目玉の場所に詰めました

又溢れぬ様に
糸で目玉の場を
縫いました

私は首に油を塗り
ごろごろと網の上で
焼きました

焦がりと焼けた首は
誰のでしょう
もう判らない

まな板の上で縦になる首を
横にして包丁で輪切りに
してみたら

口の米がぽろぽろ
落ちたので炊いてから入れれば
良かったと後悔す

フォオクで刺して
食べてみる

もぐもぐとても
美味かった

322:アビス◆wc:2018/04/21(土) 21:36

「花頭さん」

花頭さんのお家には
娘が三人住んでいる
姿を見せない三人娘

長女の名前はアザミと云い
次女の名前は向日葵と云い
三女の名前は“”忘草と云ふ

大層美しい娘等と聞く
其れと同時に感情的故に
男が寄らんのだそうだ

三人娘に聞いてみた
若し男が出来たなら
如何するかと

障子越しに娘等は云った

アザミが云った
厳格でありたいと

向日葵が云った
見つめていたいと

“”忘草が云った
忘れ無ければいいと

では 男が浮気したら
如何したいか

長女は云った
復讐すると

次女は云った
飲まず食わずで
只ひたすら見つめ続ける

三女は云った
別れても良いから
ずっと私を忘れるな

おぉ 恐ろしい
花の名前に違わぬ
三人娘よ

323:アビス◆wc:2018/04/22(日) 16:37

「不幸を笑うケェキ屋」

召し上がれ
そしていっておいで
夢現の世界へ

僕の作ったケェキは
とってもとても
不思議なもんさ

一口食べれば悦びを
二口食べれば苦しんで

三口食べたなら
僕の作ったケェキ無しじゃ
生きてゆけないと

うれしいね
そんな事を
云ってくれるなんてさ

ねぇ 見てごらんよ
お客さんが待ちきれなくて
扉をドンドン叩いてるんだ

まいったね
おかげでこっちは
寝不足さ

開店にはまだ早いのに
しようの無い人達だ

いらっしゃいませ お客様
さぁ 何のケェキを
作りましょう?

初めてのショオトケェキ?
略奪のチョコケェキ?
溺れる苺のケェキ?

食べれば望みが
手に入る そんな僕の
不思議なケェキ

お代はお金じゃ
ないんだよ

じゃあ何かと
聞かれたら

僕は見たいんだ
望みを手に入れた末路をさ

自分の努力で手に入れず
他人を使って得た望みを

成功は嫌い
退屈しか生まないから

失敗は大好きさ
僕に悦びを与えてくれる

良く云うだろう?
他人の不幸は蜜の味って…

324:アビス◆wc:2018/04/23(月) 21:45

「或る者へ 私より(禍縛の詩)」

私は或る者に
悲しみを背負わされた
心に抱えねばならぬ一生の傷を

忘れようとはした
だが心の傷は
許しをしようとしない

だから私は決めたのです
この詩を傷を付けた者へ
送る事に

私は言葉に罪を使う
或る者が己が罪と見詰める様に

私は言葉に斬を使う
或る者が斬り刻まれる様に

私は言葉に血を使う
或る者が染まる様に

私は言葉に虫を使う
或る者がたかられる様に

私は言葉に水を使う
或る者が溺れる様に

そして私は今の世を憎む
其の者が犯した罪を

他の者へ罰を
委ね無ければならない
現世の法を道徳を

或る者へ

私が社会と云う名の
秩序に縛られていて
良かったな

だが私が幽世の者となり
秩序から解放された時

私はお前に禍を
必ず持ってくる

命乞いなど
玉響の内に掻き消して

苦しみの果てに
尽きれば良い

お前にはもう
日の光を二度と浴びさせない

325:アビス◆wc:2018/04/24(火) 22:23

「児取箱」

何故だ?何故だ?
何も悪い事をしておらぬのに
我等が差別されねばならん

我等を 貴様等が害する権が
何処ぞにある?

何処にもあらぬ癖に
我等を人とも見ぬ貴様等…

我等を狩の鳥の様に撃ち落とし
傷腹を抱える姿を冷たき目で見

髪を掴んで引き摺り川に入れ
針を口にかけ魚の様に動かし

川から出しては
苦しみ地を這いずる我等を
嗤い乍 嗤い乍 虫の様に踏んだ

我等だけでは飽き足らず
我等の子にまで及ぶ…

憎い!憎い!嗚呼憎い!
我等を不条理に虐げる貴様等が!

この恨の情を如何してくれよう
そうだ 箱に詰めてしまおう

雌畜生の血で満たし
間引いた子供の体を分けて入れ
下手な事で開かぬ様 細工を施し…

七以上は入れてやらん
我等にも災が降りかかる

今度は我等がとってやろう

中の腸 千切れてしまえ
女が子を成さなくなって
其の家系絶えてしまえ

やがて貴様等の村全て
我等によって絶えてしまえ

箱よ 届けておくれ
我等は弱く だが怨嗟の情は強く
児取箱よ

我等の恨 永に続き
箱を見つけても
開かるなかれ…

326:アビス◆wc:2018/04/25(水) 21:50

「匁売購」

あの花が欲しい
いくらかえ?

あの花とは
何処の花じゃ
訳判らん

だから
あの花はあの花じゃ
相談しよう

相談とはなんじゃ
まけろと云う事か

そうじゃ そうじゃ
値がちと張るからえ

ならん ならん
これ以下にはまからん

それほど売れ残って
おるのかえ 其処の花は

あぁ 其処の花は
見た目が付子じゃ
だから誰も購わん

じゃあ其の花は
いくらかえ?

三匁なら
売ってやろ

高い 高い
一匁にまけろ

判った 判った
一匁で売ってやろ

購ってうれし
其処の花一匁

まけてくやし
一匁其処の花

次はどいつに
売ってやろ

今度は負けんぞ
絶対に


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS