この世界は普通の世界ではない異世界だった

葉っぱ天国 > 恋愛なりきり > スレ一覧 1- 101- ▼下へ
1:◆2o:2016/12/09(金) 20:15






この世界にいるのは、人と○○○と✕✕✕と_____?



  >>2 注意事項/ルール
  >>3 世界観
  >>4 募集要項
  >>5 PF書き方
  >>6 主のPF
  >>7 何かあったら


※レス禁です、暫くお待ちください。

 

152:ユート◆2o:2016/12/26(月) 15:19



>>146 / ひめさん

ここ?うーん、なんて言ったらいいかな…

(相手に聞かれると顎に手を当てて深く考えて。その後人差し指を立てて『異世界、かな?』なんて苦笑いして。)


>>147 / 要さん

【あわっ!申し訳ないです!<(_ _٥)>本当にごめんなさいっ!男の子でした…
で、では…絡みます……!】

……あれー…あの人重そーな荷物たくさん…

(遠くから大量の荷物を持っている相手を見かけると遠くを見るような目で上記をつぶやき。可哀想に思ったのか『そこの兄さん?大丈夫ですか?』なんて相手の肩を叩いて声をかけて。)

 
>>149 / ニクスさん

まぁ、僕…ここにひとり暮らしだし…寂しい、かな?

(視線をうようよさせては頬をかきながら上記。『…明日も、会える?』なんて唐突に相手に聞いては相手の服の裾をちょこんとつまんで。)


>>150 / コロナさん

いいよ。んー、どんなのがいい?

(快く引き受けては何がいいかなーなんて少し考えて。そういえばアメの指輪作ってあげたら喜んでたな…なんて思っては、どんなのがいいか聞いて。)


 

153:ニクス◆Lww:2016/12/26(月) 16:43



ん?…んー、会えるよ


( 裾をつまむ手をチラッと見ては相手の問いかけにコクっと軽く頷き上記を返して。「 また明日会いに来ればいい?…それともうちに遊びに来る? 」とポンポンと相手の頭を撫でながら左記を問いかけて )


>>152 ユートさん

154:   ひめ  ◆u6:2016/12/26(月) 19:02






   >>147  ✽  要くん



(  / 絡みますね ! )



…大丈夫?袋持つの手伝おうか?


(袋を下に置く相手を見て相手のもとへ行き上記を述べいきなり見ず知らずの人に声かけられたと相手が思わないように「あ、えっと…私、怪しいものではありません」と相手が誤解しないように相手にいい)




   >>148  ✽  ニクスくん



(  /  絡みありがとうございます♡)



…えっと、寝ぼけて変な世界に迷いこんでしまって…もとの世界に帰るにはどうしたらいいですか?



(声がする方へ振り向き上記を述べ「…はは、もとの世界に帰っても特に何も困らないんだけどさ」と苦笑いしながら相手にいい)




   >>150  ✽  コロナ



…ずっと、ここに…!?



(すっとここにいるという相手に驚き上記を述べ「…あ、えっと、私は、ひめっていいます」と自己紹介をして)



   >>152  ✽  ユートくん




異世界―!!?


(異世界という相手に自分はまだ夢をみているんだろうか?と思い「えっと、ちなみに…これも夢なんかしちゃったりしてー?」とおそるおそる相手に聞いて)

155:大橋 要◆wA:2016/12/27(火) 02:16


>>148 ニクスくん

【/ありがとうございます!これから宜しくお願いしますね*】



ん?あぁ、こんにちは――、はは、そうなんだぁ…珍しい物が多いからついつい買いすぎちゃって……。キミも買い物帰り、かい?(ふと目を遣ると声の方向から同じく買い物終わりらしき人物の姿を見てにこり、問い掛けへ眉下げ困ったような笑みを浮かべ首をぽりぽりと掻けば同じく挨拶を込めて相手へ問い)



>>150 コロナちゃん

わっ!びっくりした…。…うーん、そうだね…じゃあ…これ、少しだけ持っててくれる…?(思わず肩を跳ねさせぱっと振り替えればまるで絵本から出てきたような愛らしい衣装を身に纏う少女にぽかん。まさか女性に荷物を持たせるなんて、と言葉が口に出そうになったものの、断るとかえって傷付けるのではないか、そもそも帰りまでの長い道程を考えれば数秒の沈黙の後、少し屈んでパンや菓子類しか入っていない軽い紙袋を相手に見せ「いいかな?」と)




>>512 ユートくん



わ…!あは、大丈夫…では無いかなあ…。でも、少し休めばまた歩けると思うんで…良かったら少し話し相手になってもらえませんか?(見ず知らずの人に心配される程かと思わず今の姿を想像してしまい、薄く苦笑すれば相手の背丈や格好から魔法使いだろうかと推測。まだ会った事の無い人物や人種と会話して様々な事をもっと知りたいという好奇心を胸ににこりと笑顔を浮かべれば近くのベンチをちらりと確認して)



>>154

【絡みありがとうございます!!】



ん…?やあ、――っはは、大丈夫ですよ。ここの人たちはみーんな優しいって知ってますから…ね?(ぱっと見た時点で年齢が一番近そうな女性に親近感を覚え、親密な口調から一変した丁寧な対応に思わず笑顔が溢れながら安心させるようゆっくりとした口調で同じように頭ぺこり。「じゃあ…そこまで持ってもえますか?」と少し遠めの椅子を目で指しながら嵩張ってしまう紙袋を相手へ見せて)

156:ニクス◆Lww:2016/12/27(火) 03:17



あー…新入りか

( 相手の言葉を聞けば納得したように上記をいい。「 …新入りらしき人が来たっていうのは小耳に挟んでだよ 」と相手がこちらの世界へ来た瞬間を見ていた動物に聞いたのか左記を言えば「 まず一つ伝えておくが、元の世界へは戻れない。」と相手の質問に眉を八の字に下げながら答えて。)


>>154 一色さん



【 宜しくお願いします( ´﹀` ) 】


あー、俺はこれを買いにな。

( 相手の問いかけにポケットからなにも入っていない小瓶を取り出して相手に見せ上記を返し。「 …見ての通り俺は手ぶらだ。よければ手伝うぞ 」と小瓶をポケットに戻して両手を軽く上げれば左記をいい相手の荷物をチラッと見て )


>>155 要さん

157:   ひめ ◆u6:2016/12/27(火) 19:12





  >>155  ✽  要くん



…よいしょ。


(そこまで持ってという相手に嵩張ってしまう紙袋を持ち上記を述べ椅子をめがけて歩き椅子のそばまで行くと紙袋を下ろし「これでいいですか?」と相手にいい)




   >>156  ✽  ニクスくん




…そーなんだ。


(元の世界には戻れない。という相手の言葉に特に驚くこともなく平然としてしばらく沈黙が続き「あ、えっとありがとうございました。」とお礼を述べ相手から離れようとして)

158:コロナ◆xg:2016/12/28(水) 02:28


>>151 / ニクス

狼·······熊とかいけるかな?

((相手の言う番犬が狼に近いものだと聞けば何でもいいのかな、と思い頬に人差し指あてんー、と考え。暫くすると自分の一番仲がいい動物を思い浮かべながら上記述べ


152 / ユート

えっと···········何か食べるもの
((自分の我が儘で言ったリクエストを快く受けてくれた相手にパアッと瞳を輝かせて。魔法の種類等知らず、どういう魔法を使って貰おうか悩んでいた時、お腹が空いていたのでお願いしてみて

>>154 / ひめ

うん。ずっと、ずうっと此所いる

((驚いている相手にコクコクと頷きながら上記。「えっと、私······コロナ。よろしくね?」自己紹介をして貰ったので此方もしなくてはと思いポツリと述べて可愛らしく首をコテンと傾げ

>>155 / 要

ん。分かった··········

((話しかけ、荷物を持つと言ったもののよく考えてあまり力がない自分が持てるものがあるのだろうかと思い。見せて貰った紙袋の中身がお菓子やパン類だけだと分かるとこれなら持てる、と思いコクリと小さく頷き親指グッと立てて。紙袋を持ち上げ中身を食べたそうにジーっと見つめ

159:ニクス◆Lww:2016/12/28(水) 03:28



あぁ。


( 相手の言葉に上記をだけを言えば黙り込み。お礼をいい立ち去ろうとする相手に「 …これから行く宛はあるのか? 」と来たばかりで行くあてもないであろう相手に左記をわざわざ問いかけて )


>>157 一色さん



んー、そうだな。熊はいいと思うが人間を喰い殺さないようしっかり躾なければな

( 熊はいけるかと問われれば少し考えた後に躾さえ出来れば熊でも問題は無いだろうと上記をいい。「 熊とまでいくと逆に人間に撃たれたり…まぁ大丈夫であろう 」と人間は熊を獣害扱いする事が多いためそこを心配しつつも左記をいい。 )


>>158 コロナさん

160:ユート◆2o:2016/12/28(水) 18:06



>>153 / ニクスさん

今度は僕の方から行くね

(相手の問にぐっと拳に力を入れてキリッとした表情で上記。『何時くらいからがいいかな?』なんて明日のことが楽しみなのか、楽しそうな様子で相手に聞いて。)


>>154 / ひめさん

夢?違う違う!現実だよ。

(夢と疑っている相手に苦笑いで手を左右に振りながら上記を述べては『まぁ、新入りさんならそう思ってもおかしくはないけどね』なんて微笑んで。)


>>155 / 要さん

はい、いいですよ。

(合意の返事をすると何も持たずにベンチまで行くのは何か嫌だな…なんて思い『そこまで運ぶの手伝うよ』と言って。相手の荷物の半分くらいを持つと余裕な様子でひょいひょいと運んで、ベンチまで行くと荷物をおろして。)


>>158 / コロナさん

食べ物…お菓子とか、かな?

(相手の返答に少し考えるものの、先程アメで喜んでた様子を思い出しては上記をぽつり。軽く杖を構えては、いろいろな呪文を唱えて。ふわふわなわたあめ、キラキラなケーキ、サクサクなクッキーなど、いつも自分が作っているような慣れている物を作って。)


 

161:   ひめ  ◆u6:2016/12/28(水) 19:37





   >>158  ✽  コロナ



…コロナさん。えっと、コロナさんはここに来た時、その寝床とかどうしてたの?



(自己紹介してくれる相手に上記を述べ「…私も、寝床どうしょうかと」と相手にいい)




   >>159  ✽  ニクスくん




…行くあて…?



(行くあてはあるのか?と聞かれれば足を止め振り返り、オウム返しをして上記を述べ「ないよ。来たばっかりだもん」と相手にいい)





   >>160  ✽  ユートくん



…うーん。どうしょ。


(夢ではない。と言われれば不安な表情をして上記を述べ「寝床とか、ホームレスはいやだし」とあたふたしながら相手にいい)

162:ニクス◆Lww:2016/12/28(水) 20:35



ん、わかった

( 相手の言葉にコクっと頷けばふふっと笑って上記を返し。「 んー、そうだなぁ。何時でもいいけど何時くらいに来たい? 昼頃?」と昼頃を提案しつつも相手の意見を聞いて )


>>160 ユートさん


まぁ、そうだよな。

( 来たばかりだもんという相手に苦笑いしながら上記を言えば「 あれ、種族なに?…わかる?」とそう言えば種族がなにか聞いてないなと思い問いかけて。 )


>>161 一色さん

163:  ひめ ◆u6:2016/12/29(木) 11:48





   >>162  ✽  ニクスくん



…えっと、種族は、魔法使いです。アナタは?


(種族なに?と聞かれれば上記を述べ「この杖で魔法が発動するんです。」と相手に杖を見せていい)

164:ユート◆2o:2016/12/30(金) 19:07



>>161 / ひめさん

もしかして、家ないの?

(あたふたする相手にもしや…?と思い聞いてみて。相手の様子から聞くまでもないなと思ったのか、うーんと考えた挙句『もしじゃあ、僕の家来る?』なんて爆弾発言してみて。)



>>162 / ニクスさん

そうだね、その頃向かうよ。

(相手の意見に賛同しては頭を縦に振って。お土産と言ってはあれだけど、と思いながらキッチンの方から果物をカゴで持ってくると『よければ、これ食べて。』なんて言って渡して。)

 

165:  ひめ ◆u6:2016/12/30(金) 20:00




   


   >>164  ✽  ユートくん




…えっええええー。




(僕の家に来る?という相手の言葉に驚き上記を述べ「…ダメだよ。そんなの私…男の家に行く勇気なんてないよ。心の準備がぁ。」とあわてて否定し相手にいい)

166:ユート◆2o:2016/12/30(金) 20:04



>>165 / ひめさん

あ、そっか…ごめんね、

(混乱してる相手にはっとなって謝って。『でも、そしたら君はどこで暮らすの?家がないと、厳しいよね?』なんて相手に聞いて。一緒に考えて。)

 

167:   ひめ  ◆u6:2016/12/30(金) 20:32





   >>166  ✽  ユートくん



…えぇい!!いいよ。じゃなくて…住む所がないので居候させてくださいお願いします。



(家がないと厳しい。という相手に、相手の言う通りだ。と思い気合いを入れて上記を述べ)

168:ユート◆2o:2016/12/30(金) 21:00



>>167 / ひめさん

はい、いいですよ。

(ニコッと笑うと家まで行きましょうと言って歩きだして。『部屋一つ開いているのでそこ使ってくださいね。』なんて言いながら、家まで歩いて。)
 

169:   ひめ  ◆u6:2016/12/30(金) 21:25







   >>168  ✽  ユートくん



空いてる部屋があるなんて…私の為にありがとうです。


(部屋一つ開いてるという相手に思い込みで上記を述べ相手の家へつけば「お邪魔します」といい中へ上がり)

170:ユート◆2o:2016/12/30(金) 21:47



>>169 / ひめさん

ひとり暮らしにしては、家が大きすぎたんですよ。

(苦笑いして述べては家につき、相手を家にあげて部屋までご案内して。『ここ使ってくださいね。』なんて言っては部屋を出て行って。)

171:ニクス◆Lww:2016/12/30(金) 22:04



種族はわかるみたいでよかった


( 相手の答えを聞くなり少々ホッとしたように上記をポツリ。相手の問いかけに「 あー…あまり言いたくはないが……んー…吸血鬼…だ」と躊躇いつつも相手から視線をそらして左記を答えて。「 あぁ、知っている。知り合いに魔法使いいるんだ。…でもやっぱり杖はそれぞれ違うんだな 」とこくこくと興味深そうに相手の杖を見て )


>>163 一色さん



ん、待ってる

( 相手の承知にコクっと頷き上記をいい。渡された物を見ては「 果物か。果物なら食べれるから嬉しいな。ありがとう 」と笑を浮かべながら左記をお礼しては「 あ、犬にもあげていいかい?すぐ帰ると伝えていたからなにかあげないと怒るのでな、 」と苦笑いしながら左記を問いかけて )


>>164 ユートさん

172:  ひめ  ◆u6:2016/12/30(金) 23:09






   >>170  ✽  ユートくん



…わあ、ありがとうございます。


(ここ使ってください。という相手の言葉に上記を述べ出て行く相手には「やはり、遠慮とかした方がいいんでしょうか?それとも…。」と前持って相手にいい)



   >>171  ✽  ニクスくん




…きゅ…吸血鬼…アナタが、私の血を吸ったら嘔吐(おうと)するので襲わないでね。



(自分は吸血鬼。という相手に相手が体調不良になる事の為を思い上記を述べ、魔法使いがいる。と聞けば「えっ?私の他にもいるんですかー?」と驚きを隠せず相手にいい)

173:ユート◆2o:2017/01/01(日) 13:09



>>171 / ニクスさん

うん、動物も食べれるよ。

(あげていい?という相手にニット笑って上記。果物でよかったなんて内心安心していて。『じゃあ、またね。』なんていって相手を手を振って送り出して。)


>>172 / ひめさん

遠慮なんていらないですよ。

(上記を述べては、こういうこと、よくあるんですよ。なんて苦笑いして。『どうぞ、ごゆっくり。』なんて旅館の人みたいなことを言ってはにこっと微笑んででていき。)

 

174:ユート◆2o:2017/01/01(日) 13:10



【 明けましておめでとうございます!このスレに参加してくださった皆様!これからもどうぞよろしくお願いします! 】

175:ニクス◆Lww:2017/01/01(日) 15:45



ありゃ、それは残念

( 相手の言葉を聞けば同意の元でしか吸わないものの眉を下げ笑を浮かべ冗談っぽく上記を返して。「 あぁ、いるよ。この世界の4分の1…位は魔法使いじゃないか? 」とコクっと頷き左記を話して )


>>172 一色さん


【 明けましておめでとうございます。こんなに素敵で楽しいスレに参加させて頂き嬉しい限りです。よろしくお願い致します(*´∀`) 】


あぁ、じゃあまた明日

( 送り出されれば上記をいいその場を立ち去り。ハッとそういえばここがどこだが知らないことに気づいたものの今更戻るのもなと夜空を見上げて。星の位置を見ては北の方向を把握してはまた歩き出して「 天文学好きでよかった。」とぼそっと呟き。(次の日に飛ばしていただいても大丈夫です!) )


>>173 ユートさん

176:  ひめ  ◆u6:2017/01/01(日) 17:55





   >>173  ✽  ユートくん




(  /  あけましておめでとうございます。昨年はお世話になりました。本年度もよろしくお願い致します。)



…ありがとうございます。


(ごゆっくりと言ってくれる相手に上記を述べ部屋へ入れば疲れていたのか真っ先にベットに倒れこみ眠ってしまい)



   >>175  ✽  ニクスくん



(  /  あけましておめでとうございます。昨年はお世話になりました。本年度もよろしくお願い致します。)



あっえっと、傷つけてしまいごめんなさい。



(それは残念という相手の言葉に自分は相手の為を思って言った事だが相手を傷つけてしまったと思い上記を述べ「…そういえば、アナタはここに初めて来た時寝床とかどうしたんですか?」と参考になるかな?と思い相手に聞き)

177:ユート◆2o:2017/01/02(月) 17:20



>>175 / ニクスさん

【 では、翌日にさせていただきます!(^^) 】


……ん…、あ"っ!!寝坊したっ!!

(ピピピ…という音にやっと気がついては重そうな瞼を開いて。長寝してしまったのか起きたのがお昼時で。寝癖をぴょんぴょんさせながらキッチンに急ぎ、軽くパンを焼いてる間に髪を出来る限り整えたり服を着替えて。パンを咥えたまま移動魔法で相手の家の玄関に到着して。)


>>176 / ひめさん

そういえば、新入りさんか…疲れてるよね。

(相手なことを思い出してはキッチンにてココアを作りはじめて。この間チョコやらクッキーやらを作ったな…なんて考えながら冷蔵庫をガサゴソあさり、皿に盛りつけて相手の部屋に向かって。ノックをしても返事がなかったのかゆっくり扉をあけて部屋を覗くと相手は寝ていて、起こしてはまずいと思ったのか近くの机に置いてケータイをいじり。)

 

178:   ひめ ◆u6:2017/01/02(月) 19:41





   >>177  ✽  ユートくん



…うーん。ふへ?


(お昼の2時から仮眠をして上記を述べ夕方6時に目を覚ましむくっと起き上がり相手が居座るのを見ては「あれれー??あ、なんか寝てしまいすみません」とベッドの上で正座して相手にいい)

179:ニクス◆Lww:2017/01/03(火) 21:49



え、あ、うん?


( 相手が突然謝り出せば何に対して謝っているのかと目をぱちくりしながらも不思議そうに上記を返して。「あー、俺はなんかよくわかんない洞窟の中で暮らしたな。他の吸血鬼に連れられてな 」と相手の問いかけに答えて )


>>176 一色さん



………


( 朝早くから起きては自宅の2階にある研究室に篭って研究していて。ひと段落付いたところで時計を見るとお昼ちょい前で。「 そろそろ来るかな… 」とボソッと呟けば研究室の重たい扉を開けて階段をおり1階にあるキッチンまで行き珈琲を淹れリビングのソファーに腰をかけながら相手が来るのを待ち。少しすると人が来たことを知らせるかのように犬が吠え玄関まで向かいドアを開けて )


>>177 ユートさん

180:  ひめ ◆u6:2017/01/03(火) 23:38






   >>179  ✽  ニクスくん




…洞窟の中…。


(洞窟の中で暮らしたという相手の言葉をオウム返しして上記を述べ「…他の吸血鬼さん達とは友達なのですね。」と相手にいい)

181:ユート◆2o:2017/01/05(木) 19:22



>>178 / ひめさん

ん、大丈夫だよ。

(少しうとうとしかけていたのか相手の言葉に目を覚ますとニコッと笑って上記を述べて。作ってから時間が立ってしまい、机に置いてあったココアを見るとやはり冷めていたようで。『あ、ココア冷めちゃったね。温めようか。』なんて言っては魔法でココアを温めて。)



>>179 / ニクスさん

あは、おはよう…?

(相手の家の扉が開くとまだ直りきっていなかった寝癖を手で押さえながら苦笑いして。パンを咥えたままだから、寝起きな事がばれたと思って苦笑いしたようで。疑問系で挨拶をすると『少し遅れたかな?』なんて言いながらパンを食べきって。)

 

182:  ひめ  ◆u6:2017/01/05(木) 20:13





   >>181  ユートくん



おぉー魔法使えるんだ。


(魔法を使う相手を見て関心したように上記を述べ「…ココアおいしいよね」と相手にいい相手からココアを受け取るとふぅふぅと冷ましてからグビグビと余程喉が乾いていたのか飲み始め)

183:ユート◆2o:2017/01/05(木) 20:17



>>182 / ひめさん


まあね、使えるよ

(自分のぶんのココアも温めると相手と同じくグビグビと飲んで。『はは、いい飲みっぷりだね。』なんてくすくす笑いながらクッキーを一口食べ。『あ、これ食べていいよ。』なんて言っては相手にも渡して。)

 

184:ニクス◆Lww:2017/01/05(木) 22:51



んー、友達と言うか…なんだろうね

( 相手の言葉を聞けば苦笑いしながら上記を返し「 吸血鬼として生きていくための基本…を教えてもらった位かな。まぁ先輩みたいな感じ 」と洞窟の中での事を思い出しながら左記を話せば「 その洞窟の先って広い草原が広がっていて綺麗なんだ 」と笑って )


>>180 一色さん




…あぁ、おはよう。

( 相手の寝癖とパンを咥えている姿を見てはははっと笑って上記を挨拶し。「 いや、丁度いいくらいだ。俺も今用が終わったところでな。ほらなかにどーぞ 」と左右に軽く首を振り相手を中へ招き入れて )


>>181 ユートさん

185:  ひめ  ◆u6:2017/01/05(木) 23:03





   >>183  ✽  ユートくん



このクッキー君の手作り…?


(相手からクッキーを渡されれば上記を述べ相手に聞き「お菓子作りかぁ。やっぱ女の子は料理上手な方がいいよ…ね」と自信なさげに相手に聞いて)

186:  ひめ  ◆u6:2017/01/05(木) 23:04





   >>184  ✽  ニクスくん



…あの…私も行ってみたいかも…。


(綺麗なんだ。という相手に言いにくそうに上記を述べ「だめ?」と相手に聞いて)

187:ユート◆2o:2017/01/06(金) 19:52




>>184 / ニクスさん

ならよかった…お邪魔しまーす

(にへっと優しく笑うと相手に中には入れと言われて上記を述べて上がり。人の家とかに上がるのは初めての体験だったのか、少し緊張気味で。靴を整えては進んでいいのかわからず同じ場所をゆらゆらしていて。)


>>185 / ひめさん

ん、手作りって言うか…魔法でね。

(問に答えては自信なさげにいう相手に『もしじゃあ、作り方とか教えようか?便利だよ。』なんてお菓子作りの案を提案してみて。)
 

188:  ひめ ◆u6:2017/01/06(金) 20:29





   >>187  ✽  ユートくん



…作り方とか…うん、知りたい教えて。


(作り方教えようか?という相手に上記を述べ「便利だよって言うのはクッキー作れるのは便利だよ。という意味…?」と相手の言った言葉の意味かわからなかったのか首を傾げ相手に聞いて)

189:ユート◆2o:2017/01/07(土) 06:26



>>188 / ひめさん

あぁ、それもあるけど…自分自身甘いものが好きだからたくさん食べてれて便利ってことかな。

(頬をかきながら少し恥ずかしそうに上記を述べると『まぁ、それはおいといて。作り方は〜〜(以下略)』と話を切って作り方を教えて。完全に教え終わるとわかった?なんて聞いて。)
 

190:  ひめ  ◆u6:2017/01/07(土) 12:36





   >>189  ✽  ユートくん



うん、わかったよ。ありがとう。


(作り方を説明してくれる相手に上記を述べココアの入っていたマグカップを手に持ち「あのね…ココアおかわりしたいな…ダメ?」と余程おいしかったのか不安な表情で相手にいい)

191:ニクス ◆Lww:2017/01/07(土) 15:57



んー、ごめんね、そこ吸血鬼しか行けないみたいで…

( 相手の言葉に眉を下げて上記を謝れば「 でも、草原じゃないけどそこと同じくらい綺麗な海がある所知っているよ。そこ言ってみる? 」とこの世界でお気に入りの場所をいくつか思い出せば一つ左記を提案して )


>>186 一色さん




あ、こっち。

( 同じ場所をうろちょろする相手を見ては少し進んだ先の左のドアを開けて上記をいい。「 散らかってるけどこれでも少し片付けたんだよ。」と片付けたとは思えないほど本やメモの紙、研究資料が散らかってるリビングに入って苦笑いしながら左記を述べ。)

>>187 ユートさん

192:ユート◆2o:2017/01/07(土) 17:52



>>190 / ひめさん

うん、いいよ。

(相手の表情を見てはニコッと笑って上記を述べ。ちょっと待っててね。なんて相手に伝えては相手の部屋を出てキッチンに向かい。ココアを作ってから相手の部屋に持って行き。)



>>191 / ニクスさん

……片付けた…へぇ…

(相手の部屋に入っては呆然として立ち止まり。小声でぼそぼそと自分に言い聞かせるように上記をつぶやくと、とりあえず部屋に入り。しかし、入ったはいいもののどこに座ったらいいかわからず立ちすくんで。)

 

193:  ひめ ◆u6:2017/01/07(土) 19:20






    >>191  ✽  ニクスくん




そういう所もあるんだね。


(吸血鬼しかいけない。と言われ、こくこくと上記を述べ、綺麗な海がある所に行く?と提案してくる相手に「うん、今度は行けるんだね。やったあ」と微笑み相手にいい)



    >>192  ✽  ユートくん



…ねぇねぇ、そういえば、お互いまだ自己紹介してなかったね。



(相手が入室すれば、まだ名前を聞いていない。ことを思い出し上記を述べ「私は、。姫芽乃、ひめでいいよ。君は…?」と首を傾げながら相手に聞いて)

194:ユート◆2o:2017/01/07(土) 19:51



>>193 / ひめさん

あ、そういえばそうだったね。

(相手の言葉にハッとして思い出しては、『僕は音峰裕斗。ここではユートで通ってるから。呼び方はユートでいいよ。』と相手の自己紹介の次に自分述べて。)

195:ニクス◆Lww:2017/01/07(土) 19:55



少し足場がないがこのソファーにでも座ってくれ

( 相手の目の前をゴソゴソと足場を作りながら歩いてはたどり着いたソファーを指さして上記をいい。「 珈琲珈琲 」なんて言いながら物を避けてキッチンまで向かい )

>>192 ユートさん



よし、んじゃあ今から行こうか


( とまだ日も高いため丁度いいだろうと上記を言えば「 少し遠いが大丈夫? 」とチラッと相手の方を見て問いかけて )


>>193 一色さん

196:ユート◆2o:2017/01/07(土) 20:06



>>195 / ニクスさん

…うん…ありがとう。

(物がたくさんありすぎて進むことが困難に見えたのか『ニクスさーん?この部屋どんな感じにしたいとか希望ありますか?魔法で変えますよー?』なんて珈琲を入れないった相手に叫んで。)
 

197:  ひめ ◆u6:2017/01/07(土) 20:47





   >>194  ✽  ユートくん



ユートくんかぁ。あらためてよろしくね。


(相手の名を聞けば上記を述べココアを受け取り飲み始め、「あ、私、御飯食べてないのにお菓子(クッキー)食べちゃった。よし、御飯作ろう」と相手にいい。いつまでも頼りぱなしは…と思いココアを飲み終わり立ち上がり部屋から出ようとドアのぶ、に手をかけ)




  >>195  ✽  ニクスくん



…大丈夫!!頑張ります。


(大丈夫?と言ってくれる相手に上記を述べガッツポーズをして早足して相手について行き)
 

198:ニクス◆Lww:2017/01/07(土) 21:34



んー?んー、そうだなぁ

( 相手の声を聞けば上記を言い作業をしながら考えて。「 んーこのままでいいかなぁ。本とかそこの棚にしまえば綺麗になるんだろうけど 」と天井の高さを利用して1部壁を本棚にしている所を見て左記を答えて。「 ほい。」と珈琲を持って相手のところへ戻れば机に珈琲と大量の砂糖を置いて相手に声かけて )


>>196 ユートさん



ん、頼もしい

( 相手の様子を見てはニコッと笑って上記をいい。しばらく歩けば森の方へ入って。「 トンネルを抜けた先にあるんだけど…そのトンネルが少し不気味でね〜。誰も通りたくないみたいで人がまったくいないんだ 」とそそくさと歩きながら説明して )


>>197 一色さん

199:  ひめ  ◆u6:2017/01/15(日) 15:48







    >>198  ✽  ニクスくん



( /  返事遅れてすみません )



…ちょっと、あなた私を置いてくつもり…?


(そそくさと行ってしまう相手に足が追いつかず息を切らしながら強気で上記を述べ、暫くして相手に追いつき「もう、不気味なトンネルでは、はぐれないでね。」と不安な表情をしながら相手にいい)

200:ユート◆2o:2017/01/18(水) 20:30



>>197 / ひめさん

うん、よろしくね。

(相槌をうつと軽く微笑んで、部屋から出ようとする相手の後ろから『僕も手伝うよ。』と言いながら肩に手を乗せて。部屋から出ると『キッチン好きなように使って。何かあったら言ってね。』と伝えて近くの椅子に腰を下ろして。)


>>198 / ニクスさん

とりあえず、この辺の本片付けるか。

(相手の返事にはカラ返事ではーいなんて言っては、移動魔法で散らかっている本をまとめて飛ばして。ざっと綺麗にすると相手が持ってきてくれたコーヒーに砂糖をトポトポ落として。よく混ぜてから一口飲んで一息つき。)
 

201:  ひめ ◆u6:2017/01/19(木) 19:25





   >>200  ✽  ユートくん



( / 200達成おめでとうございます♡ )



…うん、ありがとう。


(キッチン好きなように、という相手に上記を述べ台所に立ち作り慣れている料理を作ろうと思い手際よく手を動かして料理を作りはじめ)


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS