青春を叫べ! ( 人数制限無 )  

葉っぱ天国 > 恋愛なりきり > スレ一覧 101-キーワード▼下へ
1:   ◆EQ:2018/07/02(月) 20:48

 



     ありったけの夢を叫べ!



      ( >>2->>4 )




 

75:姫廻星羅 出海◆8g:2018/07/21(土) 16:53

>>74 蜂谷先輩

星羅
まぁ私はベスト着てるので心配ないですけど

(言いながらえへへと無邪気に笑い

>片瀬さん

出海
ううん、僕が読みたい本も上にあったし大丈夫だよ

(そう言いながら自分が取ったのは台に乗ってなくても
背伸びすれば取れそうな位置の本で

76:姫廻星羅 出海◆8g:2018/07/24(火) 13:49

(上げときます)

77: 藤本 和也/優也 ◆.2:2018/07/27(金) 20:50



>>68 莉子/グラディアス
( / 絡みますね〜 )

 * 和也 *

  >>68 莉子

 げっ、オレンジジュースじゃん…。

( 部活前に、同じ部活の奴と何か飲み物を買おうと近くの自販機に寄り、話していてよそ見をしながらボタンを押せば出てきたのはオレンジジュース。部活のやつに笑われながら、コーヒー牛乳を押した筈なんだけどな、なんて思い。自主練がしたいというので先に部活に行ってもらえば、一人ぽつりと。 )

 オレンジジュース飲まねぇんだよな。


>>68 星羅 


 保健の先生は、いないのか。

( 一応ベットに寝かせたものの、この子を残したまま離れるのはまずそうだな、と。起きないことをいいことに、ふっと笑えば、ほっぺを伸ばしたりつついたりしてみて )


 >>74 蜂谷


 痛… 大丈、夫。…多分

( 鈍い痛みにぱっちりと目を開けば、ゆっくり起き上がって。問われたことに反射的に答えれば、頬をかきながら苦笑いを浮かべて。ベンチに手をかけて座りなおせば、ぽつり。「 暑い 」と。 )


 * 優也 *

 >>74 片瀬さん

 んー、そっか。わざわざありがとね。

( ポツリと独り言のように呼ばれたことには触れず。事情を聞いてから差し出されたプリントを受け取れば、相手にバレない程度にさりげなく目を通しながら、笑顔で礼を。内容が自分に関係なさそうだと判断すれば、教卓に適当において。 )


 >>68 グラディアス先生


 ……あーと、すみません。生徒会で遅れました。 ついでに、これ落ちてましたよ。

( 残っていた生徒会長としての仕事を結構つめて、早く終わらせたつもりなのだが意外と時間が経っており。部室で着替えて弓道場に入れば、先生の姿が目に入り。一応、今来たことを伝えに行くついでに部室に来るまでの間に落ちていた、どこかの鍵を渡しに声をかけて。 )



78:莉子 グラディアス◆rU:2018/07/28(土) 00:41


>>73 いづちゃん

そっかあ、教えてくれてありがとね〜

( うんうんと頷きつつ上記を言えば、にへっと口許だけ笑わせて。 ぱっと距離を開けると自販機に向かっていき。 )


>>77 かずちん

………ねー、今オレンジジュースって言った〜?

( 2階の誰かが閉め忘れた窓から聞こえた「オレンジジュース」に足を止め、辺りを見渡し。 窓の外に目を移した際に一人ボトル片手に佇む和也を見付けて。 間延びした声で先輩とも知らずにタメ口で上記を問い掛け。 )



>>73 姫廻姉

はは、悪い悪い。…でも本当助かった、これ見付からなかったら家入れねぇとこだったからな。

( 少しぼさっとした髪を直すように撫でれば手を離して。 目を細めてまた感謝を伝えれば大事にポケットに仕舞い。 )


>>77 藤本弟

おー、仕事だし謝んなくていいぞ〜…と、落とし物? …あ、それ俺の探してたやつ…!

( 大して気にした様子も無く、落とし物の所でゆるりと視線を向け。 キーホルダーも何も付いてない鍵を見つめれば、はっとしたように自分の物だと気付き。 見付けてくれたのか、有り難うな!と嬉しそうに告げて。 )

(/ 絡みありがとうございます〜! )

79:湊人&綺音◆cI:2018/07/28(土) 11:32

(/うわああああああああ!!!お久しぶりです(´;ω;`)浮上出来ず(*;ω人)ゴメンナサイほんっとに申し訳ないですが、1回レス蹴らせていただきます……( ´・ω・`))



«湊人»
ふぁぁ………暇だなぁ…
(眠そうに大きく欠伸をすればそう言い、「弓道やろっかな……」とボソッと言うと自身の弓を担ぎ弓道場へ向かってふらふらとした足取りで歩きだし)



«綺音»
ふんふふふーん♪ふふんふんふーん♪
(嬉しい事でもあったのか、上機嫌に鼻歌を歌っては時々廊下でくるくると回ったりしていて)

80:姫廻星羅 出海◆8g:2018/07/28(土) 12:43

>>77 藤本(和也)先輩

星羅
んん…いづみ〜、お姉ちゃんのほっぺ…あれ?

(頬を触られると起きたようで双子の弟かと思い手首を
掴んで目を開けると双子の弟でないことに気がつき
目をぱちくりとさせ

>>78 グラディアス先生

先生…家の鍵落とすのはどうかと…

(呆れたような声色で言って
「ともかく、それは本当によかったですね」と言って

>>雨蝶さん

出海
オレンジジュース、好きなんだね

(そう言って自分が持つオレンジジュースを見つめ
「よかったらあげるよ?」と自分はまた別の買えばいいかと思い
オレンジジュースを差し出して

81:莉子 グラディアス◆rU:2018/07/28(土) 13:15


>>79 ぱんだくん (笹から連想したらしい)

ねー、ぐら兄居る〜…って誰も来てない…。んー、ここで待ってれば誰か来るかなあ〜…

( コンコン、と一応ノックして扉を開ければ上記を言い。 中を見渡して誰も鋳ない事が分かると面倒そうに目を細め。 また歩くのも面倒だと思ったらしく、その場にしゃがみこめば誰かが来るのを待っていて。 )

(/ 絡み失礼しますね〜!ちゃんと絡めてなくてすみません… )


>>80 いづちゃん

え、ほんと〜?…あー、でも貰うだけはやだからそっちの好きなやつ買って交換しよ〜?

( 相手の言葉に振り向けば目を輝かせ。 けどそれじゃ公平にならないと思い、交換しようと問い掛けて。 どれがいい〜?と自販機を見つつ財布を取り出して。 )



>>80 姫廻姉

ははは…そうだな、今度鍵纏められるやつ買わねぇとな〜…

( 生徒に呆れられれば思わず苦笑を漏らし。 上記を呟けば家に適当に置かれた鍵達を思い出して。 良かったねと言われれば、おかげで野宿にならなくて済んだわ、と冗談半分に告げて。 )

82:姫廻星羅 出海◆Ws:2018/07/28(土) 14:32

>>81 グラディアス先生

星羅
その纏めたやつは落とさないようにしてくださいね

(家の鍵の前科があるからかそう言って。野宿にならずに済んだと相手の言葉に
くすりと笑って「えぇ、そうですね」と可愛い笑みを浮かべて


>>雨蝶さん

出海
え…じゃあ…これにしよっかな

(たかが自販機のやつだから別にいいのにと思いながらも自分が選んだのは
フルーツ牛乳で

>>79 笹原(姉)先輩

あぁ!あったあった!

(何かを探しており見つかったようで笑顔でそれを拾い前方を見ると妙に機嫌がよさそうなので
「?」と首をコテと傾げて

83: 藤本 和也/優也 ◆.2 hoge:2018/07/28(土) 15:39


* 和也 *

>>78 莉子

…うわっ!言ったけど、誰…?

( いきなり上から降ってきた声に驚いて、オレンジジュースに落としていた視線を上に向けて。窓際に自分にかけたであろう声の持ち主を見つけ。同級生だろうか。そんなことはさておき、オレンジジュースを見せながら下記を問いかけ。 )

いきなりで悪いけどさ、これいらん?


>>80 星羅

…いきなり起きんな、ビビった。

( 頬を触っていれば、寝言のようなことをつぶやかれ、挙句の果てには手首をつかまれて。相手が起きたことを確認すれば、掴んでいる手首を離すように促し。目をぱちくりとさせる相手に、保健室に辿り着くまでの経緯を簡単に話して。 )


>>79 湊人&綺音
( / 絡みますね〜。絡みにくければ遠慮なくどうぞ。)

>>79 綺音

……わっ!ごめん。大丈夫、怪我無い?

( うわの空でよそ見をしながら歩いていれば、誰かとぶつかり。相手の身を案ずるようにたずねて。 )


* 優也 *

>>78 グラディアス先生

そうですか。よかったです、持ち主が見つかって。

( 鍵を渡して嬉しそうに礼を言われれば、少し照れたように上記を述べ。集中モードに入るための合図と言っても過言ではない、一礼をしてから弓をもっていつもの定位置に着けば、いつも通り弓を手に取って )


>>79 湊人

…あー湊人くん発見。あのね…ってふらふらしてるじゃん。大丈夫?

( 渡さないといけないプリントを持ちながら相手を探し。弓道場にいるかなと向かう途中、偶然見かければ声をかけて。ふらふらした足取りを見れば、言いかけた言葉を飲み込んで )



84:姫廻星羅 出海◆Ws:2018/07/28(土) 15:44

>>83 藤本(和也)先輩

星羅
すいません〜、ついつい…双子の弟かと思って…
っていうか保健室行く途中で寝ちゃったんだ…私…

(「あはは」と呑気に笑いながら言うと自分が保健室に行く途中で寝てしまったことを
あんまり覚えていないようで「なるほど」と妙に納得して

85:莉子 グラディアス◆rU:2018/07/28(土) 19:33


>>82 いづちゃん

おっけー、ぽちぽち〜。…よっと、ほいどうぞ〜。

( フルーツ牛乳の値段を見てぴったりお金を入れ、口で擬音を言いながら買い。 よっと、と言いながらしゃがんで取りだせばその体制のまま差し出して。 )


>>83 かずちん

…!いる!今降り…れないから階段で行くけど待っててね〜!

( ぱあっと目を輝かせれば嬉しそうに返答して。 思わず窓枠に手を掛けるも、前に教師から怒られたのを思いだし。 う〜、と面倒そうにしながらも上記を言えばパタパタと階段を降りていき。 )



>>82 姫廻姉

はは、出来る範囲で気ィつけるわ。

( わしわしと首辺りの髪をかけば苦笑しつつ上記を言い。 ふと部活と現在の時間を思い出せば、お前ん所の部活行かなくて大丈夫か?と首を傾げつつ問い掛けて。 )


>>83 藤本弟

ほんとありがとな、いつも通りやれよ〜

( 反省してるのかしてないのか乱雑にポケットに鍵を仕舞って。 集中し始める相手を見ると、声を掛けつつ気が散らないように後ろに下がり、壁にもたれながら全体を見れるようにして。 )

86:姫廻星羅 出海◆8g:2018/07/28(土) 20:34

>>85 グラディアス先生

星羅
あれ、ご存知ないですか?
今日顧問の先生お休みなんで

(「だから暇なんで見学とかしていいですか?」と
首を傾げながら問いかけ

>>雨蝶さん

ありがとう

(お礼を言うとジュースを受け取りこちらも
オレンジジュースを「はい」と渡して

87:莉子 グラディアス◆rU:2018/07/29(日) 01:31


>>86 いづちゃん

んーん、そっちこそジュースの自販機教えてくれてありがとね〜

( メモしとかなきゃ〜、と呟くと小さなメモ帳を取り出してここの場所を書き取り、終わればゆるりと立ち上がって裾を払い。 上記を言いながらジュースを受け取れば、笑わない代わりと言わんばかりに嬉しそうに目を細め。 )


>姫廻姉

あれ、そうだったか?まあ見学は全然構わねぇよ…っと、パイプ椅子しかねぇけど座っとけ。

( なんか言っていたような…?と思い出しながらも近くの椅子を引っ張ってきて。 …あ、これ持っとくか?彼奴が持ってきたやつだけど…と告げると、莉子が持ち込んだ可愛らしい大きめのぬいぐるみを片手で抱きながら持ってきて。 )

88:姫廻星羅 出海◆8g:2018/07/29(日) 12:40

>>87 グラディアス先生

星羅
ありがとうございます〜

(笑顔で礼を言えばパイプ椅子に座り
ぬいぐるみを持ってこられると「なんでそこでぬいぐるみなんですか」と
冷静なツッコミをして

>>雨蝶さん

出海
どういたしまして
オレンジジュースって甘酸っぱくて美味しいよね

(笑顔で「どういたしまして」と返せば
オレンジジュースの味の感想を述べて

89:莉子 グラディアス◆rU:2018/07/29(日) 22:33


>>88 いづちゃん

…!っそうなの、オレンジって酸っぱいイメージ持ってる人多いけどもっと爽やかでさっぱりしててジューシーで美味しいんだよ…!

( 早速蓋を開けて一口飲めば、相手の感想に思わず口を離して。 今までそう言ってくれる人が居なかったからか、とても嬉しそうに笑みを浮かべつつ上記を語れば両手で大事そうにオレンジジュースを握って。 )


>姫廻姉

え、なんか女子ってこういうの好きじゃないのか?

( 弓道は静かで特に目立つ部分があるわけでも無いので、他の人にしたら退屈ではと思い持ってきたらしく。 結構触り心地も良いけど…要らなかったか?と顔を埋めたまま首を傾げて問い掛け。 )

90:  香月 ひばり  ◆EQ:2018/07/29(日) 22:43






( / うわわわわ !! しばらく顔出していなくて本っ当に申し訳なかったです !! それなのに進んでてめちゃめちゃ感謝です…ありがたや~(⌯ᵒ̴̶̷̥᷄ ⌑ ᵒ̴̶̷̥̥᷅ )
   またまた申し訳ないのですが、主のくせにレス蹴りさせていただき、主のくせに絡み文投下させていただきます(>_<) と、いうことなので、こんな私を許してくださる方は絡みよろしくお願いいたします~~_|\○_ )



   *



   よっ……と、重……

( いつものように先生から雑用を頼まれ、嫌な顔ひとつせず、そもそもそれを苦痛に思わずに重たい重たい参考書をたったひとりで運ぼうと試み。ざっと30冊でひと束、その山が3つほどあったので3回に分けて運ぼうと考えひとつめの束を小さなかけ声と共に持ち上げ。持った瞬間ずっしりとした重みに本が腕に食い込み思わず顔が歪み。)



   

91:雨蝶 莉子◆rU:2018/07/29(日) 23:20


>>90 ひーちゃん

よーいしょー。…旧校舎のピアニストさんだいじょーぶ?

( 突如下から現れたかと思いきや、本の半分を持ち上げ。 こてん、と首を傾げ、初めて彼女を見た時の印象と一緒に上記を問い掛けて。 )


(/ お帰りなさいです〜、またまたお絡み失礼しちゃいますねっ! )

92:姫廻星羅 出海◆8g:2018/07/30(月) 00:11

>>90 グラディアス先生

星羅
いや、可愛いのは好きですけど…

(苦笑しながら言うと部員の一人が的を射ぬいた音を聴くと
そっちに目線を移し当たった弓矢を見れば「わぁっ…」と
感嘆の声をあげて

>>雨蝶さん

出海
オレンジジュースは100%の果汁のものと
何%か果汁のものもあるよね
僕はどっちも好きだけど100%のほうが体には良さそう

(にこっと笑顔で言うと「雨蝶さんは100%のオレンジジュース派?」と
首をこてっと傾げて

93:姫廻星羅 出海◆8g:2018/07/30(月) 00:17

>>90 ひばりちゃん

星羅
うわぁ!どしたの?その量

(通りかかると相手の声が聞こえ覗けば相手の手には
重そうな参考書の束を持ち顔を歪める相手に駆け寄り
「手伝うよ」と言えば半分くらいの量を持ち
「確かに重い…」と言いながら持って

(絡みますね〜
あと↑90じゃなくて>>89でした!)

94:莉子 グラディアス◆rU:2018/07/30(月) 12:29


>>92 いづちゃん

そだねえ、100%の方が好きかなあ〜。 飲めないことは無いんだけど偽物って感じがするんだよね〜…

( うーん、と手を顎に当てながら少し考えれば上記を告げて。 名字を呼ばれれば、名前知ってるの〜?と不思議そうに問い掛けて。 )


>姫廻姉

…お、結構良くなったな〜

( 相手の歓声に視線を向ければ先程教えていた生徒が弓を放っていて。 弓の刺さった箇所を見れば幾分かは良くなっていることに嬉しそうに呟き、相手に視線を戻せば持っとけと言わんばかりにぬいぐるみを渡して。 )

95:姫廻星羅 出海◆8g:2018/07/30(月) 15:20

>>94 グラディアス先生

星羅
…?

(ぬいぐるみを渡されたので受けとれば
ぬいぐるみの手などをふにふにと触り出して

>>雨蝶さん

出海
うん、前廊下で雨蝶さんの名前呼んでる子とすれ違ってね
振り返ってたから

(前あっまことを話して「僕は姫廻出海だよ」と笑顔で言うと
付け足すように「雨蝶さんの下の名前は?」と首を傾げて

96:莉子 グラディアス◆rU:2018/07/30(月) 18:37


>>95 いづちゃん

ふぅん、いづちゃんはよく覚えてるね〜。 …わたし?えっとね、莉子だよ〜。

( 納得しつつ感心したように頷きながら上記を言い、名前を聞けば渾名で呼び。 名前を聞かれると思ってなかったのか、きょとんとしつつもにへ、と口許を綻ばせながら告げて。 )


>姫廻姉

それ持っててくれな。じゃねぇと指導できないし何より俺が持ってても変だろ?

( ぬいぐるみの頭を撫でつつ苦笑しながら上記を言い、また部員に視線を向けて。 )

97:姫廻星羅 出海◆8g:2018/07/30(月) 19:59

>>96 グラディアス先生

星羅
ああ、確かに

(相手の言葉に納得してぬいぐるみを抱きながら
部員の練習を見ていて、だが身長や体が華奢なせいで
ぬいぐるみ好きな中学生のように見えて

>>雨蝶さん

出海
い、いづちゃん?

(いづちゃんと呼ばれたことに「?」を浮かべながら
そう言って

98:莉子 グラディアス◆rU:2018/07/30(月) 21:11


>>97 いづちゃん

うん、下の名前出海でしょ? だからいづちゃん…あ、やだった〜?

( くるくるとオレンジジュースを回しながら渾名の経緯を告げ。 渾名を付けた事に良く思っていないと勘違いしたのか、心配そうに眉を下げれば首を傾げつつ問い掛けて。 )


>姫廻姉

…はは、そうしてると子供みたいだな?

( ふとまた相手に視線を向ければ、想像以上に子供っぽく見えてくすりと笑ってしまい。 少しからかうように上記を言えばぬいぐるみから手を離し、相手の頭を緩く撫でて。 )

99:姫廻星羅 出海◆8g:2018/07/30(月) 22:21

>>98 グラディアス先生

星羅
えー、身長と体つきでそこまで子供に見えますかー?

(きょとんとそう言いって撫でられると
「それは子供扱いに入りませんか?」と不満げな声を漏らし

>>雨蝶さん

出海
いや、いきなり渾名でつけて
呼ばれること初めてだったから
ちょっとびっくりしただけだよ

(相手の表情を見れば慌てて否定して
「いづちゃんって渾名は初めてだよ」と言って

100:莉子 グラディアス◆rU:2018/07/31(火) 21:25


>>99 いづちゃん

…そっかあ、なら良かった〜。ふふふ、初めてげっと〜♪

( ほっとしたように緊張を緩めれば安心した表情で言い。 ジュースのボトルを上に掲げ、ゲットした時の様なポーズを取ればくるりと回って。 )


>姫廻姉

さー、どうだろうな?ま、俺にしてはみんなガキにしか見えねぇけどな〜

( くつくつと喉を鳴らしながら言えば、大人からすれば皆子供だと告げて。 不満そうな相手を見、入んない入んない、と宥めるようにぽんぽんと撫でて。 )

101:姫廻星羅 出海◆8g:2018/07/31(火) 22:20

>>100 グラディアス先生

星羅
先生年下の彼女出来たら苦労しそうですね

(といきなり彼女の話を持ち出し「年下の彼女できたら
彼女が子供扱いする!って怒りますよ?」と
首を傾げて言って

>>雨蝶さん

出海
初めてゲットってなんか別の言葉に聴こえるから
言葉選んでほしいかな

(苦笑しながら言うと「僕の渾名は大抵いっちゃんだったかな」と
言いながら笑って

102:莉子 グラディアス◆rU:2018/08/01(水) 00:03


>>101 いづちゃん

…?よく分かんないけど分かった〜…?

( どうやら意味が分かってないようで、不思議そうに首を傾げながらもとりあえず頷き。 相手の渾名にふぅん、と相槌を打てば、ここ暑いから中入らない?一緒に居たくなかったらもう向こう行くけど〜、と問い掛けて。 )


>姫廻姉

そうか?まあ妹みたいに見る部分は多少あるかもだけど…なら同年代以上の人と付き合わなきゃな〜。

( ふとその理由の大半を占める幼馴染を思い出せば苦笑しつつそう告げて。 軽い冗談も混ぜながらそう返せば、まあそんな相手いねぇけど、と自傷気味に笑い。 )

103: 蜂谷 宏太 / 片瀬 ゆかり  ◆x.:2018/08/01(水) 10:26


→ 蜂谷 宏太

そうか、でも汗冷やして風邪引くなよー

( 無邪気に笑う相手を見るなり苦笑を浮かべ、あまり油断しないようにと上記を忠告して。ふと、カンカン照りな空を見上げれば「 そろっと雨降ってくれれば涼しくて良いんだけどな 」と言って )

>>75 姫廻さん、


な、ホント暑いわー

( 暑い、とつぶやく相手の言葉を聞き取ればコクコクと頷いて上記。洗おうと思い、手に持っていた色塗り用の筆をポイ、と水道へと投げ込んでは自分もベンチに腰掛けて「 はー、疲れた 」と思わず言葉を零して )

>>77 藤本兄、


( / お久しぶりです、!絡みますー、!! )

え、本が歩いてる…、!

( ぷらぷらと歩いていれば目の前から本の山が歩いて来たためギョッとして。よく見るとどうやら図書室で会った子だったため、思わず笑いを零しつつ上記。駆け寄ると「 また本持ってんだね。まあ、前よかすごい量だけど 」と冗談っぽく言えば「 手伝う、 」と短く言って )

>>90 香月さん、


→ 片瀬 ゆかり


わざわざ、ありがとうございます

( 自分のためにわざわざ台を取ってきてくれた相手の優しさに気づけば柔らかく微笑んで上記を告げて。ふと、相手の持っている本を見ては「 姫廻くんはどんな本を読んでいるんですか、? 」と興味を示して )

>>75 姫廻くん、


嗚呼、いえ、全然大丈夫です。

( 相手の笑顔につられ、こちらも柔らかく微笑んで上記。ふと、自分も割と今日は早く来たつもりだったのだが、すでに相手もこの時間にいたために「 あの、会長さんはいつもこんなに早く来ているんですか、? 」と思わず問いかけて )

>>77 藤本先輩、

104:姫廻星羅 出海◆8g:2018/08/01(水) 17:06

>>102 グラディアス先生

星羅
子供に見る癖を直そうとは考えないんですね

(がくっとして「先生に好意抱いてる人は多そうですけど
卒業したら誰か突撃に来そうですけど」と首を傾げて

>>雨蝶さん

出海
嫌じゃないよ、まぁ確かに暑いし中の方が涼しいしね

(と暑さを思い出せば汗が出てくるのを
感じて「行こっ」と言って


>>103 蜂谷先輩

でも雨降ったら洗濯物も乾かないし
ジメジメして私は夏の雨は嫌いです

(ふぅと息をついて「暑いしベスト脱ぎたいです」と
額に浮かんだ汗をハンカチで拭きながら言って

>>片瀬さん

出海
僕?僕はね、料理の本
僕、裁縫得意なのに料理は驚異的に下手だから…
星羅にも迷惑かけたくないから勉強してるんだ

(自他共に料理が驚異的に下手なのを解っていて
双子の姉に迷惑をかけたくないがためだけに
料理の勉強をしてると笑いながら言って

105:莉子 グラディアス◆rU:2018/08/01(水) 22:31


>>104 いづちゃん

…うん、いこいこ〜。

( 嫌じゃない、という言葉に少し目をぱちくりとさせれば、初めて言われた肯定の言葉に嬉しそうにして。 上記を言えば、スキップでもしそうなほど軽く、相手の少し先を歩きだして。 )


>姫廻姉

あー…直せるなら直した方が良いんだろうけど、別に相手は恋人じゃねぇしいいかってなるんだよな〜。

( はは、んな事ないない。と苦笑しつつ否定し。 実際こんな容姿で性格だから人気ねぇよ、と呟けば自身の明るい色の髪を摘まんで見つめ。 )

106:姫廻星羅 出海◆8g:2018/08/01(水) 23:07

>>105 グラディアス先生

星羅
私は綺麗だと思いますけどね、髪も瞳も

(さらっと素直な気持ちを言って
「日本にはないようや眩しい色じゃないですか」と微笑み

>>雨蝶さん

うん

(相手が少し先を行くと小走りで
隣に並び「最近すごく暑くて汗出るからベタベタして
嫌だよねー」と話し

107:莉子 グラディアス◆rU:2018/08/02(木) 20:46


>>106 いづちゃん

…あ、そうなんだ〜? わたし昔から汗かかないタイプなんだよね〜

( 暑いのは暑いのでぱたぱたと手で扇ぎつつ、その代わり熱こもって倒れたりしちゃう時もあるんだけど…と呟き。 体調管理面倒なんだよね〜、と言えば身体を冷やすようにジュースを飲み込んで。 )


>姫廻姉

…あー……そう言って貰えると有り難い、な…

( 少し驚いたように目を見開けば、ずるずると壁に凭れながら座り込んで。 頭を抱えた腕の隙間から顔が見えれば、嬉しそうな泣きそうな表情で上記を言い。 )

108:姫廻星羅 出海◆Ws:2018/08/02(木) 20:59

>>107 グラディアス先生

星羅
…?先生?

(パイプ椅子から降りて相手の目の前にしゃがんでコテンと首を傾げて

>>雨蝶さん

出海
汗かかない人は熱中症なりやすいって言うもんね
でも夏バテに効果的なのはオクラとかネバネバな食材がいいって言うよね

(そう言いながら小声で「まぁ僕が料理したら事故るんだけどね…」とボソリと

109: 蜂谷 宏太 / 片瀬 ゆかり  ◆x.:2018/08/03(金) 09:39


→ 蜂谷 宏太


まー、確かにな

( 夏の雨は嫌だ、と言われれば確かに、と力なく笑いつつ上記。「 服の生乾きとか嫌だよなー 」とうんうん、と頷きつつ上記を述べ。ベストを脱ぎたい、の言葉に対し、今の話からして脱げば、なんて軽率には言えず困ったような表情を浮かべ。「 そうだ、水撒きでもするかー 」なんて )

>>104 姫廻さん、


→ 片瀬 ゆかり


姫廻くんて、料理そんなに下手なんですか…?

( 手先が器用だとばっかり思っていた相手が料理は“驚異的に”下手と言うので思わずクスクスと笑いながら上記を聞き返し。姉のために頑張る、との言葉に「 優しいんですね。でも、出来なくてもきっとお姉さんもそんなに責めないと思うな。」と言ったのち、また「 でも、やっぱり姫廻くんは頑張るんだよね 」と続けて )

>>姫廻くん

110:姫廻星羅 出海◆8g:2018/08/03(金) 13:21

>>109 蜂谷先輩

なるほど、水撒きなら
涼しくなりそうですね

(納得したように頷くと「あ」と声を漏らし
「そういえば名前言ってなかったですよね?
姫廻星羅、2年です」と微笑み自己紹介をして

>>片瀬さん

焼くもの作れば真っ黒に焦げちゃうし
煮るもの作れば火を通しすぎちゃうし
本当に下手なんだ

(あははと苦笑しながら言って「確かに星羅は
そんな料理作っても「得意不得意はあって当然」って言ってくれるけど」と
言いながら少し考えると「いつか料理上手くなって
星羅にも「美味しい」って言ってもらいたいなぁって」と照れて言って

111: 藤本 和也/優也 ◆.2:2018/08/03(金) 13:51



* 和也 *


>>84 星羅

まあ、よっぽど疲れてたんだろ。先生いないから、一応俺いるけど、なんかあったら呼んで。

( 納得した様子を見れば、特に感情を込めることなく1文目。少し元気そうな相手を見て、離れても大丈夫かなと判断すれば、やや優しげな微笑を浮かべながら2文目を。 )


>>85 莉子

……騒がしいやつ…

( パタパタと階段の方へ走っていくまでの様子を見て、相手が窓際から離れたあと独り言のようにぽつん、と。自分がいた近くにベンチがあり、そこにおいて部活に行こうか、と相手がこちらに向かってくるのを確認すると同時にその場を離れて。 )


>>103 蜂谷 


… 何してたん?

( 筆を水道に投げ込む自分と同じぐらいの雑さを見て、疲れた、というつぶやきを耳にして。目は冴えたはずなのに、あくびをしながら特にどうでもいいのだがたずねてみて。 )


* 優也 *

>>85 グラディアス先生


……ふぅ…

( 返事の代わりに肩の力を抜くように深呼吸を一つ。焦点を定めて矢を放ち、矢が的に当たるまでのほぼ一瞬の間に的から外れることが分かり。今の反省点をブツブツ呟きながら首をかしげて。 )


>>90 香月さん

( / いえいえ、お久しぶりです。絡ませていただきますね〜。 )


…大丈夫?

( 教室を出ると同時に見かけた小さな背中。重たそうに何かをもって歩いている様子が窺えれば、反射で体が動きさっとお隣から4/5ほどかっさらい。覗いた教室に置かれてあった資料か何かだろうか、「 これまだあるよね。 ていうか、どこまで持って行くの? 」 と尋ねて、顔を覗き込めば、見たことのある顔。ときどき職員室で話しを聞くあの子だろうか、などと考え。 )


>>103 片瀬さん

…んー、今日はたまたま。いつもはこんなに早くは来ないかな、もうちょっと遅いよ。

( こんな早くに、と言われチラッと時計を確認すれば、いつも乗る電車の時間。徹夜して家にいても暇だったから、という理由は飲み込んであくびを堪えながら笑顔で、上記を。 )

 

112:姫廻星羅 出海◆8g:2018/08/03(金) 14:16

>>111 藤本(和也)先輩

…疲れてるっていうか単にすっごい眠たかっただけですよ
聴いたことないですか?「双子の眠り姫と眠り王子」って

(微笑み自分と双子の弟の一部から呼ばれてることを言って
「私は気にしてないですけど弟は気にしてるようで」と言って

113: 蜂谷 宏太 / 片瀬 ゆかり  ◆x.:2018/08/03(金) 16:19


→ 蜂谷 宏太


姫廻さんね、俺は蜂谷宏太。年は一個上だけど、好きに呼んでよ。呼び捨てでもいいし、

( 相手の言葉にそういえば名前言ってない、と自分でも思い出しては相手に続き、ニヒッと悪戯っぽく笑顔を浮かべて上記。学年を言ったものの、変に相手に気を使わせるのも嫌だなと思ったためにフランクに返し。そしてよいしょと立ち上がれば水道を目指して「 蛇口にホース繋いで撒くか 」とのんびりとした口調で )

>>110 姫廻さん、


あー、パネルの色塗り作業してたんだよね。

( 暑い日差しに顔をしかめていたところ、何をしていたのか聞かれれば相手の方へと視線を移し、ヘラリと力のない笑みを浮かべて上記。そして「 なんて言ったか覚えてないけど、近々パネル使うんだと 」とケロリとした感じで説明をしては「 暇なら手伝ってくんね? 」なんて断られるかなぁと思いつつも相手にダメ元で声をかけてみて )

>>111 藤本兄、


→ 片瀬 ゆかり

確かに料理って微妙なさじ加減が難しいですよねー。

( 相手の言うことに対して、確かに言われてみればそうだと思い、首をコクコクとさせて同意し、上記を述べた後「 まあ私も得意ってほどでもないからあまり偉そうなことは言えないんですけどね。 」と苦笑いを浮かべ。相手の姉に対する夢を聞けば、「 それなら頑張らないと、!応援します、! 」とこちらも微笑んで。 )

>>110 姫廻くん、


そうなんですねー。

( 今日はたまたまだ、と答えられればやんわり微笑みつつ上記を述べた後、「 なんだか疲れたような顔をしていらしたので、いつも朝早いのかなぁと思いまして 」と続け少々苦笑いを浮かべて。そして教室の時計をちらりと伺えば「 あ、長居してすみません。失礼しますね 」とペコリと頭を下げて )

>>111 藤本先輩

114:姫廻星羅 出海◆8g:2018/08/03(金) 16:37

>>113 蜂谷先輩

星羅
呼び捨てはちょっと…蜂谷先輩で…でも仲良くなったら
宏太先輩って呼ぶかもですけど

(「えへへと笑いながら返しホースを繋いで撒くか」と
言われれば「そうですね」と返して

>>片瀬さん

出海

ありがとう

(応援の言葉を聞けば笑顔でお礼を言って
「僕が料理で力になれることは今は
せいぜい食材切るかボウルの中のものかき混ぜるかくらいだなぁ」と
苦笑しながら答えて

115:莉子 グラディアス◆rU:2018/08/03(金) 22:36


>>108 いづちゃん

うえ、ねばねばしたの嫌い〜……んー?お料理得意なの?

( 眉を寄せて明らか嫌そうな表情を浮かべてぷるぷると首を横に振れば、夏バテになっても良いから食べない、と呟き。 ぼそりと呟かれは言葉を間違えて受け取れば問い掛けて。 )


>>111 かずちん

…っ嘘つきー!待っててって言ったのに〜!

( 視界に入った相手が歩き出すのを見ると、思わずそう叫び。 ベンチの所まで着けば、息を荒げつつも二言目をぷんぷんと怒ったように告げて。 )



>>108 姫廻姉

っ……あーすまん、ちょっと暑くて座っただけだから気にすんな、

( ハッと顔を上げ、目の前にいる相手に変に思わせたかと思い、すぐに笑みを浮かべ。 軽く相手の頭をぽんぽんと撫でれば立ち上がり、お前も立てと言わんばかりに手を差し伸べて。 )


>>111 藤本弟

…んー……。

( 何処が良くなかったのか見抜けば、自分で考えている相手にすぐに教えるべきかと少し悩み。 まあ本当に分からなかったら教えれば良いかと結論を出せば、相手の様子をじっと見つめて。 )
 

116:姫廻星羅 出海◆8g:2018/08/04(土) 13:01

>>115 グラディアス先生

星羅
…はぁ…

(差し出された手を握れば立ち上がり
「?」と首を傾げて

>>雨蝶さん

いや…驚異的に下手なんだ

(間違って受け取られた問いに
あははと苦笑して

117: 蜂谷 宏太 / 片瀬 ゆかり  ◆x.:2018/08/04(土) 20:39


→ 蜂谷 宏太

ん、りょーかい

( 呼び名についてのことに了承をし、上記を笑顔で返し。水道まで行き、ホースを蛇口に繋げ、取れないようにしっかりと固定しては「よっしゃ、水出すぞー」と声をかけては蛇口を捻って水を送り )

>>114 姫廻さん


→ 片瀬 ゆかり


でも、それが出来るなら二人で料理するのも楽しそうですね、!

( 苦笑する相手に、それほどのお手伝いができれば二人で楽しく作れるのでは無いかと考えれば上記を言い。でも相手の夢は姉に美味しい料理をご馳走することであることだと思うと今の自分の発言は違うかな、と考えて「 やっぱり火加減とかは慣れもあるんだと思います。機会があれば一緒に練習してみましょう? 」と軽く微笑み提案してみて )

>>姫廻くん

118:姫廻星羅 出海◆8g:2018/08/04(土) 21:04

>>117 蜂谷先輩

星羅
あ、はい

(「水出すぞー」と言われると返事をして
濡れないところまで移動して

>>片瀬さん

出海
星羅には焼くとかは私がするからって
星羅は僕と違って料理上手いから

(機会があれば一緒に練習するかと聞かれれば
「うわぁ!本当に?助かるよー」と言いながら
無意識で手を握って嬉しそうに

119: 藤本 和也/優也 ◆.2:2018/08/06(月) 19:42



* 和也 *


>>112 星羅

…あぁ、それあんたらのことだったんだ。

( ときたまに耳にする「 眠り姫 」と「 眠り王子 」の名を聞いてから思いだせば、特に興味なさそうに上記を。弟の方が気にしている、と聞き普通逆なんじゃないか、なんて思ったが口には出さず。 )


>>!13 蜂谷


へぇ、パネル、の色塗り、か。

( 汗が滝のように流れ、このくそ暑い中よくやってたな、と感心しながら上記を。パネルを使う行事なんてあったっけ、なんて首をかしげながら、今までの行事ごとを振り返りつつ、相手の説明に耳を傾け。見た感じ一人でやってたんだろうな、と想像すれば「 ちょっとだけならね。…暇だし。 」とあくびしながら答え。 )


>>115 莉子


…別に、待ってるって返事してねぇし。

( 後ろからの叫び声、反射的に立ち止まりそちらを向いてしまえば、前髪をかき上げながら面倒そうに上記を。「 で、他になんか用? 」オレンジジュースを受け取ったのならいいじゃないか、と少しだるそうに声を出して。 )



* 優也 *


>>113 片瀬さん


…そんなに疲れたように見えた?

( 苦笑いを浮かべながら、疲れたような顔をしている、と言われればやはり一つの心当たりが。驚いたような、でも微笑を浮かべながら、半ば独り言のようにぽつり。頭を下げる相手に「 んー。ありがとね。 」と、もう一度礼を。 )


>>115 グラディアス先生

 
…むぅ。せんせー、今の悪かったところ、どこですか?

( 自分のフォームを自分で見ることはできないため、後ろで見ていた先生に聞こうと独り言をふっとやめ。集中力も問題かなぁ、と一応視野に入れながら先生のもとに歩み寄り上記を。 )



120:姫廻星羅 出海◆8g:2018/08/06(月) 20:06

>>119 藤本(和也)先輩

星羅
はい、私達のことです
1年生の2学期あたりから
言われるようになりましまたねー
出海も別に気にすることではないのに…

(そう言いながら「むしろ女と間違われず「双子の眠り姫」と
言われないだけいいと思わないと」とボソリと言って

121:買って:2018/08/07(火) 17:42






( / みなさま、絡みありがとうございますううう!! 嬉しさの極みですっ(。>ω<。) これからも低浮上だと思われますが、どうぞよろしくお願いいたします!!! )


   *


     >>91 莉子ちゃん

   えっあっちょっ……はっ!?

( 急に現れた相手に驚き、持っていた参考書を半分ほど持ち上げられて少し軽くなったためバランスを崩し、持たせてしまったことを申し訳なく思い、それを見事なスタッカートで表現し。そして時差が生じた後に旧校舎でのことを指摘されたことに気づき、最後に間抜けな声を発し。)


   *


     >>93 星羅ちゃん

   えっ、あ、いいよいいよ!わたしこーいうの持つの慣れてるからだいじょうぶ!

( 慌てたように駆け寄り手の中の参考書の半分ほどを持ち上げてくれた彼女に、「 ちょっと先生に頼まれてね…… 」と事情を話し。重いと言った相手に申し訳なく思い、強がりとかそういうわけではなくただ普通に上記明るく言い。)


   *


     >>103 蜂谷先輩

   こっ……こんにちは!えっと重いですけど慣れてるのでだいじょうぶですよ!

( 視界が遮られてよく見えないが、どこからか驚愕声が聞こえてきて。少ししてそれが笑いに変わり、気づけばすぐ側に図書室で会った先輩がおり。挨拶をすれば、相手の言葉に首を振りにかっと笑って上記。と、その瞬間重いと言ったら余計手伝わせてしまうだろうと思い、慌てて「 いえ、これっぽっちも重くないのでだいじょうぶです! 」と言い換え。)


   *


     >>111 和也先輩

   えっ!?……っと先輩!わたしはだいじょうぶです……!

( さっと一瞬でなくなった参考書に目をぱちくりさせて驚き。だいじょうぶかと問われた質問が自分に向けられたものだと気づき、慌てて横を見ると隣にはたまに姿を見かける先輩が参考書を手にこちらを見ていて。どこに持っていくのか聞かれれば素直に「 2年1組の教室です 」と答えてしまったが即座に「 や、でも申し訳ないので! 」と歩きだそうとする先輩を必死で止め。)



   

122:  香月 ひばり  ◆EQ:2018/08/07(火) 17:44






( / ああもうどんなミスなんでしょう…(T^T)
   >>121はわたしです、すみませんorz )



   

123:姫廻星羅 出海◆8g:2018/08/07(火) 17:53

>>121 ひばりちゃん

星羅
ううん、暇してたし手伝わせて?
一人だと大変だし、私だって先生に頼まれて
図書室に新しい本運ぶから少し重いの持つの慣れてるし

(大丈夫と言う相手に一歩も引かずに手伝わせてと言って

124: 蜂谷 宏太 / 片瀬 ゆかり  ◆x.:2018/08/10(金) 11:53


→ 蜂谷 宏太


水出すだけで結構涼しくなるもんだな

( 水を出したホースの先端の元まで駆け寄り、持ち上げては周りにバーっと撒いていくとほんの少し涼しくなったような気がしたので上記を零し。避けてもらった相手へ視線を移せば「 姫廻さんも持ってみ、 」と言葉を続け、水がかからないようにホースを差し出して )

>>118 姫廻さん、



マジか? ありがとー、

( 少しだけなら、と言う相手の言葉を聞けば、嬉しそうな表情を浮かべて上記。そうとなれば筆を洗い直さないと、など色々考えつつ「 じゃあ早速だけど移動しよう、此処は凄い暑い… 」と先程まで作業していた場所の方が日陰が色濃くあったため、そこに相手を連れて行こうと思い、言葉を続けて。 )

>>119 藤本兄、



…折れそう、

( 相手がどうやら自分のことを覚えていてくれたらしく、挨拶をしてくれたのでこちらも「 どうも 」と返し。だいじょうぶだ、と言われたものの自分でも吃驚するくらいの本の量で、さらにそれを支えているのは相手の細腕であるために思わず上記をポツリ。流石にこれは、と思ったために相手の荷物を少しだけ取り、その他の荷物を抱えては「 じゃあ一緒に運ぶ 」と軽く笑みを浮かべて )

>>121 香月さん、



→ 片瀬 ゆかり


じゃあ、いつかお姉さんを驚かせてやりましょう、!

( 相手の話を聞けばグッと握り拳を作って力強く上記。嬉しそうに此方の手を取る相手に少しだけ吃驚するもふんわりと微笑んで「 成功させましょうね 」と続けて。 )

>>118 姫廻くん、



なんとなく…、ですかね?

( ポツリと聞こえた相手の一言に対し、答えるべきか迷ったものの疑問系だったように感じたので苦笑しながら控えめに上記を返し。相手からお礼を言われれば「 いえいえ、それでは。 」とふわりと微笑みながら返しては廊下を歩いていき )

>>119 藤本先輩、


新着レス 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS