共同殺害

葉っぱ天国 > 短編小説 > スレ一覧 ▼下へ
44:慧義◆HQ:2017/01/03(火) 20:45

〜明後日〜

『ピンポーン』


私は瞬の家のインターホンを押す。


すぐに、瞬が出てきた。


「よぉ。」


瞬は小さな声で呟いた。


「どうした?元気ないなぁ。」


私がそう言うと、瞬は黙り込んでしまった。


「ささっ!入らせてよ。」


私が慌てて言うと、瞬にも笑顔が戻った。


「で、今日は何の用なの?」


「もうこの計画終わりにしないか。」


「はっ?」


「何言ってんの?ここまで二人で頑張って計画立てたじゃない!なのに、何で?」


私はつい強く言ってしまった。


「………ごめん。」


「お、俺はっ…………」


「なんなの?」


「俺、刑務所に入りたくないんだ。」


「でも、そんな覚悟がないと殺せないでしょ?」


「でも、殺したいけど中々覚悟が…」


私はそんな瞬の言葉を聞いて、あることを言った。


「だったら殺した後、逃げればいいじゃん。」


新着レス 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
掲示板スレ一覧サイトマップ長文/一行モード検索Twitter シェアする?RSS