歌詞 書き

葉っぱ天国 > 作詞 > スレ一覧 1- 101- 201- 301-キーワード▼下へ
1:秋桜:2014/01/31(金) 20:44 ID:qVo

こんにちは。秋桜です。
歌詞を書きたくなったので書きます。

・荒らしは来ないでください
・他の方が書いてもokです。
・たまに歌詞クイズ書きます。
・思いついたら書くだけですので、書かないときあります。

以上ですね。たまにテンション高くなりますが
そこはスル―してください。

それでは、よろしくお願いします。

324:あき◆Hg hoge:2016/08/22(月) 23:32


ピンク色の花束



どうして泣いてるのって 言う勇気がないよ
背中合わせの僕らは 交わることはない
地平線みたいに真っすぐで すれ違うことしかない
それでいいと思うんだ 君はどうですか?

バーチャルの中でしか言えないような
言葉なんてもう心にはないじゃん
いらないものを捨てていくより
いるものを捨ててくほうが多いってどうしてなんですか

(サビ)
舞台の主役じゃなくていいから まだ君の後ろで笑ってたい
弱音なんて一生吐かないでしょう でもそれでもいいと思えるのです
無理に好きにならないでいいよ 無理に励まそうとしないでいいよ
ただただ僕に顔を見せないでいいから 無理に笑わないで

(サビ終了)

なにがそんなに可笑しくて 僕を笑っているの
遠回しの言葉よりも 素直に届けられたらな
息が苦しくなって涙が出る どうしようもないよな
それでいいと思いたい まあ思えばいいんだろうけど

(サビ)
舞台の主役じゃなくていいから まだ君の後ろで笑ってたい
君が幸せに笑ってくれるなら 僕はそれでいいと思えるのです
君の気持ちが少しでも軽くなるよう 君の声が皆に届くように
僕は傍でずっと見守っているから どうかまだ眠らないで

(サビ終了)

どうか君が明日 泣くことがないように
どうか君が明日 笑えますように
たとえ離れ離れになっても 幸せを願います

(サビ)
舞台の主役じゃなくていいから まだ君の後ろで笑ってたい
たとえ君が大嘘つきでも 心から幸せを願います
無理に強がらなくていいですよ 無理に優しいウソをつかないで
どうか僕を忘れてもいいから もう嘘なんていいよ

それでも地球ってやつは回るから 僕と生きていきませんか
背中合わせでさ ずっと




どうか、いつか幸せになれることを願います。

優しい感じの歌詞と、頑張ってるあの人たちに贈りたいな
なんて思ったので、書きました。
アスレチック行きたいのですが、高いところが苦手なのと
体力的な問題で、無理そうです。
でも生きたい。いつか友人といきます。


脱字ありそうです、すいません。

325:あき◆Hg:2016/09/04(日) 02:08


ヒヤシンス


生きる意味を探してる 空は青くて日が沈んでく
名前を思い出せない友人のことを考えた
しねない意味を考える 視線を気にし丸める背中
喪失し続けるのはいったいどちら様 ヒヤシンスを眺める

初雪が降る10月の下旬 夢は叶うと誰かが言った
大人になりたくないといい続けたら
いつの間にか戯言を吐く30歳だ
幸い歩く度僕の後は崩れていく
前に進んで歩くしかないのだ

夜が明けるのは朝日を手探りで探せるように
背中を押す明るい日差しが まだ僕を歩かせる
愛をいつも知りたいのは 知った時の喜びを
感じて欲しいから ひとつ残さず千八一夜感じて欲しいから

そう考える 考える

金魚が游ぐ川を作ろう 狭い世界に閉じこもる
必要はないから

そう考える 考える

糞野郎なんて吐き捨てながら
背中丸め歩く

しぬ勇気なんてあるわけねえな
それでいいと思う そうだと思いたい

そう考える 考える
そう考える 考える


意味を探す、意味を考える。
けれど最初から答えは出ているのかもしれない。
それでいいねと思いたい。思うんじゃない
思いたいのだ、僕は。

脱字ありましたらすいません

326:匿名希望:2016/09/17(土) 23:42

光に満ちていく世界 初めて繋いだ ぬくもりの誓い
微笑む あなたの隣に戸惑う 私は小さな囁き
「好きです」 「愛してる」 キミのことばかり思い出す
言葉ひとつ 彷徨う そんな夜 繰り返し繰り返す
ありふれたロマンス 怖い夢をみたの
あの日 あの時 あの夜 あの暗い夜に
あなたがいない あなたを感じない 
すべて終わり果てた 世界の果ての果ての 記憶が
さあ涙をふいて 振り子が止まるしらべを 
巻き戻す ねじの音に耳を塞いでた
ああ時計の針は 巡る 同じ時間(とき)を
あたりまえの空 ありふれた恋の夢を
ねぇ このまま ああ このまま 君の側で
終わりなんて 信じないから

ねぇ おでかけしよう? 今度の日曜どうしよう
動揺 どうしても あなたと話し足りない
あなたに会いたい いつも いつまでも キスも
ねぇ! どうして こんなにも!
ねぇ! こんなにも 嬉しいはずなのに!!
流れる 涙に 重ねる なにかに たしかに 微かに
諦めた時計の針 響く いつかの未来
いつかの信じない 思い出の中に 閉じ込めた奥の奥の
悪夢が ねぇ おでかけしよう…?
何かが変わる気がして 強く 君の手をひきながら
夜に怯えながら 鐘の音に耳を塞いでた
ああ 閉ざされた この世界 笑顔満ちた
終わりのない夢 砂時計 まわしながら
ほら 運命の 足音が また 聴こえるなら 
時計の針を止めて 魔法の鐘が鳴る前に

終わる未来に 目を閉じた もしも願いが 叶うなら
恋する夢を 見せて 時の終わりは 永久(とこしえ)に
あぁ 希望に満ちた 世界 輝く朝
目覚ましのベルが鳴る 少し寝ぼけながら
ほら見つけた あなたの背にいま
駆け寄ってく 新しい朝が来る!
このまま時が 止まれば いいのに

327:匿名希望:2016/09/17(土) 23:44

下がるのは お前らだ 汚い手を どけろ 
愚か者ども 私をこれ以上 怒らせるな
勝負は これからだ 命賭けた 覚悟
舐めるんじゃない 俺がここにいることを 忘れるな 

「お前らだけ」 
「カッコつけて」 
「ズルイよ…」 

柔らかい肌 白いまま
濡れた瞳は澄んだまま
香る髪には口づける

「あなたたちこそ 控えなさい!」 

無事なまま返さねば
地獄の国(ごく)から キツい一発
お見舞いしましょうヴァンパイア 滅ぶまで

We are fall in love with you.
Crazy about you.

痛くないはず なのに俺の胸がヒリヒリ チクっと
マジ本気だぜ オレ様らしくねぇとか 言うんじゃねぇ
もう離さない 可愛がってあげる 壊れてもずっと
懺悔しましょう 嘘はもうつけない 愛しさに負けた

We are fall in love with you.
Crazy about you.

私の手で絶望を拭い去る
俺の愛で運命を超えてやる
だから今こそ
この手を取れ
君を
オレを
蝶々よ
あなたを
お前を
君を
愛してる

328:匿名希望:2016/09/18(日) 00:11

張り詰めた 弓の振るえる弦よ その切っ先によく似た
そなたの横顔 悲しみと怒りに まことの心知るは 森の精
もののけ達だけ もののけ達だけ

329:あき◆Hg hoge:2016/09/26(月) 20:48



花が散る火が消える
夕暮れの中に咲いた
あの花は少なくとも綺麗とは言えない
それでもそれでも君が綺麗だって笑うから
それでもそれでも君が素敵ねって泣いたから
青い藍い海の中いつまでも一緒にいた
ただひたすらに望郷へと帰る
 

いつもの喫茶店でコーヒーを啜る
タバコを咥えるスーツ姿に
なんだか大人みたいと笑った
破れたブックカバーを手に青い金平糖を噛み砕く
約束を果たすまでしねないと
本気で思った15の夏
傷心に浸りながらも朝が明けるのをずっと待った
進んでく後ろ姿を僕はいつまで好きでいるだろう
 
いつだったか憶えてるかな
お互い手を繋ぎ叫んでいた
それでも貴方は綺麗だねと笑っているから
どうか明日が雨ならと願い続けた
 
雨音が鳴り響く正午12時
てるてる坊主がぶら下がる窓辺から
雨ざらしのような男をみた
思い出話に出来るほど大人になった自分に悲しくなる
貴方もそろそろ眠いでしょう
ゆっくりおやすみの子守唄
今日も素晴らしい夢の数々だったのです
いつの間にか目で追う
そんな僕自身がずっと大っ嫌いで仕方がないよ
 
いつだったか憶えてるかな
お互い手を繋ぎ叫んでいた
それでも貴方は綺麗だねと笑っているから
どうか明日は雨ならと願い続けた
 
昨日の数を数えていたら
今日をすっかり見逃していた
みんなみんなしんでしまえ
裸足で駆け出す通学路の道
貴方の名前がどうしても思い出せなくなってしまって
さよなら明日ね
同じ今日は2度と来るはずない
 
 
いつだったか憶えてるかな
お互い手を繋ぎ叫んでいた
それでも貴方が綺麗な花火だと笑っていた
さよなら明日はない
せめて明日は晴れてと笑いかけた


著作権に関わるのを載せるのは
やめていただきたい

330:あき◆Hg:2016/09/26(月) 21:28




どうせなら海で溺れ死のうか
手をにぎりながら笑いかけるから
微笑んで微笑んで微笑んで 息を止めて
泣いたって泣いたって泣いたって知りやしない
どうせならあの地平線まで行こう
まるで御伽噺のような物語
姫は王子と必ず恋に落ちる
それなら行ける所まで行こう
何も恐れなかったあの日のように

沈む暗い暗い光へ
無粋な私をどうか許して
それでも2人暗い青の中
それでも2人重い鎖だとしても
貴方がいれば何も怖くないと
私だけがずっと確かに信じ続けてた



自分にしてはとても甘々の恋愛曲
脱字はスルーしてください
pcじゃなくスマホなんで打ちにくいんですよね
久々に上げる

331:あき◆Hg:2016/10/23(日) 14:59



全然上げてなかったので、久しぶりに上げる
今月中には一つほど上げるつもり

332:カオナシ:2016/11/03(木) 01:14

なんまいだ 何枚だ
空に飛ぶ雲 湿気てる

足にまとわりつく 皿 何枚だ
メガネは今日もホットケーキに恋してる

ホラ吹きミジンコ 愛されていても
シトラスの香りで 嫌われる
マチコチャン

ごっこで終わる 運動会も
頭痛にさらわれる 文化祭も
ハチの声には 一生なれない
マチコチャン

外から見える景色はもったいないほど粗末なものだ
彼らはもうすぐ枯れる みっともない顔して眺める
マチコチャン

333:カオナシ:2016/11/03(木) 01:19

血の垂れるようにイヤホン垂らして死人のような顔する僕
仮面の下は汁でぐちゃぐちゃ
泣くまでそこで笑ってたよ
耐え切れず楽園に走ったな
そこで針に追われながら

解説(笑)
教室嫌いな僕の歌です
仮面っていうのはマスクのことで
楽園は保健室です
針とは時計で時間に追われてるってことです

334:はらの:2016/11/03(木) 01:20

細い沼の 小さな物語 三つ数えて潜ったら
そのままおわかれしちゃったよ

335:あき◆Hg hoge:2016/11/03(木) 20:51



>>332-333

>>334


ありがとうございます。
やはり、解説があったりすると分かりやすくて
読んでいて面白いですね。

言葉の使いまわし、すごく好きです。

336:you!:2016/11/04(金) 05:09

落合舞〇子「F1」
少子化問題 高齢シェッヘェ!
アッハーンッ!ハッハーンッ!ハッハーンッハッ!!
ヴァアッ!ヴァアッ!ヴァアッ!
ごの世のブッヒィッフェェーーーン!!!
……中奏
ザリガニ食べで寝て…
妄想繰り返す…
ヴァアッ!あなたにゃ分からんでしょうね!
ごの世のブッヒィッフェェーーーン!!!
オンナジャオナジャ思っでぇ!
立候補した!
世の中をゥ変えだい!
その一心デェヒェェーーッ!!ヴァッ!!
……後奏
ごの世のブッヒィッフェェーーーン!!!

337:あき◆Hg hoge:2016/11/07(月) 00:49



>>336


おもしろいね
どこぞの野々村かな?

338:あき◆Hg hoge:2016/11/21(月) 20:57



約束をした大きな樹木の下
「一緒に世界征服でもしようか」
笑ってしまうな馬鹿げた期待だな
幼い僕が無邪気に笑う 指切りげんまんの歌

季節は過ぎてって十年目の春
あの日の樹木に桜が付き始めた
書き留めた詩集の背表紙をそっとなぞる
気持ち悪い言葉を並べた僕の本音を見た

いつか大人になれば
空も飛べるくらい自由なんだろうな
将来の夢は歌手にでもしとこ
隣で笑う君とずっと一緒にいよ
2人でならどこまでも行ける気がした

*手を取り合って歌を歌いあって
いつしか増えた仲間と笑えるよう
破いた手紙に約束の文字が浮かび上がる
僕はいったい何をしてるのだろう

隣に並ぶ君を見るとおもわず立ち止まる
そこに立つのはきっと僕ではない
底なし沼に立った君をそのまま置き去りにした
目を塞いだままの 指切りげんまんの歌*



いったい君は、どこまで行くというの。
それはきっと内緒話だった。

339:あき◆Hg:2016/12/29(木) 19:49


合言葉



そうやって耳を塞いで
あたしの声なんて聞こえてはいなんでしょ
背中合わせに空を見ているだけで
知ってる手を握っていてくれる君は
あたしの事なんか見もせず
ずっと後ろの貴方を見ているのね

どうしようもない くだらない
愛してない 希望もない
はたしてどうなんだか さてはてどうするんだか
最後に聞いた言葉 最後に名前を呼んだのはいつだったか
全部が夢で目を開けたら 最初からやり直せたらいいのに

*もうない時間を置き去りに 脳内会議中
笑顔を作って笑い声上げて 期待通りのあたしがそこにいた
はだしで砂浜を駆け抜けて だらしなく口を開けたまま
空を見て5 息を止めて このまま死んでしまえたらって思うのだ*

背中合わせのまま泣いて
なにが悲しいのかどうしても分からないんだ
このままあなたが死んでくれたらいいな
二人で楽しそうにしているのを見て
あたしなんかいらないんだと
あなたがいないことに知らん顔した

どうだっていいの それでいい
言葉もない 未来もない
はたしてそれでいいのか そんなんでよかったのか
開きかけた口閉じた 愛してるだなんて腐っている言葉
ずたずたに切り裂けたのなら 全部嫌いで埋め尽くしてしまえ

*もうない時間を置き去りにして 脳内会議中
笑顔を作って笑い声上げて 期待通りのあたしがそこにいた
はだしで砂浜を駆け抜けて だらしなく口を開けたまま
空を見て 息を止めて このまま死んでしまえたらって思うのだ*

もういない そこには いない きっと
どうして ここには あたしがずっと見つめたまま
「嘘つき」だなんて 笑うのだ 

もうない時間を離さぬまいと握りしめていた
気づいたときにはもう 誰もいないことに気が付いた
ずっと走ってたらいつか空が飛べる気がして
背中にいたはずのあなたがもうことに気が付いた
それならもう

*君を殺せばいいんだって あなたも殺したら
一人一人声がちゃんとあるなら どうしてあたしは何も言えないの
口に出せない感情ならば 捨ててその場に蹲ろう
空を見て 息を止めて このまま死んでしまえたなら
もう これはきっと秘密の合言葉なんかじゃない*



そこにもうあなたはいない、君もいない。
手遅れなのだと、気づいてしまった。

久しぶりに上げます。
気づいたときには時すでに遅しってね。

いつかあたしの前からは皆消えていきました。
あなたも、君も。

340:龍聖:2016/12/30(金) 00:26

私は世田谷区在住の30代会社員です。
一時、コミュニティで注目を浴びましたが落ち着き
再び現れる事が可能となりました。作詞の題名は
『哀恋歌』
「胸の痛みがとれなくて、ため息を私はついてる
冷たい雨が頬を濡らす事がないとしてもきっと
アナタを忘れるのは難しいのでしょう。
小指に光る指輪は2人だけの戻らない思い出達
哀し恋の結末を誰も望んではいないはずだから
今、だけは全て忘れて好きな馬を口ずさみの」

341:たかし:2016/12/31(土) 00:54

†ポークビッツに告げる歌†

YOYOオレはこの世を統べる覇者
お前はいっつもスベる奴♪
限りなく差を見せつけてやる
尊大な羞恥心と臆病な自尊心♪
李徴とはオレのことか?
でもトラにはならねぇオレは神⚡

342:たかし:2016/12/31(土) 01:12

ラップはあかんのかーい

343:シンク:2016/12/31(土) 02:39

Hey yo!!!!
なんだなんだキングは俺だぞ
よし鍛えっぞ痩せるぞ
レッグマジックガチ勢さ
大の字たかしはすぐさまクッキー
明日もクッキーブチ込むぜ⚡♪

344:あき◆Hg:2016/12/31(土) 19:16


>>340


いつもお勤めごくろうさまです。


>>341

ごめん、あんまポークビッツ好きじゃないんだ
ラップはあかんくないよ


>>343

お前いろんなところで書き込んでんのな
楽しそうでなによりだよ

大人しく紅白歌合戦でも見ていてください

345:シンク:2017/01/02(月) 03:07

>>344
数日前に友達から非常に香ばしい掲示板があるということで、いろんなところでやんやしました。
明日から忙しくなるので、おいとま致します。大変楽しかったです。
お互い実りある1年にしたいですね。よいお年を!

346:あき◆Hg hoge:2017/01/06(金) 21:29


>>345


あけましておめでとうございます。


遅れてしまい、もうしわけない。
忙しいとのことで、もう見ていないかもしれないが
次来るときは、ほどほどにお願いします。


では、よいお年を。

347:あき◆Hg:2017/01/06(金) 22:10


鬼と死んだはずの幽霊


汗ばんだ手で「どうか、どうか」と君の手を
ただ握りしめていた
落とさぬようにと震える手の中にある提灯は
もう意味をなさない
不安そうに顔を歪める君を決して
離すことはないと神に誓った

「その子を餌にして自分だけ帰ったら?」
花を花を捨てて
「君が裏切っても誰も憎まない」
明るい明日が来る
「そう、そうだとしたら」
そうだとしたら
「本気の鬼ごっこ始めましょうか!」

今宵も宴だ

*さあ走れ走れ鬼の形相
しかめっ面の般若がおそう
走れ走れ風のごとく
泣きそうになり君を抱きしめた

走れ走れ寂しさを
紛らわすように着物がはだける
嗚呼、終止符はまだない
嗚呼、終止符はまだ来ない*

息を整えるため物陰へ逃げ込んで
後先を考える
無我夢中で走っていたため場所は分からずに
勘が頼りなのか
それでも君を守ると神に約束した
貴方をまだ信じなければならぬ

「あらあら君はまだ諦めていないようね」

「そろそろ降参してもいいんじゃない?」
花を花を捨てる
「可愛そうな子ね」
明るい明日がきて
「さあ見つけたわ早く逃げなければ」
その笑い声

その子を助けたいんでしょう?

*さあ走れ走れ鬼の形相
般若の面の下は見れずに
走れ走れ風のごとく
そこにはない笑顔を欲しがってる

走れ走れ寂しさを
花束に詰め込んで贈りましょう
嗚呼,終止符まだない
嗚呼,終止符を打たせて*

幼いころ 神様に 手を引かれて
街を出た 鼻を擽る その香りを
君の手が離れていく
守ると決めた 笑い声を
守ると決めた たった一人

*さあ走れ走れ泣きっ面で
提灯も全部投げ捨てて
走れ走れ風のごとく
神との約束守りましょう

走れ走れ「寂しさを
押し殺してでも守りたかったの?」
走れ走れ何もかも
捨てさりたいほど愛してた

今花を空にばら撒いて
ようこそ待ち望んでいた終止符*




最後に死んだのは、いったい誰なのだろう。



少々影響されてはいるような気がします。
気のせいでしょう。


こんな感じの歌詞を書いたのは、初めてかもしれませんね。
テーマは鬼ごっこ、そして終止符。
とても厨二病です。
まあ、楽しいので仕方ないですね。

厨二くさいのは大好物なので、シリーズ化していきそうですが
そもそも中二病じゃないと歌詞とかは書けない気がします。


厨二病の想像力というのはうらやましい限りです。


脱字あったら、申し訳ない。

348:あき◆Hg あ。:2017/02/06(月) 22:12


守れない



「あたし好きな人できたから貴方とはいられないわ」
そう言って出ていったあいつは今何してるかな
遠い遠い未来を考えるのには少し早すぎていて
昔遊んだ玩具たちはいつの間にか捨てていた


初めて好きになった人 気づいたら離れてて
あれ、おかしいな? と思った時には僕は立派な大人でした
時間に追われて転ぶ毎日 電気をつけて閉じる家のドア
殺風景な部屋の中に 見えたものは何もねえな

光る光る白いあの星は 死んだ人が生まれ変わるんだって
いやそんなことねえ 死んだら終わりだ
楽しそうな家族を横目に見て

*今日僕は死にます 首をつって死にます
遺書には「疲れました」なんて書いて 悲劇の主人公アピール
昔のアルバムを見て 楽しかったなって思い出して
今じゃネットの中染まって 誰かへ刃物を突き立てる 突き刺す*


ねえお母さん僕ってさ 貴方が誇れる強い子でしたか?
上手く笑えなくなった僕を見て ダメな子って言ってくれますか?
ねえ明日の僕は きっとまだ生きてるんだろうけど
どうか遺書の最後は「どうぞ笑ってくれ」そう書いてほしい

*今日僕は死にます 首をつって死にます
気づいたときにはもう 戻れないと 気づいてしまったのです
今日僕は死にますが 首をつって死にますが
最後に僕が傷つけたすべての人 どうぞ笑ってください
指を指して笑ってください でも誰か一人だけは

泣いていてほしいと願うのです*





昔描いていた自分とは違くて絶望して
優しい奴なんていないことに絶望して
もう生きるって何かなって分かんなくなる。

そういや小さいころの俺って、なんであんなキラキラしてたんだろう。
そういやなんで大人の俺って、こんなにつまんない人間なんだろう。


お久しぶりです。一カ月ぶりですね。
脱字ありましたら、すいません。

349:もみじ【嫌われることが怖くて、僕は僕は僕を隠した】:2017/02/06(月) 22:16

失礼します
これまでの歌詞読ませてもらいました!
いいですね!ツボにはまりました!
これからも頑張って書いてくださいね♪

350:小梅【嫌われることが怖くて、僕は僕は僕を隠した】:2017/02/06(月) 22:18

特にあきさん

351:あき◆Hg hoge:2017/02/06(月) 22:35



>>349-350


同一人物であってる……かな?

久しぶりの他人からのスレだから
荒らしかなって思ってしまいました。
申し訳ない。


お褒めの言葉、ありがとうございますm(__)m
名前の横の歌詞はハイドアンド・シークですかね?
あまり名前を出すのはあれですが、気になったので。


マイペースにやっていくので、どうぞこれからも
宜しくお願い致します(⌒∇⌒)

352:あき◆Hg あ。:2017/02/11(土) 15:31



未来はないと諦めた 資本主義 社会主義横目に見て
帰る家がないと嘆いた 神様は全てを見ているから
話をしようぜ 長い話
挫折の先には何がある


そこには逃げ場がなくて 家に帰っても怒鳴られてる
イヤホン付けて耳塞いでも 言葉ってもんは入ってくるもんだ
果たして これして
どうして そうして
いやいや今も昔も 助けなんて何処にもありません
だからこそ穴を掘った たくさんの物が入るくらいの穴を

ラブソング ラブソング
伝えたい気持ち詰め込んで
ラブソング ラブソング
僕の愛を受け取って
ラブソング ラブソング
いや、違う多分これは

愛を置き去りにしたなにか

*偽善者は悪人に戻る
空はいつまでも青くすんでる
幸せ者の僕にもそれくらいは分かる
早くここから立ち去らなきゃ

遠くから聞こえる最近流行りのJPOPを無視した
嗚呼、早くここから逃げなきゃ
こんな空き地さっさと売り飛ばして
僕ら逃げ道探さなきゃ*


甘えるなと頬を殴られた 中学最後の夏休み
あの日からなんにも変わらない 今日は五回言われてしまった
そうやって 愛して
違くて 返して
言えずに溜まった言の葉を 今も言えずに口の中に入れる
だからこそ穴を掘った たくさんの言葉が入る穴を

ラブソング ラブソング
中途半端な言葉並べて
ラブソング ラブソング
神様を殺すのだ
ラブソング ラブソング
これが僕の舞台公演

さあ客席よ早く埋まって

*善人は悪人の振りをする
少女は一人ぼっちで眠る
信じ給えきっと明日は来る だから
早くここから立ち去って

夢にいれば何もわからない何も見ることなどないよ
さあ、早く逃げ出さなきゃ
枯れた花畑が広がる空き地置いて
真っ直ぐ前向いて*

人から人へ繋がるそれを
僕は受けとる前に糞虫になった
溢れる涙と零れるそれ抱きしめ

嫌われる前に嫌わなきゃ
裏切られる前に裏切らなきゃ
そういう世界を神は作った
そういう世界から僕は逃げた

ささっと神なんて死んでしまえ

*悪人は見下しながら笑う
今や全世界に善人はおらず
信じ給えみんなみんな
悪人に戻るしか方法はないぞ

汚れた世界を作った僕らは知らん顔で罵倒し続ける
もうここにいられやしない
だからこそお前は振り向かずに去って
逃げ道はちゃんと作っておいたから
何もしらない顔でお逝きなさい

今すぐにここから立ち去って*




ラブソングに意味なんてない。
あるのはそこにはあるわけの無い愛と
腐った言葉だけだ。

つまりこの歌詞も意味なんてないのかもしれない。


全否定していくスタイル。
ほんと鳥肌がたつくらい気持ち悪いよね。
色々と。

脱字とかあったら、申し訳ない。

353:あき◆Hg あ。:2017/02/12(日) 20:23

シオンをささげて


優しくされたとき自分の弱さを
胸が痛くなるほど知りました
寂しいならそう言えばいい
なんて簡単なこと言ってくれるな
花束抱えて歩いた午前三時君を思い出す

*春が来たらさよならして
二度と振り向かずに
帰り道歩いて君を思った 
ただそれだけで

涙があふれるのはなぜなんだろう
もう二度と戻らない
それは一番僕が知っていた
ほら僕に笑いかけて*


そういえばって思い出したのが
くだらないことだと気付いたのです
紫苑を抱いて空を見て
なにバカなことしてるんだって呆れて
誕生日おめでとう昨日の僕


どうしても優しくなれない
強くもなれないし傷つけてばかり
何をしているんだって自分自身に怒って

昨日の価値は今日の価値ではない
けど昨日の失敗は今日の失敗だ
成長なんてするはずない
弱い奴ならなおさらだ

*あの春の日さよならをして
振り向けばよかったなって
今更後悔しても遅いって
知っていたんだ

忘れないよって嘘をついて
忘れないでって願って
届くはずないことは僕が知っているから
ほら早く僕に笑いかけて

今すぐ僕に笑いかけて
そんな午前三時*



前のやつ。
時間がないので、勘弁してください。

まあ前のやつって言っても一月のやつだけどね


脱字あると思います。

354:あき◆Hg hoge:2017/02/14(火) 22:42



一番届かない教師の言葉を かみ砕いて
昨日自殺した友人のお葬式の中
泣いて 喚いて 口閉じて 目を瞑って
悲しむ他人と 怒る親族を
ただ見つめて嗚呼どの面下げてるんだか
陰口 痛い 痛い 痛い 痛い バカ みたい


教室の隅っこ一番後ろの席 あたしが
一番大っ嫌いな 教室 満室 騒がしいです
友人が死んだことを忘れたように
笑うクラスメイトが無性に気持ち悪かった

もういいかい いい まだ いい 違う 空 見て ない
嗚呼 まっすぐ 落ちる 君 を はっきり見た一週間前
クラスメイトは笑いながら
「知ったこっちゃないな」って唾吐いて 教師の前ではお人形のふり 
さてはて一番の加害者は誰なのか

*脳みそぶっ飛ばして 破壊して
脊髄も真っ二つにしたら 誰もが望んでいたエンドロール
自分自身で潰しておいて今更惜しくなっても 遅いよ

眼球に針刺して 鼻を折って
何もかも無駄にしても 関係なしに
ただただ終止符を待っている*


風の噂話自殺ではなく他殺 いやいや
目ん玉付いてんでしょ 教室 屋上 刹那に酔う
手紙に書いてある脅迫じみた文字
昨日金魚が死んだって「苦しそうにもがいてたよ」

もういいかい いい まだ いい 嗚呼 血を 吐き だす
ねえ まっすぐ 突き刺し 内臓 が 飛び出ていたの
クラスメイトは泣きながら
「絶対に許さないよ」って指突き立てて 教師も怒り狂う二時前
さてはて一番の容疑者は誰なのか


*手の指全部追って 真っ二つ
耳切坊主のように捨てたら まさにずっと望んでいたエンドロール
無くなって初めて気づくそれが人生? バカ言うなよ

ただ終止符を打たなければ
隣の猫が笑った*


その日聞いた言葉 分かっていた
愛してるの言葉ほど軽い言葉はない
最後に口で唱えて 追い打ちをかけたのは誰?
昔聞いた 裏切る事こそが生きる近道

脳みそぶっ飛ばして楽になって
さよなら初めてのお友達
さてはて一番の被害者は誰だろね

*脳みそぶっ飛ばして まき散らして
目ん玉見開いて唾液零しても ほらこれが皆望んだエンドロール
自分自身でかき消しておいてねえほら それはずるいよ

脊髄も役に立たず かっらっぽだ
さあそろそろ気づいたかい? さようなら
貴方を終止符の中に引きずりおろすから

誰もが望んでいた終止符を今*



厨二病シリーズ2

と、名付けているが、気が向いた時しか書かないやつ。
「うわ、今すっごい痛いこと書きたい」ってときに書いてる。
つまり自己満。


色々つっかかるのはすまないがNG。


見直ししてないから脱字あります。

355:秋◆Hg hoge:2017/02/19(日) 01:09


天邪鬼


名前のない花を見ていた 誰かを思い出せそうな気がして
少年少女は壁にぶち当たり 「どうしよう」と困ったまま見つめるだけだ
昨日の僕に告白を お誕生日おめでとう15歳の僕
写真はまだ飾る勇気がない


一人では生きていけない だらだらと理由を述べて
虚無感と戦って 出来るだけ足跡残して
絶縁したいつかの仲間が 昨日結婚したと聞いた
そこにいるのは誰だっていい 目の前に映るのだって同じだ
生きるのに疲れてしっまたの あなたの隣にいるとなおさらね
そうやって自分を守った

鏡に「誰だ」と唱え続ける日々 ゲシュタルト崩壊する月曜日
お前はただの弱虫だと 言って笑ったあの人はどこにいった
見つけることはない手紙を書き留めている

*生きて生きて生きて 死んでいく毎日
仲睦まじい家族を遠めに見ているだけで
生きて生きて生きて そして 明日には死んでいる毎日
そうやって自分否定して 貴方はまだ口を押えたままだ

生きて生きて生きて 死んで 花が咲いたら素敵な今日がある
見つからないよに息ひそめ バレないように母を抱きしめた
もう怖いものなどないよ そしてやってくる誕生日*


もうここに居場所はないよ 星屑を必死にかき集めた
忌み子は笑う 笑いながら殴られる
見て見ぬふりは得意だ 気付けば動かす足を速めてた
そこにいるのは僕ではないよ 貴方の目に映るのは僕じゃない
死ぬことより生きるのが難しい そんなことないって励ました
それは一番僕に言わなきゃな

鏡に毎朝あいさつをする毎日 寝ぐせだらけの自分を見ていた
酒に酔っぱらう毎日 あの人のようにはなりたくない
見ることはない手紙にそう必死に書いていた

*生きて生きて生きて 死んでいく毎日
手を差し伸べたあの人はすぐに消えていったの
生きて生きて生きて そして 明日には死んでいる毎日
どうしてもその言葉が 汚く感じてしまうのは僕だ

生きて生きて生きて 死んで 花が咲いたら素敵な今日がある
泣きながら帰りを待っていたよ なにも見つかりはしないけど
愛を買う前に空っぽにしなきゃ そしてやってきた誕生日のため*


生きて生きて何度も呟いた 何が命だ何が宝だ
友人と笑いあう自分がそこにいて
いいように使った記憶のかけらをわざわざ捨てた
生きて生きて話をしようよ 明日がずっと待っているから

*生きて生きて生きて 死んでいく毎日
それが人生よってもう聞き飽きたよ
生きて生きて そして 明日には死んでいる毎日
そうやって否定した分 自分を殺したの

生きて生きて生きて 死んで 花が咲いたら素敵な今日がある
慣れない温もりを忘れないように 必死に星屑抱きしめた
涙を流す暇なんてないから 過ぎ去る誕生日をずっと眺めていた
さようなら手を振って笑っていた 初めまして望んでなどいない僕の声*



生きたって問題ないって、笑ってよ。

誕生日って実感ないよねって歌。


死にたいんだったらさっさと死ぬけど
不完全に病んでいる人は全然死なない。
本当は生きなくてもいいけど、ふとしたときにどうしても死にたくなる。

最近そういうもんなんだろうなって、分かってきた。


だからそういう人が一番心にくる言葉は誹謗なんだよね。
あくまで憶測だけどな。


多分脱字あります。

356:檸檬:2017/02/19(日) 15:42

できれば昨日に戻りたい
無邪気に笑う君の顔が
僕にまとわりついてくる

今日もいつもと変わらない
同じ"作業"の繰り返し
机に頬杖をついて
窓の外を眺めてる

帰り道 地面に伸びる黒い影
橙の光に包まれて
君は手を振り言った『じゃ、また明日』って

当たり前のように思ってた
明日も平凡な1日だと
目の前に迫る"絶望"に
僕は気付かず目を瞑っていた

お願い神様
僕の命と引き換えに
昨日に戻る方法を教えて
運命の歯車を狂わせて
暗闇から君を救い出す
それが叶わぬ願いだとしても
僕は君に手を伸ばす


入学式の時の写真は
あどけなさがまだあった
何だか君じゃない気がして
僕はそっと目を逸らす

LINE 君との最後の会話
隠れたヒントに気付けなかった
罪悪感 溢れた言葉『ごめん…』って

君はいつも待っていた
誰かに気付いてもらう事
君を取り巻く"孤独"に
僕は気付けず 眠っていた

お願い神様
僕の人生と引き換えに
過去に戻る方法を教えて
孤独の檻を破壊して
君をそこから救い出す
それが無駄な希望と言われても
僕は君に手を伸ばし続ける

あの日にもう一度戻れたら
そう思って毎日を過ごす
宙にぶら下がる君の姿が
僕をずっと締め付ける

僕の最初で最後の"リグレト"

357:秋◆Hg あ。:2017/02/26(日) 22:06




泣いたって
僕は知らないよ声も聞かないよ
後悔したってもう遅いことに気づきなよ
苺が潰れてフォーク刺して
愚者はすまし顔で笑ってた
君は言う空を見る
白猫は黙って僕を見てた

いつかはあの鳥みたいに
僕だって空を羽ばたくんだ
惨めかな 惨めだね
明日は空から魚が降るよ
海辺のカフカを読み終わった朝
次は変身を手にする夜
答えはない言いたくはない
世界はメタファーで在り続ける

いつも耳を塞いでちゃ疲れるでしょ
僕が切ってあげるよ

*いつだって
愛情 愛念 傾慕 慈愛
抱きしめて輝きだした
賢人は口を塞いで

優等 佳良 良質 高上
真っすぐに前を見つめた
早くしないと終電だ*

「馬鹿みたい」
僕は気にしない嫌われたっていい
名前を聞いても思い出せないなああ、ごめんね
林檎突き刺して皿を割って
点滴打てばもう痛くないよ
君は笑う力なく
白猫は愚者に懐いたままだ

嗚呼

善人なるため心がけよう
僕は完璧な人間になろう
平気かい 大丈夫
魚は地面に叩きつけられた
海辺のカフカを思い出す夜
変身も一緒に思い出してた
父はいないそこにいない
不自由であることを望み続けた

いつも口を噤んでいるばかりなら 僕が
縫ってあげるよ

*そうやって
愛情 愛念 傾慕 慈愛
腕の中から零れ落ちた
愚者は笑顔で佇むまま

優等 佳良 良質 高上
君はまだ分からないままだ
早くしないと終電だ さあ*

「いつも周りを気にしているけど
それって生きているの?」

違う

違う

愛情 愛念 傾慕 慈愛
壊れたまんま戻りはしなかった
賢人はそれに気づけず

優等 佳良 良質 高上
全部を全部求めすぎた
早くしないと終電だ

*黙ってよ
妄想 憎悪 迷妄 厭忌
さよならってそう告げた
愚者はすべてを持っていて

不良 劣等 粗悪 低質
「君は何も悪くはなかった」
早くしないと終電だ*

世界はメタファーだと君は笑う



頑張ったよ


多分、悪くはないんだよって歌。

歌詞板も随分人が増えたね。
やはり女性が多いのか恋愛系の歌詞が多いようで。

私はそんな西野カナみたいな
会いたくて会いたくて震える歌詞は書けないので
尊敬します。

脱字あったら申し訳ないです。

358:mercy&◆ds:2017/03/12(日) 09:33

横から失礼しますm(_ _)m
私も入ってもよろしいですか?
載せたいんです😁
他のスレにもたまに載せてます!
良かったら見てください!

359:秋◆Hg hoge:2017/03/13(月) 20:45


>>358

返信、遅れちゃってごめんなさい。

どぞどぞ。
私不定期更新なので、載せていただけるのは
嬉しいです。

色んな方のスレは覗かせてもらっているので
知ってますよ〜。
言葉の使いまわし素敵だなと思いました。

360:mercy&◆ds:2017/03/15(水) 06:44

あ...知ってたんだ...言葉の使い回しまで...(ショボン
返信遅れてゴメンナサイ!
今度歌詞載せます!

361:あき◆Hg hoge:2017/03/16(木) 21:29


>>360

楽しみに待ってますね(*´︶`*)

362:あき◆Hg hoge:2017/03/16(木) 21:39


君が咲いて、僕が咲いた。


僕が咲いたこの街で
嫌いなあの子はまだ息を吸ってる
机に書いた落書きなんて
今じゃいい思い出だよな
 
僕が咲いたこの街で
嫌いなあの子は笑ってて
そうやっていつだって悪いことは全部
忘れてしまうから
 
嗚呼、どうだろう
今更後悔なんてないのに 何かが足りなくて
あの日泣いた
君の顔が忘れられない
 
*なんで 縋って縋って縋ってでも
今日を変えたいと声を枯らすの
簡単割れてしまうガラスが日に日に
増えていく毎日で
いつも 笑ってそうやって自分を保って
誰も助けやしないのにね
落ちた画鋲を笑顔で拾って
痛みを和らげた*
 
僕が咲いたこの街で
嫌いなあの子は今日も元気で
花束を持って外へ出た
「お久しぶりだね」「元気?」と
 
僕が咲いたこの街で
嫌いなあの子は花が好きで
いつだってどんなときも机の上には
花瓶が置いてある
 
嗚呼、こうしよう
そんなに痛いなら泣けばいいそれで救われる
それでも決して
君は泣かないんだね
 
*今日を殺して殺して殺してまで
鬼のように愛を欲しがってるの
手すりをつかむその手はこんなにも
震えているというのに
そして嫌がり恨んで答え合わせをしてそろそろ覚悟はついたのかい?
すべて僕にとってあの出来事は
思い出に過ぎない*
 
見ないふり急ぎ足回れ右歪む顔
嗚呼、そうやってそうやって
自分を守ってきていたのに
広げた手で抱きしめて大丈夫だと囁いた大嫌いな君を
今でもまだ覚えている
 
*声をあげてあげてあげても見えない
そんな世界に僕等は立っていた
「嗚呼やっと貴方に会えた」
「私今とても幸せよ」
 
気づけば泣いて笑ってありがとうなんて
必死に縋りついていた毎日だ
明日にでも天秤にかけられてしまう運命でも
君を嫌って嫌って嫌った腕の中
真っ直ぐな瞳で今
僕が咲いたはずのこの街は
いつか僕が愛してみたかった世界のどこかで
少し好きな君が咲いている街*



君がいつも通り笑えている毎日を
静かに願い続ける。

半年ほど前に書いたやつ。
まあまあ私にしては、明るいと思います。

世の中そんなに甘くないって、ネットの中でくらい
夢を見させろって何回も思ってしまいます。

いつか皮肉的な歌詞、書きたいです。
というか、狂った歌詞が書きたいです。

363:あき◆Hg hoge:2017/03/25(土) 22:28


夏の終わりと赤い糸


水に描かれた月を撫でたくて
手を伸ばしてすり抜けた日と
カラカラ音を鳴らす草が
静かに交わる気がしていた

遠い町に引っ越した貴方に
泣いて別れを言った夏
風の噂で聞いた話では
炎の中に消えたとね

嗚呼 いつの間にか夏が来て
キラキラした貴女を思い出していて
そっとそっと置いた言葉が今
昔の僕を擽ったのです

赤い糸は切れたまま

*それが貴方が望むすべてだから
目の前を見つめながら進めばいい
沈んでいく深い海の底で今
貴方の言葉を思い出していた

たとえそれがちっぽけな言葉だったとしても
僕にはとても大きい物だったのです
水の上歩いた夢の中では
空は黒で染められていたの*

愛する前に君を見つけなきゃ
自分を見失う前に
夕暮れ見えた水面が今
遠く滲んでいく気がしてた

嗚呼 いつの間にか夏が来て
蝉の声が貴女を殺したとしても
そっとそっと切れた糸が今
昔の僕を笑ったのです

まだ赤い糸は切れたまま

*夢から覚めた中輝く星と
ずっと息が出来たら素晴らしいのに
安易な世界が嫌と空へ帰った
貴方の言葉が耳を擽って

たとえばそれがちっぽけな言葉だったとしても
初めて愛を感じた気持ちだったのです
水の中描いた星の数ほど
泣きながら誰かを許したの*

夏夜の水浮かぶ貴方に貴女と
夏夜の風が静かに音をたてた

さよならも言えず立ち去った貴方と
ずっと水の中で溺れていたい
朝焼けに見えた貴方が今そこで
笑う

*それが貴方が望むすべてのことならば
ずっと呼吸が聞こえていたのに
安易な世界が嫌と空へ帰った
見つめた貴方は笑うだけなのね

たとえそれがちっぽけな言葉だったとしても
水に溶けるほど僕を救っていたのだ
水の中手を繋いだ夏夜に
息もできぬほどのキスを交わした*


微笑んだ貴女が手を伸ばした
ああ、夏の終わりと赤い糸



夢が終わらなければいいのに。


夏の前に春だけどね。
今まで考えた歌詞の中で一番爽やかなのでは
ないかと思い始めているが、そうでもないかもしれない。

364:あき◆Hg あ。:2017/03/28(火) 19:52



どうせなら君を道連れにだなんて
思いもしないことを呟いた
始発点そこがもう分かれ道
駅員はうんともすんとも言わない
思いついた夢を並べ続けて
現実見ろって一瞬に消されて
今やなりたいものなど無く
今の自分がすべての答えだと

やりたくないことを押し付けられて
逃げることが悪いことになって
色紙にはいくらでも嘘を塗れたのに
口はすぐ喰らい尽くし死んでゆく
 
 
どうせなら君を道連れにだなんて
思いもしないことを呟いて
散々泣いて疲れた次の朝
僕は次の僕を食べ始めるのだ
テレビのニュースに気を取られて
俺を信じてってこの嘘だらけの場所で?
今や信じられるものと言えば
たった今嘘をついた僕だけなのだ
  
見ないふりした僕自身と
ただ見つめるばかりの世界で
どっちが卑怯なんて決めるのは
いつだって他人ばかりだ「うるせえ」



ペンタブってめっちゃ扱いにくいよね。
買って1年ほどたつけど、未だに慣れない。

 

365:あき◆Hg あ。:2017/04/20(木) 23:06



朝顔が枯れたのは丁度夕方あたり
遊び疲れて家に変えればもう枯れていた
気にもせず眠りについた僕に
朝顔は何を思ったのだろう

陰口を言い合う事でしか繋がれなかったあいつと
最近些細な事で喧嘩して口すらきいてない
いつか後悔するのかないや、後悔できるかな
小さい頃に聴いていたオルゴールが回る回る

*最後の一瞬まであと何年か
明日後悔しても遅いなんて分かってた
日が落ちれば家に帰って暖かいご飯が待っていて
それが削られていく時間を眺めた
嗚呼、お金で買えない物はない ならば
僕は僕自身を買っておかなきゃ
最後の一瞬を自分で過ごすんだ

夜の街が綺麗なら僕も綺麗でなくちゃいけないな
つまらなくなったのは世界か
それとも僕等自身か*

朝顔が枯れたのは丁度今朝起きたとき
新しい花に埋もれるようにして枯れていた
気にせず仕事へ行った僕に
朝顔は「悲しい」と思ったのか

言いたいことも言えぬまま過ごしていたあの子と
気づけばいつの間にか名前すら浮かんでこなかった
いつか後悔できるかないや、後悔しなきゃだめだよな
小さい頃聴いていたオルゴールが回る回る

そして止まる

*最後の一瞬まであと何年か
いつか後悔しても遅いなんて分かってたのに
宿題を夜遅くに終わらせて眠る夜は短い
目覚めれば皮肉な朝いた
嗚呼、お金で変えない物はない だから
僕は僕自身を買っておかなきゃ
最後は自分でなくちゃいけないから

昔を捨てるなんて無理なのに夢を捨てたのは誰だろな
つまらなくなったのはきっと
大人になった僕なのに*

教師の言葉を信じてて
意味もわからない曲を好きになって
あ、できれば、あの日出会いたかった曲が
ラジオで流れてボリューム下げた

気にしていた人と人の視線
善か悪か決めるのはいつだって君たちだ
生きてる意味もないくせに
それでも僕は自分だけでも認めたい

*最後の一瞬まであと何年か
今日後悔しても遅いなんて分かってただろ「阿呆が」
友達とバカ騒ぎして怒られても
あの日は無敵だと思ってた のに
つまらなくなった世界の中に
つまんねえ僕が息を吸ってて またつまんねえ君がいつもそこで
笑っていたらいいのに

人目を気にして歩いた日々が
いい思い出になんてなりはしないけど
最後の一瞬になったその時
なにか一つでも僕の記憶が
美しければそれでいい、いい、いい んだ*


終わりよければ、すべてよし。

過去が素晴らしすぎて
今がクソみたいなんだ。
だけど僕は、この人生を
「大切だった」って
胸を張って言える人になりたい。

366:匿名希望 あ。:2017/06/04(日) 00:30



おばけになった夢の中
貴方は笑って手を取った
美味しくはないカレー食べて
貴方はただ笑って黙っていた

目覚めた場所はどこじゃろな
昨日きた「風邪ひいた」の文字
輝く蛍だらけの水の中
すべてを察した「今は何時?」

並べられる花がくすぐったくなる年頃で
外は蝉がうるさくないてる
のにどうして貴方は目をそらすの

*おばけになった昨日の夜の
空は皮肉にも広がる雲
永遠なんてまるでないよな
けれどまだ五十年はあるし

きっと僕らにずっと道はないから
きっと僕らにずっと道はなかった*

おばけに戻った夢では
やっぱ 貴方は笑って黙ってて
貴方いつまでここにいるの?
目が覚めってしまった汗だらけで

一つ増えてた蛍の目
雨水で壁の色変わる
視力をなくした真っ暗闇で
なるほどと笑う 諸行無常

夢にいたおばけが早くって手招きするから
蛍の世界も悪くないし
けど貴方は放っておけないな

夕立が顔隠す

*おばけになった昨日の夜の
空は皮肉にも広がる雲
永遠なんてまるでないし
一日は無駄に過ぎていくし

きっと僕らにずっと道はないから
きっと僕らにずっと道はなかった*

ドライブ好きな僕の横に
写真好きな貴方がカメラを持つ
塾の帰りに買った駄菓子とか
石を交互に蹴って歩いた道とか

そうやって世界はまってた
こうやって世界はまわってく
いつだって遠いはずだった日付が
すぐ近くで破れたまま止まった

*おばけになった昨日の夜の
空は皮肉にも広がる雲
時間はいつも過ぎてくから
僕は有限を愛し続けた

夢で食べたご飯はまずいし
最後に見た貴方の写真は下手だし
それでも切り捨てたくない今があって
それはいつまでも終わらないから

きっと僕らにずっと道はないから
きっと僕らにずっと道はないから

作り続けた そうやって道を
歌を 愛を 僕をずっと

だから僕らにずっと道はなかった*



最近仮面ライダーの変身集とか見てるんで
こういった歌詞が多いです。

本当はもっと暗いのとか書いてもいいんですけどね
思いつかなくて大変。
思いつくワードがだいたい同じなんで
自分で考えてて楽しくない。

つかスランプ気味なんで
思いつかないんだよね。こりゃ大変だ。

367:あき◆Hg あ。:2017/07/17(月) 17:17



ゆらゆら揺れる枝のよな顔をして
ちらちらこちら見るあの子へ微笑んだ
僕は世界一タフである15歳になるの
きらきらと光る星僕のこと睨みつけた

1000年後
あの子はきっと世界の片隅に追いやられ
あの子はきっと僕じゃない誰かのため
あの子はきっと人じゃない誰かのこと
ずっと人と呼ぶのだろう
なあメタファー

からから音が雨の音かき消して
ふわふわ落ちる体を眺めてた
あの人はいつも外の世界眺め続けてて
姉だったらいいなとずっと夢を見ていた

1000年後
あの子はきっと世界の片隅に追いやられ
あの子はきっと僕じゃない誰かのため
あの子はきっと人じゃない誰かのこと
ずっと人と呼ぶだろう
なあメタファー

信じたものが全て正しくはなかったし
信じたものがいつか正論を振り回すとは知っていた
正義の反対が正義ならバカみたいに
ザクロは潰れる筈がないだろ
なあそうだろメタファー
ああそうだろうメタファー

1000年後
あの子はきっと僕のそばで泣き崩れ
あの子はきっと人だった僕のこと
あの子はきっと僕じゃない人のこと
ずっと人と呼び続けるだろう
なあメタファー


海辺のカフカは関係ない。
久しぶりです。

もうすぐ夏休みだね。

368:あき◆Hg あ。:2017/08/04(金) 19:37






ねえマリ
ナイフ片手にどこ行くの
知らない音楽聴きながら
夏の蒸し暑さなんて知らぬ間に
どこか遠くの方へ

ねえマリ
消えたガラス玉痣だらけ
お人形みたいな顔をして
空になったペットボトルに入れた
砂の水お腹を膨らます

影法師がゆらり晴天に浮かぶもの
帰るお家が無いと泣きわめく
憎らしいほど晴天の空怒鳴り声あげた

*夏空貴方は今屋上の隙間
見つかりたくないわと身を縮めて汗流れる
マリ何ならここで死ぬか?
いやいやそれはつまらない じゃあ
「生きとけ」

マルホリン漬けの毎日腐った脳内
神様から送られてきたラブレター
記憶違いの誕生日
そういや今日は11のバースデー*

ああ明日もどうやら夏空のよう
独りぼっちのマリナイフ片手に何を見る
空に浮かんでた蜘蛛の糸
神様からのラブレター

*夏空貴方は今屋上の隙間
見つかりたくないわと身を縮めて汗流れる
マリどうせならとっと
言い訳の見込めるくらい
「大人なれよ」

どうせなら救えないバッドエンドを望むわ
神様から送られてきたラブレター
記憶違いの誕生日
そういや今日は11のバースデー*



これ書いて読み返したあと
今まで以上にクソで笑った。

369:あき◆Hg あ。:2017/09/02(土) 19:51




明日が僕を撥無する

止まない雨はないはずだから
きっと明日は無関心
意気揚々と語る奴らに
「地獄に堕ちろ」って吐き捨てた
経済的に現実的に理想論的に
有り得ない話だ
民主主義的に人権的に社会主義的に
可笑しい話だ

笑って高みの見物していた鷹が
いつの間にか鴨へと変わってる
見る目がない僕らと
人を騙すのが得意な君
本物の悪党はどちらでしょう

*あしたが僕を撥無する
数字をつけられた僕らに
未来などない自由などない
なら生きてるって何だ

あしたが僕を撥無する
酒を飲んでもしらふのまま
フィクションであり舞台劇であり
同族嫌悪の毎日を過ごしてた

過去は知らない人柄も知らない
無知晒して引っぱたいた
是非を問うどちらが正しいか*

明けない夜はないはずたからきっと明日も無関心
飲んでは寝てるそんな奴らに
「楽しそうだ」って嘲笑した
感情的に幻想的に愛情的に
夢見すぎな話だ
自虐的に消極的にエゴイスト的に
馬鹿な話か?

腹を括っていたはずの男女
いつの間に心中なんてしてるの?
見る目がない僕らと
人を騙すのが得意な君
本物の悪党はきっと

*あしたが僕らを撥無する
順位を付けられた僕らに
勝ち目などない夢などない
なら生きるって何だ

あしたが僕らを撥無する
口付けをしたその言葉に
責任はなく喜劇的でない
なら夢のままで終わっていい*

写真の中の昔の君が目の前で笑った
「死にたがりの、そんな貴方に
とても嬉しいお知らせです」
黒い服身にまとって散々喚き散らしてきた
飛んでいった紙飛行機
会心なんてするはずない

やがて
*明日が僕らを撥無する
帰る場所を無くした僕に
想像を絶するその壁は
背負えないほど大きすぎた

明日が僕らを撥無する
死にたいなんて口ずさんで
どんな時でも弱い僕達は
同族嫌悪の毎日を過ごしてる

泣いて喚いて笑って怒って
死んで生きて殺して愛して
「いきたい」*



身内からの愛情すら泥のように見えてた時
僕は初めて「生きたい」と泣き喚いていた。

それでも手探りで生きる理由を探す
少年の歌を作ってました。
不完全な病みこそ、生きるのが辛くなるのは
ないのかなって思います。

時々、歌詞を書いている自分が
無性に恥ずかしいヤツに思えます。
笑ってくれ。

370:あき◆Hg あ。:2017/10/03(火) 20:56



取り敢えず上げとく

371:あき◆Hg hoge:2017/10/22(日) 21:15




つめたいママの手に繋がれて
眠った幼い日の夢で
ただ静かに息をしてたあの子の
後ろ姿がただ眩しかった


大人になって知ったことと言えば
もう誰も守ってくれる人はいないこと
甘えるなって弱気になるなって
ゾンビみたいな奴が口々に言った

ギターを持って鳴らしたコードは
意味もなくただデタラメで
それでも「もっと弾いて」と笑ってくれた
あの子を今更思い出すなんてさ

泣きたい時に泣けなくなって
笑う時に笑えなくなって 何時からだっけ
あの子がチラついて離れなくなったのは

*どうせならあの子が天使か何かで
殺されたかったな
傷口に貼った絆創膏は
ドロドロになって落ちてく
時々夢を見るんだ
あの子がナイフでお腹を刺してくる夢
どうせなら現実になればと目を瞑った

あの時言わなきゃいけないことがあったのに
あの時言わなきゃいけないことがあったのに*

子供の頃夢に見ていたものは
胸を張って前を向ける大人だったかな
ずっと明るく涙なんか見せず
土砂降りを知らない馬鹿な子供の話

ギターを持って鳴らしたコードは やっぱ
意味もなくただデタラメで
それでも「もっと弾いて」と笑っていた
あの子は今どこで何をしているの


生きることが辛いとか外を歩くのが辛いとか
思うことは無い皆知らない
僕が昔人殺しだって
あの子がいつも辛そうで見ているのが苦しくて
ごめんねそう最後に言ったのはどっちだっけ

ギター待って鳴らしたコード
泣きながら歌を歌った
それでも「もっと」と泣いてたあの子
最後に言わなきゃいけないことがあったのに

きっと僕はこのままあの子を苦しませるのだろう

*どうせならあの子が天使か何かで
殺されたかったな
傷口に貼った絆創膏は
ドロドロになって落ちてく
時々夢を見るんだ
あの子がナイフでお腹を刺してくる夢
どうせなら現実になればと目を瞑った

あの時言わなきゃいけないことがあったのに
あの時言わなきゃいけないことがあったのに

君を見つけた君を見つけた
君はあの時のあの子ですか
君を見つけた君を見つけた
それでも
なにも言えない僕は君の悪魔か
最後に言わなきゃいけないことがあったのに



再びスランプ到来ですかね。
ちまちま書いていけたらいいかな

372:あき◆Hg hoge:2017/10/25(水) 21:58




この湖に落ちて
空から遠ざかっていたいの
抱きしめた貴女の冷たさを
ただずっと

狭い箱にとらわれて
大丈夫よと囁くバケモノを見つけた
先をゆく君の姿がただ怖くて
必死に背伸び「気づいていたの?」

守りたかったもの
捨てたかったものが
全部紙一重で神様どうかどうか
次は間違いませんと
空を切っても貴女は微笑んだ

*底に落ちた罪人に罰を下した悪魔
それでも守るよと必死に目を塞いだ
君の最後の姿が目から焼き付いて離れない
「ねえ大好きよ」
そう呟いた貴女の顔が目覚めても思い出せなくて
それでも好きだったんだと
ほれでも恋をしていたと貴女と2人で 認めさせて
昔から繋いだ罰それでも受けとめてほしいから
君だけが許した僕のおもてを
貴女が壊した僕の全てを ただ殺してほしい*



水底のフェスタ。

373:あき◆Hg あ。:2017/12/09(土) 16:33



ねえあたし夢を叶えたかった
今になってようやく気づいた通行止め
手をひっくり返して
ない正義を振りかざし
そこにあるのは丸見えの落とし穴か

今ある幸せをあたしはこの手でぐちゃぐちゃにしてやりたい
夕暮れ時逸らした視線に
映りこんだ綺麗すぎた風景
白と黒をハッキリしすぎたら
いつの間にか少数が消えていった
どうせなら傘をさして帰ってよ
雨で濁ったコンクリートを消した

今ある幸せをあたしはこの手でぐちゃぐちゃにしてやりたい
「間違ってる」そう伝えた声の
顔すら知りもしないくせに
問題用紙広げた回答を
従っていたあたしは奴隷なのか
どうせなら傘をさして帰ってよ
雨で濁ったコンクリートを消した


最近短いやつしか思いつかなくて困ってる。
考える時間がないだけなんだけどね。


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS