〜気まぐれ作詞帳〜

葉っぱ天国 > 作詞 > スレ一覧 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701-キーワード▼下へ
1:たぴおか◆:2015/12/02(水) 18:07

作詞したいとオモイマス

747:たぴおか◆vk:2020/01/19(日) 23:21

シルバーチェーン

私の一等賞霞んで
重低音の渦を泳ぐ
君の大健闘が詰んだ
リボンが解ける様

どうにかしてって
なんで君が言う
責任と信頼を叩き割る
好きね、好きよ



Remove
夜の曇りは灰
朝の夕焼け色
腹の虫は甘く
脆く柔く

Reset
ヒールの君らが何故焦る
壁になって埃になって
浮気と転生
卑屈亀裂

748:たぴおか◆vk:2020/01/25(土) 01:02

コスモス

金曜日が涙を流す
逃げないように手綱取る
キラキラの飴を舐める
溢れない砂糖たっぷり

銀色が金色に食べられた
幸せの持続性はない
手首を掴む残像忘れられない
走馬灯みたい目を瞑った
目蓋を覆う君の掌が
柔らかい朝を迎える


後悔はしてないのに
辿る足跡は泥だらけ
綺麗な花を彩って
宇宙の先に飛び込んだ
金平糖も一緒に

降下したって足が着く
地面があるそれだけなんだ
足りないものに丸をして
それでもいいさと私にとって
私に花を飾ろうか

749:たぴおか◆vk:2020/01/29(水) 00:50

Ablehnung

頬掠める血の滲む汗
椿が落ちたらどこへ行こう
並ぶイヤホンサイレン怒号
否定的な夜がまわる

せいぜい静かに眺めてるだけ
光らせたライトが眩しい
君にだけは言われたくない
君のものだけ欲しくて

壊れたものが忘れられない
ないものねだりはあるもんだ
捧げよう拒もう
そして輪になってメリケンサックと


前髪を切りすぎて
また君に刻まれるなんて不遇
恵まれて巡りて
会うことになるのは
深淵と共にバンジーは

前倒し吐きすぎて
前頭葉揺れる苦痛と暮らそう
否定して行かないで
這うことだけ生きがい
空気を食べては万事宴って気分

750:たぴおか◆vk:2020/02/01(土) 00:30

withering

光る宙浮かんで
退廃のビル夜景
こんなんでいいの
ドアノブは回せなかった

飛び込んだ泥水
大敗は車椅子で
網膜が視えない
ハンガーを片手に


飛び散るプラスチック
集団のヒステリー
暴走と言ったって
まだ意識はある
掘った穴埋めて
吐いた嘘包んで
楽観論の喉に這い寄って
強欲に堅実に椅子を取り合っていよう

751:たぴおか◆vk:2020/02/05(水) 23:32

虫歯

ドロドロのジャムを掬って食べた
突然赤い血膿が混ざってそれだけになる

人の嫌いは私の本音か
誰かのことしか見れなくて
いつから自分のことわからない
あと何年で息が止まれば良いのに

1人とわたしと
もう1人が喧嘩をする
そうして2人でみんなを嫌って
誰にも会えなかった



頭が痛いや喉も渇く
涙は枯れた後に種を撒いて
言葉の刃だけ足元刺さる
何回目の死にたいを叫び
どうかした夜潜り抜けて
昼間の苦痛を忘れて
ころしていって

752:たぴおか◆vk:2020/02/05(水) 23:44

わからない

誰かに嫌われてる気がして
人の目だけ私の目玉
ひとつ言葉をこぼせば
また他人の言葉で塗り潰す

お腹はずっと痛い
頭もズキズキしてる
うまくいかない変換と
空腹だけが忘れられる

スワイプスワイプ青い鳥
さっきの授業はああだって
こんなことでぶつかる価値も
時間も取り残して

君は言われても不快に思わない
私のことは私しかわからないのに

誰が私の頭を撫でるのかな
自己肯定感だけが下がっていて
他人の評価も下がってきて
誰が私を大切にしてんだろう
信じられてないのは私じゃない
信じれてないのが私だ

嗚咽を出して泣くことも
ホントに嫌いな人も
私の本音じゃないのに
口からスラスラ出てくるのです

イヤホンをして耳を塞げば
忘れることはできたけど
私がいれば君がいて
私の言葉は届かない

死んで死んで死んだあの子
止まる電車改札立ち止まる電光
潰れるプレゼントリュックの中
壊れたペンケース鞄の中
踏まれたローファー入学祝い
ネコのストラップ挟まる無くしてしまう

他人の不幸は伝染して
私の手元が汚れる
依存しかできないの
なんて可哀想私

悪口と不評を突くことしかできない馬鹿はどこだ
何者になったつもりもないのにな
私が我慢してきた
みんな気にせず踏んだ
誰にも知られないこと
私も褒めることできない
壊れて壊れた壊れたら
どこへ行こうかな
誰もいないところ
そこはここで
もう何もない

753:たぴおか◆vk:2020/02/07(金) 23:34

1LDK

下らない毎日続いてく
色んな人がいるの怖くて
私がその言葉を吐くリスク
考えてたら何も言えない

強い言葉で言わないで
私、全部悪い気がして死にたくなるの
大きい音をたてないで
頬が腫れた前日を思い出すから

泣いて泣いて泣きはらして
そんなんじゃ明日は来ないって
何回何回何回私に言うの
そんなの私が一番わかってる
気づかないフリをしてるわけじゃない
気づいてない馬鹿でもないの
ちょっと全部が崩れる未来を
考えてたら時が止まっただけ
君は知らない知らないでしょう
私が君のこと知ってることも
そんなに私馬鹿じゃないのよ
少なくとも誰より天才だとは思う

それはちょっと言い過ぎた

754:たぴおか◆vk:2020/02/14(金) 20:49

サッカリン

甘すぎて苦い1ページが
涙の奥刺激して
ドラマチックな恋愛が
音漏れして嗚咽漏らす

メッセージが届いた
また遊んでね
チョコレート渡せない
また明日はない



幽霊になった
私の片足だけ飛んでって
壊れたハートを埋めた
ソーダが割れた

甘い甘いのは君の声じゃんって
返事してよ
弱くなって壊れちゃった
溶けちゃうのはダメだよ

755:たぴおか◆vk:2020/02/17(月) 11:06



なんでそんなこと言って
転んで砂利道蹴った
いい話なんてそこらへん
甲斐性もなく転がってる

文字通り馬鹿馬鹿しい
アホ毛がはねてしょうがない
だって否定して
その癖プライドだけ高いの


どうかしてる
頭を撫でて可愛がった
シャワーは嫌がるの私と同じ
ひび割れたグラス痛いじゃん

話の続きだけ気になって
いたいけな笑顔に虜って
それって勝ち目しか
ないじゃんね

756:たぴおか◆vk:2020/02/22(土) 16:05

alba

曖昧にしてた
血だらけ右手が怖い
何かを探しに
夜行バスに乗り込んだ

連載は続かない
誰も誰しも僕じゃない
奇跡で被った何とやらが
当たり前になってちゃ
しょうがないよな



炭酸が喉を通過する
渇きは消え
昔話の讃美歌
抱きしめる肌
言葉を聞いてる耳
不屈なんだって
一瞬で燃える癖に

757:たぴおか◆vk:2020/02/26(水) 17:49

R

止まってあと何分
死にかけの正義肌で吸う
登った場所狭い
誰もいない癖照らされる

昨日のお弁当残りハンバーグ
ミラーボールだけ謎にでかい
満員電車子供の電車
はやるのは鼓動、あとは高校


静かに街頭スマホの残骸
一等賞って彼は笑う
駐車場の水槽
握り拳サイズの金魚
座りかけの座席が
寂しそうに泣いてるじゃない

758:たぴおか◆vk:2020/02/29(土) 03:09

MIC

閑静なビル街を歩く
改札の音ひとつだけ
やがて日は昇るなら
今だけ君をひとりじめ



誰もいない
いるくせ出てこない
小さな箱を押してみて
真っ直ぐなレインボー
干からびて田んぼ
花や鳥や風や月たち
忘れちゃったよ
忘れてしまってよ
誰も知らない言葉消えない
一歩歩き出せば後ろ見るのに

759:たぴおか◆vk:2020/03/02(月) 19:39

ソーダフロート

泡で溶けるくらい簡単で
音の横で弾けるようで
着色料で塗りたくった
笑顔としあわせ噛み締めて

舌でより良くなるように
手間隙かけて作ったから
いつか足元がふらついて
頭ごと黒くなってね


強炭酸すぐに消えてく
見えない圧とラッパの音頭
無果汁で甘酸っぱいの
自転車押して歩幅揃え

赤い雲が残像で
君の君のソーダフロート

760:たぴおか◆vk:2020/03/05(木) 02:07

thistle

幸せの味に溺れ
悲しみの恐怖に沈む
可愛さに窒息して
羨望のハンカチを噛む

好きを嫌いで増幅させた
君は鏡が家に無いらしい
輪になって髪を引く
起爆剤スイッチが自爆剤


喉が焼ける甘さを手に入れて
日が落ちると棘で眠るんだ
凪揺らめくからそれは春で
バリケードで息をつく満足だ

足元にいたから蹴ったよ
そうして心が黒くなるのだ
戻れないまま大人になって
君は永遠の夢を見るんだ

761:たぴおか◆vk:2020/03/12(木) 01:09

きみに

君の嫌いなもの
たくさんあって
口から生えてきてる
君の綺麗なとこ
たくさんあるのに
出てこない

君はどこにいるんだろう
孤独だと口にしてるのに
歌にして語りかけたいのは
君、君なんだ


世界が何回まわったら
宇宙の温度も上がってさ
そしたら昨日の不幸が
ひとつ裏返りはしないのか
理想の街に出かけよう
なりたいものとなれないものが
自分次第の受け取り方
君だって同じことだよ

762:たぴおか◆vk:2020/03/14(土) 02:07

グレーのピンク

忘れちゃったのさみんな
覚えているのは僕だけ
過去の失敗脳内再生
そろそろ呪いは解けたのかい

話したいことがあるんだ
いつも話すくせに思慮が浅い
明日は今日を踏み台にして
昨日は今日の一部になった

わからないよ全部のこと
自分すら知らないことに出会って
皆手を取ってまわっている
重力に逆らえ僕らの宇宙

763:たぴおか◆vk:2020/03/14(土) 02:31

ミルクココア

未来を手にした偽善者が
待ってかまってチラチラとかざす
干からびてた血のかたまりが
どうにもこうにも綺麗にみえた

検索しても出てこない
普通に当てはまる馬鹿と踊り
叱られたのは誰のせい?
わたしわたしわたしが悪いの


ミルクココアは甘いから
お砂糖煮詰めて食べました
ファッションなんて言わないで
わたしあたしまだ普通に見えるでしょ?
ねえかまってよ
余裕がないのは君も同じ
除夜の鐘はいつか無くなった
嫌いな自分は過去に閉じ込めた

764:たぴおか◆vk:2020/03/15(日) 02:09

テレパシー星人

自分のことになれば
顔を赤くして叫ぶ癖に
他人のこととなれば
さすがに鼻で笑っちゃうね

慢心してるのはどっちだ
って言葉届いてないやつ
勉強不足ですか
人間性が欠けてるよ

イカれたネットワーク
流れの一部になっちゃって
好きなものが嫌いなものに
どれが悪いか決める必要よ


大体君は幸せじゃないか
あくまで僕の目から見てだけど
片親のエゴと傲慢に引きずられ
言葉の刃降り注ぐだけなのに
なんでかな他人のくせに
やかましいな

勉学や努力
それよりすることがある
学歴あげる前に
自分のこと見えてないだろ

765:たぴおか◆vk:2020/03/20(金) 15:38

白旗

笑い声が泣いてるようで
突然なのにありがとう
喧嘩別れで終わったね
それはそれで良かったね

人の声が金切り声になったり
はたまた鐘の鳴る音になる
ひとりだけ喚く癖に
ひとりだけ仲間外れになります


はじめから僕だけ違うのさ
みんな自分だけ特別だ
似たものであって同じじゃない
それは君がわかってるだろう
立場が登り行く度に
たちまち足を結ばれる
それなら1番下で喚くのが楽だった

766:たぴおか◆vk:2020/03/26(木) 01:21

手首

何もしたくない日
わかりやすく病みたい
読めないツイート
布団を被った

ひとつのことしかみえない
真っ直ぐになれない私が
正しい子供の様に
笑顔で手をあげたら


瞼を閉じれば思い出す
生まれてからの失敗ぜんぶ
忘れ方がわかんないや
忘れたいのは私だけだ
風船は割れたのに
大きい音だけが誰かを害す一瞬だ
中見がないからきっと誰も
日常に溶けるのに
なんで無様

767:たぴおか◆vk:2020/03/30(月) 03:42

知らない

嘘を被って無事大人になりました
それ大差ないよ馬鹿と同じで腹が丸見え
普通の顔して生きてる以上
剥き出しの心臓切り売り
妖怪よりも怖いよな
僕と離れてから気づいたのかい


素直にしてたらしんぢゃうね
そりゃ僕は死んでるも同然さ
後悔だけシャッターをきって
大事なあれやそれ見落としてんじゃん

ハラハラ軽い音で散るのもまた良いか
他人の一行が僕の一生を左右する
僕から悲劇を望んでる

768:たぴおか◆vk:2020/04/01(水) 22:01

ルーティン

悪質な夢を重ねて
手転がるよな嘘つきそれ嘘つき
だろって自分が分かってるよ
エイプリルフールであってほしい
鼻が伸びるのを待ってほしい
他人の心臓に突き刺さった

起きてたら毒を飲み込んだ
寝ていたら世界が消えた
食べないと死んでいるもんだ
どんなにしても苦しいだけだ

ハリボテであったら良いだろう
それでしか、なかったんだろう
助けも声も届かない癖に
死体にだけは群がるんだろう

疲れただけで終われたらな
媚びた猫はもう辞めにしたいんだ
リタイアさせてください
ハリネズミは自己犠牲に浸るもんじゃない
悲しいのそして苦しいの
ついでに言えば生きたくないの
もどかしくて首をかくなら
もどかしくて首をはねてくれ

769:たぴおか◆vk:2020/04/03(金) 01:30

春遊び

机上のガラクタ端に寄せ
開かないのわかるけど置いとく
終わらない宿題のループだ
眠たいのはわかるけど
提出期限には間に合うから
うたた寝をしたら午後3時
何もしてないから虫食いだけ


スーサイドしたいな
ホーム、黄色い線、ローファーが
流行らない音楽が安いイヤホン通して
鼓膜は破れてもいいさ
変わりに今までの記憶をあげる
見上げたいのは君で
瞳閉じたいのは勝手で
嫌なことしかできない世界
壊れたりして悲しくなる
春はまだ終わらない
時々冬だったり、夏だったり

770:たぴおか◆vk:2020/04/07(火) 05:13

ナチュラル

人生のしおりを挟んだ
閉じかけの瞼を無理やり開けた
鼻声の笑顔が消えなくて
壊れない夢が光っていたから

作り上げたストーリーが
仲間とか絆とかのカタチが
たくさんあるから崩れていく
崩れようと瞬間の宝



人生に愛着が湧いて
いつ死んでも良くないように
明日の大事を守ってたら
悲しくなることが増えるだろう
その傷跡が愛おしいのさ

771:たぴおか◆vk:2020/04/07(火) 13:54

スヌーズ

冷蔵庫中の明日の腹
端っこで眠る甘い飴
アラーム音は好きな曲なのに
アラームにしたので嫌いになった


夜明け前小鳥が騒ぎ出す
けたたましいEDM叫ぶ
暑苦しい日差しから飛んだ
両目で凝らしてみても
視界とは別にまわる思考が
泣き出してるからじゃあね

772:たぴおか◆vk:2020/04/08(水) 05:37

カランコエ

日記をつけようにも
大層じゃない日はどうする
寝て起きて生きて吐いて
無能の無知でいてほしいの

人生に名前がつかない
モブにも何にもなれないや
全体の中にしかいないから
この身ひとつで1人になれたら


このまま大人になってしまったら
死んだ時後悔するくらいなら
当たり前じゃない幸せを
誰かではないひとりになるんだ
音が奏でられなくたって
色が操れなくたって
知識の海に船を出そう
先が見えないくらいでちょうど良い

773:たぴおか◆vk:2020/04/12(日) 04:49

水玉もよう

夏は僕を置いて行った
柵を越えて出たのは青だけ
光り方を教えてくれた
日焼けのあとが好きだった

湿っぽい部屋カーテンは閉じて
何やってんだろって思った
あと数十回しかないのは
どの季節も同じだろう

僕を救ったのは
季節に色をつけた内ひとつは
きっと音楽だって
真っ直ぐ言えるくらいだから
それなら叫んでよ
ここにいるのは
君だってわかってるから
僕が1番苦しいから


愛を形にしたって
目に映るものだけかき集めたって
たくさんの宝石の中じゃ
零れ落ちることのが多いし
今日の不安アスファルト蹴った
幸も不幸も決めつけるな
足りないなら創れば良いから
足りないのもまた楽しめるかな

774:たぴおか◆vk:2020/04/20(月) 02:33

こびと

涙が出るのなら正常で
正しいことに執着して
誰もがみんな鬱だから
この鬱だって当たり前か

みんなが多数であること
証明できないのは困るよな
自分と同じか何人か
データで渡して欲しいから


まわりの世界は小さくて
歩けないくらいほんとはでかいのに
こんなちっぽけな人間じゃ
小さくしぬしかないじゃんか
気になりだすと止まらない
何十年の自己分析が
無駄だって君が言うから
しょうがないなとりあえず消えたい

775:たぴおか◆vk:2020/04/27(月) 05:51

いちご

舌に触れたそれが甘酸っぱくて
涙が混ざってしょっぱくなった
心の水槽に溺れてく
やっぱり光が眩しかった

安っぽい純情駆け出した半透明
みたいに淡く線を描いて
それは花が星が見えない幸せが
僅かに見えた気がした

汚れた袖口とプリーツが
なんだか不思議に見えて
手首を隠したのは
君のせいじゃない

弱くなっているのは私の方だ
軽くなったリュックも青空に
泣きそうなくらい綺麗で良い
そのくらいが一番好きなの

776:たぴおか◆vk:2020/04/27(月) 23:18

昔は良かったな

昔は良かったな
欲望を胸に貯蓄した
我慢が何かの美徳だった
昔は良かったな
多分こんな居場所もないんだろ

夜更け前また明け方だ
眠くないあくびをひとつ
矛盾と矛盾が矛盾であって
社会は私を責め立てる
自己責任と笑顔の仮面
はしたないのはどっちだろか

最低なもの
親の基準でずっと染み込んでる
毒ガスを吸ったから
そりゃ吐く息も苦しくなるのさ


何が昔なんだよ
過去によがるのはカッコ悪いか
疑問だけは頭に浮かぶのに
解決策は使い捨てじゃん
ぼやけた視界に自分なりの
眼鏡をかざしてたら転んだ
昔も未来も嫌いだな
言葉がなければ苦しまずに済む?
それが正しいと決めるなら
わたしは死にたいと思ってもいいじゃない
生きる気力が無くても生きてるし
動かなくても人生はガチャ
星5は努力じゃ手に入らん
届かないことは憧れる
わたしの全部を否定しないでよ
わたしの全部はわたしが否定してる

777:たぴおか◆vk:2020/04/29(水) 00:50

ふつー

魔法が使えたらいいのに
人より優れた何かがない
劣等感承認欲求が
喉に張り付いてんの

普通でいるならこんな風に
精神が不安定にはならん
あれもダメこれもダメ言われてる
なにしてたらだめじゃ無くなるの


よくわからん人生なのに
一丁前に痛いのは嫌なんだよな
言葉も語彙もそれほど
適切に選べないからな
あ〜才能がほしいな
やっぱいらないかもしれないな
あやふやしてたら怒られる
あたし、存在意義あったっけな
こわれた玩具みたいなんて
こわれた玩具に失礼だわ
他人の偏見に塗れては
夜の唸り声がめっちゃ怖い
はあ死にたいな
なるべく痛くなくあっさりなやつで

778:たぴおか◆vk:2020/04/29(水) 01:02

よくわからん

人には向き不向きがある
割とまかり通りそな意見だな
なにやっても微妙に下手で
それを伝える音も知らないさ

古参になったはいいけど
それを言いふらしたくなる
その時点であたしもう
醜いのわかってんだよ

拗らせてるわかるそれな
ネガティブツイートリア友に
鼻で笑われるの心抉られる
向いてない、向いてない
生きるのと息するのが
もったいないこんなもったいない
言葉も知恵も申し訳ねえや
ブーメランを腹にためて
他人に指摘されると腹が立つ
やっぱホントのクズだよね
まじでそれな笑笑
ごめん死んでくるわ

779:たぴおか◆vk:2020/04/29(水) 01:07

ほうこー

プライドだけ無駄に高い
他人に押し付ける自己否定
腹だけは無駄にすくな
そのくせ口には入らんな

記憶だけ消してくれよ
言葉だけ誰かにあげてよ
痛い自傷と鬱ソングは
そんなに共感できんのに


ボロボロボロボロボロボロ
困るな心だけ死んでくし
否定はもうやめたとか
何年後に言えるのかな
情緒もテンションも安定しない
明日になれば恥ずかしくなる
私を全肯定してくれ

780:たぴおか◆vk:2020/04/29(水) 02:40

めんどくさい

やりたくねえことばっか
生きてるだけで金がなくなる
他人任せで生きてたい
やりたいことだけで金が欲しい

学生時代の勉強不足がたたって
ストレスに揉みくちゃにされる
現代社会がなんのその
とぼけてどっかで野垂れ死にてえ


頼れる人はほとんどいない
人間だものうるせえな
勉強したやつに馬鹿にされるかも
勉強したやつもストレスためてるわ
神経質になってる
勇気もクソもないから
今日もクズを背負っていきる

781:たぴおか◆vk:2020/04/29(水) 02:54

最終巻

わたしの最終巻でころしてくれ
ワケも意味もない物語であり
ページをめくればため息
ハッピーエンド尚つまらない

終着点はここであれ
涙を流した塩味
読めない肝臓
超えない反動
ありきたりで打ち切りだね


冒険はまだ続くさ
誰も読まないストーリーだね
レビューすらなく3.0じゃない
サブカルチャーすぐ飽きる
自己紹介するものはない

782:たぴおか◆vk:2020/05/01(金) 00:45

ちゅうの下の下

優しいねと褒められる
君は私よりさぞかし優しい
人の気持ちばかり汲み取って
人生は既に幸せじゃなかった

せーのでスタートした
息をしたらもう惨めなの
全体を半分で割って
会った人だけでデータは取れないの


気づかない方が幸せだった
誰だ私に知識をくれたのは
もったいないからあげるよ
知れば知るほどって言葉が
好奇心で猫はころせない
どちらかといえば言葉がころした
あと幸せもくれたのは

783:たぴおか◆vk:2020/05/01(金) 02:17

明日すれば

溜まった悪魔が雪崩れ込む
明日やればって深夜に思えば
そのうち忘れてスマホを見て
明日やればも忘れるんでしょう

自分のことわかってないよ
正論をぶつけられたら痛い
その通りなのねわかるから
それ以上私を追い詰めないで


朝になれば昼だから
どうせ夕方まで布団から出ない
気持ちばかり先行して
気持ちすら記憶に残らない
欲望だけが本能か
ただの怪物に成り下がったの
自暴自棄か存在意義
死にたくないからじゃ駄目なのか

784:たぴおか◆vk:2020/05/03(日) 02:53

カット

ありきたり自暴自棄
言葉と歌にすれば大共感
まるで私のことみたい
ってコメントが嘲笑われる

それは私のせいなのか
お金がないのは努力不足か
まあまあそれはそうだよな
仕方ない死ぬしかないじゃない

生まれた環境はガチャ
その時点で精神的に違う
なんだそれじゃ生まれた時点で
不幸になること決まってた


努力はしましたできるだけ
生まれた環境は皆違うじゃない
財力と心の余裕が無いって
それ絶望しかないから
イカれてんのはどちらだよ
成功者は自分と同じ道を示すが
場所も精神も違うから
お前の空の幸福売りつけるな
困った精神的に負け

785:たぴおか◆vk:2020/05/03(日) 03:03

おやさい

無駄に心だけ不自由
手に届かない財布が落ちた
それなりの不幸が重なって
そん時選択を誤って
実際やるべきことはあって
なんでこんなこともできないの

自分に押し付ける普通が
かなり首を締め付けてる
見栄を張るのは簡単で
青いタイムライン溶け込んでく


心臓を自分で止めている
血管はなかなか切れない
もどかしい腹痛が続く
頭痛が痛いと泣き出して
挟まった愛が取れなくて
他人の言葉に浸るだけ

786:たぴおか◆vk:2020/05/06(水) 20:38

根暗いくらい

相変わらず予測変換には
_嫌いが打ち込まれてる
検索依存が止まらない
勝手に知れば勝手に死んだ

窓が光れば雷とか
私怒れば雷出れば
ぐちゃぐちゃの前髪
整ってない眉毛
それしか無いのにのうのう生きて
ろくに収入が稼げなくとも
涙で前が見えなくとも


成績が中の下だったよ
ピシャリ窓閉めとけば聞こえないないないな
長文で自己顕示ツイート
する暇があれば死んでるわ
ままままマイナスの意味を考えて数十年
育てる頭が痛くて
ご飯が喉に詰まるわ

787:たぴおか◆vk:2020/05/06(水) 20:58

ねこ!

マイメ口かク口ミのアイコンが
なる気なかったメンヘラじゃん
カッターに腕沿わせりゃ
やっぱ泣ける時もあるか?
フリルの量産になった
黒髪ボブのアイドルにも
可哀想がなりきってる
夜の歌をBluetooth流した

推しが1番でいいよね
救いは無いから逃げても良いよね
可哀想になりたいの
気持ち悪いは言えるの
普通にはなれないけど
よくいる誰かになれそうな気がしてる

788:たぴおか◆vk:2020/05/08(金) 22:09

いけすかない

改行が板についたな
記号を駆使して埋めようぜ
遠くなる視力が欲しいや
見えないものは見えなくしたい


飴玉ひとつで誘拐できるほど
モチベーションは甘くない
スマホに手が届くなら
堕落の道はスキップしよう

いけすかない人は
どうせなんて不信感が
砂を蹴飛ばせばいいのに
できないことを指示するな
一括りに天才とかじゃダメかな

789:たぴおか◆vk:2020/05/08(金) 22:15

ハリネズミの散歩

気に食わないの一言じゃ
よこしまで嫉妬が荒れ狂う
年下なら更に許せない
年上なら更に呆れる

大砲撃てばドッカンドッカン
涙味の塩で味付けしよう
夏も長袖を着る女子高生
無駄に非難されがちわら


知らない生物だった
みんなって量じゃわかんないし
頭がずっと痛いのは
低気圧のせいにしたい
課題は終わらない期限が迫る
追われてんのはどっちだ
見返せるほど心は健康じゃない

790:匿名希望:2020/05/14(木) 00:47

あおべに

夢を見てたいから
明日も傷付けた身体と
誇れない頭で汚してる
やつれたパーカーを被った
潰れたかかとノブを回し
やっぱり夢だったって諦める

忘れたいの
生きてほしいって言われたい
光る靴を買ってきてほしい
言葉で汚すなら愛までよ

未来のために生きるくらい
約束されたものじゃないし
今が楽しくちゃダメだったの
正常な型には入れない


弱虫はどっちだよ
夢の心地は最高で
闇を見つめて後ろ髪引いて
やっぱこんなもんだ
足りない足らせてくれない
はしゃいだのに時々
嫌な顔されちゃ資格もないでしょ

791:たぴおか◆vk:2020/05/23(土) 22:33

花葬

また息を止めた
鈍痛加速して鼓動
殆どの白い花
一輪の枯れた心

辛くて飛び込んだ君が
たった1日で忘れられていいものか
磔になって晒された君
投げた奴はのうのうと生きる

たった数文字のネットワーク
言葉だけで人が死に行く
正しさが見つからない
見つけられない

暗やみに目を閉じて
棺は今でも晒される
遠いところから囁いて
遠いところから花を投げ


後悔が息苦しい
責任感を締め付ける
忘れたらそれで終わり
忘れたいのは此方側

792:たぴおか◆vk:2020/05/24(日) 02:32

山椒魚

惜しまれていればきっと幸せなんだ
私以外知らないのに幸せなんだ
話したいことがあるから
やさしい人になれない

みえない妥協が身体染み付いた
ポケットから溢れるインク
はらっても取れないものばかり

来週また会おうね
昔だけ思い出して泣いてた
寂しいから行かないで
鏡は見たくない

静かな世界が消えて
儚いとは言えずに声がする
幻だって言うの
知らない人だから
悲しくなるのは
私だけ

793:たぴおか◆vk:2020/05/24(日) 22:34

栄枯

したからみていたから
わたしは殴られて良いのか
わからないことばっか
育った様にそのまま生きてる

否定を浴びたら自然に
涙だって出るし
言葉の刃が急に
刺さったら痛いのわかんない?
麻痺してちゃいけないのに
麻痺させたのはどっち
責めたくなかったら
ひとり死ぬしかなくなる

794:たぴおか◆vk hoge:2020/05/28(木) 18:48

fides

悲恋のために言葉を狩った
傷つけられたから私も傷つけた
わたし、何もしてなくても
苦しめられるのどうして

気に食わない他人の正義が
毒となり光と偽って
ちらちら此方を見つめてる

期待する度期待外れだ
それなら何も知らなくて良かった
未知は罪ではなくて
未知だから幸せだった



君の正しさに踏まれて
わたしの心が透明になる
そこにはいないよ、って
守りたいなら1人にして

殆どのキスは優しさ
私はきみを貪る権利がある
安心して笑って良いよ
その分不幸になってね

795:たぴおか◆vk hoge:2020/05/28(木) 22:02

...

何かに似てるを装って
赤を黒に変えたい
それは権利ではないから
外野が叫ぶのは正義だ

歌いたいこと
ありふれたよな
誰かの心情で
食べるご飯は美味しいかな


似たり寄ったりは僕達だ
匿名性だけで生かされて
何者から何かになろうとした
作り上げた順番が
大事な守るべきものなの
生きる証が残らないで
可哀想にって嘆いてるの見てる

796:たぴおか◆vk hoge:2020/05/29(金) 13:57

こえ

何かを語るにも
私の声じゃ無粋な気がして
綺麗な音や色を
綺麗なままにしておきたくて

湿った天井
泣いている雨
外は晴れが訪れる
幸せになったきみ
なれなかったのは私の方


伝わりもしない言葉と音が
誰かの残したノイズに消えゆく
やっぱり相応しく無い
まわっても世界は同じ

首だけ落ちていきたい
それに気づかずに話してたい
死体になったら忘れてね
死体になったら閉じてね


新着レス 全部 <<前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新RSS