メロディを口ずさみながら、リズムを刻んで。 

葉っぱ天国 > 作詞 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:子桃__こもも:2018/03/24(土) 23:05


 ✡ 立て直しました。

 ✡ 今回はちゃんと作曲もしようと思います。
 

2:子桃__こもも hoge:2018/03/24(土) 23:17



ブルードットのカーテンが揺れて
朝の光が差して
私は子供に戻りたいと願って
部屋の片隅 ひとりで嘆いた

あの夏に戻りたいなって
あの冬に戻りたいなってさ
いくら泣いたってもうもどれない
それくらい分かってるでしょう
だけど今日もこうして 叶わない願いを歌い続ける


ブルードットのカーテンが揺れて
夜の暗闇で歌う
大人になんてなりたくないと叫んで
部屋の真ん中 ひとりで眠るの

あの春は楽しかったな
あの秋は笑ってたのにな
いくら願ったって変わらない
それくらい分かってるのに
だけど本当は 本当は認められてないの ………


あの夏に戻りたいの
あの秋に戻りたいの
あの冬に戻りたいの
あの春に戻りたいの

どうして戻れないの?
こんなに願ってるのに


魔法なんて信じてたり
占いなんかに夢中になってた
あの頃はもう帰ってこない
それくらい分かってるでしょう
だけど今日もこうして 叶わない願いを歌い続ける
  

3:子桃__こもも:2018/03/26(月) 20:13



小さい頃憧れてた キラキラ輝くあの子たち
ちょっぴり真似をしてみたり 鏡の前で決めポーズ
あーあ、しっくりこないなぁ… なんて

こんな年にもなって恥ずかしいや って
周りの大人は言うけれど
でも、夢だから
誰にも理解されなくても
私は魔法少女になるの!

ハートのステッキ 大きなリボン
ピンクに包まれたふわふわの衣装
女の子はみんな憧れるような
そんな素敵な存在なの

かわいい妖精 瞬く光
綺麗に纏まったキラキラのツイン
人々をみんな救えるような
そんな存在になりたいの


小さい頃なりたかった 将来の夢があったでしょ
けっこームリめな夢だって それでも立派な夢だって
あーあ、やっぱりだめかなぁ… はぁ。

大人になったら夢を見ちゃダメなの? ねぇ
周りの「普通」に流されて
諦めかけてた ゆめ
誰にも信じてもらえなくても
私は魔法少女になったの!

ぱっちりまつげ ファンシーな羽根
いつしか夢見たあの子たちのように
かわいいをぎゅっと集めたような
そんな素敵な伝説なの

厚底の靴 夢見る瞳は
誰にも負けない証なの

 

4:匿名:2018/03/27(火) 20:56

とても素敵です!また書いて

5:こもも◆/s:2018/03/30(金) 23:50

>>5ありがとうございます!(((o(*゚▽゚*)o)))
作曲もしてるので、完成したら是非聴いてください!💗

6:こもも◆/s:2018/03/30(金) 23:50



午前7時 いつもの時間に
目覚まし時計 ピピピピピ
眠たい目をこすって 今日におはよう☀
また朝か、もう来なくていいよ。

太陽が眩しいなぁ って思った日は
ずっと部屋にこもってたいでしょ
だって太陽って 苦手だもん
だから仕方ないでしょ 怖いんだもん

午後10時頃 いつもの時間に
むしゃくしゃむしゃくしゃ イライライライラ
熱い頭を殴って あぁ死にたい
またお薬、飲みましょうね。

良くなった? ねえ良くなった?
ずっとイライラしてた気持ちは
収まったの? まだなの?
それなら飲む意味はないから もうやめましょ

 

7:こもも◆/s:2018/04/08(日) 17:46



白い雪がひらひら
私の頭に舞い落ちて 溶けた
ああ、寒いなぁ。

かじかむ手に 息を
ゆっくりと吐きかけて 温かいな
でも、心は空っぽのままね。

「命を大切にしろ」なんて
偉い顔した大人は言うけれど
命を捨てたくなったのは、
あなたたち 大人のせいなのよ

だって あんな大人には、なりたくないんだもの。


窓から落ちてみたら、私は死んだ。
こうなるのは、何となくわかってたよ

大人は口々にうたう
「何で命を大切にしないのか」
別に私は死にたかったわけじゃないのよ
ただ、ここから落ちたら、子供に戻れる気がしたの

 

8:こもも◆/s:2018/04/09(月) 20:46



大好きだったアイドル
あれ、なんだか可愛くないぞ
大好きだったはずのうた
あれ、なんだかどうでもいいぞ
大好きだったあのお菓子
あれ、なんだか美味しくない
全部全部、どうでもよくなっちゃった

全部なくなっちゃったら、私に何が残るんだろう
考えてみても、分からなかった
どうしてどうでも良くなっちゃったのかな
私、なんにも興味がない、空っぽになっちゃった

 

9:こもも◆/s:2018/04/10(火) 12:33



今死にたいって思ったでしょ。
嘘ついてもだめよ 私には全部お見通し
だから分かるわ 本当は死にたくなんかないのだって

え、本当に死にたいの?
嘘つけ、死ぬの怖いくせに
本当は幸せに生きたいくせに

でもあなたは幸せになんかなれないよ
だって世界の何%の人がいま幸せなの?
そんなのほんの一握り だれも幸せに気付けないから
幸せになんてなれるわけがないじゃない


今逃げたいって思ったでしょ。
隠したってむだよ 私には全部お見通し
だから分かるわ 本当はみんなに心配されたいだけだって

え、本当に違うのって?
嘘つき、独りは怖いくせに
本当は死んで悲しんでもらいたいだけのくせに

でも、あなたはみんなに泣いてはもらえないよ
だって世界の何%の人があなたを知ってる?
そんなのほんの一つまみ だれもあなたを知らないんだから
みんなに泣いてもらえるわけがないじゃない

 

10:宮野志保 ◆j6:2018/04/12(木) 19:42

何か歌詞が怖い

11:こもも◆/s:2018/04/13(金) 18:47

>>10ごめんなさい…(*´・ω・*)
明るいのも書いてみますね!

12:こもも◆/s:2018/04/13(金) 18:55



「明日は晴れるかな」
ぽつんと呟いた言葉は、雨空に吸い込まれていった
水玉模様 雨模様
耳にくぐもる音、なんだか不穏

ねずみ色の雲は、青いはずの空を覆い隠して
「そら見たことか」って笑ってるように見えた
私はなんだか腹が立って 空に向かって
「そんなの全然平気だよ!」なんてムキになった

本当は雨なんて嫌いだよ やっぱり晴れが好き
そこらへんの雑草も元気で なんだか面白い
雑草って本当はすごく強いんだって
花壇のきれいな花よりも、ずっとずっときれいかも?

あぁ、やっぱり明日は、晴れたらいいなぁ。

「明日も雨でしょう」
ふと聞こえた天気予報 やっぱり明日も雨なんだ
灰色気分 憂鬱模様
耳に刺さる音、なんだか不気味

台風が来るんだって、ってお母さんのつぶやき
「そうなんだ」ってから返事をした
私はなんだか頭が沸騰して カーテン開けた
「あーした天気になーあれ!」って思い切り叫んだ

お気に入りの傘なんて持ってないし 濡れちゃうし
水たまりも泥だらけだし 全然楽しくないんだもん

あぁ、早く晴れるといいな。

13:こもも◆/s:2018/04/15(日) 11:30



新しい赤色の靴 鳴らして歩いたいつもの道
なんだかいつもと違う道みたい ふしぎ
心もなんだか元気になって 楽しくなってきた
鼻歌なんて歌ってみた いつの間にかスキップしていた
道端に咲いてる花でさえも 今日はなんだか輝いて見える

太陽も笑ってるみたいで なんだか面白い
木々が風にざわめいて 私の上で大合唱
そんなに楽しいのかな? 私も楽しいよ
そう言って、私は駆け出した

空まで届けこのうた
天まで届け お月様まで
星が流れる夜には、そっと囁いて
「おやすみ」って眠りに就いて

なんて素敵な日なんだろう! なんて楽しい日なんだろう!
わくわくして、眠れなくて しばらくそっと目を閉じて
ひつじを数えてごらん ふわふわのひつじに乗って
夢の世界に行こうと思ったら、


あれ、目が覚めた。
さっきまでのわくわくも、なくなっていた。
あぁ、そうだったんだ。

夢の中だったから、あんなにたのしかったんだ。

14:こもも◆/s:2018/04/19(木) 10:48



外に出るのが怖いな 目を見られるのが怖いな
そう言って、また暗い土の中に潜って
いつまでも誰かに連れ出したもらうことを待ってるだけの僕
惨めだなぁ 惨めだなぁ
僕を連れ出してくれるカイワレは、いつ現れてくれるのかな

僕はもやし 太陽の光に当たらないで育ってきた
だから太陽は怖い 太陽は熱くて大きい
ちっぽけな僕には、全部が怖い
鳥も猫も人間もカイワレも
だから、外には出たくない。

ある日出会ったカイワレの君に 僕は怖いと弱音を吐いた
そしたら君はくすりと笑って 「そんなことで悩んでたの」と
僕は頭に来たけど よく考えてみたら「そんなこと」だったのかもしれない

僕は外に出てみた 太陽のねっとりとした暑さに目が眩むけど
でも暖かい 明るいけど、空気は優しい
あぁ、何だか心地いい。

僕はカイワレになった。

15:こもも◆/s:2018/04/24(火) 17:21


あーあーあー
雑音に耳を塞げば 頭の奥から聞こえる騒音
うるさい うるさい うるさい
叫んでもやまない 頭が痛む

結局みんな 自分さえよければそれでいい
私もそう 自分がよければそれでいい
でもあなたは違う あなただけは違う
どうしてなの どうして

届かない叫び声をあげて 誰にも聞こえない場所へ逃げて
そうしてあなたは 泣きながら自分を殺して
それでいいの それじゃだめなの
どっちか分からないけど 結局あなたも自分のために

16:こもも◆/s:2018/04/28(土) 14:40



地球は回り続ける 私が立ち止まっても地球は止まってはくれない
それなら 私も前に進み続けなきゃ
独りで取り残されるのは もう嫌だから

おいてけぼりにされて 通せんぼされて
私の行く手を遮る 闇が私を消そうとしても
それでも光が宿る限りは
私は私と闘い続ける!

未来からの贈り物が 私の生きる意味ならば
私はそれを抱き締めて やり遂げるまで諦めない
例え挫けても、裏切られても
私の進む道は 誰にも邪魔させない!


世界は進み続ける 私が追い付けなくても世界はただ進化していく
それじゃ 私はどうすればいいの?
7人の気持ちが1つになれば 乗りきれるの?

みんなバラバラになって 仲間割れして 
私達の未来を消し 闇が勝利したとしても
それでも光は灯り続ける
私達の物語は終わらない!

過去に囚われる心が 世界を覆い尽くす
私はそれを正して でも私に生きる意味はない
それでもこの命を、無駄にはしたくない
だから進むの、一歩ずつでも!

17:彩音 ◆RM:2018/05/01(火) 19:57

明るい歌詞の方が良いですよ( ´△`)

18:こもも◆/s:2018/05/01(火) 23:17

>>17明るく書いてるつもりなんですが…。
ごめんなさい💧

19:こもも◆/s:2018/05/01(火) 23:22


キャンディの杖を人振りすれば、そこはまるでお菓子の国に
わたあめの雲に、チョコレートの地面に
あそこに飛んでる鳥は 飴細工ね
まるで夢見たい まじかる・world

甘酸っぱいいちごも好き ちょっと苦いココアもいいわ
頭からつま先まで、全部美味しいの
頭からつま先まで、全部幸せでできてるの

100数えたらもう終わりよ 魔法の夢は閉幕するの
それでも夢は 私の中に ずっとずっと灯り続けて

酸っぱい太陽のようなオレンジに さっぱりしたミントを添えて
ベリーのパンケーキに乗りながら 降り注ぐあめだまをキャッチして
幸せ気分をミルクに乗せて 続きはまた明日の夜ね
星のキャンディに人差し指の先 そっと零れた魔法の言葉

20:こもも◆/s:2018/05/01(火) 23:34


窓の外を眺めてたら 鳥が飛んできた
真っ赤な羽をばたつかせて 飛ぼうとしてるの?
おかしいわね からだは白いのに、どうして羽は赤いの?
もしかして、それは、血?

話を聞くと、木の枝が刺さってしまったんですって
可哀想だわ、手当してあげなくちゃ。
包帯をもらって、あなたを手当してあげる。
いいのよ、気にしないで。

痛みに負けずに飛ぼうとしたあなたは素晴らしいと思ったの
飛べなくても飛ぼうとしたあなたはとても美しかったの
あなたになりたいと思ったのよ 私は弱くて何も出来ないから
でも平気よ あなたに会って、勇気が持てたから

21:あんこ:2018/05/02(水) 19:40

あの、夢物語みたいな詞を書いてくれませんか?

22:こもも◆/s:2018/05/02(水) 22:11

>>21夢物語ってなんでしょうか…?
ごめんなさい、教えてください(º_º)

23:こもも◆/s:2018/05/02(水) 22:19



気が付いたら、そこには無限に広がる地面があった
手を握って 開いて 握って そのままに
私は走った いつのまにか走っていた
足が軽い 心は何故だか重い

無限にも限りはあるんじゃないか、なんて屁理屈を考えていたけれど
そこに広がる大地には 本当に限りは無かったの
地を蹴って進むのが、こんなに楽しいなんて
夢にも思わなかったわ そう、これは夢なのね

見上げてもみえない太陽に、私は言ってやった
「今ならあなたにも手が届きそうだわ」
本当は届かないなんて分かってる けれど夢見たっていいじゃない
太陽に届きたい 太陽になりたい
太陽になって人を見下したい それができるのは夢の中だけ
だからお願い わたしを太陽にして。



夢のお話です。

24: :2018/05/03(木) 19:22

>>22
夢の世界って感じの奴じゃね?

25:こもも◆/s:2018/05/03(木) 21:45

>>24そうですよね( °_° )夢物語っていう名前のアニメみたいなのがあるのかと思ってました…。

26: :2018/05/04(金) 19:46

>>25
ああ、そんなアニメはあらへんし夢の世界みたいな感じの詞を作れば良いと思うで。

27:こもも◆/s:2018/05/04(金) 22:07

>>26 >>23に書いてみました( ゚▽゜)♡*゜

28:匿名希望:2018/05/05(土) 20:05

いじめられてる人ヘ向けた詞を書いてくれる?

29:こもも◆/s:2018/05/05(土) 22:16

>>28わかりました!明日くらいに書きますね!( ゚▽゜)♡*゜

30:匿名希望:2018/05/06(日) 09:27

>>29
ありがと。

31:こもも◆/s:2018/05/06(日) 21:04



私は間違ってない あの子が全部悪い
私は正しいんだ あの子が間違ってるんだ
ずっとそう自分に言い聞かせてきた
でも 本当に悪かったのは私

間違ってなかったとしても 私が正しかったとしても
いじめられたくないなら 群れから外れたくないなら
間違ったことを笑顔で肯定しなきゃいけない
私が変わらなくちゃいけない

変わるって怖いけど いじめられるのはもっと怖いから
今日も笑顔で「それな」を連呼して
頭の中で制止する「いい自分」を必死に殺して
明日こそはって泣きながら叫んだ

ここから抜け出したいのに 抜け出したくない
やめたいのに やめたらいじめられるから
教室の隅にいるあの子にはなりたくない
つくづく思う、私はあの子じゃなくてよかった。


魔法少女mirai✡7っていう小説のキャラクターをテーマに書いてみました。いじめの話です。

32:匿名希望:2018/05/07(月) 19:53

>>31
素敵じゃん!また書いて下さい!!

33:こもも◆/s:2018/05/07(月) 20:14

>>32ありがとうございます!( ゚▽゜)♡*゜

34:彩音 ◆RM:2018/05/08(火) 17:48

良い詞ですね…♥

35:こもも◆/s:2018/05/16(水) 16:07

>>34ありがとうございます( ゚▽゜)♡*゜

36:こもも◆/s:2018/05/16(水) 16:08


手に残ったのは空虚感
糸を頼りに進んでいけば そこは奈落の底
誰からも見えない場所で 泣いてたあなた
誰にも聞こえない声は 私には聞こえた


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS