リドルの作詞板

葉っぱ天国 > 作詞 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:リドル◆fM:2019/01/10(木) 11:26

感想とか下さると飛び上がって喜びます。アドバイスもお待ちしてます。

クオリティがまちまち。超良いのが出来る時も、ダサいのが出来る時もあります。

だいたい、直前に聞いた曲に影響されてたりします。

大抵2番まであってバリバリ長い

烏滸がましいですがタイトル付けてくれるとありがたいです。スレ主にはタイトルのセンスが皆無なのです。

すたーと!

2:リドル◆fM:2019/01/10(木) 12:31

タイプライターが悲鳴をあげる
午後の街並みを流れる無秩序に
蝕まれて割れるティーカップを
僕は冷ややかに見下ろした

時計台の鐘が鳩を攫う
錆に覆われた花弁にも
きっとまだ
僕は考えてはそっと
外に手を伸ばした

ワンダーランドの片隅に
孤独な少女は見つめている
綴る終末のストーリー
メランコリック・シンドローム
明日を見ることも願わず
穴の空いた心を見世物に
墜落しきった世界の中で


レトロシアターが未来を映す
千と百十も流れた時の海
蔑まれて駆ける主人公を
僕は鬱々と重ねてた

夕刻オレンジが人を帰す
黒に塗られた視界にも
きっとまだ
僕は目を閉じそっと
街路に駆け出した
あの主人公のように


少女は立ち上がり一瞥した
前髪からナイフが睨んだ
深淵を覗く目が
どうか空を見上げられるように


ワンダーランドの片隅で
孤独な少女の黒が枯れる
綴る結末はメアンダー
ドラマチック・シンドローム
明日を見上げた傀儡の
糸は風に遠く攫われて
墜落しきった世界に
そっと小さなピリオドを

……………………………………

記念すべき一作目が暗いお話
ワンダーランドな(筈の)街で出会った少女との物語
一番サビの「メランコリック・シンドローム」は少女のことで
ラスサビ(二番サビ)の「ドラマチック・シンドローム」は僕のことです。若干ロマンチストな主人公くん。
二番Bメロから間奏、ラスサビへ……って感じです。
出来としてはまあまあですが、成長の様子を……って事で置いておきます。

3:リドル◆fM:2019/01/10(木) 12:34

誤字発見

×考えては→○考えて

4:リドル◆fM:2019/01/13(日) 16:18

時間が止まれば
君に会いに行こう
憶えていますか?
忘れ物を届けに来ました


森の中でも 海底でもない
有り触れた街の
どこにでもいる僕の
小さなお話

ブランコこいで みんなで笑って
有り触れた日々の
笑顔眩しい君の
隣にいたかったこと

小さな僕は
言葉の大切さも
知らなかったんだろう
ただそれだけだった

もしも
時間が止まれば
君に会いに行こう
楽しかったこと
笑い合ったこと
憶えていますか?


喧騒の中 ため息吐いて
有り触れたことを
絶望感と嘆く
雨みたいなお話

快晴の色 雨粒の奥に
有り触れた日々を
仕舞いかけてたことを
気づいていなかったフリ

小さな僕の
思いは今更にも
大きくなってしまって
もう息苦しいんだ


左回りの針に
君が笑っている
暗い夜にもう一度
あの日
すり抜けて消えた言葉を

もしも
時間が戻れば
君に伝えに行こう
楽しかったこと
笑い合ったこと
忘れないで
なのに
時間は戻らない
君が消えてしまう
言えなかったこと
好きだったこと
届いてください


時間が止まれば
君に会いに行こう
どこにでもいる僕の
小さなお話


………………………………

二作目。ちょいファンタジー要素ありめのラブソングです。
森の中でも海底でもない→白雪姫や人魚姫みたいな童話ではない……みたいな
文中にもあるように有り触れたお話です。僕の好きな人がどっか行くんです。
僕には告白が出来なくて、二番で少し成長した僕(二〜三年後?)が出てくるんですけど、そこでもまだ引きずってる感じ。
時間が戻れば、君にちゃんと思いを伝えられるのになぁっていう詩。
でも結局、僕は会いに行きません。そんな小さなお話です。出来はまあまあ。

5: ◆oA hoge:2019/01/13(日) 16:47


どこにでもいる僕の小さなお話。というフレーズがすごく好きです。

6:リドル◆fM:2019/01/13(日) 17:38

>>5
ありがとうございます。「どこにでもいる小さなお話」は、今回の作詞をする時にテーマとして考えてもので、ここに一番時間をかけて考えたので、とても嬉しいです。

7:リドル◆fM:2019/02/09(土) 14:05

灰皿の火が静かに落ちて
エンドロールが 欠け目に流れた
隣で貴方は手を叩いて
口を歪めて 息を吐いた

広すぎたテーブル
大きすぎたソファ
もしも貴方が望むのならば
透明な純真も
陰った心も
全て放り込んで 貴方に贈るから


空っぽになる黒い箱の中
ペトリコールが 欠け目を埋めてく
銀のカトラリー 灯りも尽き
満盈の水も 落ち掛かる

静やかなキッチン
騒がしいミュージック
きっと貴方は望まないだろう
見え透いた感情も
陽を見た瞳も
全て溶けて消えた 貴方へのプレゼント


酸いも苦いも甘さに混ぜて
深紅の糸で着飾って仕舞えよ
誰にも解き明かされないように
この心が見た 錯覚の答えを
ああ 馬鹿馬鹿しい程求めているのだ
幸せな結末だけ
どうかどうか 導き出して
包みに隠した貴方への感情を

深い深い 海に溺れて
おやすみ


……………………………………

三作目。ハッピーバレンタイン!な曲……だと思う。ハッピーではないかな?
一番はサビを作らず、二番の後にサビを作りました。サビを二つ作る自信が無かったんです。その分、言いたいこと全部言った感じに詰め込みました。
度々詩の中に「部屋」に関するワードが出てきますが、これは主人公の頭の中の話です。一緒に話して何かを作った時間も、勧められて聴いた音楽も、貴方が居なくなってしまうと途端に色を失ってしまう。だから隣に居たいけど、それはきっと貴方が望むことではないから、伝わって欲しくない、でもそれが少しでも伝わるようにプレゼントに込める。そんな感じです。
その他はここで全部説明すると長くなるので割愛します。今回は割といいのが出来たんじゃないかなぁ。

8:リドル◆fM:2019/03/29(金) 19:38


孤独に吸い込まれて
消えてしまう
空っぽの器を持って
蹲った
帳の向こう側

電脳世界に明け暮れて
書き記した物は文字を成さず
どろどろりと溶けていく
体の中 目を閉じた

違う くだんないね
って全部全部蹴り飛ばしたってさ
嫌い 捨ててしまえ
って全部全部放り込んだ
だけど不変だから
朝日が来る
陽の目を見る
仕方ないや 仕方がないから今日も
息を吸って吐いて


孤影を映し出した
鏡の中
空っぽの声が痛くて
座り込んだ
夢幻の外側

思い腐し責め殺し
首を絞めど緩やかに息を吸う
バラバラに崩されても
醜視の中 這い上がった

違う つまんないね
って全部全部殴ってみたって
辛い 捨てられないんだ
全部全部抱え込んで
なのに不変だから
朝日が来る
今日もひとり
仕方ないや 仕方がないってわかってるよ
でもこうも溶け出しそうに
痛くて辛くて苦しくて

違う つまんないね
って全部全部蹴り飛ばしたってさ
嫌い 変わんないね
だって幸せらしいんだよ
今日も不変だから
ひとりになる
痛みを知る
仕方ないの だから今日も
この痛みを叫び続ける


………………………………………


四作目。久々に作詞したら割と言いたいことが言えた。
ネットに明け暮れてると、色々なことをくだらないとかつまらないとかしょうもないなんて言葉で片してしまいがちですが、そこにもきっと意味や価値はあって、それに気づくことができない自分が嫌になる今日この頃。
常日頃からひとりなもんで、共感も得られないんですよね。辛いことも苦しくことも、全てひとりで抱えてしまうから全部が中途半端に混ざって空っぽになって、ちょっと首なんか絞めたりしてみて、その感覚が心地よくて、だけど手を緩めて息を吸っている。もうどうにもやってられなくて面白い記事見てお腹抱えて笑って。それこそくだらないんでしょうけど、そんなことしたって結局明日が来てしまうし、どれだけ不安な未来もいずれ来てしまうし。でも痛いことは痛いし。そんな詩です。多分。長くなってしまった。

9:恋する厨二病◆go:2019/03/29(金) 21:33

曲にタイトルつけさせて頂きます※自己満なので採用して下さらなくて良いです
>>2
ワンダー・ドーム
スノードームに掛けてつけました。小さな異世界のお話っていう感じがあったので…
>>4
もしも時が戻るなら
どんな歌かの解説より抜粋(?)…。
>>7
ほろ苦いプレゼント
自分の心(自己嫌悪)をつめたプレゼント、というような感じがしたからです(雑)
>>8
仮想と痛覚
ネットの話であること、それでも痛いものは痛いこと…が印象に残ったので。

10:リドル◆fM:2019/03/30(土) 09:17

>>9
うわあああなんか全部好きです(語彙)
タイトル付けていただいたの初めてなのと久しぶりにコメントいただけて柄にもなくテンションが上がってます。
一応自分でもタイトルを考えることはあるのですが、どうにもこうにもしっくりこなくて最近は考えるのを放棄してしまっているもので……。ありがとうございます。

11:恋する厨二病◆go:2019/03/30(土) 18:57

いえいえ、作詞なんて私は出来ないので尊敬してます!これからも頑張って下され…

12:リドル◆fM:2019/03/31(日) 18:34

>>11
これからもマイペースで、ぼちぼち頑張っていきます……重ね重ねになりますが、ありがとうございます。

13:リドル◆fM:2019/04/01(月) 16:05



ガラクタに満ちた街
憂鬱な頭上の空
重い空気を吸って
咳き込むように吐き出した

君の小さな腕に
纏わり付いた鎖は
もうとうに腐ってる
抱えなくていいんだ

厭世を見た君の手を
引いて駆け出したんだ
ここに自由はない
果てしなく広い未来を求めて

飛び出せ 地平の彼方まで
光射す場所へと
腐りかけの林檎なんて要らない
探しに行こう
僕らの理想郷を


原っぱに寝そべって
君は深呼吸した
優しい風が靡いて
僕の欠片を攫った

回生した僕らには
暗い過去の影はない
ここで夢を見よう
果てしなく続く“今”を抱きしめ

手を取ろう 大地を踏みしめて
光射す場所まで
廃れかけた世界なんて要らない
試しに行こう
僕らのパレンティアを


過去の棘が身体を蝕んでも
僕ら何度でも立ち上がれるだろう
孤独に押し潰されそうになって
また意味もなく君の手を握るんだ


飛び出せ 地平の彼方まで
光射す場所へと
腐りかけの心を震わせて
もう一度歩き出すんだ

手を取ろう 大地を駆け抜けて
光射す場所まで
腐りかけの希望を抱えて
探しに行こう
僕らの理想郷を
見つけに行こう
僕らのパレンティアを


……………………………………


五作目。希望に満ち溢れたアニソンみたいな歌詞を作りたかった……というかそんな歌詞になった(と思う)。
主人公の「僕」は「君」の手を取って、生き苦しい世界から逃げ出します。ガラクタに満ちた街、は主人公から見た世界の様子。空気が汚いです。君に付いていた鎖は本当の鎖ではなく、この場所から逃げ出したい気持ちに歯止めをかけている理由の具現化みたいな物です。
サビの終わりの箇所、理想郷で「ユートピア」です。よくある当て字ですねw
それからパレンティアは、スペイン語で「勇気」です。色々と調べたらこれが一番意味も語呂も良かったのでこれにしました。結構今回作詞に時間かかりました。

14:リドル◆fM:2019/04/27(土) 19:04


はいはい今日も今日とて
劣等劣等 繰り返し
似た色塗って汚くなって
あれ愛ってどんな色だっけ
さして醜いものでもなかったような
否定 equal ステイタス
そんな方程式に当てはめて

完全無欠 疑心暗鬼
両極端な僕らだ
どちらを取ろうかなんて
どっちも気に入らんが
口を開かぬまま

嘘吐きばっか 馬鹿らしいな
なんてなんて ありきたりだ
嘘吐こうが作り物だろうが
僕は今日も生きているんだ
言い訳すんな なんてって
生きづらいな こんなんさ
ほらゲラゲラ笑って明日も歩けよ
来世までなんて待ってられない


ねえねえ今日も今日とて
嫉妬嫉妬 塗り返し
色が混ざって汚くなって
あれ好きってどんな色だっけ
こんなお仕着せだらけじゃなかったような
まあ興味なんてないんで
って本音隠してるナンセンス

勧善懲悪 跳梁跋扈
なあなあなんだ僕らさ
どちらが何だ、なんて
分かり切ってるのにね
躍らされてるまま


その主張を手に持ったならば
声に出してみろよ
掃き溜めに埋もれているままじゃ
操られたままの色じゃ 足りない
僕らの色は燻んだ色なんかじゃ
なかったはずなんだ


偽善者だらけ 信じられないな
なんてなんて 知ってるでしょ
偽善者だろうが偽物だろうが
僕ら優しさに触れていたこと
否定こそが誠だって
肯定だけが全てだって
ほらそんなんじゃないだろ
知ってんだろ
色を被ってること
染まらない主張を
勝手に色付けされただけで
歩みを止めてなるものか
だからほら
ゲラゲラ笑って明日も歩けよ
生まれ変わるまで待ってられない



…………………………………………………

六作目。だいぶ下がってて慌てて書こうとしてスランプ気味になりました。
色と主張がテーマです。いつのまにか自分で、或いは他人から、自分の思ってることに色付けされてしまう、っていう。色付けされた偽物の色で死にたいなんて思うの嫌だから、そんなことが忘れられるようにゲラゲラ笑えばどうにか明日も歩いていけるでしょ、って感じです。思ってることをまんま歌詞にした感じ。出展不明な道徳心なんて要らない!ってことだけが全てじゃないって言いたかった……?うーん、それだけじゃない気もするけど、とりあえず生きていこうぜ!

15:リドル◆fM:2019/05/01(水) 13:03


魚の尾が 水の街に揺らめく
陽の当たる水面を 皆見上げて歩く
青が滲む 赤に解ける
いつか 夕立も止んだ頃

街灯りには 暮れた音を流した
平坦な道の空 標探して歩く
藍の事も 背中に負って
蝉の啼いた夜を見る

茜に染まったままの
僕の傘を
壊したなら
きっと夕も閉じる

通り去った 最終列車の中で
蛍はまだ消えない灯を歌った
ああ 手に籠った雨の匂いが
今も喉を締め付ける


濡れた土が 花の下に埋もれる
陰り声の光は 沈む空に架かっている
月が昇る 夜の短さ
僕の 可惜夜

昨日に染まったままの
僕の傘が
壊れないよう
ずっと抱えている

走り去った 最終列車の外で
カラスは迫る朝の声を鳴らした
ああ しとど濡れた僕の髪から
雫が星を描き落ちる


声が響く 頭の中
夜が明ける 青の空
八月の終わり 午前四時過ぎ
溢した茜は硬い地面に染みる

走り去った 最終列車の外で
カラスは迫る朝の声を鳴らした
ああ 色の抜けた僕の傘から
雫が星を描き落ちる

飛び乗った 始発の列車の中で
蛍はずっと消えない灯を歌った
ああ 手に残ったものの名前は
今 静かに朝を濡らした

空蝉の茜の中
夏に君



…………………………………………

七作目。令和最初の作詞です。楽しかった。
夏歌を聴いたら書きたくなってきたので書きました。お別れの歌です。と言っても歌の開始時点でもうお別れしてるんですが。ラストにだけ出てくる君との過去に縋り付くのをやめよう、っていうお別れです。始発に乗ってるのは、新しい始まりのようなものを表したかったからです。これに出てくる茜は、過去のことみたいなもんです。でも始発の電車のなかで泣くってちょっと周りからの目が気になるような……? まぁいいですw

16:リドル◆ES6o5Z0bg:2019/05/19(日) 18:24


晴れ色の空が 昨日に流れていく
傘を突く音 痛い痛いと喚く
耳を塞いで 塞いで
奥の方でしゃがみこんで
また歩きだす

濁った水を飲み干したら
勇者にでもなれるだろうか
そんなわかりきったことを考えながら
靴を鳴らす 家路の途中

治りかけの傷口を
指でそっとなぞるように
痛みも苦しみも繰り返されるなら なら
なんだ

もうわかんないや わかんないや
世の中全部それだらけ
雨に濡れたって風邪も引けないや
ねえ なんで なんでって
叫んだその声も 車が水と一緒にかき消した
そうだこんな世の中なんだ
訳もわからず絶望して また笑って
今日も一日が終わる


並木を揺らした 少し強い風
裾を連れ去ってく よくある話だ
瞳を閉じて 閉じて
背景の中溶け込んで
また目を開ける

濁流が心を流れていく
何一つ洗い流してはくれないような ような
濁流が 這った
痛い痛い痛いだけ ただそれだけ
何もない 何もない 何もないだけ

家に帰れば家族の温もりが
外に出れば友の呼ぶ声が
幸せな毎日だ 有り触れた日常だ
されど心を這って叫ぶ 感情だけが
何かを攫っていく


もうわかんないや わかんないや
世の中全部それだらけ
雨に濡れたって風邪も引けないや
ねえ なんで なんでって
叫んだその声も 車が水と一緒にかき消した
そうだこんな世の中なんだ

なんだきっと

もうわかんないや わかんないや
生きて死ぬまでそれだらけ
この気持ちもずっとずっとわかんないや
ねえ そうだ そうだろうな
叫んだこの声が 車に轢かれてかき消された
ってなんだ なんだ そうやって今は笑ってられる

雨がまた降ったら もう一回
この歌を歌おう また笑うために



…………………………………………………………………

八作目。関係ないですがトリ変えました。
ちょっと書き出したら止まらなくてですね。この他にもいい感じの歌詞、Aメロだけとかできてたんですが、なんかできました。お外は雨です。
この歌詞の解説必要ない気もしてきた。結構ストレート。どのくらいかっていうと紅茶のストレートにほんのちょいだけレモン入れたみたいな。かえってわかりづらいな。まあいいや。
梅雨時って憂鬱になるよねーみたいな。ストレスとかなんか知らんけど溜まりやすいし、軽く自暴自棄になってうわああってなるけど、どうせそうなる理由もわからないんだしいいじゃん! って吹っ切れる話です。うわあ紅茶の例え以上にわかりにくい。とにかくあんまし気を重くしすぎんなよ! っていう感じ。


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新シェアする?RSS