若草色の眼だけが知っている

葉っぱ天国 > 創作 > スレ一覧 1- 101-キーワード▼下へ
1:秋鈴◆/M hoge:2018/11/08(木) 00:31

創作の設定とか思い付いたことをひたすら投げるだけのスレ
 
*レス禁
*意味不明なこと書いたりします
*なんでも許せる方のみ閲覧どうぞ

102:  ◆4/M hoge:2019/04/02(火) 21:03

ここはの未来の地球。人々は忙しさに明け暮れ、空を見上げる間も無かった。それもその筈、空を見上げてもただ黒いだけなのだから。ある日突然地球に現れた地球外生命体。彼らは人々から幸せも空の明るさも奪っていった。地球全土は、彼ら地球外生命体に支配されてしまった。が、闇あるところに光あり。地球を救うべく12人の星座の精霊達が立ち上がったのだ。

103:  ◆4/M hoge:2019/04/03(水) 15:05

あら、あなたは……人間、でしょうか…
珍しいですわね
ようこそ、秘密の花園へ
さぁさぁ、此方へどうぞ
美しい花達が貴方を歓迎してくれますから…

104:  ◆4/M hoge:2019/04/03(水) 15:10

秘密の花園。そこはまるでユートピア。さあさあ、どうぞいらっしゃい。日常からの解放を望むのなら。

105:  ◆4/M hoge:2019/04/03(水) 17:23

>>103-104の設定
舞台はどっかの異界。そこには洋風の家が一軒建っていて、そこには家主と花達が住んでいる。家の周りは一面花が咲いていてどこまでも続いている。
この庭に迷い込んだ人を歓迎するが、最終的には殺して肥料にしてしまうんだとか。

106:  ◆4/M hoge:2019/04/05(金) 21:33

人々に刻を告げる『時間』。しかし彼らは誰を基準にしたらいいのか分かりませんでした。一番強い者が基準。そう答えを導き出した彼らは戦いを始めます。

107:  ◆4/M hoge:2019/04/05(金) 21:37

人々に刻を告げる『時間』。しかし彼らは誰が一番なのか、誰が基準なのかが分かりませんでした。人々に刻を知らせる身としてあやふやにするのはいけない。彼らの正義感は争いを産み出した。一番強い者が基準。そう答えを導き出した彼らは争いを始める。24人の醜く美しい争いが始まる。

108:  ◆4/M hoge:2019/04/06(土) 12:41

「スノードロップが、あなたの死を望んであげるの〜」
「人間は死ぬために生きているのではないの?スノードロップはその目的の為に望んであげるの〜」

名前:スノードロップ
見た目年齢:11歳
身長:130a
性格:可愛らしい見た目に反してとんでもなくサイコパス
   常に人の死を願っているらしい

109:  ◆4/M hoge:2019/04/06(土) 12:43

「別に…あなたのことなどどうでもいいです」
「何が滅亡しようと…構いません」

名前:スイレン
見た目年齢:18歳
身長:158a(実際は153aだがヒールで4a盛っている)
性格:冷淡
   他人に関心がない
   無気力

110:  ◆4/M hoge:2019/04/06(土) 12:50

「汚いものは嫌いです。」
「汚いもので私に触らないで下さい。刺しますよ。」

名前:アザミ
見た目年齢:25歳
身長:167a
性格:重度の潔癖性
   汚いものが大嫌い

111:  ◆4/M hoge:2019/04/06(土) 12:52

「さァ、ショーの始まりますよ…」
「私には道化師がぴったりなのです…」

名前:ユリ
見た目年齢:19歳
身長:160a
性格:いつもニコニコしているが本当の表情を出さない

112:  ◆4/M hoge:2019/04/06(土) 12:53

>>111誤字発見

「さァ、ショーの始まりでございます…」 
「私には道化師がぴったりなのです…」 

名前:ユリ 
見た目年齢:19歳 
身長:160a 
性格:いつもニコニコしているが本当の表情を出さない

113:  ◆4/M hoge:2019/04/07(日) 08:00

「他人は利用する為の道具…」
「利用して裏切って…そうしていかなきゃ生きてけないから…」

名前:カルミア
見た目年齢:18歳
身長:152a
性格:疑心暗鬼
  他人は利用する道具だと思っている
  愛とかよくわからない

114:  ◆4/M hoge:2019/04/07(日) 08:03

「死んでもずーっとずーっと大好きだよ!だから私とずっと一緒にいてね!」
「大好きな人とは離れたくないの…。例えどんなことがあっても」

名前:アイビー 
見た目年齢:16歳 
身長:150a 
性格:天真爛漫だがどこかに闇がある
   好きな人には一途で死んでも離れたくないと思っている

115:  ◆4/M hoge:2019/04/07(日) 08:06

「友達だから裏切りはなしだよ?」
「裏切ったらどうなるかわかってるよね?」

名前:ハナズオウ
見た目年齢:14歳 
身長:151a 
性格:典型的なめんどくさい女子
   グループ意識が強い

116:  ◆4/M hoge:2019/04/07(日) 08:08

「私のことを記憶に刻んで…そしていつまでも忘れないでいてくださいまし」
「忘れなれないようにしてさしあげます」

名前:ワスレナグサ 
見た目年齢:24歳 
身長:163a 
性格:影が薄い
   自分のことを忘れてほしくないと思っている

117:  ◆4/M hoge:2019/04/07(日) 08:30

「あなたは、私と一緒に死んでくれますか?」
「一人で死ぬのは嫌です。二人がいいんです」

名前:クワ 
見た目年齢:17歳 
身長:157a 
性格:メンヘラ
   自殺願望というよりは心中願望が強い

118:  ◆4/M hoge:2019/04/07(日) 08:33

「危険だから、楽しいのよ。あなたもどう?危険を味わう?」
「そぉ〜んな堅苦しいこと言わないでよ〜」

名前:チューベローズ 
見た目年齢:27歳 
身長:168a 
性格:危険なことほど楽しいと感じる
   堅苦しいのは嫌い

119:  ◆4/M hoge:2019/04/07(日) 08:36

「絶対許さないよぉ。死ぬまでねぇ♡」
「いいよぉ、憎んであげる。キミがそれを望むならぁ」

名前:バラ
見た目年齢:15歳 
身長:148a 
性格:執念深い
   一度やると決めたことは最後までやるがそれは人を憎む気持ちも同じ
   嫌いな人は一生憎む

120:  ◆4/M hoge:2019/04/09(火) 16:43

「他人は利用するための道具ですわ…」
「利用して裏切って…そうしていかなくては生きていけませんもの…」

名前:カルミア 
見た目年齢:26歳 
身長:160a 
性格:疑心暗鬼 
  他人は利用する道具だと思っている 
  愛とかよくわからない

121:灯藍◆4/M hoge:2019/04/09(火) 20:36

「スノードロップが、あなたの死を望んであげるの〜」 
「人間は死ぬために生きているのではないの?」 

名前:スノードロップ 
見た目年齢:11歳 
身長:130p
性格:可愛らしい見た目に反してとんでもなくサイコパス
   常に人の死を願っているらしい
   可愛いものが好きな部分は少女らしい
過去:貴族の娘。家族と登山中、雪山で遭難し凍死した。
   親の敷いたレールを歩くだけの彼女。
   生きる意味も夢もがわからなくなっていた彼女は死に際にやっと理解する。
   「人は死ぬために生きているのだ」と。
   ならば望んであげたい。
   最高の最後を。
   最高の最後を叶えられる人になりたい。
   皮肉なことに、彼女の最初で最後の夢だった。

122:  ◆4/M hoge:2019/04/09(火) 20:40

「あなたは、私と一緒に死んでくれますか?」 
「一人で死ぬのは嫌です。二人がいいんです」 

名前:クワ  
見た目年齢:17歳  
身長:157a  
性格:メンヘラ 
   自殺願望というよりは心中願望が強い
過去:普通の家庭、普通な子だったが親が離婚し、愛に飢えていた。
   高校進学後、彼女には恋人ができた。
   恋人と心中しようと約束したものの、その人は自分を裏切った。
   裏切られた彼女は一人寂しく自殺した。
   彼女の最後の願いは二人で死にたい。

123:  ◆4/M hoge:2019/04/09(火) 20:49

「どんな理由があろうとも、罪は罪です」
「罪には罰をあたえなくてはなりません」

名前:フキノトウ
見た目年齢:15歳
身長:150p
性格:真面目で正義感が強い
   ズバズバ物を言う
過去:引っ込み思案で自分の意見が言えなかった彼女
   そんな彼女の唯一の友達がクラスで起きた事件の疑いをかけられる。
   勿論彼女の友人ではない。
   そのことを一番わかっていたのは彼女だった。
   彼女の友人はいじめに耐えかね自殺。
   ごめんね、私があの時ちゃんと意見を言っていたら…
   彼女は精神を病み、後を追うように自殺。
   私がもっと意見を言えたなら。正しいことを言えたなら。そんな人になれたらよかった。

124:  ◆4/M hoge:2019/04/09(火) 20:49

テンプレ用

「」
「」

名前:
見た目年齢:
身長:
性格:
過去:

125:  ◆KbQ hoge:2019/04/20(土) 10:23

君と過ごした日々は、私が『人間』だった日々

126:  ◆4/M hoge:2019/04/20(土) 10:28

ロボットと人間が共生する世界に生まれた自立思考型ロボットの彼女。自分で考え自分で動き自分で感じる。人間と同じ顔で。でも彼女には一つだけ、人間と違う点があった。感情だ。彼女には感情が無かった。彼女にその機能が備わっていない訳ではなかったが、彼女は感情を表現する術を知らずに生活していた。彼女は高校生として、市内の高校に通っていた。彼女のお気に入りは屋上で、暇さえあればそこに行ってた。ある四月、彼女はそこで一人の男の子と遭遇する。

127:  ◆4/M hoge:2019/04/27(土) 18:41

十二星の救世主(じゅうにせいのメシア)

とあるところに銀河という魔界があった。そこにはたくさんの人々が暮らしていた。ある時ある謎の生命体により、その魔界は破滅に追い込まれそうになる。誰もがこの銀河は滅亡するのだ、と考えた。しかし、闇あるところに光あり。この銀河を救うべく、十三人の救世主たちが現れる。

128:  ◆4/M hoge:2019/04/29(月) 17:30

虚像の国

現実の自分と百八十度違う性格の人が暮らす虚像の国。……もしも入れ替わることができなたら?

129:  ◆4/M hoge:2019/04/29(月) 17:42

Episode1

私は自立思考型ロボット第21号。その名の通り、ロボットだ。ここは2100年の日本。科学技術が進み、人間そっくりのロボットが次々と誕生した。私は「ロボットが学校生活を送ることは可能か」という実験の為、この私立橘学園に通うことになった。私は何も感じなかった。自分が利用されていることにも博士(ひと)が決めた道を歩むことも。私には感情というものがよく理解できていなかった。私たち自立思考型ロボットでも、感情は持てるらしいのだが。いくら博士自慢の頭脳で考えたとて、わかることは今まで無かった。

130:  ◆4/M hoge:2019/04/29(月) 18:01

Episode2

私は入学式を終え、学校に通っていた。感情がわかるようになった訳でもなく、つまらなく無機質な日々は走るように過ぎた。気がつけば夏が訪れていた。

キーンコーンカーンコーン。四限の終わりを告げるチャイムが鳴った。私にはお昼ご飯が必要ないので、暇潰しに屋上へ行ってみることにした。屋上に行くと先客が立っていた。屋上の柵の外に。その先客は一歩二歩と足を踏み出し、消えていく。
『安全装置起動。』
私の体は動きだし、その先客を抱え柵の中へ引きずり込んだ。
「何…するんですか…?」
その先客は、もう夏だというのに長袖を着ていて、どこか怯えていた。
「私の安全装置が働きました。」
「そう…ですか…。ところで…あなたは…」
「私は1年9組自立思考型ロボット第21号。実験の為に学校に派遣されました。」
「そう…。僕は1年4組の…島田飛鳥(しまだあすか)…」
「アスカ、ですね。よろしくお願いします。私のことはツイとでも呼んでもらえれば。」
「えーっと…、よろしく…ね。」

こうしてその日、私に人の知り合いができた。

131:  ◆4/M hoge:2019/04/29(月) 18:01

疲れた

132:ゆずうどん◆9c hoge:2019/05/02(木) 11:29

半値と酉変えましょ

133:ゆずうどん◆9c hoge:2019/05/02(木) 11:32






冷凍
宇宙

134:黒豆◆4/M hoge:2019/05/06(月) 09:49

こちら死神営業部

ここは死神の暮らす世界。死神達は死者を殺、すのに明け暮れる…なんてことはなく。死者を振り分け導くのに明け暮れていた。
ここは死神課日本関東地方支部。死神達はここ、関東地方で仕事に励んでいた。

135:  ◆4/M hoge:2019/05/14(火) 20:13

こちら死神営業部テンプレート

「」
「」

名前:
見た目年齢:
身長:
性格など:
その他:

136:  ◆4/M hoge:2019/05/14(火) 20:19

「フフフッ〜。今日も仕事だよ〜」 
「え〜。それはつまんないから別の日にやるよ〜」 

名前:狐火 紺(きつび こん) 
見た目年齢:25歳
身長:185センチ
性格など:自由人。飄々としていて掴み所がない。いつも狐面を着けており、表情を読み取ることが困難である。狐面の下の顔は整っているとかいないとか。 
その他:一人称我輩、二人称キミ、三人称キミたち

137:  ◆4/M hoge:2019/05/14(火) 20:21

「おや、どうしたのですか?」
「フフフッ。それはとっても面白そうですね」  

名前:狐火 紺(きつび こん)  
見た目年齢:25歳 
身長:185センチ 
性格など:自由人。飄々としていて掴み所がない。いつも狐面を着けており、表情を読み取ることが困難である。狐面の下の顔は整っているとかいないとか。  
その他:一人称我輩、二人称キミ、三人称キミたち
    イメージは火葬。

138:  ◆4/M hoge:2019/05/14(火) 20:26

「こっこんにちわ…」 
「ぼくはね、魔法を使ってみたいんだ。だからこうやって練習してるんだよ」 

名前:宇地之 宙(うちの そら)
見た目年齢:10歳 
身長:130センチ 
性格など:引っ込み思案。魔法使いの格好をしており、星のついたステッキを持ち歩いている。魔法使いを夢見ているらしい。まだ子供っぽい面もある。そんな彼も立派な死神である。
その他:一人称、ぼく二人称、○○さん三人称○○さんたち
   イメージは宇宙葬。

139:  ◆4/M hoge:2019/05/14(火) 20:30

「」 
「」 

名前:五十嵐 舞姫(いがらし まひめ) 
見た目年齢:16歳 
身長:157センチ 
性格など:流行ものが大好きでよく追いかけている。流行っているものは一度試さないと気がすまない。社内に面倒事を持ち込むこともよくある。表情も趣味もコロコロ変わる。まるで嵐のような女の子。 
その他:一人称アタシ、二人称○○ちゃんくん、三人称○○ちゃんくんたち
    イメージは風葬。

140:  ◆4/M hoge:2019/05/14(火) 20:32

「次はこれが流行ってるのか…よし、今度試さないと!」  
「ねぇ、ぶちょ〜。仕事つまんな〜い」  

名前:五十嵐 舞姫(いがらし まひめ)  
見た目年齢:16歳  
身長:157センチ  
性格など:流行ものが大好きでよく追いかけている。流行っているものは一度試さないと気がすまない。社内に面倒事を持ち込むこともよくある。表情も趣味もコロコロ変わる。まるで嵐のような女の子。  
その他:一人称アタシ、二人称○○ちゃんくん、三人称○○ちゃんくんたち 
    イメージは風葬。

141:  ◆4/M hoge:2019/05/14(火) 20:35

「動物さんはみんなお友だちです」 
「ふむふむ…なるほどね〜お話してくれてありがとう〜」 

名前:木原 小鳥(きはら ことり) 
見た目年齢:15歳 
身長:152センチ 
性格など:おっとりしている。動物と話すことができるらしく、人間と話しているより動物と話していることの方が多い。
その他:一人称私、二人称あなた、三人称あなたたち
   イメージは鳥葬。

142:  ◆4/M hoge:2019/05/14(火) 20:43

「次はこの仕事を終わらせて下さい」 
「余計なことはいりませんよ」 

名前:凍針 徹(とはり てつ)
見た目年齢:27歳 
身長:176センチ 
性格など:いつも冷淡で冷たい。目の前のことを淡々とこなす。変人揃いの死神営業部では数少ない常人。甘いものが好きらしく、ストレスが溜まりコンビニスイーツを食べている彼が目撃される。 
その他:一人称、僕二人称貴殿、三人称貴殿ら

143:  ◆4/M hoge:2019/05/14(火) 20:43

次はこの仕事を終わらせて下さい」  
「余計なことはいりませんよ」  

名前:凍針 徹(とはり てつ) 
見た目年齢:27歳  
身長:176センチ  
性格など:いつも冷淡で冷たい。目の前のことを淡々とこなす。変人揃いの死神営業部では数少ない常人。甘いものが好きらしく、ストレスが溜まりコンビニスイーツを食べている彼が目撃される。  
その他:一人称、僕二人称貴殿、三人称貴殿ら
   イメージは冷凍葬。

144:  ◆4/M hoge:2019/05/18(土) 16:13

迷いこんだそこは鏡の国だった。

145:  ◆4/M hoge:2019/05/19(日) 14:40

わかっていた。もう君がこの世界に居ないことなんて。この世界のどこを探しても、もう君に会えることはない。この時ばかりは、私を高性能にした博士を恨んだ。走って走って走り続けた。ほぼゼロに近いことを、君がいることを証明するために。私にはまだ欠陥があるんだ、そう信じて走った。太陽が帰り支度を始める。
「自立志向型ロボット21号。」
その声に、私は足を止めた。そこには、私を作った博士が立っていた。
「21号(おまえ)が思いを寄せていた、島田飛鳥とやらはもういない。死んだんだ。」
博士の口から作られた音は、もう君はいないことを証明してしまった。信じたくなかった。
「嘘ダ!嘘嘘嘘嘘嘘嘘!!ゼンブ嘘ダ!アスカは生キテル!」
叫ぶようにそう言うと、私は博士に飛びかかった。もう自分では制御が利かなかった。
「やれやれ、まだ改良が必要なようだ…。」
博士は冷たい声でそう言い、私のスイッチを切った。あぁ、もうこれで終わりなんだ。狭くなっていく視界。大好きな君のいる世界に居られたこと、それだけでよかった。私を人間にしてくれたのは君だ。私を人間にしてくれて

ありがとう…


――――――――――――操作システムを終了します。

146:  ◆4/M hoge:2019/05/19(日) 14:40

わかっていた。もう君がこの世界に居ないことなんて。この世界のどこを探しても、もう君に会えることはない。この時ばかりは、私を高性能にした博士を恨んだ。走って走って走り続けた。ほぼゼロに近いことを、君がいることを証明するために。私にはまだ欠陥があるんだ、そう信じて走った。太陽が帰り支度を始める。 
「自立志向型ロボット21号。」 
その声に、私は足を止めた。そこには、私を作った博士が立っていた。 
「21号(おまえ)が思いを寄せていた、島田飛鳥とやらはもういない。死んだんだ。」 
博士の口から作られた音は、もう君はいないことを証明してしまった。信じたくなかった。 
「嘘ダ!嘘嘘嘘嘘嘘嘘!!ゼンブ嘘ダ!アスカは生キテル!」 
叫ぶようにそう言うと、私は博士に飛びかかった。もう自分では制御が利かなかった。 
「やれやれ、まだ改良が必要なようだ…。」 
博士は冷たい声でそう言い、私のスイッチを切った。あぁ、もうこれで終わりなんだ。狭くなっていく視界。大好きな君のいる世界に居られたこと、それだけでよかった。私を人間にしてくれたのは君だ。私を人間にしてくれて 

ありがとう… 


――――――――――操作システムを終了します。

147:  ◆4/M hoge:2019/05/19(日) 20:54

「まとめて買うと100円!」100円ショップ。お菓子コーナーの文字。人間だって同じだろう。まとめたら安くなる。同じような人が何人もいれば、価値は下がる。私はまとめ売りのお菓子みたいな、そんな人。

148:  ◆4/M hoge:2019/05/31(金) 19:00

ここは、鏡の世界でございます。あなたのいたもう一つの世界とは反対の世界です。おや、殺し合いをするのは気が引けると…?何を心配しておられるのですか?ここは「鏡の世界」。「あなたのいた世界とは反対の世界」なのです。つまりそれがどういうことか、お分かりですね?さぁ、始めましょうか。この世界という戦場(コロッセオ)で。……まだ不服でございますか?ならば、こう致しましょう。あなたがこの戦いに勝ったなら願いを一つ、叶えて差し上げます。どうです?悪い話ではないでしょう。

合意ですね。では始めましょうか…最高の戦いを。

149:  ◆4/M hoge:2019/06/16(日) 16:05

メンヘラちゃんと〇〇ちゃん

メンヘラちゃんとその友達を創作するのんびりした物体。
作者がたのしいだけ。

150:  ◆4/M hoge:2019/06/16(日) 16:06

「メンヘラちゃんと厨二病ちゃん」とか「メンヘラちゃんと不思議ちゃん」とかそういうことですねスヤァ

151:  ◆4/M hoge:2019/06/16(日) 21:18

myとsyoかん

おっしょはんと愉快な仲間たち
・ゆるふわおっしょ
・ツンデレけんきゅーいん
・おっしょが転生させた謎が多いけんきゅーいん
(あと一人二人登場予定)

創作ぶんgo
・三日月派
孤月、玄兎、朧、剣
(あともうひとつ、反三日月派をつくりたひ)

その他
・近所の高校に通う本好き


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新シェアする?RSS