妖精の尻尾〜ナツルー小説〜11

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901-キーワード▼下へ
1:涼幸:2015/03/02(月) 17:58 ID:liU

フェアリーテイルナツルー限定のスレッドです

前回⇒https://ha10.net/test/read.cgi/ss/1424155879/l20


!attention!

*荒 ら し は 厳 禁 で す
*雑談OKです
*仲良くいきましょう
*投稿された小説には感想をお願いします

新入りさん大歓迎です
お気軽に加入してください

867:灰色:2017/12/16(土) 17:51 ID:HbM

こんにちはー
お久しぶりです。

リアルに忙殺されてました(;^ω^)
その後、FT終了にルーシィロスを味わい、
全巻読み直して虚無感に浸っていた灰色です。

さくらんぼさん、すーさんよろしくお願いします。

基本読専です。

868:さくらんぼ:2017/12/16(土) 19:07 ID:gM2

は、灰色さんこんばんはー❗
きてくれて嬉しいです❗
私も小説を書いたことないんですけど、思い切って書いてみたので
灰色さんもぜひ、書いてみてください‼(^ ^)私も読専だったのでー( ´ ▽ ` )ノ

ついでに明日はユニバなので、来るのは、夜になりそうですm(_ _)m

869:さくらんぼ:2017/12/17(日) 21:52 ID:gM2

こんばんはー。今夜も書くゾー( ´ ▽ ` )ノもちろん続きです。

【夏祭り】
ルーシィ sied

ルーシィ「はあー。」
あたしはため息をつきながら、部屋へと入った。
見たくないもの、見ちゃった…。やっぱり、リサーナと行くんだ…。リサーナは大事な仲間。明るくて、優しい。
ナツだって大事な仲間。だからこの気持ちにずっと蓋をしてきた。どうせ、アイツに好きだって言っても
おう、仲間だもんなって言われるのは目に見えてるから…。
あたしがモヤモヤと頭の中で考えていると…。
「やあ、ルーシィ!」
と声がした。その声ですぐわかる。
ルーシィ「ロキ…。また、勝手に出てきて!」
ロキ「デートの帰りさっ。きみこそどうしたんだい、ため息なんかついて。」
ルーシィ「なんでもないわよ。ただ、夏祭り、一緒に行く人いなくなっちゃったなあーって…。」
ロキ「なんだ、そんなことか、一緒に行く人なんてここにいるじゃないか」
そう言ってロキはルーシィの肩を抱き寄せた。
ルーシィ「ちょ、ロ、ロキっ///」
ナツ「ルーシィーー!」
っとそこへナツが来て、ルーシィをぐいっと引っ張り、ポスんと自分の腕の中に入れた。
ナツ「引っ込めロキ!!」
ロキ「大事なものは、そうやって抱きしめとくんだよ。ナツ。」
そう言ってロキは消えた。


はいー。行が足りないので、ここまでっ
ロキの説明(すーちゃんのためにww)ロキはルーシィの精霊で、黄道十二門のリーダー。ナンパ師。
詳しくは『空に戻れない星』を、一緒に見ましょう!!!

870:さくらんぼ:2017/12/17(日) 21:58 ID:gM2

なんか、文章おかしい…。
初投稿、長文、下書きなし、文章力なし、だからか?
問題点おおすぎだあああああ(´Д` )
文章力欲しい…。(ーー;)
やはり、国語**点では、無理があったか…。

871:すー:2017/12/20(水) 18:36 ID:n3Q

さくらんぼ読んだよー♥
きゃー♡(*′皿`艸)
ラブストーリーですな!
また投稿楽しみにしとくわ(ノ∀`*)ンフフ♪

全然文章おかしくないで〜(*^^*)

あっ!
灰色さん、すーです!!よろしくお願いします!(*≧∀≦)ゞ

872:すー:2017/12/20(水) 18:36 ID:n3Q

あと、説明ありがとう(*´▽`人)アリガトウ♡

873:灰色:2017/12/21(木) 19:23 ID:HbM

よろしくお願いします(*^-^*)

さくらんぼさん
文章はおかしくないですし、充分面白いですよ^^
男性キャラでロキが一番好きなので、登場してきて嬉しい内心←

改行あると読みやすくなっていいと思いますよ。
文章と会話文の間とか

874:さくらんぼ:2017/12/21(木) 19:46 ID:gM2

灰色さん、ありがとうございます(≧∇≦)
やっぱり、ロキもカッコイイですよね!!
ついでに私の中では、ロキやグレイはお兄さんキャラなので
これからよく出てくるかもです( ´ ▽ ` )ノ
こちらこそよろしくおねがいします(*^^*)

875:さくらんぼ:2017/12/21(木) 20:11 ID:gM2

ついでに自己紹介を軽く…。

さくらんぼです!
14歳‼中2です。
好きなアニメは、境界のRENNEです‼もちろん、フェアリーテイルの方が大好きです‼
好きな食べ物はドーナツですね!

改めて、よろしくおねがいします!!( ´ ▽ ` )ノ

876:さくらんぼ:2017/12/21(木) 21:37 ID:gM2

すーもありがとう( ^ω^ )
嬉しいよ〜♪───O(≧∇≦)O────♪
甘くできるかなっ♪
あれ?そもそも、甘いの書いたことないけど…。
書けるのか⁉←恋愛経験0の人

877:さくらんぼ:2017/12/24(日) 14:19 ID:gM2

灰色さん!すー!メリークリスマス‼
一旦夏祭りを休ませていただきます(・・;)今日は、クリスマスイブなので
前に言っていたクリスマスネタを…。(3,4話ぐらいで終わると思います!)
それでは( ´ ▽ ` )

【あなたと過ごすクリスマス】

12月23日クリスマスイブの前日…
魔導士ギルドフェアリーテイルの片隅で女子会が開かれていた。

レビィ「皆は、クリスマスの予定あるの?」
レビィ「あ、もちろんイブじゃない方だよ、イブはギルドでクリスマスパーティがあるから…。」
ジュビア「ジュビアは、グレイ様と二人きりでーーー」←妄想中
ルーシィ「ジュビアー戻っておいで〜。」
レビィ「でも、いいなあーー。」
ルーシィ「何が?」
レビィ「だってさージュビアはすごく素直に気持ちを伝えれるのに、私は…」
レビィは、がジルと一緒に気持ちを過ごしたいけれど、気持ちを素直に伝えられないようです。
ルーシィ「レビィちゃん、やっぱりガジルと過ごすのね〜。」ニヤニヤ
レビィ「そ、そうだけど///、ル、ルーちゃんはナツとでしょ!!」
ルーシィ「あ、あたし⁉あたしはまだ決まってないよ…。」



うわーん行が足りないよーー(T . T)
だからかなー。ダラダラ書いてしまう…。
ついでに女子会は、ルーシィ、レビィ、ジュビア、エルザがいます。
エルザ…。ごめんなさいー( ;´Д`)グレイじゃないのに、完全に空気だあああああ(´Д` )
次はだしますー。次は、ガールズトークの続きからだよー

878:さくらんぼ:2017/12/24(日) 21:22 ID:gM2

どうも、こんばんはー。1日に2回も小説を投稿するヒマ人さくらんぼですーー(ーー;)
今はものすごくブルーな気分なので、今まで以上にやばい小説かも…。

【あなたと過ごすクリスマス 2】

レビィ「やだなぁルーちゃんたらー。ナツはルーちゃんにあんなに執着してるのに
クリスマスを一緒に過ごさないわけないじゃん!」
ルーシィ「でも、それは、チームだからで…。」
エルザ「おまえが、そこまで暗いのは珍しいな。何かあったのか?」
ルーシィ「ううん、ただ、ナツにとって私はどういう存在なんだろうなって…。」
そう、ナツはいつもハッピーと一緒に不法侵入してきて、ご飯をたかっていくのだ。
友達も彼氏もいなかったルーシィは距離間が、全くと言っていいほどわからないのだ。
レビィ「そりゃ、ナツは絶対ルーちゃんのこと好きだよ!大丈夫だよ!」
ジュビア「ジュビアとしては恋敵が早く減って欲しいから、告白してくっついちゃってください!」
ルーシィ「こ、告白って…///」
レビィ「せっかくだから、クリスマスは、部屋に呼んでサプライズパーティしたらいいじゃん!」
ジュビア「そうですよ!こういうチャンスを逃してはダメです‼」
エルザ「今、言わずに後悔するのは、嫌だろう?」
ルーシィ「そうだね…。うん!あたし決めた!」
もう、迷わない!後悔なんてしたくない!当たって砕けろよ!
ルーシィ「皆、ありがとう!」
レビィ「どういたしまして!」
ジュビア「早くくっついてくださいね恋敵!」
エルザ「ああ、きっと成功するさ。」


ガールズトーク終了ーーーー‼いや〜長いなぁ…。
ジュビアのこ〜い〜が〜た〜き〜。ってけっこう面白いですよね!
グレジュビ←リオン のドロドロな昼ドラっぽいのけっこう面白いwww

879:灰色:2017/12/25(月) 19:04 ID:HbM

メリークリスマス!
この時期はゲームのイベントが忙しい←

不安げなルーシィもほんと可愛いですよね
みんな可愛いけど

ジュビアの恋敵の勘違いはいつまでも面白い( ´∀` )

880:さくらんぼ:2017/12/25(月) 21:29 ID:gM2

さあ、今晩も書きますよ〜。
灰色さん〉ジュビアのこ〜い〜が〜た〜き〜の時の顔ってたまに?怖くないですか?!?(・_・;?

【あなたと過ごすクリスマス 3】
ナツsied
ヒマだ。ものすごくヒマだ。ルーシィは向こうでガールズトークに花をさかせている。
ガールズトークの内容は、遠すぎてここからじゃよく聴こえない。しかし、ガールズトークが、終わりにさしかかっているのは
なんとなくわかった。ほら、ルーシィが顔を赤く染めながら近づいて来た…ってなんで赤いんだ?
ルーシィ「ナ、ナツっ」
ナツ「おう、どうした?」
ルーシィ「25日なんだけどね…そ、その6時に家にきて欲しいのっ!でも、それまでは…こないでほしい…な///」
ナツ「お、おう///。分かった。」
ルーシィの家に行けないのは残念だけど、何か考えているようだったから、なぜかは、聞かなかった。
ルーシィ「それじゃ、またねっ」
っと逃げるように走って行った。
クリスマス(25日)、ハッピーはシャルルとデートらしいから、ルーシィの部屋で二人きり…///
ハッピー「ナツ〜。良かったね。クリスマス、ルーシィと二人っきりだよ〜。プフフフフッ
でも、嬉しいからって、ルーシィに変なことしちゃダメだよぉ〜。プププ。」
ナツ「なっ///し、しねぇよ‼ってか、いつからいたんだよ!」
ハッピー「ルーシィがナツを呼んでから。」
ナツ「最初からじゃねぇか‼」
ハッピー「ねぇナツ。知ってた?ナツって緩んでる口もとと、鼻は隠せても、耳は後ろから真っ赤になってるの丸見えなんだよ」
ナツ「なっ///」
ハッピー「それじゃ、良いクリスマスを〜。プフフフフ」


赤面ルーちゃんと、赤面ナツくんそして、でぇきてるぅぅと言わんばかりのハッピー。
さくらんぼにしては、最後に笑いを入れてみました〜。(・ω・)ノ
[しけたら、すいませんでしたああああ(−_−;)]

881:さくらんぼ:2017/12/26(火) 19:21 ID:gM2

あ〜。そろそろ「あなたと過ごすクリスマス」完結させようと思いますーーー(−_−;)
冬休みに入ったからか、誰もこないね…。【それとも、用事がないのは、さくらんぼだけ⁉Σ(゚д゚lll)】

882:灰色:2017/12/27(水) 01:18 ID:HbM

今日いや、もう昨日か
忘年会で・・・

ジュビアのあの怖い表情も面白いですよ^^
ハッピーのでぇきてるぅが結構好きです(笑)
いろんな人がマネして使って言ってるw

883:さくらんぼ:2017/12/27(水) 07:28 ID:gM2

わかります❗ルーシィとか、バルゴとか。ウェンディは特別版で言ってましたねwww
YouTubeで「ハッピー できてる」で調べたら「でぇきてるぅ」をまとめたものが出てきましたw

Q.忘年会ってことは、灰色さんお酒飲めるんですか?~(・・?))

884:さくらんぼ:2017/12/27(水) 22:06 ID:gM2

こんばんは〜。最近、YouTubeの実況チャンネル(マリオメーカーの)のたくっちチャンネルにはまっているさくらんぼです。
今晩も小説を投稿しようと思います。あと、1.2話で完結したいです。・°°・(>_<)・°°・。

【あなたと過ごすクリスマス4】
12月25日
ルーシィsied?
テーブルに並べられた料理。
小さな可愛らしいクリスマスツリー。テーブルには、しっかりとテーブルクロスもかけられている。
約束の時間まで、あと少し。ルーシィはナツに渡すクリスマスプレゼントのことを考えていた。
ナツに渡すプレゼント。迷った結果、耐火性の毛糸で編んだ、黒いリストバンド。気づいてほしいあたしはあなたのことが『好き』と
しかし、気づいて欲しくなくもあった。矛盾した感情も全てこれに編みこんだ。あとは、渡すだけだ。
ガラッ
ナツ「よお、ルーシィ。メリークリスマス!」
ルーシィ「メリークリスマス!ナツ。」
ナツ「ルーシィ、腹減った〜」
ルーシィ「ふふっ。さっき出来たとこよ。食べましょう?」
ナツ「おう!」
ナツとルーシィは、たわいもない話をしながら食事を楽しんだ。食べ終わり、ルーシィは食器などを片付けている。
ルーシィ「ねぇ、ナツ。これ終わったら、渡したいものがあるの…。良いかな?」
ナツ「おう!俺も渡したいものがあるんだ。」

続く

耐火性の毛糸…。なんて、アニメやマンガには出てこないけれど、あっても良いんじゃないかな〜なんて思って、勝手に
作っちゃいました(≧∇≦)そういうのが、苦手な方はすいません>_<

めっちゃめまいするなう。もう寝ます…。

885:灰色:2017/12/28(木) 16:43 ID:HbM

でぇきてるぅのまとめw

一応飲める年齢ですし、飲めますけど
車で帰らないとなんで飲み会の時はいつもウーロン茶です(;´∀`)

魔法がある世界なんだしきっとありますよ
なんかそういう素材でできた糸?とか!

886:さくらんぼ:2017/12/28(木) 19:39 ID:gM2

実は、私ウーロン茶ってあんまり飲んだことないんですよね〜。
ちなみに私の家では、麦茶をいつも飲んでます。
でも、私は麦茶より、緑茶の方が好きです!(≧∇≦)


あっ!書いてほしいネタ?とかありましたら、リクエストOKです。
駄作になるかもしれないし、「あれ?思っていたのと違う…。」とか
そんなレベルの高いの無理!って言ってか書かなかったするかもしれないですけど…。←これだけは避けたいと
思っています…。

887:さくらんぼ:2017/12/29(金) 21:19 ID:gM2

もうすぐ12月も終わりですね〜。クリスマスまでに書き終わるつもりだったのに…(T ^ T)
それじゃ、書きます。

【あなたと過ごすクリスマス5】
ルーシィ「じゃあ、あたしからね…。はい!クリスマスプレゼント‼」
ナツ「おう!サンキューな!」
ガサガサと可愛らしくラッピングされた紙袋を開けていく。
ルーシィ(なんか目の前で、開けられると緊張するなー)
ナツ「おお!リストバンドか!」
ルーシィ「気に入ってくれた?」
ナツ「おう!ルーシィ、ありがとな!」
ルーシィ「ふふっ。良かった。」
ナツ「じゃあ、俺はこれをルーシィに」
っと言ってナツが取り出したのは、白い箱。
ナツ「これ、ルーシィに似合うと思って」
ナツが白い箱を開けると中から、星と炎をモチーフにした、ネックレスが出てきた。
ルーシィ「ナツ、ありがとう!すごく可愛い!」
ルーシィ「ねぇナツ。これって…///」(あたし達みたいじゃない?)
ナツ「おう!俺達みたいだろ?」
ルーシィ「ありがとう…。嬉しい…。」
ナツ「それでな、ルーシィ…。俺、おまえのことが好きだ‼」
ルーシィ「えっ…」
ナツ「言っとくけど、仲間としてじゃねぇぞ、女としてだぞ!」
ルーシィ「っ!あたしも…。あたしも、ナツが好き!」
ナツは嬉しくなって少し意地悪?してみる。
ナツ「仲間としてか?」
ルーシィ「お、男として…よ///」

END

888:さくらんぼ:2017/12/29(金) 21:36 ID:gM2

前回は、コメントする行がないくらい、書きました(^^)
夏祭り…。続きを投稿するか、迷ってます。再投稿するなら、夏の方がいいのか…。
ボツネタとしてボツにするか、季節外れだけど、再投稿するか…。ああああ(~_~;)どうしよう(´・_・`)

【あなたと過ごすクリスマス オマケ】
12月26日
早朝
ギルドにて…。
ハッピー「ミラ!おはよう!おいらが、仕込んでおいたラクリマにちゃんとナツとルーシィ写ってた〜?」
ミラ「ええ、バッチリよ!」
ハッピー「プププッ二人共でぇきてるぅだね!」
ミラ「そうね。あ、そうだお赤飯炊かなきゃね」
ハッピー「あい!」
この後、ギルドに顔を出した二人が散々からかわれたのは言うまでもない。

ルーシィ「あんの、糞猫ーーーーーーーーー‼」


はい、おまけまで書いちゃいました(^_^)☆
どうしても、「でぇきてるぅ」を出したかったのでw
ちなみに…。冬休みは特に予定はなく、ほぼ毎日来てますが(一応ね)
1月の1.2.3.4はこれません(´・_・`)

889:灰色:2017/12/31(日) 22:54 ID:HbM

年越し、来年平成30年を記念して
一つ小説を書こうかな・・・
夜だしテンションおかしいし、誤字脱字には目をつむってくだせぇ・・・。

たぶん、おそらくナツルー未満
ネーミングセンスはどこかへ飛んでいきました(タイトル)


【大晦日のフェアリーテイル】

 その日、この年最期の日フェアリーテイルのメンバーはギルドに集まっていつものように騒いでいた。
ただ、違うことといえば、今日はいつまでもギルドに居座っていてもいいという所だろうか。

「年末は毎年朝までギルドを開放することにしてるのよ」

 ミラジェーンことミラはそういってルーシィへ飲み物を渡した。
 いつもの門限を過ぎてもギルドを開けていることに疑問をもったルーシィが尋ねたのだ。
最近、家賃やらなんやらでずっと仕事に出ていたルーシィは日付感覚がくるっていたのか、
そういえばと大晦日であること思い出していた。

「だからなんとなくいつもよりみんな騒がしいんですね……」
「そうね」

 まあいつも騒がしいんですけど、とぼやいても、目の前の銀髪美人は笑みを浮かべるだけだ。

「といっても朝まで起きてる人はいないのよね。みんな酔いつぶれちゃって」

 と変わらず笑顔で言うミラに苦笑いで返すルーシィ。
 飲まない人はいい時間になったら自然と帰っているらしい。

「じゃあ、あたしもそろそろ帰ろっかなぁ。思えば片づけとかしてないし」
「あら、もう夜なのに?今日はゆっくりしておいたら?」
「んんー。そう…ですね。荷物だけ簡単に片づけて後はゆっくりご飯でも食べようかな」

 ミラの提案に元々仕事へ行った時の荷物を片付けるだけだったルーシィは一つ頷いて、席を立った。
普段から掃除を怠らないルーシィの部屋は大掃除が必要なほどではなかったからである。

 さて、ほかのメンバーに挨拶を済ませてギルドを出ようかというときに、
ふといつも一番騒がしい人物がギルド内にいないことに気が付いた。今更気づくには遅すぎるし、
年末の挨拶もしていないのに気付かないとは。
 なんだかんだと最もお世話になった(お世話したのも)人物であるというのに。

 まあ、いないものは仕方ないかと家に帰ることにした。どうせ明日もギルドに来るのだろうから。

 そして、しばらく歩いて家に着いたルーシィは説明しようのない嫌な予感がしていた。
そう、いつも家へ入ったときに”なにか”があったとき限定の予感が。

「スー…ハァー…」

 ゆっくり深呼吸して気を落ち着けて、ドアノブに手をかける。
そして一気に開け放して一言。

「あたしのへやぁー!!」
「よぉ遅かったなルーシィ」
「あい!」

 思いっきり叫んだ声に返ってきたのは、ずいぶんとくつろいだのんびりした声だった。



一旦切ります。

890:灰色:2018/01/01(月) 03:01 ID:vdc

続き




 ”いつものように”ソファーに座ってくつろいでいる桜髪の少年ナツと相棒の青猫ハッピー。
そんな二人に家主であるルーシィは冷めたで言った。

「ギルドにいないと思ったら、なんであたしの家にいんのよ。しかもまた勝手に入ってるし!」
「今更、そのことで怒っても仕方ないと思うよルーシィ」
「そんなことより、今からメシだろ?早く作ってくれよ。腹減ったー!」
「自由人か!」

 キレ気味の発言にハッピーが諦めたらと言いたげな目で言い、ナツは話を聞いてない。
当たり前のように不法侵入した挙句に晩御飯をたかるとは……と怒り心頭なルーシィではあったが、
結局諦めたように(呆れたように)ため息をついて、キッチンへ向かう。
ルーシィの中で、ナツたちがいたなら片づけは後回しだと、優先順位が決まっていた。

「なあなあ、まだか?今日は何作んだ?」
「まだ始めたばっかだし、おとなしく待ってなさいよ」
「きっと今日は豪華な魚だよ〜!」
「豪華な魚って何よ……。いいからアンタもおとなしくしててよ?」

 子どもの様にはしゃいでいる二人(一人と一匹?)と会話を交わしながら、手を動かしていく。
一人のつもりだったから、簡単なもので済まそうかと考えていたが、人数が増えたことと、
やけに期待のまなざしが送られてくるからそれなりに豪華なものにしようと思う。
 そうして無自覚に二人を甘やかしているルーシィと、それと分かりつつ甘えてくる一匹と分からないまま甘えてくる一人。
慣れとは恐ろしいものである。不法侵入をため息一つで許してしまえる程度には。

 しばらくして、料理ができたルーシィはハッピーに食器等を頼んで手伝ってもらい、
食事の準備ができた。ちなみにナツは空腹で若干限界を迎えていた。

 グラスに注がれたマグノリア産《酔わないワイン》を乾杯して飲み干す。
しばらくはナツの空腹もあって、無言で食べ進めていった。

 そうして、大分満足したのか少しずつ会話が増えていって、いつものように騒いでいた。

「やっぱうめーな!ルーシィの料理!」
「あい!」
「もう、褒めても何にも出ないわよ?
 ……そういえば、結局なんでギルドでみんなと食べなかったの?」

 自身の料理を褒められて喜んでいる中、ふと気になって事を聞いてみた。なぜ自分の家で待っていたのか理由を聞いていなかった。

「あ?……そんなのべつに何だっていいだろ」
「ルーシィ、まだ荷物片づけ終わってないだろうからきっと帰ってくるだろうなって思ってー」
「なんでちょっと不機嫌になってんの。ん?ハッピーの言い分だとあたしの所に来る理由になってないじゃない」
「え〜と……」

 誤魔化したナツに代わって理由を述べたハッピーをさらに追及するルーシィ。
どうしても絶対に知りたいわけではないが、あからさまに誤魔化されると気になるわけで。

「……っなんとなくだよ!なんとなくルーシィの料理が食いたい気分だったんだ。ハッピーが」
「えぇ!?」
「……」

 視線に耐えられなくなったのかナツがそう言って顔をそむけた。
言われたハッピーはひどく驚いた様子ではあったが、結局反論することはなかった。
疑問が完全に消えたわけではないが、言うつもりがないのならこれ以上聞き出すことは無理だろうとルーシィは結論付けた。

「ま、いいんだけどね別に。ただ、来るなら来るでちゃんと連絡しときなさいよね」
「えールーシィの驚いた顔面白いんだよ?」
「どういう意味かしら?猫ちゃん」

 さり気に失礼な発言をする猫のひげを引っ張って制裁を加える。いつものやりとりに機嫌が直ったのか参加してくるナツ。
これで本当にいつもの調子になって、楽しい時間が過ぎていった。




次で最後

891:灰色:2018/01/01(月) 03:01 ID:vdc

続き




 騒いで騒いで、気が済んだ頃にはもう日付が変わろうかというような時間だった。あと数分もすれば明日、新しい年になる。
とうに片づけられたテーブルの上には三人分のグラスがあり、中は残り少なかった。
ハッピーは少しうつらうつらとしていてもう少しすれば寝てしまいそうだった。

 そんな中、ルーシィは不意に、そういえばこの二人にはちゃんと挨拶していなかったことを思い出した。
ここにいるのは自分たちだけで、ギルドでは少し恥ずかしくて言えない事でも言えそうな気がした。
今じゃないと言えない気がして、ちょっとだけ気持ちを固くして口を閉じ俯いた。

 ルーシィの態度の変化に違和感を覚えたのか、ナツが名前を呼ぶ声が聞こえる。

「ねえナツ」
「なんだよ。どうした?」

 ナツの不思議そうな声が響く。ルーシィはゆっくりと口を開け、一言一言を大事にすように言った。

「今までいろんなことがあったよね。その度にいつもナツに助けられてた。楽しいこともいつも一緒に体験して体感して。
 本当にいろんなこと。もちろんハッピーやギルドのみんなもだけど……でも、ナツには一番頼ってたから、
 だから……本当に今までありがとう」
「……ルーシィ」

 あまりにも静かに綺麗に笑うものだから、ナツも自然と静かに聞いていた。
本人は自覚していないが、まるで別れを切り出されるかの様にすら感じてしまうほどにナツは緊張していた。

 そしてルーシィがとびきりの笑顔で次の言葉を言った時、少し早く新年の金が町中に鳴り響いていた。



「これからもよろしくね!ナツ!」



「…っおう!」



END

892:灰色:2018/01/01(月) 03:07 ID:vdc

字数の関係で最後短く見える・・・。
途中で寝落ちしたから、最初の都の時間差が・・・。

即興で考えながら書いたからなんかもう色々
おかしいところある気がしてもう・・・。

本当は続き的な感じで元旦話も書きたかったけど気力ないですしおすし・・・
ナツルーっていうか、ナツ→ルーシィみたいな
ルーシィ+ナツ+ハッピーみたいな感じになってました。
ラスト絶対ハッピーニヤニヤしてたって・・・

なんで急に書いたのかって、理由なんてそんなの
ルーシィが可愛すぎるから以外の理由なんてないんですよ(真顔)

・・・深夜?テンションってコワイ(;^ω^)

893:ましろ◆r.:2018/01/01(月) 03:07 ID:C8U

あの・・・良いですとても

894:さくらんぼ:2018/01/01(月) 08:10 ID:Jz.

おお〜!素敵な作品

895:さくらんぼ:2018/01/01(月) 08:11 ID:Jz.

ありがとうございます!

896:さくらんぼ:2018/01/01(月) 08:13 ID:Jz.

894、変なところで、手が滑って変なところで切れてます。
すいませんでした(−_−;)

897:さくらんぼ:2018/01/01(月) 08:17 ID:Jz.

あけましておめでとうございます!
今年も、たくさん小説を上げていきたいです!

ましろさん!さくらんぼです!よろしくお願いします!

898:ましろ◆r.:2018/01/01(月) 08:18 ID:C8U

よろしく!ただしフェアリーテイルはわかりません!

899:さくらんぼ:2018/01/01(月) 08:27 ID:Jz.

グーグルで、『フェアリーテイル アニ動』って調べてみたら、動画があります。(^^)
おそらく、無料だとおもうんですけど…。私も昔、テレビでフェアリーテイル観てたんですけど、最近になって
アニ動で、見るようになりました!(^^)(もう一回観たくなって…。)

900:灰色:2018/01/01(月) 09:34 ID:vdc

( ゚д゚)ハッ!
新年のあいさつ忘れてました。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!


そういえば、さくらんぼさんが小説書く時って、
普通に書き込みの所からやってるんですか?

書き込み欄の下に
サイトマップ|画像|お絵かき|長文|一行

ってあって、そこの長文からもっと長い文章でも投稿出来るようになりますよ。
既知でしたらすみません。

901:すー:2018/01/01(月) 10:19 ID:Pis

あけましておめでとうございます😄🌼💕
今年もよろしくお願いします✧*

902:さくらんぼ:2018/01/01(月) 23:04 ID:Jz.

おー!すー!おひさ〜(^^)
ってことで、おやすみー(( _ _ ))..zzzZZ

903:さくらんぼ:2018/01/02(火) 11:21 ID:Jz.

To 灰色さん
うーん…🤔長文のところで書いてるんですけど、私は文章をダラダラと長〜く書いてしまうので、いつも行が
なくなるんです(´・_・`)
あ、たぶん最初と最後のコメントとか挨拶とか消したら、たくさん書けるかな!?(・_・;?
アドバイスありがとうございました(^_^)☆

904:さくらんぼ:2018/01/02(火) 11:32 ID:Jz.

あ、全然関係無い話なんですけど…。
Googleで「フィオーレ」って調べたら、「フィオーレなら婚活パーティー」とか出てきてウケましたww

905:さくらんぼ:2018/01/06(土) 19:06 ID:7AA

明日、ユニバへ行ってきま〜す(^^) 夜には来るかも!?(・_・;?
リクエスト、お待ちしております( ´ ▽ ` )ノ
ナツsiedです。前半シリアス。流血表現多少あり。それでは…。


【ここにいるよ】

今日も、自然に俺はルーシィの部屋へと向かっていた。
ルーシィの部屋があるアパートの前に誰かが立っている。ルーシィだ。
こんなところで何してんだ?
ナツ「ルーシィ!」と呼んでみる。
ルーシィ「…」
呼んでも、返事をしない。ならば、もう一度。
ナツ「おい!ルーシィ…」
突然彼女が振り向いた。そして、ゆっくりと倒れた。
否、ナツには彼女が倒れるのが、スローモーションのように見えたのだ。
ナツ「ルー…シィ…?」
ふと、気がつけば、そこはマグノリアでは、なかった。
ナツ「なんだよ…。これ…。」
赤々と燃え盛る炎、崩壊した建物、飛び交う怒号…。ナツはルーシィを抱え起こす。
ナツ「…っ」
赤く染まっている金髪。己の手も、ねっとりと赤く染まっている。もう、この少女が助からないのは火を見るより明らかで…。
ナツ「うああああああ!!」
************************************************************
ナツ「‼」
自分の叫び声で目が覚めた。まだ、あの血の匂いや感触が手に残っている。
ハッピー「ナツぅ…。どうしたのさぁ〜」
眠い目を擦りながら、ハッピーが起きた。
ナツ「いあ…。なんでもねぇ。」
ハッピー「ふぁああ…。おいら、寝るね…。」
ナツ「おう…。」
やけにリアルな夢だった。



続きます!
よければ感想、リクエストを…←しつこいゾ💢
では、また…( ´ ▽ ` )ノ

906:さくらんぼ:2018/01/09(火) 10:10 ID:7AA

あれ?読み返して見ると、なんか途中からナツsiedじゃなくなってる気がする…(´・_・`)

907:灰色:2018/01/09(火) 18:49 ID:vdc

最近ネットがよく切れる・・・

さくらんぼさん
確かに途中から三人称になってますね
続き楽しみにしてます!^^

908:さくらんぼ:2018/01/10(水) 08:00 ID:7AA

ありがとうございます!続き頑張ります!( ´ ▽ ` )ノ
一人称って難しいですね…(´・_・`)

909:さくらんぼ&◆As:2018/02/03(土) 12:59 ID:8Go

え〜皆さん!お久しぶりです!
わたくし生きております〜死んでませんよ?www
…えっと言い訳させてもらいますと、いつもここには、iPadで来ていたんですけど
お母さんに隠されちゃいまして…(´・ω・`)
…というわけで、無事奪還しましたので、改めましてこれからも
さくらんぼ🍒をよろしくお願いします!(*・ω・)ノ

余談ですが、名前に🍒←これを付けました!特に意味は無いんですけどね(๑˃̵ᴗ˂̵)

910:さくらんぼ:2018/02/06(火) 20:17 ID:8Go

こんばんは〜。さくらんぼです!
小説を書いていきたいところなんですが、皆さんに質問したくて…。
答えて頂けたら嬉しいです!(・∀・) ネタバレします!(>_<)ご注意ください
一月に書いた小説なんですが、あの後ナツはルーシィの部屋へ行きます。
そこで!その時、ルーシィは部屋にいた方がいいのか、いない方いいのか?
どっちの結末も考えているし、ハッピーEND になってます!
皆さんは、どっちがいいですか?

ご意見、お待ちしております!

なんでこんな堅苦しい敬語なんだ…( ˙-˙ )

911:灰色:2018/02/07(水) 23:41 ID:oRM

お久しぶりです、こんばんは
仕事に忙殺されている灰色です
早く繁忙期終わってくれ(;^ω^)

最近ルーシィ不足で息ができない・・・←


さくらんぼさん
部屋にいない方が危機感煽れる感じでいいんじゃないでしょうか
最終的にどうなるのか楽しみです!^^

912:さくらんぼ:2018/02/09(金) 21:11 ID:8Go

あっ!灰色さん!お久しぶりです(*^▽^*)
今日の夜やっとここに来れました( ;∀;)

ご意見ありがとうございました!
そうですね〜。今回ナツ君には、ちょっと焦ってもらいたいですね(`・∀・´)
いないver でいきます!
灰色さんがルーシィ不足で、窒息しないようにそろそろルーシィを出せるように
頑張りますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

余談ですが…。
最近、顔文字にはまっていて、
(´・ω・`)←これが一番好きです!可愛いですよね〜(*´꒳`*)

913:さくらんぼ:2018/02/16(金) 22:06 ID:8Go

【灰色さんに大切な悲しいお知らせ】

えー最近すーが来てない理由なんですけど、Googleでこのスレッドを入力しても、
このスレッドが出てこないそうで….°(ಗдಗ。)°.
ここにどうやって来ているか、教えて頂けたら嬉しいです(´;ω;`)

私は、《フェアリーテイル ナツルー 葉っぱ天国11》って
検索してきてるんですけど、それもダメみたいです…(´・_・`)

このスレッドそろそろ切れますね。別のスレッドに行って小説投稿します。(切れたら)
どこに行くか検討中なので、またお知らせします。(´・_・`)

914:灰色:2018/02/17(土) 17:15 ID:oRM

さくらんぼさん
私はこのスレをお気に入り登録して飛んできてるので、
検索は・・・
すーさんと何かしらの方法で連絡が取れるのであれば、
ここのURLを送ってみては?

915:さくらんぼ:2018/02/20(火) 18:19 ID:8Go

そうですね!そうします!
ありがとうございます!( ^∀^)

916:匿名さん:2018/04/25(水) 00:58 ID:F1U

あのー,,,
このスレ2ヶ月以上書き込まれていないようですが、どうしたのでしょうか?

追記»私のことは気にしないで下さい


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS