暗殺教室〜もうひとつの物語〜Part6♪

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901-キーワード▼下へ
1:橘 舞花☆赤髪の殺し屋◆Us あちゃ〜 :2016/07/03(日) 23:28

これは、『暗殺教室〜もうひとつの物語〜Part5♪』の続きです!

荒し&なりすましダメ!
雑談&SSの感想OK!

一応スレ作成者は私ですが、もしこちらのスレに入りたい場合は『葉月 美桜』の方に聞いてみて下さい!

皆で楽しくやっていきましょう!

914:彩乃:2018/09/17(月) 23:16 ID:hcA

そそそ!

誰に思い寄せてるのかなーとかも。
そしたら、頑張って考えるー
ある程度は考えてるとこー

915: 彩響 ◆CQ:2018/09/18(火) 20:45 ID:MzU


>>914
 誰落ちにするかはまだはっきりと決めてないけど、
 今のとこカルマかなーって思ってる。
 

916:彩乃:2018/09/19(水) 17:44 ID:hcA

なるほどー
そーなると変更の可能性もあるのか…

917: 零 ◆CQ:2018/09/19(水) 21:02 ID:MzU


>>916
 多分カルマ以外にオチが思いつかんから、変わらんと思うけど……
 リクエストある?
 

918:かたしょう:2018/09/20(木) 23:02 ID:bKE

誰か覚えてるかな?色々環境変わりまくったかたしょうで〜す

919:かたしょう:2018/09/20(木) 23:08 ID:bKE

眠いので詳細はまた明日にでもでは〜

920:彩乃:2018/09/21(金) 19:08 ID:hcA

>>917
うーん…今の所は特に…

>>918
かたしょう!!
おひさすぎる!彩乃だよ、覚えてるかな??

921:なな:2018/09/21(金) 20:18 ID:OQo

暗殺教室に関する小説載せていいですか?
渚×カエデです!
意見、感想待ってます!

『私は、もうこんな自分は嫌なの!』
友達に裏切られ、愛する人からも裏切られたこの少女は、悪い遊びに手を染める。だけど最後は、彼女を長年愛し続けた彼女の幼馴染が彼女を助け最終的に二人は愛し合う。という今大ヒット中の映画を映画監督 三村が特別にDVDで持ってきてくれた。この映画に出てるヒロイン役はこの教室の生徒、茅野 カエデこと間瀬榛名。みんなは、見たら口をぽかんと開けその演技力に圧倒されていた。
前原「いやー。流石だな。やっぱり」
矢田「まさか、あんな子がクラスメートだとはね。」
原「一緒に暗殺してたなんて思えないね。」
みんなが映画の感想ともに茅野を褒め始めた。その傍ら渚は複雑な気持ちに覆われていた。茅野とは上手く言えば「同士」のような感じだった。身長の低い同士仲は良かったのだが恋愛対象としてみたことはなかった。茅野が触手で暴れ始めた時もキスをしたが、暗殺技術でビッチ先生に鍛えられていたため対してなにも感じなかった。しかし大人になるにつれ茅野の言動にドキッとなる時もあったがそれは、茅野が女優業に戻りとても綺麗になったからだと思っていた。さっきの映画もキスシーンがあり、心の中にモヤモヤがある自分がいたことを認めた。
(この気持ちは何なんだろう。)
親友だけど恋人じゃない。この曖昧な関係は茅野だけでなく渚も悩ませていた。

続きが見たい方は是非、感想お願いします!!

922:かたしょう:2018/09/21(金) 22:50 ID:bKE

覚えてるよ!
では改めて今のプロフでも
名前:かたしょう 14歳中学生3年生(受験生)A型 呼び捨て、タメOK!
誕生日11月8日さそり座
身長:169.9cmまで伸びまして
好きなキャラ:渚と不破さんかな 環境:ps vita
消えてた間にハマったもの:ボカロ、歌い手さん、fps(初心者)
悲しい事に血圧とかのせいで不登校生徒です。不登校歴1年程(´:ω:`)ジュケンセイナノニ
...と、こんな感じかな?性格女子かよとかよく言われます。いわゆる男の娘てヤツです←合ってるかな?
内気でインドアで男子と遊ぶより女の子とおしゃべりしてる方が幸せです\(*´∀`*)/
あ、あと言っとくとここでは珍しい(?)男子です!そこんとこよろしく!仲良くしてね♪

923:彩乃:2018/09/21(金) 22:56 ID:hcA

かたしょう…
169.9あるの…!?(←そこ?)
背が高いのうらやまだぁ!!
私もすべき?


ねねさん
磨瀬榛名だったと思うよー
それと、続き気になります!


あ、なんか私も書こうかなって思うけど…時間ないなぁ…

924:かたしょう:2018/09/21(金) 23:01 ID:bKE

覚えているよ〜改めてプロフでも↓
名前:かたしょう14歳A型11月8日生まれ中学生3年生(受験生)
好きなキャラ:渚!最近は不破さんも結構すき 環境:PS VITA
いない間にハマったもの:ボカロ、歌い手さん、fps(初心者)
血圧とかのせいで不登校です(T^T)不登校歴1年程
内気でインドアで男子と遊ぶより女の子とおしゃべりしてる方が幸せです(*´∀`*)
身長:169.9cm 体重:47kg
と、こんな感じかな?性格とか感性とか↑のプロフ見て女子と思うかもだけど、ここでは珍しい(?)男の子です
はいいわゆる男の娘ですね←合ってるかな?
こんなかたしょうですがどうぞよろしく♪呼び捨て、タメOKだよ〜

925:かたしょう:2018/09/21(金) 23:02 ID:bKE

あ、まちがえたごめんね

926:彩乃:2018/09/21(金) 23:06 ID:hcA

大丈夫さ〜

927:彩乃:2018/09/21(金) 23:06 ID:hcA

大丈夫だよー

928:彩乃:2018/09/21(金) 23:07 ID:hcA

あり、私もなんかミスってた

929:なな:2018/09/22(土) 12:28 ID:OQo

読んでくれてありがちうございます!
あと、軽く自己紹介しときます!

名前 なな  年齢12歳  (呼び捨て、タメ、全然OKです!)
身長163センチ 好きなキャラ 渚、業、不破、殺せんせー
血液型 B型 ハマってるもの ハニーワークス(知ってますか?)
私、空手習ってて黒帯です。(父が師範で。)よく男とか言われます。(女なのに・・・・。)
宜しくお願いします!

続き
次の日、茅野は3年E組に来ていた。昨日は撮影があったため来れなかったが、どうしても来たくなってしまったのだ。
教室前で手を合わせていると、
業「あれ?茅野ちゃん?」
振り返ると、腰に手を当てた業と奥田が立っていた。
カエデ「業くん。愛美ちゃん。どうしたの2人で?」
少しいたずらっぽく言ってしまった。だって奥田は少しだけ頬を赤らめていたからだ。業は、表情があまり読めないのでわからなかったが・・・。
奥田「昨日は、私も業くんも仕事で来れなかったから、今日行こうって話してて。」
奥田が小さな声で呟くようにいうと下に顔を俯かせた。
カエデ「へぇー。2人で来ようなんて仲良いねー。」
奥田は顔をさらに赤くさせ、業も一瞬だけ赤らめたような気がした。
業「それより、茅野ちゃんは?渚とどうなの?」
業が悪魔のような顔つきになる。茅野ははぁーとため息をつくと首を横に振った。
茅野「どうもこうも、清々しいくらいなんもないよ。会う時も生徒連れてくるときあるし、仕事が忙しいのはわかるけどさ。」
少しだけ愚痴っぽく茅野がいうと業と奥田は顔を見合わせた。
業「渚も茅野ちゃんのこと気になってると思うけど・・・ムグッ」
業が言いかけると奥田がとっさに口を押さえた。
奥田「頑張ってください。大丈夫です!お二人ならなんとかなります!」
奥田がらしくない声で叫ぶと業もふっと微笑んだ。
さっき業がなにを言おうとしていたか、茅野には聞こえなかったが、2人が応援してくれることがただ単純に嬉しかった。
茅野「ありがとう!」
最高の女優スマイルを浮かべるとふたりはまた顔を見合わせた。
奥田「じゃあ私たちはここで。」
ふたりは背中を向けて歩き出した。そして奥田が業の手に自分の手を伸ばしていた。それに気づいた業は、パシッと奥田の手を取り自分の指を絡めた。
奥田「カエデちゃんや渚くんには幸せになってほしいな。」
業「大丈夫だよ。あの二人なら。」

続き見たい方は、ぜひ感想、意見、宜しくお願いします。

930:彩乃:2018/09/22(土) 13:08 ID:hcA

すごーくきになる!

セリフとセリフの間とか、説明?とかに一行空けたほうが読みやすいと思うな。


渚「初めまして、潮田渚です」
カルマ「赤羽業でーす」
二人は挨拶した



渚「初めまして、潮田渚です」

カルマ「赤羽業でーす」

二人は挨拶した



みたいな?
あ、これは個人的に思ったことです!
気にしなくてもいいよー

931:なな:2018/09/22(土) 13:14 ID:OQo

ありがとうございます!
アドバイス通りに頑張ってみます!!
続きどうぞ!

茅野は大きな背伸びをすると唯一自分で居られる教室に背を向け歩き出した。すると

渚「茅野?」

目の前には麦わら帽子をかぶった渚が立っていた。

茅野「渚?どうしたの?」

茅野は、渚に駆け寄ると渚は照れ臭そうに頬をかいた。

渚「実は昨日、忘れ物しちゃって。」

忘れ物を取りに来たという渚について行った。教室内に入ると懐かしい黒板や木の机が目に映る。ここで勉強して、暗殺して。世界一矛盾な教育だったけど世界一愛を込められた教育だとここの生徒は思ってる。
渚は自分の席だったところに座るとちょんちょんと隣の席を指差した。茅野も席に座り顔をあわせる。ドキドキと鼓動がなるが、不意にふたりは笑ってしまった。

茅野「ねぇ。渚。」

茅野が呟いた。渚は茅野の方を見る。

渚「何?茅野。」

前にビッチ先生に会った時のことを思い出した。「渚は、今のターゲットしか見えてないよ。」と茅野は言った。そのターゲットとは生徒。渚が殺せんせーのような先生になりたいということはよく知っていた。するとビッチ先生は当たり前のように、
ビッチ「じゃあカエデがそのターゲットになればいいじゃない。」

と言った。その考え方はなく、驚いたが確かにターゲットになれば渚の視界に入れる。だけど、私のしたい事はそんなことじゃない。私を殺してくれた、そして私を見つけてくれた渚の夢を一生懸命応援したいと思ってる。けど、時々気持ちに気づいてよ思う時もあって。わがままだけど恋というのはこうゆうものなのではないのかと自意識過剰に考えるようになった。でも今、この瞬間口を閉じとかないと気持ちが飛び出てしまいそうになりそうだ。

茅野「渚は私のことどう思ってる?」

意地悪に言うと、渚は頬を赤らめた。

渚「どうって。大切な友達だと思ってるよ?」

渚らしい当たり前の答えを口に出した。茅野は下を向く。
渚は茅野が今、俯いてる意味がよく分からなかったが不意に赤くなった。そして、渚も質問した。

渚「じゃあ茅野は?」

多分次で最後です!
続きが見たい方は意見、感想、宜しくお願いします!

932:かたしょう:2018/09/22(土) 14:43 ID:bKE

>>931おー最後気になる〜
読みやすくなってし、頬を赤らめてる渚カワイイ(><)

そういえばこのスレ終わりそうだけど次どーするの?ぼくはスレ立てた事無いし(-_-;)

933: 彩響 ◆CQ:2018/09/22(土) 15:03 ID:MzU


>>920
 そう?
 じゃあ、今のとこはカルマ落ちってことで。

>>918
 多分、初めましてかな。

>>922
 同い年やー
 10pも違う……
 呼びタメ大丈夫かな?( 既に若干タメ )

>>931
 続き気になります、

>>932
 ほんまやね、どうする?
 

934:彩乃:2018/09/22(土) 15:06 ID:hcA

>>931
気になる!!
アドバイスを取り入れてくれてありがと!
読みやすくなった!!

>>932 >>933
そうだなぁ…
いつのまにか900超えてたのかぁ

>>933
りょかなのだーっ

935:かたしょう:2018/09/22(土) 15:24 ID:bKE

>>933
全然いいよ!よろしく♪
スレ立ててみようかな?失敗したら怖いけどね。
立て方教えて(´:ω:`)

936:彩乃:2018/09/22(土) 16:49 ID:hcA

スレ一覧の1番下までいけばあったはず!
新スレ作るみたいなやつが。
そこからあとは画面通りにやればいいはず!

説明雑すぎる…ごめん…

937:かたしょう:2018/09/22(土) 17:28 ID:bKE

ありがと♪やってみるね!

938:なな:2018/09/22(土) 17:38 ID:OQo

読んでもらってありがとうございます!!!!
スレ変わってもついていきます!
では、一応最後です!どうぞ!!

その瞬間、頬を真っ赤に赤らめ渚を見つめた。
茅野「わた、しはね。」
声が途切れ途切れになり、息も荒くなる。
茅野はビッチ先生の言葉を思い出す。
茅野(私がターゲットになればいい・・・。)
渚が心配そうに顔を覗き込む。
だけどここで本当の気持ちを言ってしまうと「今」が終わってしまう。その恐怖と不安。そしてもし渚が茅野をそうゆう風に見てないかもという気持ちが茅野を襲う。だから茅野はこうゆう答えを出した。
茅野「渚は私の特別な人だよ。これからもよろしくね!」
最高の笑顔を浮かべた。言葉の言い方、意味はあまり考えず得意の演技でオブラートに包んで。渚は少しホッとしたような顔をした。だけど茅野は机を立ち渚に近づいた。
茅野 「だけどね、渚。早く気づいてね?私は、もうこんな自分は嫌なの!」
と最後はドラマの台詞を含みニッコリと微笑んだ。
渚は、何のことだが分かっていなかったが茅野につられ微笑んだ。
そこからは、二人で大好きな母校に背を向け歩き出した。
「あっ。雪」
渚が呟いた。茅野も空を見つめるとほろほろと雪が舞い落ちてくる。手のひらに乗せるとスッと溶けてなくなった。何だかおかしくなって二人で笑ってしまう。そして二人は別れた。渚はまた空を見上げると、なぜだか涙がこぼれていた。
同じく茅野も別れた瞬間、膝を抱え込み静かに涙をこぼした。
別れと出会いが重なった冬の始まり。

読んでくれてありがとうございます!!
意見、感想、待ってます!!

939:かたしょう:2018/09/22(土) 17:39 ID:bKE

作ってみたけどどうかな?(´·ω·`)
ちゃんと出来たかな?(´·ω·`)不安ダヨ

940:なな:2018/09/22(土) 17:39 ID:OQo

あっ。アドバイス無視しちゃった!
すみません!!!

941:かたしょう:2018/09/22(土) 17:40 ID:bKE

スレ名は 暗殺教室〜もうひとつの物語〜Part7だよ!

942:かたしょう:2018/09/22(土) 17:44 ID:bKE

>>938
面白かった〜♪
表現が上手ですね〜(^.^)
次作が楽しみだ〜!

943:彩乃:2018/09/22(土) 20:08 ID:hcA

>>938
面白かったよ〜
なんでそんないい話がかけるの?
うらやまだぁ!
アドバイスの件は気にしなくても大丈夫よー

>>939
ありがとう!

944:なな:2018/09/22(土) 21:41 ID:OQo

ありがとうございます!
これからは、暗殺教室〜もうひとつの物語〜Part7♪で頑張ります!

945:彩乃:2018/09/22(土) 22:33 ID:hcA

ななさん
まだここのスレ終わってないから、さきこっちでやっちゃいなよっここでも頑張れです!

946: 彩響 ◆CQ:2018/10/13(土) 20:13 ID:H6g

やほー、スレ立てありがと。

947:かたしょう:2018/10/21(日) 14:40 ID:Bjo

文発終わったー!あと残っている行事はテストが3回位かな〜
相変わらず朝しんどいれす(´·ω·`)

948:彩乃:2018/10/25(木) 21:38 ID:38w

テストか〜こっちもあったよー
点数下がってるのに順位が初の100位以内w


皆やっぱ忙しいのかな〜…
かくいう私も来てない…

949:かたしょう:2018/11/01(木) 15:39 ID:8DU

あれから2年以上経っているからね〜
みんな忙しいんだ多分( '∀')
嗚呼、内申点がヒドイ事に( ´·ω·`)
全日制の高校への道は絶たれたorz

950:かたしょう:2018/11/01(木) 15:42 ID:8DU

みんな忙しいんだ多分( ._.)
彩乃初の100位以内おめでと〜
嗚呼、内申点がヒドイ事に(´·ω·` )
全日制の高校への道は閉ざされたよorz

951:かたしょう:2018/11/01(木) 15:43 ID:8DU

あり?ラグイからかきなおしちった(·∀· )ゴメンヨー

952:彩乃:2018/11/01(木) 19:23 ID:4mY

大丈夫大丈夫〜


内申点やばくても点数で稼げばなんとかなるさ!
私は逆だったんだけど…
今はそれなりにいい感じかな…

953:彩乃:2018/11/01(木) 19:23 ID:4mY

大丈夫大丈夫〜


内申点やばくても点数で稼げばなんとかなるさ!
私は逆だったんだけど…
今は逆かな…うん

954:彩乃:2018/11/01(木) 19:24 ID:4mY

あれ、ミスった?
1つ目は違うー

955:なな:2018/11/01(木) 20:49 ID:kHA

こんばんは!
みなさん、勉強頑張ってますね!!
自分は小学生なので、まだ気にしなくていいかもです・・・・。
みなさんに、『ななの小説見てると、疲れが吹き飛ぶ』と言われるまで修行中です!
なので、新作見てもらっていいですか?

笑顔の時間(なな)
磯貝「おーい。渚ー。杉野ー。」

あっちの方から、学級委員の磯貝悠馬の声がする。
渚と杉野は手を振り返した。
磯貝が二人に追いつくと早速ケータイを取り出した。磯貝の家は貧乏でケータイもE組の中でただ一人ガラケーだ。
磯貝はメールを探すと見つけたのか、「これだ」と呟き渚と杉野に見せた。

磯貝「これ見たか?新任の先生の話。」

渚と杉野は首を縦に振った。

渚「二学期が始まってそろそろ本格的な暗殺どきに先生を送り込むなんて。」

杉野は頭をガシガシとかきながら口を開いた。

杉野「間違いなく、暗殺者だろうな。」

磯貝「だな。」

3人は何だか不吉な感じを感じ取り、肩を落として学校へ向かった。何故こんなに落ち込んでいるのか?それは今まで送り込まれた暗殺者達は皆至って常人とは考え難い人達ばかりだったからだ。例えば、「イリーナイェラビッチ先生」は今では立派に英語教師をこなすが、最初の頃は生徒に目もくれず暗殺ばかりに意識が傾き生徒は皆、彼女のことが好きになれなかった。
さらに「自律思考固定砲台」こと「律」は今では暗殺のサポートには欠かせない存在だが最初は授業中にも関わらず発砲を繰り返し片付けをせず寺坂達にガムテープでぐるぐる巻きにされたこともある。
最後の転入生は「堀部イトナ」は、なんと白に操られ殺せんせーと同じ触手を手にし、一時期は殺せんせーを追い詰めたこともあったが正気を取り戻し最後はこのクラスに馴染んでいた。
とこのように送り込まれた暗殺者達は皆最初は「問題児」ばかりだった。だから次の先生もあまり期待は出来ない。
クラスに入るとやはりみんなも同じことを考えていたのか、全体的に空気が重い。(イトナと律は別だが・・・。)
全員が席に着くと触手独特のヌルヌルという音がどんどん近づいてくる。みんなは発砲の準備をした。
そして戸が開く。殺せんせーは堂々と教壇の前に立った。
殺せんせー「おはようございます。日直の人は挨拶を。」
殺せんせーが声をかけると、今日の日直である「片岡メグ」が戸惑い紛れに口を開いた。

メグ「きっ起立!!!!」

その号令とともに皆が銃を持ち立ち上がる。緊張感の張り詰めた空気の中、殺せんせーだけはニマニマとむかつく感じで笑っている。

メグ「礼!!!!!!!!!」

片岡メグが叫ぶと一斉に発砲が開始した。殺せんせーはヌルヌルと避けながら出席を取っていく。そして今日も。全員の発砲が一発も当たらないままみんなは息切れていた。

殺せんせー「今日も暗殺には至りませんでしたねぇ。ヌルフッフッフッ。」

という笑みを浮かべ顔を緑のシマシマにしている。これは殺せんせーが舐めている証拠だ。殺せんせーを無視しみんなは、片付けに取り掛かった。

業「ところで?新任の先生ってのは?」

業が見下すように言う。殺せんせーは更なる奥深い笑みを浮かべ、みんなが注目したところで口を開いた。

殺せんせー「では、皆さん。校庭に出なさい!!!」

956:彩乃:2018/11/01(木) 21:28 ID:4mY

おお〜待ってました〜
やっぱ上手いなぁ
わたしには語彙力というものが皆無…

久々にかいてみようかな…
リクエストあったらください!
頑張ってかくー!

957:かたしょう:2018/11/02(金) 15:20 ID:8DU

>>955もう十分疲れっていうかストレスが無くなる力があるよ♪
>>953ぼくはバカだから点取れないよー/(;_;)\
>>956えっメチャ楽しみ♪リクエストかぁ、、、高校生になってからの話とかどうかな?

958:彩乃:2018/11/02(金) 23:19 ID:4mY

ふむ…高校生になったあと…か…
なるほどーおもしろそ〜だ!

959:彩乃:2018/11/02(金) 23:39 ID:4mY

ちょっと書いてみたよ〜



【IF】です。
もしもの話だよ〜
ちゃんとできてるかはわからないけど!久々です!





僕らは椚ヶ丘中学校の生徒だった。
そこを卒業したのは2週間ほど前のことだ。

1年前の4月からほんの2週間前まで僕らは“殺せんせー”とあの校舎で学んだ。


……暗殺は成功して、世界は救われた。


でも僕らは恩師を失ったんだ。

僕ら以外の人がどう言おうと

殺せんせーは最高の先生だった。

烏間先生にビッチ先生。

3人がいたからこそのE組…


3年E組暗殺教室はその日に終わった“はずだった”












渚はなんとなくあの学び舎に足を運んでいた。
なんでかというと、呼ばれたような気がしたから。
純粋にそれが何かはわからない。でも行かないといけない気がしたから。実際に行くべきだと判断したから。

渚「……あれ、カルマ?」

カルマ「おっ渚じゃん。どうしたの?」

姿を現したのは共にあの時を過ごしたカルマだった。

渚「カルマこそ。ここに来るって珍しくない?」

カルマ「んーなんか、呼ばれた気がするんだよねー。何だかはわからないけど」

渚「!僕も!何かに呼ばれたような気がして」

呼ばれたような気がしたのは渚だけではなかったようだ。校舎に着くまで、そして着いてからも。E組だった皆と出会った。忙しくてなかなか会えないというのに今日は“何かに呼ばれた気がしたから”ということで学び舎に皆集合したのだった。

磯貝「やっぱ皆そうなのか…」

片岡「不思議ね。1人じゃなくて皆にも感じていたなんて」

律『私も感じました。変な雰囲気ではないんですが、何か嫌な予感もします』

皆「うーん…」

?「集まっているようだな」

皆「!」

前原「誰だ!?」

?「俺は殺し屋ジャック」

茅野「なんで殺し屋がここに…」

ジャック「お前らを呼んだのは俺だ。これで理由にはなるだろ?茅野カエデ」

茅野はびっくりしながらも頷いた
皆は警戒心がマックスになる。
そりゃあそうだ。

“なぜここに殺し屋がいる?”

“なぜこの殺し屋は自分たちを呼んだ?”

そして

“なぜ名前を知っているのか”


ジャック「手短に話す。お前ら–––––––」


皆「え…––––––」


皆は唖然とするしかなかったのだった。




続くかな…そして高校生というリクにはまだ応えられてないという!ごめんよー!

960:かたしょう:2018/11/03(土) 13:22 ID:8DU

リク応えてくれてありがとー!
やっぱ上手だなぁ続き気長に待ってる〜♪

961:彩乃:2018/11/04(日) 21:16 ID:4mY

そかな〜?
暗教読んでないせいか、キャラを忘れつつある…
こういうのもあんま書いてなかったからな〜…

962:なな:2018/11/05(月) 21:22 ID:kHA

続き、書きます!
彩乃さん、すごく上手でものすごく見入りました!
続き、待ってます!

みんなは言われるがままに校庭に出た。校庭にはイリーナ先生も烏間先生ももう待機していた。

烏間「みんな呼び出してすまない。新任からの頼みでな。」

烏間先生の重たい口が開く。イリーナ先生は、ここに呼び出された意味をよく知らなかったようだ。

イリーナ「ったく。誰よ!今日はなんか肌寒いのに・・・・。」

とぐちぐち言いながら烏間先生の腕に自分の腕を絡めた。

殺せんせー「まぁ。いちゃつきは後にして。早速呼びましょう。」

と殺せんせーが顔をピンクに染めると烏間先生の凛と引き締まった顔に血管が浮き出る。

烏間「決して、そうゆう行為はしないが?!まぁ呼ぼう。」

烏間先生の声がかかると、背の高い綺麗な女の人が歩いてきた。
イリーナ先生とはまたちがう美貌だ。まとめたお団子が凛としていてどっちかというと
「片岡メグ」こと「イケメグ」に近い気がする。

?「初めまして。桜と言います。」

ぞくっ。透明感のある声に綺麗な笑顔。ここにいる男子は全員この笑顔にやられた気がする。
業「ねぇ渚。」ボソッ・・・・。
業が渚に囁く。渚は業の方を見た。

業「あの先生ってもしかして「ハニートラップ」の暗殺者かな?」

渚「僕もそう思う。」

業の問いかけに渚が答える。だけど、何かおかしい気がした。

渚(もしあの人がハニートラップの先生なら・・・・。イリーナ先生とかぶっちゃう。
わざわざ二人もハニートラップ暗殺者呼ぶかな?)

昼休み
いつものメンバーでお弁当を食べていた。

前原「あの先生の授業。めちゃくちゃわかりやすかったな。」

カエデ「うん。覚えにくい歴史の年表を漫画にしてまとめるなんて。」
と話題は、桜先生で持ちきりだ。

磯貝「何か、暗殺者っぽくないよな」

この一言で、周りが凍りついた。みんなも気付いていたのだろう。分かりやすい授業。
あの爽やかな笑顔。そして桜先生は今日1日で一度も殺せんせーを暗殺していない。
暗殺者なら、絶対に殺したいはずなのに・・・・。
クラス全員がこちらを注目した。

業「そしてどことなく殺せんせーに似てるよね。」

業がみんなに響き渡る音量で言う。

渚「あの先生は、秘密が多すぎる。中身が知れるまであの先生を信用しちゃいけない。」

みんなは、軽く頷いた。
次の日。みんなで考え抜いた作戦を決行する時が来た。あの先生は何者か?
それを暴くための三のE28人のアサシンらしい作戦だ。

次の日、イリーナ先生が今日はある用事だということで今日はいない。
そして、ついに決行の時。

桜「どうしたの?磯貝くんに渚くんに業くん。」

昨日はまだ1時間の授業しかしてないのに・・・。名前を暗記してるのも殺せんせーと似ている。

磯貝「今日は、烏間先生に頼んで2時間体育にしてもらいました。」

渚「僕たちと、勝負しましょう。」

業「歓迎会も兼ねてね。どう?アサシンっぽいでしょ?」

3人は真剣な眼差しで桜先生を見つめる。桜先生は、微笑んだ。

桜「OK。なんだか思ってたより楽しませてくれそう。」

ぞくっ。3人は外へ飛び出した。あのままだったらあの透き通る声に殺されてしまう。
磯貝「威圧・・・っつうかあれはやばいな。」

業「俺惚れそうになったわー。」

渚「えっ?」

業「嘘だよ」

と三人はみんなの元へ走っていた。

963:彩乃:2018/11/08(木) 22:55 ID:4mY

ななの続き楽しみだ〜っ

そして続き書くよー




渚たちは高校生になった。
そして1ヶ月過ぎた頃…



「渚ー」

渚「どうしたの?」

渚は帰る支度をしている時にクラスメートの友達に話しかけられた。

「今日塾なかったよな。遊びに行かね?」

渚「あー…ごめんね。今日用事が入っちゃってて。急いで帰らないと間に合わないんだ」

「そっかー残念」

渚「ごめんね。また誘ってね。じゃあまた明日ー」

「おーよ!」

渚は急いで教室を出た。



渚が向かったところは自宅ではなくて、街の外れにある一軒家。ピッとカードをスキャンして中へと入る。

茅野「あ、渚!」

渚「早いね茅野」

茅野「ま、まあね!」てれっ

茅野の思いは未だに渚には伝わっておらず、渚が微笑みかければ茅野は赤くなってしまう。それでも渚は気づかない。「風邪引いてるの?」と勘違いするのだ。

杉野「おーす!渚!茅野!」

渚「杉野!」

茅野「意外と早かったね!部活は?」

杉野「ふふんっ前もって休むって言っておいたから面倒ごとはさけてきたぜっ」

神崎「杉野くんらしいね」いつのまにか来ていた

杉野「かかっ神崎さん!?そ、そんなことない…いやあるよ!!」あははははっ

茅野「杉野が壊れた…」

奥田「こっこんにちは皆さん」

渚「あ、奥田さん。あれ、カルマはまだ?」

カルマ「ここにいるよー渚」

神崎「これで全員揃ったね」

6人は頷く


なぜ高校が違う彼らが揃っているのかというと……







ザンッッッ!!


「な、なんだ貴様らは…!」



渚「…僕らは殺し屋ジャックに直々にこの世界に誘われた」


カルマ「【暗黒–シュヴァルツ–】と呼ばれる暗殺組織だよ」


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS