暗殺教室〜もうひとつの物語〜Part6♪

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- ▼下へ
1:橘 舞花☆赤髪の殺し屋◆Us あちゃ〜 :2016/07/03(日) 23:28

これは、『暗殺教室〜もうひとつの物語〜Part5♪』の続きです!

荒し&なりすましダメ!
雑談&SSの感想OK!

一応スレ作成者は私ですが、もしこちらのスレに入りたい場合は『葉月 美桜』の方に聞いてみて下さい!

皆で楽しくやっていきましょう!

678:月菜**:2017/01/07(土) 13:54 ID:dNw

るな»転校ってめっちゃ最高なやつだよ〜♪そっから始まるラブストーリーとかすごく良いね!楽しみにしてるね!!

679:るな:2017/01/07(土) 18:33 ID:CRY

かなり下手くそだけど頑張って書きました!↓どうぞ〜♪

1時間目転校

あかり(茅野)sido
殺せんせーを無事、あぐりお姉ちゃんの居る場所に見送った冬が過ぎ今は春。
私は高校に進むと同時に名前を本名の雪村あかりに変えた。
私の通っている高校は公立北多摩高等学校。(今は廃校になっています)
中学生のあの日、バレンタインデーの時にチョコレートと一緒に渚に告白しようと思っていたけど、私の事で渚のこれからに支障が出てはいけないからチョコレートだけ渡して告白は諦めた。
まぁ高校生活はそれなりに順調だけどやっぱり渚が居たらなぁって思う自分が憎いよぉ(泣)
渚はお母さんのために蛍雪大学附属高校に受かり私の事なんか忘れて楽しくしてるはず...なんだけど寂しいなぁ.....。
楓「.....り!.....ってば!あかり!」
?!ビクッ))っ!

あかり「え、何?どうしたの楓っち」
この子は安藤楓(アンドウ カエデ)。私が使ってた偽名と同じ...(笑)
楓「どうしたの?じゃないわよ!あかりがあたしの話を聞かないなんてめっずらしい〜♪で、なになに?恋話?」?!なっ///////
あかり「な、何いってるの?!違うよ〜!」
////あぁ恥ずかしい。まだ顔が火照ってる///確かに渚の事考えてたけど...
あかり「もうっ!この話終わり!話ってなんなの?楓っち」
すると楓は待ってましたとばかりに顔をほころばせて言った。
楓「聞いて驚け!見て笑え!ふっふっふっ♪今日、転校生が来るらしいのよ!それもイケメンの!」
なんかはなカ○パの小鬼の台詞混じってたけど気にしないでおこう。
楓「どんな男子だろぉ。楽しみ〜♪」
杏&弘希「え?何々?!楽しい事?」
杏「ちょっとこうちゃんかぶったんだけど!」
弘希「ええ?!僕じゃなくてあんちゃんでしよ?」
この子達は佐原杏(サハラ アンズ)ちゃんと大川弘希(オオカワ コウキ)くん幼馴染みでよく言葉とか動作がかぶってるんだよねぇ♪仲いいねー付き合っちゃえ!
先生「おーい佐原、大川、夫婦喧嘩なら家でしろー」
ちょ、先生夫婦ってwww
楓「せんせー!じゃああたしと春樹は〜?」
杏「その前に私達夫婦じゃないわ!こうちゃんなんとか言いなさいよ!」
弘希「( ⊃∀〃)⊃」
杏「(#^∀^)」
弘希「===( °д°)」

680:綾乃◆i6:2017/01/07(土) 19:51 ID:bo6

うわああああああ!!!
めっちゃ進んでた!(ごめん、旅行行ってて全然来れなかった)
るな)小説面白いよっ!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆頑張って!
やばい、私も書かなきゃ( *`ω´)そのうち出します!

681:るな:2017/01/07(土) 20:22 ID:CRY

2時間目転校←1時間目間違えました。正しくは1時間目仲間です。本当にごめん!!!!

楓sido
皆「せんせー?ご飯〜」
あかり&楓「おい!お前ら杏と弘希が絵文字で会話してる事に突っ込め!ご飯って何?!今8時10分44秒!」
バッカだな〜♪
杏「ハッ←我に返った))そういや先生、今朝休憩なんだけど、どして来たの?」
先生「....?」時計を見る
先生「....?」腕時計を見る
先生「....?!あら?私の腕時計時間が狂ってるわ。ごめんなさい♪てへぺろ(∂∀∂)ゝ」
弘希「あ、あんちゃん怖い...(泣)」
杏「ん?どうしたの?(黒笑)」
春樹「あ、杏〜顔こええよ...」
楓「\(*´∀`*)/は、春樹〜!」
感動!今日初めて春樹に会った!
春樹「ニコニコ))よしよし可愛いね♪」
皆「教室でイチャつくなー!」
楓「悔しいなら彼氏か彼女つくりな?」
女達「悔しい!けど可愛いから許す!」
男達「おっし。野郎共!安藤を殺せーーー!!!」
その後楓は死にました♪byあかり
死んでないぃぃぃぃ!!!

あかりsido
はい。現在は8時36分頃です。転校生って誰だろう?
先生「おはよー。出席とりまーす安藤さん、赤津くん、伊藤君、宇治さん、沿道さん、加藤君、(飛ばして)雪村さん、リンコウさん。はいっ!全員いますね♪先生嬉しいです」
あれ・・・?ふふっ中河原(ナカガハラ)先生の言い方殺せんせーに似てるなぁ♪弟子だったりして♪そんなことないけどね♪
弘希「先生。転校生って...?」
先生「ニコッ))そうね♪もう紹介しようかしら?入って来て!」
どきどき。誰が来るのかわくわくしてテンションMAXの私をよそにその人は入ってきた。
?「え、と、先生?自己紹介ですよね?」
ま、さか
先生「ええ♪お願い」
あの人だったなんて___。
?「皆さん初めまして!蛍雪大学附属高校から来ました。潮田渚です。よろしくお願いします」
渚____。

682:月菜**:2017/01/07(土) 21:37 ID:dNw

いいね〜♪続きどうなるんだろ!

683:シロエ:2017/01/07(土) 23:49 ID:Z7Y

負けられないなー

684:シロエ:2017/01/08(日) 00:13 ID:Z7Y

下から、暗殺教室×バカとテストと召喚獣のコラボ描くよー

浅野理事長 『例の件は、どうなっていますか?』
...『順調だよ。あのクソジャリどもが、何もしなきゃねー』
浅野理事長『それは、よかった。それでは、予定通り、来週からでいいですね?』
...『あぁ、別に構わないよ。』


吉井side 今日から、待ちに待った新しいクラスでの生活が始まる。
振り分けテストは中々手ごたえは、あったし、cがdクラスだろうな〜
西村教諭(以後鉄人)
『おい吉井新学期早々遅刻とは、いい度胸だな?』
吉井『てつじっじゃなかった、西村先生おはよーございます。』
鉄人『今、鉄人って、呼ばなかったか?』
吉井『そんな訳ないですよー』
鉄人『まぁいい、ほれ、クラス分けの結果だ』
吉井『ありがとうございます』
鉄人『今まで、俺は、お前を、見余っていた。』
吉井『やっと気づいてくれましたか』
鉄人『あぁ、俺は、お前を見余っていた。吉井、』
結果を開けると、
吉井明久
椚ヶ丘中学校特別強化クラスへの、移動を命令します。
鉄人『吉井、お前は大馬鹿者だ』


今回は、ここまでにします。
なんか、暗殺教室のキャラより、バカテストのキャラの方が多く出番があったなー今回の話

685:シロエ:2017/01/08(日) 00:19 ID:Z7Y

しかも、駄作

686:るな:2017/01/08(日) 08:49 ID:CRY

シロエ→そんな事ないよ!私の小説の方がゴミみたいで駄作だもん。ようし!私も頑張って小説書こっ♪

くろちゃん→カル渚不足だよぉ〜…何かいい話ない〜?←無理に言わなくていいよ?くろちゃんと話したかっただけだから(笑)

687:綾乃◆i6:2017/01/08(日) 09:14 ID:bo6

小説書きます!

プロローグ

ドタンッ
「気をつけて行ってらっしゃい、渚」
「うん、行ってきまーす!お母さんっ」
僕は、少し駆け足で家を出た。
今日は始業式なのに、遅刻してはいけないよね。
今日から小5だ!カルマくんや茅野とかと一緒のクラスになれるといいなー!
そういえば、学年の始めって転校生来るんだっけ。
どんな転校生が来るんだろう。
まあ、でも同じクラスになれるとは限らないか。
なんて思いを頭に巡らせて、僕は駆け足をさらに早めた。

1.転校生

なんとか始業式に間に合った僕は、ささっとクラスを確認してから体育館に整列した。
クラスは5年1組だった。
急いでいたため、自分以外の友達のクラスは確認していなかったな。
でも、5年1組にカルマくんと茅野の名前があったような無かったような・・・
そんなことを考えていると、始業式はもう転校生の紹介を始めていた。
いけない、聞き逃すところだった。
1年生、2年生・・・と始まって、ついに5年生。
『次に、5年生の転校生です。
5年生の転校生は・・・立花綾乃さん』
「はいっ・・・た、立花綾乃です。よろしくお願いします・・・」
立花綾乃さんか。覚えておこう。
それで、問題のクラスなんだけど・・・
『立花さんは5年1組です。5年1組の皆さん、よろしくね』
「「はーい」」
うおお、同じクラスだ!!
どんな人なんだろう。
僕は、心の底からワクワクしていた。

短くてすみません!!一旦切ります!

688:綾乃◆i6:2017/01/08(日) 09:17 ID:bo6

ああ・・・駄作でごめんなさいいぃ

689:綾乃◆i6:2017/01/08(日) 09:19 ID:bo6

るな)今更でごめんなさい・・・2が読みたい(╹◡╹)

690:るな 681&:2017/01/08(日) 09:27 ID:CRY

3時間目渚

渚sido
僕はとある事情で公立北多摩高等学校に転校してきた。まぁ、こんなことになるとは思ってなかったけどね(汗)
?「せんせー!1時間目つぶしてから自己紹介してもいい〜?ですか?」
先生「ええええ・・・しょうがないな〜…いいわ。その代わり2時間目は3つぐらいのテストしてもらうわよ★」
はい、もうあきらめました。僕の今の状況は何故かクラス全員が僕の机の周りに群がっている・・・・皆、目がランランとしていて凄い怖い(泣)
?「あたしは安藤楓!宜しくね♪にしても渚くん?凄くカッコいいね〜♪ねえねえ!彼女いるっ?」
はい、何故カッコいいと言われたかと言うとですね、E組時代に比べて背は少し伸びた、かな?(177cm)
渚「えーと、安藤さn楓「ううん!!安藤さんじゃ堅苦しいから楓って呼んでくれない?」
渚「うん。楓さん、僕には彼女はいないよ?」

691:るな お知らせ:2017/01/08(日) 10:28 ID:CRY

ごめんなさい!受験勉強しなきゃなので1週間はここにこれないと思います!中途半端なところで終わらせてすいません。ではまた1週間後に会いましょう!

692:匿名さん:2017/01/08(日) 10:56 ID:bo6

るな)OK!受験勉強頑張って!!(o^^o)

693:綾乃◆i6:2017/01/08(日) 10:57 ID:bo6

あ、すみません、上綾乃です

694:くろデレラ:2017/01/08(日) 14:17 ID:JTs

わー!小説進んでるー!
皆すごい!面白い!
るな)私もカル渚不足〜!ネットでカル渚小説探しまくったけど、なんか、ピンとこないんだよね〜!

695:るな:2017/01/08(日) 16:55 ID:CRY

へたくそ

696:るな:2017/01/08(日) 17:00 ID:CRY

えええええええええええ?!?!?!?!ちょっと待って?!何か私の名前で誰か荒らしてる?!あ、ごめんなさい上のゴミ、私の弟だわ。ごめんなさい!荒らしじゃ無いの!ごめんなさい!許してください!
私さ、息抜きするためにここ来たの!綾乃〜安心して!2も書くよ!
では皆さん、本当にさようなら!

697:シロエ:2017/01/08(日) 17:48 ID:Z7Y

忘れてた。
明久は、高校二年生で、文月学園の生徒です。
次から、暗殺メンバー出ますよー

698:シロエ:2017/01/08(日) 22:59 ID:Z7Y

吉井『待ってください‼』
鉄人『どうした?何か疑問か?』
吉井『大有りですよ‼なんですか椚ヶ丘中学校特別強化クラスって⁉』
鉄人『それはな、理事長の知り合いが経営しているFクラスみたいなもんだ。
交換生っぽく生徒を交換しないかって話になったらしくてな、お前が選ばれたんだ。』
吉井『如何して、僕なんですかっ?
確かに学校開校以来の観察処分者ですけど』
鉄人『 それが一番の理由らしい。まぁまた吉井の他に、島田、雄二、土屋もらしいぞ。』
吉井『分かりました、諦めます。』


椚ヶ丘
注意もう、渚は楓と会っています。
後、原作と違い、E組のメンバーは、みんな暗殺をしています。

殺せんせー『みなさん、今日から、先生の暗殺期限までの転校生が四人きますので仲良くしてください。後、四人は高校生ですので、では、入ってください。』
吉井『吉井明久です。気軽にダーリンって言ってください。』
男子一部『『ダァーリィーン‼』』
吉井『忘れてください。』
土屋 以後、ムッリーニ『土屋康太 趣味は盗さ、何もない。特技は盗ちょ、何もない』
E組女子『やばそう』
島田『島田美波です。まだ、日本に来て一年なので、よろしくお願いします。』
岡島&竹林『ツンデレっぽいな? 』
坂本『坂本雄二だ一年間よろしく頼む。』
殺せんせー『みなさん、仲良くするんですよ?』
E組一同『はーい殺せんせー』

699:シロエ:2017/01/09(月) 00:35 ID:Z7Y

島田の自己紹介間違えた。
読む時に趣味は吉井を、殴る事ですっ☆
っていうセリフの追加お願いします

700:匿名さん:2017/01/09(月) 08:06 ID:bo6

700スレゲットッ!!!
おめでとう!!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

701:綾乃◆TU:2017/01/09(月) 08:07 ID:bo6

あっ上私!!ごめん…

702:月菜**:2017/01/09(月) 15:29 ID:dNw

るな»大丈夫だよ!るながあらしじゃないのはわかってるもん!!
皆へ»っていうか皆小説すごい上手い!続きが楽しみです♪続き待ってるね!

703:茅川犂音:2017/01/10(火) 20:02 ID:CRY

初めまして。るな姉さんの弟の茅川犂音です。あ、読み方はりおんです。
この間、ここのスレッドで酷い事を書いてしまい本当にごめんなさい。
あの後姉さんに凄く怒られました。もう二度とこういう事はしません。ごめんなさい。
今日、ここに来たのは誤りたいということもあるけどもうひとつ理由があるんです。
それは、綾乃さんが姉さんへ2番の物語を読みたいとおっしゃっていましたよね?それはいいと言っていたけども下の名前が決めずらいらしいです。
月菜さんや、綾乃さん等名前がニックネームでないような名前を考えてほしいと言っていました。名字は以下の通りです。
月菜さん・・・安藤
綾乃さん・・・川村
くろデレラさん・・・飯室(いいむろ)
ぴょんちゃんさん・・・坂上
よろしくお願い致します。

704:茅川犂音:2017/01/10(火) 20:08 ID:CRY

ごめんなさい。3人付けていませんでした。
シロエさん・・・小林
るな姉さん・・・近藤
凛花さん・・・橘(たちばな)
ごめんなさい。あの、僕も入っていいでしょうか?すいません、図々しくて

705:シロエ:2017/01/11(水) 00:05 ID:Z7Y

ぜんぜん、大丈夫だよー
下から、第三話だよー〜

吉井 僕らの担任?の殺せんせーが、教室から出た後は、質問攻めになった、
前原『なぁなぁ、文月学園って召喚獣を使って戦争勝てば、クラスの設備を入れ替えられるんだろう?』
雄二『あぁ、そうだが?』
前原『いいなー俺らは、そうゆうの無くって、ずっとこの設備だぜ?』
雄二『お前らの方が格上だ、我儘言うなよ。実際Aクラスは、ホテルのロビーみたいに豪華絢爛だけど、Fクラスなんかになると、ござに全くちゃんとしてない座布団、ちゃぶ台、衛生環境最低だぞ?』
前原『そうなんだ…』
皆(僕たちより酷いんだ…)
明久『このクラス、異端審問会のメンバーが見たら、処刑してきそうだね雄二、ムッツリーニ』
ムッツリーニ『確かに危険』
雄二『愚問だな』
文月学園Fクラス ?『今、寒気がしなかったか?』

茅野『?ねぇねぇ、異端審問会ってなにー?』
明久『あぁ、それはね、学年のモテない男子が、リア充を呪ったり、リア充がいたら、処刑したり審問に掛けたりするんだよ。』
赤羽『内容は?』
雄二『法律ギリギリ(でアウト)な拷問や、死刑すれすれなもんだ』
赤羽『じゃ、あんたらは、それ受けた事あんの〜?』
吉井 雄二 ムッツリーニ『『『受けてみる?』』』
赤羽『辞めとく』(メッチャコエー)

706:綾乃◆i6:2017/01/11(水) 06:46 ID:bo6

茅川りんね)全然OKです!

707:綾乃◆i6:2017/01/11(水) 06:51 ID:bo6

ごめん!人間違い!
茅川りおん)

708:りおん:2017/01/11(水) 18:12 ID:CRY

あ、ありがとうございます!
実は姉さん、インフルエンザにかかってしまったんです。ギリギリ試験には間に合うけど勉強出来ないって泣いていました。早く治って欲しいです....。



話は変わりまして、昨日の名前のやつですね、本名でも仮名でもどちらでもいいって言ってました。

709:綾乃◆i6:2017/01/11(水) 19:03 ID:bo6

りおん)そうなんだ・・・
頑張って!!!って伝えておいて!!
あと、無理しないでね!!って・・・

710:綾乃◆i6:2017/01/11(水) 19:05 ID:bo6

りおん)あと、「川村 綾乃」で全然OK!

711:るな:2017/01/11(水) 21:24 ID:CRY

ううううう・・・・インフルエンザにかかってしまいました!熱が42度ぐらいあってだるい.....。りおん君がここに来てから不登校を止めたのにはめっちゃ驚いた〜!学校で友達できたみたいだしさぁ。元気も出たみたい!皆のおかげだよ!ありがとっりおん君が小学校5年生、私が小学校6年生なんだぜ♪じゃあまたね♪

712:凛香:2017/01/12(木) 17:32 ID:pxE

しばらくパソコン壊れて出来ませんでした

713:月菜**:2017/01/12(木) 20:45 ID:dNw

りおんくん»よろしくね^^タメ口で全然良いよ!気軽に話してね!!あと、名前は「安藤月菜」で大丈夫です!
るな»お疲れ様!風邪ひいたのはすごい大変だけどラストスパート頑張って!
凛香さん»久しぶり!パソコン壊れちゃったんだ…。大変だったよね!また改めてこれからよろしくね♪

714:シロエ:2017/01/12(木) 22:59 ID:Z7Y

当分、睡眠不足で書けないかも〜
後、明久達を、中学生にしようと思います。

715:綾乃◆i6:2017/01/13(金) 17:51 ID:bo6

更新遅くなってしまってごめんなさい!!小説書きます!

2.新しいクラス

始業式が終わって、僕は新しいクラスに向かっていた。
友達はいるかな?
新しいクラスを目前にして、ドキドキしていた。

「なーぎさっ!!!また同じクラスだね!!」
「!!!茅野!そうだね、嬉しいよ!」
うおお、いきなり来るからびっくりしたよ。

・・・あ、そういえば茅野とクラス一緒だったんだ。初耳初耳。

「じゃあ渚、席つこっ!」
「うん」
茅野に促されて自分の席につく。
自分の席は、茅野の席と少し離れていた。

隣は・・・立花綾乃さん!?

立花さんは、どこか寂しそうな顔をしていた。
どうしたのかな?声かけた方がいいのかな・・・?

転校生って、話しかけにくい・・・。
で、でも、友達にはなりたいし・・・。
いや、変に思われたらどうしよう・・・。
で、でも・・・

そんな議論を頭の中で繰り出していた結果、結局話しかけることにした。

チラッと隣を見る。
立花さんは、さっきと同じ浮かない顔をしていた。
思い切って声をかけよう。

「あ、あの・・・た、立花さん・・・」

僕がなんとか絞り出した言葉がこれだった。
・・・あれ、返事が来ない。
どうやら、僕の声なんか聞こえていないようだった。
・・・よし、もっと大きな声で。

「た、立花さん」
「!?・・・は、はい・・・?」
よかった。えっと・・・
「ど、どうしたの?浮かない顔して・・・」

「・・・え?あ、なんでもないよ!」
ニコッ、と立花さんは笑っていた。

・・・作り笑いだ。

「あ、あの・・・無理しなくていいんだよ?」
僕並みには心配したつもりだった。
「あ、大丈夫だから!・・・あ、用事思い出したから行くね。また話そうね!」
そう言って立花さんはどこかに行ってしまった。

・・・でも、最後の『また話そうね!』にどこかワクワクしている自分がいた。

716:彩響&響華 ぴょんちゃんだよ〜ん:2017/01/13(金) 19:06 ID:lu6

りおん→初めまして!ぴょんちゃんで〜す。間違えてもぴょんちゃんのあとにさんはつけないでね。。。
あと坂上響華でOKだよ!(ぴょんちゃんだと名前にならないから下の名前は響華(きょうか)か彩響(さきょう)でいいよー)
るなっち→大丈夫!?無理しないでね。あと、いまさらながら(るなっち)ってよばせてもらうね!
皆→小説うまいね!うちは、読んでるだけやねんけど、またかけるときに書きたいなと思います。(当分は、部活が忙しいので来れないかもです。ゴメンね)

717:月菜**:2017/01/15(日) 19:46 ID:dNw

小説書いてる皆ってどういう風に文とか考えてる?どうやったらあんな面白い文書けるのか、気になる〜!

718:綾乃◆i6:2017/01/16(月) 06:53 ID:bo6

月菜)思いついたものを書く!

719:るな 復活!!!!:2017/01/16(月) 21:23 ID:CRY

月菜→プロット練るかな...そのあと、小説書いて死ぬ(笑)

小説書くよー次からね

720:るな:2017/01/16(月) 21:52 ID:CRY

690の続き☆

4時間目

楓sido
どうしよう。さっき隣の組の正和レイアちゃんが渚くんの事好きって...。
あたしとしてはもちろん、あかりを応援したい、けど...あの時の事が蘇る
***************************
レイア「かーえーでーちゃん♪お願いがぁあるのぉ。あのね?レイアとぉ渚君が上手くいくようにぃ、手助けしてほしいのぉ。報酬はぁ、10万円でいかが?」
あたしの家は貧乏だからそんな大金もらったら幸せだろうなぁ...
気付いたらあたしはこんな事を口走っていた
楓「うん、いいよ?その代わり、報酬はちゃんとちょうだいね?」
レイア「んふふ♪交渉成立ね?宜しく。か、え、で、ちゃ、ん」
***************************
重い気分のまま次の授業に入った
あかり「楓っち!私と組もう!」
楓「....?」
あかり「もう!体育の組み体操だよ!」
ああ、それか
楓「いいよ!」
渚「....」
さっき渚君が見た気がするけど気のせい、だよね
春樹「え〜と、潮田くん?だっけ?俺と組もうぜ!俺の名前は査川春樹!よろしくな」
中途半端だけど切らせて!眠くて死m・・・zzzzzzzz

721:月菜**:2017/01/17(火) 18:30 ID:dNw

おぉ〜皆すごい!私も書いてみようかな…!?

722:綾乃◆i6:2017/01/17(火) 18:33 ID:bo6

月菜)ぜひぜひ!!!(o^^o)

723:るな:2017/01/17(火) 19:18 ID:CRY

720続き

あかりsido
ほっ 良かった、ちゃんと皆と打ち解けてるみたい。にしても....楓っちの様子がおかしいと感じるのは私だけ?
嫌な予感がする
渚「あ、うん。いいよ」
春樹「へ〜。渚君て運動神経いいんだね。すげ〜。俺なんか楓より足遅いんだぜ!すげえだろ!」
渚「いや、そこドヤ顔で言うとこじゃないから!」
渚のツッコミも相変わらずだなあ。あー渚に話しかけたい
あかり「楓っち〜!ちゃんとトスしてよお?」
楓「ん、わかった」
どうしたんだろ。楓

渚sido
さっき、気になる子を見つけた。名前は雪村あかり。僕の予想だったら茅野なんじゃないかと思う。よし!放課後、思いきって話しかけてみよう。当たって砕けろだ!!だって茅野に凄く、そっくりなんだもん
そして時は放課後
渚「あ、雪村さん。今日僕と一緒に帰らない?雪村さんが良ければだけど」
すると楓さんが決心したように言った
楓「ドキドキ))あかり〜♪チャンスだよぉいきなっ!あたしは一人で帰るから」
あかり「そーだなあ…いいよ。潮田くん一緒に帰ろ!」
渚「ニ コッ))ありがとう」
あかり「//////ん」

あかりsido
だあーーーーーーーーー!!!!!ダメッ格好良すぎて直視できない!
先生「ではさっきから私の話を上の空で聞いているあかりちゃん。今日習った国語のタイトルは?」
あかり「?あ、世界を救った28人の暗殺者」
これ絶対私達の事だわ
先生「ぴんぽーん!正解!じゃあ皆さよなら〜♪」



通学路に出て初めに言葉を発したのは渚だった
渚「違ったら悪いんだけどさ、雪村さんって茅野?」

724:月菜**:2017/01/17(火) 22:02 ID:dNw

綾乃»ありがとう!ちょっと頑張ってみよ!!
るな»ヤバイ!ヤバイ!最高のシーンだね!!これからどうなるの〜!?

725:綾乃◆i6 ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2017/01/18(水) 07:33 ID:bo6

るな)面白い・・・!
私も小説更新しなきゃ・・・

726:るな:2017/01/19(木) 16:07 ID:CRY

5時間目あかり

あかりsido
渚「あのさ、雪村さんって茅野?」
渚から発せられた言葉は信じられないものだった
あかり「....そ、うだよ。よく、わかったね。髪型も色も変えたのに」
すると渚はあの優しい微笑みを浮かべて言った。
渚「雰囲気とか笑った時の顔とか、茅野だったから」
凄いな...。私は何か渚の役にたてないだろうか。


ごめんなさい!父さん帰ってきたから切りますね!ごめんよぉ〜〜〜!

727:月菜**:2017/01/19(木) 22:42 ID:dNw

なんかloveの予感しかしないよ〜!どうなるんだろう!!


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
掲示板スレ一覧サイトマップ長文/一行モード検索Twitter シェアする?RSS