フェアリーテイル ルーシィの変わらぬ思い

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:ルーシィlove:2016/11/09(水) 14:50 ID:N8k

*ここはナツルーグレルーの小説を書く場所です
*荒らしはお断りです
*フェアリーテイルが好きな方、グレルーが好きな方、ナツルーが好きな方、
 ぜひお声をお掛け下さい
*みんなで仲良く楽しくやりましょう!

それではレッツスタートです!

2:ルーシィlove:2016/11/09(水) 14:54 ID:N8k

まずは私の自己紹介からしていきたいと思います。

私はルーシィloveと申します。
一番好きなCPはグレルーです。
精一杯頑張って書くのでよろしくお願い致します。

3:ルーシィlove:2016/11/09(水) 14:56 ID:N8k

早速ですが、小説を書いていきたいと思います。
ちなみにグレルーです。

4:ルーシィlove:2016/11/09(水) 15:52 ID:N8k

〜辛くて悲しくて…〜
フェアリーテイルのギルドのカウンター席にきれいな金髪の女性が座っていた
彼女の名前はルーシィ・ハートフィリア
いつも明るく笑顔でどんなに自分が辛くても悲しくてもギルドの仲間に心配をかけるまいと
作り笑いをする。しかし、そんないつもの彼女とは違い、少しうつむいたような表情をしている
そんなルーシィの表情を気にしてギルドの看板娘のミラが声をかけた。

ミ「どうしたのルーシィ?元気ないみたいだけど…」
ル「あっミラさん…ちょっと回想に浸っていたというか…大したことじゃないので気にしないでください」
ミ「そう…?でも何かあったらいつでも言ってね?」
ル「はい!ありがとうございます♪」
しかしミラはやはりいつものルーシィとは違うと感じた…
ミラの心の声(ルーシィ、また無理して笑ってるわ…)

5:ルーシィlove:2016/11/09(水) 16:03 ID:N8k

続きです

ルーシィはちょっと出かけてくると言って外に出かけて行った。
ルーシィが出かけて行ってから数十分後…。
ナ「たっだいまー!!!」
ハ「あい!」
グ「ったく、おめーが迷子になんなきゃもう少し早く帰ってこれたのによ」
ナ「何だと氷冷え冷え変態野郎!!!俺は迷子になんかなってねーよ!!」
グ「完璧迷子になってただろーがよ!!!つか、変態は余計だろ!!!」
ナツとグレイの喧嘩が始まった。
そこへ妖精女王が降臨した。

6:ルーシィlove:2016/11/09(水) 17:40 ID:N8k

エ「やめんか貴様ら!!!」
ナ、グ「あいっ!!すみませんっ!!!」
ナツとグレイがハッピー化しながら謝った。
エ「指名の依頼くらいお前たちは仲良くまともに行けんのかっ!」
エルザからの説教で小さくなっているナツとグレイをみてウェンディたちが話していた。
ウェ「あわわ💦ナツさんとグレイさんが…」
シャ「ま、いつものことじゃない。」
ハ「でもさ、エルザも仕事先で建物とか、ナツやグレイと同じくらい壊しちゃってると思わない?」
リリー「お、おい、ハッピー…」
エ「何か言ったか?」
話していたメンバー全員「「「なんでもないですっ!!!💦」」」

7:ルーシィlove:2016/11/09(水) 18:34 ID:N8k

エルザからの説教が終わり…

グ「ミラちゃんコーヒーくれ」
ミ「はーい、ちょっと待ってて♪」
ナ「ミラー!!ファイアーパスタくれ!!!」
ハ「おいらはお魚ー♪」
ミ「わかったわ♪」
ナ「そういえばミラ、ルーシィは?」
ミ「ルーシィならちょっと出かけてくるって、ナツ達が帰ってくる少し前に出かけたわよ♪」
ナ「なーんだ、せっかく報酬がいいやつあったから誘おうと思ったのになー。なーハッピー?」
ハ「あい!けど何しに出かけたんだろう?」
そんな他愛もない会話をしている中、ルーシィのことを気にしている人物がいた。

8:みさ◆tw:2016/11/10(木) 20:00 ID:ka6


やっほー(o^―^o)ニコ
来たよ!

気になるねー、どうなるのかなぁ?

ちなみにさ、ここってみんなでかける系?

9:ルーシィlove:2016/11/12(土) 11:35 ID:N8k

みさ!きてくれてありがとー!もちろんだよ!!思いついたら書いてください!
続きも頑張ります!(期末前なんだけどねw)

10:ルーシィlove:2016/11/12(土) 11:51 ID:N8k

続きです

ルーシィのことを気にしている人物がいた…。
それは……グレイ・フルバスターだ。
グレイは密かにルーシィのことが気になっている。
しかし、グレイはルーシィがナツのことが好きなのではないかと思っている。
いつもナツとハッピーと一緒だ。またナツは、今までハッピー以外の
誰とも仕事に行こうとしなかった。だが、ルーシィがギルドに入ってからは、
ナツはチームを組むまでに変わった。今までよりさらに明るくなったのだ。
ルーシィといる時はとても楽しそうにしている。
それはナツに限らず、ギルドの誰もが同じように思っている。

11:ルーシィlove:2016/11/12(土) 12:11 ID:N8k

だからこそ、ルーシィに自分の気持ちを伝える勇気がないのだ。
今度こそと思っても、今の関係がもしふられて壊れてしまったら…
そんな不安が頭の中をよぎり、いつも邪魔してしまうのだ。

グレイが物思いにふけりながらコーヒーを飲んでいるとギルドの扉が開いた。

ミ「あらおかえりなさい、ルーシィ♪」
ルーシィが帰ってきたのだ。
ル「ただいまです、ミラさん♪」
ナ「ルーシィ!!帰ってきたのか!なあなあ、報酬のいい奴あったから仕事いこーぜ!」
ハ「バルカン退治なんだけど、一体のサイズが大きいから報酬がその分高いみたいで150万ジュエルだよ!」
エ「最強チームで行くから一人30万ジュエルだ。これなら4か月分位の家賃は確保できるだろ?」

12:ルーシィlove:2016/11/12(土) 12:20 ID:N8k

ル「うん!あ、でもいつ行くの?」
ウェ「明日か明後日にするか話してたんですけど、ルーシィさんが帰ってきたら最終的に決めようって^^」
グ「ルーシィはどっちがいいんだ?」
エ「私たちはいつでも構わんぞ?」
ル「じゃあ、明日は用事があるから明後日でもいいかしら?」
ナ「決まりだなっ!!!」
ハ「あいっ!!」
シャ「ところでルーシィ。その花は?」
ル「ああ、これ?これが今日の出かける用事で、明日出かける用事のための花なのよ^^」
ウェ「お花を持って明日どこか行くんですか?」
ル「ええ…^^」

13:ルーシィlove:2016/11/12(土) 12:30 ID:N8k

ル「といっても、私一人で行くわけじゃないんだけどね^^」
エ「誰か一緒なのか?」
ル「ええ、ユキノが一緒よ」
グ「どこ行くんだ?」
ル「私にとってはある意味大切な場所…かな…^^」
ハ「ルーシィ…?」
ル「あ、でも向こうではあんまり大きい声じゃ言えないんだけど、(声を小さくして)魔女の罪の二人と
   会うことになってるの」
話していたメンバー全員「「「えっ……ええええええっ!!??」」」
ナ「お、おいっ、まじかよっ!?」
グ「なんであいつらが!?」

14:ルーシィlove:2016/11/12(土) 12:40 ID:N8k

ル「(声を小さくして)でも、二人ともが関係してるわけじゃないの。
  メルディがそうってだけで、ジェラールはその付き添いっていうかそんな感じなだけで…」


その場で話していたルーシィ以外のメンバー全員がボーゼンとしていた。

ミ「まず二人とつながってるとこから驚きだわ…」
ル「黙っててごめんなさいm(__)m」
ウェ「謝る必要なんてありませんよルーシィさん^^」
シャ「ウェンディの言う通りよ。でもなんで謝るのよ?」
-

15:みさ◆tw:2016/11/12(土) 19:52 ID:ka6


何するんだろうな・・・ワクワク。

あくまでも私の意見なんだけど、小説では、あんまり顔文字とかは扱わない方がいいと思うよ。

でも、携帯で…ならいいと思うけど。例えば。


「ん?ルーシィ。何してんだ?」

「ああ、ナツ。メール見てたの。あ、グレイから来た…えっと『無事終了したぜ(`・ω・´)あと、明日話したいことあるからちょっと時間くれm(__)m』だって」


みたいな…。
上からっぽくてごめんなさい!気にしないでね。

16:ルーシィlove:2016/11/12(土) 19:56 ID:N8k

みさの小説面白いよ!さすがみさ様です、あい!

17:ルーシィlove:2016/11/12(土) 19:58 ID:N8k

アドバイスありがとうございます!そしてごめんなさい!
まだまだ未熟なものでみさのようにうまく小説書けなくて…
みさの文才がほしいです…

18:ルーシィlove:2016/11/12(土) 20:01 ID:N8k

てか例えばの話をみさの小説かと思ってコメントかいっちゃった…
でもみさの小説今もすごく書き方とか勉強になってます

19:みさ◆tw:2016/11/13(日) 15:49 ID:ka6


大丈夫だよルーシィ、みんな初めはそんなもん。

いやいや、私のなんて全然参考にならないっすよ…。

あと、もっと情景入れた方がいいかもね。ほとんど会話文になってるから。

20:みさ◆tw:2016/11/14(月) 19:28 ID:ka6


続き書くかわからないけど、ちょっとだけいいかな?


* * * * * * * * * * * * * * *

大丈夫だよ、私はずっと待ってるから。

この言葉を言ったのが、私たちの最後かな?
待ってるって言ったけど、そろそろ疲れちゃいそうだよ…。
ねぇ、いつまで待ってればいいの…。

グレイ…。


「ルーシィ」

自分の名前を呼ばれ、一瞬で古臭いギルドに意識が戻る。
でも、戻るということは、ギルド内の声が戻ってくるということでもあった。

「ハハハ。そーか、でさジュビア」
「なんですか、グレイ様?」

二人の会話も聞こえてくる。
唇を思わず噛んでしまう。
そんな私を察したのか察してないのか、ミラさんは話を続ける。

「どうしたのルーシィ。最近仕事でも元気がないってナツがぼやいてたわ」
「ちがいますよミラさん、今お金に厳しくして、後で楽になりたい!って思えば思うほど考えちゃって…。アハハ」

ちがうよルーシィ。嘘をつかないで。
ついてないわ。本当のことよ…。
嘘よルーシィ、じゃあ何でグレイトジュビアの会話が聞こえただけでそんなになるの?

「ルー、シィ?」
「えへへ、大丈夫です。でも、やっぱり体調が悪いかも…」
「そうなの?今日はもうかえって明日仕事を見つければ?」

そしたら、家でまた整理できるね。
何を整理するっていうのよ?もうとっくに整理したわ。
整理なんてできてないよ、まだ掃除道具を手に持っただけさ。

それとも、ずっと待ってるの?

「…ぅ」
「ルーシィ、顔色が悪いわ。まだお天気もいいし、また来てね」
「は、はい!さよならー」

あーあ、今日もグレイと話せなかったね。
グレイと話すためにギルドに行ってるんじゃないわ。

じゃあ、仕事もしないで何のために行ってるの?
ただ、話をしたい気分なのよ、ただ嫌気がさしただけ。
ほらね、結局最後は待つのは無理だったってなるんだよ。

もう、待つのは疲れたろう?諦めなよ。

携帯が鳴る。
メールの着信音だ。…グレイ?

そっと開けてみる。ナツからだった。

「えっと…明日用の仕事見つけたから、行こうな、か…。よし、『そうだね、お金を貯めなきゃ!』でよし」

疲れたから電源を切ろうとする。

何で切るの?グレイから来るかもよ?
来ないよ、だってジュビアと仲良く話してるもん。
でも、もし来たときどうするの?それとも…。

やっと待つのやめたの?

「ちがう!」

道の真ん中で叫んでしまったため、あたりがこちらを見る。
でも、なんとも思わなかった。
ただひたすら家に向かって走った。

「ちがうちがうちがうちがう…」
「何が違うんだ」

ドアの鍵を閉めようとしたときだった。
強引に、ドアに腕を挟んで閉めないようにしている人影。

「ルーシィ、どうしたんだよ。最近俺のこと避けてるだろ」
「…グレイ」

ジュビアを引き連れず、そこに立っていたのは普通のグレイだった。
今の彼はあの時私が愛した彼?
ちがうよ、あの頃の彼は記憶と消えたじゃないか。
でももしかしたら…。
いってるだろ。

待っても無駄だと。もう奴は来ないって。

「上がっていいか?」

何でいつもみたいに入ろうとしないの?
何でこんな時だけ優しさを見せるの?
思い出しちゃうじゃん、あなたのなくしたあの時の記憶を…。

零れ落ちそうになる涙をこらえる。

「…」

無言でうなずく。

「じゃあ、失礼するぜ」

そういって中に入ってくる。

21:ルーシィlove:2016/11/18(金) 13:23 ID:N8k

さすがみさ…なんという小説の上手さなんでしょう…

やっぱり私はまだまだ修行が足らないことがよくわかりますm(__)m

あとごめん!水曜からきょうまでテストだったからこれなくて…

22:みさ◆tw:2016/11/20(日) 16:50 ID:ka6


いやいや、そんなことはございません

ルーシィ続き書いて!

23:ルーシィlove:2016/11/21(月) 07:32 ID:N8k

はーい!がんばります!みさのつづきよみたい!

24:ルーシィlove:2016/11/26(土) 12:50 ID:N8k

なかなかこれなくてすみませんm(__)m
テスト返しや部活などで忙しくなかなかこれず・・・

25:ルーシィlove:2016/12/04(日) 10:26 ID:N8k

パソコンの調子があまりよくなかったり、予定があったりとで
なかなか小説の続きを書けずでごめんみさm(__)m💦
冬休みになればたくさん書けると思うのでそれまではできるだけ書けるように
頑張ります💦ほんとにごめんm(__)m

26:みさ◆tw:2016/12/04(日) 12:01 ID:ka6

大丈夫だよルーシィ(o^―^o)ニコ
私も全然書いてないし…(笑)

気長に待ってるから楽しみにしてるよ!!

27:ルーシィlove:2016/12/04(日) 14:18 ID:N8k

ありがとうみさー!(´;ω;`)
頑張るよー!

28:みかん姫:2016/12/10(土) 17:26 ID:dNk

来ましたー!
遅れちゃってごめんね!!

ルーシィの小説素敵すぎる。。。

29:ルーシィlove ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2016/12/11(日) 01:23 ID:N8k

きてくれてありがとうむんむん!!m(__)m
ただいま感動してます!!!
ありがとうむんむん(嬉泣)けどわたしなどむんむんやみさなんかの足元にも及ばぬ文才でしかないのでこんな小説しか書けず……(´;ω;`)むんむんの小説とか見てるとすごく勉強させていただいております師匠m(__)m

30:ルーシィlove (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/12/11(日) 01:25 ID:N8k

むんむんの小説楽しみにしてます!私は冬休みになったら部活もなくなって少し落ち着くから
続きがかけそうなのでそれまで修正して頑張ります!

31:ルーシィlove (ノ ゜Д゜)ノdice4:2016/12/22(木) 13:09 ID:N8k

今日終業式でしたー!
やっと冬休み…という感じですw
成績表のことはひとまず置いといて…wさて!やっと小説の続きが書けそうです!
この小説を読んでくれているみさ、むんむん、スレを覗くだけでもしてくださっている方々、
ありがとうございます。これからも頑張るのでどうぞよろしくお願いいたします。

32:おほーにょ:2018/10/04(木) 19:15 ID:Vr6

こんばんわ?おほーにょと申します。タメと呼び捨てOKです。

33:おほーにょ:2018/10/04(木) 19:21 ID:Vr6

小説一応書けますが、下手くそです。
自己紹介?
中一です。
おほーにょはあだ名です。
ルーシィ総受け好きですが、グレルーとラクルーは苦手です。
グレイはルーシィのお兄ちゃんポジションが好きです。
スティルーとナツリサ、グレジュビ、ラクミラが特に好きです。
後々あらためて自己紹介すると思います。
不束者ですがよろしくお願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコリ

34:おほーにょ:2018/10/04(木) 19:27 ID:Vr6

突然ですが小説書いてみようと思います。
オリキャラ出てます
恋愛要素?そんなもの知りません
駄作です
ルーシィチート+愛され+死ネタ含みます
誤字脱字あると思います
オリジナル魔法出てきます

題名 裏切りによって1

ルーシィ視点
あたしは今星霊界にいるよ
事の発展は裏切りから始まったの

今日、やっとクエスト(依頼)が終わって帰ってこれたんだ☆
泊まり込みで1週間!長かったー
そうこうしてるうちにギルドに到着!
ギィー←ギルドの扉が開く音
「おはよぉございまーす!」
シーーーーン
あれ?おかしいなぁ?ガヤガヤしてるハズなのに……
「帰れ!この裏切り者!」
誰?って……カナ?なんで?
ルーシィ「どういう事なの?カナ。皆も……」
「昨日ね、リサーナが死にそうな位の怪我で帰ってきたの」
ミラさん?てか……
ルーシィ「え?リサーナは大丈夫なんですか?!」
ミラ「大丈夫って貴方がした事でしょ?何心配してるのよ」
え?どういう事?あたしが犯人になってる……?
「静まれぇい!」
ルーシィ「マスター」
マスター(マカロフ)「今からルーシィ・ハートフィリアを破門する」
ガヤガヤする
所々「よかったー」「これで安全だ!」だなんて声もする
ルーシィ「あたしは何もしていません!今日クエストから帰って来て……!」
マカロフ「紋章も剥奪する」
あたしの右手の紋章が取れてゆく……
そう言えば、言ってたわ
『もしもあたしが死んだらユキノに鍵を渡す事にする』って星霊に
なら……!
ルーシィ「ゴソゴソ(刃物を取り出す)」
グサッ←刃物で自分を刺す(自殺行為の)音
ルーシィ「死んだら死んだでその時よね(小声)」
バタッ←倒れた音
そのままあたしは死んだ

それで何故か星霊界にいるのよ……
そう言えば……
『ルーシィ、もし、君が死んでしまっても星霊として生き返る様に(云々)』
みたいな事言ってたわね
あ、星霊王だ
セイレイオウ「古き友よ、お主の死に星霊全てが悲しんだ。それにより」
「古き友を星霊にし、星霊からの願いにより星霊の姫とする」
「そして、鍵を授ける。それは古き友の鍵(云々)」

結果は
あたしは星霊の姫になった
名前は自由に決めれる=そのままルーシィにする
パートナーになる星霊魔道士も自由に決めれる=ユキノに渡す
鍵の色は独特な色だけど金や銀ではないみたい
これが何故か決まった
では早速ユキノの所に行こうかな
「ルー「姫、私達がユキノ様に鍵を渡しに行きます」バルゴ!」
あはは……いつも通りみたい
ルーシィ「ならサプライズでそうしようかな」
バルゴ「わかりました。そうします」

バルゴ達が行って1分位たったのかな?
なんか魔力が流れてきた
行ってみようかな?てか行けるものなのかしら……

駄作ですねw変ですしw続きもいつかは書きます。
変な所で終わってすみませんでした

35:おほーにょ:2018/10/04(木) 19:28 ID:Vr6

長いですね……


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS