いみちぇん好きな人〜☆二次小説書くべ!!〜雑談OK(いみちぇんのことなら!)〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 1- 101- 201-キーワード▼下へ
1:ユリリン☆:2016/11/10(木) 18:24 ID:vdo

ユリリン☆だよ〜!いみちぇん恋小説!ってゆうスレ、入ってたけどそこ、とまってるから。だから、スレ、新しく、ユリリン☆が作った!話したいとき、どんどん話そう♪
ほぼ雑談なるかもだけど、しっかり、二次小説、書くぞぉ!荒らし、なりすましは、きたらソッコーシカト!小4だよ〜♪それでは、よろしくっ☆

167:STORY:2017/01/19(木) 19:07 ID:28M

🎍HAPPY🐔NEW🌅YEAR✨
アケオメ!(●`・ω・)人(・ω・´○)コトヨロ!

168:花鈴:2017/01/19(木) 20:25 ID:hUs

花音さん、初めまして。
そして、happy new year.
花鈴と申します。
呼びタメ、okです!

169:ユリリン☆:2017/01/20(金) 21:00 ID:2uM

そろそろ小説続き書かねば…

170:花音:2017/01/21(土) 16:06 ID:.zI

ねぇねぇ、モモが完っっ全に違うやつって二次創作という?(性格とかまるで違うって事)
うーん、言わないか?

171:ヒナ:2017/01/21(土) 16:54 ID:rcU

お久しぶりです!
ものすごくお久しぶりだね。

花音
明けましておめでとう!

花鈴さん
面白いです。美杏さん、怖いです。
原作と書き方が似ています。
私もそろそろ更新せねば…
ちなみに、モモの生きる道という
題名で書いています。

172:YUKA:2017/01/22(日) 09:14 ID:emo

花音さん初めまして。明けましておめでとうございます。

173:ユリリン☆:2017/01/22(日) 15:44 ID:2uM

花音〜お久〜

174:STORY:2017/01/26(木) 07:53 ID:28M

もうすぐで200だ〜(๑•̀ㅂ•́)و✧

175:ユリリン☆:2017/01/26(木) 17:51 ID:2uM

ホントだ!

176:ユリリン☆:2017/01/26(木) 18:10 ID:2uM

あと66で小説書いたけどなんとなーく封印したいと思ったので封印します。
新しい小説のネタがなくなったり、書きたくなったら続きを書こうとな。

で新しい小説は、御筆のことを知っている、(でもお役目のことは知らない。)転校生
がモモたちのところにやってきます☆というあらすじ。

そしてオリキャラ紹介♪

時水 茗 トキミズ メイ

あらすじで言った通り転校してくる。御筆のことは知ってるが、お役目のことは
知らん。4人兄弟の末っ子。美少女。

兄弟を年上から書くと、

雷(中3)→舞(中2)→怜(中1)→茗(小6)
ライ→マイ→レイ→メイ
             となる。超☆美少年&超☆美少女な兄弟。

177:花音:2017/02/03(金) 18:38 ID:TSk

3月の新刊の「いみちぇん!G」だけど、サブタイトルは、「消えたパートナー」みたいだよ〜。

ユリ
面白そう!楽しみにしてるね!

178:STORY:2017/02/17(金) 21:24 ID:yJw

面白そうですね♪
楽しみです!

179:花音:2017/03/04(土) 16:27 ID:2Ms

そういえば、昨日モモの誕生日だったーー!
遅れたけど、Happy Birthday!

180:ユリリン &◆/o:2017/03/04(土) 17:02 ID:cZg

そうなのーーΣ(・□・;)

181:ユリリン &◆/o:2017/03/04(土) 17:03 ID:cZg

そうなのーー!(◎_◎;)

182:ユリリン &◆/o:2017/03/04(土) 17:05 ID:cZg

ごめん‼なんか二回書き込まれた(笑)

183:実音子◆72:2017/03/05(日) 17:55 ID:oG6

久しぶり!
名前ヒナから実音子に変えたのは知ってる?
まあ、変えたからね。
モモ、遅いけどおたおめ!

184:桜◆dg:2017/03/13(月) 20:09 ID:XcI

久しぶりー
私、1月19日から、全然書き込んでいなかった〜〜

185:実音子◆72:2017/03/19(日) 08:25 ID:oG6

さくちゃん久しぶり!

186:美桜◆4M:2017/03/19(日) 08:36 ID:XcI

久しぶり〜♪

187:ユリリン☆:2017/03/19(日) 22:23 ID:ClI

お久〜☆

188:花音:2017/03/21(火) 16:45 ID:2Ms

久しぶり〜〜!
8巻、やばかったね〜、いろいろ。
矢神、やっぱり……?
っていうかモモが地味にかっこいい!

189:実音子◆72:2017/03/21(火) 16:50 ID:oG6

8巻読み中。
あとちょっとだよ。

190:桜◆4M:2017/03/21(火) 17:55 ID:XcI

8巻、まだ、買ってない〜〜

191:花鈴:2017/03/24(金) 07:44 ID:i2Q

皆さん、おひさです。
ごめんなさい。
なかなか忙しく、来れなくて。

192:ユリリン☆:2017/03/30(木) 08:38 ID:ClI

ユリも8巻買ってない〜新しい巻出るまでなんかあっという間(笑)
それに8巻買う分のお金がないのだよ。

じゃあ早速書くよー♪

1、「御筆を知ってる転校生」

ある日私のクラスに転校生が来た。

「時水 茗。よろしく。」

…この人、美少女だぁ〜それも薫ちゃんみたいにフワフワした子
じゃなくて…何だろう。キリッとした…クールな子?まぁとにかく
私とは別世界にいる人間だな。

「じゃあ時水の席は…あそこにいる直毘の隣な。直毘〜手あげて。」

と先生に言われ、手を挙げる。

「よ、よろしくね、時水さん。」

というと

「…あなた、直毘モモさんよね?矢神匠さんは何組かしら。」


と聞かれ、私は、

「は、はい。えっと矢神くんは3組です。」

「そう」

時水さん、なんで矢神くんを知ってるんだろう?知り合いかな?


     ―続く―

193:実音子◆72:2017/03/30(木) 09:39 ID:oG6

前に書いていた小説無視して!
ユリ、私も小説書いていい?
8巻もよかったよ♪

194:花音:2017/03/30(木) 16:12 ID:KhY

>>192
ユリ………。それ、結構悲しくない?
それと、小説、続き気になる!

195:ユリリン☆:2017/03/30(木) 22:55 ID:ClI

2,「御筆を知ってる転校生」

〜放課後〜

「ねぇ直毘さん。矢神匠さん呼んでくれるかしら。お話伺いたいの。」

「あ、はい。」

そして私は矢神くんを呼び、

「じゃあ私はこれで…」

と言いかけると、

「まって。直毘さんあなたも一緒に聞いてくれるかしら。」

と言われた。

「はい。」

封筒を渡された。

「ごめんなさいね。いきなり呼び出してしまって。
その封筒の中に入っているカードの通り、今日の夜、実行するわね。」

時水さんは帰っていった。そして封筒の中のカードにはこう書かれていた。

   −続くー

196:ユリリン☆:2017/03/31(金) 09:12 ID:ClI

小遣ね、わけあって5月までストップなのよ。
で、絵で賞とって図書カードもらったから、それ使いたいんだけど
りぼん読んでるからそっち優先させたいのね。計算したら
6月号まで買うお金はあって、あまるんだけど念のためとっとく
ことにしたのよ。うん。

じゃ、小説更新しまーす☆

3、「御筆を知ってる転校生」

そのカードにはこう書かれていた。

『      予告状
 ちょっと興味あるので御筆「桃花」を今日、
 9時、盗みます。
 そして9時10分、墨と白札8枚頂きます。
 
            文・怪盗ライ 
  
   直毘モモ様、矢神匠様へ
   怪盗ライ、マイ、レイ、メイより   』

それを読み、矢神くんは、

「なんだこれは。…いたずらかも知れないけど、モモ、念のため
桃花を肌身離さず持っていろ。」

「うん!」

ーその日の夜ー

今は8時37分。お風呂に入ろうと思うのだけれど…

「…早めに上がれば大丈夫だよね。」

私は桃花を服の下に隠しといてお風呂に入った。

ー9時2分ー

「わっのんびりしすぎちゃったなぁでも…大丈夫だよね、2分ぐらい。」

と思い恐る恐る服の下を見ると…桃花がない!私はパジャマに着替え
机の引き出しや棚の中などいろんなところをさがしたけど桃花はなかった。
すると、

「ふふっ。どこをどう探しても桃花はないわよ?だってここにあるんですもの。」

誰かの声が聞こえた。振り向くと…

「あ、あなた誰!」

人がいた。

「私は怪盗マイ。あら。そろそろ時間だわ。次の準備をしなければ。」

その人は足早に去っていく。私は

「まって。なんで桃花が必要なの?」

「…それは明日、学校で茗に聞けばわかりますわ。それでは。」

と聞き、そのマイという人は窓から去っていった―――。

  −続くー

197:ブルースター:2017/09/13(水) 17:29 ID:xQU

はじめまして!ブルースター(青い星)です❗はじめてなのにすみませんユリリンさんの小説面白いです❗続きが気になります❗
後、いみちぇん!大好きです❗私の友達も読んでる子います❗私は、その子に新刊とか、学校にない巻を貸してあげてます❗
これからよろしくお願い致します❗

198:ブルースター:2017/09/13(水) 20:58 ID:HCE

毎度毎度すみません❗私も小説書きたいです❗文章書くの得意じゃないですけど苦笑い😅でも書きたいので頑張ります!考えるのに時間がかかりますのでしばらくお待ちを・・・

199:ユリリン☆◆Ss:2017/09/13(水) 21:24 ID:FSw

こんにちは。スレ主です。
ここは止まってますが…(前にきていた方はいません)
入っていいですよ!私もちょくちょく来ようかと。よろしくお願いします。

小説書いてOKです!案が浮かばないのは私も同じですw

私しかいないと思いますがよろしくお願いします。

200:閃光の舞姫☆優衣◆Ss:2017/09/13(水) 21:25 ID:FSw

名前変えますね。気軽に優衣と呼んでください。タメOKですか?私はOKですよ(^ ^)

201:ブルースター:2017/09/13(水) 21:48 ID:xQU

《ミコトバツカイ、四人目あらわる?!》
私、モモ。
中学一年生です!
「ももちゃーんおはよー」
みずきちゃんがぎゅううううって抱きしめてきた。
「みずきちゃん・・・!ストップ!ストップ!苦しい・・・!」
はあはぁと息をあえぎながら言った。
みずきちゃんは、バッと手を離す。
「ご、ごめんモモちゃんおんなじクラスになったから嬉しくって嬉しくって」
え?
私は、目を瞬いた。う、うそ
だって、リオも矢神くんも陽太くんも朝子ちゃんも一緒って言ってたもん・・・!
「モモちゃん、五年二組大集合だよ!やったぁ‼」


放課後・・・
いつものように書道部に行くと、え?
「ミコトバツカイの名において風花ことほぐ言葉の力!」
ミコトバツカイ??!

続く・・・

202:ブルースター:2017/09/13(水) 21:49 ID:xQU

眠いのでまた明日でいいですか?お休みなさい🍀

203:閃光の舞姫☆優衣◆Ss:2017/09/13(水) 22:52 ID:FSw

OK

204:ブルースター:2017/09/14(木) 16:22 ID:fwg

続き書きます!後、呼び捨てオッケーです。(ブルースターなんてヘンテコな、呼び名ですが・・・)

205:ブルースター:2017/09/14(木) 16:38 ID:fwg

《ミコトバツカイ、四人目あらわる?!》 
私は、信じられない思いで、風花を持っている女の子を見た。
その子は、とっても美人さんだ・・・、でも、何て言うんだろ?引っ込み思案のような感じのオーラが出ている。
「あ、あのッ」
「えっ‼あのそのっ私変なこと言いましたよね・・・すいません!」
ペコーと頭を下げる女の子は、慌てた様子だ。「私、奈美、ナミって読んでください!」
えっとナミちゃんか・・・
「あ、私、直毘モモ、モモって読んでください!・・・後、ナミちゃんと一緒でミコトバツカイです!」
思いきっていってみる。
「ま、まさかぁ」
そう言っているナミちゃんに私は、桃花を出して見せた。
「う、う、うそ・・・モモちゃんもミコトバツカイなの?」 
ナミちゃんが言った。
私は、「うん」とうなずいた。
ナミちゃんが自分の御筆・風花を私に差し出した。
え?
どういうこと?受けとれってこと?
「モモちゃん、どうか風花を使ってください!」
えええええ?
ナミちゃんの声が書道部の部屋に響き渡った。

続く・・・

206:閃光の舞姫☆優衣◆Ss:2017/09/14(木) 19:58 ID:FSw

面白い!

207:ブルースター:2017/09/14(木) 20:07 ID:xQU

ありがとう🎵そういってくれて嬉しいです❗それでは、また文考えます!

208:閃光の舞姫☆優衣◆Ss:2017/09/14(木) 20:09 ID:FSw

私もそろそろ更新しないと…

209:ブルースター:2017/09/14(木) 20:18 ID:xQU

《ミコトバツカイ四人目あらわる?!》
私に風花を受け取れって?
「で、でも風花もナミちゃんに使ってもらった方が嬉しいと思うよ」
「いいえ、私漢字覚えるの苦手なんです!だからモモちゃんに使ってもらった方が嬉しいと思います!」
ナミちゃんは何度も「お願い致します!」っていってる。
ええ〜どうしよう‼
困ったなぁ・・・
私的には、ナミちゃんに使ってもらった方がいいと思うけど。
その時私たち気づきもしなかった。
沢山の、黒い靄が迫ってきていることに・・・

続く・・・

210:ブルースター:2017/09/14(木) 20:18 ID:xQU

これ終わる気がしない

211:ブルースター:2017/09/15(金) 16:23 ID:GtY

出来れば(多分)これで最終回にしたい・・・、敬語やめてみてもいいでしょうか?

212:閃光の舞姫☆優衣◆Ss:2017/09/15(金) 20:57 ID:FSw

いいよ!

213:閃光の舞姫☆優衣◆Ss:2017/09/15(金) 21:08 ID:FSw

早速更新しまっせ


私はベランダから矢神くんちを除く。今更だが、両親は旅行でいない。
ドッタンバッタン!と盛大な音が聞こえる。

「うわ…これ近所から苦情来そうだなぁ…」

音が収まると、ベランダから矢神くんが顔を出す。

「モモ、桃花はどうだった?墨と白札は盗まれたが、一応なんとかなる。だが桃花はどうにもならないからな。」

「あのね、矢神くん…桃花は…あの…」

「なんだ?まさか盗まれたとか…」

「そのまさかなの…お風呂入っている隙に…」

「はぁ!?」

「ごめんね…」

「あぁ…明日問い詰めてみようか…」

矢神くんは言った。

続く

214:ブルースター:2017/09/16(土) 09:56 ID:i.s

ありがとう❗じゃあ敬語やめるね❗優衣ちゃんの小説いいね!続き気になる!

215:STORY:2017/09/19(火) 22:16 ID:aus

おひさしぶりでーす😁
ひさしぶりにのぞいたらいっぱいきてるー(≧∇≦)

216:優衣◆Ss:2017/09/20(水) 15:54 ID:FSw

お久


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS