少年陰陽師 〜幻絵巻・其の弐〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 1- 101- 201- ▼下へ
1:咲夜◆.M:2016/12/18(日) 18:56 ID:k2g

ついに始まりました、其の弐ですっ!

では改めて。

ここは、少年陰陽師が大好きな人が集まるところです!
内容としては、お話を書くのが主となりますが、絵を載せる・雑談などももちろん歓迎しております!
始めましての方も、大歓迎です!

それでは、『幻絵巻・其の弐』開幕です!

233:貴璃◆5s:2017/03/16(木) 22:57 ID:CjA

2人ともおめでとう〜!!
直接何かあげることは出来ないから、抱きしめて撫でてあげるね!
(っ´>ω<))ω<`)ギュッ♥
ヽ(・∀・*)ナデナデ

234:咲夜◆.M:2017/03/17(金) 16:23 ID:/12

今嬉しくて私の周りに花が飛んでる気がする…
貴璃〜!ありがとーーーう!(≧∇≦)

235:貴璃◆5s:2017/03/17(金) 21:09 ID:IVc

You're welcome (*´︶`*)

高校生活も頑張ろうね、咲夜!

236:霈瑠:2017/03/17(金) 21:39 ID:EyQ

咲夜おめでと〜!ところで僕のTwitterのID載せといた方がいいかい?

237:貴璃◆5s:2017/03/17(金) 21:46 ID:IVc

んー、フォローしたいし、知りたいかも…

238:貴璃◆5s:2017/03/19(日) 21:44 ID:IVc

霈瑠、杏のことフォローしてくれた?
天一がアイコンの人。まぁ、私だけど。

239:貴璃◆5s:2017/03/21(火) 07:46 ID:eZM

最近、誰も居ない気がする…

240:咲夜◆.M:2017/03/21(火) 14:35 ID:/12

わ、私が居ますよっ!書いてないけどっ!
母上からツイッターの許可下りずに、むしろ友達に聞いて秘密裏にやってしまおうかとか考えている咲夜さんがいますっ!( ̄^ ̄)ゞ

241:霈瑠:2017/03/22(水) 08:58 ID:EyQ

やぁ!久しぶり!

242:貴璃◆5s:2017/03/22(水) 17:30 ID:su6

さ、咲夜〜!!
霈瑠〜!!

そんなっ、お母様っっ!!お許しを!許可をくださいませ!!!

243:貴璃◆5s:2017/03/24(金) 12:10 ID:su6

貴璃、短編のほうで、がんばってきた…。
暫く戦闘不能…

244:霈瑠:2017/03/24(金) 12:36 ID:EyQ

お疲れさまです (*´∀`)♪

245:貴璃◆5s:2017/03/24(金) 17:56 ID:su6

その所為か、酷く狂ってます…

246:貴璃◆5s:2017/03/24(金) 20:34 ID:su6

(っ'ヮ'c)ファァァァァァァァァァァwwwwww

月苹と天一の方、どっちを読みたい…?

247:貴璃◆5s:2017/03/24(金) 20:34 ID:su6

書くならね…

248:貴璃◆5s:2017/03/25(土) 13:17 ID:su6

ただ今長野なりー!

スキーしたよー、疲れたー、もうやんなぁいー

249:貴璃◆5s:2017/03/25(土) 20:21 ID:su6

ENISHIあるでしょ?
あれの音を探して、弾けるようになったよー!
伴奏とかはもちろん無理だけど、メロディーは、合ってるかどうかはさておき似ている音は見つけたの!!

250:霈瑠:2017/03/26(日) 16:35 ID:EyQ

へ〜スキー行ったんだね!スキー楽しいけど1回スノボにも乗ってみたいな♪ところでENISHIとは?

251:貴璃◆5s:2017/03/26(日) 17:59 ID:su6

少年陰陽師の昔出たゲームの主題歌だよ!

良い曲だから、1度聴いてみて♪

252:貴璃◆5s:2017/03/26(日) 18:00 ID:su6

スキーは初心者でも割とすぐできるようになると思うんだよね…
スノボはね、両足固定だから転んだら起きるの大変だし、慣れるまでに大分かかると思う…

253:咲夜◆.M:2017/03/26(日) 23:31 ID:/12

ENISHI!『翼よいま…』のやつだよね!
音探したとか、凄い…!!
あれは好きだよ!
あと、アニメの歌達も好き…!!

254:咲夜◆.M:2017/03/26(日) 23:32 ID:/12

そして私、スキー経験皆無なのです…!!
スノボ経験も、皆無なのです…!!

255:貴璃◆5s:2017/03/27(月) 00:44 ID:su6

>>253 合ってるかどうかは分かんないけどね〜…

>>254 私は3歳の時からスキーやってるから、人並みには滑れるよ〜!!
お父さんが教えてくれたから、習ってるとかでは無いんだけどね

256:霈瑠:2017/03/27(月) 08:36 ID:EyQ

スキー小さい頃からやってるんだね!俺は小6くらいに始めたからまだあんまり経ってないんだよね…でも習ったりはしてないよ。

257:貴璃◆5s:2017/03/27(月) 08:38 ID:lFQ

>>256そうなんだ!私は長野に親戚みたいな人がいて、その人がゲレンデのすぐ横でホテルを営業してたから、そこに泊まらせてもらって、スキーもそのゲレンデでやってたの

258:匿名さん:2017/03/27(月) 23:20 ID:EyQ

ほ、ほほぉ…なんかいろいろと凄い…

259:貴璃◆5s:2017/03/28(火) 07:14 ID:lFQ

霈瑠、匿名さんになっとるよ!?

どうしたー!

260:咲夜◆.M:2017/03/30(木) 22:51 ID:/12

霈瑠が……匿名さんに…っ!!
名は一番短い呪だからねっ!
大切にしなければーーー!!

261:貴璃◆5s:2017/03/30(木) 22:54 ID:rog

そう、そうなんだ!

ていうか、こっちも小説書かなきゃなんだけどね…どうしよ、やる気ぷりーず!!

262:霈瑠:2017/03/31(金) 08:21 ID:EyQ

あれ!?本当だ…匿名になってる…でも匿名だったのによくわかったね笑 もうこんなミスはしないようにします(極力)結構おっちょこちょいなんで( ̄▽ ̄;)

263:貴璃◆5s:2017/03/31(金) 09:38 ID:rog

会話の流れとID的に霈瑠だった!o(`・ω´・+o) ドヤァ!

大丈夫、ここにいる子は大体皆おっちょこちょいだから😌

264:貴璃◆5s:2017/03/31(金) 11:24 ID:rog

(フォローになってないことに気付いた)

265:貴璃◆5s:2017/03/31(金) 21:41 ID:rog

皆ーーー!!
少年陰陽師の!発売が!されましたよ!!(本当は明日だけど…)
買いましたよ!!みんなも読んでね…!!

266:貴璃◆5s:2017/04/03(月) 22:57 ID:YLk

Twitterで國輝に壁ドンレクチャーしてきたよ!
(`・ω・´)キリッ
( ・ω・)و|壁ドン

267:\(0M0)/ ブレイド~キングフォーム ピピッ キック hoge:2017/04/03(月) 23:03 ID:kx2

あの…なるべく雑談は控えて下さい

268:貴璃◆5s:2017/04/03(月) 23:19 ID:YLk

>>267え、あ、ごめんなさい…?
あの、でも、この幻絵巻の主さんが、雑談もOKにしてると思うのですが…

傍から見ていて迷惑になっているなら控えます。ごめんなさい。
でも、関係ないところからここのことを知らずに自分の意見を言ってらっしゃるだけなら、そちらにも控えてもらえたらな、と思います。

偉そうにすみません、御注意ありがとうございました

269:\(0M0)/ ブレイド~キングフォーム ピピッ キック hoge:2017/04/03(月) 23:20 ID:kx2

>>268
こちらもどうもすいません。雑談するさいはhoge進行でお願いします。
上がってしまうと、他の迷惑になってしまいますので。
本当に申し訳御座いません

270:貴璃◆5s:2017/04/03(月) 23:27 ID:YLk

>>269御注意、御指摘ありがとうございました。
成程、発言すると上がってしまうんですね…。今初めて知りました。
これからは、なるべく気を付けますね。
皆様のご迷惑になっていたこと気付けずに申し訳ありません、ありがとうございました

271:貴璃◆5s:2017/04/04(火) 00:29 ID:YLk

さっき、雑談ばっかなの、良くないって言われたから、それについての議論スレ?のURLを載せておくね。
私、他の皆様の迷惑になってるの知らなかったから、ちょっとショック受けてるんだけどね、今後はなるべく気をつけようと思う…です。

皆もちょっと覗くだけ覗いてみてほしいかな…。
読むだけでも。

暫くは多分大人しくしてると思うので、宜しくです。
基本Twitterにはいますので。

http://ha10.net/debate/1491124818.html
↑雑談についての議論スレ

そんなわけで、暫くおしゃべり我慢して頑張ります!
いきなり長々とごめんね!

272:咲夜◆.M:2017/04/04(火) 01:20 ID:hUI

>>267>>269
ご指摘いただき、本当にありがとうございました。
二次創作に関わる話なら多少はいいかな、と考えていましたが、話が脱線してしまうことが多々、さらにそれを訂正できなかったというのもあり、迷惑をかけてしまっていたと知って申し訳なく思っています。
今後はスレの仲間と一緒に心がけ、控えていこうと思います。

>>271
貴璃、URL載せてくれてありがとう!
私も、頑張って小説の方を進めていきたいと思います!
Twitterも始められるように頑張る…

かなりの長文ごめんね!
切り替えて氷雨いきまーす!

273:咲夜◆.M:2017/04/04(火) 01:29 ID:hUI


ーーーー

安倍の邸で六合から報告を受けた晴明は、言葉を発することができないでいた。

ついに、見つけた。
だがそれは、『昌浩』ではない、と?


そして、氷雨。彼女は一体何者だ。
彼女の狙いは十二神将と安倍の一族なのだという。

神将だけなら分かる。今までも、その強大な力を求めて彼等を奪おうと試みた術者などはいた。
何故、安倍の一族をも狙うのか。
どこかで恨みを買ったのかとも考えたが、覚えがない。

どうしたものか。

複雑な思いを吐き出すように、晴明は溜息をついた。


ーーーー



氷雨の隣を歩いていたY陽は、ふと彼女の横顔を見て立ち止まった。

「ねえ、氷雨」

声を掛ければ、長い髪を揺らし、僅かにこちらに顔を傾ける。

「さっき十二神将に、『大切なものを失くした』『諦めきれない』って言ってたよね。神将達の大切なものって、なに?」

暫しの沈黙が降りた。Y陽の斜め上を見つめて、氷雨は口を開く。

「…さあ、な」

「あー、またはぐらかす!俺にはなんにも教えてくれないもんなー、氷雨は。…じゃあさ。氷雨にとって大切なものってある?」

楽しげに話していたが、聞いた瞬間に彼女の纏う雰囲気が変わったことに気がつき、Y陽は少し瞠目する。

漆黒と銀。二つの視線が交わった。

氷雨の瞳に捉えられ、動けなくなったY陽。
そんな少年に、彼女は僅かに目を細めた。



「……ああ、あったよ」


冷たい風が、二人の間をすり抜けた。


ーーーーー


これが前回の!自分自身この後どうしようと考えてたのか有耶無耶である……

274:咲夜◆.M:2017/04/04(火) 02:22 ID:hUI


陽が昇って暫く経ってからだろうか。
稀代の大陰陽師である父が、息子と孫、十二神将を自らの部屋へと招いた。

かなりの人数だったが、今回は仕方がない。
何人かが廂や簀子に移ることで妥協した。
騰蛇は物の怪姿となり、晴明の膝の上に乗っている。

「昌親とも話していたんですが、本当に見つかっていないんですか。その……昌浩、は」

「ああ。父上からなにも聞いていないから、恐らくは」

悔しそうに眉根を寄せた長兄、成親。
歳の離れた末っ子を、彼は心から大切にしていた。
その向こうを見やれば、昌親が。
唇を噛み、力なく視線を落としている。

あの子が消えてから、この家は、この家族は変わってしまった。
何も伝えられていない露樹だが、彼女は勘が良い。気持ちを察するのも上手いから、きっとなにかがあることに気づいてはいるのだろう。

重苦しい空気の中、晴明が口を開いた。

「……見つかった」

その途端、部屋がざわめく。

「父上、今なんと…!?
「それは本当なの!?晴明!」
「太陰、落ち着け。だが、確かに…」
「本当に見つかったのですか!?ならば、あの子は今どこに…!」

次々に上がる声を、晴明は左手で制した。
ふと冷静になれば、やけに静かな物の怪と、その傍に立っている六合、勾陣の様子が気になる。
胸騒ぎがする。嫌な予感しかしない。

そして、晴明の口から衝撃の事実が告げられた。

「しかし、『あれ』は最早、昌浩ではない」



___________

これなに!?
成親さんの口調分からん…!
吉昌さんの口調分からん…!
そして彰子と氷雨おらず…!
とてつもなく文章おかしい…!

いや、なにこれ!?

275:貴璃◆5s:2017/04/04(火) 08:18 ID:YLk

流石咲夜…。
私はシリアス書くのそんなに上手じゃないから、こんな風に魅力的な文を書けるの凄いと思う!

じい様も皆に言うの覚悟必要だったろうにね…。

276:霈瑠:2017/04/06(木) 22:46 ID:qB2

この霈瑠めに文才を分けてくださいませ(*・ω・)*_ _)ペコリ

277:貴璃◆5s hoge:2017/04/16(日) 16:25 ID:.IM

前に書いたの載っけとく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あの話し合いから半刻後。
昌浩は、物の怪とともに充てがわれた部屋にいた。

「…それにしてもさー」
「なんだ?」
「広いよね。ここ。建物や敷地もすごく広かったけど、部屋も一個一個が大きくない?」
「まぁなー。でも確か、この広さは神官共が巫女に合う建物を、ってことで何代か前に立て直したんじゃなかったっけか」
「え、そうなの?」
「おー。それで今の広さだ」
「へぇ…」

呆れ半分、感心半分といった様子で昌浩はほぅと息を吐いた。
なんだか無駄な気もするが、今日見てきた神官達の巫女への態度を見る限り、やりかねないとも思えた。

「まぁ、色々あるよね、うん」

1人納得してしきりに頷いている。
物の怪は面白そうにそれを眺めていたが、不意に耳をそよがせて入口の方を見た。
それと同時に戸を叩く音がした。

「昌浩様?少しよろしいでしょうか?」
「あ、巫女殿!どうぞ!」

月苹の声がして、慌てて昌浩は応えた。
月苹は、律儀に「失礼します」と言うと、静かに戸を開けて入ってきた。

「少しお時間よろしいでしょうか?大したことではないのですけど、私達同い年ですし、色々話せたらなぁっ…て思いまして…」

おずおず、という表現が合うだろうか。
上目遣いで、先程の凛とした大人な様子が隠れて、そこにはただの少女がいた。

「いいですよ。俺ももっくんも暇してましたし…」
「ありがとうございます!えっと、では敷地を案内しながらでも?」
「はい!是非!」

有難い申し出だ。
この広い敷地はずっと見てみたかったのだ。
昌浩は立ち上がった月苹に合わせて物の怪の首根っこを掴み、勢いよく立ち上がった。

「じゃあ、行きましょうか」
「はい!宜しくお願いします!!わぁー、楽しみだねぇ、もっくん」
「もっくん言うなっ!」

278:貴璃◆5s hoge:2017/04/16(日) 16:40 ID:.IM

「あ、そうだ」

ふと、昌浩が声を上げた。
それに対し、怪訝そうな顔で月苹が振り向く。

「どうなさいましたか、昌浩様?」
「同い年ですし、敬語はやめませんか!?」
「ふぇ?」

勢い込んで提案する昌浩に、きょとんとする月苹。
昌浩は、慌てて言い直した。

「あ、えっと、ほら、同い年ですから、敬語使うのなんか変だなぁって思いますし、俺も巫女殿と、友達になれたら嬉しいかなぁって…」

その言葉に、月苹は嬉しそうな笑顔を見せた。

「い、いいのっ!?」
「うわっ?」

目を輝かせて、年相応の、少女らしい笑顔を浮かべている。
何だか微笑ましい気持ちになって、昌浩も笑った。

「うん。だって、そっちの方が話しやすいし、友達になれたら、その方が楽しいでしょ?」
「…そ、そうねっ!わぁ…初めてのお友達だわ…!」

本当に幸せそうに、笑う。
もう、ただの『おんなのこ』にしか見えないくらい、幸せそうに。

「じゃあ私の事は、呼び捨てでね。私は、昌浩様の事はなんて呼べばいいの?」
「俺も呼び捨てでいいよ!宜しくね、月苹。一月だけだけど」
「ううん、とっても嬉しい!ありがとう、昌浩。宜しくね」

胸の前で両手を組んで、月苹は今日一番の笑顔を見せた。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まだまだ続くよ…

279:咲夜◆.M:2017/04/27(木) 18:26 ID:hUI

取り敢えず。

月苹可愛いです純粋です愛してます!!
そして貴璃も愛してます!!

なかなか来れなくてごめんね!
高校生活、最初はやっぱり難しい…!
時間あったら氷雨書くので、待ってて下さい…!!

280:霈瑠:2017/04/27(木) 19:40 ID:qB2

久しぶり!俺も今小説考えてるので待っててください!

281:もふもふ狐:2017/04/28(金) 00:32 ID:HmA

スーパー戻ってきたぜっ!

282:國輝:2017/04/28(金) 00:36 ID:HmA

もふもふ狐は國輝だよー!やっと来れた…!携帯も復活したし、今、修学旅行シーズンだから、忙しいけど(委員会とかもね)ちょくちょく来るので頑張れりますっ!あと、ごめんね。もう疲れすぎて、テンションおかしいんだ!!


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS