キャンディ短編劇場【自作&二次創作小説】

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 1- 101- 201- 301- ▼下へ
1:キャンディ◆ok:2016/12/20(火) 18:40 ID:7A6

こんにちは、キャンディです!

私はよく独り言板に短い小説を書いているんですけど、
その小説を小説板に書いて欲しいというリクエストをずいぶん前に親友がしてくれたんです!
なので、ココに書く事に決めました!

自作小説と二次創作小説のどちらも書くので、見てくれると嬉しいです!

271:キャンディ◆ok:2017/05/29(月) 21:20 ID:uf2

〜笑ってはいけないメビウスブライト替え歌シリーズ5 おいでよ!ビンスタオムライス〜


おそ松「オムライス!」

ソニック「そんなハイハイハイ〜オムライス〜きっとハイハイハイ〜ケチャップで〜♪
なにもかもが〜おいしくなる〜卵を受け止めて〜♪
だからハイハイハイ〜チキンライス〜きっとハイハイハイ〜うますぎる〜♪
輝いてる〜このビンスタ〜オムラ、オムライスに来て〜待って待って〜待ってます♪」

みんな「アッハッハッハッハ!www」

デデーン♪ 全員、OUT〜!

みんな「うわぁ、いった!!」(たたかれて)
スタン「最後ビンスタオムライスの宣伝になってたぞwww」
ソニック「オムライスと聞いたら、俺たちの店を思い出しちまうんだよwww」

ティー・ジェイ「しかも『オムラ、オムライス』のところが、
のび太の『チャーハ、チャーハン』みたいになってたしwww」(このシリーズの2話を参照)

スタン&のび太&ティー・ジェイ&ソニック「アッハッハッハッハ!www」

デデーン♪ マーシュ、野比、デトワイラー、ヘッジホッグ、OUT〜!

スタン&のび太&ティー・ジェイ&ソニック「うわぁっ!!」(たたかれて)

272:キャンディ◆ok:2017/05/29(月) 22:10 ID:uf2

〜Wふんわりレストラン3 後藤のために料理を…。〜


スタン「ん?あれはシュガーたちじゃないか…。なに話しているんだ?」
(近くにある木の後ろから、集まっているWふんわりレストランの店員たちを見ていて)

シュガー「ライトニング料理ってさ、すごいけど危ないよね…。」
ティー・ジェイ「うん、間違って食べちゃった人が出るかもしれないしな…。」
シュガー「そうだよね…。スタンくんにも話さなきゃ!」
スタン「!!……そうか、そんなに俺の料理が嫌いなんだな…。」(泣きそうになっては、走り去り)

ソニック「待てよ、あれは後藤限定の料理だろ?後藤のために腕を磨く事も大事だぜ!」
ティー・ジェイ「なるほど、そのためにはいっぱい練習しないとね!」
シュガー「確かにそうだね!みんなでスタンくんを探そうか!」
みんな「お〜っ!」

そして…。

スタン「いくら魔法が使えても、あんなふざけた料理を開発しちゃダメだよな…。」
シュガー「スタンく〜ん!」(走ってきて)
ティー・ジェイ&ソニック「スタ〜ン!」
スタン「お、お前ら…!どうしてここに…!?」
シュガー「ちょっとスタンくんにお話したい事があるの……。」

スタン「わかってる!!ライトニング料理が嫌いって話だろ!?
俺が調子乗ったせいだ!そんな俺は嫌われて当然なんだよ!
どうせこう言いたいんだろ!?ライトニング料理はんた〜いって!!」

シュガーたち「ううん!」(笑顔で首を横に振り)
シュガー「誰も嫌いだなんて言ってないよ!」
スタン「でも、さっき危ないって…。」
ティー・ジェイ「あ、もしかして聞いてた?w」

シュガー「あんな事言っちゃってごめんね!最初は危険かなって思っていたけど、
ソニックくんがアドバイスしてくれたの!」

ソニック「そうさ!後藤のために腕を磨いておく事が大切なんだぜ!だから練習しねぇとな!」
スタン「ソニック…!」(嬉し泣き)
ティー・ジェイ「料理だけじゃなく、スタンの魔法も強力になるかもしれないよ!」
シュガー「そうそう!だから泣かないで!」

スタン「ああ、サンキュー!これからもライトニング料理を作っていこうぜ!」
みんな「お〜〜っ!!」(グーにした片手を上げて)

273:キャンディ◆ok:2017/05/29(月) 22:43 ID:uf2

〜ミラクル☆コラボで学校あるある〜


レッド「出席取るぞ〜!悪咲ほのあ〜!」
ほのあ「はい元気です!」
レッド「飴川リア〜!」
リア「はい、元気です…。」

・出席を取る時の返事が「はい元気です」。


スタン「ブルー、トイレ〜!w」
ブルー「俺はトイレじゃねぇよ!」

・授業中にトイレ行く前、先生とこんなやり取りをする。


スタン「えー、おはようだぜ!えー、今日話す事はなぁ〜…。えー…。」

・先生の口癖が「えー」。

274:キャンディ◆ok:2017/05/29(月) 22:44 ID:uf2

〜ミラクル☆コラボで学校あるある2〜


スタン「へい!のび太が休みだから、ゼリーが1つ余っているぞ!」
ティー・ジェイ「あ、欲しい欲しい!」
ソニック「俺も俺も!」
レッド「おいおい!これは俺がもらうんだぞ!」
ティー・ジェイ&ソニック&レッド「最初はグー!じゃんけんポン!あいこでしょ!」
ソニック「よっしゃ〜〜!!」

・給食でデザートが余ると、じゃんけん戦争が始まる。


ルイス「行くよ〜!…えいっ!」(丸めたプリントを投げて)
ケビン「とおっ!」(ほうきでプリントを打ち)
クラブ「ちょっと男子!ちゃんと掃除してよ!」

・男子が掃除をサボる→「ちょっと男子ぃ。」と言う女子が出る。


ブルー「やる気ないなら帰れ!」
スタン「へ〜い。」(教室から出て行こうとして)
ブルー「おい、どこに行くんだ!」

・帰れと言ったのに、帰らせてもらえない。


みんな「ワイワイガヤガヤ…。」

しばらくして…。

みんな「シ〜ン…。」
ブルー「みんなが静かになるまで3分かかったぞ。」

避難訓練での先生は、静かになるまでの時間を計っている。

275:キャンディ◆ok:2017/05/30(火) 18:42 ID:uf2

〜笑ってはいけないメビウスブライト替え歌シリーズ6 最後のミライスタート〜


おそ松「ハンバーグ!」

レッド「そんなハイハイハイ〜ハンバーグ〜きっとハイハイハイ〜ケチャップで〜♪
なにもかもが〜かけたくなる〜ソースを受け止めて〜♪
だからハイハイハイ〜タマネギが〜きっとハイハイハイ〜ジューシーで〜♪
輝いてる〜このうまさで〜肉が肉が踊るの〜うまいうまい〜うまいよ〜♪」

みんな「アッハッハッハッハ!www」

デデーン♪ 全員、OUT〜!

みんな「いってぇ!!」(たたかれて)
スタン「タマネギがジューシーってどういう事だよwww」
ティー・ジェイ「肉が踊る…www」
のび太「ソースを受け止めてってwwwケチャップは一瞬しか出なかったよねwww」

レッド「俺はソース派だからな!wwwケチャップも俺も赤いけどよ!www」
みんな「アッハッハッハッハ!www」

デデーン♪ 全員、OUT〜!

みんな「うわぁ〜っ!!」(また、たたかれて)
おそ松「これでミライスタートは終了〜!このあと次の歌に行くからね〜!」
みんな「へ〜い!」

276:キャンディ◆ok:2017/05/30(火) 19:11 ID:uf2

〜笑ってはいけないメビウスブライト替え歌シリーズ7 食べないか〜


おそ松「次の曲は…きらりんレボリューション主題歌の『バラライカ』!」
ソニック「あ〜!あれだろ、あれだろ?」
スタン「そうそうそう!あれあれ!」
スタン&ソニック「やらないか?アッハッハッハッハ!www」

デデーン♪ マーシュ、ヘッジホッグ、OUT〜!

スタン&ソニック「いった!!」(たたかれて)
おそ松「しょっぱなから盛り上げるなよwwwじゃあ、スタンから行くぞ〜!……チョコバナナ!」

スタン「バナナイカ〜バナナナイカ〜バナナイナカイカイ〜このバナナは止められない♪
もっと〜バナナチック〜チョコスープレンレン〜ちょっと危険なバナナ〜♪
食べないか〜食べなないか〜食べないなカイカイ〜もう祭りで定番さ♪
もっと〜バナナチック〜チョコカケルヤ〜2人だけで食べないか♪」

みんな「アッハッハッハッハ!www」

デデーン♪ 全員、OUT〜!

みんな「あ〜、いたいっ!!」(たたかれて)
マリオ「もうツッコミどころが満載なんだけどwww」
ティー・ジェイ「一言で言えば、カオスだよねwww」

のび太「チョコスプレンレンwwwバナナイカwww」
スタン「なんか色々なワードができた気がするぜwww」

ソニック「最後絶対やらないかだろwww」
スタン「それを意識したんだぜwww」
レッド「やっぱりかwww」

277:かわた◆P2:2017/05/30(火) 19:18 ID:i3I

>>276
きらレボ懐かしいですね。

278:キャンディ◆ok:2017/05/30(火) 19:19 ID:uf2

>>277
そうですよね〜!www今も好きなので書いてみました!ww

279:ディアン◆Sw:2017/05/30(火) 19:58 ID:YXA

きらりんレボリューション見てたんですか!?僕は昔何回か 替え歌面白いです。最近キャンディさんを全然葉っぱで見かけてないんですが!?心配しました!
アクマーツを解散してからおそ松はもうてっきり皆と仲良しですね。

280:キャンディ◆ok:2017/05/30(火) 20:45 ID:uf2

>>279
アニメ自体見た事はないんですけど、小さい頃はキャラデザが好きでした!
そうなんですよ〜!仲直りしましたしね!

281:キャンディ◆ok:2017/05/30(火) 20:57 ID:uf2

〜パインとトワイライトスパークル〜


パイン「トワト〜!なにしてるの〜?」(走ってきて)
トワイライトスパークル「本を読んでいるのよ。」
パイン「そうなんだ〜!」

トワイライトスパークル「ええ、私の家は図書館なの。」
パイン「へぇ〜!すっご〜い!面白いのいっぱいある?」(目を輝かせて)
トワイライトスパークル「もちろんよ!どれも面白いわ!」

パイン「じゃあ、今度来てもいい?」
トワイライトスパークル「大歓迎よ!気に入った本があったら教えてちょうだい!」(微笑み)
パイン「やった〜!楽しみ〜!イェ〜〜イ!!」
トワイライトスパークル「うふふ、相変わらず元気ね!ピンキーみたいで可愛いわ!」

282:キャンディ◆ok:2017/05/31(水) 21:50 ID:uf2

〜Wふんわりレストラン4 兄弟とパフェ〜


???「こんにちは〜。」(店に入り)
シュガー「いらっしゃいませ〜!…って、あなたは!」
みるく「スタンさんの弟さん!」
本家スタン「どうも、兄ちゃんから聞いたから…。」(頭を下げ)

スタン「へい!呼んだかい?」
本家スタン「兄ちゃん!」
スタン「来てくれてサンキュー!なにがいいんだ?」
本家スタン「どんなのがあるの?」

スタン「チーズケーキとか、パフェとか、オムライスとかがあるぜ!」
本家スタン「じゃあ…パフェで!」
みるく「かしこまりました!少々お待ちください!」(みんなでキッチンに入っていき)

キッチンにて

ティー・ジェイ「ねぇスタン、今回もライトニング入れちゃうの?www」
スタン「入れるわけねぇだろwww俺の愛する弟なんだぞ?www」
シュガー「スタンくんは優しいから、弟くんにはそんな事しないよね!」

そして…。

ティー・ジェイ「お待たせ〜!」(パフェを運び)
本家スタン「ありがとう、いただきます!……おいしい!」
スタンたち「やった〜!」

本家スタン「これ、兄ちゃんたちが作ったんだよね?すごいよ!」
スタン「センキュー!…そうだ!ちょっと俺にもくれよ!www」
本家スタン「え〜www自分で作ったっていうのに?www」(と、言いながら、スプーンですくって一口あげて)

スタン「…あんま〜!こんな洋菓子初めてやで〜!w」
本家スタン「洋菓子ちゃうがな〜!今日日、スイーツやがな〜!w」
スタン「ススススイーツゥ〜?w」

シュガーたち「2人とも上手!www」
ビンス「兄と弟の立場が反対…www」
ソニック「まぁいいじゃないか!ここでも兄弟愛が見れたしよ!」

283:キャンディ◆ok:2017/05/31(水) 21:52 ID:uf2

>>282
反対じゃなかった、スマソ。

284:キャンディ◆ok:2017/06/09(金) 23:12 ID:El6

〜みんなで数学にツッコもう!〜


スタン「よく、工夫して計算しろっていう問題が出るだろ?
あれ正直言って、工夫したら逆にわかんなくね?」

のび太「仮分数、帯分数ってなに?分数は分数だよ?」

ティー・ジェイ「普通、花壇とかの面積は求めないだろ!」

マリオ「サラリーマンがルートで計算していたら、
『なにしてんの?』って逆に聞きたくなるんだけど…。」

ソニック「連立方程式で買い物するやつはいねぇよ!いたら逆におかしいわ!」

レッド「有理数とか無理数とかどうでもいいわ!数字は数字なんだからよ!」

おそ松「ルートとかなんの役に立つんだよ!」

285:スウガク:2017/06/10(土) 01:18 ID:eHY

ルートでやってる奴いるんだよなぁ…ルート便利だよ(経験者談)

286:キャンディ◆ok:2017/06/10(土) 12:28 ID:El6

>>285
そうなんですか!知りませんでした!
私はルート苦手なので…w

287:キャンディ◆ok:2017/06/11(日) 19:28 ID:El6

〜ハピネスタウン リアの悪口は言わせない!〜


パール「2人とも、選曲できましたか?」

ロキ「今、リアとじっくり考えているんだよ!!
リアは慎重だからせかすな!!」(リアと一緒に音響をやっていて)

リア「ロキくん、これはどうかな…?」(CDを見せ)

ロキ「流してみようか!(デッキにCDを入れて、曲を流し)
いいね、これ!このシーンにピッタリだよ!」(台本の一部分を指さし)

そして…。

ナンシー「では、ここでお別れね…。」(劇の練習をし)
ロキ「今だ!」(さっきの曲を流し)
みんな「なにこれ…?」
ナンシー「この音楽、ちょっとおかしくないかしら?」
ケイ「う〜ん…微妙だね…。」

ロキ「セリフの言い方が悪いんだよ!!
リアが考えてくれたんだから文句言うな!!」

288:キャンディ◆ok:2017/06/13(火) 19:30 ID:El6

〜メビウスブライトVSクッパ〜


マリオ「クッパ!今日も倒しに来たよ!」(やる気マンマンで)
クッパ「なぬっ!?もうここまで来たのか!?」
マリオ「うん!しかも今回は仲間もいるんだからね!みんな、集合!」
スタンたち「お〜〜っ!!」(走ってきて)

スタン「大きく広がったメビウスの輪!」
のび太「形はまさに∞(無限大)!」
ティー・ジェイ「永遠に続く友情で!」
マリオ「6つの炎を燃やせ!」
ソニック「光とともに輝いて!」
レッド「希望の道へ歩き出す!」
スタンたち「そんな我ら、6人そろってメビウスブライト!」

クッパ「なんだと!?いつの間にそんなチームが…!」
マリオ「へへん!メビウスブライトは永遠に不滅だからね!」
クッパ「くそっ…!こうなったらワガハイも呼んでやる!いでよ、我が息子!」

クッパジュニア「な〜に〜?…って、あっ!マリオたちだ〜!」
マリオ「おぉ〜!クッパジュニアじゃないか〜!」
スタン「お〜よしよしよし〜!w」(頭をなで)
ティー・ジェイ「もっとこっちおいでよ〜!」
クッパ「なんで息子とじゃれてんだよ!」

ソニック「だって、ちっちゃい子を見かけたら遊びたくなるだろ〜?」
のび太「クッパさんはいいな〜!こんな可愛い息子さんがいて!」
レッド「ああ、妻もどんなやつか気になるぜ!」
スタンたち「ワイワイワイ!ガヤガヤガヤ!」(ワーワー騒ぎ出し)

ピーチ「なんの騒ぎかしら…?あら、マリオじゃない!」(騒ぎを聞きつけて)
マリオ「やぁ、ピーチ姫!今、クッパジュニアと遊んでてさ!」
ピーチ「確かに可愛いわよね〜!私、クッパジュニアなら許せるわ!」
のび太「うんうん!小さい子って可愛いよね〜!」

クッパ「ワガハイも可愛がってくれるか…?」(頬を染めて近づき)
スタンたち「お前は黙れ〜〜!!」(ぶっ飛ばし)
クッパ「うわぁ〜〜っ!!」(ぶっ飛ばされては、床に頭をぶつけて目を回し)

クッパジュニア「アハハ、お父さんやられちゃったね♪」(ニコニコ)
クッパ「こら〜〜!!父親の不幸を見て笑うな〜〜!!」

289:キャンディ◆ok:2017/06/13(火) 19:30 ID:El6

これは私が学校で体験した話だよ!w


〜リセス 対とツイン〜

グレッチェン…理科の先生
ティー・ジェイ…私

グレッチェン「最初、染色体は2本対になって、つながっているのよ!
だけど、のちに分かれていくの!」(遺伝について話していて)

ティー・ジェイ「(対…?ツイ、ツイン…
スタン・ツイン・ライトニング!!)」(つい思い出してしまい)

やっぱり私の頭の中はミラコラでいっぱいだったw

290:キャンディ◆ok:2017/06/13(火) 19:50 ID:El6

〜サウスアフタヌーンラジオ49 カルロス登場!〜


カイル「こんにちは、カイルです!」
ブルー「ブルーです。」
レッド「へい、レッドだぜ!」
スタン「スタンだぜ!」

カイル「今回のゲストはカルロスです!」
カルロス「こんにちは〜!カルロスで〜す!」
スタン「へいカルロス!来てくれてサンキュー!」
カルロス「ううん!楽しそうだったから!」

レッド「確か、ビンスタオムライスにも来てくれたよな!」
カルロス「うん!また行きたい!」
スタン「喜んでくれて嬉しいぜ!いつでも待っているからな!」
カルロス「うん!」

ブルー「スタンから聞いたんだけどさ、君は病気だったんだっけ?」
カイル「あ〜!あれは僕もビックリしたよ〜!」
スタン「正直言って、俺もだ…。」

カルロス「あの時は辛かったよ…。でも!今はこうして遊べているんだから…!
ピップくんに…感謝しないとね…!」(ピップが生き返らせてくれたので)

レッド「そうだよな!俺と騒ごうぜ〜!!」
カルロス「うん!もちろんだよ!」
スタン「アハハッ!やっぱりみんなといた方がいいよな!」

カイル「本当は騒いでほしくないのに…。なぜかいつものように、うるさいって言えないな…。」
ブルー「俺もだよ…。微笑ましいっていうか…感動するっていうか…。」
カイル「とにかく、カルロスが戻ってきてよかったって思うよね!」

291:キャンディ◆ok:2017/06/13(火) 19:55 ID:El6

〜サウスアフタヌーンラジオ50 ついに放送50回突破!〜


カイル「こんにちは、カイルです!」
ブルー「ブルーです。」
レッド「へい、レッドだぜ!」
スタン「スタンだぜ!」

カイル「今回でなんと、放送が50回目となりました!」
ブルー「ここまで続けられたのは……。」
レッド「彼女たちのおかげだぜ!w」
ブルー「おい!!…失礼しました。みなさんのおかげで続ける事ができました。」

スタン「記念として、名場面集を紹介するぜ!」
カイル「名場面集はお正月の時に1回やったので、今回のも楽しみですね!」
レッド「ああ!俺と彼女はどんな事をしていたか振り返るぜ!w」
ブルー「彼女の事ばかり考えるなよ!」

スタン&カイル&レッド&ブルー「というわけで、どうぞ!」

292:キャンディ◆ok:2017/06/13(火) 20:00 ID:El6

サウスアフタヌーンラジオ 名場面集2

(1は、このスレの71〜79レスを見てみてくださいね!
http://ha10.net/ss/1477745489.html)


〜サウスアフタヌーンラジオ28 名場面集の紹介の後〜

ブルー「俺、ほとんど魔法使ってない?」
カイル「気にしないで!ココにいるハイテンションな2人組が悪いだけだから!」
スタン&レッド「ひでーなオイ!!」

カイル「みんな〜!これからもよろしくね〜!」
ブルー「来年も頑張ろうと思います!」
カイル「というわけで、みんなで言うよ!せ〜〜のっ!」
みんな「良いお年を!!」


〜サウスアフタヌーンラジオ29 お嬢様はツンデレ〜

ウェンディ「っていうか、どうしてカイルとブルーがココにいるのよ!」
カイル「と、特別にゲストとして呼んであげたんだからねっ!」
ブルー「そうそう。そこは感謝しろよ。」

スタン&レッド「ツンッデレ、スイッチ♪」
カイル&ブルー「うるさい!!」
レッド「お前らもっと素直になれよ〜!ww」
ウェンディ&ぶどう「私(わたくし)はいつだって素直よ!!」

スタン「ウソつけ〜!本当は騒ぎたいんだろ〜?ww」
レッド「カイるんも、ブルりんも、グレープンも、ウェンちゃんも!www」
カイル&ブルー&ウェンディ&ぶどう「だからその呼び方はやめて(やめなさいよ)!!」


〜サウスアフタヌーンラジオ30 お正月スペシャル〜

レッド「へい彼女たち!今日は俺と初詣に行こうぜ〜!」
ブルー「行く気になれねぇよ!!」
スタン「俺に年賀状くれるよな〜?」
ブルー「あげねぇよ!!」

カイル「どうする?また眠らせる?」
ブルー「いや…今回は別の方法で黙らせよう。えいっ!」(魔法で餅を2個出し)

スタン&レッド「センキュー!」
ブルー「部屋で食べろよ?」
スタン&レッド「へいへ〜い!」(スタジオを出て行き)

カイル「はぁ…やれやれ。スペシャルでのブルーの魔法は、初めて見るのばかりだよ!」
ブルー「スペシャルだけに?ww」
カイル&ブルー「アハハハハ!www」

293:キャンディ◆ok:2017/06/13(火) 20:05 ID:El6

〜サウスアフタヌーンラジオ31 野生児と恐竜〜

ブルー「おいレッド!なんでゲストをこいつにしたんだよ!」
レッド「面白いだろ〜?ww騒ごうぜ〜!」
ブルー「いや全然騒ぐ気になれないから!」
カイル「それに面白くないし!」

パパイヤ「ゲストはおいらだけじゃないぞ!」
ブルー「えっ?誰?……な、なんだ?」(足音が聞こえてきて)
パパラン「ガァ〜〜ッ!!」
スタン&レッド&カイル&ブルー「うわああああっ!!」
パパイヤ「こいつはパパランだ!」

レッド「うまそう!この恐竜食いたい!」
カイル「なんで食べんの!?」
ブルー「ウソだろ…?恐竜はずいぶん昔に絶滅したはずじゃ…。」
スタン「タイムスリップでもしたんじゃね?www」
ブルー「いやそれはないよ!」

カイル&ブルー「ウビーブプシバターブンシロボー!!」(魔法でロボットを作り)
レッド「おいなんかゲームみたいなのが始まったぞwww」
スタン「ロボット対恐竜…www」
パパイヤ「新しいエサだ〜!」(パパランに乗り)
パパラン「ガァ〜〜ッ!!」(ロボットの所へズシズシ近づいて)
カイル&ブルー「はぁっ!!」(魔法でロボットを操り、攻撃させ)
パパイヤ&パパラン「うわあああああっ!!(ガアアアアッ!!)」
スタン&レッド「すっげぇ〜!!」


〜サウスアフタヌーンラジオ32 スタジオはパーティー会場〜

メアリー「…あ!そうそう!お菓子持ってきたんだ!」(お菓子を持ち)
カイル&ブルー&シャルル「はぁ!?」

シャルル「あれほど言ったじゃない!遊ぶ所じゃないって!」
メアリー「え〜〜っ!?私はただスタンとデートしたかっただけだよ〜!」
カイル&ブルー&シャルル「だから遊び場じゃないって!!」
スタン&レッド「お菓子食っていいか?」
ブルー「食うな!」
メアリー「いいよ〜!一緒に食べよ〜!」
ブルー「いいのかよ!」

スタン「俺はお菓子好きだけど、メアリーも好きだぜ☆」(ウインク)
カイル&シャルル「だから浮気しないでって!」
メアリー「私もスタン大好き〜♪」
ブルー「本当になんなんだよ!真面目にやってくれ〜〜!!」(頭を抱えて)


〜サウスアフタヌーンラジオ33 癒しの常識人登場!〜

レッド「へい!そこのゼリートルマン!また来てくれてサンキューだぜ!」
ブルー「だからゼリーじゃないって!」
ピップ「いえいえ!レッドさんはゼリーが好きなんですね!」
カイル「またゼリーの話!?」

レッド「あ〜!プリンもうめぇよな〜!」
カイル「今度はプリンの話になっちゃった!…まぁ僕もプリン好きだよ。」
スタン「あ、カイルが乗っかったぞwww」
カイル「うるさい!!」

ピップ「パパイヤくんを嫌うのはやめてください!!」(机を両手で「バン!!」と叩いて席を立ち)
スタン&レッド&カイル&ブルー「!?」
ピップ「パパイヤくんがいなくなってしまったら、戦いごっこができないじゃないですか!!」
カイル「だからあれは遊びじゃないって!何回言ったらわかるの!?」

ピップ「それに、カイルくんたちの魔法も見れませんし…。」(両ひざと両手をついて悲しそうに)
カイル&ブルー「喜んでいいのか悪いのか…。」(ジト目)

294:キャンディ◆ok:2017/06/13(火) 20:10 ID:El6

〜サウスアフタヌーンラジオ34 魔法使いたちは大騒ぎ!〜

ブルー「…あれ?あみさは?」
あみさ「フェイス!」(後ろで天井から顔を出すと、なにかの魔法をかけ)
スタン&レッド&カイル&ブルー&ここあ「えっ…!?」(後ろを振り向いたが、いなくなっていて)
ブルー「…気のせいだよね。」
スタン「アッハッハッハッハ!なんだよその顔はwww」(みんながあみさの顔になっていて)
レッド「そう言うスタンだって顔が変だぞwwww」

スタン&レッド「お前の顔をキレイにしてやる〜!」(カイルにズンズン近づいて)
ブルー「カイル!」
カイル「えぇ〜い!!カイル・ブラスト!!」
スタン&レッド「うわあああああ!!」
ここあ「どうせなら、あみ姉もこらしめて欲しかったな。」


〜サウスアフタヌーンラジオ35 まさかのキャラ崩壊!?〜

スタン「こ、こんにちは…スタンです…。」(内気になっていて)
カイル「今日も僕は美しい…。」(ナルシストになっていて)
レッド「みんなどうしちゃったの!?」(常識人になっていて)
ブルー「そんな事より女装したい。」(女子力が高くなっていて)
ザクロ「待ってろよ俺の彼女〜!」(チャらくなっていて)
ビワ「キュートなビワだよ〜!」(ぶりっ子になっていて)
レッド「イヤだよこんなの!誰か戻してよ!」

カイル「慌てるな、レッド…。僕の魔法で君をイチコロにさせちゃうよ?」
(親指と人差し指を立てた手をレッドに向けて)

ビワ「私だって、あなたのハートを打ち抜いちゃうんだから!」
ザクロ「お前らも騒ごうぜ〜!」
レッド「全然騒ぐ気になれないよ!」
ブルー「ふふふ、意外と似合ってるかも…。」(女装した姿を鏡を見ていて)

カイル&ビワ「君のハートにバッキュ〜ン!(あなたのハート、ズッキュ〜ン!)」(スタンに指でバッキュンと撃ち)
スタン「やめて!怖いよ!」
レッド「もう本当に誰か助けて〜〜〜!!」


〜サウスアフタヌーンラジオ36 まさかのキャラ崩壊!?後編〜

ビワ「レッドにズッキュ〜ン!」(レッドに体当たりし)
ザクロ「待てよ、俺の彼女!」(ビワに体当たりし)
レッド「うわあっ!」(ビワにぶつかったせいで、魔法の書を投げてしまい)
ブルー「他のスカート履いてみるか。えいっ!」(魔法でクローゼットを出し)

レッド「待って〜!…ええっ!?」(飛んでいった魔法の書の前にクローゼットが出てきたので、
魔法の書とクローゼットがぶつかってしまい))

ブルー「レッド、そんな事してもクローゼットは開かないよ。」
レッド「知ってるよ!!そんな開け方しないから!!」
ブルー「でも、開けようとしてくれたんだね。ありがと。お礼に魔法かけてあげる!」(ウインク)
レッド「なんでそうなるの!?まあ助かるからいいけどさ!」
ブルー「どんな魔法がいい?また眠らせるのもオッケーだよ。」(パラパラめくり)
レッド「それ全然オッケーじゃないから!この状況を元に戻してよ!」

ブルー「ああ、そういう事ね。いいよ。
周りを混乱させる悪魔よ、消え去れ!ブルー・レストレーション!」(周りが光って真っ白になり)

スタン「おい見ろよwwブルーがスカート履いてるぜww」
ブルー「うわぁっ!!見るな!」(恥ずかしそうに顔を真っ赤にして)
みんな「アッハッハッハッハ!」
レッド「(やっぱり俺たちはこうでなくちゃな!)」

295:キャンディ◆ok:2017/06/13(火) 20:45 ID:El6

〜サウスアフタヌーンラジオ37 ゲストをイヤがる局長〜


キャンディ(コメットタウン)「あれ?カイルくんとピップくんは?」
スタン「あ〜wwちょっとあいつらには事情があってな…www」
キャンディ「そっか〜!」

カイル「さっきからイヤだって言ってるじゃん!」(スタジオのドアの外側にいて)
ピップ「仲良くするって約束しましたよね!?」

ブルー「局長がゲストに引っ張られてるよwww」
キャンディ「面白いねwww」

ピップ「ピップ・フルスト…。」
カイル「あ〜〜!!もうわかったよ!!」(しぶしぶスタジオに入り)
キャンディ「あ、来た!」
ブルー「ピップ、お疲れ様。」
ピップ「ありがとうございます!」

カイル「……。」(キャンディから目をそらしながら席に座り)
ピップ「なんですかその目は!!」(座りながら注意し)
キャンディ「2人とも大変だね!アハハハハ!」
ブルー「そうだね…。」(苦笑い)


〜サウスアフタヌーンラジオ38 3兄妹の愛〜

ブルー「…っていうか、スタンに妹いたんだね…。弟は知ってたけど。」
レッド「へい彼女!今日は俺と騒ごうぜ〜!」
ブルー「幼い女の子にもナンパするんだな、お前。」
ステラ「もちろん騒ぎた〜い!」
本家スタン「俺も!」
カイル「お、弟くんまで!?珍しいなぁ〜…前まではイヤがっていたのに…。」

本家スタン「レッドは兄ちゃんの友達だから、騒がないわけにはいかないよ。」
ステラ「ステラも〜!」
スタン「ヒュー!さすが俺の弟と妹だぜ!」
ブルー「これが兄妹愛か…。」
カイル「なんか泣けちゃうよ…。」


〜サウスアフタヌーンラジオ39 スタレドは放送事故の原因?〜

スタン&レッド「遅刻だ〜〜っ!!」(ほうきにまたがりながらスタジオのドアをぶち壊し)
カイル「うわぁっ!!」
ブルー「おい普通にドアを開けて入ってこれないのか!?」
スタン「待たせたな!」
レッド「セ〜〜ッフ!」(両手を広げ)
ブルー「話聞けよ!しかもアウトだし!」

スタン「デデーン♪スタン、レッド!アウトー!」
カイル「うるさい!!」(スタレドの尻をバットで叩き)
レッド「ノリノリだな、カイル!」
ブルー「いいから早く席につけ!これ以上騒いだら、放送事故とするからな!」
レッド「ラジオは騒がないとつまんないだろ〜?ww」
カイル「ここは騒ぐ所じゃないから!カイル・リーフトルネー…。」

レッド「レッド・ソレイユ・フレア!!」
カイル「うわあああ!!」

ブルー「カイル!!お前ふざけやがって…!」(「ピーンポーンパーンポーン♪
しばらくお待ちください。」というアナウンスを流すと、席を立ってレッドの所に行き)

296:キャンディ◆ok:2017/06/13(火) 20:48 ID:El6

〜サウスアフタヌーンラジオ40 フレッシュフラワーパラダイスとサウスアフタヌーン〜

メアリー「メアリーだよ〜!一緒に遊ぼうよ〜!」
シャルル「だから遊ぶ所じゃないって言ってるじゃない!」
レッド「へい彼女!今日は俺と騒ごうぜ〜!」
シャルル「話聞いてるの!?」

スタン「へいお前ら!来てくれてサンキューだぜ!」
メアリー「いえいえ〜!スタンのためにお菓子持ってきたんだ〜!」
ザクロ「ここはパーティー会場じゃねぇんだよ!!」
スタン「うめぇなオイ!」(食べていて)
メアリー「おいしいね!」(こっちも食べていて)
ザクロ「だから話聞けって!!」

パパイヤ「おいらのエサ〜…!」(ブルーを見つめていて)
ブルー「やめろよ!こっち来るな!」
みんな「ブルー!!」
スタン「行くぞ、お前ら!」

スタン&レッド&カイル&ブルー&ザクロ「インサニティ・メイルシュトローム!!」
パパイヤ「うわあああああ!!」
メアリー「面白〜い!」
シャルル「どこが面白いのよ!」


〜サウスアフタヌーンラジオ41 のび太登場!〜

スタン「今日の俺もドラえもんっぽいか?」
のび太「うん!」
カイル&ブルー「どういう意味!?」

のび太「そうそう!ドラ焼き持ってきたんだ〜!」(ドラ焼きを出し)
スタン「ヒュー!うまそうだな!」
レッド「食おうぜ食おうぜ!」
カイル「なんで持ってくるの!?」
ブルー「ここは遊ぶ所じゃないから!」
スタン&レッド「うめぇな!」(食べていて)
のび太「アハハハハ!」(ドラ焼き食べながらマンガを読んでいて)
カイル&ブルー「話聞いてた!?」

レッド「3人そろって三原色!イェ〜イ!」
カイル「うるさい!!」

のび太「はぁ〜…宿題イヤだなぁ〜…。」
スタン「宿題?そんなの必要ねぇ!宿題なんかこうだ!スタン・ライトニング!!」
のび太「すっご〜い!」
スタン「センキューのび太!宿題とテストは俺らの敵だぜ!」
のび太「そうだそうだ!」
ブルー「勉強ぐらい真面目にやれ!」


〜サウスアフタヌーンラジオ42 またまたこのは登場!〜

ブルー「カイル、それ以上言ったらキャンディがかわいそうだよ。」
カイル「ブルーには関係ないでしょ!」
ブルー「あるよ。みんな、キャンディの友達だもん。」
カイル「ふん!正直、二度とあいつラジオに呼びたくない。…っていうか、来ないで欲しい。」

スタン「てめぇ!!キャンディの悪口を言うんじゃねぇ!!」(席を立ち)
カイル「スタンの事じゃないから、口出しする必要ないでしょ!カイル・ブラスト!!」(こっちも席を立って)

スタン「やめろ!!(手を広げてこのはの前に立ち)
…うわあああああ!!」(攻撃に当たって倒れ)

このは「スタン!」(スタンの体を揺らし)
レッド「このはも大丈夫か!?」(スタこのの近くに行き)
カイル「くっ…!」(スタジオを出て行こうと走り出し)
ブルー「待て、カイル!」(走って追いかけ)

297:キャンディ◆ok:2017/06/13(火) 20:50 ID:El6

〜サウスアフタヌーンラジオ43 ザクシャル登場!〜

スタン「へいお前ら!来てくれてサンキュー!恋はうまくいってるか〜?www」(ニヤニヤ)
ザクロ「うるせぇ!恋には興味ないって言ってるだろ!!」
シャルル「そうよ!私とザクロは普通の友達よ!」
レッド「なんでだよ〜!wwお似合いだって前から言ってるじゃないか〜!ww」

スタン「行くぞ、レッド!つ〜き〜あえ!つ〜き〜あえ!」(手拍子し)
レッド「つ〜き〜あえ!つ〜き〜あえ!」(こっちも手拍子し)
スタン&レッド「つ〜き〜あえ!へい!つ〜き〜あえ!へい!つ〜き〜あえ!へい!」(ノリノリで手拍子し)

カイル「うるさ〜〜い!!行くよ、ブルー!ザクロ!」
ブルー&ザクロ「うん!(ああ!)」
カイル&ブルー&ザクロ「プラチナム・クレセント!!」
スタン「スタン・シールド!!」(魔法陣で防御し)
ブルー「ああっ…くそっ…。」

レッド「やるじゃねぇか、スタン!」
スタン「センキューレッド!2人の恋を邪魔するやつは許さないぜ!」
ザクロ&シャルル「嬉しくない!!」


〜サウスアフタヌーンラジオ44 またまたれもめろ登場!〜

ブルー「言わせてもらうよ!君はこの子といて嫌いになったりしないの?」(めろんに耳打ちし)
めろん「嫌いじゃないわ。友達だもの。」
れもん「なにコソコソ話してるんですか?気持ち悪いですね。」

スタン「ツンデレにしか見えねぇwww」
レッド「そうだなwwwツンデレ女子は初めて見たぜ!男子ならそこにいるからな!ww」(カイブルを指さして)
ブルー「だから俺たちはツンデレじゃねぇって!黙らせてやろうか!?」(魔法の書を取り出して)
めろん「あ!魔法の本だ!」
ブルー「覚えてくれて嬉しいよ。そんなに魔法使いが好きなんだね。」

スタン「ん?フレッシュワールドのみんなは魔法使えるハズだぜ?
つまり、めろんも魔法使いだから、魔法使いが魔法使いに憧れるのは変じゃないのかって…。」

カイル&ブルー「それ言っちゃダメ〜〜ッ!!」


〜サウスアフタヌーンラジオ45 ティー・ジェイ登場!〜

ティー・ジェイ「マリオたちも来てくれたらよかったのに…。」
カイル「メビウスブライト全員呼ぶ気!?」
スタン「そうさ!そうすれば、もっと騒げるだろ?」
カイル&ブルー「だから騒ぐなって!」

ティー・ジェイ「遠慮しないでよ!ツンッデレ、スイッチ♪」
ブルー「なんで知ってんの!?」
スタン「俺が教えたのさ☆」(ウインク)
カイル「いつの間に…!?」
ブルー「ふざけんなよ!!」

スタン「広めた方がいいぜ?ブルーもあっという間に人気者さ!」
レッド「流行語大賞を目指そうぜ!」
ティー・ジェイ「お〜っ!」
カイル&ブルー「目指さなくていいよ!」

298:キャンディ◆ok:2017/06/13(火) 20:53 ID:El6

〜サウスアフタヌーンラジオ46 カイルに応援を!〜

ブルー「今日は緊急の話をします。」
カイル「おそ松さんたちに僕の趣味を笑われました…。」
スタン「犯人の六つ子は今も逃走中だぜ!」
レッド「そこで彼女たちにお願いがあるんだ!」

ブルー「彼女って言うのやめて。マジメな話してるんだから。
失礼しました。カイルの応援をしてくれる人を募集しております。」

スタン「その名も『カイル応援団』!入りたいやつはカートマンに言うといいぞ!」
カイル&ブルー「みなさんのご協力、お待ちしております。」


〜サウスアフタヌーンラジオ47 久しぶりに放送〜

カイル「みなさん、お久しぶりですね!」
レッド「へい彼女〜!元気にしてたか〜?」(手を振り)
スタン「めっちゃ久しぶりだなwww今までなにしてたんだよwww」

ブルー「お前がメビウスブライトの所に
行ってばかりだったからできなかったんだよ!!」

スタン「サーセーン!サンセット!www」
ブルー「ふざけるな!!」
カイル「レッドもメビウスブライトに入っているんだよね?」
レッド「そうさ!楽しいぞ〜?www」
ブルー「お前の感想はどうでもいいから!」

カイル「…というわけで、またゲストが来てくれたら嬉しいです。」
ブルー「待ってます。」
スタン&レッド「みなさんにスタン様からのお恵みが届きますように!ww」
カイル&ブルー「変な事言わないで!!」


〜サウスアフタヌーンラジオ48 やすなとソーニャ登場!〜

ブルー「本当に…レッドがごめん…。」
ソーニャ「ああ、お前も大変そうだな…。」
スタン「おいそこ!なに気が合っているんだよ〜!www」(ニヤニヤ)
ブルー「うるさい!!」

カイル「ここは性格が似ている人いっぱいいるよね。」
スタン「は?www急にどうしたんだよwww」
カイル「ブルーとソーニャちゃんも似ているし、スタンとレッドとやすなちゃんも似ているからさ…。」
やすな「確かにそうだよね!不思議〜!」
レッド「な〜!ミラクルタウンは不思議な世界だぜ!www」

スタン「なぁカイル、『僕と似ている人はどうせいないだろう。』って思ってないよな?」
カイル「べ、別にそんなんじゃないよ!!」
やすな「大丈夫大丈夫!私たちがいるから!」
カイル「あ、ありがとう…。」(頬を染めて)

スタン&レッド&やすな「あ、デレた!www」
カイル&ブルー&ソーニャ「うるさい!!」


〜サウスアフタヌーンラジオ49 カルロス登場!〜

レッド「確か、ビンスタオムライスにも来てくれたよな!」
カルロス「うん!また行きたい!」
スタン「喜んでくれて嬉しいぜ!いつでも待っているからな!」
カルロス「うん!」

ブルー「スタンから聞いたんだけどさ、君は病気だったんだっけ?」
カイル「あ〜!あれは僕もビックリしたよ〜!」
スタン「正直言って、俺もだ…。」

カルロス「あの時は辛かったよ…。でも!今はこうして遊べているんだから…!
ピップくんに…感謝しないとね…!」(ピップが生き返らせてくれたので)

レッド「そうだよな!俺と騒ごうぜ〜!!」
カルロス「うん!もちろんだよ!」
スタン「アハハッ!やっぱりみんなといた方がいいよな!」

カイル「本当は騒いでほしくないのに…。なぜかいつものように、うるさいって言えないな…。」
ブルー「俺もだよ…。微笑ましいっていうか…感動するっていうか…。」
カイル「とにかく、カルロスが戻ってきてよかったって思うよね!」


〜サウスアフタヌーンラジオ50 ついに放送50回突破!〜

カイル「今回でなんと、放送が50回目となりました!」
ブルー「ここまで続けられたのは……。」
レッド「彼女たちのおかげだぜ!w」
ブルー「おい!!…失礼しました。みなさんのおかげで続ける事ができました。」

スタン「記念として、名場面集を紹介するぜ!」
カイル「名場面集はお正月の時に1回やったので、今回のも楽しみですね!」
レッド「ああ!俺と彼女はどんな事をしていたか振り返るぜ!w」
ブルー「彼女の事ばかり考えるなよ!」

スタン&カイル&レッド&ブルー「というわけで、どうぞ!」

299:キャンディ◆ok:2017/06/13(火) 20:57 ID:El6

〜サウスアフタヌーンラジオ51 名場面集2の紹介後〜


カイル「いかがでしたか?」
スタン「神回多くね?www」
カイル&ブルー「自分で言っちゃう!?」

レッド「やっぱり彼女たちが来てくれたおかげだよな!」
ブルー「来たのは君の彼女だけじゃないよ!」
カイル「それに、男子もちゃんと来たし!」

スタン「まぁまぁ!これからも頑張って続けようぜ!」
カイル「そうだね!みんな、応援よろしくね〜!」
レッド「ゲストとして来てくれると嬉しいぜ〜!」
ブルー「というわけで、今後もよろしくお願いします!」

スタン「みなさんにスタン様からのお恵みが届きますように!!」

300:キャンディ◆ok:2017/06/13(火) 22:28 ID:El6

☆300☆

今日、学校で昼にあった出来事だよ!


〜ハピネス小学校 昼食の時間に恋バナ〜

アキ…私
エミ…同じクラスのKちゃん
ルナ…同じクラスのNちゃん
ティー・ジェイ…好きな人のHくん

ティー・ジェイ「これから、お昼の放送を始めます!」(放送委員なので)
アキ「(あ、ティー・ジェイだ!)」(お弁当を食べていて)

エミ「……なんだよね?」(ルナとなにかの話をしていて)
ルナ「そうそうそう!」
エミ&ルナ「うふふふふ…!w」

エミ「アキちゃん、アキちゃん!」
アキ「なに〜?」(エミとルナに顔を向けて)
エミ&ルナ「………青春だね!」(笑顔で)
アキ「えっ!?」(顔を真っ赤にし)
エミ「顔赤いよ〜!w」

ルナ「修学旅行の時のアキちゃん可愛かったよね!w
『キュ〜ン!』ってなっててさ…!w」(「キューン!」で机に伏せて)

そんな2人は、私の恋を応援してくれました!w

301:キャンディ◆ok:2017/06/18(日) 12:56 ID:El6

〜リミカリはどうやって双子だと知るのか考えてみた!〜
(勝手に考えてごめんね!)


パターン1

カリン「ねぇリーミ、どうしてそんなに私を助けてくれるの…?」
リーミ「あったりまえじゃん!『昔から』お互いに助け合っていただろう?」
カリン「えっ…!?どういう事…!?」

リーミ「覚えてないの?僕たち、双子なんだよ?」
カリン「言われてみれば、私…リーミの事に見覚えが…!」


パターン2

カトレア「あなたたちは…双子だったのよ。」
リーミ&カリン「ええっ!?本当!?」

カトレア「ええ、あなたたちが幼い頃、私が育てていたの。
だけど…誘拐されたところを助けてから、離すようになってしまったの。
あんな事をしてごめんなさい…。」

リーミ「いいんだよ!今はこうして遊べているんだからさ!」
カリン「そうだよ!だから元気出して!」

302:キャンディ◆ok:2017/06/18(日) 12:57 ID:El6

〜いくらオバケでも友達は友達!〜


テレサ「ルイージマンションの時はよくもやったな…。」
ルイージ「うわぁ〜〜っ!!来ないで〜〜!!」
キャンディ「ルイージ!」
マリオ「どうしたの?」

ルイージ「助けて、2人とも!そこの掃除機でテレサを吸い込んでほしいんだ!」
(近くにあるオバキュームを指さして)

キャンディ「……テレサは吸いたくない…。」(小さい頃からマリオパーティーでテレサを使っていたので)
ルイージ「なんで〜!?だったら兄さんが吸って……。」

キャンディ「お願い!!テレサは吸い込まないであげて!!」(泣きながら走り去り)
マリオ「ああっ、ちょっと、キャンディちゃん!」(走って追いかけ)
ルイージ「ちょ、ちょっと待って!!僕を1人にしないでぇぇぇ!!」(泣きそうになり)

303:キャンディ◆ok:2017/06/18(日) 12:58 ID:El6

〜ミラクル☆コラボで某ハンバーガーショップのCMパロ〜

※キャラ崩壊注意!


メルティ「スタ!スタ(弟)!ステ!」
スタン&本家スタン&ステラ「キェェェアアアシャベッタァァァ!!」

ぴんく「やっほ〜、みんな〜!」
いちご「マタ シャベッタァァァ!!」
カイル&バブルス「キェェアアアアア!!」

スタン「イエェェイ!!ジャ〜スティ〜ス!」
メルティ「アハハッ!ジャッティ!」
スタン&本家スタン&ステラ「キェェアァァァ!!」

ぴんく「じゃじゃ〜ん!アニマルワールドへようこそ〜!」
いちご&カイル&バブルス「キェェェアァァァァ!!」

ハッピーセットにミラクル☆コラボ!金曜から!

みんな「キャァァァァァ!!」

土日はこれも! I'm lovin'it!

304:キャンディ◆ok:2017/06/18(日) 13:01 ID:El6

〜パワーパフガールズとぴんく〜


バブルス「ブロッサム、バターカップ!このうさぎ、しゃべるんだよ!」
ブロッサム「そうなの?」
バターカップ「本当に?」

ぴんく「こんにちは〜!ぴんくで〜す!」
バブルス「ほらね!」
ブロッサム&バターカップ「キェェェアァァシャベッタァァ!!」

なんとなくやらせたかったので意味はないよwww

305:キャンディ◆ok:2017/06/18(日) 13:01 ID:El6

〜メイヤスキー家(私の家)で本当にあった話〜

スタン…私の母
本家スタン…私の姉
ステラ…私

本家スタン「ステラの背って、俺と同じぐらいだよね…。」
スタン「ステラ、またでっかくなったな!」
ステラ「うん!」

本家スタン「ちぢめ!」(背伸びして)
ステラ「……。」(しゃがみ)
スタン「wwwww」

ステラ「あ〜あ、コナンの薬が飲みたいな〜…。」
スタン「えっ!?飲んだら小学1年生に戻っちまうぞ!?」
ステラ「その方がいいもん!お兄ちゃんを抜いちゃうなんてイヤだもん!」

スタン「あのな、下のやつが大きくなるのが普通なんだぜ?w」
ステラ「だからルイージさんも大きいんだね…。」

306:キャンディ◆ok:2017/06/19(月) 22:57 ID:El6

〜裏切り系でありがちな事〜


主人公(以下スタン)がとある学校に転校してくる。

女子たち「かっこいい!」
男子たち「すっげぇ〜!」

悪女(以下ウェンディ)「あいつさえいなければ…!」

ウェンディ「スタン、裏切り者になってちょうだい♪」(カッターを出して)
スタン「…は?」
ウェンディ「キャアアアア!!」

みんな「どうしたの!?」
ウェンディ「スタンが私にカッターを…。」
スタン「はぁ!?」

るる「スタンひど〜い!」
カイル「最低だよ、君は…。」

307:キャンディ◆ok:2017/06/19(月) 22:57 ID:El6

〜ミラクル☆コラボで意味がわかると怖い話パロ パーティーで…。〜


※カイルの誕生日パーティー中

リーミ「せっかくだから写真撮ろうよ!」
カリン「わ〜…!それいいね!」
カイル「撮りた〜い!」

リーミ「よし、じゃあ行くよ〜!3、2、1!」(タイマーセットして、みんなで並び)

パシャッ!

リーミ「できた〜!」
カリン「…ん?なに、これ…?」
リーミ&カイル「どうしたの?」
カリン「後ろの押入れに誰かがいる…。」(写真を指さして)

リーミ「やっば!ちょっと見てもらわないと!」
カイル「そうだね!行こう行こう!」

そして…。

スタン「ああ、こいつ?ん〜〜…なにも感じないぜ!」(写真をジッと見るが、明るい笑顔ですぐに返し)
カイル「そっか!ありがとう!」
カリン「よかった〜…!」
リーミ「も〜う、ビックリしちゃったじゃ〜ん!w」

308:キャンディ◆ok:2017/06/19(月) 22:57 ID:El6

〜塾で聞いた面白い話〜


スタン…私
のび太&ティー・ジェイ…同じ塾生の知らない子

スタン「(ふぅ、もう休憩時間か!)」
のび太&ティー・ジェイ「アッハッハッハッハ!www」
スタン「(なんだ?)」

のび太「しずかちゃんがうるさくなったらね、うるさちゃんになるよ!www」
ティー・ジェイ「wwwww」
スタン「(う、うるさ!?)www」(横で聞いていては、つい笑ってしまい)

309:キャンディ◆ok:2017/06/19(月) 22:58 ID:El6

〜塾で聞いた面白い話2〜


スタン…私
カルロス…同じ塾生の知らない子
ジャック…先生

カルロス「今日は父の日だけど、パパはアメリカにいるから!www」
ジャック「アメリカにいる親なんてめったにいねぇぞwww」
スタン「(アメリカってwwwすげぇなwww)」(横で聞いていて)

カルロス「そんで、パパに『お土産よろしくね〜!』って言うの!w
それで、『ああ、わかった!』って、キーホルダーやお菓子を買ってもらうんだ!www」

ジャック「父の日なのにパシられてるなwww」

310:キャンディ◆ok:2017/06/19(月) 22:58 ID:El6

〜二次創作板のミラクル☆コラボ小説 次回予告(予定)〜


ジャイアン「のび太!すぐ野球に来いよ!」
のび太「どうしよう…。またエラーになってなぐられる…。」

スタン「それなら俺に任せろ!俺がのび太の代わりをやってやるぜ!
つまり、俺とのび太が入れ替わるのさ!」

のび太「なんだか、ドラえもんの身代わりバーみたいだね!w」
スタン「次回のミラクル☆コラボは『スタンとのび太の入れ替わり大作戦』!お楽しみにな!」

(諸事情によって変更内容が出る場合がございます。)

311:キャンディ◆ok:2017/06/19(月) 22:58 ID:El6

〜洗脳ソング〜


のび太「ドラがおじゃんけんじゃんけん、ドラがおじゃんけんじゃんけん♪」
スタン「やwwwめwwwろwww洗脳されるわwwww」
のび太「ほっぺをあっぷっぷ〜グーの顔♪ww」
スタン「グー!ww」

のび太「あ、乗っかった!www」(スタンを指さして)
スタン「しまった!wwwこの歌はマジでヤバすぎる…w」

のび太「修学旅行で聞いた、あの歌も洗脳されるよねwww」
スタン「ああ、あれな!www」
2人「I don't want to go to bed〜♪アッハッハッハッハ!www」

ドラがおじゃんけんの歌は頭に残りやすいんだよね〜www

312:キャンディ◆ok:2017/06/19(月) 22:58 ID:El6

〜メビウスブライトに問題を出したよ!〜


キャンディ「上は洪水、下は大火事、これな〜んだ!」

スタン「事件。」

のび太「そんなのないよ〜?」

ティー・ジェイ「油をはったフライパン。」

マリオ「火をつけたフラスコ。実験中のね。」

ソニック「怪奇現象。」

レッド「魔法。」

313:キャンディ◆ok:2017/06/19(月) 22:58 ID:El6

〜ミラクル☆コラボで意味がわかると怖い話パロ2 ピップの箱〜


ピンポ〜ン♪

スタン「へ〜い!」(ドアを開け)

ピップ「こんにちは、スタンくん!
突然ですが、この箱はいかがですか?」(なにかの箱を持っていて)

スタン「なんだ、それ?スイッチがついてるぞ?」

ピップ「このスイッチを押すと、遠くに住んでいる、
あなたの知らない人が亡くなってしまうんです。」

スタン「マジかよ!?なんでそんなの持っているんだよ!」

ピップ「まぁまぁ、押してくれたら特別な紅茶をプレゼントしますので!」
スタン「うぅ〜…嬉しいような、そうでもないような…。」
ピップ「では、3日後に箱を取りに来ますので、その間にやってみてくださいね!」(立ち去り)


2日後の夜

スタン「どうせ知らないやつだし…。明日ピップが来るし…。」(思い切ってスイッチを押し)


そして、朝…。

ピップ「おはようございます!約束通り、特別な紅茶を差し上げますね!」
スタン「セ、センキュー…。本当に氏んじまったのか…?」
ピップ「はい。昨日の夜、遠い場所で1人亡くなってしまいました。」
スタン「マジかよ…っ!紅茶だけは感謝するからな…!」

ピップ「ありがとうございます!では、箱を回収しますね!」(箱を持っては、立ち去ろうと後ろを向いて)
スタン「あ、待てよ!次は誰に渡すんだ…?」

ピップ「……遠くに住んでいて、スタンくんの知らない人にお渡しします。」(振り向いて微笑み)

314:キャンディ◆ok:2017/06/21(水) 13:54 ID:El6

〜ゴッホとピカソの覚え方〜

私…ブロッサム
同じクラスのYちゃん…バブルス
同じクラスのAちゃん…バターカップ

バターカップ「次は美術のテストだよね。」(美術の教科書を開き)
バブルス「ゴッホとかピカソとか絶対出ると思う…。あと、浮世絵も。」
バターカップ「出るんじゃない?えっと、フィンセント・ファン・ゴッホか。」(ゴッホの絵を見て)

ブロッサム「ピカソはこれね!」(ピカソの絵を指さして)
バブルス「あ〜、そうだわ!パブロ・ピカソね!そして、これが…。」
ブロッサム&バブルス「フィンセント・ファン・ゴッホ。」

バターカップ「ゴッホはオランダで、ピカソはスペインだって!」
ブロッサム「フィンセント・ファン・ゴッホ・オランダ!wパブロ・ピカソ・スペイン!w」
バブルス「wwwww」
ブロッサム「リズムいいから覚えやすいわよ!www」
バブルス「言えてるwww」

バターカップ「こういう覚え方もどう?wオラフィンセント・ファン・ゴッホ、スペパブロ・ピカソ!w」
バブルス「名前みたいwww」
ブロッサム「オラは、フィンセント・ファン・ゴッホだ!ww」
バブルス「wwwww」

315:キャンディ◆ok:2017/06/21(水) 13:54 ID:El6

〜ミラクル☆コラボでゴチャゴチャうるせー!〜


カイル「時間なかったの?」
スタン「ゴチャゴチャうるせー!」

ブルー「ナンパはやめろよ。」
レッド「ゴチャゴチャうるせー!」

クレイグ「早く寝ようぜ。」
カートマン「ゴチャゴチャうるせー!」

316:キャンディ◆ok:2017/06/21(水) 13:55 ID:El6

〜私の好きな相手は素直じゃない〜


リア…私
ロキ…彼
サリー…同じ演劇部の1年生、Hちゃん
カリッサ…同じ演劇部の1年生、Rちゃん
ナンシー…同級生のEちゃん

サリー「リア先輩がやる役に会った髪型にしますね!」(リアのヘアアレンジをしていて)
リア「ありがとう〜…!」(微笑み)
カリッサ「ちょっとゴム借りますね!」

そして…。

サリー「わぁ〜!可愛くなった〜!」
リア「いいね〜…!」(ハーフアップになっていて)
サリー「ロキせんぱ〜い!見てくださ〜い!」
カリッサ「リア先輩のヘアアレンジです!役の子っぽくしてみました!」

ロキ「おぉ〜!確かに役の子っぽいね〜!…でも、リアじゃない。」
ナンシー「リアはリアだからね〜。」
リア「えっ…!?」

317:キャンディ◆ok:2017/06/21(水) 13:55 ID:El6

〜バレンタインでの出来事〜


ゆうか…私
ビンス…彼

ゆうか「ビ、ビンス…!こ、これ…!」(手作りチョコを渡し)

ビンス「えっ…?ありがと…。(もらい)
あげる事は大切だけど、みんなにはあげないの?」

ゆうか「だって、私…。ビンスの事、好きなの!」
ビンス「……俺、本命もらった事ないから嬉しいよ。でも、まだゆうかの事はわからないんだ…。」
ゆうか「…。」(下を向き)
ビンス「でも、キラってはいないから、友達としていこうよ。」

318:キャンディ◆ok:2017/06/21(水) 13:55 ID:El6

〜スタピプ あなたが好きだから〜


スタン「なぁ、ピップ…。どうしていつも俺を助けてくれるんだ…?
こんなに弱い俺の様子を見るのは、呆れるだろう…?」

ピップ「……スタンくんと僕は、親友じゃないですか!
例え負けても、世界中を守りたいスタンくんの思いが、僕にちゃんと伝わってくるんですよ!」

スタン「お、思い…?」
ピップ「はい。それに、僕は一生懸命なスタンくんが大好きですし…。」(ボソッ)
スタン「ピップ…!…うわぁぁぁっ!!いつもすまねぇな!!うわぁぁぁっ!!」(抱きついて大泣き)
ピップ「大丈夫ですよ。」(笑顔で頭をなで)

スタン「うっ…うっ…あっ…!」
ピップ「ん?」
スタン「ありがとうな…ピップ…!」
ピップ「あ、いえいえ〜!当然ですよ!(いつもはセンキューなのに…どうしてでしょうか…。)」

319:キャンディ◆ok:2017/06/21(水) 13:55 ID:El6

〜ギャラクシーパピヨン ごあいさつ〜


スタン「へい、というわけでやって参ったぜ〜!」
ブロッサム「私たちはギャラクシーパピヨン!サウスパークとパワーパフガールズのチームなの!」
バターカップ「悪いやつは私たちがやっつけるんだからね!」

カイル「…ねぇ、最初からこんなノリでいいのかな?」
クレイグ「わかんね。」
ピップ「まぁまぁ、おふたりさん!にぎやかでいいじゃないですか!」

バブルス「そうだよ!最強チームができたんだもん!」
スタン「確かにそうだよな!今日は本当にめでたいぜ!w」
ブロッサム「そうね!みんな、これから私たちをよろしくね!」

カイル「正直言って不安なんだけど…。」
クレイグ「安心しろ、俺もだ。」
スタン「どんだけ心配してんだよ、お前らwww」

320:キャンディ◆ok:2017/06/21(水) 21:21 ID:El6

〜スカッとミラコラ 短期な先生を撃退!〜

※実際に私の体験談を元にしていますw

本家スタン…私
スタン…私の母
ブルー…先生

カートマン「やりぃ〜!スカッとミラコラの時間だぜ〜!」
パイン「エリック、第1回目の放送はどんなのなの?」
カートマン「今回はな、困った先生への対応だぜ!」
パイン「どんな対応をするのかな〜?楽しみ〜!イェ〜〜イ!」


※ここから弟くん視点

これは、俺が小学1年生の時の話なんだ。ある日の昼休みに…。

ブルー「弟くん、この教室にある本を持っていっただろ。」(学級文庫の本棚を整理していて)
本家スタン「えっ…?いや…。」
ブルー「学校のなんだから、勝手に持っていくなよ!ドロボー!!」
本家スタン「そんな…!」(泣き出し)
ブルー「明日、警察だからね!!」
本家スタン「イヤだ!!」

俺の先生は、なんの疑いもなく決め付けてきたんだ。
そして、翌日…俺は熱を出してしまった。

本家スタン「う〜ん…。」(苦しそうに寝ていて)
スタン「大丈夫か?かわいそうなやつだぜ…。」

そしてこのあと、スカッとする出来事が起こったんだ。

スタン「お前が1年担任のブルーだよな?弟から聞いたんだけどよ、本がないんだって?(学校に電話して)
なんていうタイトルなんだ?教えてくれよ!そうしねぇとわかんないだろ!?」

ブルー「えっ…。えっと…。待ってね。
……ごめん、全部あったわ。」

スタン「はぁ!?」
ブルー「本が全部ナナメに倒れていたからさ、ないように見えたよ…。」
スタン「あっそ。じゃあな。」(電話を切り)
本家スタン「ありがとう、兄ちゃん。」(微笑み)

兄ちゃんのおかげで、先生に勝つ事ができたんだ。


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS