探偵チームKZ事件ノートなんでも夢小説

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 ▼下へ
1:彩:2016/12/29(木) 20:48 ID:C2o

KZのこと好きなひと、知らないひとでもだれでも、ウェルカム!
私の、好きなキャラは

1上杉
2砂原
3彩

です!
一応プロフィールのせときます↓↓
中1  現在12歳
KZで持っている本は
黄金の雨は知っている
七夕姫は知っている
消えた美少女は知っている
本格ハロウィンは知っている
アイドル王子は知っている
です!
これからよろしく!

2:彩:2016/12/29(木) 21:12 ID:C2o

早速かこうと思います
ほぼほぼ彩しか出てこないかもです

KZの皆は知っている
1
若武「今日は、俺が企画したことにしたがってもらう!」
上杉「めんどくせっ」
若武「上杉、何か言ったか?」
上杉「めんどくせーって言ったが」
若武「なんだとー!っと、今日の俺は怒らない。では、諸君聞いてくれ。
12月23日から12月25日の3日間、温泉旅館にこのKZで泊まりに行こうと思う。」
皆「はぁー!?」
上杉「ふざけんなっ!お前とずっと一緒とか耐えられるかっ!」
黒木「まず、お金はどうするの?俺は構わないけど、他の皆は大丈夫かわからないじゃないか」
小塚「僕、動物についてしらべたいんだけど……」
美門「面白そうだけど、臭いが、いろんな人いるでしょ」
彩「私、女子なんですけど……」
若武「ふっふっふっ。このぐらい苦情は、想定内だ。
上杉、ちょっとこい」
上杉「なんだよ」
若武「アーヤと3日間一緒にすごしたくないのー?」
上杉「お前、サイテーだな。
っし、行ってやらー!」
彩「何、話したんだろ」
美門「詐欺師だからね」
若武「黒木、お金の面は問題ない。
全部旅館に言ってある。オーナーが俺の父さんの友達なんだ。だからお金はOFFだ!お土産代は、払うけど」
黒木「なるほど」
若武「小塚!美味しい料理、食べられるぞ」
小塚「行く〜」
上杉「早い」
若武「美門、お前のために、特殊マスクをネットでポチッたぜ。絶対大丈夫だ。リーダーを信頼しろ」
美門「わかった。でも、やっぱだめだったら帰るからね」
若武「アーヤ!3日も俺と一緒にいられるんだぜ」
彩「で?」
若武「で、って」
彩「私、女子なんですけど」
上杉「いつものことじゃねーか。立花、今更なにいってんだよ」

それもそっか

彩「わかった、行く」
若武「よーし!じゃあ、23日、朝8時、駅集合。各自、持ってくるものは、自由だ。解散!」

お泊まり、うまくいくかな?

3:キーちゃん:2017/03/11(土) 22:26 ID:6bM

続きめっちゃ気になる!

4:愛美:2017/03/20(月) 08:48 ID:7Lg

いれて〜♪
リボンって、よんでね〜♪


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS