KZ&ソードアート・オンラインフェアリィダンス編 

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 ▼下へ
1:フミカ:2017/01/11(水) 19:54 ID:Z9Q

KZとソードアート・オンラインを
一緒にしちゃいました!
SAOは、フェアリィダンス編です。

色々組み合わせができたら、嬉しい!
みんな、来てね!

2:フミカ:2017/01/11(水) 20:10 ID:Z9Q

第一回目、書きます!!
忍は、いません。

私、立花彩。
塾で、KZっていう、サッカーチームがあるんだ。
その中の、若武、黒木君、上杉君、
今は、ハイスペックにいるけど、前入っていた翼。
それに、社理(シャリ)の小塚君。
そして、私。
計六人で、探偵チームKZをやっているの。
いつも、カフェテリアで、会議をして、色々決まってから、捜査するの。
依頼料も、取る予定。
活動には、色々と費用がかかるもの。
まぁ、まだ、もらったことは、ないんだけどね。
そんな、私たちKZは、最近あまり活動をしなくなったんだ。
会議も、無し。
何でかわからないんだ。
最近なんか、ゲームが流行ってるけど、その影響かなって、私は、考えてるの。
えっと、VR(バーチャルリアリティー)
のゲームだったはず。
確か、『アルヴヘイムオンライン』っていうゲーム。
男の子だからね。
こういうのに、目がいっちゃうんだ。
ちょっと、若武の家、行ってみようかな。
リーダーだもん。何か考えているはず!
そう信じて、私は、若武の家に行った



なんか変で、ごめんなさい!!

3:フミカ:2017/01/11(水) 20:41 ID:Z9Q

私は、若武の家に着いた。
ピンポーン
と、チャイムを鳴らした。

?「はい」
彩「立花彩です。えっと、わか…和臣君は……」
若「あ、アーヤか。今、開ける。」

ドアがあいて、若武が、顔を出す。

若「どうした?緊急事態か?休憩中でよかった。」
彩「いや、特にないんだけど、どうしてるかなって、顔、見たくなって。」
若「おっ。とうとう俺の、素晴らしさがわかったか?」
彩「いや、別に。勘違いしないで」
若武「上がってけよ。みんないるし」

えっ!?みんないるの!?
早く言ってよ。

翼「あ、アーヤが来た。」
上「今、俺らで、ゲームやってたんだ。
VRMM0の、『アルヴヘイムオンライン』。」
黒「アーヤは、やってる?」
彩「いや、私は………」
若「なんだ?やってないのか?アーヤ。」
彩「う、うん……」
若「!ち、ちょっと、待ってろ!」
彩「へ?」

若武は、そういって、走って行った。
なんだろ?

若「ほら!これ。
ナーブギアと、ソフト。
俺、どっちも、二つ持ってるからさ。」
彩「えっ。でも、遊び方知らない…」
若「あっちで教えてやるよ。」

私は、頭に、ナーブギアをかぶり、目を閉じた。

若「リンクスタートって言ったら、始まるぞ。」
彩「りっ、リンクスタート!」

目を開けると、今まで見たことのない、世界が広がっていた。
ピコン
アナウンスがなった。
「ようこそ。アルヴヘイムの世界へ。まず、名前を教えてください。」

名前か……
アー……ヤっと。
「アーヤさん、ですね。」

はいっ!

「次に、種族を、決めてください。」

種族?
よくわからない。
私は、色々見ていると、とてもきれいな色の、種族を見つけた。
私は、それで、決定にした。
「ウンディーネでいいですね?
では、キャラを、製作します。少々お待ちください。」

しばらく待っていると、アナウンスがなった。
「製作完了しました。
アルヴヘイムの世界へ、行ってらっしゃい。
幸運をいのります。」

辺りが光って何も見えなくなった。

4:フミカ:2017/01/13(金) 20:19 ID:Z9Q

続き行きます!

何だか、肌が冷たい。
風が当たっているみたい。
私は、そっと目を開けた。
そして、下をみると、なんとっ!
私、どんどんおちて行ってる!?

ア「ひゃーー!!」

もうそろそろ地面に到達しゃう!!
どうしよう!!
私は、とっても慌てた。
その時、右腕がつかまれている感覚があった。

?「君、大丈夫?」

男の人だった。
黒くて、背中に大きな剣がある。

ア「大丈夫では、ないです。」
?「ははっ。もうすぐ地面につくよ。」

私は、男の人に、おろしてもらい、無事、地面に到達できた。

ア「あの、ありがとうございました」
?「ううん。大丈夫。俺は、キリト。君は?」
ア「えっと、たちば………、アーヤです。」
キ「アーヤでいい?君は、ウンディーネ?」
ア「はい。キリトさんは………」
キ「俺は、スプリガン。………アーヤ、ちょっと後ろへ。」

へ?なんだろう。
私は、言われるまま、後ろへ行った。

キ「お前、サラマンダーか?」
?「あぁ。そうだけど。」

うわっ。
後ろに、人いたんだ。
全然気づきかなかった。

?「俺は、お前の、後ろの子に、用があるんだ。戦う気は、無い。」
キ「知り合い?」
ア「知らない。」
?「アーヤ。俺だよ。」

も、もしかして………

ア「わ、若武?」
?「そ、でも、ここでは、オミだからな。」
キ「君はなんなんだ。」
オ「いい忘れていた。俺は、オミ!
サラマンダー。
ちょっとした、ギルドみたいなものの、リーダーをしている。」
キ「ふうん。俺は、キリト。スプリガン。」
?「キリトくーん。」
キ「おっ、リーファ。」
リ「どこいってたの?って……コイツ!!サラマンダー!!」

あわわわわ。
たったいへん!!
オミが、攻撃されそう!!

リ「ハァ!」
オ「うおっ!」
ア「だっ、ダメーーー」

いたっ。
腕、かすった。
VRだったら、痛みまでわかるんだ。
私は、体制的に、倒れてしまった。

オ「おいっ!アーヤ!しっかりしろ!!」
リ「ちょっと!!大丈夫?」

私は、みんなに声をかけられながらも、その後、気を失った。

5:蒼月 空太◆eko:2017/01/13(金) 21:26 ID:E5Y

あ、いつも読んでいます。いきなりで申し訳ないのですが・・・・SAOやALOは痛みなどがないですよ。気絶することもないですし・・・・なんかいきなり申し訳ないです。


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
掲示板スレ一覧サイトマップ長文/一行モード検索Twitter シェアする?RSS