イロドリミドリ 二次創作

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:kamito◆Kw:2018/02/04(日) 22:59 ID:pEE

SEGAのリズムゲーム
チュウニズムとマイマイで絶賛活躍中(!?)の女子高生バンドユニット
イロドリミドリ
リーダーの芹菜(ドラムス)を初め、あーりん(ギター)、なずな(ギター)、なる(エレキベース)、ちゃんなぎ(キーボード)、しろにゃー(チェロ)、なっち先輩(ヴァイオリン)の7人グループ。
彼女らの姓名の由来は七草なので1月7日は「イロドリミドリの日」としている。
原作は七条レタス、齊籐キャベツ
イラストはHisasiさんです。
現在活動3年目。
ラジオやコミックムービーなどのメディアミックスが展開されてる。
youtubeに公式チャンネルが存在する。
イロドリミドリのファンサイト(動かない方)
イロドリミドリの公式サイト(こっちは動きます)
…そんな彼女達は舞ヶ原音楽大学付属舞ヶ原高等学校に通ってます、通称「まいまい」。なんか聞いたことありますね?
学校の方針は「豊かで自由な音楽経験」なので公式・非公式・形態・形式を問わず様々な音楽イベントが行われる
校内最大のイベント「MAIGAHARAMIRAI FES.」(通称「マイフェス」)においては学校外の来客も多く盛り上がっている。
マイフェスってドリフェs…
あらすじはこんな感じかな?

2:kamito◆Kw:2018/02/04(日) 23:03 ID:pEE

感想とかありましたら
twiiter @uttiy_0309ayane まで

3:kamito◆Kw:2018/02/04(日) 23:16 ID:pEE

「Change Our MIRAI!」
タイトルは曲名です
カラオケでもあるよ、良かったら
聴いてみてください、いい曲ですので
まずは芹菜、あーりん、なずな、なぎ、ちゃんなぎの出会いの物語ですね
とりあえずあらかじめ設定を書きましょうか
まず芹菜(cv.新田恵海)から
芹菜は一人っ子で昔からよく物を壊してしまうから長続きするおもちゃがありませんでした、それをみかねた父親が買ってきた太鼓だけはいくら叩いても壊れなかったので芹菜は太鼓のことを「すねちゃま」と呼んで可愛がっていました
こわしまくるってどこのジャイ○ン…
ちなみになるとは従姉妹だぞ
自宅はカレー喫茶でよくお手伝いとかしてて、俺もカレー大好きっ子です!

4:kamito◆Kw:2018/02/04(日) 23:24 ID:pEE

次はそんな芹菜の従姉妹
箱部なるちゃん(cv.M・A・O)やね
メンバー最年少。芹菜に半強制的に誘われて加入したんだよ。
いたずら好きでやんちゃなトリックスターw、ベースに関しては天才である。基本的に音楽にたいして野性的である。歳の離れた兄がおり、社会人でバンドマン。全国的に有名であり、兄やそのバンドの影響で育ったんだね〜。
まあ、しかし学校の勉強とかはからっきしテスト勉強は凪に教えてもらっている。
なるちゃんはちゃんなぎのおかげで更正してきてるよね…
由来の七草は「ハコベラ」、芹菜は「セリ」

5:kamito◆Kw:2018/02/04(日) 23:34 ID:pEE

次はちゃんなぎ〜俺の妹!になってほしい…てかなってくださいお願いします(泣き)
子仏 凪ちゃん(cv.佐倉薫)です
イロドリミドリの「実質的」サブリーダー。
なずなの説得で加入したのさ
なずなありがとう…優秀過ぎやろ…
厳格な家庭で育った一人っ子
自宅は高層マンションの最上階
幼少の頃から英才教育を受けており
クラシック、ピアノ、絵画、バレエなど多数の習い事に通わされていた
その為友達とかと遊んでる暇がなかった… おいおい…ちゃんなぎがかわいそうやろ…
クラシックピアノで養われた耳はアラやミスを見逃さない
ちゃんなぎのお母さんいえ、お義母さん!俺の妹を生んでくれてありがとう!
ちゃんなぎは真面目やからPR活動も積極的なんやな…でも独特なセンスやからだいたい不遇だったりするんよ
でもね…ちゃんなぎ廃人ゲーマーなんよ…
由来の七草は「ホトケノザ」

6:kamito◆Kw:2018/02/04(日) 23:37 ID:pEE

ここのスレ主ちょっと頭おかしない?
あ、俺やったわ(笑い)。
最近寒いですよね、皆は夜更かしとかするときはちゃんと暖かくしてね
風邪引いちゃうから…
まあ、主はそんなの気にせずいるけどな(笑い)

7:kamito◆Kw:2018/02/04(日) 23:49 ID:pEE

さーて次はなずなぁ!
俺、あんまなずなソロの楽曲やらんのな、ごめんなずな、俺はゆっくりめなのは…逆にやりにくいのだ
やりやすいのはナイト・オブ・ナイツ(東方)みたいなやつで…
そんなわけで
天王洲 なずな(cv.山本彩乃)
ふわふわ、にこにこ、考えてることが読めないけど内面は燃えてる努力家。
下級生からの信頼も厚く、バンドではお母さん・おばあちゃん的な存在
なずなのおかげでちゃんなぎもきたしな
「のんびりした性格」というよりは、身体的な面も含めて何事も動きが遅く、学校やリハーサルにも遅れがち。
事務的な作業は手際がよく、スタジオの予約を取るのは彼女の仕事であるバンドでは作詞担当である。
芹菜とは入学時からの仲良しさんである。3人姉妹の末娘。
姉2人はクリエイターである
父親がギタークラフトの工房を営んでおり、なずなも小さい頃からギターづくりに興味があり父から教えてもらっていた長期の休みなどではギター制作をしている。
普段愛用しているUSA製ギターはお気に入りの1本。
学校では手芸部に所属している
コミケでは自作の小物を出店した
由来の七草は「ナズナ」

8:kamito◆Kw:2018/02/04(日) 23:58 ID:pEE

俺「ここのスレ主はちゃんなぎ推しやんな…敵やな潰さなくては…
んな訳で設定も書いたし本編をかきだそうかね…」
???「ちょっと待ちなさいよ!」
俺「ん?」
???「私のこと忘れてない?」
俺「え?メンバーはみんな紹介したよね?」
アリシアナ「なんで皆だけ…違う違うなんて私だけ除け者にされてるの!?」
俺「だってあーりん、いつもそんな役周りやん?それでいけそうやん?」
アリシアナ「だからって…」
俺「じゃああーりんの紹介は自分でするかい?」
アリシアナ「…。わかったわよ!いいわよ…自分でするから…」
俺「ほらいじけるなって、紹介するから」
アリシアナ「ホントに?」
俺「ああ、本当だ。」
アリシアナ「ホントに本当?」
俺「本当だっていってるだろ?」
アリシアナ「ありがとう!!」

9:kamito◆Kw:2018/02/05(月) 00:01 ID:pEE

あ、あーりんの紹介の前にここでオリジナルで出すキャラとクロスオーバーする作品を教えるね
・歩夢
・てつを
クロスオーバー
・バンドリ!
・けいおん!
・ラブライブ(Sもあるで)
・ごちうさ
・てつをん!…etc増えるかも
※てつをはネタです、本編には登場しません

10:kamito◆Kw:2018/02/05(月) 00:16 ID:pEE

さあ、お待たせしました…
本編…ではなくあーりんの紹介です
えっと…こちらに来ている情報では
学業成績は良く頭の回転は早い
世話焼きで責任感が強いが、メンバーにおだてられて(主に芹菜やなる、なずな)安請け合いすることが多い、作曲担当。
手抜きが嫌い、一切妥協無し、なので予測不能な動きをするなるとはよくもめる、しかし基本的に面倒見の良い先輩である
作曲担当がきっかけでDTMにも興味がわき、凪に教えてもらうが理解できず。PCやその他機材の知識が疎いという機械音痴である!
俺「おま、ちゃんなぎに教えてもらってるのに、音痴って…」
アリシアナ「だってわからないんだもの…仕方ないでしょ!?」
兄と弟がおり、世話を焼きたがる。
母親がイギリス人、父親がギターコレクター。父親はアリシアナのバンド活動を好意的に見ている。
風貌から話しかけづらいと言われたアリシアナに芹菜は「あーりん」というニックネームをつけられる。
メンバーからは愛称として呼ばれる。
由来の七草は「ゴギョウ」漢字で表すと「御形」である。
俺「これでおしまいやな」
アリシアナ「なんか忘れてない?」
俺「あるか?」
アリシアナ「御形アリシアナ(cv.福原綾香)よ!!ホント、詰めが甘いんだから…ボソッ『ま、まあそこがいいんだけれど…』」
俺「?」
俺「次、更新するのは構成練り終わってからなー」

11:kamito◆Kw:2018/02/06(火) 20:06 ID:pEE

イロドリミドリ 二次創作
第0話 『Change Our MIRAI』
ーある放課後の教室ー
芹菜「ねえねえ、あーりん」
アリシアナ「どうしたの、芹菜?」
帰る準備をしながら芹菜とアリシアナが会話をしている。
芹菜「あの噂知ってる?マイフェスで賞を取ると成績に謎の点数が加算されるって話」
アリシアナ「ええ聞いたことあるわ。でも、それ噂でしょ?」
芹菜「でも…私信じてみたいの。だって今回成績やばいんだよ?」
アリシアナ「たしかに芹菜の成績だと進級できるか不安かもね」
芹菜「でしょ?」
芹菜は毎回テストで赤点があったりなかったりのギリギリさんなのである。逆にアリシアナは成績優秀なのであまり気にしてはいない。
アリシアナ「私がやるとしても…メヲバーは私と芹菜となずなで3人、楽器はギター2人とドラムだし…あと少なくともベースが欲しいかな…」
芹菜「あ、ベースなら私知り合いに声かけたから大丈夫だよ!!あ、そろそろなずなちゃん起こさないとね…」
二人が話してる間なずなは昼寝をしていた
トントン トントン
なずな「zzz…あ、おはよう芹菜ちゃん〜、あーりんもおはよ〜」
起きたばっかだからすこし眠そうな顔をしている。
アリシアナ「おはよう、なずな」
芹菜「おはよう、なずなちゃん」
軽い挨拶をするなずなに二人もそれに挨拶で返す。
芹菜いわく、なずなには事情を説明しておいたらしくなずなもやる気だ。芹菜は話を続けた。
芹菜「なずなちゃんも起きた事だしそろそろ行きますか。」
アリシアナ「どこに?」
なずな「スタジオだよ〜」
アリシアナ「いきなりスタジオなの?いつのまに予約を…でもまだ人数も足りないのに」
なずな「昨日芹菜ちゃんに頼まれて予約したんだ。ベースの子は芹菜ちゃんから場所言ってあるらしいし、私も一人誘ってる人がいるから〜とりあえず私はその人を連れてくるから、あーりんは芹菜ちゃんと先にいってて」
アリシアナ「わ、わかったわ。芹菜道案内は任せた」
芹菜「ラジャー!またあとでね、なずなちゃん」

12:kamito◆Kw:2018/02/12(月) 22:46 ID:pEE

ースタジオに移動中ー
アリシアナ「そういえば、芹菜…さっき言ってたベースの子ってどういう人なの?」
向かっている途中あーりんが話しかけてきた
芹菜「そうだね…一言で言うと猫かな?」
アリシアナ「何で猫なの?」
芹菜「まあ、会ってみればわかると思うよ…。ここ曲がったらスタジオだよ〜」
雑談をしてるうちに目的地に着いたようだ。
アリシアナ「なずな達はどうするの?来るまでまつ?それとも中に入って待ってる?」
芹菜「時間にも限りあるし入っちゃおう!」
〜その頃、なずなは〜
なずな「そういえば、??ちゃんって頭いいんだよね?いつもテストで一番上だったりするの?」
??「なずな先輩…そんないつも一番上とかではないですよ。」
なずな「そう?」
なずなと??はバスでスタジオに向かっている。
この時間帯はあまり人もおらず、二人が座るスペースは容易に確保できた。
なずな「そろそろだねぇ…」
ツンツン
??「先輩…そこボタンじゃないですよ。ほら、ここです」
ピンポーン
なずな「ありがとう、??ちゃん。」
ピロリン♪
なずな「芹菜ちゃんからだ、あっちは着いたみたいだね…私達もつくよ〜っと…これで送信!!」
ピロリン♪
??「そういえばなずな先輩、今日は何人集まるんですか?」
なずな「そうだねぇ、凪ちゃんと…芹菜ちゃんとあーりんとあと一人の五人だったと思うよ」
凪「そうですか…」
ー彼女は『子仏 凪』…説明は次の回でするでー
そんなこんなでスタジオについたのであった(適当)

次回あーりん死す、デュエルスタンバイ!!
アリシアナ「私は死なないわよ!!」

13:kamito◆Kw @uttiy0309_ayane:2018/02/17(土) 20:27 ID:pEE

〜スタジオの一室〜
アリシアナ「それで、芹菜」
芹菜「何?」
アリシアナ「そのベースの子ってツインテだったりする?」
芹菜「そうだけど…なんでわかったの?」
何かいる。あーりんはおもった。
謎のツインテール。
芹菜はまだ気づいていない…あーりんは芹菜には言わずとも気づいてくれると思っていたが、全然ドアの向こうを見ようとしない…
アリシアナ「せ、芹菜来たわよ。」
芹菜「あ、なずなちゃんかな?」
芹菜が向くとドアの前にいるツインテが勢いをつけ、開ける!!
ヴァン!!
なる「カサカサカサカサカサ…」
芹菜「わあ、にげろぉ♪」
なる「逃がさんぞー!!」
あーりんは追い付けなかった、もちろん彼女たちにではなく、話に。
黒のツインテールが芹菜を襲っている…しかし芹菜も楽しそうである。
アリシアナ「芹菜、その子は?」
芹菜「この子は私の従姉妹の箱部なるちゃん。うちの学校の一年生だよ。」
なる「どーも、箱部なるでーすっ。アンタが芹菜が言ってた…あーりんパイセンですか?(ニタァ)」
[どうみてもなるはあーりんを煽ってた…でも芹菜気にしてないしいいかな。
アリシアナ「いや…きにしなさいよ!!」] 続く

14:kamito◆Kw twii@uttiy0309_ayane:2018/02/25(日) 18:38 ID:pEE

アリシアナ「え、ええそうだけど…」
なる「ほうほう、良いギターですのう…あ、こっちの膨らみも一級品ですなぁ〜」
芹菜「でしょ〜?」
明らかに煽られてるのではなく遊ばれてたw

15:kamito◆Kw twii@uttiy0309_ayane:2018/02/26(月) 19:29 ID:pEE

【主からのお知らせ】
この話は一時的にお休みして、学校で作ってたの書きまする!!
続きを考えるためだけどw

16:もちた(kamito)◆AM twiiter@uttiy_0309ayane:2018/03/26(月) 11:21 ID:2uM

『なるの楽しみ』
おいっす〜。あたしは箱部なるっていうんだけど。
実は従姉妹の芹菜に頼まれて、芹菜やなずな先輩、ちゃんなぎ、あーりんぱいせんとガールズバンド「イロドリミドリ」を結成したのはいいんだけど…
芹菜と同じ学年でギター兼バンドマスターのあーりんぱいせんに、あれよこれよと言われるのが我慢できなくて
いつももめているんだけど…。
もうっ!とにかくイライラする。

17:ゆいゆい◆YE:2018/03/26(月) 12:39 ID:PAo

面白い!頑張れ!

18:怪盗キッド(kamito)◆AM twiiter@uttiy_0309ayane:2018/03/26(月) 22:14 ID:2uM

>>16
まあ、バンドの練習ってのは、お互いの感性のぶつかり合いだからあってるんだと思うけどな!

19:kamito◆AM kami:2018/03/31(土) 09:14 ID:2uM

>>18
まあ、今回は
私メインの話ってわけよ。
私には兄がいるんだけどさ…
凄くかっけーんだ!
…でも兄者がかっこいいのはライブのときだけなんだけど、私にとっては…あ、なんでもないなんでもない!!

20:シンタロー(kamito)◆AM kami:2018/03/31(土) 09:44 ID:2uM

あたしと兄者は少し年が離れた兄弟。
兄者は名の知れたバンドマンなんだよ!すごくない!?
あたしも兄者のライブには行ってたし兄者のバンドメンバーとも仲良かったよ。

21:怪盗キッド(kamito)◆AM nagi:2018/04/18(水) 06:57 ID:EP6

でもやっぱり…
兄者…兄者が最高♪
もう、兄者の大事な人になりたい!!

22:真姫(kamito)◆AM nagi:2018/04/18(水) 20:11 ID:EP6

てなわけで
私、箱部なるはちゃんなぎと兄者を愛し続けることを誓います!!
~完~?

23:咲夜(kamito)◆AM nagi:2018/04/21(土) 18:52 ID:EP6

明日から挙げるのは
『イロドリミドリ 夏休みをGET!!』 
だ!!
いつも7人に加えては今回はオリジナル設定でなる兄をいれたぜ!!
名前は『響希』。
なるの兄っぽい名前だぜ。

24:kamito◆AM イロドリミドリ♪:2018/04/24(火) 19:38 ID:EP6

えーと、詳しいことは
http://ha10.net/pr/1522078294.html
まで

25:kamito◆AM イロドリミドリ♪:2018/04/24(火) 19:40 ID:EP6

どーも!イロドリミドリのベース娘こと…箱部なるの兄、箱部響希です。
妹がいつもお世話になってます…。
夏休み、妹達が海に行きたいって言ってて…
俺まで行くことに…
ああ、行きたくない…。

26:kamito◆AM イロドリミドリ♪:2018/04/24(火) 19:45 ID:EP6

※これは語り手がコロコロ変わります。

27:kamito◆AM イロドリミドリ♪:2018/04/24(火) 19:55 ID:EP6

【箱部なる】
ミンミンミンミンミーン
蝉が鳴る、腹がなる
そしてあたしが箱部なる!!
…なんて冗談はさておいて、夏休み!!今年はイロドリミドリがあるので基本的には、セッションしながら夏イベントに参加するんだけども…。
やっぱり夏いきたいよね?ね?
とゆーわけで今日はその気持ちをぶつけてくるぜ!!

28:kamito◆AM イロドリミドリ♪:2018/04/24(火) 20:03 ID:EP6

今日はセッションの日。
だからっていつも皆集まる訳じゃない。
今日のメンツはあたしと芹菜、なずなちゃんにしろにゃー。
いや、あーりんパイセンとちゃんなぎはお家の都合で来れないらしい。
ちょっとショック…。
ああ、ちゃんなぎ来てくれ〜。

29:kamito◆AM イロドリミドリ♪:2018/04/25(水) 19:26 ID:EP6

あ、あと一人居たけど忘れちまったよ…
「きたぞー。」
おっと噂をすれば…
「お姉ちゃん先輩こんにちは!!」
芹菜が挨拶をする。
「明坂は元気でええのう。」
お姉ちゃんこと月鈴白菜の姉、月鈴那智である。背は私と同じで胸は誰よりもなく本当に姉か?って思うけど
正真正銘、姉である。
ちなみに学年は3年、芹菜達のひとつ上である。

30:kamito◆AM mami:2018/04/28(土) 09:09 ID:EP6

「あ〜それより御形と子仏はどうした?」
「あ、お姉ちゃんスマホ使えないもんね…今朝LINEで連絡きたんだよ。」
しろにゃーがお姉ちゃんに説明をしている。
「らいん?すまほ?ようわからんのじゃが」
お姉ちゃんは時代に乗り遅れている人である
「わしはこれで十分じゃ!」
ガラケーを出し、ドヤ顔してる…
「それ、あんただけだろ!!」
言ってしまった…

31:kamito◆AM mami:2018/04/28(土) 09:21 ID:EP6

「ああん?おぬし今なんともうした?言ってみよ」
ああ、後戻りできない…
「だ・か・ら〜そんなのはアンタだけだって言ってるんだよ!!」
「たわけがっ!」
お姉ちゃんがアッパーをかましてきた。
「ぐはぁ!」
あたしは避ける間もなくそのまま宙に浮いた
「なるちゃぁぁぁぁん!!」
おもわず当事者以外が叫ぶ。
「わしがどんな趣向であろうと、お主に言われるほど野暮ではないわ!!」
怒られてしまった…

32:kamito◆AM mami:2018/04/28(土) 09:51 ID:EP6

それから少しして
「にしても暑いな…」
お姉ちゃんが手で顔を扇ぎつつ言う。
「だよねー。ああ、海入りたいなー。」
芹菜が言う。そして…
「それだ(じゃ)!!」
あたしとお姉ちゃんがほぼ同時に
叫んだ。
「よう言った明坂よ。それじゃ!
海に行こうではないか。」
「そーそーついでに泊まって行けばオッケーでしょ!?」
こうゆうときだけ息が合うんだよなー。

33:kamito◆AM mami:2018/04/28(土) 10:00 ID:EP6

キャラ紹介は
>>2-7くらいかな?

34:kamito◆AM mami:2018/04/28(土) 10:02 ID:EP6

※訂正>>3-10やったわ
月鈴姉妹の説明も今度するで。

35:kamito◆AM mami:2018/04/28(土) 18:18 ID:EP6

>>23-32かな

36:kamito◆AM mami:2018/04/28(土) 23:18 ID:EP6

「海いこーぜ(うぞ)!!」
また息があった。この際気にしない。
「でも何処の海に行くの?」
なずなちゃんが聞いてきた。
「よくぞ聞いてくれた。場所はすぐ手配出来るからね。」
そう、あたしには心当たりがあるのだ。
「あれ?でもなるちゃんの知り合いにそんな人居たっけ?」
芹菜達は気付いてないみたいだ。
「いやいや、うちのバンドにはいるでしょ?」
「??」
皆が頭をかしげる
これでだめ押し
「頼れるバンマス?」
「「「「あーりん!!」」」」
そうあたし達のバンドマスター。
御形アリシアナのことだ!!

37:ひなた ファン1号:2018/04/29(日) 14:14 ID:XC6

お兄ちゃんすごいね!

頑張って!

38:kamito◆AM ta.kamito0309@gmail.com:2018/04/29(日) 17:13 ID:EP6

早速、あーりんパイセンに
連絡してみる。
案外すぐ繋がった。
『ああ、もしもしなる?どうしたのかしら。今日は行けないって言っといたと思うんだけど…』
「いやー、実はさ今度皆で海行こうってなってさ…」
『へぇ〜、何処に行くか決めたの?』
「そこで、あなたの出番だよ!!」
『あ、あたし!?』
「ほら、あるでしょ?別荘…みたいな建物。」
『あるけど…
すこし待ってて、パパに聞いてみるから』
これはOKのパターンかも!?
〜数分後〜
遅いなセンパイ…
『ああ、もしもし?』
「おそいよ、あ〜りん。」
『パパ探すのに手間取っちゃって
いいよ、私の家の別荘使っても良いって』
「よっしゃー!!」
『ただし、条件はなるのお兄さんも連れてくる事だって』
え?なんでよりにもよって兄者なんだ!?
『えーと…パパが最近はまってるバンドがなるのお兄さんのとこなの…。
彼のギターが聴きたいからって
今、目の前でぞいしてるんだよね。
あ、後で連絡するね。』
切られてしまった…。
「どうだった?」
芹菜が聞いてくる。他の皆も耳を傾けている。
「おっけーだって…
ただ条件があって」
「条件?」
「兄者も連れてきてほしいって。」
ええー!?と芹菜が言う。
「ひびくんも一緒なの?」

「ひびくん?」
他の連中は首を斜めにしている。

「ひびくんっていうのはね…」
芹菜が説明してくれた。
「へぇ〜なるちゃんのお兄さんなんだ…」
「そーそー。ギターやってるからなずなちゃんと話合うんじゃない?」
「そうだといいなぁ。」
なずなと芹菜が楽しそうに話してる。
月鈴姉妹というと…
「お、男の人…」
しろにゃ〜が固くなってる…
「どんなやつか楽しみじゃのう」
お姉ちゃんが目をギラギラ光らせてる。

…となずなちゃんがどこかに
電話しようとしてた。
「誰にするの?」
「凪ちゃんだよぉ。」

「あ、もしもしぃ。なぎちゃん?
あのねぇ、…で…なんだけど
行けるかなぁ?
…うん、わかったぁ
時間とかは後で送るから
うん、またねぇ。」
「凪ちゃん来れるって」
よし、これで全員行けるんだな!
よっし、ちゃんなぎの水着を見るために…
「頑張るぞ〜」
「「「「おー!」」」」

39:kamito◆AM ta.kamito0309@gmail.com:2018/04/29(日) 23:35 ID:EP6

一章「海の話」完
次回
二章「準備の話」

40:kamito◆AM mami:2018/05/02(水) 23:59 ID:X1w

どーも。
イロドリミドリ・キーボード担当、子仏凪です。
今日は海に行く時に着る
水着を選びに来ました。
一応、なるちゃん
を誘ってみたのですが…
なぜかなるちゃんのお兄さん、響希さんと、読んでもいないなずな先輩が来てました。

41:kamito◆AM mami:2018/05/04(金) 16:56 ID:X1w

「よう、ちゃんなぎ!!来たぞ?」
なるちゃんがいつもの調子で話しかけてきた。
「あのね、なるちゃん。あの二人は?」
「ああ、なずなちゃんはちゃんなぎが連絡してたときに一緒だったから。」
よりにもよってあまり関わらせたくない人が来てしまっていたとは。
「そ、そっか…じゃあそちらの方は?」
なるちゃんは男の人を私の前に立たせて
「これがあたしの兄の…」
「箱部響希です。よろしくね?」
なるちゃんのおにいさん…
なんか冴えない人です。

42:kamito◆AM 俺、参上!!:2018/05/09(水) 22:29 ID:X1w

学校で聞いていたけど
理想と現実はリンクしませんね…。
本当にかっこいいのだろうか?
「ねえ、響希くん。私の水着も選んでほしいな?」
なずな先輩がいきなりそんなことを言い出した。
…え!?なずな先輩って男の人大丈夫だったっけ?
それに先輩が響希さんに選んでもらいたいなんて…。
「い、いや…選ぶなんて…」
響希さんがなるちゃんの首根っこを掴み、引っ張っていく。
(…おい!なる、話が違うぞ?)
(そ、そうだっけ?忘れたな〜?)
なにやら内緒話をしているよう。
あまりに小さすぎて聞き取れない。

43:kamito◆AM nya:2018/05/22(火) 20:26 ID:X1w

あっげ


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS